FC2ブログ

Fyrri Líf「It's A Brave New World」

2019-05-07_023713.jpg


https://fyrri-lif.booth.pm/items/1071312


「BUMP OF CHICKEN + ドリームシアター + 民族音楽」な音楽性?????

この世にはジャンルを飛び越えて様々な悪魔合体を試みる音楽アーティストが存在しますがさすがにこの組み合わせは他にはなさそう…。
あ、ドリームシアターってのはもちろんプリパラじゃないですよ? 大傑作「The Astonishing」でお馴染みのほうのドリームシアターですよ? だから「The Astonishing」は駄作じゃねえって言ってんだろサンホラと同じ感覚で聞けって何度言えば…。

えーと話が脱線しましたが要するにロキノン+プログレ+ゲーム音楽という奇想天外な組み合わせな訳ですね。でも絶対あり得ない組み合わせって訳じゃないっすね。ってのはバンプも「Ever Lasting Lie」とかめっちゃプログレ感あるしシークレットトラックは20分越えだし。いやシークレットトラックは冗談ですけど初期のやたら目立つベースラインとかも何気にプログレとの親和性はあるような気もする訳で。

ちなみにバンプとドリームシアターの融合ってのは自分が勝手に解釈してるんではなくて、このサークルの主催(ってか1人でジャケ以外の全て手がけるマルチ系)のNóttさんの発言に基づくんですが、実際のところ十分にプログレ的ではあるけどさほどドリームシアター的ではないんですけどね。過剰な複雑さは無いしギターもメタリックじゃないのでバンプ系ロキノンサウンドと自然に調和してます。同人音楽リスナーにとってポピュラーな民族音楽&ゲーム音楽要素もふんだんに取り込まれていてとても聞きやすい音に仕上がってるのではないでしょうか。プログレやメタルに興味ない方にもおすすめしたい。むしろ同人音楽の枠を越えて評価されて欲しいってくらい普遍的な魅力のある音楽性だと思う。

ってか今更ながら、ジャンル単位で音楽を語るってのはやっぱ一長一短なんですよねえ…。プログレだとかメタルだとか前面に掲げて紹介すればそういう要素を求めてる人は惹き付けることが出来るけど逆に興味ない人は遠ざけてしまう訳で…。だからといって「ジャンルに囚われない」っていう言い回しを安易に使うのもいまいち信用ならないし。音楽作品ってのは突如ゼロから発生したものではなく過去の偉大なアーティスト達の積み重ねがあってそれらに影響を受けて作られてる訳じゃないですか。そういう影響関係を無視して「ジャンルなんかいらない」って言い放つのも何だか違和感ありますからねえ。だから個人的には自らの影響を受けたアーティストやジャンルを公言してるサークルさんのほうが好感持てるっていうか、このFyrri Lífも信頼できるなって思う訳です。

あと、個人的に「信頼できるサークル」の条件があるとしたら、洋楽と邦楽とオタクミュージック、この3つからの影響を感じ取れることですかね。オタクミュージック(アニソン及びゲーム音楽)の影響だけで作られてる「純粋種」なサークルってあんまり惹かれないんですよ…なんか内向きすぎるっていうか? 洋楽の影響も程よく入ってると「殻」を打ち破れるような気がするんですよね。このFyrri Lífはまさにこの3つがバランス良く取り込まれてる音楽性。洋楽=プログレ、邦楽=バンプ、でオタクミュージック要素は民族音楽とゲーム音楽由来の要素ですね。
実はこの作品って昨年の秋M3リリースでして、春M3の新譜は別に存在するんですけどその新譜のほうではプログレ要素と民族音楽要素が消滅して純粋バンプフォロワー化していて独自性が大幅に減少してるんですよね…。やはりこの3要素がせめぎ合っていて欲しかった。

この作品、9曲入りなんですけど短い曲が多いのでミニアルバム的なボリュームしかないです。ボーカル曲も5曲だけ。でもインスト曲も含めて組曲のように繋がっているコンセプチュアルな構成になってるんで聞き応えはかなりあります。

1曲目「霧の森」、序曲のインスト…かと思わせといて後半ボーカルも入ってきます。ピアノとアコースティックギターを中心にした穏やかで静かな出だしからエレキギターの重たい音がズーンと鳴り響きダークな雰囲気になる展開がかなりプログレ的。最初このサークルがプログレ的だという「ネタバレ」無しで聞いたからこの展開にはけっこう驚いた。

2曲目「Fairy Tale」、これは全編ボーカル曲。端的に言えば三拍子の民族音楽要素を取り入れたオルタナロックサウンドなんだけど、バンプ譲りの主張のデカいベースサウンドや巧みなドラムのアレンジだけでもセンス良すぎて脱帽なんですが何と言っても最高に推せるのはリードギターのメロディアスでドラマチックな音でして…これはメタラーの琴線にも触れまくるんじゃないかなぁ。ってかジャンル云々を抜きにして曲として純粋にめっちゃ名曲なんですよ。前半と後半でサビメロが異なるダブルサビ展開もアツい。
歌もギターも作編曲も全て手がけるNóttさん、いかにもインディーロックって感じの爽やかで飾り気のない歌声が良いですねえ。めっちゃ上手い訳じゃないけどそこがむしろ良いんですよ。同人リスナーならこの感覚分かってくれると思いますが。

3曲目「夢の山麓」はインスト曲。基本的にボーカル曲とインスト曲が交互に配置されてます。この曲も軽やかなピアノの音色とアコギによる牧歌的な雰囲気が素敵。

4曲目「Gazelles」は再びボーカル曲。これはロック要素の薄い穏やかな曲。童謡のようなノスタルジックなメロが良いですね。

5曲目「真実の湖畔」は再び繋ぎのインスト。ガラスのような透明感あるシンセの音が印象的。ってかどの曲も完全打ち込みじゃなくてアコギの音が入ってるおかげでオーガニック感が増し増し。

6曲目ボーカル曲「Abyss」、これが最もプログレ度が高い曲かな。イントロからカオスなギターで攻めてくる。基本的に歌パートはバラード系なんだけど後半コロコロと曲調が変わってプログレ厨ホイホイ。でも過剰な複雑さは無いし全く敷居は高くないですね。これも純粋に曲として素晴らしい。

7曲目「虚ろの小路」はポリリズム使用のなんとも不思議で浮遊感ある曲調。

8曲目ボーカル曲「世界樹の雫」、これは2曲目と並んでハイライト曲かな。単純にメロが一番キャッチー。アップテンポな軽快なロックナンバーですがキーが高いサビでオートチューン使ってるから近年のバンプ感もあるかもしれない。そして心なしかQUEENを彷彿とさせるツインリードギターでめっちゃ盛り上がる。ロキノン+オールドスクールなブリティッシュロックの素晴らしき融合。

9曲目「Re」はラストを飾るゲーム音楽的な民族音楽インスト。

男性ボーカルだけどジャケは美少女…まあこの界隈では1ミリも珍しいことじゃないんですけどね。しかし新譜のほうではその美少女ジャケが更に洗練されていて最早オリジナル同人音楽ジャケ詐欺大賞を狙えそうなレベルにまで達している。

ちなみにこのサークルって自力で探したんじゃなくて相互リンク(遊戯王用語ではない)のブログさん(http://dojinmusix.blog.jp/archives/77257483.html)が紹介していて知ったんですよね…こんな面白すぎる新規サークルを探し当てるなんてさすがです…。

そんな訳で初作品にしていきなりバンプ+プログレという独自性が高く完成度も非常に高い作品をぶちかましてきた衝撃的サークルなんですが、最新作では純粋バンプフォロワーになってしまったものの次回作は再びプログレに戻ってくれるようなんで期待したいところですね。

Imperial Era Beautiful Harmony

繋げて書くとそこはかとない同人メタルっぽさがある…かもしれない。


http://amass.jp/120042/
ところでこの記事ご覧になった方も多いと思いますが、HEAVY METALが世界で最も急成長してるジャンルらしいっすよ。まじか。で2位がJPOP。ってことはつまりHEAVY METALとJPOPの両方の遺伝子を持つ同人メタルは世界最強の音楽であることが証明された訳ですな。やっぱりな~そうだと思ってたんだよね~俺の目に狂いはなかったか~。
という訳で新しいImperial EraになったことだしSaikyouなMusicであるDojin MetalをWorldwideに発信していくためこのBlogもEnglishで更新していかないといけないですね。うん。まあ絶対に無理だけどね。でも真面目な話、なんとなく同人メタルって今や日本よりも海外のほうが需要あるような気もしなくはない。BABYMETALの成功以降、アニメ声のメタルを求めてる海外リスナー増えてそうな気もするし。

すでに新譜10枚くらいはリッピング終えてるんですけど70分の超ボリュームのリリハルに取り掛かるのは尚早かなと思ってまだ聞いてません。まあリリハルに関してはすでに絶賛されてて評価も固まってるようだから急ぐ必要もないですかね。
新規サークルでは「TwinTania」が意外に本格志向のDjentやってて聞き応えある感じ。まだ芋臭さはあるけど今後に期待。

https://lostmyproust.jimdo.com/
will編のエピローグ?? そんな設定があったのかぁ。つまりこれってラプソで言うところのエメラルドソードサーガが完結したって訳ですよね。そして心機一転で「Lost my Proust of Fire」に改名するってことですかね。絶対違うよね。
ってかENDなんて意味深な言葉入ってるから普通に活動休止の可能性も考えてましたよ。例のしおりでタイトルを見た時点ですでに。先日のAdust Rainの件に限らず活動を断念するサークルは後を絶たない訳ですが…やはり同人音楽を取り巻く環境は厳しいのか…っていうかもう音楽業界の全体が萎縮してる訳ですからね。同人音楽がどうだのいう狭いジャンルの話題ではない訳で。そんな中にあっても活動継続してくれてるサークルの方々には本当に感謝です。
そういや先日の記事で今回の新譜は最高傑作にはなれなかったって書きましたけど更に聞き込み続けてみたところ…うーん…やっぱ最高傑作とまでは言えないけど今回も過去作と優劣を付け難い内容だという結論に至りましたね。3曲目「Cruithne」と5曲目「Fogotten Dream」が強すぎるんですよね。聞けば聞くほど何じゃこれ????神すぎないか???神サークルか???という感想が湧き出してくる。この2曲はLost my Proust史上でも屈指の完成度でありプログレッシブな展開と初見でも分かりやすい魅力も兼ね備えた完璧すぎる曲だなぁと。
なので最高傑作であるかどうかの評価を分けるのは残るHidaka Mikuさん作の曲ということになり、7曲目の表題曲は言うまでもなく素晴らしい出来でエピローグにも相応しいスケール感を備えた名曲なのですが、2曲目の「9’s」がですねえ…これが意外にスルメ曲でして、最初は印象良くなかったんですよ。造語歌詞?によるAメロがちょっとふにゃふにゃしたメロっていうか? でもBメロとサビの展開が本当に良くて結局この曲を一番ヘビロテしてたりするんですよね。
まあ、あんまり書きすぎると単独記事で書くこと無くなっちゃうのでこれくらいにしときますが今回も変わらず素晴らしい作品であることは違いないと。


そういやツイッターで平成プログレベストみたいな企画を見かけましたがまあ優勝は普通にFrost*の1stでしょうな。ほとんどの人が選出してるような。
史上最強プログレッシブポップバンドA.C.Tの新作EPが出ましたけど4th以前の作風に戻ってて驚き。いやもちろんこの作風のほうが好きなんだけど5thでのヘヴィな方向性が全く無かったことにされてるのはどうなのかなぁっていうモヤモヤも。

最強M3お疲れ様でした

本当は一気に開封&リッピングするつもりだったんですけどやっぱ無理っすね。今回は大本命サークルのアルバムが集中しすぎて消化し切れない。という訳でまだ2枚しか聞いてないです。

https://twitter.com/xiloro_info/status/1122085606308192256
大豊作の今回のM3においても「トドメ」となったのはやはりこのサークルでしたよ…。まじ天才だと思います。
告知ツイートのニュアンスからしても本当なら新譜なしだったはずが直前になってデモ曲をかき集めて急造アルバムをでっち上げたような雰囲気ありまくりだし、実際のところ未完成っぽい短い曲が多いんですけど、にも関わらずですよ、この滲み出るポテンシャルの高さ。ただならぬオーラを発散する楽曲の数々。もし各楽曲が「完成品」だったなら確実に名盤になってたとしか思えない。昨年春もアルバム未収録のボツ曲集と称してガチな名盤を送り出して来たXiloroですからね。舐めプで強敵を薙ぎ倒していく「なろう系」主人公のようなチートさ。ボーカルさんが脱退して活動継続の危機に陥ったかのように思われたXiloroでしたがボカロに路線変更してもその素晴らしさは揺らぐことなく、このサークルっていうかもきねさんの才能とセンスは「本物」だと改めて思い知らされた次第です。

https://twitter.com/Lost_my_Proust
そして本命中の本命であるLost my Proustの超待望のアルバムのほうですが…ぶっちゃけ結論から言うと今回は最高傑作にはなれなかったかなっていう。プログレッシブな方向に突き抜けた傑作「A certain cenotaph on an illusion」とキャッチーさに長けた傑作「Lycoris Libretto」、今回の新作は両方の傑作の要素を引き継いではいるんですけど、しかしながら今回は特定のベクトルに突き抜けられなかったっていうか。中途半端…って訳ではないんですけどね。でもその2作を越えられているかっていうとやはり微妙と言わざるを得ないかなぁ。
でもその差はあくまでも僅差なんで、本当すごい惜しい感じなんですよ。あと一息で並べたんじゃないかなぁって。
もちろんこれはLost my Proustの過去作が余りに良すぎたせいでハードル上がりまくってたっていう話であって、今作の出来が悪いなんてことは全くありません。それだけこのサークルは孤高だっていう事の証明なんですよ。なんせこのサークルはシングルも含めて全作品が名作。ハードルMAXになって当然。
ちなみに試聴の段階ではzakiさんの曲が優勝かなって思ってたけどやっぱり最強でした。3曲目まじ神曲。3曲目>7曲目≧5曲目…って感じかなぁ。暫定順位だと。Syunsukeさんの曲もやばいんだよねえ、試聴に入ってない部分がさあ…。
細かいことはまた後日。書くべきことは山ほどある…。


この2サークルだけで情報過多なんですがまだ70分越えのリリハルとHATEもあるとか…まじかよ…。

【百花繚乱】2019春M3の注目サークルその5

という訳で千載一遇、一期一会、鎧袖一触、浜松町駅、空港快速、羽田空港、駄目絶対。なM3開催まで残り3日となりましたね。M3当日はなんとか晴れそうだけどそこに至るまでずっと雨の予報でダルいですなぁ…。


https://twitter.com/Yutopia_Qremia/status/1119008288576692225
「ゆ~くれ」はやはり幻想音楽祭の新譜がそのままM3新譜扱いになるっぽいですな。
真面目な話、このサークルの楽曲の良さとアレンジセンスの高さは保証します。まじで曲は凄く良いんです。その他の諸々についてはそれぞれのリスナーの判断に任せる感じで。

https://twitter.com/xiloro_info/status/1120680914013409280
ボカロアルバム? Xiloroとしての新譜なのかな。たぶん違うな。ボカロでもいいから復活して欲しいけど。
同人ゲームのほうはTVで取り上げられる快挙を果たしたりとますます勢い付いてるのに対して、このXiloroのほうは全く注目されてないような気がしてもどかしいのですが間違いなく当ブログで紹介してるサークルの中でも最強クラスの音楽ですので。

https://twitter.com/sparespine/status/1119180786991681536
SPARESPINEの新アルバム、目新しい要素はないけど安心安定の内容かと。まさに王道メタル。なんと10分越えの曲もあるっぽい? ここも本気すぎるなぁ。今回は男性ボーカル曲が無いっぽいけどそれは「Axion」っていうJo'Lさんを中心に据えた新プロジェクト始動したからか。

https://twitter.com/xxxHaToxxx/status/1120637918890958848
アイマスにも曲提供しているガチクリエイターの原知也さん主催のエモいポストロック系サークル「HaTo小屋」、木下結さんの曲良いですねえ。木下結さんの歌う同人音楽にハズレは無い法則?

https://twitter.com/OwMyOwl/status/1119214416958877696
強いラウドロック系サークル探してる人はこのOwMyOwlさんのサークル絶対チェックしたほうが良いです。まじ強いサウンドなんで。

https://twitter.com/ryo_sll/status/1118482826175795200
繁山亮さんの新譜、今回もエモすぎる…素晴らしい。シロップや初期バンプ好きな人は絶対聞いたほうが良いですよ。

https://twitter.com/letharia_jp/status/1119967942798503936
Letharia新譜、今回もジャケが余りにも美麗すぎる。内容のほうはやっぱりボイスドラマ多めな感じなのかなぁ。おそらくクオリティ的には今の同人音楽でもトップクラスのシンフォニックメタルやってるサークルだと思うんで「本気」のフルアルバムを期待したいけども…。


https://twitter.com/lost_my_proust

https://twitter.com/hatejpofficial
こんなブログわざわざ見に来てる人でLost my ProustとHymn Above Traumatic Emotionの新譜を買わない人がまさか存在するとは思えないのですが念のためもう一回貼っておきましょう。

https://twitter.com/KalmeRi/status/1121025416892780544
貼るの3回目、KalmeRiは新譜ないけど旧譜は全部おすすめ。

http://www.pacchiri-hitsuji.com/
冬コミリリースだけどM3は初、ぱっちりひつじの傑作2ndアルバム。プログレに興味なくとも聞いて欲しい。

http://www.earnestibis.com/
冬コミでデビューしてM3は初参戦の「キャッチーでウィットでセンセーショナルなヘヴィメタル」な「Earnest Ibis」も要チェックですよ。ガルネリっぽいギターソロ&キーボードソロがまじ強い。


他にも買う予定のサークルあるけど例によって事後報告します。まだまだ全く新規枠が足りないのでもうちょい頑張って探したいところ。

そういやAdust Rainが活動休止するらしいっすね…東方アレンジのみならずオリジナル作品も並行して出して精力的に活動してるサークルだったのに。

【威風堂々】2019春M3の注目サークルその4

という訳で気分爽快、天真爛漫、千客万来、大器晩成、玉石混交(以下略)

とりあえず天気予報見た限りではM3当日は晴れそうだし良かった。
既存サークルについては文句なしのラインナップなのですがやっぱ新規で決め手となるサークルがねえ…。Xiloroやrejection級のサークルそろそろ出てきても良い頃じゃない?

https://twitter.com/relehallu_info
リリハルのクロスフェード出ましたね。試聴だけで14分…長すぎ! この試聴だけでも一般的なサークルのEPと同じ尺ありますよ。さすが収録時間70分は伊達じゃない。
音楽性としてはほぼ今までのシングルの延長線上で新たな冒険などはあまり見出だせないですがそれはこのサークルのブレないスタンスを証明してるとも言えますね。メタルどころかロックが時代遅れと言われるご時世においてもプログレッシブメタルというマニアック中のマニアックな音楽性を貫くこのサークルは改めて非常に心強く感じます。しかもそんなマニアックな音楽性でありながらこれだけの支持を得てるんですからほんと凄い。
正直、今回は曲数が多いから1曲1曲のメロディが弱くなる可能性も考えてたんですけどそれは杞憂だったようです。過去のシングル曲と比べても全く遜色ないキラーチューンが勢揃い。メロディ作りにおいても本気中の本気を感じざるを得ない。特に後半の曲に強いのが並んでる印象。トドメとなる必殺の曲は「Memento Mori」か? これは10分越えてそう。このガチ曲ばかりの並びの中に同人音楽にありがちなジャズ曲が混じってるのが愛嬌って感じもあります。

https://twitter.com/harmonicreflect
Harmonic Reflectionが春M3参加辞退?とか先月書いた気がするんですけどそれは幻影だったようです。ばっちり新譜あります。クオリティますます上がってるし薛南さんのボーカルも強すぎる。

https://twitter.com/WhileTrue_JPN
WHITEFISTSのケンシローさんの参加するテクニカルギターインストプロジェクト「While True」の新作、相変わらず超絶クオリティ。これはメタラーもそれ以外のリスナーも必聴でしょう。

https://twitter.com/__hase/status/1119421585008386048
demiのボーカル入りの新譜ってだいぶ久々ですかね。「蛹の遂抗」の頃の派手なキラーチューン感に比べるとずいぶん落ち着いた雰囲気っていうか…。ってかdemiのアーティスティックなイメージを担っていたデザイナーの月星開理さんやめちゃったの? これはけっこう痛手だな…。
demi初めて聞く人はアルバムから入りましょう。1stアルバム「迷信」も2ndアルバム「過信」も共に名作ですので。

https://twitter.com/rejectionjp
rejection新譜、前作よりさらにクラブミュージックとして洗練された出来になってる感。4曲目が赤ヘルさんならではのキャッチーなメロがあって好きな感じかな。
ちなみに誰が何と言おうがrejectionは1stアルバム「COSMOS」が同人音楽の歴史に残る神盤ですので必聴です。どれか1枚だけ買うのなら絶対に1st。1stはあらゆるタイプのリスナーにおすすめ出来る。

https://twitter.com/lekphjunokia
何気にハイクオリティなメロデス~メタルコアやってるサークルだけど名前覚えづらいLekphjunokia、「暗黒郷恋歌メロディックデスメタル」? キャッチフレーズ変えた? 「スカム恋歌」ってのはアレだったから変えて正解だったと思う。

もちろんまだまだ情報あるのですが次の記事に持ち越し…。あと新譜ありそうで情報出てないのはMedansyさん?ギリギリで前日に情報出る可能性も。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析