M3まで1ヵ月

カタログ発売も明日か…早いもんですな。私事ですがカタログは最速ゲット出来ないかもしれないので記事にするのは来週になるかも。

そして新譜予定のサークルさん達の進捗も非常に気になるところですが、進捗ツイートを連発するサークルさんもいる一方で進捗を全く報告しないサークルさんもいて、後者については不安も少しあったりするけど…まあいちいちツイートしなくても順調に制作してるんだろうと信じて待ちます。
ていうか前者のタイプについても、余りにモチベーション高すぎて逆に怖いっていうサークルさんもいたりするけど…。モチベ高すぎて新要素を追加しまくった結果、方向性が前作と全く変わってしまい「え?? なんか期待してたのと違う…」ってなるパターンもあり得ますからね…。いやでもたぶん大丈夫でしょう。信じましょう。

https://twitter.com/floydyoyo/status/842001184248360960
ボカロプログレサークルのType-Y.O、アルバム出るのは朗報だけど頒布はボマス…。M3には不参加なのか…残念。あとでショップ委託で買うしかないか。それかダウンロード販売。boothだと無駄に手数料もかかるからiTunesだといいなぁ…難しいか。

https://answertothemomonga.tumblr.com/
アンサツモモンガはフルアルバム延期かぁ…。残念だけど、でも時間かけてクオリティアップしてくれるならそっちの方が良いですよね。ていうか公開されてるアルバム先行曲がDjentばりの複雑な刻みのリズムに加えて疾走感もあってめっちゃ良いやん…。これはまじでDjent好きなリスナーも注目すべきなんじゃないの? フルアルバムへの期待がますます高まりますな。

https://mpid.bandcamp.com/album/we-are-the-nintendocore-jp
Lost my Proust参加のニンテンドーコアコンピをリリースしたparallelogram recordsというチップチューンレーベル、どうやら閉鎖してしまうみたいですね…。チップチューン専門という異色な性質ゆえに運営も難しかったのかなぁ。
Lost my Proust参加のコンピ音源のほうはMercy Personality !s Darkのバンドキャンプアカウントのほうに再アップされてるのでもし聞いたことない方がいたら是非。参加してる3バンドの曲どれも素晴らしいですしおすすめです。


リンホラ新作の追加情報も来てましたけど神谷浩史さんと井上麻里奈さん参加か。リンホラ作品に声優ボイスが入るとは意外。っていうかこの2人が参加してて梶さんがいないっておかしい…。Neinにはいたのに。
もう進撃2期放送も直前なんですよね…。緊張する。紅蓮の弓矢という歴史的な名曲を越えられるのか。いや越えられないとして「劣化した」なんていう汚名を着せられないだけの名曲感は欲しい。リスナー層が限定されてるサンホラと違ってアニメの主題歌であるリンホラはアニメオタク全般からの評価に晒される訳ですから不安もありますよね。

Fukiさんの新曲もリリースされたけどアルバムにまとめて収録されるのを待てばいいかな。アルバム入るよね…?


アニメの話…。ご存知の通り、今期は結果的にけものフレンズとその他諸々っていう非常に分かりやすい図式になってしまってる訳ですが。まさか、けもフレが10年代を代表するアニメ作品にまで上り詰めるなんて…3ヵ月前に誰が想像し得たでしょうか。色んな意味でアニメ界に革命を起こしたと言っても過言じゃないでしょうね。
個人的にはアニメ界隈全体を包む熱狂に着いて行けず、遠巻きにブームを眺めてるような状態になってしまってますけど、まあけもフレは完璧な出来栄えという評価で絶賛の嵐だからいいんですよ。何の問題も無い。それよりもオルフェンズ…途中までは最高に盛り上がってたのにどうしてこうなってしまったんだ…。やり切れない思いでいっぱいです。
やっぱり致命的だったのはマクギリスの扱いですよね…。ラスボスポジションのキャラが実は無能キャラで、ラスボス機だと思われてたバエルが実は平凡なスペックだったとか…そんなの誰が望んてたんだよって感じ。ストーリーの中核をなすメインキャラの最期もひたすら適当だったし…「シナリオが雑」という定番のダメ出しがこれほどに似合う作品も他にないんじゃないかと。
でも最初から雑な脚本なんだったら簡単に諦めも付くんですけど、このオルフェンズは途中までは順調だったんですよ…名作になるのは確実だとさえ思ってたんです。だから余計に悔やまれてならない。むしろ脚本家が途中で降板したって言われたらすっきりするかもしれない。
ガンダムという巨大ブランドを背負った作品なのに…いや巨大ブランドを背負ってるからこそ敢えて視聴者の予想を裏切るような展開で行きたい狙いがあったのかなぁ。うーん…。
スポンサーサイト

NECRO POLARIS×SPARESPINE「Neodym」

2017-01-26_235230.jpg

http://sparespine.com/main.html

同人メタル界には様々なスタイルのサークルが存在する訳ですけど、その中でも「正統派」メタル代表と言えばやはりこのSPARESPINEですよね。
現代的なスタイルのメタルサークルが台頭する中にあって、こういう伝統的なスタイルを持つサークルも同時に存在することによってシーンの厚みも増す訳で、やはりこのSPARESPINEは確固たる存在意義を持っていると思います。

で、この昨年秋の新作はそのSPARESPINEとメロデスサークルNECRO POLARISが各2曲づつ担当したスプリット盤となっています。
スプリットって言っても、実はそのNECRO POLARISというのはSPARESPINEと同じく岩下タミさん主催のサークルなので、実質的には1つのサークルがちょっと趣向を変えた曲が入ってるっていうだけでさほど特殊性は無い作品なんですけどね。
そのNECRO POLARISはなんと4年も活動休止状態にあったようで、いや本体のSPARESPINEは活動してたんだから活動休止っていう表現もしっくり来ないけど、とにかく久しぶりの作品って訳ですね。ちなみに自分はNECRO POLARISの旧作は聞いたことないのでこれが初聞きです。

1曲目「The Infallible Rule」はNECRO POLARISサイドの曲。出だしこそアグレッシブなブラックメタル調ではあるんですが、リードギターが入るといつものSPARESPINE流のメロパワになるんで少しホッとするかもしれない? あまりにアグレッシブすぎるのも個人的にはちょっと苦手だったりするんで。
デスボイスはSPARESPINEのほうでも毎回お馴染みのハイトーンボーカリストJo'Lさんによるもので、ハイトーンだけでなくデスボも見事にこなせるとは驚き。迫力ある唸り声を聞かせてくれるのですが、サビではハイトーンのバックコーラスが入るし僅かながら歌メロもあるからデスメタルっていうよりかはダミ声ボーカルによるパワーメタルって感覚もあるかもなぁ。メロディックスピードデスメタル…みたいな? もちろん某エクスカリバーとは全然違いますけどね。

2曲目「Riot」、続いてNECRO POLARIS曲ですがこちらはもうちょっとメロデスらしい曲調。SPARESPINE本隊とは距離のある作風になってますが、バイキングメタルっぽい合唱パートがあったりでやはり純粋なメロデスとは違う親しみやすさがあるかな。

3曲目「星間寝台特急」、ここからSPARESPINEサイドですが、もう曲名からしてSPARESPINE流のSFテイストあふれまくりですね。過去作にも参加していた女性ボーカリストにとりさんがゲストで歌唱していますが、この方もすっかりSPARESPINEの「キャッチー系楽曲担当」のレギュラーに定着した感じありますね。曲調は「楽園の残響」シリーズの流れを踏まえた安定のSPARESPINE節。構築美のあるギターソロが味わい深い。

4曲目「天蓋の瞳」のボーカルはなんとボカロ。どうやらボーカルの収録が間に合わなかったそうで。でも演奏部分はばっちり完成してるしボカロバージョンのSPARESPINEっていうのもこれはこれで新鮮味があっていいかも?

正直なところ、自分はメロデスって普段あんまり好んで聞いてないものですからNECRO POLARIS再始動の報についてそんなに好感を持ってた訳でもないんですが、このスプリットで聞いた限りではSPARESPINE本隊のテイストが活かされた作風みたいだしちょっと安心しましたね。NECRO POLARISもSPARESPINEも共々アルバムが楽しみです。

VRAIN「Vaptism Of Mars」

2017-03-02_053613.jpg

http://vrain.jp/top.html

新ルール「リンク召喚」の導入によって物議を醸している遊戯王の新シリーズ「VRAINS」。
そのタイトルの元ネタとなったのが何を隠そうこのVRAINというメタルバンド

…な訳ないですよね…。遊戯王スタッフの中にこんなマニアックなバンド知ってる人間がいるとは到底思えない。どう考えても偶然ですな。
しかしながら、この遊戯王のタイトルがきっかけで「そういやそんな名前のバンドあったよな…」とふと思い出して試聴を聞きCDを買ったという人間が存在したりする訳ですよ。ここに。

というか名前だけなら以前から知ってたんですけどね、でもこのバンドはジャケがね…見ての通りB級の極みって感じですからね。それで敬遠してまともに聞いてなかったってのが正直なところです。
しかし改めて聞いてみると、実は演奏力はかなり高めだし楽曲の完成度も高く、そして何よりも同人メタルに通ずるアニソンメタル感が強いのが決め手ですね。同人メタルを聞く者としては避けちゃいけないバンドだったんだなぁと今更ながら。

このバンドの音楽性ですが、一言で言うとXJAPANフォロワー。かなり分かりやすい形でXを元ネタとするフレーズが多用されてます。Xのコピーバンドすれすれな展開もけっこう聞ける。
ていうか更に言うならSilent Jealousyフォロワー…そこまで限定しちゃっても過言じゃないかも。Xの代表曲の中でもSilent Jealousyに特化してオマージュ楽曲を作るバンドみたいなイメージ。Silent Jealousyリスペクトバンド。少なくともこのアルバムだけ聞いた感じでは。

こんな風に書くとオリジナリティが無くてどの曲も似たり寄ったりのつまんないバンドみたいに思えるでしょうが、実際はそうじゃないんですよね。確かにギターフレーズや楽曲展開にはSilent Jealousyオマージュが至る所に散りばめられてるんですが、しかし歌メロにこのバンドならではのオリジナリティがある。アニソン風のサビメロでしっかりXと差別化できてるし、各楽曲の個性も確立できているので似たり寄ったりな楽曲の寄せ集めになっていないんですよ。どの楽曲のメロディも秀逸な出来栄えで捨て曲はほとんど無いってくらいのクオリティ。
ボーカルは女性ボーカルなんですが、声質はCROSS VEINのボーカルから発狂ハイトーンを抜き去ってB級臭と昭和臭を付け加えたような感じ(?)。 まあ要はちょっと古めのB級アニソン的な雰囲気。キーボード兼任のボーカルみたいですが歌唱力は十分だと感じます。ていうかこの女性ボーカルさん残念ながらもう脱退しちゃったらしいですね…。

あと本家Xに無い要素としてはシンセサウンドの多用ですね。公式のプロフィール欄には「ネオドラマチックサイバーハード」なんて書いてあって、サイバーっていうキーワードからプログレメタル的な雰囲気を連想しちゃいますが実際のところは(少なくともこのアルバムでは)SFっぽい雰囲気とかは無くてあくまでシンフォニックメタルのイメージの範疇でシンセが使われてる感じ。このシンセの与えるB級クサメタル的な芋臭さがV系寄りな洗練した雰囲気を持つXJAPANとはまるで異なる印象をもたらしてます。
あとはバックコーラスですね。これもB級クサメタルな雰囲気を助長してますが、クレジットを見るとCROSS VEINのメンバーがコーラスで参加してるんですよ。言われてみればCROSS VEINっぽさがある。このバックコーラスが何気に重要な役回りを演じていて、ともすると薄っぺらくなりがちなクサメタルサウンドに厚みとスケール感を付与しています。

2曲目、3曲目、及び7曲目はどれもSilent Jealousyをベースにしつつそこにキャッチーなアニソンメロディを乗せたドラマチックな構成と爽快感ある疾走を聞かせる楽曲が並んでます。もちろん単にSilent Jealousyをコピーしてるだけではなくオリジナル要素もあるし各メロディも秀逸なので全く退屈はしません。前述のようにバックコーラスも重要な要素。

4曲目、7曲目はかなりテンポ速めで、特に7曲目「Niagara」はブラストビートに近い爆走を聞かせるアグレッシブなナンバー。どうでもいい事ですがこの曲の「ナイッ!ナイッ!アガラッ!」ってコーラス聞いてると某杉浦綾乃を思い出す…。

5曲目は「バラエティ担当」のシャッフルビートジャズ風で…毎度毎度のように言ってますが個人的にあんまり好きでない曲調ですがツインリードの間奏の浮遊感が気に入ってますね。

6曲目「Vampire Kiss」は今作最長の7分越えの長尺曲だけあって曲展開も割と複雑でプログレメタル感あり。Xで言えば「Rose Of Pain」ポジションの曲か。中間部でシューベルトの魔王を引用した展開も出てきます。
9曲目も徐々にテンポ上がっていくドラマチックな構成ですな。

ラスト10曲目もXのバラードをリスペクトしまくりな展開。オリジナリティは無いけどやっぱりこのハモり倒すツインギターの間奏はたまらん。

こういうXリスペクトなメタルを聞いてると改めてXの圧倒的な偉大さを思い知らされますが、でも本家Xって実はけっこうバラエティに富んでるし、YOSHIKI曲以外はあんまりクサメタラー向けな曲調じゃなかったりするんで、このVRAINみたいにXのクサメタル的に美味しい部分だけを抽出した純度の高い音楽性っていうのは案外メタラーにとって重宝するものなのかもしれませんね。

いずれにせよ、演奏クオリティも楽曲クオリティも共に高く、Xフォロワーとしてもアニソンメタルとしても非常に良質な内容の作品になっていますのでおすすめしたいです。名前は知ってるけどジャケで敬遠してスルーしてたっていうリスナーは他にもいそうな気がしますし。
ていうか遊戯王VRAINSでこのバンドを主題歌にして欲しいなぁ…無理ですね…はい。

Octaviagrace「Outward Resonance」

http://www.octaviagrace.net/

ご存知Roman so Wordsの己稀さんが在籍するテクニカルポップスバンドの1st「フル」アルバム。っていうか最早このOctaviagraceの知名度はロマソ越えてそうですけどね。今や実稀の名義のほうが有名なのかも?

リリースは昨年の10月、リリース時がM3前の時期だったこともあり時間なくて簡易感想しか書けなかったんでいちおう記事にしておこうかと。
そういやBABYMETALの2ndアルバムも簡易感想しか書いてなかったな…でもベビメタのレビューなんていくらでもあるから別にいいか。

ちなみに、iTunesで購入してしまったんで最近恒例になってるジャケ写真は無しです。ぶっちゃけこのアルバムはジャケが最大の魅力だと言ってしまいたくなるくらいにはジャケが秀逸なので是非とも見て頂きたいんですけどね。VOFANさんの手がけた美麗イラストはコミケで売っても良さそうなほどのオタクテイストを持ちながらも一般人をキモオーラで遠ざけない普遍性も持ち合わせていて本当に素晴らしい。これは同人CDの観点から見ても指標になり得る傑作アートワークだと思いますね。

で、肝心の中身の音楽については、簡易感想でも書いた通りちょっと微妙なライン。
ミニアルバムでありながらも非常に濃密な内容であった過去作2枚に比べると、今作はフルアルバムで曲数が倍増したことによって明らかに内容が薄まってしまってる。というか単純にキラーチューン級のインパクトの曲が少ないと言わざるを得ない。前作「RECOLLECT STORIA」なんて収録曲4曲ともキラーチューンもしくは準キラーな強さを誇っていたというのに。
あと、心なしか過去作より音が軽くなってるようにも感じるし、従来のテクニカルメタルな印象が後退してしまってるかも。まあそれは一般層の開拓のために意図的にやってる可能性もありますが。
さらに、フルアルバムということもあって今まで無かったジャズっぽい曲調や民族っぽいリズム取り入れた曲など割とバラエティ豊かな作風になってるんですがそれによって散漫な印象も強まってしまってるんですよね。
で、トドメはボーナストラック。1st EP収録の名曲「Dramatic Quiet」のアレンジバージョンが収録されてるんですが、皮肉なことにこの過去曲のきらびやかなオーラと新曲の小じんまりとした雰囲気が対比されて余計に今作の曲が地味に感じられてしまうんですよ。

と、ネガティブな印象を書き連ねてしまいましたが決して駄作という訳ではありません。あくまで過去作と比べると地味っていうだけで、今作も高水準に位置する作品であることは間違いないかと。何度も聞いてれば味が出て来るスルメ作品。でもやっぱりキラーチューンが足りないっていうのは否定し難いところではあるんだけど。キラーがあと2曲くらいあればアルバム全体が引き締まったと思うんだけどなぁ。

序盤の1曲目~3曲目あたりは従来のOctaviagraceのイメージを完全に踏襲したテクニカルな演奏とキャッチーなメロディを合わせ持つ楽曲が並んでます。元々からこのバンドはメタルというよりかは「テクニカルなJPOP」という趣きの濃い作風だったと思うんですが、今作では音が軽めのプロダクションになってることも手伝ってJPOP的イメージに拍車がかかってるかな。まあ自分は音圧とか速さを求めるメタラーじゃないからJPOP的でも一向に構わないんだけど、でも単純にメロディが過去作に劣ってるというのは否めないかなぁ。ドラマ性も足りないというか。いや普通に良い曲なんですけどね、過去作が良すぎただけか。てかオクタビアはLIGHT BRINGERみたいにFukiさんの超絶ハイトーンでねじ伏せる…もとい歌メロに絶大な説得力を持たせるっていう芸当が出来ないから作曲の出来が余計に重要になってくる感じか。己稀さんもめっちゃ上達したと思うけどメロディの持つポテンシャルを積極的に引き出せるってほどの力はまだ持ってない気がするし。

で、4曲目は問題作…ってほどじゃないですが、民族調の8曲目と共に「バラエティ感」の主犯となってるジャズ調の曲。この4曲目と8曲目を許容できるかどうかで本作の評価が分かれそう。いつも言ってるようですが個人的にはこの歌謡ジャズ調がどうも苦手なものでしてどうしても印象がネガティブに傾いてしまう訳ですが、でも当然ながらこういう曲調が好きなリスナーも多いはずだと思いますしまあ結局は好みの問題っすな。ちなみに8曲目の民族調もあんまりピンと来ないんだけど両曲ともシンセによるプログレメタル風の間奏は好き。

そして5曲目「リベリオン」はメタラー待ってましたの疾走クサメタル曲。小賢しいプログレ要素は抜きのストレートな爽やかツーバス疾走。これがアルバムのハイライトだと思ってるリスナーも多いはず。
でも…個人的にはこの曲も絶賛は出来ないんだよなぁ。っていうのは、こういうクサメタル系の曲ってやはりRoman so Wordsの十八番な訳で、ロマソと完全に同じ土俵に立っちゃうとOctaviagraceは分が悪いんだよなぁ。あっちは何週間も大鍋で煮込み続けた超濃厚な豚骨スープみたいなクサさな訳じゃないですか、それに対してオクタビアはずいぶんとあっさりしてるんだよねえ。この曲はオクタビアの持ち味であるテクニカルなアンサンブルも控え目なので差別化も出来ずロマソのインパクトには届き得ない感じ。
7曲目のほうも、疾走度は少し低いけどクサメタル系っていう意味では同じ系統か。こっちのほうが5曲目よりクサさ濃いめだから比較的好きな感じかな。テクニカル要素はやはり抑え目だけど。

個人的に今作で一番気に入ってるのはボーナストラック除くラスト曲「Emerging oath」で、そうそう自分がOctaviagraceに求めてるのはこれだよ!と膝を打ちたくなるほどツボにハマる切なくキャッチーなメロディが展開される爽やかロックチューン。しかしこの曲も音が軽いせいで過去作のキラーチューンには一歩及ばない感あるんだよなぁ…。メロディは文句なしに最高なんですけどね。

そんな感じで、悪くはないんだけど薄味な印象の拭えないフルアルバムなので、初めてこのOctaviagrace聞くっていうリスナーにはミニアルバムの「RECOLLECT STORIA」もしくは「RESONANT CINEMA」をおすすめ致します。2作ともめちゃくちゃ濃厚ですので。
もちろんこのフルアルバムもハズレ作品って訳じゃないんですけどね。一般的評価は全く低くなさそうだし。プログレメタル要素が邪魔くさく感じるリスナーやバラエティ感を求めるリスナーなら今作のほうが気に入る可能性あるかな。ジャケもめちゃくちゃ良いし。

リンホラアルバム5月17日

え、2ヶ月後?? 早っ。
まあリンホラのアルバムが近々出るんだろうなってのは薄々予想してたし箝口令とか出た時点でアルバムのことかなと気付いてましたけどね。でも2ヶ月後ってのはびっくり。進撃2期の真っ最中に出ることになる訳だけど2クール目の主題歌も入るのかな? てか2クールなんだよね?

自分はサンホラもリンホラも問わずいつもRevoさんの生み出す作品には絶大な信頼を置いていたのですけど、2年前の「Nein」では特殊なテーマ性のせいもあってかメロディにいつものような切れ味がいまいち感じられなかったこともあったんで今度のアルバムもちょこっと不安はあったりするんですが、でもこの沈黙期の間にメロディのアイディアもだいぶチャージ出来たんじゃないかと思うし大丈夫そうかな。
何はともあれめちゃくちゃ楽しみであるのは間違いない。

それにしてもM3直撃を回避できたのは良かった…。M3直前にサンホラorリンホラのアルバム出たりするとテンションがカオスになってしまってサークルチェックに集中できなくなりますからね。今度のM3は豊作確定なんだしほんと衝突しなくて良かった。

そういやローランの皆さんのツイッターアイコンがみんな同じになっててめちゃ面白いことになってますね。まじ誰が誰だか分かんねえ。

Release hallucination「Chronostasis」

2017-03-02_053901.jpg

http://releasehallucination.com/

という訳であえて後回しにしておいた(?)同人メタル界の真打ち、オリジナル同人メタルの「頂点」、リリハルことRelease hallucinationの秋新作ですね。
もはや今のリリハルは凄すぎて、「頂点」とか「神」みたいな行き過ぎな言葉を安直に使ってしまいたくなるんですが実際のところ過剰表現でも何でもないと思うんですよ。ほんとに凄いんですから。

ご存知のように同人メタル界にはアマチュアレベルを越える超クオリティのサークルがいくつも存在するんですが、そういうサークルって大抵の場合プロの領域のアーティストが副業のように同人活動してるってパターンだと思うんですよね。同人出身のプロが同人のほうも継続してるってイメージ。
対してリリハルは今に至るまでずっと同人イベントを中心にして活動してる訳で、同人サークル以外の何者でもない。その同人純度(?)の高いサークルがここまで圧倒的ハイレベルな音楽を生み出しているというのは驚愕に値しますよね。加えて、アレンジ音楽を通過していない最初からオリジナルで出発したサークルであることも箔を付ける。
更に、同人音楽という限定的な界隈に軸を置いたサークルでありながらもデジタル配信を充実させまくってワールドワイドな領域に進出しようとしてるんですから凄まじい。まるで同人音楽というジャンルの限界に挑戦してるかのようにさえ感じる。

もちろん、これだけの実力を持ってるにも関わらず同人音楽の領域に留まり続けることについては必ずしも良いことばかりではないだろうし、ファンの中にはリリハルにもガチなバンドのようにライブ活動やって欲しいと願ってる人もいるでしょうから難しいところではあるんですが、でも個人的には「同人サークルとしてのリリハル」がどこまで行けるかを見てみたい気もするんですよね。

さて、この新作シングルの内容についてですが…まあはっきり言って「最高傑作」ですよね。リリハル史上最高クラスのキラーチューンが2曲も入っており絶大なインパクトを内包してます。この充実度は過去最高であるのは間違いない。
3曲マキシシングルを最高傑作扱いにするってのはどうかなと思いつつも、でもこのシングルの収録曲って全て7分前後の大作なんで実質的にミニアルバムみたいなもんだと思うんですよ。1曲あたりの情報量もいつも通り半端ないので満腹感も相当ありますしね。

1曲目のタイトル曲「Chronostasis」から圧倒されまくります。エフェクトかかったemiさんの歌唱による静かな出だし、ここでうっかり音量を上げてしまうとその後に洪水のように押し寄せる重低音リフの荒波に押し潰されることになります。この音圧やばすぎでしょ…これが同人音楽???ってなるレベル。いやはや本当に凄まじいインパクト。前作で音圧が上がった印象あったけど更なる進化を遂げてる気がする。
Aメロに入ってもゴリッゴリな重低音リフは続き、これはプログレメタル系リスナーだけでなく音圧を重視するメタルコア系リスナーも魅了しそうなほどの迫力。実はドラムはそんなに疾走してる訳じゃないのにギターリフの生み出す尋常でないグルーヴによってめっちゃ速く聞こえるという。
その分厚いギターサウンドと対になるのがemiさんのボーカル。前作の「Keep the Memories Brilliant」でエモーショナルな歌唱スタイルを開花させた感あったemiさんですけど今回は更なる安定感を獲得してる。emiさんは前身のPHANTAS-MAGORIA及びリリハル初期の頃は良くも悪くもクールで淡々とした歌唱スタイルを持ち味にしていたと思うんですが、現在は楽曲に応じてクールな歌唱と感情的な歌唱を使い分けられるスキルを確立した感ありますよね。
そしてリリハルサウンドの醍醐味と言えばもちろんkaorinさんの超絶テクニカルなギターワーク。今回も長めの間奏パートを使ってドラマチックな展開美を聞かせてくれます。複雑でありながらも退屈さとは無縁のスリリングな展開が続く。
エクストリームメタルに通ずる激しさと重さ、プログレメタル的な緻密に計算された展開、そして同人音楽的なキャッチーで親しみやすいメロディ、その全てを完璧に備えた無敵の楽曲でございます。これは新たなリリハルの代表曲っていうだけでなく、現在の同人メタルシーンを象徴する楽曲になり得るってくらいの堂々たる風格があると思う。きっとこれ聞いたらこのサークルが同人メタルの頂点って感じる人多いでしょう。

2曲目「醜い嘘と僕」はリリハルの標準的バラード曲と言えそう。1曲目と3曲目が強烈すぎるんでちょっと地味な印象もありますがリリハルらしい魅力が聞ける曲ですね。

3曲目「Cure」、これもまた半端ないキラーチューン。1曲目のほうが速さと重さ及びキャッチーさにおいて過去最高を示した楽曲だったのに対してこの3曲目はテクニカルな演奏とプログレメタル的な構築美においてリリハル過去最高を達成したと言えそう。
リリハルは作品を重ねる毎に着実にファン層を拡大させてると思うんですが、そのファンの中には「ドリームシアターって何? プリパラ? 東山奈央のラジオ?」ってくらいメタルに疎いリスナーも居ると思うんですよ。更に言えばメタラーであっても速さと重さとメロディさえあればいいっていう非プログレ系リスナーも多いでしょうから、リリハルにプログレメタル性を強く求めてる自分みたいなリスナーってひょっとすると少数派かもしれないって思うんですよね。にも関わらず、リリハルはニッチなリスナーしか求めてないようなプログレメタル性を捨てるどころか過去最高にまで高めて来たという事実、この全くブレないスタンス、これは大きな称賛に値すると思うんですよね。
この曲のテクニカルでカオティックでありながらもドラマチックさを兼ね備えた楽曲展開って「Dystopia」の2曲目「Dysmnesia」を想起させるところはあるんですが、あの頃に比べるとサウンドプロダクションもemiさんの歌唱も段違いに進歩してるから完成度では圧倒的に勝っていますが、でも楽曲自体は甲乙付けがたいかな…Dysmnesiaは未だにリリハルで一二を争う名曲だと思ってるんで。
タッピングを多用した浮遊感あるテクニカルフレーズを基軸としながら進行していきますが、四つ打ち系グルーヴも一部で取り入れられていて単なるプログレメタルの枠に収まらない音楽性を聞くことが出来ます。
やはり聞き所は後半、テクニカルな展開がぎっしり詰め込まれた間奏→カオティックなリフとBメロの絡み→エフェクトかかったサビ→エモーショナルなギターソロ→転調したサビの流れは至高。リリハル史上最高にドラマチックな展開と言って過言でないかと。

そんな訳で、同人メタルの頂点を極めるような超キラーチューンが2曲も入っているこのシングルはリリハル入門用にも打って付けだと思うし、さらに言えば同人音楽をよく知らない一般メタラーの同人メタル入門用にも最適かもしれない。是非ともこの圧倒的クオリティを聞いて衝撃を受けて欲しい。同人メタル=東方アレンジという未だに残ってそうな偏った認識を葬り去るだけの力を備えた作品だと思う。あんきもやドラガだけじゃないんすよ今の同人メタルは。

Endorfin.「Horizon Note」

2017-03-02_053927.jpg

http://endorfin.jp/

澄み渡った甘々な歌声が売りの人気女性ボーカリスト藍月なくるさんを擁するサークル「Endorfin.」の1stアルバムですね。リリースは昨年春、もう1年も経ってるのか。

昨年の春M3はメタル系が少しばかり物足りないラインナップだったんで(結果的には豊作だったんですがあくまでイベント前の時点での印象ですね)、それでメタル系以外でも何か買おうかなぁとチェックしてる時にこのサークルの試聴に出会い、たまにはポップス系サークルも買うべきかなと軽い動機で購入してみた次第ですがこれが大当たりだった訳ですね。

音楽性はというと、きらびやかなシンセを多用したエレクトロニカポップス(メタル要素は無し)なんですが、身も蓋もない言い方すればエロゲソング系。もしくはエロゲ原作のアニメの主題歌、そっち系のイメージの範疇の音です。I’veとか好きな人なら高確率で気に入りそうな作風。
特筆すべきはもちろん藍月なくるさんの歌声で、DTこ…もとい透明感ある甘ったるい歌声がたまんないですねえ。同人音楽界にこの手の甘々ボイスの持ち主は数多くいるけど他と一線を画するだけの実力と存在感があるのは間違いない。ゴシック系のロリボイスとは一味違って闇を抱えてないすっきり明るい雰囲気なのも良い。現在の同人音楽の女性ボーカリストの中で最も「推せる」人かなぁと。

藍月なくるさんはこのEndorfin.以外にもソロ作品を発表していて、そのソロアルバムもAPOLLOのときにDL購入で聞いてみたんですけども、そちらもそれなりに良い内容ではあったんだけどこのEndorfin.に比べると何だか物足りないというか、楽曲が藍月なくるさんの歌声を活かし切れてないようにも感じました。歌声を活かし切れてないっていうのは藍月さんがゲスト歌唱している他サークルについても同様でして、裏を返せばそれほどにこのEndorfin.が藍月さんの声の持つポテンシャルを最大まで引き出した楽曲を作ってるってことなんですよね。自分みたいにこのアルバムがきっかけで藍月なくるさんに注目し始めたリスナーは他にもけっこういそうな気がする。

収録曲は総じてクオリティ高めなんですが、1曲目「Horizon Note」と2曲目の「桜色プリズム」、この2曲が突出した良曲すぎて他の曲の存在が霞んじゃってると言えなくもない。藍月なくるさんの甘い歌声をこれ以上にない程に活かし切った歌メロ、キラキラ爽やかなシンセを中心とした完成度高いアレンジ、夏をイメージしたエロゲ系の主題歌に打って付けと言えそうな雰囲気を持ち、文句の付けようのない名曲感を備えてますね。(画面越しの)青春の甘酸っぱい匂いが満ち溢れてる感じ。完璧すぎるオタクソング。こんだけ主題歌オーラが強烈なのに何のゲームやアニメにも採用されてないのか? ちょっと不思議なほど。

最初の2曲が突出した名曲なんでこれ以降はちょっと地味なイメージが無きにしもあらずだけどもちろん捨て曲はないです。
3曲目「Luminous Rage」はアップテンポでけっこうソリッドなギターリフも入ってるからこのアルバムの中では割とメタラー向けな曲と言えそう?
4曲目はナレーション入りのインスト曲でいかにも同人音楽といった感じ。

5曲目「Spica」、これは音ゲーの提供曲らしいんですがそれも納得の出来ですね。1曲目ほどの高揚感はないけどやっぱり良い曲ですよ。
6曲目「コトノハ」、バラード系で綺麗なメロディラインが際立っております。
7曲目「海月」、このアンビエントっぽいAメロの展開も良いですな。

ジャケは典型的なエロゲ系の絵柄。内容がエロゲソング系なので当然ながらこの上なく合ってます。うちのいつも買ってる同人CDってメタル系ばっかりで美少女ジャケ率あんま高くないんで何気にこういうベタな絵柄は希少だったりする。

非常に良質なオタクポップソング作品です。メタラー向けな音楽性ではないと思うけどわざわざM3やコミケ行くような人は十中八九オタクだろうからほぼ誰にでもおすすめ出来そうな感じではありますね。特に1曲目と2曲目は全ての同人音楽オタクが聞くべき名曲かと。

はるまきごはん「BLUE ENDING NOVA」

2017-03-02_053805.jpg

http://nova999.webcrow.jp/

このブログのスタンスとしては、東方アレンジサークルについては基本的にオリジナル作品を出すまで待つつもりなんですけど、ボカロサークルについては別に避けてる訳でもないし人間ボーカル作品を出すまで待つ必要なんて全く無いのでもっと積極的に漁らないといけないよなぁと常々思いつつも結局APOLLOの時くらいしかチェック出来てないのが現状だったりする訳です。

で、この「はるまきごはん」っていう美味しそうなネーミングのボカロサークルは秋APOLLOの時に知って冬コミでアルバム購入した感じなんですが、非常にハイセンスな音楽やってるボカロPですよねえ。

音楽性は…邦ロック系サウンドですね、エモい系ロック。ボカロックでありがちなシンセの過剰装飾でチャラくなってる感じではなく、ギターサウンド中心のシンプルなロック。しかしシンプルでありながらも緻密に作り込まれたサウンドでかなり聞き応えあります。ボカロ苦手なリスナーでもギターサウンド聞いてるだけで楽しめそうってくらいに完成度の高い音作り。

もちろん歌は全てボカロなんですが、エフェクターによって独特な音に加工されたボカロの歌声がエモさを醸し出してる。ボカロの無機質な歌声をここまでエモーショナルに響かせることに成功させてるのは凄いなぁと。

収録曲が13曲もある大ボリュームのフルアルバム。全編を通してジャケのイメージ通りの「青」「星空」的なイメージが通底しているのも素晴らしいですね。ちょっと曲数が多いのでざっくり紹介しますと、

1曲目「泣いてしまいたいのは」、アコースティックバラードな小曲。
2曲目「ラストライト」、邦ロック然としたキャッチーなギターフレーズと高音メロによる美しく透明感あるサビメロのコンビネーションが素敵。
3曲目「サイレンは彼方より」ではうねるようなギターフレーズの生み出すグルーヴが印象的で、やはりサビはキャッチーでエモい。

4曲目「アトモスフィア」、グルーヴィーなギターフレーズにテクニカル感あるかも。ベース音もバキバキ目立ってる。
5曲目「サマーアリス」はクリーントーンのギターによるポストロック的フレーズが特徴的。歌メロは可愛らしい。

6曲目「フォトンブルー」、クリーンのギターによる爽やかさが際立つ曲。ギタープレイの巧みさも感じ取れます。
7曲目は繋ぎのインストで、8曲目「銀河録」がこのボカロPの一番再生数の多い曲? やはり高音のサビメロがエモい。
9曲目「カルデネ」、これもグルーヴィーなギターリフ。何気にマスロックに通ずるようなテクニカルフレーズ刻むリズム隊。

10曲目「宇宙分解」、この曲もクリーンなギターの刻む緻密なフレーズが耳に残る。
11曲目「November」、絡み合うボカロのハーモニーとディレイのかかったリフの心地よさ。

12曲目「ネオンノクチューン」、この曲だけ異色で、EDMなキラキラシンセをメインに据えたエレクトロな曲調。
13曲目「ルナ」、ラストは可愛いメロディのスローチューン。後半ドラマチックに盛り上がる。

ちょっと似たタイプの曲が多いんで後半ダレるのは仕方がないところなんですがクオリティめちゃ高いのは間違いない。世界観も素晴らしいし、万人向けなボカロ作品なんじゃないかと思います。エモいギターロック好きなリスナーには特におすすめ出来そう。

地球ists.

https://twitter.com/earthistsjp
って事でEarthists.の1stアルバム「Dreamscape」フラゲして聞いたんですが、すげえバンドだというのは聞く前から分かり切ってたんですが実際にアルバム聞いてみると本当にとんでもないバンドだと思い知らされました。
演奏テクニックもサウンドプロダクションも余りにもハイレベルすぎて、聞いてる途中で日本のバンドだということを忘れてしまいそうになる程の凄まじさ。こりゃ改めてERRAやafterimageと同じ海外レーベルと契約するのも当然の成り行きだなと。

しかも、テクニカルに次ぐテクニカルな展開で埋め尽くされてるにも関わらず難解な印象は抑え目で、キャッチーさが際立ってるのも特筆すべきポイントかと思います。キャッチーと言ってもクリーンボーカルの歌メロがキャッチーって訳ではなく…はっきり言ってクリーンボーカルはオマケ程度の存在感なんですよね。基本的に世界レベルのクオリティなんだけどクリーンだけは稚拙さが残ってて、そこだけ日本のバンドっぽさがあるかもしれない。まあボーカルについてはもう遺伝子的な差があると思うし海外バンドと同じって訳にはいかないですよねえ。
しかし、それを補って余る程にギターフレーズがめっちゃキャッチーで聞き所が満載なんですよ。超絶テクニカルなんだけど必要以上に変態的な方向には傾かず、あくまでキャッチーで聞きやすい。先行公開されてた「Resonating Light」に象徴されるような前のめり?で明るくグルーヴィーなリフがアルバムを通して多用されてます。重さに特化した曲やダークな雰囲気の曲は少ない。
てかこのResonating Lightは例のイケメン天才ギタリストichikaさんがゲストでギターソロ弾いてるけど突然クリーントーンのタッピングがピロピロ入ってくるからけっこう意表突かれますよね。そういや激ロックのインタビューにichikaさんが元abstractsって書いてあったんだけどマジっすか…。abstractsってどんだけ天才抱えてたの…。
紹介記事にこのバンドがネイチャーコア?なるジャンルを自称してるって書かれてたから名前の通り地球をイメージした壮大なアンビエントパートが多用されてんのかなぁと事前に想像してたんだけど実際のところそんなにアンビエント要素は無いっすね。フュージョン系インストDjentな曲が真ん中に配置されててそれが良いアクセントになってるけど。基本的にテクニカル&キャッチーで音がギッチリ詰まってる感じで「大自然系Djent」って雰囲気ではないかな。あとジャズっぽいオサレなピアノの音を取り入れた曲もいくつかあるけど打ち込み感がある音色でちょっと惜しいかも。

海外志向のバンドだから日本のバンドならではの魅力は多少希薄かもしれないし突き抜けた個性があるって訳じゃないんだけど、とにかく邦楽離れしたワールドワイドクオリティに圧倒されまくるし、そしてキャッチーなリフの多用によって普段テクニカルメタル系を聞かない人にも敷居も低い音になってるかなと思います。割と似たタイプの曲が多いにも関わらず途中でダレたりしないし、捨て曲もほぼ無くて全編を通して安定して楽しめるという本当に充実した凄い作品。
ただ、音楽は凄いけどジャケだけちょっと残念だなぁとか思ってたんですけどこのデザイン担当してるのPLINIのジャケ手がけてる人なのか…まじかよ…。PLINIのファンタジックで素敵すぎるジャケと比べるとずいぶん差がないですか…?


https://twitter.com/TOWER_Anime/status/839319172471349248
M3カタログ発売日は4月1日で確定かな。まさかタワレコのアカウントで判明するとは。タワレコに行くような層にも浸透するほどにM3がアマチュア・インディーズ音楽における総合的なイベントに成長したらいいなぁと常々思ったりするけどそうしたらビッグサイトで開催しないとスペース足りないっすよね…。

リンホラ新曲は4月2日

「心臓を捧げよ」…今回はまた驚くほどにストレートなタイトルですねえ。「紅蓮の弓矢」が比喩的な表現だったのに対して今回のは劇中の言葉をそのまんま使用ですからね。分かりやすいことは良いですよね。うん。原作をめっちゃ尊重してるってのも伝わってくるし。
でもまあRevo先生のことですから内容もストレートで分かりやすいってことは無いと思いますけどね…。歌詞はいつも通り要考察、そして例によってまた2番で全然違う曲になるパターンでしょう。さすがに「心臓を捧げよ」と書いて読みがドイツ語ってことはないと思うけど…たぶん。
果たして、アニソン史に残る名曲となった紅蓮の弓矢を越えることは出来るのか?個人的には紅蓮の弓矢って「越えられない壁」ってほどに超絶名曲ではないと思ってるんで(紅蓮より好きなRevoボーカル曲はいくつもあるし)、越えるのも可能かなぁと思ってるんですけどね。まあ紅白2度目は難しいだろうけども…。
そして配信が初回放送の直後という配慮もまた嬉しい。他のアニメって主題歌の発売が放送開始の1ヵ月以上も後とか普通ですしね…。その時間差のせいで興味が冷めてしまう訳で。他アニメも見習って欲しい…。
いずれにせよ、久しぶりのRevo新曲なのでほんと楽しみです。この沈黙期の間にさらなる進化してたり?


ネット上の同人音楽イベントAPOLLO、次回は6月らしいですね。今年は2月開催は無理だったか。まあ年に3回ペースはキツいっすよね…主催側としてもサークル側としても。リスナー的には冬コミと春M3の間の空白期間である2月にこそやって欲しかった気もするんですが。
ちなみに私事なんですが6月の開催当日には暇があんまり無さそうなんでプレビュー期間にチェックすることになりそうかな。

そういや、誰でも投稿できる同人音楽ニュースサイトとかいうのが最近出来たらしいっすね。なるほど面白そうな試み。例のボカロ系メインのレビューサイト運営してる人が作ったサイトだけあって今のところボカロ系の情報が多めな感じか。ジャンルごとに分けて情報得られるようにしたらイベント前に役立ちそう?
ちなみにうちのブログは…比べるのもおこがましいかもしれませんが、ニュースサイトとは程遠い超個人的ブログですね…。個人ツイッターとあんま大差ない。まあでも自分の好きなようにやってるからモチベーション保ててるってのもあるんですけどね。

CROW'SCLAW活動終了…。同人メタルを古くから支えてきた老舗サークルが居なくなってしまうことは少なからずシーンに影響を与えそう?
とか言いつつも実はCROW'SCLAWはオリジナルボーカルアルバムを1枚しか聞いたことないのだった…。しかも個人的な好みにいまいちハマらなかったんで結局感想も書けず終い…。
そういやGILDIA活動停止の時に何も書いてなかったな…。

今日Earthistsのフラゲ日っすね。CDで買うかiTunesで済ますか未定だけど、とにかく聞くつもりです。っていうかこのデビューアルバム…ジャケがちょっとアレだよね…。大きい声では言えないけどちょっと前にプログレ界隈で話題になってたEarthsideのジャケの劣化版みたいな。せっかく音楽がワールドワイドレベルなのに勿体ない…。

幻覚アリア「月光ミュオソティス」

2017-03-02_053742.jpg

http://www.genkakuaria.com/
同人ゴシックにメタルコア要素を大胆に導入したサウンドによりメタラーからの支持も得ている人気サークル、幻覚アリアの昨年秋の(実質)2曲入りシングルです。

(実質)2曲入りシングルとしては「蒼黒フリージア」以来なんですが、その「蒼黒」と比較すると今作は少しパンチが足りないと言わざるを得ないかも? なんせ「蒼黒」のほうは収録曲2曲ともキラーチューン級のインパクトを誇る楽曲でしたからね。それに対して今作の2曲はちょっと地味かもなぁ。悪くはないんだけど…。

まず1曲目の表題曲「月光ミュオソティス」なんですが、2ndアルバム以降このサークルの音楽的特徴になっていたメタルコア要素が希薄になっていて、1stアルバムの時のようなヘヴィさ控え目なサウンドに回帰してる感あるんですよね。
メロディについてはほんと素晴らしい、同人ゴシックならではの耽美で格調高いクサメロに彩られた良曲なんですが、しかしサウンドについてはやはりここ数作で「幻覚アリア=メタルコア」ってイメージがすっかり定着してたこともあって少し物足りなさを感じてしまうのが事実。
トレードマークである分厚いクワイアのほうは健在で、楽曲に荘厳なイメージを与えています。やっぱりこのクワイアが無いと幻覚アリアじゃないよね。

2曲目「忘却アルカディア」、同人メタル界隈でも人気の実力派歌い手おこげちゃんさんをフィーチャーした楽曲で、伸びのあるパワフルな歌声によりボーカルパートについては安定の出来栄え。こっちはいちおうメタルコア要素はあるんですけど、でも心なしかブレイクダウン時のヘヴィさが前作に比べると弱い気がする…? 同じくおこげちゃんさんをフィーチャーした他サークルがもっとガチなメタルサウンドやっていたのでそれと比べてしまうと尚更。
もちろん、非メタラーのゴシック系リスナーにとってはヘヴィさとかどうでもいい代物でしょうから、まあその辺りの折り合いでこういう音に仕上げた可能性もあるかな。

メタラーを完全にターゲットに据えたかのような激しく勢いのあるサウンドで攻めてきた「蒼黒フリージア」の時には、デビューからたった半年のサークルがこの域まで到達するとは、もしかするとこのまま進化したらAsrielや妖精帝國の域にまで行く可能性もある?とか思ってたんですが、それから2年経ってもあんま進化してないのが少し寂しくはあります。

今作の路線で次のアルバムが作られるとしたらやっぱりメタルコア要素は抑え目になるのかなぁ…うーん。メタラー的には、重くて速くて荘厳でテクニカルでメロディアスでクサクサな作風にして欲しいとか思っちゃうんですけど、そんなトッピング全部を盛り付けた特盛りラーメンみたいな音は一般リスナーからすると胸焼けを催すものなのかもしれないし…やっぱり難しいですなぁ。

Larme Lapin「Harm Of Shadows」

2017-03-02_053951.jpg

https://larmelapin.booth.pm/items/365204

このサークル、M3のメタル島を毎回隅々までチェックしてる人ならばきっと名前を見たことあるんじゃないかと思うんですが、でも名前は知ってても実際に買ってみた人は少なそうな気がするんですよね。
自分もまさにそのパターンで、ちょろっと試聴をチェックしただけでいつもスルーしてたんです。
しかしこれが、ちゃんとアルバムを通して聞いてみると想像を大幅に上回る良さなんですよ。実はダークホース的な存在だったという。

このサークルの活動開始は2013年だそうで…約4年か。そこそこ長いことやってるみたいですね。しかし驚くべきは過去作の多さで、ボカロ作品と人間ボーカル作品を並行して発表してるようなんですが、なんと合わせてアルバム10枚くらい出してる…?? かなり多作なサークルのようですねえ。ちなみにこのアルバムは人間ボーカル作品の5作目らしい。

音楽性としては、男性ボーカルによるV系ラウドロックと言った雰囲気です。デスボ(スクリーム)は装飾程度にとどまっていて、ハイトーンボイスによるメロディアスで力強い歌唱が魅力の核となっています。
いちおう前作も聞いてみたんですけどそっちはもっとV系寄りな作風だったからラウドロック化したのは割と最近だったりするのかな? 自分はV系そんなに好きな訳ではないんでラウドっぽい雰囲気の今作のほうが断然好きですね。

プロフィールを見る限りでは基本的に男性ボーカリストのTasukuさんが1人で何もかもやってるサークルのようでして、作詞作曲ボーカルにオケの打ち込み、更にはジャケ絵まで含めて全て1人で手がけてらっしゃるみたいです。おそらくギターも打ち込みなんで音的にはだいぶチープな印象が否めませんが、ボーカルと曲が良いのでそのチープさも大して気にならない感じかな。っていうかむしろギター打ち込みなのにそこそこラウドロックっぽい雰囲気を再現できてるのは凄いと思う。

1曲目「Kill My Cares」、これが早速の強力チューン。キャッチー且つドラマチックなメロディを備えた楽曲で、情熱的なスクリーモ系ハイトーンボイスが冴え渡ります。V系っぽい耽美テイストも適度に含まれていて味付けになってる。V系要素があまり濃いと個人的な好みから外れてしまうからこれくらいが丁度良い。バックの演奏については前述のようにギター含めて全て打ち込みなのでスカスカしてるのが惜しいですが歌に集中して聞けばさほど気にならないかな。それくらいボーカルの存在感は強い。

2曲目「Call My Name」もキャッチーなスクリーモ調。Aメロで疾走するけど全体的にはミドルテンポな印象。ボーカルパートは聞き応えあるけど間奏でチープさを露呈してしまうのがやはり惜しい。
3曲目「Taste Your Blood」はテンション高めのダンサブルなラウドロックって感じ。

4曲目「Release My Pain, Release My Shadows」、これはまじ名曲だと思う。Tasukuさんの卓越したハイトーンボイスを存分に活かした力強いサビメロにはクサメタルに通ずるドラマチックさがあり、感動的ですらある。メタラーなら必聴な曲だと思いますね。

5曲目「I Know」、殊更にキャッチーさが際立った明るめのラウドロック調。これもメロディがすこぶる良い。ほんとツボを心得たメロディっていうか。
6曲目「All The Color Dead」、ミドルテンポでヘヴィ&エモーショナルに聞かせる曲。

7曲目「Emptiness On My Feet」、これもメロディセンスの良さが遺憾なく発揮されてますねえ。ストリングスの音色も効果的。間奏のギターフレーズもドラマチック…なんだけどやっぱり音がチープ…。

8曲目「Venus」、ラストは勢いのある爽やかアップテンポ曲で締めくくります。エモーショナルなハイトーンボイスが炸裂するサビ後半が最大の聞き所ですが、この曲はCメロも秀逸でサビと同じくらい盛り上がるんですよねえ。これも名曲だと思う。

そんな訳で、捨て曲なしで全てが良曲だと言えるくらいには充実したアルバムだと思いますね。年間ベスト10位以内には入れたいくらいの愛聴盤。
V系メタルやハイトーンボイスを擁したラウドロックが好きなリスナーで音の悪さが気にならない人にはおすすめしたい作品です。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析