FC2ブログ

「青春は花火のように」配信開始

ブラボォォォォォォォォ!!!
という訳で(?)、今回も日付変更と同時に速攻でダウンロードしてずっと聞いてました。ちなみに進撃中学校の本編はまだ見てないです。実写パートあったりするみたいだしちょっと見るの怖い…。

今回の新曲、一言で言うなら紅蓮の弓矢のセルフパロディ…ってことになるんでしょうけど、そりゃRevo先生のことですから単なるパロディ曲に収まるはずなどなく、いくつものネタが仕込まれていて一筋縄にはいかない曲になってますねえ。
てっきり、ギャグ系スピンオフ作品の主題歌だからコミカルな電波ソング系が来るんじゃないかと思ってたんですよ、朝ハロみたいなとびきり明るいやつ。でも蓋を開けてみれば、確かに明るめの雰囲気ではあるけどギャグ要素はほとんど無いし普通にシリアスでかっこ良い…いや滅茶苦茶かっこ良い曲になってますよね。

この曲で最も耳に残るのはやはり何度も繰り返される「キンコンカンコーン」のチャイムのフレーズですよね。誰しもが知っている、学校で鳴るあのチャイムのメロディです。あのメロディがメインリフとして組み込まれてるってだけでも意表を突かれるんですが、なんとサビメロまでチャイムのメロディをなぞってるんですよね。
つまり、全体として今回の新曲は「学校のチャイムのシンフォニックロックアレンジ」曲とでもいうべきか。クラシック曲のアレンジとかなら別に珍しくもなんともないけど、まさかキンコンカンコーンのメロディをベースにして1曲作るとか発想が突き抜けてますよねえ…。
というかあのチャイムのメロディって作曲者とかいるのかな?と思って調べてみたんですが、このメロディ「ウェストミンスターの鐘」っていう名前だったんですね、へえ…。しかもこのメロディをモチーフにして曲を作った先駆者もいたようで。でもシンフォニックロックに組み込んだのはたぶんRevoさんが初?
しかも、単に雰囲気作りのためにチャイムのメロディ組み込んだというだけでなく、このメロディがシンフォニックロック的なかっこ良さに直結してるというのが凄いところ。サビメロほんとにかっこ良いですからね。元ネタである紅蓮の弓矢のメロディにも勝るとも劣らない出来栄えだと思います。もちろんサビだけでなくAメロ、Bメロの展開も素晴らしい。紅蓮の弓矢っぽい雰囲気を残しつつも爽やかで明るい曲調になってるのが良いですよ。曲名通り「青春」感が満ちてますよね。

それと、これはローランの皆様の間ですでに語られまくってることだと思いますが、サビメロの最後のメロディが「最果てのL」のメロディとほぼ完全一致してるんですよね。もちろん、作曲者同じなんだからたまたま似てしまっただけ…とも考えられますけど、ローラン諸氏は同じメロディを発見したら確実に考察のネタにするってグラサン先生も重々承知してるはずだからやはり意図的だと考えるべきでしょう。
で、なぜ進撃の曲なのにNeinの収録曲のメロディが登場するのか?というと、この進撃中学校は本編である進撃の巨人の「残酷な世界」を否定(Nein)してコミカルな世界観に改竄したものであるから…という考察を見かけて、なるほどなぁと思いましたね。
でも、もし意図的に最果てのメロディを使用してるんだとしたら、この曲も10周年記念のNeinの世界観に含まれる1曲なんですかね…? どこまで計算づくでやっているのか…。

今回配信されたのは1分半ほどのTVサイズですが、フルサイズだとやっぱり紅蓮の弓矢みたいに2番以降に全然別の展開があったりするのかなぁ。というか劇場版の主題歌もまだフル出てないですからね…。もしかしたら劇場版の2曲とこの曲で3曲でマキシシングル出すの? いやさすがにスピンオフの曲と本編の曲を混ぜてCD化は無いかな…。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析