FC2ブログ

Release hallucination「Ariadne」

Ariadneジャケ

昨年の冬コミの「Dystopia」以来の約10ヵ月ぶりの、待望のRelease hallucinationの2ndシングルです。

なんせインターバルが同人サークルとしてはけっこう長め(2イベント新譜なし)だったこともあり、このサークルさんに大きな期待をかけている者としてはまさに待ちに待った新譜で、期待度もMAXに近かった訳ですが…。いざイベントで購入して聞き終えた今、率直に言うと、「期待度のハードル上げ過ぎたかなぁ」という感想になってしまいますかね…。

誤解のないように言っておくと、決して今回の作品がダメという訳ではないんです。試聴の段階でも分かっていましたが、今作はとにかく一聴してすぐ分かるレベルで音質が格段に向上していますし、アレンジや楽曲のクオリティも依然として高く、多くのリスナーさんにとっては「おー、リリハルずいぶん進化したなー」っていう肯定的な感想になってると思うんですよね。
しかしながら、期待値MAXの者としての感想としては、やはり今までの作品には今ひとつ及んでいないというか、とにかく前作Dystopiaが凄すぎたせいで、それに比べるとやはり音質面以外では見劣りしていまうかなぁと…。

ほんと、Dystopiaは凄かったと思うんですよ。特に1曲目と2曲目。非常にキャッチーなアニソン系メロディを持ちながらもプログレメタル的なヘヴィで複雑な演奏を両立し、しかもそのテクニカルな要素がキャッチーさを阻害しないギリギリなところで留めてある驚異のバランス感覚と構成力。あれはもはや同人メタルどころかジャパメタ全体を見渡しても比肩する者が少ないレベルのすごい楽曲だったと思うんですよね。まあそんな凄い作品を発表してしまったからには当然ハードルは最大限まで上がってしまい、「きっと次の作品はもっとすげえのが来るに違いない」って期待してしまうのも仕方ないですよねw

それに比べるとこの新作は、ただ過去作の方法論やメロディ展開を踏襲してるだけで新鮮味が薄いと言わざるを得ないと思います。マンネリってレベルでは全然ないんですが、やはり刺激が足りない感じですかね…。
#1「Ariadne」は前シングルの2曲目ほどのリズムの鋭利さはないし、バラード曲の#2「月虹」は、PHANTAS-MAGORIA名義の2nd収録の名曲「青い月」を薄めたようなメロディだし、#3「In Fragments」もサビのメロディが弱い感じですかね…。

しかしこの微妙な評価、どう考えても期待度が高すぎたせいなんですよね。一般的な同人メタル基準で聞けばむちゃくちゃかっこいい曲が揃ってるんですよ。特に1曲目は普通に聞けばキラーチューン級の曲ですし、間奏のドリームシアターっぽいフレーズとかクソかっこいいじゃないですか。なぜこのクオリティで満足できないのか?自分でも呆れるくらいにハードル上げてしまいましたねw
ただ、このサークルさんの本気はまだこんなもんじゃないと思ってるのは本心ですし、今回は音質向上に力を尽くしたから楽曲の練り込みが多少足りなかっただけなんじゃないかなぁって思ってます。今回は「音質良くなったよー」ってアピールのための序曲に過ぎず、きっと本気作は次のアルバムに違いない。次こそは「Innocent Words」みたいなガチプログレメタル曲をお願いしますw
この向上したサウンドで本気曲やったら次回作は名作にしかなり得ないでしょう。

Release hallucination「Dolls/Despairing sigh」

Dolls Despairing sigh

Release hallucinationの2012秋M3で無料配布された2曲入りシングルです。

実はM3では出遅れてしまってこのシングル回収し損ねたんですよね…。でも先日知人から譲ってもらったのでこうやって聞くことが出来ましたw感謝ですw
無料配布って形式もちょっと考えものですよね…大して興味ない人も無料だからって適当に持っていっちゃって、本当に欲しかった人の手に渡らなかったら本末転倒だと思いますし。せめて200円くらいで頒布して欲しかった気もしますw

さて内容ですが、#1「Dolls」は冬コミシングルの疾走曲2曲と同路線でこのサークルさんの持ち味を存分に発揮した楽曲ですね。変則的なリズムで重く刻まれるリフとシンフォニックなシンセにドラマチックなサビメロ、そして流麗なギターソロと、このサークルさんの音の特徴が凝縮されてます。ただ冬コミの2曲に比べると若干インパクト弱いかな…まあ無料配布だしこんなものですかね。
#2「Despairing Sigh」は最初聞いた時は地味なバラード曲に感じたんですけど、よく聞くとこれまた露骨にドリームシアターなアレンジが施されてるんですよねwギターはTrain of ThoughtでシンセがAwakeの頃の音って感じかな?どっちも大好きなアルバムなんでニヤリとしてしまいますねw随所に挿入される変拍子的なアクセントがたまりません。もちろん歌メロも素晴らしく、名曲ですね。
バラード系の曲にもプログレメタルなアレンジを施すという心憎い計らい、やっぱり素晴らしいサークルさんですねw

Release hallucination「Dystopia」

Dystopiaジャケ

過去記事で何度も推してますが今回の冬コミの大本命だったRelease hallucinationの新譜ですね。やはり冬コミ感想記事一発目はこれにしましたw
実は試聴聞きすぎて半分聞き飽きてたくらいなんですけどねw試聴に上がってなかった間奏パートもめっちゃ素晴らしいですねー。ただ試聴聞きすぎなければもっと感動が味わえたかと思うと若干悔やまれますがw

PHANTAS-MAGORIAのボーカルemiさんとギタリストkaorinさんの別プロジェクトですが、PHANTAS-MAGORIAの2ndのヘヴィーゴシック+プログレメタル的アレンジという方向性をさらに進化させたのがこのRelease hallucinationの音楽性って感じですね。サークル名にその2ndアルバムのタイトルを冠していることからもその傾向は顕著に思えます。PHANTAS-MAGORIAのほうはまた別路線で活動続けるのかな?よくわかんないんですけど。
PHANTAS-MAGORIAの2ndは以前に感想記事書きましたが、2012年で最もヘビロテしたんじゃないかってくらい気に入ったアルバムだったので、その路線を継承し更に押し進めたこの音楽性は大歓迎ですね。
PHANTAS-MAGORIAの2ndはスローテンポのヘヴィーな曲が多かったんですがこのRelease hallucinationではアップテンポでよりアグレッシブなリフをメインに据えた楽曲が増えているのが特徴的ですね。自分はそこまで疾走感にこだわるタイプのメタラーじゃないんですけどやっぱり疾走曲は好きなんでこの変化は素直に嬉しいです。
テクニカルな変拍子パートも増えていて、Train of Thoughtあたりのドリームシアターを彷彿とさせる音になってますね、Train of Thoughtはドリームシアターのアルバムの中でもかなり好きなんでこの音がツボるのも必然でしたw

#1「Dystopia」は静かなピアノのイントロの後に早速トレードマークと言えるヘヴィーなリフとゴシカルなシンフォアレンジのコンビネーションが炸裂しこの時点で高揚感やばいですねー。そしてアグレッシブで変則的リズムのリフと共に疾走開始します。AメロもBメロも強力なリフがぐいぐいと牽引してテンションは全く途切れませんね。Bメロからサビへの繋ぎの歌メロがめっちゃかっこ良くてここで高揚感は最高潮に達します。
間奏パートはお待ちかねのプログレメタル的な複雑な展開を見せて自分大歓喜でありますw変拍子リフをバックにギター弾きまくりですねー。間奏の後半で唐突に明るいメロディに移行するのも良い。

#1終了後ほぼ間を開けずに#2「Dysmnesia」に繋がるんですがこの繋ぎがまじ最高ですねー。この曲はメインリフにも変拍子が導入されていてかなり強烈なカオス感を醸していますがこれがまじたまらん。プログレメタルに親しみない人だとなんか気持ち悪いリズムに感じるかもしれないですがうちらにはご褒美以外の何者でもないですねwぶっちゃけストレートな疾走感よりこういうカオスな疾走感のほうがノリやすいです。
間奏のギターソロもクソかっこいい。後半のサビでは叙情的なツインリードが重なりめちゃくちゃ盛り上がりますね。
#3は前2曲ほどのテンションはありませんがやはりテンポは早めでアレンジも複雑です。Bメロのアレンジが良いですね。

とにかくドリームシアターとか変拍子好きな人ならたまらない内容になってると思いますね。音をもっと厚くして欲しいとかドラムを生にして欲しいとかそういう面での要望は全くないですねー、このまま打ち込みプログレメタル路線でいってほしいと思います。アレンジはすでに現段階で高次元なレベルに達してますが次回作はこの路線を更に極めた傑作を期待したいですw
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析