FC2ブログ

Laralastudio「雪の降る街」

2019-02-06_231025.jpg

http://laralastudio.web.fc2.com/

はい、ちゃんと買ってましたよLaralastudioの新譜(※半年前)。
いちいち取り上げることはしなくてもちゃんと買ってるサークルはちゃんと買ってるし、まあ多作なサークルはいつの間にか買わなくなってる事も多いんですけどね。

えーとシングルとアルバム区別しなければこれがLaralastudio名義の10作目…なのかな? 2013年の1作目「Strange Haired Girl」からいちおうコンプリートしてるはず。
飽きっぽくてオタク特有のコンプリート欲も薄い自分がこれだけ長いこと同じサークルの作品を買い続けてるのは何気に凄いことだと思う。やっぱそれだけこのサークルがマンネリに陥らず常に新鮮な素晴らしい音楽を生み出してるからなんですよね。

今回は3曲入りシングル。ボーカルは西風Sさん。もはやすっかりLaralastudioの看板ボーカルに落ち着いた感ありますな。前作「留守番電話」はLaralastudio史上でも屈指の充実作だったと思うのですが今作も相変わらず良い内容ですね。

1曲目のタイトル曲「雪の降る街」、西風さんの伸びやかでエモいハイトーンボーカルを最大限に活かした切なさ成分MAXなバラード。感動系/ノスタルジック系の曲としては過去最高級の名曲なのではないでしょうか。

2曲目「混濁とレンズ」、確か昔サウンドクラウドで無料公開してた曲のリメイクですね。オリジナルバージョンを聞き慣れた者としてはやっぱ元のボーカルさんの明るい歌声のほうが曲の雰囲気に合ってたと感じるんだけど…まあ西風さんバージョンを先に聞いた人なら逆に元バージョンに違和感を持つかもしれないし。まあそれぞれの魅力があるってことで。
今までCDでリリースされてなかったのが不思議なくらいの名曲なんですけども、ポジティブな曲調に対してラストのサビで「痛い痛い痛い」連呼してメンがヘラったテイストで意表を突いてきたりとなかなかに一筋縄にいかない曲ですな。

3曲目「カノン」は西風さんのルールールーってスキャットを交えた短いインスト曲って感じで、ラララでこういう小曲は珍しい。

「混濁とレンズ」をすでに聞いてた人には完全新曲は1曲+アルファって感じなのでボリューム的には少し物足りないですけど1曲目だけでも買う価値はあると思いますね。
スポンサーサイト

Carved Kinship「Heartbeat」

2019-03-21_002830.jpg

http://carvedkinshipjapan.tumblr.com/

前回のCATGODの記事でゴッド清洲さん繋がりでこの「Carved Kinship」の名前出したんですけど、そういやこのサークルまだ一度も記事に取り上げてないなと今更ながら思い出して、同人CDの山の中からこのCDを発掘してきた次第です。
この作品のリリース2013年? 買ったのは確か2014年のコミケだったかな? …どんだけ長いこと放置してたんだ。

このCarved Kinship、活動開始は2011年だそうで。けっこう古株だしご存知の方も多そうですね。
もちろん自分も同人音楽聞き始めの頃から名前だけは認識していて、プログレメタル的な音楽性という評判だったから気になってたんですけどね、ただアルバムのほうの試聴を聞いた限りでは、演奏はともかく失礼ながらボーカルがだいぶヘナヘナだったものでこれはちょっとなぁ~みたいな感じで購入を躊躇ってたんですよ。
でアルバムの代わりに今回紹介する2曲入りシングルを買った訳です。

確か事前の試聴とかせずにボーカルがこのシングルからゴッド清洲さんに変わったことも知らずに購入してた気がするんですけど、聞いてみてびっくり。アルバムのほうのヘナヘナボーカルとは比較にならないほど強靭な「漢」ハイトーンボーカル。そして演奏も楽曲も同人メタル一線級のクオリティ。めっちゃ強い。
ただ、個人的に目当てであったプログレメタル要素がこのシングルでは消滅しちゃってるんですよね。非常にストレートなHR/HMサウンドになってる。
だからクオリティ的には文句の付けようないレベルではあるものの、なんとなく記事にせずにスルーしてしまったような気がする。

もちろんプログレ云々を抜きにすればめっちゃハイレベルな同人メタルであることに疑いようはないです。英語詞&オタク要素の無い硬派な本格サウンドなので、前回のCATGODのEPと同じくやはり同人音楽の「外側」を目指してる作品のように感じる。
ちなみにCATGODのほうではゴッド清洲さんの歌唱はメロスピ的な超ハイトーン一辺倒だったんですが、このCarved Kinshipのほうでは中音域も駆使して本来の声質の良さが存分に活かされてる感じがする。ゴッド清洲さんの歌の上手さや表現力の高さが実感できるのは断然こっちですな。

1曲目はANTHEMを彷彿とさせる漢気あふれるオーソドックスなHR/HMソング。ツーバス疾走は無くてあくまでハードロックの範疇だけどゴッド清洲さんの歌唱はアツすぎるしギターソロも速弾き凄まじいし聞き応えたっぷり。
2曲目は初期ガルネリを思わせるバラード。ぶっちゃけこれはかなりの名曲だと思いますね。

2曲ともオタク音楽の中に収まらない非常に高いクオリティと本格派オーラがある。まあ逆にオタクメタルが聞きたい人には刺さらないと思うけど。王道ジャパニーズメタル聞きたい人におすすめ。

ちなみにこのシングルと1st EPは現在ストリーミングでも配信されてまして、そっちでEPのほうも聞いてみたんですけど、ボーカルは確かにヘナヘナなんだけど演奏や楽曲の完成度は自分が想像してたよりもかなり上で、そっかぁこのクオリティならばアルバムも買っておけば良かったなぁと後悔。

あと余談ですがアルバムのAmazonレビュー緑川とうせい氏が書いててちょっと驚いた。インターネットでプログレ漁りをする人間が決して避けては通れない名前、緑川とうせい。同人音楽とほぼ無縁のはずの緑川氏が肯定的なレビュー書いてるってことはそれだけ一般に通用するレベルってことなんでしょうねえ。
ってかゲストにLIGHT BRINGERのMAOさんが参加??まじで?豪華すぎるゲスト…。それ特設ページに書かなきゃダメでしょ…。

CATGOD「Warriors and Angels」

2019-02-06_231150.jpg

https://catgod.net/

このサークルめっちゃアズリエルっぽいです!ボーカルとか雰囲気とかかなりアズリエルっぽい。アズリエルっぽい同人音楽を聞きたい人におすすめです!


…あ、もちろん「AZRAEL」のほうですよ? 超絶ハイトーンボーカルAKIRAさんを擁する国産パワーメタルバンドのほうです。メタラーならばアズリエルと言えばこっちが真っ先に思い浮かびますよね。
ちなみに同人ゴシックのAsrielを好きな人がこのサークルを気に入る可能性は10パーセントくらいしかないかなぁ。いや5パーセントくらいかも。分からんけど。

この「CATGOD」っていう同人メタルサークル、活動開始は2011年? だいぶ昔から常連のサークルだと思うし同人メタル島を毎回チェックしてる人ならばお馴染みのサークルのはず。実際に買ったことあるかは置いといて。

基本ボカロを使用したシンフォニックパワーメタルをやってるサークルみたいですが、今回紹介するEP(2017冬コミリリース)において「ゴッド清洲」という男性ハイトーンボーカリストをゲストに迎えて初の人間ボーカル作品を出したということで自分も初めて買ってみたという次第です。もう1年以上前の話ですが。

このゴッド清洲さん、以前Carved Kinshipっていうサークルのシングルでも歌ってたから知ってたけど、CATGOD公式で「最強にして最叫」なんて紹介されてるだけあって確かにかなりの実力派だと思いますね。前述のAZRAELにも匹敵するほどの超絶ハイトーンな歌声。SPARESPINEでお馴染みのJo'Lさんと肩を並べられる同人メタル男性ハイトーンボーカルなんじゃないかな。
歌詞も英詞だしマスタリングもプロに依頼してるということもあって全体的に本格志向の出来栄えだと思いますね。普段ボカロ使用してはいるけど目指してるのはオタクメタルではなく同人音楽の外側のような気がする。でなければ人間ボーカルにするにしても女性ボーカルをゲストに迎えるはずですからね。

ただ、本格派ではあるけど曲数が4曲でそのうち2曲がインストなんでボリューム的にはだいぶ物足りないけど…。っていうかこのサークルってシングルばっかりでアルバム一度も出したことないっぽいですね。まあイベント毎に新作出してるとそうなっちゃうか。

すのうまん「Enchant」

2018-07-27_035849.jpg

https://snowman-guitar.booth.pm/items/754895

ジャケが超美麗!!そして中身の楽曲も超一流!!
…なんだけど収録曲が2曲しかなくてちょっと物足りないのが玉にキズのギターインストサークルの2ndシングルです。
ちなみに現在販売されてる3つの作品が全て2曲入りシングルなんで全部合わせてもミニアルバム程度の楽曲しか公開されてない訳ですね。

この「すのうまん」さん、活動歴は10年以上? 元々はRiversideっていう東方アレンジサークルで活動していて2017年辺りからオリジナル作品を出し始めたっぽい。ギター教室で講師もなさってるそうで、道理でプロ級クオリティなのも納得。
壁サークルどころか一流バンドにも匹敵しそうなほどのテクニックと洗練されまくりなサウンドプロダクションなので同人音楽外のリスナーにも余裕でおすすめ出来ます。ジャケもオタク絵じゃないし。

音楽性はメロスピ系ギターインスト。めっちゃ爽やかでポジティブなメロディ満載の飛翔系メロスピ。必要以上に複雑な展開は無いけどフュージョン的なテクニカルな見せ場もあるのでプログレ厨の観点からも聞き応えアリ。よくあるゲーム音楽系メタルとは一味違う本格的メタル。

ちなみにこの作品は確か昨年春リリースだったと思うけどM3会場にCDが置かれてなくて後日に秋葉原のショップでCD版を買ったという特殊な経緯もあったりします。当初はダウンロードのみの販売を予定していた?

クサメタラーにも勿論おすすめですし、非常に爽やかな聞き心地なので作業BGMにも最適かと。

OwMyOwl「Elements EP」「Imperfect Material」

2018-11-15_032806.jpg

https://octahedronvoices.booth.pm/

ジャンル:ポストハードコア/メタルコア/Djent
総合クオリティ:かなり強い
音圧:強い
メロディ:それなりに強い
テクニック:けっこう強い
オリジナリティ:そこそこ強い
知名度:弱い

こんな感じの「かなり強い」サークルです!!! 強い感じのポストハードコアやDjent系サークルを探してる人は絶対に聞くべき!!! 以上!!


…で終わらせるのもアレなんで説明も加えときますけど、まあ要するに強いサークルなんですよ。上記のステータス(?)で知名度だけが「弱い」になってるのを見れば分かる通り、そこだけなんですよね弱点は。あとはパーフェクトに近い。実際に聞いてみりゃ分かるはず。まじで壁サー級のクオリティだから。
この「OwMyOwl」さんは「Ninveiders」ってサークル所属で、以前このブログでも取り上げたことあったんですけど…まあ知ってる人は少なそうかなぁ。そんなお世辞にも有名とは言えないサークルがこんな超クオリティの作品を作っているという事実…。改めて今の同人メタル界隈の底の深さを思い知らされる。

記事タイトルに作品名が2つ連なってますけど、「ELEMENT EP」ってのが昨年秋リリースの現時点の最新作で、「Imperfect Material」ってのが2016秋リリースの旧作。前者はボーカル入りの4曲入り、後者はギターインストで11曲入りフルアルバムとなってます。
ボーカル入りEPのほうも勿論良いんですけどね、でもおすすめはインストアルバムのほう。OwMyOwlさんのサウンドの「強さ」をより一層体感しやすいのはやっぱ後者なんですよ。

その「Imperfect Material」、BOOTHの作品説明にもある通り「Djentに徹底的に影響を受けた作品」であるみたいだけど、もちろんDjent系のノリもあるけどそれほどテクニカル&難解な展開に比重が置かれた作風ではなく、どっちかと言うと良い意味でもっと間口が広くてポストハードコア/メタルコア系リスナー全般におすすめ出来そうな作品。
ごちゃごちゃと説明するよりかは実際に試聴を聞いてもらうのが手っ取り早いと思うけど本当にラウド系の同人メタルとしては最高クラスのギターサウンドだと思いますね。ゴリッゴリにヘヴィで切れ味鋭いサウンド。本体のNinveidersではEDMの比率が高めだったから少し埋もれてたけど、本当にガチすぎるクオリティ。アレンジ系の壁サークルと肩を並べられるクオリティでしょう。
そんなガチな曲が11曲も入ってるんだからお腹いっぱいになる。この手の音楽性の宿命として割と似通った曲調ばかりではあるけど、それでも散漫にならない程度に変化を加えてあるので飽きずに聞けるのも長所と言えるかと。リードギターの奏でるメロディもエモカッコいいし。
どの曲も強いけど、特に5曲目の爽やかピロピロ&変拍子な展開が個人的には一番のツボかなぁ。

という訳で、Djentやポストハードコア好きなリスナーは是非とも聞いておきましょう。まじでびっくりするほど強いから。

Harmonic Reflection「Eternal Memory」

2018-11-01_033035.jpg

https://twitter.com/HarmonicReflect

もうこれは「究極の同人ラウドロック」と呼んでしまっても大袈裟ではないってくらい、この手の同人音楽における決定的な意義を持つ作品なんじゃないですかね。非常に幅広いジャンルの音楽性を内包し美しさも激しさも全てが詰まっている。
ラウドロックとしての完成度も一級品でありながら同人音楽ならではの要素も網羅してるっていう全方位に隙のない強力な作品。

元々から天才肌のDTMerだったDIAさんが、それまで中心的に制作してきたRPGサントラ系インスト音楽と「ito project」におけるハードコアなロックサウンドを統合して自身の音楽性「全部入り」の方向性に舵を切るため始動したのがこの「Harmonic Reflection」という新規プロジェクトで、そこにさらに台湾の実力派歌い手の薛南さんが加わることによって、満を持してこの界隈の主戦場と呼ぶべき女性ボーカルの歌物に着手したのがこの記念すべき1stアルバムという訳ですね。
まあRPGサントラ作品にしてもito projectにしてもすでにクオリティは界隈でもトップレベルだった訳なので女性ボーカル歌物やるにしても始まる前から「勝ち戦」は決まってたと言えるんですけどね。

Harmonic Reflection名義の初作品となるEP「Nekros」では歌物は1曲のみでしたが今回は半分以上がボーカル入りなので完全に歌物作品と言える内容になってます。インスト物を積極的には聞かないタイプのリスナーも必聴の内容になってると言えるでしょう。
改めて女性ボーカル薛南さんの力強くも透明感も伴っているハイトーンボイスは本当に驚異的ですね。単なるハイトーンでもなく単なるパワー系ボイスでもない。この透明感が重要ですよね。この強力無比な歌声なしではDIAさんの目指す完璧な音楽性は実現できなかったことでしょう。「Nekros」の時はまだ僅かに日本語に違和感が残ってた気もしたけど今回はもう日本語ネイティブのボーカルにしか聞こえないレベルだし文句の付けようがない。
今回DIAさん自身のクリーンボーカルがけっこう入ってるのも嬉しいポイントですね。ブラックメタル的な絶叫ボイスもカッコいいんだけどクリーンの歌声も味わい深いと思うんですよね。

全8曲のフルアルバム。
歌物ラウドロック曲とRPGサントラ風インスト曲が上手い間隔で配置されてるアルバム構成も見事で、単なる女性ボーカルラウドロックでは味わえない独自の世界観を形成してると言えそう。
どの曲も素晴らしいけど2曲目「Twin Souls」と7曲目「Unvisited Answer」が特にハイライトと言える名曲ですかね。鋭く切り込んでくるようなドラマチックでシネマチックなストリングサウンドとDIAさんの絶叫、薛南さんの神々しいハイトーンボーカルの絡みには圧倒されるしかない。あまりにエモすぎる。前述の「究極の同人ラウドロック」という形容が相応しい。
3曲目「Recite the World」と5曲目「Prolonging Life」における民族音楽とラウドロックの完璧な融合にも脱帽せざるを得ない。
最後の8曲目「Frozen Memory」だけはクリーンボーカルもストリングも無しでito projectの時みたいな激情ハードコア調だったりするけどこれも素晴らしい。

ラウドロックという観点からするとそれほど音圧高いサウンドではない気がしますが、同人音楽という観点だとあまりに音圧高いのは敷居が高いと受け取られかねないので丁度いい具合のラウドサウンドという気がします。特徴的なバスドラのテケテケ感(?)が戻ってきてるのも地味に嬉しいポイント。

という訳で全ての同人音楽リスナーにおすすめ出来るくらい凄い作品であるし今後の同人メタルの先頭に立って突き進んで行って欲しいサークルだったのですが、残念ながら薛南さんが静養に入って春M3参加も辞退するらしい? ありゃあ…。でもきっと秋M3には復活して界隈の期待に応えてくれることでしょう。

幻想音楽祭お疲れ様でした

幻想音楽祭の記念すべき第1回、大盛況でしたねーいやほんとあの狭い会場にあれほどの大勢が押し寄せるなんてびっくりでしたよー何より驚いたのは「ゆ~くれ」に長蛇の列が出来てたことですねーあれはやばかったー飛ぶように売れまくってましたねーすげえ人気だったー

…なんてことは99.99999999パーセントあり得ないと思いますが絶対に無かったとは言い切れない。誰も報告してないだけで実はゆ~くれに行列が出来てた可能性も完全にゼロではない訳で。
まあそんな冗談はさておき、ツイッターに上がってる戦利品写真とか見た感じだと定番サークルが順当に売れたイベントだったのかな。定番サークルが売れてるってことはつまり新規リスナーがけっこう来てたってことだし良い傾向なのでしょうね。
カタログに68曲も入ったサンプルCDが付属してたそうでちょっと気になってたけど案の定というか曲情報はCDDBに登録されてなくて手打ちしなくちゃならないそうなんでまあアレですかね…。

ぱっちりひつじは購買層的にちょっと厳しかった感じなのかなぁ。コミケだと幅広い層が来てるから好評だったっぽいけど。ほんとに面白い音楽性なんで一度試して欲しいんですけどね。
KalmeRiは幻想音楽系の人にもめっちゃおすすめなので今回買わなかった人もM3で買いましょう。


https://twitter.com/azmavd/status/1100268167866109953
先日紹介した四(アズマ)さんってイラストも描けるのか…しかも半端なく上手いやん…天才か…なにこのジブリ的な世界観。やべえ…まじで米津玄師すぎる。
才能という物は人々に平等に分配されてないという我々凡人には直視し難い事実を再確認したい人は是非とも四さんの音楽聞いてみてください。アルバムは手に入らないけど。

https://cheetosmagazine.bandcamp.com/
あと同人音楽に関係ないんですけどこの「Cheeto’s Magazine」っていうスペインのプログレバンドの新作めっちゃ良いのに界隈で全く話題になってないんですよね。スパニッシュな芝居がかったコミカルテイストを中心に据えつつもMoon SafariやA.C.T系の北欧プログレの叙情性も兼ね備えていて今流行りのQUEEN的コーラスワークも美しくてなおかつ演奏力も非常に高くてプログレメタル的な聞き応えもあるっていう。これはめっちゃ強いバンドっすね。キャッチー系のプログレ好きな人は必聴だと思う。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析