FC2ブログ

Junsei「The Roots」

http://junsei-vocalist.jimdo.com/

今、同人メタル界で最もアツい歌声を聞かせるボーカリスト、おじゅん改めJunseiさんが放つ初のソロ名義作品でございます。しかもその熱唱を最大限に活かすクッソ熱いメタル路線でメタラー歓喜必至!

今までも黄昏の旅団とCI projectにて歌唱活動をなさってたJunseiさんですが、ここに来てついにソロ名義の活動を開始しました。前述の2サークルにおいても素晴らしい熱唱を聞かせてくれていたのですが、今回はソロ名義ということで、Junseiさん個人が真にやりたかった音楽性がこの作品に詰まっているのだろうと想像できますね。
しかもタイトルが「The Roots」ですからね、この作品にJunseiさんの音楽的なルーツが込められていると解釈するのならば、今作の1曲目と2曲目で聞けるメタリックな音楽性がさらに特別な意味を持っているとも感じられますね。

黄昏の旅団にて昨年の春に発表された楽曲「Give courage and hope to you !!」と夏コミで頒布された同名のシングルにおいてもメタラー歓喜モノの疾走メタル路線が披露されていたのですが、今作の1曲目「The Roots」も疾走メタルという点で共通しているとはいえ似て非なる物と言えますかね。
黄昏の旅団のほうは疾走はしていてもシンフォニック要素を含む洗練されたサウンドが核になっていて整合性の高い仕上がりになっていたと思うのですが、それに対して今回のソロ作は、ロックの衝動的な側面を重視したような攻撃的なギターリフを前面に出した鋭い音像になっていて、やはり明確な違いは感じます。
まあ後者はアレンジとギター演奏を担当したPratanallisのヒノデさんのセンスに依るところも大きいのかもしれないですが、それでもソロ名義作ということを考えればこれがJunseiさんの目指す方向性であることには違いないのでしょうね。
もちろん言うまでもないことですが、黄昏の旅団とソロ作でどっちが良いとかいう優劣を決める話ではなく、それぞれに魅力があるということですけどね。

それにしてもこの表題曲「The Roots」、素晴らしい曲ですね。サビメロが最高、この手のアニソン風味のパワーメタルとしては理想的なサビメロの展開なのではないでしょうか。主役であるJunseiさんの歌唱が絶品であることは当然なのですが、それを支えるヒノデさんのギターワークも見事すぎますね。随所で聞かせるテクニカルなフレーズがドラマチックな曲展開をサポートし、そしてPratanallisのほうでは聞けない無骨なギターリフが攻撃性を演出します。ただ、サビ後のピアノのフレーズでまんまPratanallisの部分があってそこが愛嬌ですかね。事ある毎に「同人ゴシックで最も期待度が高い~」とか枕を付けてPratanallisを紹介してきた気がしますがほんとヒノデさんは今後の同人メタル界において重要な役回りを担ってくれれそうな人材だと思いますよ。

2曲目「Kandata」は、テンポ的にはさほど速い訳でもないんですが、ドライブ感あるリフによってBPM以上の速さを感じさせる曲かもしれません。ギターの後ろで鳴っている浮遊感あるシンセの音色も効果的。こちらでもJunseiさんの熱唱は絶好調。キャッチーさは1曲目に比べても抑え目で、メタル的なアグレッシブさを重視した曲であると言えるかな。

3曲目「淵」は、それまでの流れとは打って変わって静かなピアノの音色を基調としたバラード曲。1曲目と2曲目とは違ってこの曲ではヒノデさんのサポートも無いと思われるので、おそらく完全にJunseiさん単独で制作した「真の」ソロ作なんでしょうね。ピアノとストリングスのアレンジに若干の不慣れな感触が残っているとはいえ、歌メロのほうは実に素晴らしい出来だと思います。黄昏の旅団のほうの名曲クラスの楽曲と比べても遜色ないレベルだと思います。Junseiさんのコンポーザーとしての可能性も大きく感じさせる曲ですね。

ジャケ絵がカッコ良い男性キャラクターのイラストであることもポイントだと思うんですよね。やっぱり男性ボーカル作品ならばジャケも男性キャラクターにしたほうが整合性が取れるんじゃないかと思うので。
もちろん、同人音楽伝統の美少女ジャケにすることが悪いこととは思わないし、自分もオタクの端くれなんで美少女ジャケのほうが購買意欲が湧くっていうパターンもあるんですけどね。でもやっぱり内容とジャケ絵が合っているに越したことはないかなぁと。


http://www.xorsizer.com/
そして、今回のM3で発表されたもう1つのJunseiさん参加作品、Xorsizerの無料配布曲「Versus~正義と反逆の決戦歌~」のほうも感想書いておきたいと思います。
はっきり言ってこれが予想をはるかに上回る素晴らしい内容でした。楽曲の発散する熱量においては上記のJunseiさんソロに勝るとも劣らないほど。

実を言うと、パスパルさん主催のSymholicの作品はあんまり買ってなくてですね(1stはリアルタイムで買ったんですけどね)、まあこのブログにSymholicの感想記事が一個も載ってないことを見て頂けば察しは付くと思うんですが…。Xorsizerについても同様で、多少気になるところはあったけどやはりスルーしてました。
しかし今回のJunseiさんとのコラボ新曲、これがめちゃくちゃ良い。ストリングスのアレンジにはSymholic同様に淡白というかドラマチックさに欠けるようなもどかしさはあるものの、それを補って余りあるほどにボーカルパートが素晴らしい。Junseiさんの激アツなボーカル、そしてパスパルさんの少し拙さはあれどもひたむきさに好感を持てるストレートな歌声、このお2人の繰り広げるボーカルバトルが最高に熱い1曲になっております。

あと、曲の途中に挿入されるセリフがこれまたクッソ熱いんですよね。長々しいナレーションではなくてほんの一言の短いセリフなんですがこれが実に効果的。「ただちに死をもって償えっ!(イケボ)」とか「さあ反撃の時間だ(イケボ)」とか、いちいち熱くて楽しすぎるんですよ。これって、聞いてるリスナーだけじゃなくてきっと制作してるお2人もめっちゃ楽しんで収録したんじゃないかなぁって想像しますね。
サンホラのMoiraラストのアメテュストス vs レオンティウスの辺りが好きな人とかきっとツボるんじゃないかなこのノリは。

これはこの1曲だけで終わらせたら勿体ないコラボだと思うなぁ。是非ともこれでアルバム作って欲しいなぁ…。欲を言えばゲストギターにヒノデさんが参加したりすれば更なる最強なことになりそうな気もする。
でもこういう路線は同人音楽界隈的にはあんま需要なさそうなんでアレですけども…。「どっちが受け?」とか妄想しちゃうような女性層からの需要ならありそう? いや…そんな層から需要あっても困るか…。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析