GLUE WAVES「Zoological Garden」

2017-05-24_014649.jpg

https://gluewaves.jimdo.com/
女性ボーカルのロック曲が好きなリスナーなら必聴!のサークルGLUE WAVESの2枚目のミニアルバムです。
例によってこの後ゴチャゴチャと感想を書き綴りますけど、いちいち読むのが面倒くさい方は「女性ボーカル」で「ロック」なサークルとだけ認識しておいてください。非メタラーなリスナーならばそれで十分。

シングル含めれば5枚目の作品ですがミニアルバムとしては2枚目。このサークルのM3初参加は2014年の春だったと思うんで、3年目にしてようやく2ndミニアルバム出たということはけっこう寡作な類に入りますかね。

個人的にこのGLUE WAVESが本領を発揮し始めたのは2作目(シングルとしては1枚目)の「DECRYPTION」でして、1stミニアルバムにおける割と「ゆるい」リラックスしたムードから一転、LIGHT BRINGERを彷彿とさせるパワフルでキャッチーな歌メロ&緊張感あふれる鋭いサウンドと緻密なアレンジに衝撃を受け、それ以来自分の中で注目サークルになっていたんですよね。
そして、この「DECRYPTION」の路線でミニアルバム出せば傑作になるのは間違いないと確信してずっと待ってたんですけどリリースがシングルばかりでなかなかアルバムが来なくてもどかしい思いをしてたんですが…2年半の時を経てようやくまとまった曲数の作品が出た訳です。

自分がこのサークルに対して求めてた音楽って前述のようにLIGHT BRINGER的なパワフルかつ緻密なメタリックな音だったんですけど、しかしこのGLUE WAVESって本質的にメタルサークルという訳ではなくて、1stミニアルバムを聞けば歴然なんですけど割とバラエティに富んだポップス調~ハードロック調が中心であって、メタルを自覚的にやってるって感じは薄いんですよね。あくまでもバラエティ感の中にメタルが選択肢として存在してるというか? それくらいの比重。まあ実際そのバランス感覚って多くの同人音楽サークルに共通してるものなんですけどね。
しかし「DECRYPTION」で提示された緻密なメタル寄りな音像は、「バラエティ」の一部分で済ますには余りに勿体ない完成度だったので、メタルが本質ではないんだろうなと薄々気付いてはいたものの個人的な嗜好においてはずっとメタルに特化したアルバムを出して欲しいと期待してたんですよ。

で、ようやく完成したこの2ndミニアルバムなんですが、その内容はというと1stミニアルバムのときの「バラエティ感」は薄くなってアップテンポなロック調の曲が中心になってるという、まさに自分が期待していた方向性に近い内容。

とはいえ、今作が「メタル」と呼べるかというと…ちょっと微妙な線かな。かつてこのサークルをLIGHT BRINGER的だと感じた根拠になったと言えるパワフルな歌声を持つ本木咲黒さんがボーカル務める4曲目のキラーチューン「Savage Roar」以外はメタルっていうほど鋭い音像ではなく…せいぜいハードロックって感じかなぁ。アップテンポではあるけどメタル的なテクニカル感は乏しくて全体的には「女性ボーカルロック」作品としか言いようがない。まあ元々メタル系サークルだった訳じゃないんだから当然なんですけどね。

このサークルにLIGHT BRINGER的な方向性を求めてたこと自体が見当違いだったという結論に至らざるを得ないですが、でもやっぱり本木咲黒さんの曲には確実にありますよね、Fukiさんを彷彿とさせるオーラ。今回のミニアルバムでも4曲目の本木さん担当の曲だけ「強さ」が段違いだし、やはりメタラーとしてこの路線を期待してしまうのは致し方ないというか。見当違いだったとしても。
っていうか、もし今までの本木さん担当曲だけ編集してまとめたプレイリスト作って聞かせたらきっと皆「LIGHT BRINGERっぽい」って思いますよ。

という訳で今作は、LIGHT BRINGER好きなメタラーにおすすめ!とは言い難い内容ではありますが、もちろん女性ボーカルロック系作品としては良質な内容ですので多くの同人音楽リスナーに聞いて欲しいという点では変わりありません。

1曲目「Ignoramus」、これは過去作にもずっと参加してた「なつみ子」さんによるロックチューン。メタルじゃないけど爽やかで適度な甘みのあるこの感じが一番GLUE WAVES「らしい」と言える曲調なんじゃないかなぁ。この曲調に共鳴できる人こそがGLUE WAVESのメインターゲットなのではないかと思う。
なつみ子さんの優しい歌声と明るくキャッチーなメロの相性は抜群。オープニングを飾るに相応しい曲ですね。

2曲目「Bounty Hunter」、ボーカルの「さとゆい」っていう方は初参加かな。今までのGLUE WAVESのイメージからするとちょっと意外な感じのある癖のある声質だけど曲調としては割と標準的なロック曲かな。ドライブ感あるギターサウンドが心地良い。

3曲目「Probatio Diabolica」は再びなつみ子さん。この曲もアップテンポではあるけど四つ打ち系のビートにキラキラシンセが乗ってダンサブルな感覚があり。サビは東方アレンジ風?

4曲目「Savage Roar」は今回唯一の本木咲黒さんの担当曲にして今作随一のキラーチューン。シンフォニックで荘厳なイントロから始まり、自然な変拍子を交えたテクニカル展開とクサメタル風のキラキラシンセの乱舞、そして本木咲黒さんのパワフルなボーカルと…ほんとメタラー的に美味しい要素がてんこ盛り。個人的にこのサークルに求めてた要素が完璧に盛り込まれた大満足な1曲となっております。

5曲目「Deadbeef」もアップテンポで駆け抜けるロックチューン。ここまで全てアップテンポな曲ばっかりなんだけど単調さは全く無いですね。担当ボーカルの「さこ姫」さんは初参加だと思うけどGLUE WAVESのイメージにぴったりな明るい歌声。

6曲目「Laughing Cat」は唯一のバラード曲。アルバムの締めに最適な美しい曲に仕上がってると思いますね。ボーカルはレギュラー参加のMisaさんで安心感ある歌声。

今後もメタル中心のアルバム作ってくれることは無さそうな気がするけどロック系サークルとして十分な安定感あるので今後も期待したいですね。
ところでアルバムタイトルの「Zoological Garden」って…偶然だとは思うけどけものフレンズブームに乗っかってる? んな訳ないか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析