FC2ブログ

Dragon Guardian「Destiny Of The Sacred Kingdom」

Destiny Of The Sacred Kingdom

タイトルは全然違いますが、Dragon Guardianの記念すべき1st作品「聖邪のドラゴン」をリメイクしたアルバムです。
タイトルにオリジナルの面影がないことからも分かる通り、内容も大幅に変更されています。オリジナル盤にあった物語音楽的なセリフを全カット、収録曲はメロディだけを残してボーカルもアレンジも曲順も全て一新されていて、ギターソロも追加、1stとは完全に別物の作品になっています(歌詞やストーリーも全然違うみたい)。セリフ無し、男性ボーカルということでオタメタラー以外の一般メタラー向けの作風に変わっていますね。

…まあ、別にリメイクすること自体は良いと思うんですけど、アーサーさん自身がオリジナルの1stをまるで黒歴史みたいに扱ってるのがどうにも納得出来ないんですよねえw だって個人的にドラガで一番思い入れがある作品が1stですからね!
確かに、オリジナルの1stはKickさんのボーカルは拙いし、音も薄っぺらいし、ストーリーもセリフも子供の演劇レベルだと思うし、色々しょぼすぎて黒歴史にしたい気持ちは分からないでもないんですよ。
でも、この拙さこそが最高なんですってw
拙さが良いとはいっても、クソゲーやクソアニメを偏屈なスタンスで面白がる人達みたいな愛で方とはちょっと違うんですよ。そういう捻くれた視点抜きでもドラガのオリジナルの1stは本気で素晴らしいと思える出来なんですよね。

そのオリジナル盤の魅力の多くを担うのはやはりKickさんのボーカルでしょう。
まあ確かに、Kickさんのボーカルはお世辞にも上手いとは言えないでしょうね。ものすごいB級臭が漂ってる歌声です。
しかし、ドラガ最高の名曲「我らが嘆きのカルミア」でのKickさんの何とも言えない情感のある歌唱って他の誰にも真似できない代物だと思うんですよね。この、優しく語りかけるような、甘ったるくも幼稚な感じの歌声…。単純に上手い下手では測れないような独特の魅力に溢れています。まさにヘタウマの極致。同人音楽最高のヘタウマ女性ボーカルと言っても過言ではないでしょう。
どんな上手いボーカルさんでもこの方の代わりは務まらないだろうなぁ。ベスト盤に他のボーカルさんが歌ったカルミアが収録されてたけど、ぶっちゃけ魅力が十分の一くらいに激減してましたね(言い過ぎ)。まあそのくらいKickさんのボーカルは素晴らしいってことですよw

さて話をリメイク盤に戻しますが…。
このリメイクではボーカルをジャパメタを代表する男性ハイトーンボーカルのLeo Figaroさんが務めており、最早ボーカルパートには拙さなんて欠片も残ってません。Kickさんとは比べ物にならないほどの圧倒的な歌唱力。
しかし、オリジナル盤にあった味わい深さは完全に消え失せちゃってるんですよね。クオリティは上がってるけど魅力はオリジナル盤より確実に下です。
でも、KickさんとLeoさんでは歌唱のタイプ全然違いますしそもそも性別すら違いますからね。敢えてオリジナルと比較されることのないように意図的にオリジナルとは全然別物の作品にしたんでしょうね。
そしてその試みは成功してると思います。中途半端に女性ボーカルでリメイクしてたらオリジナル盤が好きなリスナー(どれくらいいるのか知る由もないですがw)からは不評だったと思いますが、ここまで作風変えたら完全な新作として聞けますもんね。

基本どの曲もオリジナルを越えられてないと思いますが、これはこれで楽しめますし、特に#5、#7あたりはLeoさんのハイトーンによって新たな魅力が与えられてるような気もしますね。
という訳で、オリジナルに思い入れがある人でもそうでない人でも楽しめる作品になってると思いますが、やはり自分は断然オリジナルの1stが好きですね。もし1st聞いたことない人がいたらおすすめします(B級同人メタルが好きな人には特にw)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析