FC2ブログ

アテアの仔等「キミとボクの白地図」

キミとボクの白地図

アテアの仔等さんの6作目のミニアルバム。
なんか感想記事はずいぶん久しぶりな気がしますが…意図的に引き伸ばしてたんで当然ですねwおかげで十分過ぎるほど聞き込むことが出来ましたw
先日のネィコスの記事ではグダグダと文句垂れてましたけど…それもこのサークルさんの音楽性に期待していればこそですねwこのミニアルバムも非常に気に入ってネィコスと同様にヘビロテしまくってましたし気づけばラスエフの履歴がアテアの仔等で埋まっていましたwこの1週間ほとんどアテアしか聞いてなかった気がする…。やっぱりこのサークルさんの音楽は素晴らしいです。物語音楽というジャンルが表現しうるドラマチックさをひたすら追求する音楽性、「メロディへのこだわりがある」って消した記事に書いたけどあれは間違ってなかったw

このミニアルバムはダークな雰囲気主体だったネィコスと違って明るいファンタジックな作風になってます。雰囲気的にはこっちのほうが好きですねー、重くて暗いテーマはちょっと苦手なんで。サンホラのアルバムで例えるならROMANに近い雰囲気かな?
収録曲はインスト除くと3曲ですがどれも素晴らしい楽曲なので非常に充実した作品だと思います。

#1のインストを経て始まる#2「或の日二人で描いた白地図」はシンフォニックな変拍子リフが非常に印象的な曲です。このサークルさんの代表曲といって差し支えないんじゃないかと思える完成度の高い曲ですね。Bメロが特に良い、ディレイみたいに入るコーラスが最高。
この曲では大々的に男性ボーカルがフィーチャーされているのが印象的ですね、2ndやネィコスでも男性ボーカルはいちおう歌ってましたけどパート割りが少なかったですし。男声が加わったおかげで「ミュージカル感」が大幅に増しているように感じます。2コーラス目から男性ボーカルが入るんですけどハモらずにユニゾンで歌ってるのが勿体ないなぁ…せっかくトリプルボーカルなのに。楽器の音のアレンジは素晴らしいんだけどコーラスワークにはまだ向上の余地があるかもしれない?
一番の聞き所はCメロでコーラスをバックにセリフが入るところですね、「わたしの代わりに七カ所を巡ってほしい」ってセリフの後に「1つ…2つ…」って地名を挙げていくんですがここでのセリフとコーラスの絶妙な対比が何度聞いても鳥肌ものですw物語音楽好きならきっと気に入るんじゃないかと思いますよ。これから始まる「冒険」のワクワク感を堪能できる物語音楽の真骨頂のような曲ですね。

#3「旅立ち」は冒頭の「起きてよアーサー」のセリフが象徴するように朗らかな朝の気分を味わえるような明るい曲です。所々に入る動物の鳴き声も雰囲気作りに貢献してますね。
#4「魔術師と一輪の華」は打って変わってシリアスな曲調になりドラマチックに盛り上がります。これも良い曲ですね。チャイムの音のアクセントが効いてます。こっちの曲では男性ボーカルのユニゾンも上手く調和してて良い感じですね。
このミニアルバムは「blankmap」シリーズの一作目という位置付けらしく、物語の始まりを想起させる曲が多いですね、続編となる次作(夏コミ新譜)はまだ聞いてないんでそのうち聞いてみたいです。まあこんだけヘビロテしてて聞かない訳にはいかないですよねw
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析