FC2ブログ

Risingfall「Cry For The Steel」

2019-07-11_043432.jpg

https://risingfall.bandcamp.com/album/cry-for-the-steel

なんとなくこのブログの方針としてインターネット上にすでにレビュー的なものや一定以上の感想ツイートが存在してるサークルは後回しっていう傾向はぶっちゃけあるんですけど、それはですね、例えば良さげなサークル見つけて他の人の感想が見たくてGoogleやらTwitterで検索したら1件も引っかからなかったら「は???なんで???」ってなるじゃないですか、虚無じゃないですか。だからその1件を早めに残しておきたいって気持ちもあるんですよね。
もちろん「覇権」サークルの場合は別枠なんですけど覇権サークルの感想って自ずと長々しくなってしまうし書くのにエネルギーと時間が必要だから後回しってのも無いとは言えない…。

でこの「Risingfall」っていうサークルっていうかインディーバンドはレビューが普通に存在する側なんで後回しにしてたんですけど、まあ前回の記事で名前を出しちゃったのに単独記事が無いのもアレだし、何より「BURRN!読者に通用する」の話題にもちょうどいいのでこの機会に書いとこうと思い立った次第です。なんていうか同人音楽っぽい要素なんて最初から皆無だし断然BURRN!層向けな音楽性ですからね、このRisingfallは。

かなり前からCrimdollのスペースを間借りしてM3に間接的参加してたからずっと存在は認識してたけど果たして同人メタル扱いしていいのかは決めかねていたものの最近は自前でスペース取るようになってきたからもはや同人メタルのカテゴリに入れても全く問題はないでしょうかね。もちろん相変わらず同人音楽らしさは無いけど。

このバンドの音楽性は一言でいえば80年代メタルってことになるでしょうけど、3rd EPである今作は同じ80年代とは言っても80年代後半な感じ? 1st EPの「Prologue」のときは音質も演奏も80年代初期のNWOBHM的な恐ろしくマニアックすぎる音だったのが今作では割と一般メタラーも楽しめそうな洗練された王道パワーメタルになってる。かなり聞きやすくなったけど筋金入りのマニアだったら1st EPのほうが良かったって言うのかなぁ。分からんけど。まあ洗練されたって言っても今作も古いタイプのメタルであることに変わりはないですけどね。
演奏もボーカルも共にBURRN!層に通用するレベルになってる気がする。サウンドプロダクションはまだ多少B級っぽさが残ってる感じだけど。
特にボーカルのハイトーンはかなりパワフルで熱量高いし、よっぽど洋楽至上主義なメタラーでもない限りはBURRN!読者でも納得しそう?
英語詞だから海外メタル志向なのは違いないけど初期ANTHEMとか初期Xっぽさも感じるかなぁ。

あとこのサークルはやたらジャケが気合入ってるんですよね。EPなのにいつも中世の絵画のような美麗ジャケを用意していて凄い。

それとこのCDは洋楽メタルのディスクガイドが付属してまして、メンバーの方々による作品レビューがけっこう細かくびっしり書かれてる。マニアックなバンド多めで半分以上分からない…。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析