FC2ブログ

FREEDOM CREATORS(あらまり)「碧のCatastrophe」

2019-01-08_032252.jpg


http://freedom-creators.jp/

元Sound Horizonの歌姫であり今も絶大な人気を誇るカリスマボーカリストあらまりさんが同人メタルの頂点どころかジャパニーズメタルの頂点に近づきある大人気バンドUnlucky Morpheusと奇跡のコラボレーションを果たし、アンホラこと「Unlucky Horizon」として始動したのは記憶に新しいですが、なんと今回はそのアンホラに、あんきもと肩を並べる同人メタル最強バンドICDDことImperial Circus Dead Decadenceが更に加わり、新たに「Imperial Circus Unlucky Horizon」として活動開始!! これは同人音楽を揺るがす大ニュースですよ!!

…Imperial Circus Unlucky Horizon(絶対にあり得ない雑ネーミング)はもちろん嘘ニュースですけどね。ICDDとコラボってのは本当です。
「囚われの僕ら」のときICDDはアートワークのみの参加だったけど今回は本格的に楽曲提供で参戦したという訳です。

同人メタルの頂点であり今や世界に通用するクオリティと人気を誇る2バンドとのコラボレーション。界隈でこの超豪華コラボが話題になったのは当然なんですが、でも前も同じこと書いたけど、これが5~6年前だったら本当に「同人音楽を揺るがす大ニュース」になってたんじゃないかと思うんだけど、この5年ほどで同人メタル界隈もだいぶ様変わりしちゃったから(具体的には古参リスナーが相当変動してるはず)。今のタイミングでやっても話題性はそこそこって感じですよねえ。もちろんこのコラボに大きな意義があるのは間違いないんですが。

さて今作は5曲入りのEPでして、あらまりさんが「FREEDOM CREATORS」名義で出した初のミニアルバムって位置付けになってますね。初のミニアルバムがこうしてガチガチのメタル系の音楽性で固めた物になったっていうのは同人メタラー的には歓迎すべきっていうか、もしフルアルバムも出すとしたら是非とも再びメタル系にしてくださいって感じですよね。
で、5曲入りではあるんですけどそのうち1曲目と5曲目(あんきもとのコラボ曲)は一昨年にリリースされたシングル「囚われの僕ら」の曲をそのまま再収録したものなので、そっちを買ってた人には実質3曲入りマキシシングルってことになりますね。シングルをそのまま入れるんなら7~8曲くらいのフルアルバムにして欲しかった気もするけど…まあ難しかったのでしょう。

あんきもコラボ曲のほうは昨年の記事にも書いた通り、サンホラの「元」ファンがあらまりさんに向けているであろう「幻想」を見事に再現した非常に素晴らしい楽曲でしたし、1期サンホラをそのまま再現したのではなく界隈で需要の高い少女病テイストを巧みに入れてるところがミソで、あまりに絶妙すぎて職人芸って感もありました。あらまりさんに提供することを最初から念頭に置いて作ったとしか思えないハマり方。

対して、ICDDコラボ曲のほうはというと…こっちは特に物語音楽のニーズに合わせた感じではなく、割と通常営業のICDDの楽曲をそのまんま細工なしで提供してあらまりさんに歌ってもらった感じ? 普通にエクストリームメタル+V系。まあ物語音楽界隈でもV系は需要あるから違和感なく自然にハマってるけども。
でもおそらくあらまりさんに完全に合わせて作った楽曲では無い?からこそミスマッチが生み出す意外性や面白さもある訳で。

ICDDコラボの3曲はそれぞれ作曲がHullさん、KIMさん、リブユウキさんと異なってるみたいですね。でも自分はそんなにICDDのアルバム聞き込んでた訳ではないんで各作曲者ごとの癖とか全く把握してないんですけどね…。申し訳ない。
まあ大雑把な音楽性としては2曲目「滅亡へ抗う夜明け」がV系メタルコアな感じ、3曲目「Per aspera ad astra」はモダン寄りにしたX JAPAN型パワーメタル、4曲目「諡 -命ヲ碧ク見守リ睡ナ-」はこれぞICDD!って感じのブラストビート炸裂のV系エクストリームメタル。どれもメタラー的に美味しい曲調ばかりだしV系特有の耽美テイスト+アニソン的キャッチーメロディで同人ゴシック感もしっかり味付けされてます。クオリティについては言わずもがな。当然ながら同人メタル最強レベル。
あんきもコラボ曲ほどにサンホラ1期 ≒ 物語音楽には寄せられてはいないものの、同人ゴシックリスナーには十二分にアピール出来る作風でしょうね。少女病とか好きなリスナーにはちょっと激しすぎるかもしれんけど。

あんきもコラボ曲はあんきも自身のフルアルバムでセルフカバーしてたけどICDDも次なるアルバムでこれらの曲をセルフカバーしたりするのかな?
ってかクレジット見るとICDDコラボ曲はドラムが打ち込みっぽいですよね。あんきもコラボ曲と違って。まあ修平さんはMalikliyaの作業もあるからね…春M3ではMalikliyaのアルバム出るんですよね…?
スポンサーサイト

onoken「Testimony2 Cytus | Deemo」

2019-01-08_032136.jpg

http://www.axsword.com/special/testimony2/

冬コミ(C95)購入作品、その5。
音ゲー界隈ではめちゃくちゃ有名なお方だとは思いますがCD買ったのは今回が初めてです。
そんな有名所の作品をレビューだなんておこがましいしそもそも必要性が無い気がしますけど…まあせっかくなので自分なりの感想を書き留めておこうかと。

活動歴もだいぶ長くて商業での楽曲提供も多数ということで、コミケに出展しているとはいえ全く同人音楽の範疇にはないクオリティですかね。
実際、この作品のストリングスは生演奏のようでして、クレジットにも弦楽四重奏のメンバーの名前がずらり。この時点で一般的な同人音楽アーティストとは次元が違うことが伺えます。

カテゴライズ的にはエレクトロニカ系のアーティストなんでしょうけどこの作品では前述の生演奏のストリングスやピアノの美しい音色を基調にした穏やかな楽曲が多い印象。ドラムンベースを使用していても楽曲の軸はあくまで美しさや透明感や浮遊感を演出することにあって、EDM的なダンサブルなグルーヴとかはあまり無い感じですね。従って非常に耳に優しくて聞きやすいサウンド。

収録曲はボーカル曲が4曲+インスト5曲の計9曲。+カラオケバージョン4曲。
アルバムタイトルに「Cytus」「Deemo」って冠してる時点でこの2つの音ゲーへの提供曲を収録したアルバムなのは当然か。8曲目のみ書き下ろしなのかな?
どの楽曲も当然ながらアマチュア臭など皆無の高品質なのですけど、特に印象的なのは3曲目の室内楽的な優雅さとか4曲目の情熱大陸的(?)なバイオリンソロとか、あとプログレ的に面白いのはラスト9曲目のボーカル曲っすね。穏やかなアンビエント系の楽曲かと思わせといて、1コーラス目のサビ前に突如サプライズで現れるカオティックなEDMパート。これは初めて聞いた時は誰でもビビると思いますよ。日常系アニメがいきなりホラーアニメと化すみたいな。ここまでダークな曲調とか全く無いですからね。

という訳でBGMにも最適な美しい音楽ばかりですがラストの不意打ちにだけはお気をつけください。

アリスシャッハと魔法の楽団「アリスシャッハと追憶の図書館」

2019-01-08_032338.jpg

http://alice-orchestra.com/

先日の冬コミ(C95)で初めて買ったサークル。
…なんですが、このサークルってメンバーがTokyo Babelのメンバーと共通してるから実質的にTokyo Babelの別名義ユニットだと考えてもいいのかな? このサークル始動と共にTokyo Babelのほうの活動は止まってるっぽいし。
ちなみに本作は2ndアルバムで、1stアルバムのほうは2017年秋に出てたっぽいんですがタイミング逃して買ってなかった…。ってかそもそもイベントで頒布してたのか?

Miliのメンバーが主催する「さいはてレコーズ」っていうインディーレーベルに所属してる(してた?)っぽいですが音楽性自体もMiliに近いですね。Mili好きな人なら問題なくハマれそうな感じ。
Tokyo Babelのほうが割と硬派でアーティスティックな方向性だったのに対し、このアリスシャッハは名前の通りメルヘンで可愛らしい雰囲気が主体で、民族音楽やミュージカル調など同人音楽ならではの要素が満載。
まあポップ化したのは確かなんですがTokyo Babelで培った芸術性や神秘性、同人音楽離れした圧倒的クオリティも当然ながら引き継いでるので決して個性を失って同系統サークルの中に埋没したって感じではないですね。単なるオタク音楽に留まらないハイセンスなアレンジが随所で光っている。

歌詞は全て英詞…なのかと思いきやアリス語という造語なんだそうで、ブックレットの歌詞にも謎の象形文字がずらーっと羅列されてます。造語詞のメリットはやっぱ意味を無視して100パーセント言葉の響きだけで歌を作れるとこなのかな。

収録曲はインスト曲無しで13曲のフルアルバム。どうやら大半の曲が音ゲーへの提供曲であるようで、本アルバム書き下ろし曲は数曲しかない? まあ自分は音ゲーやってないから全部初聞きだけど。
ってかこんだけ色んな音ゲーに採用されてんのは凄い。やっぱ今の同人音楽界は音ゲーと切っても切り離せない関係がある感じですね。

大半が音ゲー曲=大半がシングル曲みたいなもんだから当然ながら良曲ばかり。
特に2曲目、9曲目、11曲目、13曲目あたりが気に入ってます。
基本メルヘン系の雰囲気で統一されてるけどロック要素やEDM要素もバランス良く入ってるので一本調子では無いし聞き応えたっぷりです。

ボーカリストの赤川ねねさんの透き通った歌声は相変わらず素晴らしいですね。このアリスシャッハは可愛い系の楽曲が多いからウィスパー声が主体で、Tokyo Babelの時みたいに様々なタイプの歌唱を使い分けてる感じではなくてそこがちょっと勿体なくはあるけども。

ぱっちりひつじ「ゆめにっき2」

2019-01-08_032433.jpg

http://www.pacchiri-hitsuji.com/

音楽作品には2種類あると思うんですよ。試聴で断片的に聞いただけである程度の内容が把握できる比較的シンプルな音楽性、その反対に試聴だけではほとんど把握できない情報量多い音楽性。
まあどっちが良いとか悪いとかの話じゃないんですけどね。分かりやすさ、取っ付きやすさの問題ですね。

今回紹介する「みんなのうた」+「プログレメタル」な音楽性のぱっちりひつじはまさに後者のタイプ。試聴だけじゃこのサークル(バンド)の凄さは三分の一、四分の一すら感じ取れないと思う。だから是非とも試しに聞いて頂きたいんですよね。このバンドを雰囲気だけで判断して聞かずにスルーしてる人がめっちゃ多いと思うんで。凄いんですよこのバンドは。まじで。様々なアイディアや仕掛けが満載の音楽性なんで、例えこの雰囲気やプログレ要素に興味なくともきっと楽しめる部分があるはずだと思うんです。
3月開催の「幻想音楽祭」にも参加するみたいなんでその機会に買ってみるのはいかがでしょうか。

その幻想音楽祭に参加を表明するだけあって、ファンタジーにカテゴライズ可能な音楽性だとは思うんですけどね。ただ、同人音楽界隈で一般に思い浮かべるようなファンタジーとはちょっと趣きを異にする感じはあるかな。この界隈で需要のあるようなラノベ系、RPG系の厨ニファンタジーじゃないんですよねえ。もう全然オタク文化の外って感じのメルヘン風味っていうか。「みんなのうた」…NHK教育系…と言うにはちょっとホラーやグロ風味が濃いんで完全には当てはまらないと思うけど。まあとにかく独特。だからこのぱっちりひつじの「ファンタジー」が同人音楽リスナーにはあんまり刺さらないってのは正直あると思う訳ですよ。

それでもやっぱりおすすめしたい訳です。何故ならこの音楽は独特すぎて他じゃ絶対に聞けないから。ぱっちりひつじでしか体験できない音世界があるから。「替えが効かない」音楽性って最強だと思いません?

さて今回の待望の2ndアルバム「ゆめにっき2」についてですね。実はかなり紆余曲折の末に発表された作品です。
2015年リリースのマキシシングル「ドSピエロのボブ」以降3年半もの長きに渡って沈黙していたので、てっきりもう活動停止してしまったのかと誰もが思っていたことでしょう。個人的にも2ndアルバムへの期待は高かったんですがぶっちゃけほとんど諦めてました。
実際のところ、この2ndアルバムの楽曲は2014年の時点でほぼ出来上がっていて、レコーディングだけが出来ずに長い時間が経ってしまったようなんですが…まあ実質的な活動休止期間だったんでしょうね。しかしそのまま自然消滅なんてことにならずに無事再び活動再開してこんな素晴らしいニューアルバムを届けてくれたことにはほんと感謝です。

なので、3年以上かけて徹底的に作り込んだ作品って訳ではないみたいですが、でもその沈黙期間の間に各メンバーもそれぞれスキルアップしてたのではないかと想像しますし、やはり長い時間かけたのは決して無駄ではなかったのでしょう。1stアルバムと比べれば演奏の充実度は格段にアップしているし半端なく密度の濃い作品に仕上がっています。
プログレという観点から評価すれば今作のほうが圧倒的だと思うんですが、だからと言ってこの2ndアルバムが1stアルバムの上位互換とも言い切れないんですよね。ってのは、1stアルバムは世界観のぶっ飛んだ尖った楽曲が満載でしたし(特に「かみのけがとれた」の悪趣味っぷりと「あみずし」の気持ち悪さは半端なかったから…)そしてアルバム最後「ひつじ」に仕掛けられた衝撃的な「オチ」も秀逸でしたからね。それに対して今作は割と全体的にマイルドで聞きやすい方向性になってるっていうか? 一般向けとまではいかないけど、角が取れたような感じはあるかもしれない。
だから、完成度としては今作が上、コンセプトとしての突き抜け方では1stに軍配が上がるのかなぁと。それぞれの良さがあるってことですな。まあ、角が取れたって言っても他のアーティストに比べれば依然として個性的すぎるんですけどね。

収録曲数は11曲。トラックは12曲あるんだけど最後の12曲目はセリフだけの短いトラックなんでやっぱ11曲で。

1曲目「たいようのさいご~その1~」、イントロ的なインスト曲。デスボっぽい叫び声とかも装飾的に入ってるけど。「その1」と銘打たれてますがこれは3パートから成る組曲構成になってまして、それぞれがアルバムの頭と中盤と最後に配置されてます。とはいってもこの組曲の各パートは曲調バラバラだし音楽的には繋がりが希薄で、あくまでコンセプト的な役割を担ってる感じでしょうかね。
この「その1」は短い尺ながらも最もドリームシアター系プログレメタルな展開が聞ける楽曲です。

2曲目「ナナシザメ」、なんとアルバムの序盤からいきなり14分越えの大作。当然ながら作中のハイライト的楽曲です。
ちなみにマキシシングルの「ドSピエロのボブ」にも「ほんじつのニュース」という15分の長尺曲があったんですがそっちは曲の大半がアバンギャルドな即興演奏で占められているというある意味で長尺詐欺(?)な楽曲でしたが今回は違いますよ。きっちりと内容の詰まった正真正銘の長尺曲。
ってかこれはぱっちりひつじ最高傑作の楽曲と言っても差し支えないでしょう。今までになくシリアス寄りな曲調で、もはや海外のプログレバンドと比較しても遜色ないレベルに達した本格派演奏を聞かせるガチ曲。持ち味であるコミカルでシュールなテイストも最低限に抑えられてるんで必ずしもぱっちりひつじ「らしい」楽曲とは言えないかもしれないですがプログレという観点からしたらこれは到達点と言える完成度でしょうね。
みんなのうた+ドリームシアターと言われるぱっちりひつじの音楽性ですがこの曲における清涼感にあふれる叙情性はドリームシアターというよりかは北欧プログレ的ですね。ギターソロもキーボードソロも超絶メロディアス。
やっぱ今作の鍵を握るのはギターソロですね。アルバムの要所要所で泣きまくりな叙情リードギターが大活躍していてそれが今作のプログレとしての聞き応えの核となってる。1stアルバムはもっとキーボード中心だった気がするけど今作はギターの存在感が大幅に増してる。
14分の長尺ってことでもちろん複雑な展開もあるんですがどのパートも非常にメロディアスなので退屈な部分は全く無いですね。シリアス寄りな曲調とはいえ歌パートはいつも通り「みんなのうた」なノリだしそこも問題なし。ストーリーも明確で分かりやすくて良い。物語音楽的にも楽しめるんじゃないかな。

3曲目「ホラーティッシュのうた」、打って変わって陽気でポップな曲調。サビのキャッチーさも作中随一。ちなみに曲中に漫才みたいなノリのセリフパートがけっこう長めに入るので耐性の無い人には少々小っ恥ずかしい感じかもしれない。まあ長めにセリフ入るのはこの曲と次の曲だけなんでご心配なく(?)。最初に聞いた時はもし作中のセリフ率が高かったらどうしようって焦ったりもしたけど。

4曲目「ドSピエロのボブ」、マキシシングルで先行リリースされた曲のアルバムバージョン。シングルバージョンから細かい手直しされてるみたいですが一番の違いは間奏部分で入るセリフ。最初聞いた時はセリフいらねえだろって思ったけどこっちのバージョン聞き慣れちゃうと逆にセリフ無しバージョンが寂しく感じてしまうっていう。
楽曲についてはシングルの時も書きましたけどこれもぱっちりひつじ最高傑作候補。A.C.T系プログレポップをぱっちりひつじ流に解釈して極めたような完成度の高さ。

5曲目「ご・アマーモス」、もうタイトルの時点でシュール感あふれてて実際歌詞も難解だけど曲調はなかなかシリアス寄り。

6曲目「たいようのさいご~その2~」、3分ほどのインスト曲なんだけどこれがまたなかなかにやり過ぎっていうか、ゲイリームーアみたいなブルージーな泣きのギターソロの独壇場でぱっちりひつじの曲だというのを忘れてしまいそうなくらいシリアス。大作ナナシザメと並んで今作の「本格派」な方向性を象徴する曲。

7曲目「にぎゃにぎゃじゅむじゅむ」、7分近くの尺のある曲ということもあってやはりプログレ的な聞き応えのある楽曲。後半に向けて徐々に盛り上がっていく展開が素晴らしい。曲名も歌詞も訳わからんと思ってたけどブックレットのイラストを見てこれがDNAについての歌だと気付いた。

8曲目「ナノしば」、再び陽気なポップチューン。「ドSピエロ」ほどに極まってはいないけどやはり完成度の高いプログレポップ。1stの同系統曲「ぶらぶらねこ」辺りと比べても演奏やアレンジの鋭さが格段に増してるのを感じ取れる。

9曲目「ついらくせんようマシン」、なんと初の男性ボーカルメインの曲。歌詞がコミカルっていうだけで曲調は完全にシリアスなハードロックって感じですなぁ。
歌パートもカッコいいんだけど一番の聞き所はギターソロですな。まるでメガデスみたいな超メロディアスなソロ。

10曲目「かえってきたナナシザメ」、曲名通り「ナナシザメ」の再演的な短い曲なんだけどこれが切なさMAXなアレンジに仕上がっていてなかなか涙腺に来る。

そしてラスト曲「たいようのさいご~その3~」の感動的な展開へ見事に繋がる。この終盤の流れは完璧すぎますな。まあいわゆる人類絶滅ENDをシュールに描いたような世界観なんですが、全てのメロディがいちいち感動的すぎて感情を揺さぶられること請け合い。1stアルバムの「ひつじ」のオチも強烈だったけどこの壮大系エンディングも絶品ですね。

このぱっちりひつじはどの作品も共通してブックレットに各楽曲に個別のイラストが添えられてまして、そこからも世界観を非常に大事にしてるバンドであることが伺えると思います。
まあ本当に独特なんで、必ずしも物語音楽とか好きな層に刺さる雰囲気じゃないとは思うけど…それでも特に2曲目の大作や終盤の2曲の流れについては聞かないのは絶対に損だと断言したい素晴らしさなんで、もっと多くの人に知って欲しいと思いますね。コミケでの売れ行きは上々だったみたいですがそれでもまだまだ過小評価されてるように思えてならないので。

Shangri-La Motet「Rotkäppchen」

2019-01-08_032409.jpg

https://twitter.com/sumi3795/status/1075687093274238976

冬コミ(C95)新規サークルその2。こちらもクサメタル系ですよ。
キーワードは「壮大」。壮大シンフォニックサウンド好きなメタラーはマストなサークルだと思う。

とにかく壮大ですね。全編においてシネマチックな大仰シンフォニックサウンドが大活躍していてスケールのデカいメタルです。ここまで壮大シンフォニーを多用している同人メタルは意外に少ないんじゃないかなぁ。
いや他に類似品が無いってほど独特な訳じゃないですけどね。でもやっぱ方向性が尖ってるのは良いことだと思うんですよ。界隈で大絶賛されてるZemethを見ても分かる通り、中途半端にバランス取れた無難な音楽性よりも一つの方向性に振り切れた極端な物こそが需要ある気がするので。

曲構成は起伏に富んでいてドラマチック。疾走一辺倒ではないので速さこそ正義!みたいなタイプのメタラーには物足りないかもしれないですがプログレ好きな者にはこの緩急付けた展開は好印象。
ギターは全て打ち込みかな。本格派メタルを求めてる人には多少チープな音に聞こえる可能性あるけど、とはいえソロ部分も十分に作り込まれてるし、それにあくまでシンフォニックサウンドがメインだから大した問題ではなさそう。
ってか音ゲー界隈で大きな支持を受けるExistRuthのNoahさんもオール打ち込みギターのインストメタルで大好評を得てるから必ずしも打ち込みギター=低クオリティなんて図式にはならないんですけどね。

コミケwebカタログのサークルカットには「VOCALOID × 生声女性ボーカル シンフォニックメタル コンセプトCD」という文が記載されてまして、この書き方だとボカロと人間ボーカルの組み合わせで個性をアピールするタイプの音楽性なのかな?と事前に予想してたりしたんですけど、実際出来上がった音源を聞いてみた感じではこの組み合わせにはさほど重要性は感じられないかも。
今作で歌ってる女性ボーカルさん、普通に上手い感じなのでどうせならボカロ抜きで全編この方が歌ってたほうが良かったような気もしなくはない。中途半端にボカロと生声ボーカルが混じってると、ボカロメインで聞いてるリスナーからはボカロ曲だと認識されずにスルーされる可能性あるし、更にボカロ以外のリスナーからも避けられてしまう恐れはあると思うんで。

ってかこの女性ボーカルさんの声質は絶妙だと思うんすよ。線の細いアニメ声のようでありながらオペラティックなハイトーン歌唱も見事こなせてる感じで同人メタルに最適な歌声なのではないかと。正式メンバーでないのかもしれないけど出来れば次回作でも歌って欲しい。

収録曲は5曲。
1曲目はインストの序曲、2曲目は女性ボーカルのみ、3曲目&5曲目がボカロと女性ボーカルの混合、4曲目はボカロのみ、という感じ。
ちなみにボカロと女性ボーカル混じった曲では1コーラス目がボカロで2コーラス目が人間ボーカルっていう構成になってます。ボカロバージョンと人間ボーカルバージョンを両方聞きたいという需要に向けた構成…なのかもしれない。

初作品でありながら十分にクオリティ高くすでに完成の域に達している音楽性だと思うんですが、主催の方のツイートによれば今作完成後に新たにオーケストラ音源やクワイア音源を購入したとのことなので、次回作が大幅パワーアップするのは間違いなさそう。
次は他の追随を許さないくらいスケールのデカい「壮大」メタルを期待したいですね。

Earnest Ibis「First Impressions」

2019-01-08_032453.jpg

http://www.earnestibis.com/

「キャッチーでウィットでセンセーショナルなヘヴィメタル」
という盛りまくりなキャッチフレーズと共に現れた新規ボカロメタルサークル。だが決して誇大広告なんかじゃありません。実際、これは久々に出てきたメロスピ系の有望株だと思いますよ。ポテンシャル半端ない。全ての同人メロスパー&クサメタラーにチェックして欲しい。ボカロ聞かないメタラーにもおすすめ。
クサメロ&疾走なだけでなくソロパートが充実してるという点でもサタアラ、Pratanallisに続く同人メロスピの新星なんじゃないかと個人的には思ってます。

って、そもそもオリジナル同人音楽を熱心に漁ってる人じゃないと話の前提となるサタアラことSatanic a la modeとPratanallisを知らない人もいるかもしれませんね。
誰でも知ってる有名アーティストで例えるならば…初期ガルネリとAsrielを組み合わせような感じ…なのかなぁ。自分はそんなにAsrielっぽいとは感じなかったんだけど主催のirony_iroriさん自らAsrielを引き合いに出してたからやっぱ強く意識してるのは間違いないんじゃないかと。
とは言ってもAsrielとガルネリという各ジャンルを代表するレベルのビッグネームを足した音楽性なんて紹介すんのは新規サークルにはちょっとハードル高すぎるし気が進まないけど…。いや実際ガルネリっぽさはかなりあると思うんですけどね。こんだけドラマチックな展開のガルネリ的ソロパートを備えた同人メタルってそう多くは存在しないと思うんすよ。メタル「っぽい」とかメタル「風」の同人音楽とは完全に一線を画する、ガチ志向の「HEAVY METAL」ですよ。

初CDとなる本作は5曲入りEP。インストなしの歌物5曲、一発目としては十分なボリュームでしょう。
やはり最もインパクトが大きいのは先行公開された1曲目の「Reincarnation」。出だしこそ薄味ですが、Bメロから盛り上がり始めてサビではキャッチー&クサい「これぞ同人メタル!」といった感の強力なメロディ展開でガツンと決めてきます。この時点ですでにボカロメタルとして非凡な印象はあるんですがやはり本番はギターソロ&キーボードソロ。メロディアス&テクニカル&ドラマチックの三拍子揃ったハイレベルなギターソロとプログレ風味もあるシンセソロのコンビネーション。前述の「ガルネリっぽい」が決して過大評価ではないことを感じ取ってもらえるはず。新規サークルとは思えない本格派のオーラを纏ってると思う。

ただ、1曲目が強力すぎるので2曲目以降が多少影が薄くなってしまうのは仕方ないところかなぁ。
2曲目&4曲目はAsrielを意識した感じの切ない系メロの楽曲、3曲目は初期ガルネリっぽい勇壮爆走パワーメタル、5曲目はしっとりバラード。
もちろんいずれの曲もクオリティ高めなんですけど、やっぱこの新人離れした印象を主に担ってるのはギターですな。このギターの音色、同人メタルとしては完璧に近いって言っても過言じゃないほど理想的な音。速弾きピロピロはあんま無くてそれは打ち込みシンセに任せてある感あるけどむしろ無理な速弾きがないことによって演奏の安定感が得られてる感じ。普段ボカロ聞かない系メタラーもこのギターの音についてはきっと評価せざるを得ないんじゃないかな。それくらい強い。

まあ初作品ということもあって全体的なサウンドにはまだ拙さも残ってるんですけどね。ベースのミックスに関してもまだ迷いがあってベースの音量抑えたバージョンも合わせて公開されてるみたいですし。それらは今後の作品では改善されていくでしょうし些細なことでしょうけど。

このままボカロメタルとして活動していくのか、それとも人間ボーカルをフィーチャリングした作品にシフトしていく予定なのか。いずれにせよ期待したいと思います。これだけポテンシャル高いメロスピ系サークルは久々ですからね。

2019年あけおめです

平成ネット史とバーチャルのど自慢が同じ放送時間って一体どういう判断だよってツッコミたくなりましたが…まあ放送スケジュール決めてる偉い人がオタク的な事情知らないんでしょうな。平成ネット史では伝説的クサメタル曲である403のSouthern Crossが流れるってことで一部のメタラーが待ち構えてたみたいですがほんの一瞬しか流れなくて笑った。

http://www.m3net.jp/circle/
M3の締め切り10日までってことで…あと1週間しかないですし申し込みお忘れなきよう。平成最後のM3、今度こそ歴史的な大豊作になって欲しい。平成最後なんだしこれ以上の延期がないように願うばかり…。

https://twitter.com/diskunionMETAL/status/1079683330897993728
ディスクユニオンメタルの年間チャート…同人音楽出身のアーティストが上位に2つも。もはや日本のメタルシーンは同人音楽抜きでは語れないレベルまで来ている?
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析