Roman so Words「never ending journey」

2017-06-02_011329.jpg


http://roman-so-words.com/

Octaviagrace新作の発売日ですね。早速聞いてるんですけど前作のフルアルバムに比べると音の厚みが増していてメタル感を取り戻しているんですけど、でも楽曲については1st EPと2nd EPの輝きには及ばないかなぁ…。やっぱり最初の2枚が良すぎたんでね…。

まあOctaviagraceの感想は後ほど書くとして、今回取り扱うのはそのオクタビアでボーカル務める己稀さんの所属するご存知Roman so Wordsの春の新曲のほうでございます。新曲…まあ次の新作が出てないからギリギリ新曲ですよね…?

この新曲「never ending journey」なんですが、当初はM3新作が何も無い予定だったのが(M3の2週前に開催された)2ndライブ後に急遽予定を変更して用意した曲ということで、YUIさんや己稀さんのツイート見た限りでもかなり短い時間で突貫的に作り上げた曲であるようです。実際、1コーラスしかなくて尺も2分強しかないデモ曲が1曲入ってるだけのCDなのですが、しかしながら驚くなかれ、これが最高に素晴らしいメロディを持った楽曲なんですよ。デモ曲なのに圧倒的な存在感。ぶっちゃけRoman so Words史上でも屈指の名曲なのでは…?

もちろんデモバージョンなのでギターは打ち込みだったりプロダクションも軽めだったりして完成度は低めなんですが、それを補って余りあるほどに素晴らしいメロディ。
曲調は清涼感あふれる明るいポップス系でいわゆるクサメタルとは全然違うんですが、でもアップテンポだしリフもカッコいいんで十分にメタラー向けだと思います。っていうか、こういうJPOP系メロディはどっちかというとOctaviagraceでメインでやってる曲調だと思うんですけど、ぶっちゃけそのOctaviagraceの領分を奪う勢いで強力無比なメロディなんですよね。オクタビアのほうが(ロマソの領分と言える)クサメタル風の曲をやってもいまいちだったのにロマソのほうは余裕でJPOPな曲調で名曲を作り上げてしまうという。ロマソ強し。これほどの名曲を突貫で作ったっていうんだから…YUIさんの凄さを改めて思い知る1曲だと言えそうですかね。
そして己稀さんのボーカルスキルもOctaviagraceの活動を通してさらに向上していることが確認できます。「Es」のときより安定感増してますよね。

この曲はきっと次のアルバム(orミニアルバム)にフルバージョンが収録されるはずだと思うんですけど、ロマソも同人音楽には珍しいくらい寡作なサークルですからねえ…果たしていつになったらフルを聞けるのやら。来年中に出ればいいんだけども。
これは急遽作られた曲ということなんで次回作の方向性を占う根拠にはなり得ないかもしれませんが…まあ出来れば脱メタルな方向性には行ってほしくないですけどね。この新曲もリフはしっかりしてるから非メタルって訳じゃないし。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析