Type-Y.O「迷宮季譚」

https://type-yo.booth.pm/

本格的プログレッシブロック(メタル)を聞かせるボカロサークル、Type-Y.Oが今春に発表したミニアルバムです。

春と言っても春M3ではなくて…同日に開催されていたボマスのほうでの頒布だったんですけどね(M3とボマスが競合するような日程になってたのは残念)。当然ながら自分はその時には入手できてなくて、先日のwebイベントAPOLLOの際にboothのほうでダウンロード版を購入した次第です。まあ本音を言えばCD版を手に入れたかったんですが…ジャケも美麗ですし。
ちなみに、ダウンロード版のほうはハイレゾ音源となっておりまして、制作者の自信とこだわりを強く感じさせる仕様なのですが、しかしながら自分の視聴環境では宝の持ち腐れになってると言わざるを得ないですね…面目ない。

さて今回の作品についてですが、以前も紹介した「春の病は夢うつつ」と「真夏の夕凪シンドローム」の2曲を含めた四季シリーズの4曲を収めたコンセプトミニアルバムとなっております。4曲だけとはいえ何しろプログレッシブロックを標榜するサークルですから9分前後の長尺曲が2曲もあり、ボリューム感、満腹感は結構なものです。
四季それぞれをテーマにした曲が収録ということで、季節折々の風景を想起させるようなカラフルな内容になっています…って言いたいところなんですが、実際にはどの曲も薄暗くてメランコリックで変拍子で…要するにあまりバラエティ感のある内容ではないんですよね。四季がテーマと聞いて多くの人が思い浮かべるようなタイプの作品ではないかもしれない。
とはいえ極端な話、プログレ好きな人間が「夏だwwwwwウェーイwwww」ってノリの夏曲を作るとか有り得ないし、プログレオタクは1年ずっと薄暗くて陰鬱な曲を聞いてるんだからこれでいいんですよ(ものすごい偏見)

そんな冗談はさておき、楽曲は依然としてハイクオリティな出来栄え。プログレッシブロックという古典的な音楽の影響を土台にしながらも過剰に懐古的な匂いを発したりせず、ボカロという現代的な手法と組み合わせることで非常にハイセンスな音楽に昇華させている印象です。プログレとして聞いても味わい深い音楽であるし、同時にボカロ音楽としても完成度が高い。アナログな音とボカロ的な無機質な音が見事に溶け合っている。素晴らしいバランス感覚。

1曲目と2曲目は以前も紹介したので省くとして…3曲目「秋の残酷ノスタルジー」、これが作中で最もキャッチーな曲ということになるでしょうか。童謡のような親しみやすい和風メロディ。サビメロには神秘的な雰囲気もある。複雑な曲展開はないけど何気にヘヴィなギターが荒ぶってて聞き応えあり。

4曲目「冬の仮初め虚ろな悪夢」は9分近くあるプログレッシブ大作。同じく長尺である「春の病は夢うつつ」が複雑でありながらもキャッチーなメロディをメインに据えていたのに対し、こちらは露骨にプログレ展開を前面に出してきてる。目まぐるしく変化するリズムに翻弄されること必至ですが、でも1つ1つのリフやメロディは分かりやすいので別に難解ってほどじゃないんですけどね。ゲーム音楽要素のある和風なサンホラ…みたいな感じだと思って頂ければ(?)
シンセとギターによるテクニカルなアンサンブルが多めなのでプログレッシブロックというよりかはドリームシアター的なプログレメタル寄りな印象が濃いですかね。

そんな訳で、細部まで計算され作り込まれているとても完成度の高い濃密なミニアルバムとなっております。メロディも秀逸なので、プログレに興味がなくとも和風ボカロが好きなリスナーにはおすすめです。もちろんプログレ系が好きな人ならもっと楽しめること請け合い。

Zemeth「ROUGE NOIR」

2017-07-04_233924.jpg

http://mighty487.wixsite.com/zemeth

今、メタラーの間で大絶賛の嵐を巻き起こしている「究極」のオタク系クサメタルプロジェクト、Zemethの1stフルアルバムです。

ほんと、デビューしたばかりの知名度の無いプロジェクトにも関わらず、ここまで絶賛の意見ばかりで埋め尽くされてるのは異例なことなのではないでしょうか。
中には、今まで聞いた音楽で最高の音楽だと評する意見すらあったりしましたがあながち誇張とも思えない。それくらい凄いオーラがあると思う。ジャンルを越えて「クサい」音楽を偏執的なまでに追求してそれを成し遂げてしまった、とてつもない音楽。
ユニオンや激ロックでも推してるし、ここまで話題になっていれば自ずと各レビューサイトでも取り上げられて高評価になるのは必然でしょう。

で、同人音楽を取り扱ってるうちのブログ的に重要なのは、このZemethの中心人物(ていうか1人プロジェクト)であるJUNYAさんは元ボカロPであり、かつてオレオレウサギ主催のコンピにも曲提供していたっていう事実ですね。さらには、ジャケ画は同人メタルでお馴染みすぎるリブユウキさん。ジャケ裏にはBarrage Am Ringの文字もあり。ぶっちゃけ、これってもう実質的に同人メタルCDですよね? 同人イベントで売ってないっていうだけで。

激ロック等の紹介では執拗なまでに「GYZEのRYOJIが参加」って強調されてましたが、別に1曲で弾いてるだけだしそこまで重要な要素ではない気もするんですが、しかしどんなに素晴らしい音楽であっても無名アーティストだったら興味を持ってもらうきっかけが無いですもんね。だから有名バンドのメンバーがゲスト参加という情報は不可欠なのでしょう。GYZEのメンバーがゲスト→GYZEが認めるほどのクオリティの音楽だとリスナーは考えるでしょうからね。
なんというか、このZemethは音楽性においても同人メタルの今後の指針になり得るくらいに強烈な内容なのですが、売り方においても同人メタル界にヒントを指し示してるように感じる訳です。

音楽性としては「哀愁歌謡ノスタルジックメロディックデスメタル」と銘打たれてる通り、ひたすら歌謡曲もしくはクラシック由来のクサい泣きメロを追求しているプロジェクトなのですが、このZemethというプロジェクト名自体がRPGの「イース」シリーズから取られているそうでして、つまり根本の部分からゲーム音楽の影響が決定的に濃い音楽なんですよね。そういう意味でもオタク系メタル→同人メタルとの関連性が強い。
自分はイースシリーズについては名前は知ってるけどあまり詳しくは知らない感じでしたが、サントラCDの試聴をちょこっと聞いてみた限りでもその影響の程は感じ取れましたね。

で、それだけ話題になってるメロデスっていうことはきっと相当クオリティ高いんだろう…って思うリスナーもいるかもしれないですが、実はクオリティについては同人CDに割と近い。デスメタルを称するには音がかなり軽い。完全にゲーム音楽レベルの音圧。「ゲーム音楽のメロデスアレンジ」と評するのが一番しっくり来そう。
でも、このZemethはあくまでクサいメロを徹底追求するためのプロジェクトだと思うんで、デスメタルである必然性は薄いというか、インストだと印象良くないからとりあえずデスボ乗っけたみたいな感じも無きにしもあらず? 実際デスボのミックス小さめだし。
しかし自分のように普段あまりデスメタルを愛聴していない軟弱メタラーにとってはこの控え目デスボと音圧の低さがむしろ好印象で、そのおかげでかなり聞きやすいサウンドになってると思う。ゲーム音楽は好きだけどデスメタルはちょっと…っていう非メタラーにも余裕でおすすめ出来ます。逆に海外メタルばかり聞いてるガチガチなメタラーだと物足りないかもしれないけど。

デスメタル的なアグレッションは二の次三の次になってると思うけど「美しさ」に関わる部分は一切の妥協なしに作り込まれている印象。特にリードギターの音色はこのZemethの生命線でしょう。メロデスに限らずクサメタル系の理想と言っても過言でないくらいに美しく安定感のある音色。これが無かったらこのクサメタル桃源郷は実現できなかったでしょう。

そしてアルバム構成、これがZemethの大きな特色の1つ。JUNYAさん自ら「全曲がキラーチューン」と紹介していましたが、信じ難いでしょうけどこれが嘘偽りない真実なんですよ。まじで全曲が凄まじいまでのクサいメロで埋め尽くされ、全ての曲が全力全開。常にテンションMAX。「最初から最後までラスボス戦」…と表現したら一番伝わりやすいかな? ここまで一片の隙もないクサメタル美学を貫いた作品って他に例を見ないのではないか。
この手のクサメタル愛好家って、アルバムに色んな曲調がバラエティ豊かに入ってたとしても結局は疾走キラーチューンばかりエンドレスリピートしてしまう傾向あると思うんですが、それを見越してスキップしたくなる「捨て曲」がゼロの全曲キラーチューンを実現してしまった訳ですね…。恐るべき発想。

とはいえ…ここまでテンションMAXを持続してると似たり寄ったりの曲調が延々と連続して、ぶっちゃけ途中でかなり飽きるんですよね。肉が好きだから肉オンリーの食事してるようなもんですからね。栄養バランスも味のバランスもへったくれもない。1曲1曲を単独で聞けば「神の音楽か!?」って衝撃を受けるんですが、アルバム全体として聞くと評価は必ずしも高くならないっていうのが正直なところですかねえ。
しかし、JUNYAさんとしては、途中で飽きるなんて百も承知の上でこのアルバム作ったんだと思う訳ですね。あえてバランスも構成も無視しまくって「ワンパターンの美学」を実現させたという意味で、やはりこの作品は特定の需要に対して徹底的に特化した類まれな傑作であることは認めざるを得ないと思うんです。

このアルバムから特に気に入ってる曲をチョイスするのは難しいですね…。全曲キラーチューンだし全曲が似たり寄ったりって感じなので…。とりあえず1曲目「VALENTINE LIBIDO」2曲目「LAVENDEL」9曲目「SCARLET NIGHTMARE」あたりが特にメロディが神ってるかな。7曲目「FATEFUL DESPAIR」8曲目「GENOCIDE MOON」も捨てがたい。やっぱり歌謡曲系メロディが秀逸ですね。さすがV系をルーツに持ってらっしゃるだけあるというか。日本人にしか出来ないクサメロでしょう。

そんな訳で個人的にはアルバム全体を通して絶賛できる作品ではないんだけど、個々の楽曲の破壊力は比類なきレベルだし、多くのクサメタラーにとっては掛け替えのない傑作となり得る超絶な作品であるのは疑いの余地はないでしょう。こんな凄まじい作品が同人音楽近辺から出て来たという事実は同人メタルシーンにとって新たな希望をもたらしてくれるに違いありません。

赤城ヰト「Unfinished note1.5」

https://sleeping-breaker.booth.pm/

先日のAPOLLOは得る物が多く充実したイベントだったのですが、新たに発見したサークルの中ではこのボカロサークルが一番の収穫でしたね。変拍子を多用した面白い音楽性。そんなプログレ寄りなサークルをうちで紹介しない訳にはいかないですよね。

新たに発見した…と書きましたが新規サークルっていう訳ではなく、先日の春M3や昨年秋のAPOLLOにも参加してたらしい? 不覚にもその時は見落としていたのですが。
ニコ動に投稿された動画を確認した限りでは初投稿が昨年4月みたいなんで割と新しめのボカロPであることは違いなさそうです。再生数1000を越えてる動画がないので知名度的には知る人ぞ知るって感じなのかもしれないですが、再生数とは裏腹にクオリティはかなり高めで、活動歴がたった1年とは思えないほど非常に洗練されたサウンドを聞かせてくれます。このクオリティでも再生数1000越えられないなんて…。

boothのほうに「変拍子エレクトロボカロP」と説明書きがありますが、まさにその通りで変拍子を駆使したエレクトロニカな作風が特色。
とはいえ、確かに変拍子は多用されていますが過剰に実験性や変態性を押し出すタイプの音楽ではなく、基本的にオシャレなエレクトロニカポップスとして聞ける洗練さがあり、変拍子がそこに「引っかかり」をもたらす味付け要素として機能してる感じですかね。オシャレでかわいいんだけど変拍子のおかげで奇妙さも多分に感じられるという、奇妙でかわいい、きみょかわいい(?)音楽って感じでプログレ系に無関心なリスナーにも大いにおすすめ出来るかと思います。

現在、赤城ヰトさんのboothで確認できる作品は5つ、しかしそのうち3つは期間限定の作品だったようで、今では無料ダウンロードも有料ダウンロードも出来ない状態になってます。
で、今も聞くことが出来る無料ダウンロード作品2つのうちから「Unfinished note1.5」のほうを紹介したいと思います。もちろん、もう1つのミニアルバム「Dark moon」も素晴らしいですし、先日のAPOLLO限定だった「ポール・エスト」僕は逃げる.ep」も良い内容なんですけどね。

1曲目「春の日の夕暮」はボカロによるポエム語りの乗ったインスト曲って感じ。しかしこのポエムの詞がなかなかシュール。
2曲目「Ferawell rainy day」は美しいピアノの音色とドラマ性のあるサビメロが印象的。これがハイライト曲かな。変拍子の使われ方もごく自然。

3曲目「文学少女は夢を見る」では変則的なリズムで鳴り響くピアノと木琴の音色が奇妙でメルヘンな雰囲気を醸し出してます。奇妙ではあるけど不気味さは無く、あくまで明るく可愛らしい感じ。
4曲目「Sleeping under the town」も引き続き奇妙でメルヘンチック。

5曲目「鏡の中」は重量感あるドラムの音やアナログ的な響きのシンセがフィーチャーされていてプログレ感が濃いかな?
6曲目「Square room」は短めの曲が多い今作の中では唯一の5分越えなだけあって展開も多め。終盤に向けた盛り上がりが良い。
7曲目「綺麗な魔法陣の描き方」は変拍子&ジャズっぽいインスト。

変拍子ボカロという特色を抜きにしても普通にポップスとして高品質なので多くの人におすすめしたいです。
どうやら秋M3にも参加予定みたいなんで新作も期待したいですね。旧譜も買っておきたい。





あ、それと今日が秋M3の申し込み締め切りらしいんでまだのサークルさんは急いで申し込んでください。まあそんなギリギリなサークルさんはいないと思うけど…。

Among the Sleep「casket EP」

https://among-the-sleep.bandcamp.com/releases

皆さんご存知の同人メタル界が世界に誇るテクニカルギタリストあにょ(gen)さんが、イケメン天才ギタリストichikaさんとコラボレーションした話題作ですね。

同人音楽を聞く人達に対しては「あにょさんの新プロジェクト」って紹介したほうが一発で伝わると思うんですけど、やはり多くのリスナーにとってはichikaさん主導のプロジェクトだと認識されてるんでしょうね。ichikaさんツイッターのフォロワーは1万越えてますし海外でも既に高く評価されてるみたいですからね。演奏テクニックに差があるとは思わないけど知名度に差があるのは否めないところなのか。実際にお2人のどちらが主導権を握ってるのかは知らないんですけども。
「ichikaと元abstractsのgenのコラボレーション」という紹介文が理想的だと思うんですが今のところそういった文言は確認されておりません。ほんと、あにょさんのabstracts脱退の件についてはうやむやになってる感があって釈然としませんけどね…。っていうかichikaさんもabstractsに所属してた時期あったの? それもよく分からないんですけども。wikipedia的なものが無いから分からないことだらけ。誰かwikipedia作って。

そういう事情はとりあえず置いといて本題の音楽についてですが、天才ギタリスト2人がコラボしてるんですから言うまでもなく超絶技巧の嵐。どこを切ってもテクニカル&テクニカル。技と技のぶつかり合い。ワールドワイド級のクオリティであるのは疑いようがないですが、下手したら海外の有名バンドすら越えてるかもしれない? それくらいやばい。
音楽性は一言でいえばDjent系ギターインストってことになるんでしょうけど、メカニカルにザクザク刻んでるだけのChug系Djentとは訳が違う。指板を一切の淀みもなく縦横無尽に駆け巡る常人離れしたギタープレイにはひたすら圧倒されるのみです。その常人離れなプレイが×2なんですからもうね。

演奏については動画を見た限りではあにょさんがギターでichikaさんがベースとクリーントーンのギターっていう分担になっているようですが、作曲についてはクレジットが無いので不明ですね。
なんとなく個人的な想像ですけど、1曲目と2曲目はメロディに東方アレンジっぽさがあるからあにょさん作で、3曲目以降はあにょさんの引き出しには無さそうなファンタジックなアレンジが出て来るからichikaさん作曲なのかな? 確証は全くないですけどね。

1曲目「Cloudbuilt」、演奏動画も公開されてるリード曲ですけど、もうほんとに超絶技巧vs超絶技巧の殴り合いのような凄まじさ。ichikaさんの奏でる5弦ベースも速弾き連発で音に隙間が無い。物凄い密度。Earthists.のときも思ったけどichikaさんのトレードマークとなってるクリーントーンのギターの幻想的な響きは非常に美しいんですがロック曲との相性についてはちょっと微妙なところだと思うんだけど、でもこのクリーントーンじゃないとichikaさんって感じがしないですもんね。

2曲目「Ghost」も基本的にHerbivoraの東方アレンジの延長線上の雰囲気なんだけど、ichikaさんのベースとクリーントーンのギターが加わることによって音の厚みが格段に増してる。

3曲目「Dream」、これが今作のハイライトでしょう。出だしから童謡のようなメルヘンなシンセの音が飛び出してきて意表を突かれますが、あにょさんの曲でこういう音は聞いたことないからやはりichikaさん作曲かな。同人音楽との親和性も高そうなファンタジックな音、エレクトロニカ系アプローチ、そしてポストロック的なアトモスフェリックな音、それらがテクニカルギターサウンドと見事に溶け合って摩訶不思議な世界観を作り上げています。まさにタイトル通り夢の中のようなサウンド。

4曲目はタイトル曲「casket」、これはichikaさん作っぽい気がするけど…ちょっと微妙なライン。共作という可能性も。今作で一番アップテンポで勢いのある曲。テクニカルだけど難解さは皆無でとても心地良い。ちなみにcasketって宝石箱っていう意味みたいだけど棺桶って意味もあるようで…。なかなか厨二心をくすぐる意味深な単語を持ってきてますなぁ。

5曲目「april」、この曲はベースが主役。曲の大半がベースソロで構成されてる? でもichikaさんのベースの音色は独特なのでメロディ楽器として機能しちゃってますね。

ジャケがこれまた秀逸で、forn EPと同じファンタジー路線なので完全にこれはあにょさんではなくichikaさんの趣味でしょう。同人音楽界で活躍するあにょさんよりもichikaさんのほうが同人音楽寄りなセンスしてるのは面白いかもしれない。

ichikaさんは1st EP出した時点で早くもワールド級の評価が確立されちゃってる感ありますけど、今後もあのクリーントーンの作風を続けていくんだろうか。あの路線を発展させていくのって難しいような気もするけど。
まあ自分は同人音楽リスナーなんでやっぱりあにょさんの今後の活動のほうが断然気になりますね。このコラボをきっかけに更なる飛躍をしてくれるといいんだけど。実力はあにょさんもワールド級であるのは疑いようがないですしね。ボーカル入りのプロジェクトを本格始動しないのかなぁ。

BLAPTOPHOBIA「早起き少女の目覚まし時計!e.p.」

https://annyahoo.booth.pm/

皆さん忘れずにダウンロードしましたか? この作品はweb上の同人音楽イベント「APOLLO」の期間限定(以下同文)

という訳でAPOLLO合わせで発表された3曲入りEPです。
あんやほさんと言えばAPOLLOの「ロック」を毎回チェックしてる方ならご存知だと思いますが、あのめっちゃ怖いジャケのボカロメタルをやってる人なんですけど、今回のEPはジャケの時点で変化が一目瞭然。本当に同じサークルか?って疑いたくなるほどに別物すぎる可愛いイラスト。
もちろん中身もいつもと全く別物で、今回はボカロではなく女性ボーカルをフィーチャーしたとても可愛らしい電波ソング風味の作風に転換していて、今までのアグレッシブでダークで狂気にまみれたBLAPTOPHOBIAと本当に同じ人間が作ったのか?って思うほど雰囲気が違いすぎ。

しかし、作風が全然違うからガッカリ…なんてことはなく、むしろこれはこれで良い。めっちゃ良い。180度異なるベクトルの音楽作ってもこれだけの完成度で仕上げることが出来るなんてほんと器用だなぁと。
もちろん、今までのあんやほさん「らしさ」が消え失せた訳じゃなくて、よく聞けば今まで通りの「狂気」が潜んでることに気付くんですけどね…特に2曲目。
とはいえ全体的には明るくて可愛らしい作風なので、今まであんやほさんのダークな作風を敬遠してたリスナーもこの機会に是非とも聞いて欲しい。って言ってもすでに公開終了してるけど…。また何かの機会に再リリースして欲しいなぁ…。

1曲目「早起き少女の目覚まし時計!」、これは一言でいうとエロゲでヒロインが主人公を起こしにくる朝のシチュエーションを曲にした感じ。でも歌というよりか…エロゲのサンプリング音声が乗っかってるインストみたいな雰囲気かも。オケはエレクトロニカ+ラウドロックな感じで、目覚まし時計の音を始めとした各種SEが切り刻まれリズミカルに散りばめられたような非常に賑やかで楽しい曲調。そしてミュートのクラッシュシンバルの音源が多用されて楽曲のノリの良さに大きな貢献してる。
セリフだけで歌は無しかと思いきや最後の最後でサビメロがやってくるという構成も面白い。

2曲目「ニル・イディアル」はDjentなギターインストにエロゲっぽいセリフが乗っかってる感じかな。でも単なるエロゲ風のセリフではなくて、よく聞くとめっちゃくちゃメンヘラってる内容のセリフなんですよね…やはりあんやほさんらしい。っていうか普通にアグレッシブなデスボ乗っかってるよりもよっぽど鬱オーラが強烈かもしれない…このメンヘラポエム。で、終始ポエム語りだけかと思いきやラスト30秒あたりになって歌メロが入ってくるという、1曲目と同じく意外性のある構成。

3曲目「メロディアス・ファクトリー」、これは奇をてらった部分は全くない可愛い系ポップソング。この曲もセリフは多用されてるけど最初から歌メロが入ります。この歌&セリフ担当のゆのさんっていう方、歌唱的には少し拙さが残ってるけどセリフについては味のある良い演技してらっしゃいますよね。おそらくボーカリストではなく同人声優さんなんでしょうね。

そんな感じでいつもと一味違う可愛い系の音楽が楽しめるEPになってます。あんやほさんの作風がこのまま可愛い系に傾くっていうことは無さそうだけどたまにはこういう作風も良いですよね。
そういや春M3のあんやほさん主催のコンピもまだ記事書けてないですが…近いうちに書きますのでお待ちを。あんやほさん&ミチザネさんの曲めっちゃキラーチューンですからね。
そしてニコ動のほうに最近投稿してらっしゃったボカロ曲もかなりクオリティ高めだったし、次なるアルバムへの期待が高まりますね。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析