冬コミお疲れ様でした

今回も買う予定の物はほとんど買えたんですけど…Grey Lethalのラブライブアレンジの一作目が在庫がなくて買えなかったのだけが心残りですかね…。何気に今回の冬コミで一番楽しみにしてたのってこのラブライブアレンジと赤飯さん新譜だったものでして…。いや冗談でなく、まじで。
いちおう言い訳しておくとラブライブのアレンジが聞きたいというよりかはラグランさんの歌声とアレンジがめちゃくちゃツボっていうだけなんですが…。
というか、μ'sが紅白出演したという記念すべき日にラブライブアレンジがツボだとか話してるのって物凄い罰当たり(?)な感じしますね…はい。我ながらイカれてるなぁと。

あと、今回も歌い手島の行列が凄かったですよね、赤飯さんのスペース自体は並んでなかったからすぐ買えたけど他の歌い手の行列が島中を占拠してたから酷い有り様でした。あれじゃ他のサークルの売り上げにも悪影響出てたんじゃないかと。完全に配置ミスですよねえ…やっぱり人気歌い手は壁配置にしないと…。

そういや、比村乳業ってサークルが伝説的な列捌きをしてたって話題になってましたけど、ちょっと見てみたかったなぁ。1000円札投げ入れるってやばいですよねえ。
今回の冬コミってグラブルと鹿島の同人誌が大量に出るって予想されてたけど実際それほどでもなかったような? ごちうさチノちゃんのほうが目立ってたような。…アイアンチノちゃん…いや何でもないです。
まあ、同人誌とか一冊も買ってないんですけどね、資金は全て同人音楽に回してますから。でもサンホラの愛咎同人誌はちょっと欲しいのあったんですけどね…。

話逸れましたが、もちろん大本命サークルのSatanic a la mode新譜も最高でしたよ!!
正直いうと、サタアラも夏のフルアルバムで頂点を極めちゃったからさすがにこれ以上の進化はないだろうとか思ってたんですが…。すんません、自分の考えが浅はかでした。今回の新譜、フルアルバムの延長線上の作風でありながらも更なる進化を確かに感じさせる凄まじい内容なんですよ。全くもって恐るべきサークルですよね…一体どこまで進化するというのか。
ボーナストラックもめっちゃ面白いですよね、やはり単なるネタ曲ではなかった。なんというか…人間椅子をパワーメタル化したみたいな雰囲気? 雰囲気がネタっぽいというだけでこれも完全にガチな出来栄えですよ。さすがサタアラだなぁと。

後日ちゃんとした感想も書きますのでお待ちを。今回は早く聞きたい新譜ばっかりなんで温存はあんまりしないと思います。ほんと充実した冬コミでしたね。

では皆さま良いお年をー。
スポンサーサイト

C89おすすめ同人音楽サークル(3日目)

もう明日冬コミ3日目かぁ…早いもので。というかもう大晦日とか…まじかよ…。


コ47b Release hallucination
http://releasehallucination.com/

コ48a Satanic a la mode
http://inkyooo.com/
まあこの2サークルは改めて紹介する必要もないでしょうけどね、冬コミ参加の同人メタラーは全員マストバイ!!


コ44b demi
http://demiworks.net/index.html
独特の浮遊感あるサウンドと女性ボーカルによる美しいメロディラインが売りのサークルです。
新譜は3曲入りシングルなんですけどまだ試聴上がってないんですよね。なので初めてこのdemiの作品を買うという方は2ndアルバム「過信」をおすすめします。良曲揃いの充実盤ですよ。1stアルバム「迷信」も素晴らしいんですが…残念ながらすでに完売して廃盤になっちゃってますので…。とりあえずお試しで聞いてみたいという方は100円シングルの「Compass in your Mist」もおすすめ。これも良い曲なんだよなぁ。


キ19a Liesvect
http://liesvect-bloom.tumblr.com/
1stミニアルバムはボカロでしたが、今回のシングルは元Etherの桜璃さんがゲスト歌唱しているのでボカロ苦手なメタラーでも楽しめるんじゃないでしょうか。あとジャケ絵が美少女イラストになったのも同人音楽的にはプラス要素かな?


コ57a Crimdoll
http://crimdoll.tumblr.com/
レトロなプログレッシブロックと物語音楽の融合をコンセプトに活動している興味深いサークルなんですが、新譜では今までのマニア志向が減退して割と聞きやすそうな雰囲気になってる? でも価格が800円とちょっと高めになってるので、初めて聞く方はシングルの「妖精の踊り」のほうでもいいかな。


コ51a Grey Lethal
http://greylethal.seesaa.net/
新作はオリジナル作品で、そちらもなかなかのクオリティなんですけど…実を言うと旧譜のラブライブアレンジのほうの試聴ばっかり聞いてしまってます。今回の冬コミのサークルチェックで一番聞いた試聴はおそらくこのラブライブアレンジですな…。1作目の4曲目のエモさが異常。


コ25a ガロンダイト
http://galloundight.com/
相変わらず最新作の情報がサイトに載ってないし、昨日まで公式ツイッターの最新ツイートが「天ノ川きらら」だったしやべえなと思ってたけど…さすがにツイッターのほうは更新されたか、良かった良かった。まあ告知とかどうでも良いですけどね、肝心の音楽さえ良ければそれでいいんですよ。このガロンダイトをチェックしてない同人メタラー多そうだからこの機会に是非とも聞いて頂きたい…。とか言いながら実はまだ秋の新作開封してなかったりするんですけどね…。いや、一気に聞くと勿体ないからどうしても温存してしまうんですよ…はい。


というかあれ?Lost my Proustは今回は委託なし?まあサタアラのスペースも頒布物増えて余裕なくなってきてるんだろうなぁ。


https://soundcloud.com/anonymjp/c89gameholic-crossfade-demo
Herbivoraのアルバムは委託ないのか…。次のイベントまで待つしかないのか。でもやっぱりオリジナルのThe Herb Shopでアルバム出してくれるの待とうかな…。


http://www.nicovideo.jp/watch/sm27875068
あとこれボカロサークルなんですけど、シンフォニックブラック要素とEDM要素ある女性ボーカルゴシックって感じ? 雰囲気も超壮大だしこれはめっちゃクサメタラー向けな音ですなぁ。ボカロに抵抗ないメタラーなら要チェックでしょうね。


http://www.nicovideo.jp/watch/sm27883486
赤飯さん新譜2枚もあるのか、こっちもカッコ良いなぁ。特に3曲目の女声のサクランヴォオオオオオオ!!!が面白そう。

C89の注目サークルとか。その2

http://www.ssh.ne.jp/
埼玉最終兵器のオリジナル新作出るみたいですよ。昨年の夏コミ以来か。相変わらず安定感ありまくりの音で素晴らしい。これは買いますよね。


http://ameblo.jp/pfaudio/
PF AUDIOの新譜は前回ちょろっと言及しましたがURL貼ってなかったんで改めて。相変わらずクオリティ高すぎですよね。万人受けするタイプのアニソン系女性ボーカルロックですし、しかもこのボリュームでこの価格ですから試聴せずに買ってもいいレベルなのでは?


http://ohayoband.com/index.html
鬱Pの結成したラウド系バンドの初のアルバムが出るみたいですが、こりゃ本格的ですな。男性ボーカルの声質からしても同人音楽臭はほぼ皆無ですが、ラウド系、メタルコア系が好きなリスナーさんはチェックなのでは。


http://www.nicovideo.jp/watch/sm27869141
赤飯さんの新譜もラウドでヘヴィでめっちゃ良さげではないですか。実は、歌い手っていうだけでイメージ的になんか近寄りがたい感じあって今まで聞いてこなかったんですが、やはり超有名歌い手ともなれば実力はガチなんだなぁと。偏見を持って聞かないのはダメだなと思いました…はい。
あ、でも有名歌い手のスペースって女子の大行列あったりするのか?それはちょっとアレだなぁ…。


http://www.nicovideo.jp/watch/sm27769154
プログレフュージョンという文字列に釣られて聞いてみたんですけど、お、これは良い感じではないですか。菊田裕樹さんって聖剣伝説の音楽を手がけた人か、めちゃくちゃプロじゃないですか。道理で本格的な訳だ。ゲーム音楽系が好きなリスナーさんは要チェックでしょう。


http://lostmyproust.jimdo.com/
Lost my Proustは冬コミ不参加ですがサタアラのスペースに委託ありそうですし、持ってない方は是非ゲットして頂きたい。うちのブログの超おすすめサークルですので。
というか、数ヶ月後にお知らせ…? まさか春M3に出るのか? いや、しばらく沈黙って書かれてるから違うか。完全新作はまだ先だろうけど、サタアラのフルアルバムの時みたいに曲提供あったりするのかもしれないですね。1曲でも何か聞けるのであれば個人的には大歓喜なんですけども。
ちなみに今回もライブには行ってないのです…一度もライブ行ってないのはさすがにファンとしてマズいなとは常々思ってるんですが…。


そういや、Herbivoraってフルアルバム出すとかいう話あったような気がするんですけど、どうなったんですかね。これから情報出るのかな。
Register6の新譜、オリジナル曲も3曲入ってるらしいからちょっと購入考えたんですが、聞いてみたらそのうち2曲はコンピで既発表の曲ですね…。やっぱり丸ごとオリジナルのアルバム出るまで待つか。いつになるか分かんないけども…。


Resoneciaはいつも買ってないけど今回はシングルみたいだからたまには買ってみようかなぁ。久々の新譜ということもあって少し雰囲気も変わってる気がするし。…いやそうでもないか。
Symholicの別名義プロジェクトのXorsizerって、まさかPaspalさん自らがボーカルやってるとは…こりゃ相当な冒険作ですな。ただでさえ同人音楽は男性ボーカルの需要が低いのに、これ大丈夫なんですかね…売れるのか…とか無駄に心配してしまう。サイバーってのがコンセプトに入ってるんだし、せめて加工ボーカルにすれば良かったのでは、とか思ってしまうのですが、買うつもりない人間がとやかく言うべきではないですよね…はい。でも男性ボーカルに挑戦するというスタンス自体は個人的には歓迎したいところなんですけどね。

葉月ゆらさんは今回も新譜2枚…相変わらず異常な発表速度。今回もメタラー的に気になる感じではないしスルーでいいかな。Vanilla Modeってほうは新鮮味ある作曲陣で面白そうではあるんですが。そうだなぁ、新鮮味あるメンツということで…Pratanallisあたりとコラボしたら買うかもしれない? いやでもPratanallisの次回作は有名ボーカリストではなく知名度の釣り合った人と組んで欲しいけども…。あと、葉月ゆらさんの歌声でシューゲイザーブラックとかやったら面白そう? Malikliyaとコラボで。それで喜ぶの自分くらいしか居ないかもしれんけど…。

C89の注目サークルとか。その1

http://inkyooo.com/
サタアラ新譜の試聴すでに出てましたが、ジャケットとタイトルの雰囲気から察して2年前の冬コミの無料曲みたいなプログレ系の楽曲になってるんじゃないかと予想してたんですけど、なんと、めっちゃテクニカルなDjent方面に進化しとる…これはかなり予想外でした。そして2曲目は同人メタラーのニーズにがっつり応えたメロスピチューンですし、両曲とも基本的にフルアルバムの延長線上でありながらもそのエッセンスを凝縮したような強力シングルになってそうですなぁ。こりゃフルで聞くのが楽しみすぎますよ。
いつもサタアラのシングルってボーカル曲は1曲だけだったから、2曲も入ってるとかなり充実感ある?
ボーナストラック扱いの3曲目…沙汰肉亜裸魍奴って…まあきっとネタ曲なんでしょうね。でもネタ曲がキラーチューンである可能性もあるよな…サタアラのことだからネタに全力投球というのもあり得る。たぶんいんきょうさんボーカルでしょうね。


http://liesvect-bloom.tumblr.com/
Liesvectの新譜…美少女ジャケになってるのが一番の驚き。桜璃さんがボーカル入れた曲は…それほど劇的に変化してる感じでもない? まあボカロ曲の時点で十分に完成されてたと思いますしね。
でも人間ボーカルと美少女ジャケという同人音楽において標準的な仕様になったことにより認知度が上がることは間違いないでしょうな。M3で未チェックだったメタラー諸氏もきっと買うに違いない。
新曲はボカロ曲なのか、それともインスト曲なのか。秋M3から間が無かったこと考えてもインスト曲の可能性が高いかな。それでもめっちゃテクニカルで聞き応えありそうですけどね。

http://demiworks.net/
demi新譜の情報も出てました、試聴はまだですが、ジャケが黒系でなかなかカッコ良いではないですか。内容もダークな雰囲気なのかもしれないですね。ボーカル曲は1曲目だけであとの2曲はインストかな、たぶん。

https://www.youtube.com/watch?v=Katfjt2tEew&feature=youtu.be
Crimdoll新曲、秋M3の曲みたいにまたセリフとインプロヴィゼーションばっかりだったらどうしようかと思ってたけど今回はけっこう歌パート多めっぽい? 普通にサンホラ二期的な組曲になってそう。これなら聞き応えありそうですな。


もうこれでうち的な注目サークルの新譜情報はほとんど出揃った感じでしょうかね? 充実の冬コミになりそうだし実に楽しみですねえ。
他にも気になる新譜はいくつかあったりするんですがそれについては後日書きますね。今日はメタル三昧あるので備えないと。
メタル三昧に同人メタルをリクエストしたらどうなるんでしょうね。…500パーセントの確率で採用されないですよね…はい。

Octaviagrace「Recollect Storia」

http://www.octaviagrace.net/

まじでツボにストライクすぎる音楽を聞くと「素晴らしい」という賞賛の前に「ありがとうございます!」っていう感謝の言葉が真っ先に浮かんでくるものなんですよね。
どういう違いがあるかというと、賞賛は客観が多く含まれるけど感謝は主観が大きいというか…そんな感じ?

まあとにかく、このOctaviagraceの新作はまさにツボすぎる音楽性な訳ですよ。テクニカルな演奏とキャッチーなメロディの両立、個人的に求めてる音楽の理想形に近いと言えます。(理想…と言っても必ずしも完璧な出来栄えって意味ではないんですが方向性としては理想的って事ですね)

前作「RESONANT CINEMA」も素晴らしい内容ではあったんですが、今作は前作にも増して理想形に近づいてる感じあります。
今回の新作は、収録曲の4曲ともテクニカル感とキャッチーさ、そしてメタル的な即効性を全て兼ね備えてるのが特筆すべき点ですね。前作は割とバラエティ感あって、必ずしも全ての曲にそれらの要素が組み込まれていた訳ではないんですが、今作はどの曲を聞いても各要素を全て味わえるような作りになっており、非常に方向性が分かりやすくなったなぁというのが率直な感想でしょうか。
ただ、方向性がまとまったことによってLIGHT BRINGERフォロワー的な印象がさらに強まった感もあり、見方によっては個性が薄まったと言えなくもないんですが…。いやでもやっぱりLIGHT BRINGERとは違いますよね。己稀さんの声質ってFukiさんとは全然違うタイプだし、演奏重視な作風とはいえやはり基本は歌モノ音楽ですからボーカルのタイプの違いは決定的なものかなぁと。

それにしても、最近の己稀さん(こちらでは実稀という名義ですが)の活躍には目覚ましいものがありますよねえ。つい先日のM3でオリジナル同人メタルの頂点に君臨するような大傑作をRoman so Wordsにおいて発表したばかりなのに、それに続けてこのOctaviagraceでもこれほどの超充実作を出して来たというね…。なんという己稀さん無双。作品を重ねるごとに歌声の魅力と説得力も増してきてる感ありますし、かつてのアマチュア臭さからほとんど脱却したと言えるんじゃないかと。いやほんとに凄い。
まあ、当然ながら己稀さんの力だけでRoman so WordsやOctaviagraceの音楽が形作られてる訳じゃないから、周囲の人材に恵まれてるっていう面は大きいんでしょうけども。優秀な人材を引き寄せる才能があるみたいな?

さて各曲についてですが、1曲目「albescence」、こりゃまた絵に描いたようなキャッチーさとテクニカルさを合わせ持ってる素晴らしい曲ですよ。
Aメロが特に良くてBメロへの流れも良いんだけど…サビメロがちょっと平凡な響きあるのが少しだけ惜しいかなぁ。やっぱりAメロが一番の聞き所でしょうな。2番のAメロでテクニカルな展開を入れて単なる繰り返しになってないのも実に良いアクセントになってるし。あと中盤の間奏も最高。前作以上にクサメタラーが好みそうなドラマチックな展開を入れてきてる感ありますよ。
前作ではギターの存在感が薄いとか感じたんですけど、今回はギターの見せ場がグッと増えた気がする? 嬢メタル出身の女性ギタリストということで個人的な偏見が入ってたのも否めないところなんですが、今回は他の演奏陣との差も縮まってるように聞こえるかな。でもまだ対等とまでは言えないかもしれないが…。己稀さんのほうもスキルアップしてるとはいえ、完璧な演奏陣にバックアップされた女性メンバー2人…ってイメージ未だにあるのが正直なところでしょうか。

2曲目「Aurally lover」、これは今まで以上にテクニカル方面に傾いた曲で、特にAメロのバックで鳴り響く複雑な変拍子フレーズが強烈なインパクトありますよね。Bメロでは浮遊感あるシンセが鳴り響きやはりプログレ感あるんですが、そこからサビの疾走展開への切り替えが絶妙すぎてまじ鳥肌ものでございます。これはほんとテクニカルアニソン(?)の理想形と言えるんじゃないかと。

3曲目「追想列車」、これは前作の3曲目に割と似たメロディ展開で、作曲者は同じ? ダウンロードで買ってしまったから作曲者を確認できないのがアレなんですが…。実は前作の3曲目ってあんま好きじゃなかったんですよ。ストレートなクサメタル系の曲調だったけど、メロディにあまり魅力を感じなかったし己稀さんの歌い方もぎこちなさ残ってたし…。しかし今回の曲は良いですね。歌謡曲的なメロディは同じなんですけどこちらはプログレ感ある演奏がしっかり組み込まれてるし、前作みたいにアルバムの流れから浮いてる感じもしない。聞き所はサビ後半のドラマチックなメロディからギターとシンセのハーモニーへの流れですね。その他の歌メロ部分はちょっと地味な印象あるんだけどテクニカルなアンサンブルに助けられてる感じか。

4曲目「アザーブルー」、これは前作1曲目に近いメロディ展開だと思うんですが、サビメロの劇的さは格段に増してるし、イントロのシンセのピロピロもクサメタラーを惹き付けそうなクサさありますよねえ。中盤の間奏で、バンドサウンドが消えてピアノをバックに泣きのギターソロ入るところとか最高ですな。強力な曲が揃った今作中でも特に完成度の高い曲でしょうね。

上述のように4曲ともテクニカルでキャッチーで即効性もありの三拍子揃った曲ばかりなので、テンションが最後まで全く途切れず非常に密度の濃い作品に仕上がってると思いますね。これならフルアルバムも大期待するしかないでしょう。
是非ともLIGHT BRINGERに匹敵する存在になって欲しいものです。もちろんLIGHT BRINGERの代替物ではなく個性もしっかり主張して欲しいですけども。

リリハル新譜だと????

春にアルバム出たからてっきり1年くらい新作出ないと予想してたのに…こりゃサプライズにも程がありますよ。
しかも今回は珍しく(?)最初からプレスCDで頒布みたいですし、かなり余裕をもって制作された感じなんでしょうか。寡作サークルというイメージのリリハルもいよいよ本腰入れてきた…?
試聴もすでに公開されてますが、ギターの音圧さらに上がってる気がする? もはや同人レベルの音じゃないですよねこりゃ。クオリティ高すぎ。

今回はサタアラ新譜も確定したしdemiやLiesvectやCrimdollも新譜あると思うし、そしてPF AUDIOも久々の新作あるみたいだし、かにあしオリジナルにラブライブメタルコアのGrey Lethalもあるし…普通に充実ラインナップなのでは? 誰だよ今回は新譜少ないからまったりイベントとか言った奴は? こりゃ今回も豊作コースでしょ。

あんきもリバース再録はちょっと迷うところですね、アレンジ作品は基本買わない方針とはいえ、あんきも全盛期の作品のリメイクだからさすがに気になる…。というか、今回のジャケって何のパロなんですかね? 元々のリバースのジャケはメタラーならば誰でも知ってるあの名作のパロですけども。これも有名作品パロなんでしょうか?

URLとかは後日貼りますね、やはりPCじゃないと更新しづらい。

あ、それとOctaviagraceの新譜、最高すぎる内容なんで皆さん聞きましょう。記事も近いうちに書きます。

Tears Fall Spills「The Escape Artists」

http://ameblo.jp/tearsfallspills/

もう4作目ですか…早いもんですねえ。
もはや、すっかりオリジナル同人メタルコア系において欠かすことの出来ない定番サークルになった……とはさすがに言えないか、残念ながら。
毎度言ってるようだけどやっぱりコンピレーション形式だから印象が薄まってるってのもあるんだろうなぁ。毎回しっかり聞き所となるキラーチューン級な曲は収録してるんですけどね。
そもそも、同人音楽のメタルコア、ポストハードコア系はサークルもリスナーも共々ほとんど東方に行っちゃってるからオリジナルはまだまだ層が薄いという根本的な問題もありますけどね…。このサークル、特にhyahyaoさんの曲に関しては東方系と比べても全く引けを取らないレベルのクオリティだと思うんで、スポットライト当たらないのがもどかしいんですけどね。オリジナル勢もっと評価されて欲しいと思いますよ。

さて、今回の新作についてですが、今回もhyahyaoさんの曲ばかりリピートして聞いていたことを白状せねばならないでしょう。他のコンポーザーさんも頑張ってるとはいえ依然としてhyahyaoさんが頭一つ抜き出てるのは否めないですね。

今回のhyahyaoさん担当の2曲も、まさにド安定のhyahyao節と言った感ありますね。
6曲目「In your eyes」、これは前作収録の「Absence of Light」の曲調を受け継いだと言えるhyahyao流Djentメタルコアで、相変わらずこの独特なグルーヴ感とキャッチーでエモいメロディが実に心地良いですよ。適度なエレクトロニカ的な味付けも絶妙で、イントロとか1st収録の名曲「Visions」を思い出しますね。
9曲目「Monochrome」、これは2nd以来の久々の参加となる外人みたいに上手すぎな女性ボーカリストこと森邑みけさんのソウルフルな歌唱が絶品です。hyahyaoさんの自然体なボーカルも個人的に好きなんですが、万人受けする歌声ということではやはりこの女性ボーカルさんでしょう。半端ない上手さ。hyahyao流Djentの切れ味はこの曲でも冴え渡っております。ギターとかタッピングでピロピロしてる訳でもないし必ずしもテクニカルって感じではないんですがとにかくグルーヴ感がツボすぎるんですよね。終盤のディレイかかったギターが美しい。ドラムの音も何気に進化してる?
今回の2曲も素晴らしい出来だと思うんですが、ただ、2曲とも同系統の曲調なんでバラエティ感が足りないという不満は少しだけあるかな。次回作ではアップテンポな曲も期待したい?

というか、そろそろ一度hyahyaoさんのソロ作品を出して欲しいところですよねえ。冒頭にも書いた通り、コンピレーションだと各曲の印象が薄まってしまうというデメリットあると思うんで。
森邑みけさんのボーカルをフィーチャーしてTears Fall Spillsの過去曲やニコ動にボカロで上げた曲をリメイクして収録したアルバム作ってみたらもっと幅広い層にアピール出来るんじゃないかなぁとか思ったりする訳ですよ。

そして、hyahyaoさんと並んでTears Fall Spillsの看板コンポーザーと言える75さんの曲は5曲目に収録されていますが、今回も相変わらずキャッチーすぎるサビメロ。ただ、いつもは曲調が明るすぎて作中で浮いてるくらいだったのに、今回は他の曲に合わせてヘヴィな曲調にしてるから持ち前のキャッチーさが存分に発揮できてない感もあるかもしれない? それでも十分に良い曲なんですけどね。女性ボーカルさんにかなり無理させてる感じあるけど。
ほんと、75さんも一度ソロ作品を作って欲しいですよ、この鬼キャッチーなメロディセンスが知れ渡らずに埋もれてるのはオリジナル同人メタルにおける損失と言っても過言ではない。

さてその他のコンポーザーさんの担当曲ですが、1曲目のさもとらけのにけさん、前作でも凝った感じのインスト曲を作ってましたけど、今回も短いイントロ的な曲でありながらもなかなかにポテンシャルを感じさせる曲になってると思いますね。緊迫感あるストリングスにEDM要素を加えたメタルコアな曲調で、この路線をフルバージョンの尺で聞いてみたい気もします。
2曲目は疾走感あるアグレッシブなメタルコアと言った感じで、クリーンボーカルはなくメロディは希薄ですがカッコ良い曲ですね。
3曲目は耽美なクリーンボーカルが登場するV系メタルコアと言った感じで、コンポーザーのTatsukiさんって以前も参加してたと思うけどこんなV系な感じだったっけ? 今回からV系路線になったのかな。7曲目も同じくTatsukiさん担当でV系メタル。こっちのほうがV系が好きな人に受けそうかな、普通に上手い感じ。
5曲目はhyahyaoさんの曲で歌ってる森邑みけさんのソロ曲で、これもカッコ良いとは思うけど…やはりhyahyao曲に比べるとちょっと物足りないかな。歌唱力はほんと半端ないと思います。
8曲目はピュア嶋さん担当のEDM系の賑やかさあるミクスチャー。

作品ごとに全体的なクオリティも上がってきてるので次回作も期待ですね。
何気に、オリジナル同人メタルコア、ポストハードコア系を下支えする重要なサークルの1つだと思うんですよ。このTears Fall Spillsがもっと幅広く認知されるくらいになったら、このジャンルもオリジナルに根付いたと言えるんじゃないかなぁと思ったり。現状だと、オリジナル同人音楽ってゴシック系とサンホラ系ばっかりだとか未だに思われてそうですもんねえ。オリジナルでもクオリティ高いサークルがいくつも出て来てるんだと、アレンジ系しか聞かないリスナーさんにも是非知ってもらいたいですね。

Answer to the MOMONGA「HypnophobiaPhobia E.P.」



http://answertothemomonga.tumblr.com/

このサークルは春M3が初参加なので「準」新規サークルと言ったところでしょうか。デビュー作である前作は買わなかったんですが今回の新作は個人的に気になる方向性になっていたので購入に至った次第です。
このサークル、春M3で7曲入りミニアルバム出したばかりなのに今回も同じく7曲入りのボリュームで、しかも来年春にはプリキュアオンリーとM3で両方新作を出す予定らしい…? 恐ろしくモチベーション高いですなぁ。ちょっと初っ端から突っ走りすぎなんじゃないかと心配になるほど。

サークル名は、Answer to the MOMONGAと書いて「アンサツモモンガ」と読ませるんですかね。意味はさっぱり分からないですが非常にユニークでインパクトあるネーミングですよね。
そしてジャケットイラストのセンスも際立っています。アートワークは女性ボーカルさんが全て手掛けているようですが、前作も今作も共に素敵な見栄えだと思いますね。オタク要素はあまり無いけどアーティスティックな雰囲気あってジャケ買いもアリと思えるほどです。

で、肝心の音楽はというと…これはまだまだ荒削りであると言わざるを得ないか。
前作は試聴を聞いた限りでは、同人音楽でいえば岸田教団あたりを思わせるオルタナティブ系、パンク系の荒々しさがある女性ボーカルのアニソン系ロックって趣きだったんですが、今作では音楽性がバラエティに富んでおり、テクニカルなマスロック系フレーズが目立っているのが特色でしょうか。
音楽性の幅が広がったのは良いことなんですが、しかし演奏技術やサウンド面がまだまだ未熟なのにも関わらずテクニカルで高度な作風に挑んでいるため、全体的にかなりゴチャゴチャしていて、正直、やりたい事に技術が追いついていないという印象が強くなってしまってます。万人におすすめ出来る内容とは言い難いですね。

でも、むしろそれが良いんですよ。
個人的には同人音楽って、完成度は二の次で構わないと思ってるんで。聞き手の需要とか関係なく、作り手のやりたいことが詰まっていればそれだけで価値があるんじゃないかと。
もちろん、「やりたい事」を表現するために最低限の技術ってのは必要だとは思うんですけど、でも技術は作品を重ねるうちに後から付いてくるものだと思うんであんまり重視しなくてもいいんじゃないかなぁとか思う訳で。まあ、作品を重ねてもちっとも進化しないサークルだとちょっと停滞感あってアレなんですけどね…(小声)。
で、この作品の場合は作り手のやりたいこと、そしてモチベーションの高さがしっかり伝わってくるし、多少無茶して技術と不釣り合いなフレーズが多用されてても許容範囲だと思えるんで、十分に好感を持てる作品だと思います。

まず1曲目、1分しかない短い曲なんですが曲調に不似合いなデスボイスも登場したりしていきなりのカオス感です。
2曲目は特に奇をてらった部分のないストレートなロック調。女性ボーカルによる歌メロはニコ動界隈からの影響感じさせるかな?

3曲目はマスロック感が漂うテクニカルなギターフレーズが満載の刺激的な楽曲です。はっきり言って演奏技術的に少し無理してる感じ否めないんですが、だがその一杯一杯な感じが良い(?)。フレーズ自体はとてもカッコ良いので、技術的な部分さえ追いつけば最高の曲になりそうだし今後への期待感はありますね。歌メロは非常にキャッチー。

4曲目は打って変わってスローでノイジーなシューゲイザー調の曲になりバラエティ感を持たせてますね。
5曲目はアコースティックギターによるインスト曲で、まるでリゾート地のBGMのような南国的な雰囲気の1曲です。アコースティックな音色がとても心地良い。作中の気分転換に一役買ってます。

6曲目は再びマスロック調になりますが、中盤の間奏でのテレレッテレレッってところがプログレ感あって好きなんだよなぁ。あとベースラインもカッコ良い。

7曲目はボカロバージョンが事前にフル公開されていましたが、やはりこの曲が今作のハイライトでしょうな。自分もこの曲を聞いて購入を決めた感じなので。メタルコアを意識してそうなバスドラ連打によるテクニカルで重厚なリフが特に破壊力ありますよねえ。これはDjent系とか好きなリスナーも気に入るかもしれない? サビメロも非常にドラマチックですし、この曲についてはかなり完成度高いですよ。このサークルの可能性を最も感じさせる1曲でしょうか。
冒頭のサウンドクラウドもクロスフェードではなくこの曲のフルバージョン(ボカロ)貼っておきましたんで是非聞いて頂きたいですね。

まだまだ発展途上のサークルという感じですが「攻め」の姿勢が好印象ですし今後が楽しみですね。次回作も期待したいです。

FC2やばいのか? (n回目)

数日前の凍結騒動とかね…。エロ絵師さんのブログが凍結されてるっていう話だったからてっきりR18コンテンツ扱ってるブログだけ凍結されたのかと思いきや、どうやら特定キーワード(ロリ、女子高生など)を自動検出して凍結してたらしいじゃないですか。「セロリ」っていう言葉も引っかかって凍結対象になったんだとか。冗談みたいな話ですが、本当だとしたら適当にも程がありますな…。まあエロコンテンツを野放しにして問題になるよりかはマシなのかもしれないが。それにしたって杜撰すぎる…。

普通だったら他所のブログサービスに引っ越すのが当たり前の状況なんだろうけど、前にも言った通り、他のブログサービスってUIや編集画面がしっくり来ないんだよなぁ…。理想的なのはやっぱりFC2のサービスはそのままで運営だけ別のところが引き継いでくれるってことかなぁ。

http://adtoe.blog.jp/
この予備ブログ使う時が来るのだろうか…。


そういや、冬コミ3週間前の週末ってことでそろそろ情報も出始めるのかな。
https://soundcloud.com/yuramari/i2fstdclfe1r
ゆらまりさんの新譜情報出てましたね、今回はMANYOさんとコラボか、有名どころとのコラボ続いてますなぁ。というかまだ夏コミで買ったCD開封してないんだよな…。

Laralastudio「ひかりの速度と君の呼吸」

http://laralastudio.web.fc2.com/

ラララ新作、今回も買って良かった!というのが率直な感想ですね。

実を言うと、試聴を聞いた段階では買うかどうかちょっと迷ってたんですよ、ロック要素がいつもより減退してて全体的に地味な印象だったし、看板ボーカリストの柳かおりさんも不参加みたいだし…。
うちのブログはご覧の通りメタル系とプログレ系のサークル中心でやってますし、現状でポップス系サークルで買い続けてるのってこのLaralastudioくらいしか無い訳で、こういう路線なら今回はスルーというのも致し方ないかなとも考えてたんです。

でも結果的にやっぱり買っておいて大正解でしたよ、フルで聞いてみて、このサークルの感性は信頼に値するものだと改めて再確認しました。他のポップス系サークルと線引き出来るだけの魅力が確かにあります。試聴では微妙に思えてもフルで聞けば何だかんだでしっくり来てしまうものなんですよねこのサークルは。というかぶっちゃけ4thや2ndよりもよっぽど気に入ってます。

今回の新作、今までの作品とはだいぶ作風が異なる印象なんですけど、もちろんメロディやアレンジの完成度の高さは相変わらずなんで安心して聞けます。
しかし改めて振り返ってみると、このLaralastudioって作品ごとに作風が変わっていて、一度として同じ路線の作品が連続で出たことってないんですよね。
1stではいかにも同人音楽らしいナレーションを交えながらも普遍性の高いハイクオリティなロック寄りポップスを聞かせてくれたかと思えば、2ndでは打って変わってギターを前面に出した少し激しめなサウンドになり、かと思ったら次の3rdではロリボイスの町乃さんをフィーチャーしたサブカルポップスに変化し、次の4thは分かりやすいアニソン寄りな作風に落ち着いたかと思ったら、5thでは町乃さんメインで再びサブカル方面に近づき、そして今回の新作に至る訳ですが、今作も今までのどの作品とも異なるタイプの作風ですね。
どの作風であってもメロディの良さとアレンジの安定感は共通してるので、作風が安定しないというネガティブな印象は無く、むしろこれだけ多岐に渡る作風で聞き手を飽きさせないセンスと技量には驚くべきものがあるなぁと。全くもってどれだけ引き出しが豊富なんだっていうね。

1曲目の「ひかりの速度と君の呼吸」、試聴だと地味な印象だったんですがフルで聞いたらこれがめちゃくちゃ良いんですって!!はっきり言ってこれプログレ感あると言っても過言ではないっすね。ゆったりとしながらも空間的な広がりを感じさせるようなスケール感あふれる音作り。町乃さんのささやくような歌声も雰囲気にぴったり合ってますし。スロー曲なのに全く退屈さを感じないし、アトモスフェリック系なプログレっぽさを感じます。もちろんこの曲を聞いてプログレっぽいとか言っちゃうような人間は自分しかいないと思いますけどね、まあジャンルとかどうでもいいんです、とにかく素晴らしい曲なんで必聴ですよ。Laralastudioこんな曲調まで作れてしまうのかと驚きを隠せません。

2曲目「いっつおーらい」、これは打って変わってエレクトロニカな曲調でちょっと電波ソング風のまったりしたポップスですが、まあこれも悪くはないんだけど…これ聞いてると恋愛サーキュレーションが途中から脳内再生され始めて「神さまありがとう~運命のいたずらでも~」って続けたくなっちゃうから何かアレだ…うん。いや良い曲なんですけどね。

3曲目「butterfly girl」、これは初参加のぴーたまという女性ボーカルによる曲なんですが、このボーカルさんも気怠げな歌声でサブカル系の雰囲気が強いかなぁ。この曲は歌メロよりもバッキングの演奏のほうが聞き所になっている変則的な曲ですね。サビもボーカルよりもバックのシンセのほうがメロディアスなフレーズを奏でてますし。例えるなら叙情ハードコアみたいな感じですね。いや曲調がハードコアな訳ではないんですが。
しかしこのサビメロのシンセのメロディライン実に素晴らしいですなぁ。中毒性ありますよ。このメロディラインをツインリードギターで奏でたらめっちゃクサい曲になりそう(メタラー並の発想)。ちょっと変則的だけど素晴らしい曲ですね。

4曲目「どこまで」、これもボーカルはぴーたまさん。この曲は試聴に入ってない後半のほうが俄然盛り上がりますね。というかこれも演奏パートの充実が素晴らしい。特に終盤のギターソロとかめちゃくちゃ良いっすよ。ギター担当のJuniさんの貢献度は非常に高いですね。

柳かおりさん不参加だけが心残りだけど、それ以外は今回も満足度の高い作品になってると思います。というか柳かおりさん大丈夫なのかね、前作で声が枯れ気味に聞こえたんだけど…。
ジャケ絵に関しては、手描き路線もいよいよ極まった感ありますね。非常に味わい深い絵ですしそろそろジャケ買いする人も現れるのでは?

そういやサウンドクラウドのほうにもデモ曲等がいくつもアップされてたんですね、あんまチェックしてなかったけどいつの間にか沢山知らない曲あって驚いた。

https://soundcloud.com/naimononedari/kondakulents
特にこの曲、「混濁とレンズ」はイベント頒布作品の表題曲になってもおかしくないくらい完成度高いめちゃくちゃキャッチーな曲ですよね。ボーカルさんの明るい歌声も相まってLaralastudio史上最高級にキャッチーな曲かもしれん。とても素晴らしい曲なので聞いてない方いたら是非とも聞きましょう。無料ダウンロードも出来ますし。
というか今回の新作のサブカル寄りな作風よりもこういうキャッチーなアニソン系な作風のほうが同人音楽的には需要がっつりありそうですよね。まあ個人的にはアニソン系だろうがサブカル系だろうがどちらも好きなんですけど。でもサブカル系が2作続いたから次回作はこういうアニソン系のが来るかも? 次は柳かおりさん復帰してると良いなぁ…。

あとサウンドクラウドには主催の竹之内さん自らボーカルをとった曲もいくつかアップされてますが、ほんと歌も上手いですよねえ。これだけ歌えるんならLaralastudioの作品でも歌えばいいと思うんだけど…やっぱり女性ボーカルじゃないと同人音楽的には厳しいのかなぁ。
今回のM3ではギタリストのJuniさんと竹之内さんがそれぞれ歌っている2曲入りの別名義作品(スプリット?)の「Remain ねこころり」も100円で頒布されてましたがこちらも2曲ともに良い感じですよね。Laralastudioとはまた違った味わいがある。こちらでもアルバム出して欲しいなぁ。M3ではあんま需要ないかもしれないけど…。

来年の春M3の申し込み始まってるみたいです

http://www.m3net.jp/
先日の秋M3はかなりの豊作ラインナップでしたが、果たして次のM3はどうなるのか。更に多くのサークルが参加して盛り上がって欲しいものです。流通センターのキャパシティがギリギリだという問題はありますけども…。でも現状のサークル数じゃまだまだ足りないと思うんですよ。新規層も更に充実して欲しいですし。

ともろうさんの(^O^)はM3申し込む予定なのかなぁ、個人的に一番気がかりなのはやはりここですよ。東方界隈に行ってしまうんじゃないかという懸念あるものですから。シングルでも構わないからオリジナルの新作が聞きたい…。まじ切実ですよ。
Lost my Proustは…さすがにまだ完全復活には早いかもしれないけど参加だけならあり得るかもしれない? 復活作が来るとしたら来年の冬コミ辺りになると予想してるんですけどね。

先日のAPOLLOで遅ればせながら知った超プログレッシブなサークルAVVAもまたM3に参加してくれないかなぁ。3年前に1回参加したっきりみたいだから可能性は低いかもしれないけど…。もしこのサークルがフルアルバムとか製作中だったらとんでもない作品出来上がりそうですよねえ。それこそサタアラに匹敵することもあり得る…?
それと、Amber097さんもね…あれほどのハイクオリティなDjentサウンドがオリジナル同人メタルに参戦したらやばいことになりそう。


さて春M3の前に目前の冬コミですが、まあ今回はあんまり新作なさそうだしまったり参加できるイベントになるかな…と思いきや、意外に新譜あるっぽい?
http://demim3.blog.fc2.com/
demiもシングル出す予定みたいだし、Crimdollも何か出るみたい? また秋M3の曲みたいにインプロヴィゼーションとセリフばっかりの冗長な曲だったらちょっとアレですけども…。

http://greylethal.seesaa.net/article/430796493.html
以前ちょこっと紹介したラブライブのメタルコアアレンジやってたサークルのオリジナル新作、すでにクロスフェード公開されてました。
おおこれは…なかなかのハイクオリティ、そして意外に真面目(?)なメタルコアサウンドになってる。あと何気にラストに入ってる曲がDjent調でかなりのテクニカルさですな。ラブライブアレンジのほうにあったアニソン風味が消えちゃってるのが少し惜しいんですが…あくまでもアレンジ作品だからあっちの路線のほうが異例であって、こっちが本来の路線なのかな。
でも、正直いうとアニソン風味あったほうが好きなんだよなぁ…。自分がアレンジ系サークルを避けてる理由って、こんな風にいざオリジナル出た時に「あれ?なんか違くね…?」ってなる可能性が高いからなんですよねえ…。
いずれにせよ十分にクオリティ高いし、当然ながら買いますけどね。あと、基本的にアレンジ作品は買わない自分ですがラブライブアレンジの旧作も欲しいかもしれない…。アイドルソングを男性ボーカルでメタルコア化するとこんなにもエモい感じになるのかと少し驚きました。これがもしオリジナルだったら凄い名作ですな。いやオリジナルで大人気アニメの楽曲群に匹敵する名盤作るとか普通に無理でしょうけどね…。サタアラくらいのメロディセンスが無いと。


そういやクリスマス前の23日にメタル三昧あるんですよね。まあ伊藤政則氏の選曲にブーイングの嵐っていうのが毎回のパターンだからアレなんですがでもやっぱり聞いておきたい。

唐突におすすめ同人音楽まとめ

唐突ですが、うちのブログ的な推しサークルを改めてまとめて書いておきたいと思います。


Lost my Proust
http://lostmyproust.jimdo.com/
[プログレッシブ] [メタルコア] [トランスコア] [女性ボーカル] [超絶おすすめ]


(^O^)
https://tomorro4.bandcamp.com/
[メタルコア] [Djent] [男性ハイトーンボーカル] [超絶おすすめ]


Satanic a la mode
http://inkyooo.com/
[メロスピ] [女性ボーカル] [プログレッシブ] [フルアルバムまじやば]


Release hallucination
http://releasehallucination.com/
[プログレッシブメタル] [女性ボーカル] [ゴシック] [超テクニカル]


ぱっちりひつじ
http://www.pacchiri-hitsuji.com/
[プログレッシブ] [男女ボーカル] [童謡] [ちょいホラー風味あり]


AVVA
http://avvajp.blogspot.jp/
[プログレッシブメタル] [女性ボーカル] [アナトミックゴシックメタル?] [無料ダウンロード]


Hollow Mellow
http://irumarin.com/
[女性ボーカル] [ゴシック] [プログレッシブ]


あくたむし
http://www.kairaku-ongakudou.com/akutamushi/
[カオティックコア] [女性ボーカル] [アルバム出るのはいつになるのやら]


Liesvect
http://liesvect.jimdo.com/
[プログレッシブ] [パワーメタル] [ボカロ]


Roman so Words
http://roman-so-words.com/
[メロスピ] [女性ボーカル] [ポップス] [異臭騒ぎ]


GLUE WAVES
http://gluewaves.jimdo.com/
[ポップス] [パワーメタル] [女性ボーカル] [テクニカル]


Ariabl'eyeS
http://ariableyes.com/
[シンフォニックロック] [V系] [女性ボーカル] [Renaさんまじ天使]


Siltone
http://siltone.holy.jp/
[ゴシック] [メロスピ] [女性ボーカル]


Pratanallis
http://www.pratanallis.com/
[ゴシック] [メロスピ] [女性ボーカル] [テクニカル] [豪華ゲストボーカルで500円とか正気か]


Ephebophilia
http://xxxxephebophilia.tumblr.com/
[ゴシック] [メロスピ] [女性ボーカル] [クサメタル]


ガロンダイト
http://galloundight.com/
[メロスピ] [ポップス] [男性ハイトーンボーカル] [なんでもアリ系]


ito project
http://ito-project.jimdo.com/
[激情ハードコア] [カオティックコア] [V系] [天才的1人プロジェクト] [バンドキャンプに投げ銭ダウンロード音源もあり]


Tears Fall Spills
http://ameblo.jp/tearsfallspills/
[ポストハードコア] [メタルコア] [Djent] [hyahyao]


SilencePhobia
http://silencephobia.6.ql.bz/
[メタルコア] [Djent] [無料配布のまどマギイメージソングやばかった]


shaky ART's
http://maxbet777.blog.fc2.com/
[ミクスチャー] [メタルコア] [変態ハイトーンボーカル] [マキシマム・ザ・ホルモンとシステム・オブ・ア・ダウン混ぜた感じ]


黄昏の旅団
http://tasogare-no.jimdo.com/
[ロック] [メタル] [男性ハイトーンボーカル]


Laralastudio
http://laralastudio.web.fc2.com/
[ポップス] [ロック] [女性ボーカル] [手描きジャケの進化にも注目] [新譜も何だかんだで素晴らしかった!]


PurpleCape
http://purple-cape.com/
[ポップス] [ロック] [女性ボーカル] [割りと何でもあり系] [poccaさんの独特な歌声にやられる] [ちょっとご無沙汰?]


demi
http://demiworks.net/
[ポップス] [ロック] [女性ボーカル] [ゲーム音楽とV系の中間] [メロディ美しすぎてやば]


NanosizeMir
http://nanosizemir.com/
[ポップス] [ロック] [女性ボーカル] [言わずと知れた最強ポップスサークル]


全て必聴のサークルです、このリストの中で1つでも聞いたことないサークルあったらやばい!!!!!

…などと申すつもりはありません、はい。同人音楽マニアを自負するリスナーさんでもこれ全て網羅してる人あんまりいないと思うから。
まあ完全にうちの趣味によるチョイスだし偏りまくってるのは重々承知ですが(キーワード付けてみたら偏り具合半端ねえ…)、でもM3にあれほど沢山の数のサークルが参加してる訳ですからね、サークル側に多様性があるのと同様に聞き手側にも多様性あっていいんじゃないかなぁって思う訳ですよ。
だから、「趣味合わねー」と一蹴せずにちょこっとだけでも興味持って頂けたらなぁと。素晴らしい音楽を作ってるのにも関わらずほとんど話題にもならずに埋もれてるサークル多すぎですからね。

さて、何故このタイミングでおすすめサークルまとめリストを作成しようと思い立ったのかと言えば、このリストご覧になれば分かると思いますが、この1ヶ月ほどの間にこのブログで初紹介したサークルが4つも入ってるんですよ。この短期間で推せるサークルがこれほど増えるとは驚きです…全て新規サークルという訳ではないんですが、でも個人的メモも兼ねて改めてまとめておく必要性を感じた訳です。
更に言うと、同人音楽ではないけど同人音楽「近辺」の音楽として紹介したAmber EPが驚異的なクオリティだったことも重要ポイントですね。これを同人音楽にカウント出来るようになったらちょっとやばいよね…オリジナル同人メタルでトップクラスに躍り出ること間違いない…。
ちなみにこのリスト、上に行くほど推し度が高い…っていう訳でもなくジャンル的なイメージで適当に並べただけなんですが、まあ一番上の2サークルが別格なのは言うまでもないですね…いつもしつこく言ってますので。


あと、おまけ…と言ったら何ですが、現在では解散、活動停止、もしくは長らく音沙汰ないけど個人的におすすめ出来るサークルも挙げておきます。

のん's Factory
http://nonsfactory.blog111.fc2.com/

Clinochlore (サイト消えてる…)

エゾギク
http://ezogiku.web.fc2.com/

Utopimania (サイト消えてるけどまだイベントで売ってるかも?)

どれも復活が望まれる素晴らしいサークルばかりですね。特にエゾギクとか、あの1曲入りシングルの路線でアルバムとか作ったらとんでもない作品出来そうだし是非とも復活して欲しいんだけどなぁ。

あと、このブログでまだ取り扱ったことないサークルも当然ながら大量に存在する訳ですが(むしろ扱ってるサークルのほうが圧倒的に少ない)、Corky Voceの「Ambient Dreamer」とか超名作ですよねえ。でも先日のM3の新作は買わなかったんですけどね…。
麹町養蚕館の「monolithize phases」とかプログレッシブエレクトロニカポップスの超名曲だなぁと。悶絶メタルさんでプログレサークルとして紹介されてたNeo Classica ASCendantってサークルも気になる。
他にも自分が同人音楽を聞き始める前に世に出た名作CDとか山ほど存在するとは思うんですけど、でも昔の作品を漁るのってあんま効率良くないですよね…中古で恐ろしいプレミア付いてたりするし。無理してまで遡って聞く必要性も感じないし。
だから、うちのブログで中心的に取り扱うのはあくまで「サタアラ、リリハル以降の新世代(?)同人メタル」ということで。はい。


http://amass.jp/66067/
そういや同人音楽とは関係ないんですがドリームシアターの新曲公開されてましたね。お!これはめっちゃ良い感じではないですか。正直、近作のアルバムあんまり好きじゃなかったから期待はしてなかったんだけど今回はもしかして良さげか? 2枚組アルバムということで6thみたいな音になるのかなぁと漠然と想像してたけどまじ6thのディスク2みたいな曲調ですよねえ。自分は6thと7thの頃のドリームシアターが最も好きという異端なのでこれは嬉しい。34曲入りということでコンパクトでキャッチーな曲が中心なのかなぁ。ゲーム音楽っぽい雰囲気もあるのかもしれない? 特設サイトが洋ゲーRPGみたいな趣きですもんね。

Amber097「Amber EP」



これは同人音楽…ではないでしょうけど、アーティスト画像がアニメアイコンだしツイッターのほうも同じキャラのアイコンで、なんとなく同人メタル界隈と共通する雰囲気が立ち込めてるから…いちおう同人音楽「近辺」の音楽として扱ってもいいのかなぁと思いまして。
これリリースされたのは今年夏みたいだし、けっこう前にコメントで教えて頂いて知ったものなんですが今更の紹介となります。

このAmber097(アーティスト名? 個人のHN?)はこれが初作品みたいなんですが、端的に言ってこれクオリティ高すぎいいいいいっっっ!!!!!という感じです、はい。これが初作品とか到底信じがたいほどの異常な完成度の高さ。
同人メタルでこの手のDjent系サウンドだとThe Herb Shop / Abstractsのあにょさん、あとBLANKFIELD辺りがおそらく最高峰なんでしょうけど、初作品にしていきなりその辺りのレベルに匹敵しちゃってる感ありますよね。演奏テクニックはもちろんのこと、サウンドプロダクション、アレンジの完成度、どれをとってもアマチュア音楽としては満点に近いレベルなのではないかと。
しかもこれ1人で全部やってる完全1人プロジェクトみたいですからね…天才的としか言いようがない…。この辺の界隈って天才どんだけいるの??いすぎじゃない???

「Djent? あ、そういう変態な音楽とか興味ないんで。というか読み方すら知らん」っていうリスナーさんでも、これは聞いたら異常な完成度だということは認めざるを得ないと思いますよ。
なんせ無料ダウンロード(Name Your Priceですらない)なので是非聞いて頂きたいですね。

音楽性はDjent、メタルコア系のテクニカルメタルサウンドにトランスやダブステップ等のEDM要素を組み合わせたタイプなんですが、他の同系統のメタルコア系と比較するとEDM要素や叙情的なピアノやストリングスの旋律に重きが置かれている印象があり、EDM要素のあるメタルというよりも、メタル要素を加えたEDMと言ったほうがしっくりするかもしれない? いやさすがにそこまではいかなくても、Djent系サウンドにありがちな重苦しさやマニアックさよりもEDMサウンドによるキラキラした高揚感のほうが勝っているので非メタラーの一般リスナーも非常に聞きやすいのではないでしょうか。
ちなみにほとんどインスト曲ですが1曲だけボカロ曲が入ってます。

1曲目は「Overture[s]」はタイトル通り序曲的な短い曲なんですが、浮遊感あるシンセによるアンビエント的な音空間が実に心地良いですね。
2曲目「There Is a World Inside of Me」、キラキラしたトランスシンセとDjentのコンビネーションを聴かせる曲なんですが、Djentのテクニカルフレーズにダブステップ特有のフレーズをねじ込むセンスが素晴らしすぎで、まるでビックリ箱のような驚きと刺激に満ちてる強烈な曲ですね。

3曲目「Celebi」、これもDjentとEDMの融合が見事すぎる。シンセのフレーズで単に高揚感を演出するだけでなく、サビ部分ではピアノとストリングスが非常に叙情的なメロディも奏でてますし、テクニカルでドラマチックでメロディアスという三拍子揃った完璧すぎる曲ですよ…。全くもって恐るべき完成度。

4曲目「The Broken Epitaph」、これはメタル要素はなく、ゴシック寄りゲーム音楽にダブステップを融合させたような感じ? でもこれがまた面白すぎる曲なんですよねえ。メロディも当然素晴らしいし。これは非メタラーでもかなり楽しめる曲だと思いますよ。
5曲目「Like a Moth to a Flame」、これは今作で最も疾走感があってメタル寄りな曲調ですね。他の曲に比べるとシンプルな構成ですがやはり完成度やたら高いことに変わりない。

6曲目「夜明けの飛翔」、これはボカロ曲で、メタル要素もプログレ要素もほとんど無い割と普通の曲なんですが、歌メロが実に良く出来てるのでインストだけでなく歌モノの可能性も大きく開けていることを感じさせる曲と言えるかも。
7曲目「秋桜」はピアノオンリーの叙情的な終曲。

初作品にしてここまで完成し切っているアマチュア作品なんて滅多に聞けないんじゃないかってくらいには完璧な出来栄えだと思いますね。逆に言えば、完成し切っていて伸び代がないのが唯一の欠点かもしれないが、そりゃ欠点とは言えないですよね。でもボーカル入れたらどうなるかっていう興味もありますし次回作も楽しみですよ。中途半端なボーカルだと演奏と釣り合わないだろうけども。

これだけ凄い内容なんだしDjent系とか好きな皆さんはとっくにご存知のアーティストだと思いますけど、Djentとか興味なくても聞いてみたほうが良いですよ、なんせ無料ダウンロードですから。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析