FC2ブログ

世の漆黒「東京零年」

 東京零年

世の漆黒の春M3「新刊」…もとい新譜ですね。…まあいちいち説明しなくとも買った方は分かるでしょうけどこれ新譜と呼ぶにはちょっと戸惑いますよね、完全に見た目は同人誌ですもんねw

という訳で、CDではなくDLコードと同人誌サイズのブックレットという変則的な頒布形態だったこの作品ですが、この試みはなかなか意義深かったのではないかと思います。
この頒布形態、サークル側の意図というのはおそらくCDプレスせずに済むからコスト削減になるとかそんなところだと思うんですが、リスナー側にもけっこうメリットありますよね。ダウンロードならCDをいちいちリッピングする必要がないし、曲情報やアートワークを設定する必要もないからリスナーの負担もけっこう軽減されるんじゃないでしょうか。
同人音楽って一度買い逃がすと入手困難になることが多々あるから、とりあえずイベントの際には後悔の無いようありったけ買いまくるリスナーさんって多そうですけど、大量購入してもリッピングが面倒くさくて聞かずに放置っていうパターンもありがちな気がするんですよね。しかし、ダウンロード形式ならばリッピング作業の苦痛を多少なりとも軽減できるから大量買いリスナーさんにも親切な形式というか?

でもこの新譜に関しては利用しているDLサイトの仕様のせいなのか一括DLできなかったりで面倒くさい面はあるんですけど、まあ、まだ試行錯誤の段階だと思うので仕方ないですよね。あくまで同人なので「聞きやすい工夫」をサークル側でわざわざしてあげる義務なんて全くないとは思うんですけど、リスナー数を拡大するための手段としては重要な気もします。

あと、DL形式でメリットが多いのはなんといっても無料配布の場合ですよね。最近増えてきたDLコード入りのカード頒布ってやつです。無料配布でCDいちいち焼いてたらサークル側も無駄にコストと時間がかかるし、必然的に用意された枚数が少なくなるからリスナー側は入手できる確率が減るし、双方にデメリットしかないですよね。しかも無料配布って1曲しか入ってない場合が多いですが、1曲だけのためにわざわざCDをPCに出し入れするってかなり面倒くさいんですよ。それで放置という可能性も…。
個人的な意見を言えばもはや無料配布はDL一択だと思ってるんですけどね…。CD形式のメリットってレアリティの演出とかしか思いつかない。

そんな感じで、DL形式のほうがメリット満載だし、時代の流れも完全にDLに傾いてると思うんですが、実際はM3やコミケで売っている同人音楽は大半がCD形式な訳で、なんとも不思議な気もするんですがこれもオタク文化特有の現象なんですかね。やはりオタクっていう人種はデータだけじゃなくて現物を持っておきたいというか、そのほうが収集欲が満たされるからなんでしょうね。かく言う自分もDLだけじゃちょっと寂しい感覚も少なからずありますしw
というか、更に言えばイベントなんて参加せずにネット上だけでDL販売すれば一番効率いいのでは、と思えてならないのですが、これもまたオタク文化というか、イベント特有の熱気が購買意欲を促進してるというのは間違いないですしね。

という訳で、イベントのタイミングに合わせて無料DL企画を催したオレウサのKaleidosc[A]peが最強、という結論に今回も行きつく訳ですよ。
…ってあれ? なんの話をしてたんでしたっけ?
ああそうだ、世の漆黒の新譜の話ですよね、さすがに脱線しすぎましたw

実は世の漆黒は今までシングルの「デカダンスヴァニラ」しか聞いたことなくて、今回のが2枚目になる訳ですが、どうやら今回の新作は過去作品のリメイクバージョンがいくつか収録されてるみたいだからちょっとしたベスト盤的な趣きもあるのかな? 入門用にもちょうど良さげな作品ですよね。
このサークルってラノベを題材にした作品が多いですけど、まあ東方アレンジと違って楽曲はオリジナルな訳だし、原作のラノベ知らなくても問題なく聞けるかな?と思いつつも原作があると敷居の高さは否定できない訳で、やはりこうやって完全オリジナル路線でやってくれた方が聞きやすいというのはありますね。

音楽性としてはV系の影響が濃い女性ボーカルのゴシック系メタルで、それだけなら類似サークルが山ほどいる訳ですが、しかしながらこのサークルの場合はメタル要素が強めというか、ドラマチックなツインリードが主体のパワーメタル的な楽曲が多いので数多の同人ゴシック系の中でも埋没せずに個性を主張できている気はしますね。

世の漆黒のCD聞くのはこれが2枚目と書きましたが、昨年秋M3で発表されたV系バンド花純月のリメイクアルバムは聞いていまして、これって実質的に世の漆黒の別名義作品みたいなものだと思うんですけど、今回の新作もその花純月のアルバムと似通った印象かな、楽曲の出来とか。違いがあるとすれば花純月はV系だから男性ボーカル主体だったけど今回は女性ボーカルがメインで、あと世の漆黒のほうはツインリードが多用されてるということくらいか。
この新作も花純月と同じでゲストボーカルを沢山迎えていて豪華なんですけど、上手いボーカルさんとそうでもないボーカルさんの格差がけっこう開いちゃってるというのも花純月のアルバムと共通してるかなぁ。あっちは朔夜さんとその他って感じだったけど(言い過ぎ)、今回のはGILDIAの悠季さんと葉月ゆらさんが突出してますなぁ。やはりなんだかんだで有名サークルの方は超上手いですよね。他の方が下手っていう訳じゃないんだけどやはりこのお2人が上手すぎるんですよw

イントロに続く#2、#3は共にドラマチックなツインリードを中心に据えた疾走曲で、女性ボーカルによる歌メロは超キャッチーだけど主役はあくまでギターかなぁ。メタル要素が前面に出ているというのはやはりメタラーとして好感が持てますね。#3はボーカルだけ差し替えたバージョンかな。
#4は星名優子さん歌唱のV系定番のジャズ系の曲。この手の曲調はあんまり好きじゃないんだけどこの曲はツインリードが大活躍してるおかげでメタル度高いしけっこう好きかも。このリズムでツインリードやるとちょっとIRON MAIDENっぽい感じも?
#5はヘヴィなリフを貴重にした疾走曲で、これもギターが目立ってますなぁ。
#6はこのアルバムでは一番V系っぽい曲かな。ボーカルも中性的だし。
#7、#8は悠季さんと葉月ゆらさん担当曲で、楽曲としてはそれほど他の曲と差があるとは思えないのに、はっきり言って段違いの名曲度に聞こえる。やっぱり上手いですねえ…ボーカルの力は大きいと実感する。

どの曲もメロディ、サウンド共に完成度が高く充実した作品に仕上がってると思います。さすが「集大成」と銘打たれているだけのことはありますね。ラノベ題材の作品に手を出すかは迷うところだけど今後もオリジナル作品が出るなら期待したいです。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析