FC2ブログ

Release hallucination「The night before halation」

The night before halationジャケ

はい、という訳で無料配布も無事にゲットできましたし、感想記事の一発目はこのサークルしかないですよね。同人ゴシック界のドリームシアターことRelease hallucination(注:こんな呼称このブログの人しか使ってないです)の新作ですよ。

プログレメタル系を推してるこのブログ的に当然ながら本命サークルですし、自分が同人音楽にハマるきっかけを作ってくれたサークルの1つでもあるので、そのサークルの約1年ぶりの新作といえば嬉しいに決まってるのですけど…。
ただ、イベント直前になって無料配布が発表されたこと、しかもその時点でまだ未完成であるようなニュアンスで告知がなされたことで、作りかけのデモ音源をとりあえず無料配布するのかな的な印象を受けたのは否めないですし、正直いうとあんまり期待してた訳でもないんですよね。そもそもリリハルは時間かけてじっくりと制作してクオリティ高めるタイプのサークルであることは既に分かってますし、そんなサークルが中途半端なものを発表してしまうのだとしたらむしろ残念に思ってしまうくらいで。なにより、夏コミという過酷なイベント環境下で無料配布ゲットってなかなか厳しいミッションですからね、どうせ未完成品を無料配布するなら延期して次のM3にして欲しいと思ってしまうのは仕方ないですよね。

ところがですよ。そんな事前の予想に反して、無料配布の入手も非常に容易だったし、新曲のクオリティも全く中途半端なものではなく相当に完成度の高いものに仕上がってることに驚きました。
無料配布ゲットが容易になったのは環境的な要因も多少はあったかもしれないですが、やはりサークル側で多大な労力を費やした成果なんじゃないかと想像しますね。過去のコミケでも無料配布系は昼前になくなってしまうパターンが多かったですし、今回のお隣のサタアラ新譜は無料配布ではなかったですけど100円という価格設定もあってか結構早めになくなってましたしね。サタアラとリリハルは知名度的に大差はないだろうから、やっぱり搬入した枚数の差なんでしょうな。イベント終盤まで残ってたことを考えると、コミケ参加したオリジナル系同人音楽リスナーの絶対数を大幅に上回る枚数が用意されていた可能性もあるんじゃないだろうか…。半端ない…。
それだけ多くの量を用意して頂いたおかげで遅めに行った自分もゲットできた訳ですし、ひたすら感謝ではあるんですが、それでもやはり無料配布にいつも異を唱えている自分としては無料配布という頒布手段は非効率的だと思ってるんですけどね…。サークル側の負担も大きいしリスナー側も入手が難しくなる訳ですから。でもDLコード付いたカードを頒布っていうのじゃ味気ないと感じる人も多いんだろうし、やはり難しいもんですなぁ…。まあDL形式よりCD配布したほうが聞いてくれる人が増えるというのならそれでいいと思うんですが…。まあ配布方法は完全にサークルさん次第ですしうちらリスナー風情がどうこう言っても仕方がないんですが。

さて肝心の新曲についてですね。無料配布だから未完成なんてことは全くなくて、非常に完成度高い曲に仕上がってます。さすがリリハルと言わざるを得ない出来栄えですねこれは。未完成だから無料にしたのではなく、むしろ渾身の楽曲だからこそ新規リスナー開拓のために無料配布にしたのかもしれないですね。
この新曲イントロからしてかっこいいですなぁ。ドリームシアター10thの1曲目を思わせるようなダークでシンフォニックな派手な幕開けですね。これはリリハルの楽曲でも屈指のイントロなのでは。歌パートに入るとバッキングのリズムが露骨にDjent風になりますね。今までもこういう感じのリフはあったし新機軸ってほどじゃないけど、ここまでDjent意識したリフはなかった気もする。サビではピコリーモ的なシンセの音も入り、やはり流行りの音を積極的に導入した感はありますね。それでも流行りに流されてる訳ではなくて基本部分はいつものドリームシアター的な演奏なんで安心感あります。ソロパートではお待ちかねのkaorinさんのテクニカルでプログレッシブな演奏の独壇場ですねー。さすがのかっこ良さですよ。ヘヴィ路線のドリームシアターが好きな人にはほんとたまらない音だと思います。歌メロは前作の3曲目に近い感じなんだけどアレンジが今回のほうが断然良いから歌も際立ってるように感じます。emiさんの表現力も増してるように感じますね。

前作「Ariadne」は個人的には1曲目以外はいまいちかなぁという印象だったのですが、今回の新曲はほんと良いですね。過去作のキラーチューンには少し及ばないかもしれないですが、準キラーチューンくらいの位置かな? ちなみに、リリハルの楽曲のベストを選ぶとするなら、1位が「Dysmnesia」、2位が「DESPAIRING SIGH」、3位が「Dystopia」って感じの並びになりそうですが、今回の新曲はそれに次ぐ4位に入りそうな出来かな。PHANTAS-MAGORIA名義のアルバムも名曲多数なんでそっち含めるとまた順位変動しますが。
ところで今回の新曲タイトル、halationって単語が入ってるので「ラブライバー…?」みたいに思ってしまうのですがさすがにそれだけで判断するのは安直すぎますよねw Φnality Blastの新譜は確実に狙ってると思いますけどw まあ、あんまりお目にかからない単語だから可能性は否定できないですが。


という訳で、次回作が楽しみになる出来栄えの新曲でした。次回作にこの曲が収録されるのかは分からないですが、夏コミ来れなかった方々のためにも出来れば再配布もしくは再録して欲しいものですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析