FC2ブログ

葉月ゆら × Seraph 「紅夜に詠う少女の禁忌」

http://hatukiyura.sakura.ne.jp/utaushojo/

同人メタル界が世界に誇る天才ギタリスト、あにょさんが参加していることでメタラーから大きく注目を浴びていた作品

…と紹介したいところなんですが…注目を浴びていたかどうかは微妙なところですね…。そもそもこの作品にあにょさんゲスト参加していること知ってたメタラーはどれくらい居たのか怪しいところですし。あにょさんが参加してるってことが特に宣伝されてた気配はなかったですからね(まあゲストギタリストだし当たり前か)
もちろん自分はあにょさん参加してるのが理由で作品購入を決めた訳ですが、まあ普通に葉月ゆらさんとSeraphを目当てで買った人のほうが圧倒的に多いんでしょうな。

Seraphの旧作で同じくあにょさんがゲスト参加していた「Beautiful Decadence」ではあにょさんの出番は1曲だけだったのですが、なんと今回は4曲でギター弾いています。
出番大幅増加…と言いたいところですが、相変わらずギターのミックスは小さめだし、それにギターが楽曲全体に満遍なくフィーチャーされてる訳でもなく、ギターソロでしかまともな出番がなかったりするんでやっぱりあにょさん目当てで買った人間にとっては物足りない部分もあるかもしれない。

とはいえ、この作品は「Beautiful Decadence」に比べると全体的にメタラーがいかにも好みそうな劇的なアレンジとクサいメロが満載の内容になってるんで、あにょさん抜きにしてもメタラー向けだと言えなくもない? まあ、せっかくクサメロ多めでもギターの出番が控え目だから中途半端で惜しい感じあるんですけどね。

イントロに続く2曲目「血宴-Vampire's Banquet-」、いつも通りアリプロフォロワー的なアレンジの楽曲なんですが、(Seraphにしては)割とアップテンポな曲だし北欧メタルっぽいフレーズもあったりするんでクサメタラーにもばっちり対応してる曲と言えそうです。
ただ、せっかくクサメタルに近いテンションを持ってる曲なのにギターの音が抑えめだからやっぱり物足りないんですよね…。ギターをもうちょっと前面に出せばめっちゃカッコ良い曲になりそうなんだけども…でもまあそれはあくまでメタラーの感性に依る感想であって、ゴシック系のリスナーからしてみればこれ以上ギターを強くすると耳障りに感じるのかもしれないですしね。葉月ゆらさんにしてもSeraphにしてもメタラーはメインターゲットじゃないでしょうから。
この曲も含め基本的にボーカル曲は全て葉月ゆらさんと海紅さんのツインボーカルで、今回はソロボーカル曲はありません。葉月ゆらさんの歌声の圧倒的なオーラについては改めて言及するまでもないですが、海紅さんは普通に上手いボーカルだとは思うんですけどやっぱり葉月ゆらさん相手じゃ存在感で劣るのは仕方ないか。でも個性の強いボーカル2人が正面衝突したら楽曲のバランス崩れそうだし、海紅さんのほうがバックコーラスっぽい位置に収まってるおかげで丁度良くなってるのかも。

3曲目「Diana」、これは四つ打ち系の穏やかなデジタルビートとクラシカルなメロディの組み合わせでちょっとlove solfegeっぽい?
個人的にはこの曲が今作のベストチューンかなと思います。というのは、今作の他の曲って割とクサメタル寄りなテンションあるのにギターの音が足りないせいでもどかしさを感じざるを得ないんですが、この曲についてはスローテンポな曲調ということもあってか、ギターの配分が丁度良いと思えるんですよ。葉月ゆらさんの歌声も当然ながら素晴らしいんですが、やっぱり主役はあにょさんの感情乗せまくりなギターソロでしょうなぁ、あにょさんはプログレ系テクニカルなフレーズに特化してるギタリストかと思いきやこういう叙情的なフレーズ弾かせても一流なんですよねえ。たまらんすよ。

4曲目「Enmity Love」、Seraphお得意の明るいパターンの曲調ですが、これはあにょさん不参加の曲なのでちょっとバックが地味な気もしますが歌は良いですね。

5曲目「呪血のアリストラクシー」、これはイントロの荘厳なストリングスからしてクサメタラーめっちゃ惹き付けそうな感じ。ドラマチックなクサ要素が満載だし楽曲としては申し分ない出来だと思うんですが、でもやはりギターのミックスが小さいせいで迫力不足というか、SeraphもArsMagnA時代よりかはずっと進歩してるのは確かだけどギターの助力無しだとまだまだ音が薄っぺらい感じあるかなぁ。あにょさんのターンが来ると俄然として音の「高級感」が増すんですけどね。

6曲目「Klema」、これは疾走パートもあるしクサメタル感がかなり強めですよ。要所要所で登場するあにょさんの躍動感あふれるギタープレイが大いに楽曲を盛り上げます。クサクサでドラマチック。メタラー的にはこの路線の曲をもっと聞きたい感じですが…まあSeraphはメタル系サークルじゃないしね。あくまで疾走曲はイレギュラーなんでしょう。

今作のおにねこ大先生のジャケ絵はいつもに増して気合が入ってる気がしますね。背景の描き込みも半端ないし、ぶっちゃけ少女病新作よりこっちのがインパクト強いですよねえ。数多の同人CDを手掛けるおにねこさんのイラストの中でもかなり上位に入る出来栄えなのでは?

そんな訳で、充実の内容ではあるけど、メタラー的にはあにょさんの出番がもっと欲しかった部分もあり惜しさが否めないんですが、まあそれはあにょさんの個人サークルThe Herb Shopのほうに期待しましょう。何度も言ってるようだけどabstractsに対抗してボーカル入りの作品とか作ってくれないかなぁ。
そういや、冬コミのHerbivoraのアルバムも買ってたんですけどね、同人クオリティをはるかに越えた超テクニカルな内容で当然ながら最強なんですけど、でもやっぱりアレンジ作品は記事は書きづらい感じですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析