Octaviagrace「Polyhedra」

http://www.octaviagrace.net/

オタクヴィアグレイス…じゃなくてOctaviagraceの1年ぶりの新作EPでございます。オタクじゃなくてオクタです。間違えるほうが難しいと思いますが。

まあでもめっちゃオタク向けであることは事実ですよね。前作に続いてジャケ画に化物語シリーズでお馴染みのVOFANさんを起用してコミケで売っても良さそうなオタクな雰囲気を維持。でも前作ほどに「美少女ジャケ」って感じではなく今回はオシャレな構図も相まってサブカル感が強まってる気もしますけども。
ちなみにiTunesで購入したので今回もジャケ写真の掲載はなし。リンク先でご覧ください。

さて本題の音楽についてですが、今回のミニアルバム、前作にあたるフルアルバム「Outward Resonance」に比べてだいぶ音が良くなりましたね。
前作ってやけに音が軽くてメタル感の乏しいサウンドプロダクションだったんですけど、1st EPと2nd EPがしっかりメタリックな音作りをされていたことを考えればその軽さは意図的なものだったと考えられますね。おそらくJPOP系のリスナーを意識しての判断だったのでしょう。
しかし今回の新作では再び鋭さと重厚さを伴う音作りに戻っており、メタルバンドらしさも取り戻した感じではあります。メタラー的には当然ながらこの変化は好印象であります。

そしてボーカリストの実稀(己稀)さんの歌声、これも特筆すべきでしょう。Octaviagraceも活動開始から2年半ということで時が経つのは早いなぁという感じでありますがこの間に最も目覚ましい成長を遂げたのはこの己稀さんで間違いないでしょう。今作では過去最高に安定感があり力強い歌唱を披露しています。
1st EPの時点では(昔のRoman so Words作品でのボーカルの危うさに比べたらはるかに安定した歌唱だったけど)まだ拙さも残っていたんですが、しかし今作での堂々たる歌唱、もはや音程の危ういアマチュアボーカリストの影は消え去り、プロフェッショナルな風格を感じさせるものになっていますよね。やはり何度もライブを重ねることで喉が鍛えられたってことなんでしょうね。この成長っぷり、ロマソ初期から己稀さんを見守ってきたリスナーさんならばかなり感慨深い物があるのでは。

そして楽曲、今回も安定感ある曲揃い。フルアルバムということでバラエティ感を持たせた前作とは違って、今回は「JPOPな爽やかメロディ+テクニカルな演奏+耳障りにならない程度の適度なメタル要素」という持ち味を通底させた楽曲が並んでいて全体的なまとまりという意味でも前作より印象良いです。今作もメンバーのうち4人が作曲に携わっているのに散漫さは全くなくてどの曲においてもOctaviagraceらしさが感じられるのは凄いと思う。
…とはいえ、どの曲も安定してるんだけど突出したキラーチューンが欠如してる感も否めないんですよねえ。心を揺さぶるようなメロディがない。例えば1stならばロストモラトリアムとかDramatic Quietがハイライトでしたし、2ndなんて平凡な曲が皆無で全曲が強力な楽曲で固められていたんですけど、今回の場合は全曲が平均点クリアしてるけど天井を突き破ってるような破壊力の曲が無いっていうか…? まあコンポーザー4人もいるしリリースのペースもそんなに早くないのでネタ切れって訳じゃないと思うし、メロディの出来というよりかやっぱり好みの問題なのかなぁ。自分的にはロストモラトリアムみたいな切なくキャッチーなメロディを求めてるんで…。
しかし所属ボーカリストの共通するRoman so Wordsのほうは寡作ながらも春の新曲においては卓越した爽やかメロディの名曲を発表していましたし、ここに来て自分の中ではロマソの株のほうが上回りつつあるかも。ロマソはコンポーザーがYUIさん1人だけでしかもクサメタル系もJPOP系も両方で名曲生み出してるから…やっぱり強い。

今回の収録曲で新機軸なのは3曲目「Dear Diablo」ですかね。きらびやかなチェンバロが鳴り響く同人ゴシックみたいな曲。テクニカルなギターリフとウィーーンって機械音みたいなシンセの組み合わせも面白い。

ジャケは前述の通りオタク感あるんですけど、アー写のほうは女2人男3人で何とも言えないリア充感が漂ってますよね。新しいアー写ではそのイメージに拍車かかった。女1人だったらいわゆるオタサーの姫みたいな感じになると思うんですけど(?)

そんな感じで、飛び抜けた良さはないけどいつも通りの魅力が詰まっているという安定期な作品と言えるのかもしれないですね。個人的にはOctaviagraceの最高作は2nd EPの「RECOLLECT STORIA」だと思ってるんで初めて聞く方にもそっちをおすすめしたいですが。
っていうかOctaviagraceがきっかけでRoman so Words知る人のほうが多かったりするのかな…。ロマソは「Es another」から入門がおすすめですがオクタビアのファンの方ならば普通にフルアルバム「Es」から聞いていいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析