FC2ブログ

Grey Lethal「雨の境界」

http://greylethal.seesaa.net/

このサークルも要注目度はめちゃくちゃ高いっすよ。同人メタラーなら絶対に押さえておくべき期待株。
ラブライブアレンジで同人音楽デビューした経緯を持ちますが今はオリジナル路線に移行。その実力は高く、ボーカル、ギター、楽曲、どれを取っても高水準で、たった1人で全てを手掛けているとは信じがたいほどの高いクオリティを備えています。

音楽性についてですが、公式によれば「北陸系メロデス」とのことなんですが、北陸系ってのは分かるとして、メロデスって項目についてはちょっと微妙な感じもあり…。オリジナル1stである前作「The Venomous Interior」とかエモいクリーンボーカルも入るから自分はメタルコアの感覚で聞いていたんですが、でもギターソロとかHR/HM的な様式に則ってる感じあるからやっぱりメロデスなのかなぁ…? とはいえ全体的な雰囲気はメタルコア寄りだし…。ジャンル的な線引きって難しい…。

でもそれはあくまで前作の話でして、今回の新作についてはメロデス要素が大幅に減退してるのは確実ですよね。そもそもデスボイスのパートがほぼ無いんですから。疾走するパートではエクストリームメタルっぽくなりますがその頻度も低い。

クリーンボーカルも前作での英語詞のエモエモしい洋楽寄りなスタンスから一変して、ラブライブアレンジの時のようなキャッチーでアニソン寄りな雰囲気に戻っています。
前作の方向性が好きだった硬派なメタラー諸氏にとってはこのアニソン寄りな内容は肩透かしになるかもしれないですが、でもラブライブアレンジから聞いてるリスナーにとっては「これが聞きたかった!」と歓喜できる内容なのではないでしょうか。自分もまさに後者です。
そもそもラグランさんの張りのあるハイトーンボイスってキャッチーなメロディでこそ真価が発揮されると思うんですよ。もちろん前作のエモい歌声もカッコ良かったしあれも捨て難くはあるんですが、でも同人メタル(オタクメタル)としては今回のほうが断然に正しい(?)在り方をしてると思う。まあ正しいとか間違ってるとかそういう問題じゃないんですけどね。
デスボイスを排したことにより一般リスナーも聞きやすいソフトな雰囲気になった気がしますが、でも完全に無くなってしまうとまた物足りない感じあるかも。ラブライブアレンジの「Someday of my life」とかキャッチーなアニソンメロとスクリームが絶妙に絡み合う神アレンジでしたからね。あのバランスが理想的かなぁとか個人的には思ってたりします。

今回はシングルということで収録曲は3曲。本当ならばアルバム出す予定だったみたいですが残念ながら間に合わなかったみたいですね。まあ時間をさらに費やすことでクオリティアップを望めると思いますからこの延期も最終的には良い方向に働くことでしょう。

1曲目の表題曲「雨の境界」、爆走するパートもあるんだけどやはり全体的には中程度のテンポで落ち着いた感覚でしょうか。リフは十分にヘヴィですが、前作のようなアグレッションは抑え目でキャッチーな歌メロが際立った楽曲に仕上がってます。
ゴシック風味のオルガンの音色が入るのも新要素ですね。リフワークの精度は相変わらず高い。ボーカリストとしても高い技量を持ったラグランさんですがギタリストとしての腕前も相当なものですよね。マルチミュージシャンによる1人サークルが目立つ同人メタル界隈においてもとりわけ突出した才能を持ってらっしゃると思いますよ。半端ないポテンシャルを感じずにはいられない。

2曲目「桜が咲いても」、これはラブライブアレンジの雰囲気をそのままオリジナルで再現したかのような青春ソング感ある楽曲ですね。ボーカリストとしてのラグランさんの真骨頂と言えそうな見事な出来栄えです。やっぱりこういうキャッチーさの中でこそ輝く歌声ですよねえ。個人的には現在の同人メタルの男性ボーカルでもトップクラスの歌声だと思うんですよまじで。(V系っぽい歌声はあんま好きじゃないんでそれは除いて)
曲調としてはメタルっていうよりかメロコアとかに近い雰囲気ですが、ギターソロではがっつりとHR/HMな流麗なプレイを見せ付けてますね。

3曲目はボーナストラックの「こきりこ節」、なんと富山民謡。しかしこれがネタ曲ではなくてめちゃくちゃカッコイイんですよ。もし歌詞が英語だったらガチなメタル曲にしか聞こえないと思う。日本の民謡のメタルアレンジでここまでカッコ良く出来るとかすげえなぁ…。

1人で全てのパート手掛けてる同人メタルサークルでここまでの完成度で作れるサークルって東方界隈を含めても他にあんまり居ないんじゃないでしょうかね? まじで隠れた実力派サークルですよ。というか隠れてちゃいけないんですけどね。現在の同人メタル界、隠れてるサークルが多すぎ問題。
今回はシングルということでボリューム的に物足りないところは若干ありますがこの路線で作られる次なるアルバムには大期待したいところです。冬コミあたりに来るかな?
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析