FC2ブログ

Linked Horizon「真実への進撃」の感想

2019-06-25_032950.jpg

https://shingeki.linked-horizon.com/

えーと今回紹介するLinked Horizonっていう音楽サークルなんですが、「進撃の巨人」二次創作の「最大手」として名高い壁サークルのようです。原作愛めっちゃ高い系サークルとしてファンからの信頼も厚いらしい。ちなみに二次創作とは言っても曲自体はオリジナルなんでいわゆるイメージソングってやつですね。
そしてこのLinked Horizon略してリンホラの特異性としては、単なる進撃の巨人二次創作っていうだけではなくて、なんと自身の別名義「Sound Horizon」のセルフ二次創作もその進撃二次創作に大胆に絡めてあるって点にあります。セルフ二次創作クロスオーバー?…非常にややこしい…。

そんなややこしい「サークル」(サークルと書いてルビでそれっぽい言葉を当てはめるやつ)リンホラの最新作なんですが、今回は収録曲がたった2曲しかないんですよね。まあ一般アーティストでシングルが2曲なんて至って普通の事なんですが、サンホラ/リンホラのシングルで今まで2曲収録って無かった気がするし、さらには過去にはシングルにも関わらず平気で10分越えの曲が入ってて大ボリュームだったりの前例もあったから、もしかして今回も2曲だけと思わせて長大な組曲なのか!?なんて期待してたんですけど結果としてそんなことは全然なかったぜ。4分半&5分半の2曲。どちらも普通の尺。

…別に普通の尺だからガッカリなんてことは無いんですけどね、でも今回の進撃4期(正確にはシーズン3の2クール目)の主題歌となった「憧憬と屍の道」がTVサイズの段階で既に複雑な曲構成をしてたことから考えても長尺期待してしまうのは仕方ないことかと。
でも今回は長尺にしなくて正解だったと思う。もし「憧憬」が8分とか10分とかあったら絶対にダレてたと思うから…。4分半だからこそ無駄がなく引き締まっている。

実を言うとこの「憧憬」、最初にTVサイズで聞いたときはいまいちピンと来なくてちょっと地味な印象もあったんですよね。イントロからして「まーーーた弓矢メロディかよ何度目だ」って感じで新鮮味も薄かったしサビがどこだか分かりづらい曲構成でもあったし。
ところが何度か聞くうちに徐々にハマってきて、今回のOP映像が特に気合入ったものであることも相まって「もしかして進撃ソングの中でも弓矢に次ぐくらいの名曲なんじゃね?」って印象に変わっていきましたね。
ってか進撃アニメ本編のほうもストーリーの盛り上がりが最高潮に達してると思うし、EDのシネマスタッフの曲もめっちゃ名曲だし、ここに来て全ての要素が頂点に達してる気がする訳です。ぶっちゃけ進撃というコンテンツのブームはとっくの昔に過ぎてる感は否めないんだけど、「質」はそれとは無関係に尻上がりになってるという事実、改めて進撃って凄すぎるコンテンツだと思うしそれに継続的かつ徹底的に関わっているリンホラはとてつもなく恵まれているアーティストだなぁって思う訳です。進撃以上にRevoさんが担当するのに相応しい作品はなかっただろうしまた進撃の主題歌にRevoさんの音楽以外はあり得ないなぁって。え? YOSHIKIフィーチャリングHYDE? そんなものありましたっけ?(すっとぼけ)

で話は戻って「憧憬」なんですが、ローランの皆さんが口を揃えて「憧憬フルはジェットコースター!」って言ってたけどそんなにジェットコースターかなぁ?…割と普通じゃね? 「Interview with Noel」に比べたらこんなの公園の滑り台レベルでしょ(言い過ぎ)。
もちろんいきなり少年少女合唱団が入ってくるのは意表を突かれますけどね。言うほど複雑すぎないし良い意味で無駄のない構成だと思う。2番で別メロディに変わるのでまた弓矢の不評を繰り返すのか?と思わせといてちゃんとサビに戻るからアニソン的な安心感もキープしてるし。
メロディ自体も、弓矢の雰囲気を継承しつつも完全なる「再演」は最小限に留めて新規メロディで固めてあるし、メインのサビも超盛り上がるラストサビも歴代最高クラスの出来栄えだと思う。

2曲目の「13の冬」、タイトルからして13のパートからなる13分に及ぶ組曲かと思ったが全然そんなことはなかったぜ(的外れな期待)。「もし壁」にも通ずるバラードタイプの楽曲。あちらと違って暗めの曲調ではあるけど。まあこちらも良い意味で無駄のない比較的シンプルな曲ですね。
ミカサ役の石川由依さんがボーカルということで話題になりましたが、リンホラ歌姫として1ミリの不足のない完璧すぎる歌唱に脱帽せざるを得ない。こんだけ上手けりゃそりゃ歌ってもらうしかないよねえ。声優さんが歌ってるからキャラソンとしての側面もあるだろうけどそこはリンホラだから一般的なキャラソンの枠には嵌らない深さもあるかなぁ。進撃アニメの最新話のミカサとのシンクロ度も高かったですねえ。
梶裕貴さん(ご結婚おめでとうございます)もリンホラ参加を希望してるって話だけどそのうち歌うこともあるんですかね。
朝夜メロディはねえ…あざとい。ひたすらあざとい。

自分の買ったのは初回版なのでボーナストラックは美しいバイオリンによる「憧憬」の再演。通常版のほうがやばいって噂ですからね…非ローランの方々は通常版のほう買ったほうがいいのでは。

という訳でボリューム的には歴代最小でしたが内容は無駄がなく充実しているシングルでございました。まあボリューム少ないのはRINNEに向けて溜めてるからですよね(定期)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析