FC2ブログ

GILDIA×世の漆黒「LiD」

LiD.jpg

GILDIAと世の漆黒のコラボ作品ですね。
このコラボで面白いのはお互いのサークルの楽曲をアレンジし合ってるというところでしょうか。インスト除くとボーカル曲は2曲目と4曲目の2つだけで実質的に2曲入りシングルなんですが、2曲目のほうが世の漆黒が作曲でGILDIAがアレンジ、4曲目の方はその逆でGILDIA作曲で世の漆黒がアレンジ…という風にシャッフルされてる訳ですね。ボーカルはどちらもGILDIAの悠季さんで、まあ世の漆黒はボーカル流動的だから当然の成り行きか。世の漆黒の春の新譜でも悠季さん歌ってたし。

面白い企画だとは思うんですが、ただ、2曲目「L」の方はアレンジをシャッフルしたことの意味がいまいち感じられないかもしれないですね。というのは、アレンジにGILDIAらしさが全然感じられないんですよね。だってこれめっちゃメタルコア風じゃないですか…GILDIAってこんな曲調あったっけ? これアレンジ担当のクレジットに「毎日五月病」とか書いてあった方が説得力あると思えるくらいw 「いつもと一味違うこんなヘヴィなアレンジも出来るよ!」って音楽的な引き出しの豊富さを披露してると考えれば面白いと言えるのかな。いや、曲としては普通にかっこいい曲なんですけどね。

しかしながら、4曲目のGILDIA作曲で世の漆黒アレンジの「D」の方は興味深いですね。メロディはもう一聴してすぐわかるGILDIA節なんですが、バックの音がめっちゃクリアなんですよ。GILDIAっていつもなんだか音がぼやけたような音作りしてるじゃないですか、あれは郷愁感を演出するとか、もしくは昔のV系リスペクト?かなんかで意図的にああいう音作りにしてるのかなぁと思うんですが、個人的にはあの不鮮明な感じが苦手というか、あれのせいでいまいち楽しめない感じがあったのは否めないんですが、今回のコラボで世の漆黒がアレンジ担当したら非常にシャープでメタリックな音像に変わっていて、それのおかげでメロディの良さもいつも以上に際立ってるように感じますね。改めてGILDIAって良いメロディ作るなぁと思わされましたよ。この切ない系メロディ?の破壊力はさすが人気サークルだなぁと感服させられます。
(勿論、GILDIAの音作りが好きっていうファンの方々も多いでしょうし、まああくまで個人的な好みの問題なんですけどね)
GILDIA単体の夏コミ新譜は実は買ってないんですが、クロスフェード聞いた感じだと2曲目とかゲーム音楽みたいなノリだしちょっとEclipseedっぽい? けっこう色んな曲調に挑戦してるっぽいですなぁ。もしかしてメタルコアっぽい曲も過去にあったのか?
あと昨年冬コミで買ったシングルも聞き直してみたんですが、やはりメロディ良いですなぁ。このサークル過小評価してたかもしれない…。

世の漆黒は同人ゴシック系の中では割と他との差別化に成功してる方と言えますかね。基本はV系サウンドだけど、やはり個性の中核となるのはドラマチックなツインリードギターですよね。ボーカルが流動的なのにも関わらずきちんと個性を確立できてるのはツインリードのおかげでしょう。今作の4曲目でも立証されていますがやはりアレンジ能力は高いですね。

このコラボ企画は面白いと思うし、今度はお互い3曲づつくらい出し合ってミニアルバムとか作って欲しいな…とか思ったりするんですが、さすがにそこまですると自サークルの新譜が作れなくなってしまうのかな…。
というか、他のサークルでもこういうシャッフル企画やったら面白そうですよね。全然毛色の違うサークルでシャッフルしたら凄いことになりそうだけど、さすがに全然サウンド異なるサークルじゃお互いの交流がないから無理かw
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析