FC2ブログ

Fyrri Líf「COSMOLOGY」

2019-05-07_023745.jpg

https://fyrri-lif.booth.pm/items/1337137

という訳で今宵も恒例となった第n回「同人音楽のジャケットイラストについて考える会」を開催いたします。
今回ピックアップしますのは昨年秋デビューの準新規サークル「Fyrri Líf」の春M3新譜「COSMOLOGY」でございます。
いやはや実に美しいイラストですねえ。界隈で引っ張りだこの超人気絵師おにねこ大先生を彷彿とさせるような儚げで繊細な美少女をフィーチャーした幻想的なイラストでありこれは多くのリスナーの好みにグッサリと突き刺さるんじゃないかなぁ。これは中身の音楽のほうも少女病タイプの物語音楽かはたまた多重コーラス民族音楽かあるいは浮遊感あるアンビエントという可能性も…。

…ってことはなくて前回の記事でネタバレしてる通りバンプフォロワー系ロックなんですけどね。界隈には男性ボーカルにも関わらず美少女ジャケにしてるサークルは多々存在してるので別段珍しいことでもないんですけど、しかしながらここまでハイレベルな超美麗ジャケにしてるサークルは他にあんまり無いんじゃないかなぁ。ここまで力が入ってるとむしろ誠実さを感じざるを得ないっていうか「ジャケ詐欺」なんて安易な表現は使いたくなくなりますね。ってかボーカルが男性っていうだけであって世界観とかイメージはジャケと合ってる気がするし。全然詐欺じゃない。
この界隈における「男性ボーカルなのに美少女ジャケ」のパターンって、お前らこういう絵が好きなんだろ? 俺らも好きだからさ、これで良いよな!(固い握手)みたいな認識によって成り立ってるように感じますが利害一致してるんだしそこに何の問題があるのか?ってか同人音楽は男性ボーカルじゃダメみたいな風潮だってそんなの誰が決めたんだ?って感じだし。売り方がどうのとか宣伝方法がどうのとか、界隈の暗黙のルールとか人間関係の縦や横のつながりとかそんなの関係ねえ! 同人なんだし、しがらみに囚われずにもっと自由に飛ぼうぜ! 同人音楽という箱庭の空を自由気ままに飛び回ろうぜ!(ハイパー謎ポエム)

…という訳で要らない前置きが長くなりましたがバンプフォロワーな音楽性です。歌い方もかなり真似てる感じ。前作はここまで藤原さんの歌い方を直接的に意識してなかった感じなんですけどね…。ちなみに初期ではなく「orbital period」以降のポップスとして洗練された爽やか&キャッチーなバンプの音。
前回紹介した1stアルバム「It's A Brave New World」では「バンプ+プログレ+民族音楽」という余りに個性的な音楽性を披露していたFyrri Lífなんですけど今作ではプログレ要素も民族音楽要素も完全消滅してしまって良くも悪くも「普通」と言わざるを得ない音になってます。プログレ云々を抜きにしても単純に音楽としての刺激が足りず面白みが激減してるというのが本音。
とはいえ曲は相変わらず良く出来てるし、ギターの音やボーカルの歌唱も前作に比べて安定した感もあるのでロキノン/JPOPとしては洗練されたと言えるのかもしれない。前作を聞く前にこっちを聞いてたら普通に「お、いいサークルじゃん」って言ってた気がする。まあ要するに前作「It's A Brave New World」が余りに良すぎたってことなんですよ。

3曲入りシングルなんですけど3曲とも良い曲ですね。本家バンプにも劣らない「名曲感」があるんじゃないでしょうか。やはりメロディセンス素晴らしいサークルです。
あとバンプリスペクトの要素として無音トラックの後にお約束のシークレットトラックも入ってるんですよね。おまけとはいえ普通にフル尺の曲。なので実際には4曲入り。
「おでん」なんていういかにもネタソングなタイトルなんですが人によってはこの曲が一番印象に残りそう?

という訳で「普通に良い」最新作なんですけど次回作はプログレに戻ってくれるとのことなんで期待したいですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析