FC2ブログ

Sound Holic「Metallic Sanctus」

http://sound-holic.com/_kourou_2014.html

基本的にアレンジ作品は取り扱わ(以下同文)
…なんですが、せっかくなのでイレギュラーついでにもう一発アレンジ作品を扱ってみようかと思います。

この作品はですねえ…ぶっちゃけ今まで聞いたアレンジ作品の中では一番の内容かもしれない。
まあ自分はそんなに大量にアレンジ作品を聞きまくってる訳じゃないんで全く当てにならない評価だとは思いますけどね。でも、自分はアレンジ作品についてはかなりマイナス補正を入れて聞いてる傾向あるんで、それでも満足度が高いっていうのはやっぱり凄い作品だと思う訳なんですよ。

この作品は大手アレンジサークルSOUND HOLICのメタルアレンジシリーズの中の1作なのですが…。
そもそもSOUND HOLICってユーロビートアレンジか何かで有名なサークルなんですよね?詳しく知らないんですけども。そのユーロビートとかポップスが中心のサークルがちょっと気まぐれに…と言ったらアレですけども、たまには作風に変化を付けようってノリで作ったのがこのメタルアレンジシリーズなのかな。
具体的な経緯は全く知らないけど要するに重要なのはメタル専門でないサークルが作ったメタル作品ってことですね。

あとこのサークル、1度のイベントで4枚も新作を同時に出すこともあるようで、しかも歴史の長いサークルだからディスコグラフィーもとんでもない数の作品が記載されてますよね。まあ、新作が複数あるのは大手サークルには珍しいことではないんでしょうけども、しかしなんというか…大量生産…って言ったら語弊あるかもしれないですが個々の作品を全力を尽くして作り上げるタイプのサークルとは対極なのかなって印象は受けてしまいますよね。
(というかこの手の大手サークルって関わってる人間の数が相当多そうだから単一サークルっていうよりレーベル的な位置付けなのかな?)

…にも関わらずですよ、そんな偏見的なイメージを吹き飛ばすくらいにこの作品めちゃくちゃ出来が良いと思うんですよ。
「とりあえずメタルっぽいやつ作ってみるかぁ」みたいな適当なスタンスで作ったような臭いは全く無くて、豊富なアイディアを注ぎ込まれた聞き応えのある内容になってます。もちろん、有名老舗サークルってことで技術的な面で他のサークルよりアドバンテージが大きいってのはあるのかもしれないですが、それにしたって普段メタルやってないサークルでこれだけの物を作れるのかと驚きを隠せない感じです。いや、むしろ普段メタルやってないからこそメタルというジャンルのテンプレに縛られないものが作れるのかも?

音楽性は、同人メタルの王道と言える疾走感あるパワーメタル系のノリが中心なんですが、ただ愚直に疾走&クサメロなだけではなく、スタイリッシュなV系要素やカオティックなプログレ要素そしてヘヴィなメタルコア要素などがバラエティ豊かに内包され、しかもそれら各要素が程良いバランスで組み合わさっている印象があります。
意外にこれらの要素を丁度良い塩梅で配合した同人メタル作品って少ない気がするんですよね。V系に偏ってたりメタルコア一辺倒だったりするサークルの方が多いですから。これもメタル専門でないサークルだからこそ出来る芸当なのかなぁ。まあ、バラエティ豊かな分だけ個々のジャンルのリスナーに対するアピールが弱いっていう弱点もあるかもしれないですが。

音楽性の多様性と共に、もう1つ特筆すべきなのは参加している女性歌い手のユリカ(花たん)さんの超絶パワフルな歌声ですね。国内メタル女性ボーカリスト最強の存在であるFukiさんにも肉薄するほどのパワーを持つ圧倒的ハイトーンボイス。もはやユリカさんが歌ってるだけで無条件にキラーチューン感が漂うと言っても過言でないほど。この作品はバラエティ感あるから全部の曲がクサメタラー向けとは言い難いですがユリカさんの歌ってる3曲はもれなくクサメタラー殺しな曲だと思いますね。

イントロに続く2曲目「FLASH STORM」、早速ユリカさん歌唱の強力パワーメタルチューン。いかにもクサメタラー向けな疾走曲なんだけどあんきものような王道メロスピではなくV系やメタルコアっぽい要素も少し入ってるように感じられる。スネアの甲高く硬質な響きはあんま純メタル系では聞けない音なだけに新鮮味あります。

3曲目「シンカーゴースト」、これは男性ボーカルをフィーチャーした曲でV系メタルっぽい感じでしょうか。男性ボーカルの声質は邦ロック然としていてメタル感は少ない。おまけ程度にデスボイスも入ったりしますが…まあこの曲は特に面白みは無いかな。

4曲目「Infierno de Esoteria」、これはNana Takahashiさんボーカルで…この方はSOUND HOLIC所属のボーカリストなのかな? ユリカさんのようにメタル曲にハマった声質ではないですが綺麗な声質で堅実な歌唱かと思います。ミドルテンポ曲ですが何気に変拍子入りでカオティックな要素もあり。メタルってよりかオルタナ寄りな雰囲気かな。

5曲目「ヴァイシュラヴァナ」、インスト曲ですがメタルを基調にしてV系やハードコア要素も絡めたなかなかに密度の濃いアレンジになってると思います。

6曲目「Time Of My Life」、これは男女ツインボーカルでミクスチャー寄りかな。男性ボーカルはデスボイス…というにはちょっと中途半端だけどラップの延長線上って感じかな。BメロでDjent的なテクニカル展開もあり実にメリハリの効いたアレンジ。V系+メタルコア感のあるテクニカルでスタイリッシュな鋭さのあるドラムアレンジも聞き所。

7曲目「DESPERATE」、再びユリカさんの超絶ハイトーンボイスのターン。これもドラマチック&疾走でクサメタラー大満足な曲でしょう。

8曲目「Undefined Darkness」、これもインストなんですがハードコア寄りでカオティック感もある捻りの効いたアレンジでやはり聞き応えあり。

9曲目「星舟」、Nana Takahashiさんボーカルで爆走パートもありこれはクサメタラー向けかな。しかし疾走一辺倒ではなく絶妙な緩急が付けてある辺り卓越したアレンジセンスを感じざるを得ないです。うねるようなドライブ感のある高速ギターフレーズがカッコイイ。

10曲目「IRON FIST」、タイトル通り力強いメタリックなリフとドラマチックなツインリードが効いたインスト曲ですがやはりシャープなドラムアレンジがここでも見事な役回り演じてますな。

11曲目「MAGIC OF LOVE」、3度目のユリカさんのターンにして本作最強のキラーチューン。これはまじで名曲。個人的にはあんきものサリエルに次ぐくらいに好きな東方メタルアレンジかなぁ。サビメロが二段構えで用意されてて盛り上がり方も半端じゃないっすね。クサメタラー大歓喜確実な超強力チューンです。

何気に東方アレンジでまともに個別記事を書いたのってこれが初めてなんじゃないかな…(ブログ初期の頃は適当に書いてたし)。まあそれくらい個人的にツボった作品である訳ですが、でも今後再びまともにアレンジ作品扱うことは無いだろうなぁ。やはりイレギュラーってことで。
メタル専門でないサークルの作品ってこともあり、意外と未チェックのクサメタラー諸氏もいるかもしれないですね。

このSOUND HOLICがメタルでオリジナルやる可能性は…まあ無いだろうなぁ。音ゲー提供曲でオリジナルやってるみたいだけどメタル曲は無いでしょうし。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

音ゲー提供曲のオリジナル、GITADORAに提供されている曲はほぼ全曲疾走dkdk系のメロスピですので一度聴いてみては

Re: No title

>名無しさん
なるほど音ゲー曲でもメタル曲あるんですね、聞いてみようかと。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析