FC2ブログ

Answer to the MOMONGA「branch#1」

2018-05-03_074200.jpg

https://answertothemomonga.tumblr.com/

女性ボーカルをフィーチャーしたマスロック系サークル「アンサツモモンガ」の新作。
フルアルバムを経て再びEP(シングル)形態に戻ってのリリース。「#1」となってることからも「Preparation」シリーズと同じく次回のアルバムへの準備作であると思われ。

今回の新作はですねえ…二重のサプライズが仕掛けられた実験性の色濃い作品だと言えますかね。

1つ目のサプライズはパッケージ。なんと海苔とかレトルト食品とか入ってそうなアルミ製パッケージに入れて頒布されてたんですよ。びっくりしましたね。これ本当にCDなのかよ?って疑った人もいたんじゃないかと。
で、そのアルミパッケージの中に小冊子サイズの厚紙に挟まれるようにCDが入ってまして、ジャケ絵もしっかり付いてます。ってか、アルミパッケージの中に隠れて見えないっていうのにジャケ絵の完成度が非常に高いことにまた驚き。
今までの割と抽象的なコンセプトのデザインとは一線を画する、女性キャラクターが描かれたイラストになっていて一般的な同人音楽ジャケに寄った作風であるように思いますが従来のジャケのスタイリッシュ感も継承していて良いとこ取りである感じもあり。こんな出来の良いジャケなのにアルミパッケージに入れちゃうなんて勿体ない…。

2つ目のサプライズは「試聴版と完成版が全く違う」。
これはですねえ…試聴がボカロ仮歌のデモ音源で完成版はかゆさん(女性ボーカル)バージョンっていうのなら全くもって普通の事なんですけど、今回は新たな試みとしてn平面さんの男性ボーカルが入ってるんですよ。しかも添え物的なデスボイスとかではなく曲通してのツインボーカル体制。これによってデモ版とはまるで別物になってる。良くも悪くも。
この「線香花火の降る夜に」の試聴バージョン聞いた時は、シューゲイザーな浮遊感&甘いメロディ&エモーショナルなリードギター、そしてマスロックで緻密な演奏が全て高い完成度に達していて、これはアンサツモモンガの最高作なんじゃないか?ってくらいの手応えあったんですけどね。それに対して完成版のほうはボーカルのアレンジが練り込み不足だと言わざるを得ないかなと…。
まあ実験性が先行してしまった感はあるけど曲自体の完成度が過去最高級なのは間違いないのでアンサツモモンガが着実な進歩を遂げてるのを感じ取れると思います。きっと次のアルバムで本領発揮してくれることでしょう。

2曲目のほうはエレクトロニカなインストですがこちらもかなり実験的。アンビエント+ノイズな作風ですがフルアルバムに収められたアンビエント曲に比べるとノイズの印象が上回ってる感じ。

という訳で今回は進歩と実験性が入り混じったちょっとカオス風味の「通過点」的な作品だと思うのでアンサツモモンガ初めて聞く人にはおすすめしないですけど、通過点であることを踏まえて聞けば面白い内容だし、きっと2ndアルバムでそれらの進歩が結実すると思うので楽しみですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析