love solfege「Luxury~classical best」「Requiem ~best Collection Ⅱ~」

Luxury~classical best   Requiem ~best Collection Ⅱ~


新参リスナーなので詳しくは知らないんですけど、ここってオリジナル同人音楽で最古参のサークルの1つだったりするんですかね。
http://dic.nicovideo.jp/a/love%20solfege
同人サークルはWikipediaがないからいつもニコニコ大百科を参考にしてるんですが…最初の作品が2001年に出たみたいだし、サンホラと同時期から活動してるんだと考えるとほんと凄いサークルだなぁと。
まあ当然ながらそんな活動歴の長いサークルの作品を後追いで1つ1つ聞いていくのは無理なので、やはりベスト盤を聞くのが一番効率的な方法ってことになるんでしょうか。今回取り上げた2枚は同人作品と商業作品の両方から選ばれたベスト盤のようです。このベスト盤の選曲がファンからしたら納得のものになってるのかどうか全く分からないんですけど、少なくとも代表曲と言えるものはそこそこ揃ってるんじゃないかと思うんですがどうなんでしょう。

このサークルの音楽性は、先ほど貼った大百科にもあるように、クラシックを中心にしてロックやポップスやR&Bの要素を取り入れたアニソン系音楽ってことになるんですかね。このベスト盤を聞いてみただけでもそのクラシカルでポップな音楽性は強く感じられます。アリプロ系に比べるとダークさや濃厚さが控え目で聞きやすい感じかな。
ボーカルもかなり本格的で、ベルカント唱法?とかいうガチな声楽の歌い方が取り入れられていたりでアニソン系リスナー以外も魅了しそうな非常に高度な音楽性になってますよね。

しかしながら、このベスト盤で個人的に気に入ってるのはクラシカル要素の希薄な普通のアニソン系の曲だったりするんですよね…。なんせ、一番ヘビロテしてるのが「誓いの夜,はじまりの朝」ですから。この曲エロゲソングっぽいなぁと思ったら案の定エロゲのEDらしい。この曲クラシカルな要素とか間奏部分にちょこっとしかないし、love solfegeらしさのほとんど無い、悶絶メタルさんに言わせればセルアウトな捨て曲ってことになるのかもしれないですが、でも普通に良い曲なんだから仕方ない。
あと「0の軌跡」や「階差の螺旋」「燦然と輝く悲しき明日と」も良いですよねえ、どれも全然クラシカルじゃないけど…。あと、7分前後の長尺曲はどれもプログレ感あっていいですよね、特に片霧烈火さんの歌う「to the boundless ocean」気に入ってます。クラシカルで明るくキャッチーな「witty wish」も良いし、そしてクラシカルでもプログレでも何でもない邦楽R&B的な「sweet liar」もけっこう好きだったり。ディズニーランド感(?)あふれる「道化師」も良いなぁ。というかほとんどベスト盤2作目の曲ばっかりだな…。

なんだろうな、やっぱり自分の求めてるメロディっていわゆるクサメロじゃないんですよね、あくまでキャッチーなメロディが好きなんですよ。キャッチーなメロとプログレッシブな展開を求めてるんで…。まあ一般的なクサメタラーが聞いたらクラシカルな曲を気に入るんでしょうけどね、メタラーじゃなくても同人系リスナーなら誰しもがクラシカルな曲を支持しそう…。いや、もちろん自分もクラシカルな曲がつまんないと思ってる訳じゃなくて聞き応えある曲だと思ってますけども。メタル系の演奏だったらこういうクラシカルなメロディもハマれたかもしれないけど4つ打ち系が多いしなぁ。
スポンサーサイト

ArsMagnA「小さな魔女と秘密の本」

小さな魔女と秘密の本

イベント前にも書きましたけど、この秋のArsMagnA合同アルバムは各サークルの小休止的というか繋ぎ的な位置づけの作品という印象が強いですかね。次回の本気作に向けて溜めている作品みたいな感じ。

というかその印象が強いのは特にAriabl'eyeSですね。-LostFairy-とSeraphは曲数が少ないというだけでむしろ曲自体は通常営業かもしれない。
なんせ、Ariabl'eyeSは前作の「蒼月ラメント」とその前の「瑠璃色のローゼンクロイツ」が気合入りまくりな作品でしたからね。あのレベルの作品を連続して作るのはさすがにきついと思うし、更には先日取り上げたコンピレーション作品「セフィロトの夢想曲」のほうに取っておきのキラーチューンを提供してましたから、さすがに同じレベルの楽曲を作るのは難しかったんじゃないでしょうか。まあ繋ぎ作品とは言っても手抜きとかそういう事はなく、普通にクオリティは高いんですけどね、単独作品に比べるとインパクト薄いのは否めないというだけで。Ariabl'eyeSは楽曲の平均点が高いですからねえ…。

この作品、ドラマパートと楽曲パートが交互に収録されている物語音楽系にはよくある構成なんですが、自分はドラマCDとか聞かない人なんでドラマパートのトラックは飛ばして聞いてます…ちょっと邪道かもしれないですがまあ仕方ない。楽曲だけ聞きたい派にとってはかなり聞きづらい構成であることは確かですが。

ドラマパートを除いた1発目はトラック3の-LostFairy-の楽曲で、これはもう-LostFairy-定番のパターンって感じですかね。GILDIAの悠季(夢姫)さんボーカルですがもうhatoさん歌ってた頃まんまの雰囲気が満ちてる曲ですね。
次のトラック5、Seraphの曲ですが、民謡系の和やかな雰囲気ですね。Seraphはフルアルバムも出してたし勢いづいてる感ありますね。

ドラマパートを飛ばしてトラック7、Ariabl'eyeSの曲でボーカルは最強歌姫(主観)のRenaさんなんですが…この曲はどうもパッとしないですね…。Renaさんの歌唱は素晴らしいんだけどメロディもアレンジもいつものアリアブル節だから良く言えば安定感、悪く言えば新鮮味が薄いって感じか…。コンピ提供曲が強力なキラーチューンだったこともあってこちらが余計に地味に感じられるのかもしれない。何より、コンピ曲の方はサウンド面でかなり洗練されていてクオリティアップ果たしていたのに対し、こっちは従来の音のまんまというのもマイナスの印象になってるのかな。同じアーティストが同時期にリリースした楽曲とは思えないくらい差を感じますよ…特にドラムサウンド…毎回言っててしつこいようですが。次の新作はコンピ曲のサウンドクオリティで統一されてると嬉しいんだけどなぁ…。
トラック9もAriabl'eyeS、こちらはLunaさんが歌っているバラード曲ですが、Ariabl'eyeSってバラード系でもメロディがドラマチックに盛り上がるパターンが多いからこういうまったりした曲は珍しいですね。地味だけどこういうのもたまにはいいかな。

トラック11のSeraphの楽曲はなかなか勇壮な雰囲気のシンフォニックロック。
そしてラストの-LostFairy-の曲、これは脱退してしまったeupeさんボーカル担当の曲なんですが、これがなかなか良曲なんですよね、このコンピで一番気に入っている曲です。-LostFairy-こういう明るめの曲やるのって4thのラスト曲以来なんじゃないかな。こういう曲調好きなんで、もっとこういう系の曲やって欲しいなと思わなくもないんですがアルバムの雰囲気にそぐわないからやらないだけなのかもしれない。eupeさんの歌声もぴったり合ってますし素晴らしい曲ですね。脱退前の有終の美といった感ある曲です。

そんな感じで、冒頭に書いた通り必ずしも全力の作品とは言い難いし満足度も高いとは言えないんですが、その分だけ次回作で本気の作品を聞かせてくれると思うんで期待したいと思います。春M3が待ち遠しい。

2014秋M3作品感想 (まとめ書き版Part 1)

Folie Incolore

Lafolia、デモシングルを除くとこれが正式作品1作目らしいです。音楽性はV系からの影響が濃い女性ボーカルメタルって感じですが、いちおうバンド形式みたいだしオタク的な雰囲気も控え目なんで、よくある女性ボーカルゴシックとはちょっとだけ毛色が異なるか…そうでもないか。
イントロを経た2曲目、チェンバロが鳴るゴシック系お約束の展開ですがやっぱりギターサウンドが同人ゴシックとは違う感じがする。4曲目はオルガンの音がちょっとプログレ感あるか。5曲目は軽快なリズムパターンがV系にありそうな感じ。6曲目はデモシングルの表題曲にもなっていたようですしこのバンドの代表曲と書かれてますね。バラードだから派手さはないけどメロディは名曲感あります。
ジャケ綺麗ですよね。これ小冊子にCDが挟んであるタイプのパッケージなんで実際のジャケ絵はけっこう大きいです。


TRUTHY.jpg

Niusounds、アンパンマンのシンフォニックメタルアレンジ等で有名なサークル電子音響音楽応用解析研究所が改名して再始動したサークルですね。前回の民謡系作品は購入を見送ったんですが今回はメタル系オリジナルインスト作品みたいなんで買ってみました。
というか実は全曲サウンドクラウドにフルが上がってたりするんですよね…フル試聴して買うというのはバンドキャンプで購入するのと同じようなものか。まあ断片的な試聴だけでは作品の魅力が分からないというのは勿論あるんですけど、でもフルが上がってると購入意欲が落ちるというのも正直あるんですよね…。なかなかこの辺は難しいところだとは思いますが。
1~3曲目はいわゆるRPGボス戦系の疾走メタル曲が並んでいて実にかっこいいです。シンセの音色にはフュージョン的な感じもあってプログレ的な雰囲気あって良いですね。特に2曲目が熱い。
4~5曲目はキャッチーで歌謡曲っぽいメロのインスト。6曲目は昨年の植木屋主催のプログレコンピの収録曲なんですが、ライナーノーツにはプログレよく分かんないけど適当にそれっぽいの作ったみたいなこと書いてありますね…。案の定というか、正直この曲はプログレマニアが作ったような印象はなかったし。まあプログレなんてゲーム音楽っぽいの作れば大体それっぽい感じになるんじゃないですかね。厳密な定義とか分からんし気にしても意味はなさそうですな。


TRANSIENT HOPE

That's Silly tone、ボカロでDjentやってたサークルの中心メンバーが立ち上げた個人サークル…っぽいんですが、この1作でこのサークル終了って書かれてるし、ボカロサークルの方のサイトもツイッター垢も消えてるんですよね…もう音楽活動はやらないってことなんでしょうか。ちょっと惜しいですね。
この作品もDjent系メタルコア/スクリーモといった感じの音でなかなかかっこいいです。割と本格的なDjentサウンドになってると思うんですが、ボーカルだけ拙い雰囲気があるのは否めないんですけどまあいつも言ってるように個人的にこういうヘタウマなボーカルのほうが同人らしさがあって好きなので問題ないですね。
一番の聞き所はタイトル曲の5曲目でしょうか。ヘヴィで切れ味の鋭いDjentなリフ、定番のキャッチーでエモいクリーンのサビも良いですね。2曲目のハイトーンなサビも気に入ってます。
6、7曲目はボーナストラック扱いの東方アレンジになってます。


Discovery.jpg

Lettears、昨年登場したメタルコア系サークルで、これが2作目ですね。1作目の方も十分クオリティは高かったんですがどうも地味というかコメントし難い音楽性だったのに対し、今回は疾走感も割増でクリーンのサビも導入されているのでかなり分かりやすくなりましたよね。特に2曲目はキラーチューン的なオーラがあると思います。ただ、これだけ本格的エクストリームメタルな方向性なのに音質がちょっとこもってるのが惜しいですよね…。次回作でその辺も改善されたら完璧なんじゃないでしょうか。
ジャケ綺麗ですよねえ、1stもほぼ同じ色合いでしたけどこの雰囲気好きですね。
サークル名はLetterとtearsを組み合わせた感じでしょうか、なかなか凝ったネーミングでインパクトも十分です。
まあ自分はエクストリームメタル系はそれほど積極的に聞いてる訳じゃないので必ずしも好みの音楽性とは言えないんですけども、それでもこれだけのクオリティのメタルサークルが東方ではなく最初からオリジナルをやってくれるというのは心強いですよねえ。



Managarmr.jpg

Mánagarmr、秋M3が初参加のサークルだと思われます。まあオタク臭のない音楽なので同人サークルというよりインディーズなのかもしれないですが。
ボーカルの歌い方から判断してカテゴリ的にはV系メタルってことになりそうですが、ハードロックバンドを名乗っているから必ずしもV系を意識してるって訳ではないのかな。
音の特色としては自己主張の強いベースライン、それと割とオーソドックスなHR/HM的なギターフレーズですかね、この辺はやはりハードロックって感じなのか。
秋に頒布されていたのは3曲入りのシングルでしたが、聞き所はYouTubeにも公開されてる3曲目ですね、サビメロはめっちゃドラマチックだしブリブリ目立ってるベースラインや叙情的なギターソロもかっこ良くてキラーチューン的な出来栄えだと思います。他の2曲はちょっと地味なんですけどね…。
3曲目みたいな曲がもう数曲あればけっこう期待できるバンドなんじゃないでしょうか。でもベースが特色だと思ったのにベーシスト抜けちゃってるのか…。

また宣伝

https://twitter.com/Lost_my_Proust
Lost my ProustとHATEが出演する無料ライブイベントいよいよ今日みたいですね。千葉近辺にお住まいの方は行ってみてはいかがでしょうか。もし行く方がいらっしゃったら感想とか教えて欲しいものです(もはや定型文)。誰かライブレポートとか書いてくださいよ。いや、むしろこんだけヨイショしてんだからお前が書けよって言われそうですけども…。
というかライブもいいんだけどやっぱりCD聞いて欲しいですよね。本当まじで必聴の名作揃いなので。物販ではイベント価格で販売されてるみたいですし、持ってない方はLost my ProustとHATEまとめて全買いして頂きたいものです。


https://twitter.com/Fuki_official/statuses/568343852056055808
Unlucky Morpheusやっぱりオリジナル出るんですねえ。制作も佳境とか、もう確実に出るってことじゃないですか。素晴らしい。春M3まじ豊作になりますよこれは。
とあるテーマに基づいたコンセプト作品かぁ、艦隊これくしょんというテーマに基づいた作品だったりして…?(疑心暗鬼に陥った人の発想)。いやわざわざオリジナルって言ってるんだからそれは絶対ないでしょうけどもw

http://sciandeng.blog38.fc2.com/blog-entry-882.html
プログレメタラーの間で話題になってるバンドっぽい? 我が最愛のバンドの1つであるA.C.TとBTBAMを合わせたような音楽性でこれは確かに凄いなぁ。でもA.C.TやMoon Safariほどの超キャッチーな歌メロはないかな。昨年各所で絶賛されてたFreddeGreddeも歌メロ弱くてそこだけ惜しかったんだけどな…。というか4月21日発売って…またM3直前かよ!!サンホラ新譜といいM3近辺に固まりすぎ!!
というかよく見るとこの記事、見知った名前のツイッターが載ってますね…。tac-t!sさんのツイートもこの前このブログに載ってたような。まあ、うちのブログ的には基本的にツイッターは公式アカウントや告知ツイートのみ参照にするという縛り(?)でやってるのでRTとかこういうまとめ記事でしか見る機会はないんですけどね。

ついでにもう1つ気になる記事。個人的メモも兼ねて。
http://amass.jp/52486/
184曲がname your priceってすげえ。でもこれダウンロードしても全部聞くの大変そう…。

今日って

あれですよね、Bullet for my ValentineとかRobby ValentineとかMy Bloody Valentineとかを聞く日ですよね。
…まあそれは別にどうでもいいんですが。

https://twitter.com/Lost_my_Proust
Lost my ProustとHATEが出るラウドポークとかいう無料ライブイベントのセットリストが公開されてますね。コピーバンドについてはわざわざ原曲のYouTubeまで貼ってあるという親切っぷり。
Lost my Proustは新作の曲で演奏するのはRadiant Ghostだけみたいですね。まあ一番のキラーチューンのB.I.Sとかライブで再現するの相当しんどいでしょうし…。いやRadiant Ghostもギターリフ複雑だしかなり難しそうなんですけどね。というか新作の曲は基本的にどれもライブを想定してないように聞こえる。まあ自分はライブ行かない人だからCDで完璧な音を聞かせてくれればそれだけで満足なんですが…。

http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/28/25/040030282539.html
とらのあな委託の残部ゲージ減ってないですね…。やっぱり最初から納品数が少なかったんだろうか。1ゲージ10枚とかそんな感じ? まあいずれにせよまだ在庫ある訳ですから持ってない方は早く買っておきましょう。次のイベントの時に買うとかいう悠長な考えだと夏まで待つ羽目になりますからね。
というか上記のラウドポークでもCDが売ってるみたいですから千葉近辺にお住まいの方はそっちで買うのもアリでしょうね。
まあこんだけ何度もしつこく宣伝してることからも分かる通り、このブログで今まで紹介した数多くの同人CDの中でも最大のおすすめ作品ですので是非とも多くの方々に聞いて頂きたいなと思っております。

http://www.loszeal.com/
Loszealのアルバムって発売延期になってたのか。女性ボーカルプログレメタルということで気になってたんですけどね。このバンドは2年前のドラガ主催コンピにも参加してましたがそっちの収録曲は必ずしもキラーチューンって感じではなかったんですがプログレメタルということならやはりチェックしておかないといけないですな。

今月と来月はGYZEやCROSS VEINなどメタラー的に大きな注目を浴びる新作が出ますけど、個人的には買うか迷うところですかね。CROSS VEINは確かにクオリティ高いけどボーカルに癖あるんだよなぁ…。

春M3当落

いや、いつもだったらいちいちM3当落を確認したりせずカタログ発売まで大人しく待ってるんですけど、次のM3は豊作の可能性大なので待ち遠しくて当落チェックしてしまった感じですかね。4月はサンホラ新譜もあるからいつも以上に早めにサークルチェック開始しておかないといけないかもしれない。…さすがにまだ2ヶ月以上あるし早すぎますけども…。
それに申し込みサークル増加により落選もそれなりに出て来てしまってるようですしね…。今回はミニスペースだけでなく会場の外(??)にまでスペースを増設してるようで、それでも落選サークル出てしまうとはよっぽど増えてるんですなぁ。同人音楽が盛り上がるのは何よりなんですが落選は怖い…。なんか壁サークル級で落選したところあるらしいですね。おっかないな…。

Lost my ProustがM3申し込んでないのは予想通りだったんですが、今回はLost my Proustに次いでうちの大期待サークルである(^O^)が参加しますからね!!あの名作「てぐせ壱」から1年ぶりですよ。長かったですねえ。制作は順調っぽいですしおそらく今回は2ndアルバムが出るのではないでしょうか。正直、てぐせ壱は音質の悪さ以外ではほとんど完璧に近い内容だったのであれを越える作品はなかなか難しいのではないかと思うんですが、それでもこの1年間溜めた分だけ強力無比な作品を出してくれると期待しております。
というか、名作「てぐせ壱」を聞いてない同人メタラーがまさかいるとは思わないですが、念の為、左カラムのURL先のバンドキャンプで無料公開されてますんでもし聞いてない方いたら是非。

今回はSatanic a la modeが復活してるのも嬉しいですよね。夏コミは過去曲リメイクだったからまともな新譜出るとしたらほんと1年ぶりですよ。こちらは1年間溜めていたという訳ではなく諸事情で音楽制作できなかった感じだと思うんでさすがにアルバムとか難しいとは思いますがいつも通りのシングルで構わないから新作聞きたいですよね。

リリハルも参加っぽいけど新譜はどうなのかな、もし新譜が来たらただでさえ豊作の今回に更に追い打ちかかりますねえ。
Tears Fall Spills、Crimdoll、ガロンダイトも参加するようで良かった。各サークルとも期待しております。ガロンダイトは2ndアルバム出せるのかな…。
黄昏の旅団もそろそろミニアルバム来そうな感じするけどどうなのか。
あと何気に期待大のGLUE WAVESの参加はちょっと不明。秋新譜が良かったしあの路線を期待したいんだけどなぁ。
Ephebophiliaも参加不明だけどたぶん申し込んでると思うんだけど。

SPARESPINEのアルバムも勿論期待です、先行シングル聞いた限りでは前作を越える内容になりそうですよね。あくたむしは…まあ新譜が来たら儲け物くらいに考えときましょうw
幻覚アリアもアルバム来るようで、秋シングルのような疾走メタル路線を期待。
Ariabl'eyeSは秋の合同アルバムはちょっと微妙だったけどコンピ提供曲は素晴らしかったからあの勢いで次回作も行って欲しいところ。
ぱっちりひつじは先行シングルか何かが出るのかな。というか秋M3の時に新作なかったのに旧譜のほうが全て完売してたらしいですね…すげえ。同人プログレの波が来てるんだったら嬉しいんだけど。
shaky ART'sはコミティアでも新譜出してたみたいですねえ、東方サークルかよ!ってツッコミ入れたくなるほどのハイペースっぷり。勢いづいてますなぁ。
http://maxbet777.blog.fc2.com/blog-entry-40.html
今回も気合の入ったジャケ詐欺ww そして内容も安定してますねえ、もはやオリジナル同人メタルでも屈指の安定感かもしれない。

ここに挙げたサークルが順当に新譜出してきただけでも確実に豊作になりますよね…やべえですよ今回は。更に新規サークルで凄いのが来そうな予感もありますしね。
Lost my Proustの新譜が冬で良かった…。春に出てたら他サークルの渾身の新作とインパクト相殺し合ってたかもしれないし。

オレウサ、HATEも参加で良かったけど…そういや悶絶メタルさんのHATEのレビュー来てましたね…。いちいち言及するまでもないかもしれないですが、HATEの女性ボーカルさんを過小評価してる同人メタラーなんていないと思うから心配はないかな。普通に上手すぎですからね。
Malikliyaは申し込んでないっぽいかな。本業のドラマーの方が忙しくてこっちの活動はなかなか進まないのかも。Roman so Wordsもたぶん不参加か。一昨年の冬のシングルが素晴らしすぎて「こっからが本番」的な期待をそそる内容だったから次の新作が待ち遠しいんですけどね…。

あとUnlucky MorpheusがわざわざM3参加するということはオリジナルの何かが出るという事なのだろうか。艦これアレンジとかだったらアレだけど…。
本当ならSterblich Magieの新作も期待したかったけど…活動停止じゃ仕方ない…。やはり東方とオリジナルの両立は相当に難易度が高かったという事なのか…。東方メタル勢のオリジナル進出において重要な位置付けのサークルだと思ってただけに残念ですよ。
他の東方メタル勢もそろそろオリジナルアルバムとか来ないかなぁ、毎回言ってるようですが。
あとは…のん's Factoryとかエゾギクとか復活してくれたら…。サンホラ系の同人音楽への興味は薄らいでるけどのん's Factoryは別格ですからね。

Masterpieces For Our Struggle 2

Masterpieces For Our Struggle 2

このブログで東方アレンジを扱うのは初めて…ではなく実はかなり初期の頃にちょこっと記事書いたことはあったんですけど、でもブログの方針が固まって以降は全然扱ってなかった気がします。

誤解のないように書いておきますと、自分がアレンジ系の同人音楽を避けてるのって別にアレンジ文化を否定してる訳じゃなくて、アレンジ音楽は二次創作に重きを置く同人音楽ならではの文化だと思いますしそれはそれで価値高いものだとは思うんですが、でもやはり積極的に聞きたいとは思わないというか…。
アレンジ音楽を避ける理由をいちおう列挙しておきますと、
1:そのサークルのメロディセンスを知ることが出来ない。
まあこの理由は分かりやすいですよね。アレンジ曲だと作曲面の才能を伺い知ることが出来ないですから。オリジナルメロディ導入して原曲崩しまくりだったらそれはそれでアレだし…。
2:巨大ジャンルならではの諸々がアレ。
…これはコメント不要ですね、うん…。
3:予算が足りない。
これが何気に一番大きいかな。アレンジ系サークルまで買ってたら予算足りないんですよ…オリジナルだけ買えばちょうど予算内で収まりますしね。我ながら雑魚すぎる理由ですねえ…。

まあそんな訳でアレンジ系は避けてるんですが、今回は個人的に特例みたいな感じで買ってみました。本当ならこの辺りのサークルがオリジナル作品出すまで待ちたかったんですがこの調子だといつになるか分かんないので様子見というか予習的な気持ちで。
この東方メタルコア/スクリーモ系コンピレーション、割と東方系のこの辺りの人気サークルは網羅してる感じなのかな。このコンピ聞いた限りだとやっぱりこの界隈の上位サークルは主催のFurther Ahead Of Warp、Register6、CLOCKWORKS TRACER辺りなんでしょうかね。この3つがクオリティで頭一つ抜けてる印象ですし。
それ以外のサークルもそれなりに良いんだけど、やっぱりアレンジ曲だとメロディで評価できないのが痛いな。オリジナル系サークルなら「音は悪いけどメロディが良い」みたいな評価できるんだけどそれが出来ないので。

1曲目のFurther Ahead Of Warp、2曲目のRegister6、この2つはどちらも抜群の安定感ですね。どちらも個人的にオリジナル作品を切望してるサークルでございます。
特にRegister6はこの前聞いたBarrage Am Ring最新作が良かったから期待大。

3曲目のDesire path、ここは極東海賊団コンピにも参加してましたね。向こうのコンピの曲はけっこう良かったけどこの収録曲は選曲が微妙な気がしなくもない?ボーカルさんがちょっと歌いづらそう。
4曲目のPearls Before Swine、ここもBarrage Am Ringに参加してましたね。Barrage Am Ringのオリジナル曲は正直パッとしない感じでしたが、この収録曲はDjent系の捻りの効いたアレンジがかっこ良いし割と期待できそうなサークルかもしれない?でもアレンジ曲だからメロディ面がちょっと不安あるかな…。
5曲目Mods Crisis∞、ここは名前知ってましたけど、アップテンポでアグレッシブなメタルコア系の楽曲でサビのパワフルな女性ボーカルも良いんですがやはりメロディ面(ry
6曲目Discovering the Place、ここも極東海賊団コンピに参加してたけどちょっと没個性的な感じが勿体ないかなぁ、クオリティはなかなか高いと思うんだけど。サビのクリーンでもう一工夫あったら…。

7曲目の死際サテライト、女性ボーカルがめらみぽっぷさんに似てるなぁと思ったらゲストボーカルめらみさんだった。Foreground Eclipseと比較されてしまいそうなのがきついかもしれないですが…。というかブックレットに載ってるコメントが熱いですね。メジャーシーンの音楽が必ずしもクソばっかりとは思わないですが同人音楽等のアンダーグラウンドな音楽が盛り上がってるというのは同意です。だから是非オリジナルを(ry
8曲目のPositive Suicide、音質は悪めだしボーカルも粗い印象なんですが何か得体の知れない迫力を感じる…。

9曲目As Killing your Breakdown、ここはまだデモ音源やコンピ曲しか発表してないサークルっぽいですがDjent系サウンドやってるサークルということで個人的にひっそり期待していたのです。この収録曲はDjent系の展開は控え目ですが疾走感あってかっこいいですねえ。肝心の聞かせどころのメロディが東方だからやっぱりアレなんだけど…。
https://soundcloud.com/as-killing-your-breakdown/mix-god-alternative-tactics-second-urgent-issue
サウンドクラウドに上がってるこの曲めっちゃ良いですよねえ、こういう系の曲でオリジナル作品作って欲しいなと。何気にこのコンピで一番の期待株かな。

10曲目のDHS、ここは極東海賊団コンピとBarrage Am Ring両方に参加してましたね。ここはオリジナル曲も安定してたし普通に期待できそう?
ラストのCLOCKWORKS TRACER、ここも素晴らしい安定感ですね。でも女性ボーカルのない極東海賊団の収録曲の方が実は気に入っていたという(小声)。あっちはDjent系のフレーズもあったしアレンジにも捻りがあったし。


まあそんな訳で結論としては、アレンジ曲だけじゃ分からんのでオリジナルやって欲しい、ということになりますかね…しつこいようですが。
とはいえアレンジ曲は基本的に聞かないとかいう偏屈な同人メタラーは他にほとんどいないだろうし、はっきり言ってオリジナルの需要がどれほどなのか分かんないですけど、アレンジ曲だけじゃ評価保留にするしかないのでやっぱり個人的にはオリジナル期待したいですね。

9thキービジュアルwwww

何なんでしょうねこれはww これはさすがに熱心なファンでも脱落してしまう可能性あるんじゃないでしょうか。むしろ振るい落とす気満々って感じですよね。ローランのメイン層が女子だとは言えさすがにこれは媚びてるんだか置いてきぼりにしたいんだか分かんないって感じですよ。
今回は1万円のセットにしか入ってない音源もあったりで賛否両論どころかもはや叩かれる未来しか見えないくらいなんですが、でも肝心の音楽さえ良ければそれでいいんですよね。売り方とか世界観なんて副次的な要素ですから(まあサンホラは世界観に重きを置くアーティストですけどやはりメインはあくまで音楽でしょう)。脇の要素ばっかりに注目して音楽をちゃんと評価できなかったら勿体ないですしね。

…というか個人的には猫耳とかそんなの全く気にしてないですけどね、むしろコミカルな作風は好きですから。もちろん近未来的な世界観も新鮮味あってかなり興味深いですし。
自分は新作がどんな内容であろうが盲目的に全肯定するとかそういうタイプのファンやってるつもりはないんですが(ちなみに「信者」とかいう安直な語彙はあんまり好きじゃないです)、でもサンホラの場合はどんな物が来ようが許容できそうな気がするんですよね。それほどに信頼できるアーティストって他にないと思う。

このキービジュアルの近未来的な世界観、プログレメタル的な音像が似合うような気しません? Images and Wordsみたいな。よだかの星にもプログレっぽいシンセ入ってたから普通に可能性はあると思うんですが。というか新機軸でピコリーモ的サウンドとか入ってたらけっこう嬉しいかもしれん。
まあ普通に考えたらデジタル系ビートとかボカロとかなんでしょうけどやはりうちとしてはプログレ系サウンドを期待したいところですかねー。まあ四つ打ち系サウンドが導入されてたとしてもメロディが良ければ十分楽しめるとは思いますが。四つ打ち系のサンホラ曲って今のところStardustくらいしかない?

いずれにせよ発売が待ち遠しすぎますね。実際のところ、サンホラでハズレ作品なんてないし今回の新作に関してもほとんど不安とかないんですよね。周囲での評価が全く気にならないと言ったら嘘になりますがいちいち気にしても仕方ないですしね。

そういや新作の仮題がBastetでジョジョの次回はバステト女神戦…。すごい偶然だ。

C87頒布の名作(ry

http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/28/25/040030282539.html
Lost my Proust新譜のとらのあな委託、予約状態から販売状態に変わったけど…すでに残部ゲージが僅かに見えるのは気のせいでしょうか…。大好評で品薄なのか納品数が少ないせいなのかは不明ですが大好評ってことにしておきましょう!!
まだ注文してない人達、早くポチりましょう!!迷ってるうちに在庫なしになってしまいますよ!!この名作を聞き逃したら勿体なさすぎる!!このサークルは春M3に参加するのか分からないから委託で買っておくべきだと思いますよ。

http://www.future-music.co.jp/
TOKYO FUTURE MUSICの方でも委託開始したみたいですね。このお店、実は自分も行ってみたんですけど、サンシャインから徒歩3分とかいうからもうちょっとそれっぽい場所なのかと思いきや…大通りから外れた奥まった場所にあって「ここ店なの…?」みたいな外観だったりするんでちょっと戸惑いましたね。秋葉原のD-STAGEも外観じゃ分かりづらくてけっこう迷ったし、同人音楽専門店なんてそんなもんか…。
でも店内の雰囲気とかけっこう良かったですし興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。池袋駅から東急ハンズの辺りへ向かって首都高速を通過して更にちょっと先に行って左折して奥に行ったところにあります。

そういやライブも昨日やってたみたいですが、機材トラブルがあってアイカツの歌(アカペラ?)で繋いだらしい…?なんだか不思議なことになってたみたいですがきっとアニオタが多く集ってるライブだったんでしょう(?)

幻覚アリア「蒼黒フリージア」

蒼黒フリージア

いやほんとシーンに登場してからたった半年しか経ってないサークルの音源とは思えないですよね…驚異的なクオリティですよ。もはや同人ゴシック系の中堅サークル集団を一気に追い抜いてこのジャンルのトップに君臨するAsrielや妖精帝國あたりのレベルに接近している感さえあります。

夏コミのアルバムもハイレベルな作品だったんですがこの秋新譜は更にクオリティアップを果たしていて、しかもメタラーをターゲットに絞ったかのように疾走曲で固めてきていることがなにより好印象ですね。夏のアルバムもメタル要素は十分だったんだけど疾走感という点では若干物足りない部分もあったんですが、ここまで疾走曲で固めればメタラー的にも不満は全くないでしょう。
メロディはもちろん超キャッチーで完成度は高く、アレンジも完璧、方向性もしっかり定まっているし、その上ダメ押しで今回はDjent系のヘヴィでテクニカルなフレーズまで導入されて他との差別化も計ってますし、もはやケチの付けようのない音楽になっているんじゃないでしょうか。

1曲目はお約束の短い前奏曲で、それに続く2曲目のタイトル曲「蒼黒フリージア」は開幕から荘厳なクワイアと疾走展開で掴みはバッチリすぎます。このクワイア凄いですよね…この分厚いクワイアが他との差を付ける要素になってると思うんですが、どうやってレコーディングしてるんだろう。まさかDTM音源でこんな本格的なクワイアがあると思えないし…。ボーカルは前回のアルバムとは違う人みたいですが、声質からして明らかにAsrielを意識した人選ですなぁ。サビは非常にキャッチーでぶっちゃけAsrielより好きな感じですかね。間奏パートではDjent的な展開が良いアクセントになっております。
3曲目「Beautiful Addiction」、こちらも派手に疾走してますねえ。メタラーホイホイすぎる。前作の3曲目に近い曲調だけどあっちよりはるかに派手さが増している。ボーカルは前作と同じ人かな。2曲目のボーカルさんだとAsrielすぎるからこっちのボーカルさんをメインに据えた方が良い気がしなくもない。間奏での高速で刻まれるギターリフが圧巻です。

同人音楽としてはほぼ完璧に近い出来の内容だとは思うんですが、ではこのサークルが同人リスナーから大好評で迎えられているのかというと…そうでもない気がするんだよなぁ。ラスエフのリスナー数も微妙だし…。まあラスエフやってない同人リスナー多いと思うからこの数字は全く当てにならないとは思うし、自分はツイッターの同人リスナーの反応とか全く見てないからどの程度の人気あるのか分からないんですが、少なくとも今のところこのサークルを高く評価してるリスナーはあんまり見かけたことないかもしれない…見落としてるだけかもしれないけど。
もしこれだけ完璧なサウンドを提示しても高評価されないとしたら、それほどに同人ゴシック系は飽和状態ってことなんでしょうかね。既存の有名サークルだけですでに満杯状態みたいな?

かく言う自分も、このサークル凄まじいクオリティだとは思うけど推したくなるほどかというと…それはまた別問題なんだよなぁ。客観的に「凄い」とは思うけど主観的な評価はそこまで上がらない感じ。メロディもキャッチーで自分好みだし疾走感もメタラー的に最高だし更にはプログレッシブな要素までも入ってるし足りないものとか思いつかないんですけどね。

でも、これだけハイレベルなサークルが新たに登場するってことは確実に今の同人音楽シーンは上り調子である証拠だと思うんですよね。ゴシック系は飽きたという意見もあるでしょうし自分も正直そう感じてますが、でもそれはリスナー側の感想であって、おそらくサークル側のレベルはこれからも(リスナーを置き去りにして)どんどん上がり続けるんじゃないかと、この幻覚アリアを聞いてるとそう感じざるを得ません。

AEROWIFE「Make a Hole」

Make a Hole

コミカルな歌詞が売り物のオーソドックスなメタル(ハードロック)バンドの最新作です。
今回も特徴となるお馬鹿な歌詞は相変わらずなんですが、曲調には少し変化がある気がします。今まではメタルというよりはハードロック寄りの音だったと思うんですが、今回はテンポが速めになっていてアグレッシブなリフも導入されており、メタルと呼ぶに相応しい音になっていますね。

1曲目はもうイントロからして大仰なクサメタル調で従来のAEROWIFEとはかなり雰囲気が異なりますが、歌が入ればいつものコミカルなAEROWIFE節が堪能できますね。曲名なんて読むんですかね…まあ下ネタ歌詞だしお察しという感じか。
というか、この曲のメロディ何か聞いたことあるなぁと思ったらHEAVENLYのStill Believeに似てるのか…というかまんまですよね。無意識に似てしまったにしてはまんますぎるしやっぱりオマージュなのかな。パクリバンドの汚名で知られるHEAVENLYから敢えて拝借するというのは確信犯的なものを感じる。
まあこんだけふざけた下ネタ歌詞なんだし普通にオマージュなんでしょうけど…でもオマージュだとすぐ分かるように曲名の時点でそれっぽくして欲しかった感が。パクリとオマージュの境界って曖昧だし、せっかく名曲だと思ったら実はオマージュだったってちょっとガッカリ感あるじゃないですかw まあクサメタラーでHEAVENLYの2nd聞いたことない人なんていないだろうからすぐ分かるんだろうけども。

2曲目も疾走感あるけどこれはそんなにアグレッシブな訳でもないしいつものAEROWIFEですね。やっぱりこの曲調が一番しっくり来る気がする。
3曲目はスラッシュメタル的なアグレッションのある疾走曲で、これはPVにもなってますね。メロディも相変わらずキャッチーだし安定感ありますね。

やっぱり1曲目のオマージュで印象が微妙になってる感が否めないですかね…。そもそもバンド名からして超有名バンドのパロディですし、オマージュやっても何の不思議もない訳で、それにオマージュはある意味で同人音楽らしい手法と言えなくもないのでそれに面白みを見出すリスナーも多いのかもしれないですが、でも個人的にはせっかくアレンジ同人音楽ではなくオリジナル音楽を選んで聞いてるので自作のメロディを聞きたいなぁみたいなそんな感じです。歌詞はふざけてるけど音楽はガチ…みたいなのを期待してるので。素晴らしいメロディセンスを持ってるバンドだと思うしちょっと勿体ないというか。

C87頒布の名作アルバムがいよいよショップ委託開始

http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/28/25/040030282539.html
もちろんLost my Proust新譜のことなんですけどね。いや誇張でも何でもなくほんとに素晴らしすぎる名作なんですって!!冬コミ行けなかった同人メタラー諸氏は是非ショップ委託でゲットしてください!!
プログレメタル、Djent系が好きな同人メタラーなら絶対必聴、そうでないリスナーの趣味には必ずしも直撃するとは限らないけどでもこのハイセンスなサウンドに何かしら感じ取るものはきっとあると思うんで、是非とも色んな方々に聞いて欲しいですね。

https://twitter.com/Lost_my_Proust
びっくり企画って何でしょうね…。HATEとスプリットとか?そんくらいしか思いつかないかな…。というか夏ってことは…またコミケ当落のあの緊張感を味わうことになる訳ですね!あーつらいわ…。
というか、とらのあな通販垢のツイート、男性向け音楽CDってww エロ同人みたいな言い方だなぁ…。いやもしかすると刺激が強すぎる音楽なので子供には聞かすなということなのかもしれん。それほどにやばいと判断された訳か…Lost my Proustは(妄想)
というかLost my Proustのメインコンポーザーは女性ボーカルの方なのでむしろ女性リスナー向けな部分も少なからずあるんじゃないでしょうかね。デスボイス入りだからちょっと敷居が高く感じるかもしれないですが歌メロも演奏も非常にメロディアスだしシンセのプログレッシブな音色もまじ綺麗ですからね。実に繊細な音楽ですよ。
そういや2月に2回もライブやるらしいじゃないですか…めっちゃ頑張ってますなぁ…。こんだけライブの経験積んだら相当スキルも上がりそうですよね。見に行く方がいたら是非感想を教えて欲しいものです(またそれか)
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析