FC2ブログ

黄昏の旅団「Deep-sea gravity」

Deep-sea gravity

同人メタル界の小野正利…とか春M3の時に書いてましたけど2nd以降はハイトーンを控え目にして中音域を主体にしてる感あるからあんまりこの呼称は今は合わないかな。まあそんな呼称を使ってた人間がうち以外にいたとは思えないですがw

さて今回の新作は無料配布だった訳ですが、いつもならこのブログの人は新作が無料配布だという情報を見ると渋い反応するのが常なんですが(無料配布は入手難度が上がるので)、でもまあこの黄昏の旅団は前回の春M3の時もイベント後に無料配布音源をサウンドクラウドにアップしてくれてたし取り逃しても大丈夫かなーと軽く考えてたんですよね。でもイベントからけっこう経ってるのに未だにサウンドクラウドに上がってないんですよね…やっぱり今回はイベント限定だったのか…。まあサウンドクラウドに上げちゃうとわざわざイベントでゲットした意味が薄らぐから今回は上げないという判断になったのかもしれないですけど、でもイベント来られない遠方のリスナーが聞けなくなってしまうというデメリットもありそうですね…無料配布はショップ委託もないし。ほんと無料配布って難しいですよね。どこのサークルさんも試行錯誤してるんじゃないかと思うんですけど。

今回わざわざ無料配布にしたという事は、きっと新規リスナー獲得のために分かりやすい路線の楽曲になってるんだろうなと思ってたんですが(具体的にはメタラーホイホイな疾走曲とか)、でも実際はその真逆で、新譜の1曲目「Deep-sea gravity」はこのサークルの楽曲の中でも最も難解で敷居が高い作風と言えるのではないでしょうか。ギターリフは過去作にはないヘヴィさ、そして複雑なリズムを擁したプログレ的な展開が主体になっており、しかもいつものようなキャッチーなサビメロもないという、かなりマニアックな路線で攻めてきたなぁという印象ですよね。このサークルの多彩な音楽性を垣間見せる楽曲だしもちろん個人的にはこういうプログレッシブな路線の曲は歓迎なんですけど、でもこのサークル聞いたことないリスナーがこの無料配布を受け取って聞いてみたらどう感じるのかな。少なくともあんまり入門用のCDって感じはしないですよね。あえてこれを無料配布の1曲目に選んだのはどういう意図があるんでしょうね。
この曲、プログレメタル寄りな作風だとは思うんですがドリームシアター系とはちょっと毛色が違う感じですよね。ヘヴィな曲をやってみてもやはり基本的な部分は1stみたいなメロハーであるように感じます。プログレメタル系バンドみたいなメカニカルな無機質さはないですし。キャッチーさでは過去曲より劣ってるように感じますがおじゅんさんのボーカルはいつも以上にパワフルですし説得力に溢れていますね。
ドリームシアターと言えば前回のイベント後にサウンドクラウドで公開された「Pandora's Box」もドリームシアターを若干意識したような曲調だったと思うんですけど、あっちの方がメロディが分かりやすいしあの曲を無料配布した方が新規リスナー獲得という観点では良かったんじゃないかな?と思ったりもするんですが、もし今回のこのプログレメタル曲でホイホイされるリスナーがいたとしたら相当にマニアックな嗜好の持ち主って気がしますね、それはそれで面白いですがw

2曲目「The sleeping dolphin」は打って変わって静かでジャジーな曲調になりますが、1曲目同様に海をイメージした曲っぽいですね。1曲目が深海を突き進む潜水艦のイメージだとしたら2曲目のイメージは夜の砂浜みたいな感じか? 今までこういうしっとりした曲調はなかったですけどこういうのも良いですねえ。おじゅんさんのボーカルも実に表現力豊かで味わい深いですよ。

正直言うと、今回の無料配布はこれだけじゃ評価しづらいというか、冬コミで出す予定だった作品への布石になってるんじゃないかという予感がしてるんで、判断は保留みたいな感じですかね? 今回が無料配布だから力を抜いてるとは全く思わないし、むしろこのサークルの多様な音楽性を見せつける冒険作だと思うし興味深い内容ではあるんですがまだ試行錯誤の途中って感もありますしね。
次こそはメタラーホイホイな疾走曲やってくれないかなぁ、メタラーってとりあえず疾走してればある程度は釣れるようなチョロい生き物だと思うんですよ(酷い偏見)。
あと個人的に黄昏は1stのメロハー路線がなんだかんだで一番好きだったんでああいう明るくてシンフォニックな曲もまたやって欲しいかな…。このサークルはこんだけ多様なんだから同じこと繰り返してマンネリとか絶対ないと思いますしねw



http://ciproject.net/
さてCI projectの方も今回は無料配布だったんですがこっちは1曲しかないですのでまとめて記事にしてしまいます。3作連続でおじゅんさんボーカルということは、もうおじゅんさん固定ボーカルって認識で構わないんですよね? CI projectの方では黄昏の方とは一味違ったストレートなJロック路線でおじゅんさんのボーカルを聞かせてくれるのが嬉しいですよね。今回の新曲は夏コミのミニアルバムのバラードに割と近いメロディ展開ですけど、やっぱりこういう切ない系のメロディ作るの上手いですねえ。

黄昏の旅団「Melody of memory」

Melody of memory

同人メタル界の小野正利ことおじゅんさん(注:そんな呼び方してるのはこのブログの人だけです)を擁するメロハーサークル黄昏の旅団の春M3新作シングルでございます。
この前の雑記でもちょこっと書きましたが、ほんと過小評価されてる感がしてならない。新作も素晴らしい内容で、ボーカル良し、メロディ良し、サウンド良し、ほとんど非の打ち所のない出来だと思うんですけどね。

前回のCI projectの記事も実質的におじゅんさんのボーカルに主にスポットライト当てた内容でしたし、おじゅんさん推しが続いてる訳ですが。ほんとしつこいようですがハイトーンボーカリストとして逸材だと思うんですよねー。同人メタルの範疇だけでなく、ジャパメタ全体の規模で考えてもこんだけ声の存在感があるボーカルってあんまりいないと思う。AzraelのAkiraさんやMinstreliXのLeoさんみたいな細い声質のハイトーンボーカルなら多いんだけど、こういう小野正利タイプの声って希少だと思うんですよ。まあ勿論、超絶歌唱力の持ち主である小野正利さんを比較対象にしちゃうと色々と厳しいところはあるかもしれないですが、ポテンシャルという意味では本当に素晴らしいボーカリストだと思うんです。

正直、同人音楽界隈は女性ボーカルの需要が圧倒的なのでこういう男性のハイトーンボーカルがあんまり評価されないっていう実情はありそうですが、ジャパメタ全体ならこういう声質が好きっていう人は多いんじゃないかと思うんだよなぁ。
しかし、そのターゲット層となり得るメタラー層へのアピールがいまいちだという感も否めないんですよね。冒頭で今回の作品も「非の打ち所のない出来」と書きましたが、もし1つ欠点があるとしたら、前作に引き続き今作でも疾走曲がないっていう点かもしれないですね。やはり何だかんだでメタラーって疾走曲が大好物ですからね、ボーカルもメロディも素晴らしくても疾走曲がないから決定打がないという中途半端な印象を与えてしまってるのかもしれない。(個人的には疾走なくても全然構わないんですが、あくまでメタル界隈の一般論として)
でも、前作に続いて今作も疾走曲がないというのは単なる気まぐれとは思えないんですよね。普通この手の音楽性なら疾走曲を1曲くらいはやると思いますからね。最初から疾走系メタルが眼中にないのか、もしくは疾走を避けることに信念があるとしか思えない(?)
もし黄昏の旅団では疾走曲やりたくない事情あるのなら、別のプロジェクトでおじゅんさんボーカルの疾走メタルやって欲しい気もしますね。とりあえず一度クサメタラーに媚びた曲やって欲しいw

話が前後しましたが、新譜の内容に話題を移しましょうか。
明るくポジティブなメロディが満載だった前作とは少し方向性を変えて、今作では若干ダークな雰囲気に移行してる感がありますね。しかしメタル的なダークさ、ヘヴィさではないので重苦しさは皆無で、メロディのキャッチーさも健在なので親しみやすい内容であることに変わりはありません。そしてアコースティックな民謡要素も増えています。悶絶メタルさんではその辺が売れ線に移行したと否定的に評されてますが、個人的には全然そんなことないと思いますね。
確かに民謡系は同人音楽ではポピュラーなジャンルなんですが、今作での民謡要素って他サークルとはちょっと風味が違うといいますか、先日話題にした「J-RPG系」に例えて語るならば、他サークルが一般的ファンタジー系RPGのイメージだとしたら、この黄昏の旅団の新作の場合はイメージが西部劇風な荒野の風景なんですよね。RPGで例えたらワイルドアームズって感じですねw
まあわざわざRPGに例えるまでもなく、そもそもオリジナリティという点ではぶっちゃけおじゅんさんが歌ってるだけで他との差別化が出来ちゃってると思うんですよ。こういうタイプのボーカルが希少な訳ですから。だから全く問題なしw

各楽曲について書くと、まずイントロに続く2曲目、チェンバロやパイプオルガンの音が入ってるので若干ゴシック系っぽい雰囲気になってますが、やはり他のゴシック系サークルとは全然違う音ですよね。他サークルはV系やアリプロからの影響が基本になっているのに対し、この曲はあくまでメロハー系が根底にあって、その上にゴシックっぽいアレンジかぶせたみたいな趣きですからね。歌メロは勿論非常にキャッチーでドラマチック、前作と変わらぬクオリティで聞かせてくれます。おじゅんさんのボーカルに関しては、これは作品全体に言えることなんですが、前作のようにハイトーンを多用せずに中音域主体でじっくり聞かせるスタイルになってますよね。ハイトーン歌唱はちょっと不安定なところもあるから封印した?ハイトーンボーカル好きとしては少し寂しい感もありますがw
3曲目は民謡要素が中心でメロハー要素がサビで少しだけ登場するといった感の展開ですね。勇壮な雰囲気を放つクサメロが素晴らしく、これは名曲でしょう。
4曲目は全編が民謡系のアコースティックな演奏で占められてますね。これも素晴らしいメロディなんですが、ラスト付近でクワイアと絡むパートが特にかっこいい。

前作もそうだったんですが、今作も捨て曲なしで素晴らしいメロディの楽曲ばかり。おじゅんさんも逸材なんですけど作編曲担当のMariさんも相当な才能をお持ちですよね。
しかも、発表された新曲はこれだけじゃないんですよね。新譜とは別に無料配布コンピで2曲、イベント後に1曲公開されてるので、新譜と合わせて計7曲…。まとめて出してたらもはやミニアルバムに出来るレベルの量じゃないですかw

特にイベント後に無料公開された「Pandora's Box」がインパクト大きかった。イントロの時点でやられましたね、完全にPanic Attackのリフだしww 実はおじゅんさんのプロフィール見るとDreamTheater好きって書いてあるんですよね、これはもう確信犯的なものでしょうw この楽曲も全体的にはテクニカルなメタルって雰囲気じゃないんですけども、イントロがこれだから否応なしにそっち系の印象を植え付けることに成功してますねw でもこの曲の一番かっこいいのはBメロ以降のGates of Babylonっぽい(?)中東系のアレンジだと思いますね、ここはほんと盛り上がらざるを得ない。メタルってよりハードロック系のノリだと思うけどこういう展開はいいですなぁ。イントロのインパクトを除いても、このサークルさんの多彩な音楽性の可能性を見せ付ける強烈な楽曲になってると思います。
1コーラスだけ公開されている「Eternity」は次回作にフルが収録されるのかな?本編のメロハー路線とは一味違うモダンなメタル風のアレンジになっていて異色な曲になってますね。次はこういう路線で行くのか? CI project新譜に割と近い方向性だしこういうのもアリかもしれない。
「The edge of the world」は新譜4曲目とほぼ同路線の民謡曲ですね。Bメロのシンフォニックなアレンジが聞き所か。

黄昏の旅団「眠る蒼穹と天使の羽根」

眠る蒼穹と天使の羽根

どうやら新規に活動始めたサークルさんらしく、これが1stシングルみたいですね。

ジャケットの雰囲気からして、たぶん女性ボーカルの民謡系かなーと思って試聴を聞いてみたら男性ボーカルだったんでちょっと驚きましたが、まあ、美少女ジャケなのに中身が男性ボーカルの同人CDとかいっぱいありますしねw これはジャケと音楽のイメージが割と近いと思うし詐欺ってほどではないんじゃないでしょうか。
というかこのジャケの天使は美少女じゃなくてショタかもしれないですしね、そもそも天使って性別無いのかも?
まあそんな事どうでもいいですねww中身の音楽さえ良ければ良いんですしw

まずこのサークルさんの音楽性で特筆すべきはやはりボーカルでしょう。男性ボーカルなんですが、よくあるV系ボーカルではなく本格的なクサメタル系の力強いハイトーンボーカルで、そこらの同人女性ボーカルよりよっぽど声域広いんじゃないかってくらいの突き抜けるような甲高い歌唱を聞くことが出来ます。しかもただ高いだけじゃなく、声質が小野正利さん系の暖かみがあって厚みのある声なのが良いですよね、ほんと良い声してるボーカルさんだと思います。
ただ、歌唱力ではまだ不安定な部分もあるかもしれないですが、その辺は活動を重ねるうちに上達しそうな気もしますしね。
このボーカルさんのプロフィール見たら、Diclofenacのエンジニアって書いてあるんですけど、こんな良い声なのに今までサークルやインディーズでの活動してなかったんでしょうか。ぶっちゃけ、Diclofenacのボーカルの人よりよっぽど(ry

さて、各楽曲についてですが、ファンタジックな雰囲気のインストに続いて始まる#2はフェアウォーニング辺りを思わせるメロハー風味の曲になってますね。超高音のギターとかまさにウリジョンロートとかその辺の音です。メロディも良く、サビでのハイトーンの歌唱はまさに絶品。
しかし、メロハーも良い物だしこれはこれで良い曲だとは思うんですけど、ぶっちゃけ同人界隈でこのタイプの音楽性って需要あるんですかね? このボーカルの声質ならクサメタラー系にしか需要ないだろうし、そうなればやはり疾走クサメタルこそが望まれてると思うんですけどね。まあ楽曲的には出来はかなり良いですし、疾走感がないこと以外に欠点はないですが、ちょっと勿体ない気がします。
#3はシンフォニックで壮大なアレンジを施したバラード系の曲で、ハイトーンボーカルを活かした美しいメロディを聞くことができます。
#4はイントロからかなり派手な幕開けで、お、こりゃ疾走来るか?と思わせといて結局ミドルテンポの展開なのでクサメタラー諸氏はフラストレーション感じてしまうかもしれないですねw しかし楽曲はメロディとアレンジ共にかなり素晴らしくて、ボーカルにはもはや神々しさを感じてしまうほどです。

とにかく全体的にクオリティは非常に高く、クサメタラー向けアピールが足りないことを除けばほぼ完璧な出来なんじゃないでしょうか。メロディもキャッチーで聞きやすいですしね、こういう男性のハイトーンボーカルに抵抗のないリスナーの方になら間違いなくおすすめ出来る内容ですね。今後に期待大のサークルさんだと思います。次回作ではジャケはもうちょっと硬派な絵柄にしてもいいんじゃないかなw
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析