Octaviagrace「Outward Resonance」

http://www.octaviagrace.net/

ご存知Roman so Wordsの己稀さんが在籍するテクニカルポップスバンドの1st「フル」アルバム。っていうか最早このOctaviagraceの知名度はロマソ越えてそうですけどね。今や実稀の名義のほうが有名なのかも?

リリースは昨年の10月、リリース時がM3前の時期だったこともあり時間なくて簡易感想しか書けなかったんでいちおう記事にしておこうかと。
そういやBABYMETALの2ndアルバムも簡易感想しか書いてなかったな…でもベビメタのレビューなんていくらでもあるから別にいいか。

ちなみに、iTunesで購入してしまったんで最近恒例になってるジャケ写真は無しです。ぶっちゃけこのアルバムはジャケが最大の魅力だと言ってしまいたくなるくらいにはジャケが秀逸なので是非とも見て頂きたいんですけどね。VOFANさんの手がけた美麗イラストはコミケで売っても良さそうなほどのオタクテイストを持ちながらも一般人をキモオーラで遠ざけない普遍性も持ち合わせていて本当に素晴らしい。これは同人CDの観点から見ても指標になり得る傑作アートワークだと思いますね。

で、肝心の中身の音楽については、簡易感想でも書いた通りちょっと微妙なライン。
ミニアルバムでありながらも非常に濃密な内容であった過去作2枚に比べると、今作はフルアルバムで曲数が倍増したことによって明らかに内容が薄まってしまってる。というか単純にキラーチューン級のインパクトの曲が少ないと言わざるを得ない。前作「RECOLLECT STORIA」なんて収録曲4曲ともキラーチューンもしくは準キラーな強さを誇っていたというのに。
あと、心なしか過去作より音が軽くなってるようにも感じるし、従来のテクニカルメタルな印象が後退してしまってるかも。まあそれは一般層の開拓のために意図的にやってる可能性もありますが。
さらに、フルアルバムということもあって今まで無かったジャズっぽい曲調や民族っぽいリズム取り入れた曲など割とバラエティ豊かな作風になってるんですがそれによって散漫な印象も強まってしまってるんですよね。
で、トドメはボーナストラック。1st EP収録の名曲「Dramatic Quiet」のアレンジバージョンが収録されてるんですが、皮肉なことにこの過去曲のきらびやかなオーラと新曲の小じんまりとした雰囲気が対比されて余計に今作の曲が地味に感じられてしまうんですよ。

と、ネガティブな印象を書き連ねてしまいましたが決して駄作という訳ではありません。あくまで過去作と比べると地味っていうだけで、今作も高水準に位置する作品であることは間違いないかと。何度も聞いてれば味が出て来るスルメ作品。でもやっぱりキラーチューンが足りないっていうのは否定し難いところではあるんだけど。キラーがあと2曲くらいあればアルバム全体が引き締まったと思うんだけどなぁ。

序盤の1曲目~3曲目あたりは従来のOctaviagraceのイメージを完全に踏襲したテクニカルな演奏とキャッチーなメロディを合わせ持つ楽曲が並んでます。元々からこのバンドはメタルというよりかは「テクニカルなJPOP」という趣きの濃い作風だったと思うんですが、今作では音が軽めのプロダクションになってることも手伝ってJPOP的イメージに拍車がかかってるかな。まあ自分は音圧とか速さを求めるメタラーじゃないからJPOP的でも一向に構わないんだけど、でも単純にメロディが過去作に劣ってるというのは否めないかなぁ。ドラマ性も足りないというか。いや普通に良い曲なんですけどね、過去作が良すぎただけか。てかオクタビアはLIGHT BRINGERみたいにFukiさんの超絶ハイトーンでねじ伏せる…もとい歌メロに絶大な説得力を持たせるっていう芸当が出来ないから作曲の出来が余計に重要になってくる感じか。己稀さんもめっちゃ上達したと思うけどメロディの持つポテンシャルを積極的に引き出せるってほどの力はまだ持ってない気がするし。

で、4曲目は問題作…ってほどじゃないですが、民族調の8曲目と共に「バラエティ感」の主犯となってるジャズ調の曲。この4曲目と8曲目を許容できるかどうかで本作の評価が分かれそう。いつも言ってるようですが個人的にはこの歌謡ジャズ調がどうも苦手なものでしてどうしても印象がネガティブに傾いてしまう訳ですが、でも当然ながらこういう曲調が好きなリスナーも多いはずだと思いますしまあ結局は好みの問題っすな。ちなみに8曲目の民族調もあんまりピンと来ないんだけど両曲ともシンセによるプログレメタル風の間奏は好き。

そして5曲目「リベリオン」はメタラー待ってましたの疾走クサメタル曲。小賢しいプログレ要素は抜きのストレートな爽やかツーバス疾走。これがアルバムのハイライトだと思ってるリスナーも多いはず。
でも…個人的にはこの曲も絶賛は出来ないんだよなぁ。っていうのは、こういうクサメタル系の曲ってやはりRoman so Wordsの十八番な訳で、ロマソと完全に同じ土俵に立っちゃうとOctaviagraceは分が悪いんだよなぁ。あっちは何週間も大鍋で煮込み続けた超濃厚な豚骨スープみたいなクサさな訳じゃないですか、それに対してオクタビアはずいぶんとあっさりしてるんだよねえ。この曲はオクタビアの持ち味であるテクニカルなアンサンブルも控え目なので差別化も出来ずロマソのインパクトには届き得ない感じ。
7曲目のほうも、疾走度は少し低いけどクサメタル系っていう意味では同じ系統か。こっちのほうが5曲目よりクサさ濃いめだから比較的好きな感じかな。テクニカル要素はやはり抑え目だけど。

個人的に今作で一番気に入ってるのはボーナストラック除くラスト曲「Emerging oath」で、そうそう自分がOctaviagraceに求めてるのはこれだよ!と膝を打ちたくなるほどツボにハマる切なくキャッチーなメロディが展開される爽やかロックチューン。しかしこの曲も音が軽いせいで過去作のキラーチューンには一歩及ばない感あるんだよなぁ…。メロディは文句なしに最高なんですけどね。

そんな感じで、悪くはないんだけど薄味な印象の拭えないフルアルバムなので、初めてこのOctaviagrace聞くっていうリスナーにはミニアルバムの「RECOLLECT STORIA」もしくは「RESONANT CINEMA」をおすすめ致します。2作ともめちゃくちゃ濃厚ですので。
もちろんこのフルアルバムもハズレ作品って訳じゃないんですけどね。一般的評価は全く低くなさそうだし。プログレメタル要素が邪魔くさく感じるリスナーやバラエティ感を求めるリスナーなら今作のほうが気に入る可能性あるかな。ジャケもめちゃくちゃ良いし。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析