FC2ブログ

Junsei「Daybreak」

daybreak.jpg

https://junsei-vocalist.jimdo.com/

もはや同人メタル界で屈指と言って過言でないほどのパワフルで存在感あるハイトーンボイスを聞かせる実力派ボーカリスト、Junseiさんのソロ名義2作目のシングルです。

今作もJunseiさんの冴え渡るハイトーンボイスとPratanallisヒノデさんのテクニカルなギターのコラボレーションにより安心安定な内容に仕上がってます。
前作は「Roots」というタイトルと共に王道のパワーメタル的な曲調が披露されていて、これがまさしくJunseiさんにとってのルーツなのかなと感じたりしたのですが、今回はちょっと趣向が変わってまして、メタル的な要素も勿論あるけど全体的にラウド系寄りな雰囲気になってますね。同じくJunseiさんがボーカル担当してるサークルで例えるならば、黄昏の旅団よりもCI Project寄りな作風という感じ。
Junseiさんのハイトーンボイスはパワーメタル系のイメージ強いんですけど実はスクリーモ系の楽曲にもばっちりハマるんですよねえ。もちろんJPOP的なキャッチーな歌い方も出来るし、対応できるジャンルの幅が非常に広いのは強みでしょうね。

1曲目「Daybreak」は出だしのソリッドなリフはHR/HM的なんですけど歌が始まるとラウド系っぽい雰囲気に移行します。このハイブリッド感が良いですね。やっぱりヒノデさんのギターは根っからのメタル系でハードコア風味はあんま無い感じありますがそれが良さに繋がってるというか。メタルコアじゃなくて「スクリーモの雰囲気のあるHR/HM」って感じなんですよ。微妙なニュアンスですけど重要。間奏のギターもめちゃくちゃテクニカルですし。
今作については公式がやたら「失踪」って連呼してたけど実は疾走してるのはリフだけで…全体的には中程度のテンポな曲調ですね。というか、もしかして「疾走」の誤字ネタじゃなくてまじで「失踪」に込められた特別な意味があるのかも…? いやいや。
まあ、ツービート疾走はしてないけどドライブ感は満点だから物足りなさは全く無いんですけどね。クサメタラー向けに特化された曲ではないけどロック系が好きなリスナー全般におすすめ出来る間口の広い曲になってる気がします。

2曲目「Fanatical Pacifist」、これは打って変わってかなりヘヴィさが際立つ作風で、前作の「Kandata」よりも更にヘヴィさが増してる。しかしただ重いだけではなく、この曲の注目点はやはりハイトーンボイスを駆使したドラマチックなサビにこそありますね。
Junseiさんはハイトーンボイスが武器のボーカリストではあるんだけど、でも意外に甲高い高音域を出すことは稀で、黄昏の旅団の1st以降は意図的に高音域メロを封印してた感じあったと思うんですよ。それがこの曲では突き抜けるような超ハイトーンの歌メロを久々に披露してるんですよね。まあ、黄昏の1stでは高音域に少し危ういところもあった訳で、きっとそれで封印しちゃったんだと思うんですけど、今は余裕で高音域もこなせるほどにJunseiさんの歌声も進化を遂げたっていうことなんでしょうね。今後はハイトーン駆使の曲が増えるに違いない。
もちろんこの曲でもヒノデさんのギターワークは万全。Pratanallisとは趣きを異にするヘヴィな演奏でJunseiさんのボーカルをサポートしています。

ジャケは今回もめちゃくちゃカッコいい。絵師のc.c.Rさんのイラストはこれ以上にないほどにJunseiさんのイメージにハマってると思う。

Junseiさんのハイトーンボイスは更に強化されてるし、ヒノデさんとのコンビネーションも更に板に付いてきたし、これは今後出るであろうアルバムがますます楽しみになりますよ。
もちろん黄昏の旅団のほうのアルバムもずっと待ってるんですけどね。けっこうご無沙汰なCI Projectもそろそろ何か来て欲しいところです。
そして何度も言ってるようですが「中二病なお兄さん」ことPaspalさんとのコラボアルバムも聞きたい…。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析