Tears Fall Spills「The Fragments Of Memory」

The Fragments Of Memory

という訳で、先日の記事にも書いた通りですが、このサークルの魅力はメインコンポーザー(であろう)hyahyaoさんの楽曲に尽きるなという結論に達した訳です。
この新作のクロスフェードを最初に聞いた時にはいまいちだなぁと感じたけど、それは4人のコンポーザーの楽曲を一斉にごちゃごちゃに聞いてしまったせいで受けた印象であって、hyahyaoさん作の3曲に絞って聞いてみたら前作の魅力をしっかり継承していることを確認できましたからね。そもそも前作の収録曲で好きだった曲って全部hyahyaoさんの曲だった訳ですし…(具体的にはVisions、One of stories、I'm Watching TVの3曲ですね。どれも最高ですよ)。他のコンポーザーの方には申し訳ないけどやっぱり自分のツボにハマる音楽を聞かせてくれるのはhyahyaoさんしかいないっぽいです…。
でも、これはあくまで自分の偏った趣味で聞いた場合の結論であって、他のリスナーさんがどう感じるかは分からないですけどね。むしろ4人のコンポーザーが四者四様の音楽性を聞かせてくれるというのがこのサークルの魅力なんでしょうね。

…このサークル知らない方には不親切すぎる書き出しだったので前後しますがちょっと説明しておきましょう。ここは前回の春M3初参加だったサークルで、今回の作品は2枚目のミニアルバムになります。音楽性はメタルコア、スクリーモ系で、ちょいプログレッシブなアレンジとキャッチーな歌メロが特色だと思うんですが、これはメインコンポーザーのhyahyaoさんの持ち味なので他のコンポーザーさんの曲には当てはまらないかもしれません。今回は前作より収録曲が増えて他のコンポーザーさんの楽曲の比率も増えてるんでちょっと散漫な印象になってるのは否めないんですが、まあ1サークルとして統一感のある作品を作ってるというよりかはコンピレーション作品的な位置付けなんでしょうね。

今作のhyahyaoさんの担当曲は3曲目、4曲目、6曲目のようですね。
3曲目の「I have to go to picnic」はプログレッシブなアレンジセンスが光るインスト曲で、前作の「I'm Watching TV」と同路線の曲ですかね。プログレッシブとは言ってもそれほど複雑だったりテクニカルだったりする訳ではなく、どっちかというと勢いで押すタイプの曲なんですが、でも小難しい感じがないので聞きやすい曲と言えるかもしれない。演奏技術がそれほど高くなくともこれだけプログレッシブなかっこいい曲が作れるというのはアレンジの妙としか言いようがないですね。
4曲目の「Overstep」は前作にはなかったタイプのアップテンポなボーカル曲です。クロスフェードでサビだけ聞いた時はそれほど良いと思えなかったんですが、フルで聞いたらアレンジかっこ良くてやっぱりこの人の作る曲は安定感あるなと確信しましたよ。この曲も微プログレッシブで中盤でちょいDjentっぽいアレンジもあったりするんですが、でもシャキシャキしたドラムのパターンとかちょっとV系っぽい気もする? まあV系の影響があるかどうかは定かではないですがハードコア系だけでなく色んなジャンルを取り入れてるからこういうセンスの良いサウンドが作れるのかもしれないですね。
6曲目の「Diary」は今回のハイライト曲でしょうかね。前作の「One of stories」と同系統の曲だと思うんですが、今回は外人みたいなめっちゃ上手いゲストボーカルが歌ってるから雰囲気は完全に別物ですね。ボーカルが変わるとこんなにもクオリティ上がったように感じるのかと驚きます。でもやっぱり前作の方が好きなんだよなぁ、あの素人くさいボーカルが良かったんだよ…。とはいえそんなマニアックな鑑賞の仕方してるのは自分くらいだろうし普通に聞けば完成度は今回の方が断然上ですよね。適度にプログレッシブなアレンジといいキャッチーなメロディといい本当センス良すぎると思いますよ。間違いなく名曲と言える出来ですね。それにしてもこのボーカルさん上手すぎると思うんだけどニコ動の歌い手とかなのかね。完成度を上げるということならば次回作ではこのボーカルさんに3曲くらい歌ってもらった方がいいのでは。

という訳で、ヘタウマボーカルが良かったとかマニアックな観点を除けばhyahyaoさん作の3曲はどれも素晴らしい出来で感服いたします。メタルコア、スクリーモ系の音楽なんて数え切れないくらい存在するけどこういう感じの音って意外にないんじゃないかな? 自分も詳しくないんで断言は出来ないんですけどね。
hyahyaoさんばかりヨイショして終わるのはさすがにアレなんで他の曲にも触れますが、7曲目の「The Last Story」、この曲は女性ボーカルが超キャッチーなメロディを歌い上げるポップパンク系の曲で、はっきり言って明るすぎて完全に浮いてるんですが、楽曲の出来で言えばかなり良い曲ですよね。前作でもこのコンポーザーの方はやたら明るい曲を作ってましたが、アレンジに面白みはないかもしれないけどメロディセンスは素晴らしいですよね。メタルコアとか聞かないリスナーでもこの曲は気に入るんじゃないかな?
遡って1曲目と2曲目…これはかなりデジタル系のサウンドでEDMも大きく取り入れられてるし、むしろメタル要素よりEDM要素の方がメインか?こういうのインダストリアルメタルっていうんですかね。クリーンのサビがけっこう良いんだけど出番が少ない…。5曲目はあんまり書くことない感じだけど…ボーカルはかっこいいかな。あとシークレットトラックで8曲目にアコースティックな弾き語り曲が入ってるんだけど…これは誰の曲なんだろうか。

そんな感じで、なんだかんだで今回の新作も満足な出来だったんだけど、やっぱり前作の垢抜けない雰囲気も捨てがたいんだよなぁ…。でもいくら同人音楽とはいえヘタウマな味わいに踏み留まって少数のマニアなリスナーにだけ聞いてもらってても仕方ないし、一度前進し始めたのならこのままクオリティアップの路線で行って欲しいですよね。そんな訳で次回作にも期待してます。
スポンサーサイト

Malikliya「KISARAGI」

KISARAGI.jpg

これからの同人音楽は個性の時代だ!とか勝手に思ってるんですけど、たぶん賛同する人はあんまりいないと思うし、そもそも個性というものが需要あるのか甚だ疑問なんですけど、とにかくこのブログ書いてる人は勝手にそう思ってる訳です。
DTMの技術もどんどん進歩していて今じゃアマチュアでもプロと比べて全く遜色ないサウンドを生み出せるようになってると思うし、「同人音楽なのにこんなにクオリティ高い!」みたいな魅力の見出し方はあんまり面白くなくなってきてるんじゃないかと思うんですよね。真っ向からクオリティで勝負したら結局はメジャーの音楽にかなわない訳ですしね。それでは同人音楽は単なるメジャー音楽の下位互換になってしまう。
じゃあ何が必要なのかと言えばやっぱり「個性」ですよね。メジャーでも未だ試されていない新しい音楽性を探ったり、もしくはジャンルの偏りによる画一化が著しい同人音楽内での相対的な個性でも構わないんですが、とにかく、他とは違うことやってる、新しい音楽を模索しているというのが伝わってくる同人音楽にやっぱり魅力を感じるんですよね。

そして、そんな「個性」を追求する新たなサークルがまた現れた訳です、それが今回紹介する新規サークルのMalikliyaです。

公式サイトに記されている文章の引用ですが、「ShogazeとProg MetalとSymphonic Black Metalと90年代ヴィジュアル系とを足して4で割らずにそのまま女性ボーカルを乗せた曲を作ろうと日々実験しています」、もうこの文章読んだ時点で個性を追求しているサークルであることがはっきりと見て取れますよね。特に「日々実験」、この文だけでも否応なく期待をそそります。
そして最初にサウンドクラウドで公開されていたボカロバージョンの「Whisper of fog」を聞いた時もインパクト十分でした。いわゆるシューゲイザーブラックというジャンルですが、そもそもシューゲイザーとブラックメタルという異質な音楽を組み合わせたこのジャンル自体が相当に実験的な音楽性だとは思うんですが、その音楽性にアニソン的なキャッチーな歌メロを乗せるという非常に同人音楽的な試みに一気に心惹かれました。「実験性」と「キャッチーさ」の両立、個人的にこれが同人音楽の最たる魅力だと思ってるんで、それを体現してくれそうなサークルが現れたことにとても喜びを感じましたね。

そして、かなり制作作業もギリギリだったみたいですし本当にCD出るのか事前に不安もあったんですけど、こうして無事に3曲入りの完成品がM3で発表された訳です。
…本当ならここで絶賛の言葉を書き綴るのが普通の流れですが、まあ結論から言ってしまうと、最初に期待してた内容とはちょっと違うかなぁという感想になってしまうんですよね…。決してガッカリなんてことはないですよ? 完成品はボカロではなくちゃんと女性ボーカルになってますし演奏面も見事ですしサウンドのクオリティも高いし文句の付けようのない完成度なんですが、ただ、カタログのサークルカットにでかでかと書かれていた「PROGRESSIVE METAL」の要素があんまり感じられないので物足りない部分もあるかなというのが正直なところです。
プロフィールにはOPETHがフェイバリットバンドの1つに挙がってたしサウンドクラウドにもOPETHっぽいプログレッシブなインスト曲あったから完成品にはそういう要素あるのかなぁと期待してたんですが、2曲目はシューゲイザー要素だけだし3曲目はブラックメタル要素はあるけど1曲目ほどのインパクトはないしプログレ要素もそれほどではないし…。まあこちらで勝手に期待してた方向性とちょっと違うというだけで、クオリティに問題あるとかそういう事ではないんで誤解なきよう。
むしろプログレというマニアックな要素が少ない分、万人向けの聞きやすい内容になっているとも言えますからね。これは同人ゴシック系が好きなリスナーにもかなりおすすめ出来そうですよ。

それにしても、やっぱり1曲目の「Whisper of fog」は強力な楽曲ですよね。アンビエント的な気怠く儚げなメロディの後ろで爆走する暴力的なブラストビート、この対比がたまらん。そして郷愁と虚無感を併せ持ったような何とも言えないサビのメロディラインが最高すぎますね。この曲を聞いたらやっぱり可能性を感じてしまうに決まってますよ。これは今年の同人音楽ベストチューンの上位に入ると思いますね。必聴の名曲です。
もちろん他の2曲も良いんですけどね。2曲目は非常に心地よいシューゲイザー的ポップスですし3曲目は適度にブラックメタルとプログレ要素の入った曲です。

このサークルの主催の方は本業がドラマーらしいからドラムは生演奏だと思いますが、同人音楽って中途半端な生ドラム導入でクオリティ下げてしまってるサークルけっこういるけど、こんだけ本格的なドラムならば言うこと無いですよね。しかもギター演奏も兼ねてるみたいだし本当にマルチな才能お持ちですねえ。
あとジャケ絵も素晴らしすぎますよね、この幻想美なアートワーク、CYNICの新譜を思い出します。部屋に飾っておきたくなるくらい綺麗ですよね。

まあ色々と書いてしまってますけど、やはりジャンルや需要に囚われず新しいアイディアを提示できるこういった優れた才能を持つサークルが登場したことは同人音楽シーンにとって大きな事だと思いますね。次回作はメタルじゃなくなるかも、と公式サイトにも書かれてますが、メタルでなくても面白い音楽性を聞かせてくれることは間違いないと思いますし期待したいと思います。

サンホラ新譜は来年春…?

Revo先生…またM3の時期にかぶせる気ですか…!? しかも次はアルバムかもしれないし、シングルでもあれだけテンション持ってかれるんだからM3前にアルバム出たりしたらもうサークルチェックに身が入らないかもしれないですよ。今回不作だった反動で春M3は豊作の可能性が高いというのに…。Revo先生まじ鬼畜だわ。もしかしたら古巣である同人音楽界に叱咤激励を与えてるのかもしれないですね!絶対違うと思うけど!


http://mmpk584.blog.fc2.com/
あーやっぱり今回不作だと思ってたのは自分だけじゃなかったか。というかうちの応援してるようなマイナーサークルだけでなく壁配置サークルも軒並み新譜なかったですもんね。まあでも今回出なかった分だけ冬コミと春M3に新譜が一斉に出ると思うし、それに今アレンジ系サークルがオリジナルの新譜を準備しているんじゃないかという予感もあるんですよね。早ければ冬コミでラッシュが来そうですね。3日目の配置を見れば判明しますけど。
しかし、今回が溜めの期間だったんだとしても、やはり悶絶メタルさんも仰ってるように「飽き」が来てるリスナーが多いというのも事実なんだろうし、東方アレンジが衰退してしまったら確実に同人音楽は縮小していくんでしょうね。
でも、同人音楽イベントの規模が縮小してしまったとしても、同人音楽の質はこれからもどんどん上がっていくという予感があるんですよ。というのは、DTM技術の発達という要素も勿論あるけど、それ以上に、需要が無いタイプの音楽性である故に評価は得られていないけど非常に面白い音楽をやっているというサークルが次々に登場しているからなんです。まあここでうちの推しサークルを挙げるのはちょっとフェアじゃないかもしれないですが、でもこの1年くらいの間に出て来たサークルでそういう可能性を感じさせるサークルがいくつもあるのは確かな事なんですよね。だから、参加者数とか売り上げとかそういう表層的な部分では同人音楽は衰退していくかもしれないけど、むしろ表層部分が削がれた分だけ純度はますます上がっていくと思うんですよ。超まとめさんとかは同人音楽の規模を拡大したいって考えで行動を起こしてるんでしょうけど、個人的には規模が縮小しても構わないからマニアックに深化していくべきだと考えてます。まあ自分は新参だし、Asrielやら六弦アリスやらオリジナル同人音楽を盛り上げた立役者が登場した頃のシーンの状況とか全く知りませんけど、その時とは違うベクトルでこれから盛り上がっていくんじゃないかなぁ。同人音楽が面白くなっていくのはこれから!って思ってます。


あ、イベント前に新譜微妙かなと言ってたTears Fall Spillsですけどね、ちゃんとフルで聞いてみたらやっぱり安定感ありますよね、ただしhyahyaoさんの曲に限定したらの話なんですけどね…! Tears Fall Spillsというサークルが良いというよりかはhyahyaoさんが最高なんだという事が良く分かりました。他のメンバーの方には酷い言いようですけどねww 詳しい感想は後日記事にしますのでお待ちを。
それと、ジャケ詐欺ばかりに注目がいっていたMajestic Righteousnessですが、やっぱり清々しいほどのB級クサメタルっぷりが素晴らしいですよねえ。今回不作ってことを抜きにしてもこの出来なら今回のM3新譜の中でも確実に上位に来ると思いますよ。あとQUEENパロが個人的にかなり面白かったw こちらも後日ちゃんと記事書きますんで。あ、でも一発目は一番期待してたMalikliyaにしますんで、というかもう既に文章は書けてるんで明日上げます。

秋M3お疲れ様でした。

今回のM3は不作だ不作だーとまるでネガキャンのように連呼してきましたが、蓋を開けてみればなんだかんだで楽しいイベントでしたね。無料配布はやたら多かったけど目的のところは全て無事に回収できたし、枚数だけで言えば今まで参加した同人音楽イベントで最高のCD数になりました。50枚近くあるかな。イベント後の充実感で言えば前回とほぼ変わらないですかね。

ただ、いざ帰宅して注目サークルのCDをいくつかリッピングしたんですが…やっぱり期待通りの内容とはいかなかったかな…。いや期待外れってほどじゃないけどヘビロテしたくなるほどの魅力はないというか…。例によって近いうちに感想記事も上げますが、絶賛できるほどの作品がないとやっぱりモチベーションは下がるかな…。まあ、前回の春M3はLost my Proustとてぐせ壱という超強力なツートップがありましたからね、あれに比べたら見劣りするのは仕方ない。まだ開封してない作品に凄いのがあるかもしれないけど。

しかし今回はジャケ詐欺が豊作だったというか、いや悪い意味でなく、ジャケが変な方向で気合入ってるのが多かったというかw 言うまでもなくMajestic Righteousnessが筆頭なんですが、shaky ART'sとかマジキチプログレコンピも無駄に豪華なジャケ絵ですよねえw あとブルートレインやばいでしょこのジャケww某有名バンドのジャケ丸パクリじゃないかww まあ偉い人(?)にバレなきゃセーフなんだろうけど壁配置だとちょっと目立つよねw

そういや幼蚕文庫にめっちゃ列が出来てて新譜も旧譜もあっという間に完売してたみたいだけど、ここってそんなに人気あったのか…。ちょっと意外というか、委託のHollow Mellowとの相乗効果であんな列になってたんだろうけど。
それと、お気づきになった方もいるかと思いますがオレウサのスペースにLost my Proustの無料配布がひっそりと置かれてましたよね…でもサークル名すら書いてないという酷い扱いっぷり。同人メタル最強のサークル(主観)がこんな扱いされてるとちょっと寂しい…。まあ、Lost my Proustの方々はぎゃぷいちさんとそんなに親交ないのかもしれないしご厚意で置いてもらってたのかもしれないから仕方ないかなぁ。でも冬コミで受かって自前のスペース獲得したら本領発揮できると思うし頑張って欲しいものです。

2014秋M3、無料配布まとめ

今回は無料配布が多すぎてイベント難易度やばいことになってるんで無料配布に特化したリスト作ってみました。まあ無料配布を全部網羅してる訳ではなくほぼメタル系だけなんですけどね。時間ないのでURLは省略します。



☆ え08b (幼蚕文庫に委託) Hollow Mellow
次回作の収録曲から2曲。ここは知名度高いけど枚数それなりに多いかな…どうかな

コ35a Kattria
昨年秋の作品ですが持ってない方は是非!

☆ コ35b Clef Doll
新体制の第一弾ということで是非入手しておきたい。

☆ サ01b SPARESPINE
次回作から先行シングル2曲。ここは前の無料配布でも余裕あったから大丈夫かな…?保証ないけど

サ02a んんんrecord
ゲーム音楽っぽいインストやってるサークルみたいだけどけっこうな曲数の無料配布らしい 

サ05b さくらソルフェヰジュ
そこそこ知名度ありそうだけど枚数は分からん…。

☆ サ13a CI Project
1曲無料配布。まあ曲数的に黄昏を優先ですかね。

サ14b Sterblich Magie
厳密には無料配布じゃなくて100円なんだけど無料配布みたいなもんですよね。夏コミで入手できなかった人は是非。まあ自分は持ってるからいいんですが…。

☆ サ20a 黄昏の旅団
新曲2曲を無料配布。知名度的にそんなにやばくはないと思うけど枚数少ないらしいから油断はできない。

☆ サ26b Crimdoll
序章の序章を無料配布。収録時間1分らしい。新規サークルだけど物語音楽という属性あるし枚数少ない可能性あるからちょっと読めない。Kattriaの前例あるしな…。

ス14a Dragon Guardian
ミカエル咲夜1stソロシングルを無料配布

ス14b Marmalade Butcher
過去作の曲を無料配布か?

ス16a 毎日五月病
このサークル自体の新譜はないんですが委託で無料配布あるらしい?

ス21b Eine Kleine
ここは次回作のデモらしいから無理してゲットしなくてもいいのでは。

☆ ス22ab Aurelia
ミニアルバムを無料配布という信じられない大盤振る舞い…。壁サークルだからそれなりの枚数あるといいなぁ…。


☆が付いてるサークルは回収失敗が決して許されないサークルです。これをどういう順番で廻るか…。開場までに考えておきましょうかねw
あと無料配布じゃなくともAEROWIFEとか完売早いサークルもありますからね。油断大敵です。こすもぽりたんも100円だし早そう。Majestic Righteousnessもジャケ詐欺の効果で売れ行き良くなったりとかあり得るか?w

2014秋M3直前! 注目サークルその9

明日は午後は雨になるっぽい?折りたたみ傘が必要になるかな。モノレールの景色楽しみたいから出来れば晴れて欲しかったけど致し方ない。台風よりマシだし。


サ10b Malikliya
https://soundcloud.com/bihagla/malikliya-1st-epkisaragi-xfd-m310b
今回のM3一番の期待サークルの試聴が来てました!! 良かった…もしここが新譜落としてたら今回のM3不作極まってたと思いますからねw
ボカロじゃなくて人間ボーカルになってるのは良いんだけど、ちょっと音の輪郭がぼやけてしまったというか、ボカロバージョンの方がシューゲイザーブラックとアニソン組み合わせたインパクトが分かりやすかった感もあるかもなぁ。でもやっぱり人間ボーカルは味わいがあって良いですよね。あとシューゲイザーブラック要素とV系要素ばかりでプログレメタル要素が目立ってないのも惜しいかなぁ。まあフルで聞けば間奏にプログレ要素ある可能性ありますけどね。
とりあえず試聴の段階でとやかく言ってもどうしようもないのでフル聞いてから色々書きたいと思います。今回の新譜開封の初手はここしかないですしね、はっきり言って他に候補がないw
毎度繰り返してるようですがこのブログの評価基準で重視するのはオリジナリティですので、いかに他と違う面白い音楽をやっているか、いかに目新しい音楽性を生み出すために試行錯誤しているかっていうのが重要だと思ってるんで、その点でこのサークルの期待度が非常に高いのは分かって頂けるかと。まあ個性って相対的なものだから、同じ音楽性のサークルが多数存在するゴシック系や民謡系が不利になるのは当然だし、決して個々のサークルの音楽がつまらないっていう訳ではないんですけどね。


う31a サークル大吟醸
http://blog.livedoor.jp/sio2to-daiginjou/
ギリギリで新譜の試聴が出てました。今回はジャズフュージョン系がメインでメタル度はちょっと控えめなのかな、それでもこのプログレッシブでテクニカルな展開はレベル高すぎですよね。やはりアレンジ系サークルのオリジナル参入で着実に同人音楽のレベル上がってきてる気がします。プログレに興味なくともゲーム音楽系インストを聞くリスナーなら確実に押さえておくべきサークルなのでは。


お07a LETTEARS
https://www.youtube.com/watch?v=eIVSt5u774I
新譜の収録曲が1曲フル公開されてますね。おーめっちゃクオリティ上がっとる。1stもクオリティは高かったけどなんとも言いづらい中途半端な音楽性だったので記事も書けなかったんですが、今回の新曲はブラックメタル的なアグレッションと疾走を導入して格段に進化してるしクリーンのサビがあるのも良いですよね。Djent要素も分かりやすくなってるかな。これはメタラーならマストバイでしょう。ただ、個人的には同人音楽的なキャッチーな要素のないエクストリーム系音楽はちょっと推せないですけども…。というかやっぱりメタル島から離れてるし配置ミスとしか思えない。


毎日五月病はやっぱり新譜ないようですね…うん知ってた! でもスペースにれむさんがアレンジで携わった作品の無料配布があるらしい?
http://maxbet777.blog.fc2.com/
shaky ART'sは音源は完成してるらしいけどクロスフェードはまだみたい。今回はDjent要素があるらしいので楽しみですね。というか魔術師メタルってやつは…新譜作ってる気配すら感じないんだけど…。アレンジ系サークルのオリジナル作品はけっこう期待してたんだけどなぁ。

不作だ不作だと連呼してたけど前日ギリギリにけっこう期待作上がってきたし、なんだかんだで楽しめそうですね。ただ、大量の無料配布を回収するというミッションを完遂できればの話ですけどね…! ほんと無料配布多すぎて難易度かなり高めのM3になってしまってる感ありますが、あとで無料配布まとめ記事上げようと思ってるんで。もう皆さん自前でリスト作ってるとは思うんですけどねw

2014秋M3のおすすめサークルまとめ

はい、という訳で早くもM3前日ですので、当ブログのおすすめサークルを旧譜中心で紹介したいと思います。どれも同人音楽マニアなら必聴の作品だと思います。ちなみになんで新譜は紹介しないのかというと…まあお察し下さいw


あ16ab ぱっちりひつじ
ゆめにっき 1
プログレ+童謡という非常に独創的な音楽を創造しているサークルです。ファンタジックな童謡がお好きな方、ちょっと変わり種な音楽が聞きたい方には超おすすめです!


サ22b ガロンダイト
シキサイ
今回は新譜ないようですが、この夏コミ発売のシングルの3曲目が必聴のキラーチューンなんですよ。サンホラ的な複雑な展開を擁した長めの楽曲なんですがメロディもアレンジも秀逸で非常に密度の高い楽曲になっています。ちょうどハロウィンをテーマにした曲なんで今回のM3で買うのに打って付けですよ!


サ20a 黄昏の旅団
眠る蒼穹と天使の羽根
オリジナル同人音楽では珍しい、声質の太い男性ハイトーンボーカルを軸としたメロディアスなロック系サークルです。今回の新譜は無料配布ですが、この1stシングルが素晴らしい出来なんで持ってない方は無料配布と一緒に購入おすすめしますよ。もちろん2ndも良いですよ。


コ38b Tears Fall Spills
Strangers EP
今回新譜あるんですけど、個人的にはこの1stが好きなんだよなぁ、改めて聞き直してみたけどやっぱり良すぎるわ1st…。このキャッチーなメロディといいプログレッシブなアレンジといいツボすぎる。たぶん春に1st買ってない方が多いと思うんで新譜と一緒に購入おすすめです。2枚買っても600円ですからねw


え24b Laralastudio
strange haired girl
メタルとプログレ系が中心のこのブログが推している数少ないポップス系サークルでございます。旧譜も含めて全部500円だしまとめて4枚購入もアリだと思うけど1枚だけ買うのならやっぱり名曲良曲だらけの1stがおすすめ。まだ在庫ありますよね多分。


サ14b Sterblich Magie
VERSUS.jpg
残念ながら新譜はないようですが、夏コミでゲットし損ねた方は今回購入しておきたいところでしょうね。というか、冬コミ2日目に新譜とかまじやめて!!!!!東方の日にせっかくのオリジナル作品を頒布とか勿体ないですって!!!それなら春M3まで延期した方が良いと思うんだけど…。


コ35a Kattria
Storyteller.jpg
昨年秋に無料配布され開場早々に瞬殺されたことで話題になったメタルサークルの1stシングルですね。今回再配布されるっぽいので持ってないメタラーの方々は是非。え?物語音楽?…このブログではここはメタルサークル扱いなんですよw



こうして旧譜の名作を並べてみたらなんだか今回めっちゃ豊作のような錯覚が湧いてきましたよ! というか、ここで並べた旧譜のうちの大半を持ってない方なら錯覚じゃなくて本当に豊作ですよ!!やったね!!!


そういや、進撃劇場版の主題歌のリンホラの曲、来月に劇場版サイズが配信されるらしいですね。フルバージョンは自由への進撃の時と同じで後編の曲と一緒にCDに収録されるのかな。一般的なアニソンって曲をバラ売りしてカラオケバージョンで水増ししたようなのばっかりだからリンホラの売り方って良心的に思えるんだよなぁ。というか、ヴァニスタって3曲入りで1000円、しかもそのうち1曲は15分もあって普通の曲の何倍もの密度を誇る楽曲なんだよなぁ、良心的な価格設定にも程があるだろ。同人CDでもカラオケバージョン除くと2曲で1000円とかいうのありますからね…サンホラと比べちゃうと色々とアレですよね…。クオリティ面で圧倒するだけでなく、価格面でもM3のハードル上げてしまうRevo先生…まじ鬼畜!

2014秋M3の注目サークルとか。その8

あーSterblich Magieも新譜なしかよ…。1曲でもいいから出して欲しかったんだけどな、でもおそらく楽曲は1曲くらいなら出来てるんじゃないかと思うけどジャケが用意できなかったのかもな…。また1曲のためにわざわざ絵師さんにジャケ書いてもらうのもしんどいんでしょうかね…。あとここは東方アレンジと並行してやってるからどうしても東方が優先になってしまうんだろうなぁ。例大祭もあるし。まあアレンジ系サークルのオリジナル活動は気長に見守るしかないですよね。

しかしながら…まじ不作でしょ今回…。うちの注目してる範囲外のサークルでも新譜ないところが多いように見受けられるし…。まあ、秋M3って夏コミからの間隔が短いから新譜が出づらいってのはあると思うんですけどね。しかし夏コミの時も不作って言ってた気がするんだけど…。でも、ここで溜めた分だけ冬コミと春M3でドーン!!と強力な作品が一斉に出るかもしれないですからね。全く悲観することはないですよね。
あと今回のM3で残された希望はMalikliyaくらいしかないけど、さすがにここまでギリギリな状況じゃ完成度の高い作品になってるとは考えづらい…。やっぱりサウンドクラウドにアップされてるボカロ曲をそのまま収録になるのかなぁ。まあボカロでもいいんだけど…出来れば人間ボーカルにして欲しいかな。人間ボーカルじゃないと幅広い評価も得られないと思いますしね。
あと情報出てないのは…毎日五月病か…ここは1曲でも出れば御の字か。あと新規サークルの魔術師メタルってやつか。まあここはインストだろうしな…。


サ12a Christ of tears
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24754521
詳細不明のメタルサークルの情報が来てました。どうやらエロゲソングアレンジサークルのオリジナル別名義っぽい? アレンジサークルにしては音がチープな気もしなくはないけど…まあ100円なら買いますよね。


G01b White Window
https://soundcloud.com/10calorie/2014m3-despair
カタログ上ではメタル的な匂いは全くなかったんですが…めっちゃメタルですなこのサークル。インストの東方メタルサークルがオリジナル出したらこんな感じになりそうみたいな雰囲気というか? 個性的な要素はないもののクオリティ高いですね。これで8曲500円なら買いでしょう。


サ13a CI Project
http://ciproject.net/
ここも無料配布か!今回無料配布多すぎだろwww まあここは春と夏で4曲シングル連続で出してましたからね…さすがに今回は1曲しか作れないでしょうね。



今回は無料配布多いこともあっていつも以上にしんどいM3になりそうですな…。ラインナップは微妙でモチベーション上がらないのに難易度ばかりが高いとかまじ勘弁…。
まあKattriaみたいに瞬殺されるサークルはたぶん無いとは思いますけどね。無料配布でなくともオリジナル同人音楽リスナーのメイン層に需要ありそうで尚且つ価格が安くて枚数が少なそうなところは警戒した方がいいですよ。Sterblich Magieも夏コミではかなり早かったですしね。

2014秋M3チェックリスト (メタル中心) (ほぼ完成)

このブログは基本的にメタル要素、プログレ要素のあるサークルを中心に扱うので、いわゆる幻想音楽やゴシックや民謡系などオリジナル同人音楽の主流となる音楽性のサークルはあまり紹介してませんのでご注意ください。ただ、メロディが良いとかボーカルの声が好きとか普通に音楽として魅力を感じた場合はもちろん載せますけど。

あとアレンジ系も基本扱いません。アレンジ系サークルさんにおきましてはオリジナル作品を発表されるのをお待ちしてますのでw





続きを読む

2014秋M3の注目サークルとか。その7


コ38b Tears Fall Spills
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24735580
やっと新譜情報来ましたねー。新譜なかったらどうしようと思ってましたよ。しかしながらクロスフェード聞いてみた感じでは…うーんこれはなんというか…。クオリティは凄く上がってるけど「普通」になっちゃいましたね…。1stは適度にプログレッシブなアレンジと垢抜けないヘタウマボーカルがJポップ的なキャッチーなメロディ歌い上げるのが凄くツボだったんだけど、今回のは一般受けはするだろうけど自分の好きな方向性じゃないなぁ…。こういうエモいメロディみたいのあんまり好きじゃないし…。
ぶっちゃけ、クオリティ高いメタルコアやスクリーモを聞きたいんだったら同人音楽じゃなくてメジャーの有名バンド聞けばいいんですよね。やはり同人音楽ならではのキャッチーさとヘタウマな味わいを求めてたんだけど…。一度洗練されてしまったらもう元には戻れないだろうなぁ。ちょっと残念だけど、でもフルで聞いたらまた印象変わるかもしれないですからね、まだ結論出すのは尚早でしょうけども。
誤解しないで欲しいですが、一般的なメタラーの耳なら今回の作品の方が確実に楽しめると思いますよ。うちの嗜好が異質なだけですからw というかこのクオリティと曲数で300円とか破格ですよねえ。買わない手はないですよ。


http://hm-rc.tumblr.com/
え、Hollow Mellow無料配布するの?? てっきりM3不参加だと思ってたんだけど…わざわざ委託参加ってことはもしかして落選だったとか? いや、壁配置サークルが落選とか考えづらいよなぁ、コミケじゃあるまいし。
というか次の新譜は過去曲リメイクアルバムなのかぁ。リメイクで2000円…ちょっと同人CDとしては購入迷うお値段ですねえ…。オール新曲のアルバムなら2000でも構わないけども。
それに、Hollow Mellowの1stはともかく、Tangled Knot以降の作品はどれもオリジナルバージョンの時点でこれ以上クオリティ向上させる余地がないくらい圧倒的な完成度だから今回のリメイクで良くなってるとは考えづらいんだよなぁ、疾走曲がバラードにアレンジされてたりしたら萎えるし…。でもプログレッシブなギタリストNemuさんのことだから、もしかしてリメイクでギターソロが2分くらいに延長されて超絶ドラマチックになってるかもしれない?いやまあそれはさすがにないとしても、どんなアレンジされてるかは気になりますよね。とりあえず無料配布のデモ版を聞いて判断しましょうかね。


https://twitter.com/PacchiriHitsuji
あーぱっちりひつじ新譜なしかぁ…。あーダメだわ今回のM3…。不作ですわ…。というか次回のM3で頒布するのも先行シングルなのかよ。じゃあアルバムは1年後かぁ…。ひょっとしたら夏コミ参加もあり得るかもだけど。
でも旧譜はあると思うし持ってない方にはおすすめですよ。1stアルバムもシングルもどっちも素晴らしい内容ですので。どうせこのブログ見てる人で旧譜持ってる人なんてほとんどいないと思うし皆さんにとっては新譜と同然ですよね?w
ゆめにっき 1
左カラムのおすすめCD欄でも紹介してますが童謡+プログレメタルという非常に独創的な音楽を聞かせる名作です。プログレに興味なくともファンタジックな童謡とか好きな方ならきっと楽しめると思いますよ。ちなみに、このサークルはうちが偏った趣味で推してるだけのマイナーサークルとかじゃないですからね、ATB邦楽プログレでもランクインしたほどだしプログレマニアも認める名盤ですからね。聞いておいて損はないと思いますよ。


Ariabl'eyeSも今回は本気作じゃないし黄昏も無料配布で本気作じゃないと思うしTears Fall Spillsもちょっと試聴の時点ではいまいちだし…。この下がり気味なテンションを覆すような希望をもたらしてくれそうなサークルというと…やはり新規サークルのMalikliyaかな。あとはSterblich Magieが予告通りアルバム出してくれるとか、毎日五月病が奇跡的に(?)アルバム出してくれるとか?

そんな感じで充電期間的なサークルが多い感じですが、本気作をぶつけてきたサークルも当然いくつかいる訳で、その中の1つはMajestic Righteousnessでしょうね。今回なんと10曲入りフルアルバムを発表するようなのですが、
METAL ANGEL REGENERATOR A-RISE
これは酷いwwww本気すぎるジャケ詐欺www力を入れる方向性を間違ってるww
まあ同人メタルでは男性ボーカルなのに美少女ジャケとかいう詐欺は日常茶飯事なんですが、これはその中でも一際やばいですねww 本年度の同人音楽ジャケ詐欺大賞に決定しました! このジャケ詐欺に引っかかる人がどれくらいいるのか楽しみですねえ(?)
同人音楽はジャケ買い率は相当高そうだしとりあえず美少女ジャケにしとけ!みたいのはアリだとは思うし、実際自分も綺麗なジャケだと衝動買いしたくなってしまいますからね。まあジャケは基本的に中身とは関係ないんだから自由でいいですよね。Lost my Proustみたいにジャケ詐欺はしないという信念持ってるサークルもいますけどね。

2014秋M3の注目サークルとか。その6

M3当日の天気はどうやら曇りのち晴れみたいですねえ。出来れば綺麗に晴れて欲しかったけど…まあ昨年の秋みたいに台風に脅かされないだけ全然マシですよね。


サ26b Crimdoll
http://crimdoll.tumblr.com/
注目のプログレッシブロックな物語音楽サークルのサイトが出来てましたよ!!! ネット上に全く姿を現さないサークルじゃなくて良かったw やはり70年代プログレッシブロックと物語音楽を組み合わせたような音楽性らしいですね…。というか、今回の頒布作品は無料配布とはいえ1分しか収録されてないのかwww そんなに短いのならwebで公開しちゃいましょうよw 後日webに上がるのかもしれないけど…。1分だけじゃなんとも判断しづらそうですよねえ。期待感は半年後のM3に持ち越しですかね。
まあこのサークルが期待通りの「本格的」なプログレなのかは現時点では全く分かりませんが、もしそこまで凄くなくとも、どなたかMoon SafariやA.C.Tみたいなファンタジー系同人音楽作ってみましょうぜ!みたいな想いは自分も常々抱いていたものですから、少なくとも方向性が近いと言えるサークルが出て来たことは喜ばしいですね。


コ26a AEROWIFE
http://aerowife.web.fc2.com/special/2014-M3-aki.html
新譜情報来ましたねー。PVになってる3曲目とかずいぶんとアグレッシブで疾走な曲調になってますな。でもモダンなメタルというよりスラッシュメタルっぽいかなぁ。1曲目なんてシンフォニックなド派手なアレンジでまるで別バンドみたいですが、でも基本的な部分は変わってないみたいで安心ですかねw 今回も期待できそうです。


今回の期待サークルのMalikliyaやTears Fall Spills、さすがにもう当日まで日がないですし新譜制作の進捗が気になってツイッターとかもちょこちょこ覗いてたりするんですが、制作状況とかほとんど語られてないからほんとに新譜出るのか不安になってきますねww まあツイッターは基本的に関係ない情報ばっかり流れるからよっぽど気にならない限りは検索以外は見ないですけどね…。フォローもしてないですし。


http://lostmyproust.jimdo.com/
Lost my Proustが1周年らしいですね。Happy Birthday(?) もしこのサークルいなかったら同人音楽へのモチベーションもかなり下がってたと思うしほんと生まれてきてありがとうと言いたいですよw というか今月末にコミケの当落発表なんですよね…。もしLost my Proust落ちてたらコミケ運営に抗議メールを送る所存です!…というのは冗談ですがまじ受かってて欲しいですよ。

そういえばATBドリームシアターも結果発表されてましたな。興味深い内容だったし明日あたりに記事書かないとな。そこそこ長くなりそうだし向こうのブログに上げるかな…。

2014秋M3の注目サークルとか。その5

ス22ab Aurelia
http://kuragemetal.com/
6曲入りミニアルバムを無料配布??? 仮にも壁配置になるくらいには売れてるはずなのに…どんな判断だよww まあせっかく無料配布するのならば貰いに行くしかないですな。あっという間に捌けてしまいそうな予感あるけど…。黄昏やClef Dollはそんなに急がないで大丈夫だと思うけどここは早めに行くべきかもしれない。試聴に上がってる曲はなかなかメタル度高いですなー。


ス11a 幻覚アリア
http://www.genkakuaria.com/
今回はボーカル曲2曲のシングルみたいですが、なんと2曲とも超疾走してるメタル曲という非常に分かりやすい方向性で攻めて来ましたね! 正直、ゴシック系はよっぽど気になるところ以外は1作買えば十分かなぁみたいな気分になりつつあるんですが、ここまで露骨にメタラーホイホイしてきたら乗せられるしかないでしょうw
というか今年出て来たばっかりのサークルなのに既にこの壁サークル的な風格…ほんと凄いクオリティですな。さすがにAsrielには及ばないけどEine Kleine辺りとは完全にタメを張れるレベルだし、オリジナリティ以外の要素は全て完璧だと思うわ。まあこのブログはオリジナリティ重視なんですけどね…。でも間奏にメタルコアっぽい要素ありそうだしオリジナリティも増加してるかもしれない? とりあえずフルが楽しみですね。


ス23ab Ariabl'eyeS  セ02ab -LostFairy-
http://arsmagnaxxx.web.fc2.com/ars022.html
ArsMagnA合同アルバムのクロスフェード来てますね。正直、今回の合同アルバムって各サークルとも単独でアルバム作れるだけの制作の余裕ないから発案された苦肉の策なんじゃないかなと勘ぐっていたんですが、案の定というか、特にAriabl'eyeSの収録曲が弱いかもなぁ…。まあAriabl'eyeSは今回とらのあなコンピに曲提供してますし、それに前作と前々作であれだけの力作を生み出してる訳ですしね、さすがにあのクオリティを連発するのは厳しいですよね…。今回は小休止的な作品という感もありますかね。毎回全力の作品出してるサークルはどうしたってマンネリしますからね…むしろ小休止入れたのはサークルの魅力を持続するという観点から言えば正しい判断なのでは。本音を言えば初期みたいに3曲入りのシングルでも全然構わないんですが、まあそれだと単価が安いとか色々と問題あるんでしょうね…。
それと、eupeさんが-LostFairy-脱退してしまうそうで、まだ2作でしか歌ってないのに惜しいなぁ。SeraphもArsMagnA離脱するらしいですが、Seraphの方はなんと今回フルアルバム出すらしいですし、Ariabl'eyeSと-LostFairy-で共通している「楽曲を絞ってクオリティ保つ」という基本路線とは相容れなくなったのかな。というかあとドラムね…。毎回しつこく書いてるようですがArsMagnAサークルの足を引っ張ってるのはドラム音源のチープさのような気がしてならない。後発の幻覚アリアに負けまくってますよw そういえばMalvein helixってどうなったん?



そんな感じでArsMagnAも本気作品ではなさそうだし、やはり今回のM3の命運は新規サークルとTears Fall Spillsとぱっちりひつじの新譜に託されたという感じでしょうか…。まあこの辺のサークルに関心あるリスナーは少ないでしょうけど自分のモチベーションに大きく関わるので!
あとSterblich Magieも期待ですね。また1曲だけでも全然構わないですしなにか聞かせて欲しいですよね。まだ既存曲は2曲しかない訳ですし。AEROWIFEはまだ情報出てないですが新譜はあるっぽいですね、良かった良かった。


https://twitter.com/m3doujin/statuses/523501762779426819
あーこれやらかした事あるわ…羽田空港眺めてきましたよ。初めてM3行く人とかいたら気をつけましょう。まあ東京湾の景色を満喫したければあえてやらかすのもアリか?いや無いなw

2014秋M3の注目サークルとか。その4

あくたむしアルバムやっぱり延期かぁ。まあ今までも散々延期してるみたいだから全く驚きはないですけどね。もし冬コミ受かってたとしても結局また延期して実際出るのは春くらいになりそうな予感。まあクオリティ上げてくれるんだったら全然構わないんですけど。あくたむしは1曲1曲の完成度がずば抜けてますからね。アルバムもきっと妥協のない圧倒的な内容になってるんでしょう…と期待しつつ待ちますかね。リリハルさんもきっとそんな感じでアルバムまで力を溜めてるんですよね…?
あとは、ぱっちりひつじの新譜が出るかどうかだよなぁ。
http://www.pacchiri-hitsuji.com/
ブログに「間に合うのか~!間に合わないのか~!」なんて書かれてるからけっこうギリギリなんだろうけど…どうなるのか。


サ21b That's Silly tone
http://transient-hopeep.tumblr.com/
ボカロでDjent系メタルコアやってたサークルのメンバーのソロプロジェクトなのかな? 今回は人間ボーカルみたいですね。価格もお手頃だし買っておきたいですな。サウンドのクオリティは高いけどボーカルはちょっとヘタウマ風味なのが良いですよね(?)


コ18a UT-9
http://tsnw.soragoto.net/sw_htc/
巻末キーワードのヘヴィメタルのところにあったから気になってた新規サークルですが、特設サイト公開されてますね。試聴はまだだけど。というか、どうやらお隣に配置されてるrelateのメンバーが立ち上げた新サークルっぽいですな。じゃあクオリティもrelateと似たような感じかなぁ。まあメタル路線ということなら期待したいですが。


ス13b Ether
http://www.ether-music.com/
なんとボーカル曲6曲入りのミニアルバムとは…。こんな短いインターバルでこんだけ曲を作り上げるとはほんとに職人芸の域ですなぁ。まあ収録曲の多い新譜が短い間隔で出るのは嬉しくはあるけど…せっかくボーカル交代で心機一転してもアルバム連発してたらあっという間にマンネリもあり得るから難しいところですよねえ…。
地底都市とかいうからどんよりしたダークな作風かと思いきや、ずいぶんと明るい曲が多いですねー。2曲目は久々にRyoさんが歌ってますがこの歌声が入ると以前のEtherの雰囲気に戻りますねw お約束のラスボス系の疾走メタルも完備されてるし期待できそうですね。


ArsMagnAの情報も出てますが記事はクロスフェード出てからで。まあよっぽどギリギリで作業してない限り中堅以上のサークルの情報はこの週末で出揃うでしょうけど。うちの応援してるようなマイナーサークルは…やっぱりギリギリだろうなぁ…。

2014秋M3の注目サークルとか。その3

http://www.m3net.jp/attendance/circle.html
やっとM3公式リストが公開されたのでこっからサークルチェック本番だーと張り切ったのも束の間、サークルカットで興味惹かれたけどいざチェックしてみたら微妙だったりとか肝心の気になるサークルがURLなかったりでやっぱりテンション冷めました…。
Tears Fall Spills、あくたむし、ぱっちりひつじ、あと新規サークルのMalikliya、このブログ的にはこの辺が今回の目玉だと思ってるんで、詳細情報が出て来たらまたモチベーション上がると思うけど。


サ26b Crimdoll
URLコネ━━━━━('A`)━━━━━!!
しかしですね、この紹介文、
「女性ボーカルと語りによるシンフォニックなプログレッシブロック。本格的なプログレサウンドにファンタジックな物語。今後は更に映像やパフォーマンスと、活動の幅を広げていきます。」
…本格的なプログレ???まじでそんなに本格的なの?本格的ってどれくらいのレベルを示唆してるのかな、Moon Safariレベルだったら凄いけどまあそれはあり得ないとして同人音楽での本格的プログレっていうと…月読レコードとか? まあ月読レコードはあんまり自分の好きなタイプのプログレじゃなかったから記事にもしてないけど…。いずれにせよ自分で本格的とか言っちゃうくらいなんだからそれなりのレベルなんでしょうね。あと、「プログレ」じゃなくて「プログレッシブロック」と言い切ってるのが重要ですね。「プログレ」だけだとかなり範囲広くなってしまって、ゲーム音楽とか民謡とかジャズ要素をプログレって呼んでる場合も多々ありますからね。「プログレッシブロック」なら確実に狭義のプログレを指しているはず。
しかし音源が全く公開されてないとなると期待のしようがないというのが実情ですな。CDを実際聞くまでは何とも。おすすめすら出来ない。


か02b Niusounds
http://www.niusounds.com/m3-201431179.html
前回は民謡系だったからスルーしてたけど今回はオリジナルメタル路線みたいなので買っておこうかな。全曲インストみたいですが、ドラえもんアレンジで歌ってた男女ボーカルの方々が歌ってたら尚良かったんだけど…まあそのうち作ってくれること期待してます。


Etherの情報も来てますが記事はクロスフェード公開されてからにします。
http://www.toranoana.jp/info/dojin/sephirothic_traumerei/index.html
そういや、このとらのあなコンピって会場じゃ販売しないんですかね?スペース名とか書いてないんだけど。発売日がM3の日になってるのに…帰りにアキバのとらのあな寄れって事か?面倒くさいなぁ…。
まあ、とらのあな企画なだけあって、ずいぶんと大仰な宗教っぽい図とか「お前らこういうのが好きなんだろ?」的な媚び媚びな雰囲気が充満してますが…。設定はともかく、こんだけ参加サークル豪華なら皆さん無条件で買うでしょうけどね。まあ個人的にも大天使Renaさんのボーカル曲が入ってるってだけで確実に買いますけどねw


http://galloundight.web.fc2.com/
ガロンダイト1st収録曲のPVまた作ってたんだ、でも選曲が微妙というか…3曲目とか4曲目とか11曲目の方がキラーチューンだと思うんだけどな。というか、いい加減にサイトも更新した方がいいのではw 夏コミ新譜の情報が未だに載ってないというのは勿体ない。やっぱりアルバムよりシングルの方が新規リスナーも買いやすいと思うんでそっち推した方が得策な気もしますし。うちもイベント直前に改めて宣伝するつもりですが。


https://twitter.com/triplevision_jp/status/522066182099046400
え、これってまじ!?Peripheryのメンバーが参加!? …いつの間に世界レベルになってたんだ…。同人離れしたテクニックだとは思ってたけどまさかここまでとは思ってませんでした…。なんか物凄く遠い存在になってしまったように感じますね、いや身近な存在だなんて思ったことも一度もなかったけどw これM3で売ったりは…しなさそうだよな。


チェックリストの方もちょこちょこ更新していきますんで。まあ偏りまくりだからあんまり参考にはならないと思いますがw

2014秋M3の注目サークルとか。その2

2週間前の週末だから新譜情報がいっぱい出てくるかなーと思いきや、うちの注目サークルはあんまり情報出なかったですね…。今日の夜あたりに出るのかも。


コ19b Siltone
http://siltone.holy.jp/kilcmylo/
新譜クロスフェードも来てますね。なんと今回はみーやさんと葉月ゆらさんがゲスト参加という、まあお二方共ゲスト参加自体は全く珍しくないんですが、同人音楽女性ボーカルのパワー系とゴスロリ系(?)の最高峰を揃えてる感が実に豪華ですよねえ。
まあこのサークルは専属ボーカルさんも十分上手いんですけどね。しかしやっぱりゲストお二方の歌唱はずば抜けてますよね。ぶっちゃけ今までこのSiltoneは歌よりも緻密でド派手なインストの方が目立ってた感があるんですが今回は歌ものとしてかなり完成度上がってそう。そんな訳で個人的にゴシック系では一番の期待の新譜ということで間違いないですかね。まあそもそもゴシック系はそんなに買わないと思うけど…。


サ20a 黄昏の旅団
http://tasogare-no.jimdo.com/music-1/
今回は無料配布か…。いつもなら無料配布うわあああああやめろおおおおとか書くところですけど、まあここは前回M3の時もイベント後に無料配布音源をサウンドクラウドにアップしてくれてましたからね、たぶん取り逃がしても問題なさそうですけども。
今回はけっこうヘヴィ路線で攻めて来ましたね、あえてこれを無料配布するということはやはりメタラーに焦点を定めた感じなのかな。過去作は美少女ジャケで作風も割とファンタジー系っぽい感じだったしそういう系のリスナーに売ろうというスタンスだったのかもしれないですが、やっぱり男性ボーカルならメタラー狙いの方がいいですよね。書きたいことは色々あるけどここで書くとイベント後に書くことなくなるから止めておきましょうw 無料配布だしイベント直前にまた宣伝しておきたいですね。


コ35b Clef Doll
http://ameblo.jp/clefdoll/
ここも無料配布か。しかし無料配布だけど気合入れて作ってあるみたいなこと書かれてるし是非ゲットしておきたいですな。女性ボーカルが変わってるらしい。


コ23a Majestic Righteousness
http://majesticrighteousness.tumblr.com/
まさかの10曲入りフルアルバムwww 再録やインスト含まれてるとはいえ気合入れすぎでしょww 正直言えばこういうサークルは曲数を増やすことより1曲1曲のクオリティを上げた方が得策のように感じるんだけど…まあいずれにせよ気合入ってそうだし楽しみですね。たぶんボーカルは相変わらずのヘナヘナだろうし同人メタルマニア向けの内容だと思いますけどねw というかタイトルがラブライブっぽいけどイメージソングとかなのかね? まあ曲がオリジナルなら別にいいや。



あと新譜情報を一番待ちかねてるのはTears Fall Spillsですね、新規サークル除けば今回のラインナップで一番期待度が高いので。

ATBプログレメタル結果発表

https://twitter.com/ATB_musicJP/statuses/520587471470350336
いちおう結果リスト貼ってみましたけど、これいちいちダウンロードしてエクセルで開いたりしないといけないから見るの面倒くさいんですよね、トゥゲッターも見づらいし…後で見やすいようにブログとかにまとめてくれないかなぁ。他のATBプログレシリーズも一緒で。これを参考にしてプログレ系を聞き始める初心者のリスナーだっていると思うし不親切な仕様じゃ勿体ないと思うんですよね。
さて結果の方ですね。もう予定調和としか言いようがないImages and Wordsの1位獲得。まあプログレメタルというジャンルそのものを築いたと言われる名盤ですしね…。個人的にはTrain of Thoughtのほうが好きなんだけど、そのTrain of Thoughtも7位に入ってますね!このアルバムそんなに評価高くないと思ってたのでこの位置に来たのは意外なのと同時に嬉しいですねー。
上位は王道な作品で埋まってる気がしますが、意外な物も入ってますね…Emperorってブラックメタルじゃないの? なんでこんな上位に…。A.C.Tは49位か…もうちょっと上に行って欲しかったけどメタルというカテゴリじゃ難しいか。プログレと呼ぶにはメタル寄りだしメタルと呼ぶにはポップすぎるという…ジャンルという括りで評価するのが難しい音楽性なんですよねえA.C.Tって。それに対しFrost*の健闘っぷりが凄い。プログレでもプログレメタルでも30位前後という。やはり2000年以降のプログレ系ジャンルを代表する名作ということなんでしょう。日本勢では五人一首が最高位か?実は聞いたことないんだけどカオティックコア系なのかな。あと75位のインギー…なるほど確かにインギーもインストだとプログレっぽいと言えなくもないのか。


そういやラウパ、ヘッドライナーのマノウォーがキャンセルでまたも大荒れですねえ…みんなマノウォー参加決定した時はずいぶんと盛り上がってましたしね。ブチ切れな人もけっこういそうですね。もうこんな体たらくじゃラウパ色々と無理なんじゃないの。まあ自分は行かないからいいんですけど(二度目)


更に話は変わりまして、10月頭はサンホラ新譜とM3サークルチェック開始に加えて秋の新作アニメも開始という盛り沢山すぎる期間だった訳ですが、実はまだ録画溜めまくってて初回すら見れてないのが多いです。とりあえず見た中ではフェイトの圧倒的な作画パワーとビルドファイターズの抜群な安定感が気に入ってるのですが、アニソン的にはテラフォーマーズのOPが興味深いですよね。これかなりプログレッシブな曲ですよ。幕開けはJAM Projectみたいな勇壮なコーラスなんですが、それに続く間奏がピコリーモ的なトランスメタルにカオティックなリズムが絡んでなかなかのインパクトです。AメロとBメロもプログレッシブなリズムの効いたカオティックな展開なんですがサビではストレートなパワーメタル的な疾走展開になりメロディも再びJAM Project系で熱い熱い。アウトロもずいぶんとカオティックだし一般アニソンリスナーからは気持ち悪いと思われそうなくらい挑戦的な楽曲ですよね。カオティックコアとピコリーモとクサメタルを見事に組み合わせたような実に刺激的な楽曲ですが、これ演奏してるアーティストはTERRASPEXというこのアニメ主題歌のために作られた音楽プロジェクトみたいです。
http://whv-amusic.com/terraspex/
とりあえず作編曲担当の堀江晶太って方が気になるんですが、検索しても同名の子役俳優ばっかりヒットしますね…。もしかして別名義で活動してるのかもしれないけど。EDも同じ方が作編曲やってるみたいですが、OPみたいにカオティックな曲じゃないけどこっちも良曲なんですよね。こういう方向性のバンドがあったらアルバム聞いてみたいですわ。
ちなみに、テラフォーマーズのアニメ本編はというと…。グロ規制が酷すぎてなんだかなぁって感じですね。あの黒丸規制はギャグにしかならないからやめた方がいいと思うww 基本的には進撃の巨人と同じベクトルの作品だと思うんだけど…色々と惜しいよなぁ。

http://17.pro.tok2.com/~nijiden2/akutamushi/
さて、テラフォーマーズと言えばあくたむしな訳ですが(無理やり繋げた)、あくたむしの新譜はかなり期待してますね。春のプログレコンピの曲が超強力でしたからねえ、あのレベルの楽曲でアルバム作られてたら最強だとは思うんですが、ただアルバム発表は昨年から何度も延期されてるみたいだし今回も出ない可能性あるかもしれないなぁ。まあクオリティ上げてくれるなら延期でも構わないですけども。

あ、M3の記事は明日上げます。今日の夜あたりから新譜情報が一気に出て来そうな予感ありますしね。チェックリストはまだ全然未完成ですけどけっこう気になるサークル増えてきましたしモチベーションは徐々に上がってきましたよw URLのない新規サークルで気になるところいくつもあるんだけど公式のリスト出るまで待つしかないな。

2014秋M3の注目サークルとか。その1

何度も言ってしつこいようですが、今回のM3はサークルチェックのモチベーションが上がらない…。本命サークルが欠落してるし、それに重ねてサンホラの新譜の出来が非常に良かったこともありそっちにテンション持っていかれてますからね。Revo先生M3のハードル上げるのやめてくださいw
というか、オリジナル同人音楽聞いてるような層って今のサンホラは既に見限っていて過去のサンホラの面影を追い求めてるようなリスナーさんが多いような気がするし、そもそもサンホラ新譜とか買ってすらいないという人がけっこういそうですが…まあその話題はとりあえず置いておきましょう、3記事も消費してグダグダ書いてますしねw


え24b Laralastudio
Hello shooting starバナー
クロスフェード来てますねー。1曲目と4曲目はかなり前から公開されてましたけど、他の2曲も聞いてみた感じだとやっぱり2ndに近い作風かな? 2ndよりかキラキラしたアレンジになっててアニソン寄りになってるけど。相変わらずのハイクオリティな楽曲とサウンド、そして柳かおりさんの素晴らしいボーカルも完璧ですが、でも今回は自分の好きなタイプの曲ないかもなぁ。2ndでいうと「ゆらゆらムーンライト」みたいな曲が好きなんですよ、分かりやすすぎる趣味ですね! まあでも、毎回手を変え品を変え色んな音楽性を聴かせてくれるのがいいですよね。クロスフェード聞いただけじゃ部分的にしか分からないしごちゃごちゃ述べるのはフルを聞いてからにしますw


サ10b Malikliya
http://malikliya.com/
今のところ今回のM3で一番期待してるサークルはここですかね。まあサークルカット見て頂ければ分かると思いますが、こんだけ堂々とProgressive Metalって書いてあったらそりゃあホイホイされない訳がないw
今のところ公式ページで公開されてる音源はボカロ曲しかないんですが、この曲なかなか面白いですよね。いわゆるシューゲイザーブラック的な曲調ですが所々のアレンジにプログレッシブなセンスも感じられるかな? あとメロディがキャッチーだしすごく良いんですよ。他にシューゲイザーブラックやってる同人サークルってAl-Kamarくらいしか知らないけどあっちはこういうアニソン的な要素はないですもんね。やっぱりこういう実験的な方向性と同人音楽特有のキャッチーさを上手く両立させたサークルというのを個人的に待ち望んでるんですよね。
このままボカロでCDに収録するのか人間ボーカルで再録するのか分かんないですがいずれにせよ期待したいです。もうちょっと分かりやすくプログレメタルな曲があったら尚良いんだけども。

Interview with Noel (※正式にはeの上にウムラウトがつきます)

という訳でヴァニスタ感想のPart3です。

Amazonレビュー見たらけっこうヴァニスタ不評多いですね…。まあ意外でもなんでもなく、よだかショート聞いた時点から賛否両論になるのは分かりきってましたけども。熱狂的なローランの方々の感想ばっかり眺めてたから麻痺してたけどやっぱり一般的な評価となるとこんな感じなんだろうなぁ。
実をいうと個人的にもよだかショート聞いた時点では不安あったんですけど、Interview with Noel聞いて「やっぱりRevoさんの作る音楽にハズレはないな!」と再確認したんですよね。この曲は確実にサンホラ史上で上位に来る楽曲ですよ。音楽アーティストは星の数ほどいるけど、この人の作る音楽なら絶対に信用できるなんてアーティストはサンホラくらいしかいないかもなぁ。

今回の作品にガッカリしてる人達って、サンホラに対して何を求めてたんだろうか、やっぱり女性ボーカルとかファンタジー的な雰囲気とか民謡的なアレンジとかアニソン系のキャッチーなメロディとかそういうのが気に入ってたんでしょうかね。だからRevoボーカルのみでメタル要素がメインの今作にガッカリしてるんでしょうけど、でも前回の記事でも述べた通り、Revoさんの音楽の下地ってメタルとプログレだと思うんですよ、それが伊藤賢治さん経由の影響か直接的な影響かは分かんないですが、とにかくメタルとプログレだと思うんです。だからメタルとプログレが好きな人ならRevoさんがどんなジャンルの音楽を作ろうが付いていけるんじゃないかと。根っこの部分が共通してるから表層的なアレンジが変化しても問題ないんですよ。事実、自分はサンホラ作品にハズレ作品は全くないと思ってますしね。
まあ、今作にガッカリしてサンホラ見限るようなリスナーいたらとても残念ではあるんですが、その一方で、見限ったリスナーを横目に「やっぱりサンホラの真の魅力はメタルとプログレ好きじゃないと理解できないんだよ!」という歪んだ優越感を抱いてるのも事実ですねw

あと、考え得る賛否両論の要因として、今回はリスナー側で補完する要素が少なめであるという点もあるでしょうか。前回の記事にも書いた通り、ブックレットに曲中にない情報がご丁寧に載ってるし、セリフも無いからいちいち聞き取って書き起こしたりする必要もないし、英語のナレーションも雑誌名をちょろっと喋るだけだからやはり聞き取りの必要ない訳で。深読みさえしなければ考察とかほとんど必要ないレベルで分かりやすいストーリーなんですよね。さすが事前に入門向けと言われてただけあるというか。
しかしながらこれだけ分かりやすいと考察好きなリスナーさんには物足りないかもしれないですねえ、解読や謎解き要素がここまで少ないと…。デラックス版のイシューには公式の二次創作(?)まであるらしいですし…二次創作的な妄想の余地も少ないのかな。
だから今回は隠し要素のどう考えても読めない「手紙」のほうに考察派の関心が集中してる感じか? でもこの手紙、「君の想像力で補ってもらいたい」ってわざわざ書いてあるから解読は不可能ってことだよね? 解釈の自由が故、つまり正解は存在しないってことで、炙ったり水に浸したりしても無駄なのではw

でも個人的には今回の「分かりやすい」ストーリーけっこう気に入ってるんですけどね。ストーリー分かりやすいからキャラクターにも愛着を持ちやすいというか、特にインタビュアーの3人ですね。3人とも良キャラですよねえ。山さんは上っ面だけじゃない真の人格者って感じがするし、ノエルの嘘に感づいてる洞察力にも感嘆しますね。マリィマリィは尻軽かわいい(?)。ゴスロリ少女って感じだけど実際は少女じゃなくてBBAかもしれないけどまあその辺は脳内補完で!そういえばpixivにマリィマリィのかわいい絵があったから貼っておきましょう。

イメージ的には山さんがcv大塚明夫、マリィマリィはcv沢城みゆき、鋭士がcv中井和哉って感じかなぁ、ベタかもしれないけどw
でも主人公のノエルにはあんまり愛着ないんだよな…。なんというか、Revoさんが演じるにはちょっとノエルの見た目が若すぎるというか…イメージに乖離があってですねえ。ノエルくん二十歳前後に見えますもんね。

あと、考察要素は少なめかもしれないですが、今回の「幻想と現実」が入り混じった世界観はかなり魅力的だと思うんですよね。今回は現代日本が舞台ということで、今までのファンタジー的な世界観とは打って変わってかなり身近な雰囲気になってるとは思うんですが、なによりも主人公のノエルとRevoさん自身が重ねて描かれてるのが非常に面白いですよね。初めてのバンドがメタルバンドとか打ち込みで活動してたとか、あと「ピアノの前に座ってられるような子じゃなかった」ってエピソードもRevoさん自身のものらしい? まあ自分はにわかだから知らないけど雑誌のインタビュー記事でそんなことが語られてたらしいです。他のローランさんの受け売りですが。
まあ完全にノエルとRevoさんがイコールなはずはないけど(こんな波瀾万丈なロックンロールな人生な訳ないw)、Revoさんの理想とするロック的人生がノエルというキャラクターなのかもしれない?

そして、幻想と現実が入り混じっている世界観が一番顕著に現れてるのは、やはりInterview with Noelのラスト部分ですよね。ここが今作の最大のサプライズだと思うんですけど、なんと楽曲の中でリアル世界でのイベント予定を歌い上げてるんですよ。聞いてない方は「は?」って怪訝に思われるかもしれませんが、まじで歌の中でOctober 26,27とか渋谷公会堂とか歌ってるんですよw これは衝撃的というか、ぶっちゃけサンホラ以外には許されない禁じ手というか、いやサンホラでもこれはさすがにやばいでしょうw ロックアーティストが現実を歌うってことは別に珍しくはないかもしれないですが、日付と会場まで歌い上げるとかこれはリアルにも程があるw
今まで徹底してファンタジーな世界を歌ってきたサンホラがここまでリアルなこと歌うってのは何か明確な意図があるんでしょうけど…。

ノエルくんはRevoさんの分身もしくは過去のRevoさんであると同時に、Sound Horizonという音楽プロジェクトそのものの擬人化でもあるかもしれないですね。
ノエルくんはハーフっていう設定みたいですが、サンホラも「音楽」と「物語」が結婚して生まれたハーフと言えるし、その異質さから「異端」(キモい)と言われ非難されてきたという点でも共通してますからね。そう考えると「陰口の雨に打たれ」「強い言葉は弱い心映す鏡のように」のくだりとか2ch等でサンホラを批判してきた人々への苦言とも解釈できそうですが、まあ、ここの歌詞がそのままRevoさんの本音だとしたらちょっと厨二くさいかもしれないですけど、どこまでノエルというキャラクターでどこからがRevoさん自身の想いなのか…。
あ、それと、普通に考えればハーフという設定は音楽と物語のハーフだと解釈するでしょうけど、うちのブログのスタンス的には「プログレ(+)メタル」と「アニソン(Jポップ)」のハーフという説も推しておきますw

まだ書きたいこといっぱいあるけど一応ここで止めておきます…さすがに疲れたw サンホラの音楽は密度が高すぎて本当やばい…。更にあと2記事くらい書けそうですよね。
そういえばAmazonで楽曲のデジタル配信もやってますけど、Interview with Noelも他の2曲と同じで250円で配信してるんですね…15分の曲が250円とかまさに同人価格! 普通MP3のバラ売りだとプログレ系の長い曲は価格が高かったり「アルバムのみ」になってたりするのになんという良心的な価格設定なんでしょうか。1万円の超高価なデラックス版と廉価版の両極端な価格設定は実に戦略的なものを感じますね。でもバラ売りで買うのはあんまりおすすめ出来ないですね。この曲はブックレット見ながら聞かないと流れを把握しづらいから十分に楽しめないかもしれないし。まあ当然ながら楽曲だけでも最高なんですけどね。

FC2やばいの?

http://blogos.com/article/95631/
うーん、前々からFC2は黒い噂があったみたいですけどいよいよ本格的にやばそうですね…。ライブドアブログとかに引っ越したほうが良いの? でも他ブログサービスってデザインがいまいちなんだよな…。FC2ってテンプレートのデザインが秀逸なんですよね。編集画面のUIも分かりやすいし。まあいちおう引っ越しも検討しておきますが、出来ればFC2ブログを他の運営会社が引き継ぐみたいな形になって欲しいですね。


ラウパのラインナップ、仮面女子とかいう地下アイドルが出演ということでずいぶん荒れてたみたいですねえ…。BABYMETALはメタラーからも評価されてますけど、さすがにここまでよく分からんアイドルだと悶絶メタルさんほどブチ切れじゃなくても困惑は必至でしょうな。仮面がスリップノットっぽいから抜擢されたとか? 曲聞いてないからメタルかどうかなのかは分かんないですけどね。もうラウパなんて見限ってノットフェスに期待しようぜ的な流れが加速しそうですね。まあ自分はどっちも行かないから別にどうでも良いんですが(なんじゃそれ)

そういえば、ATBプログレメタルに続いてATBドリームシアターなんていう企画までやるらしいですな。どこまでATB続くんだよww まあドリームシアターは作品数多いしATBムーンサファリよりは全然マシだけど。

ヴァニスタの感想の続きはまた明日辺りにでも上げます。その気になればあと2記事くらい書けそうだけどしんどいからあと1記事で締めますがw 考察しなくてもこんだけ書くことが有り余ってるんだから考察してる方々はもうブログにも書き切れないくらいなんじゃないですかね。シングルでこの有り様なんだからアルバム出たら何個記事を消費することになるのやら…。
そういや悶絶メタルさんのサンホラ作品のレビューって昨年あたりからスルーされてる気がするけど、まあどうせセルアウトって言われるんだから飛ばしてもらった方が有り難いですよね…w 心なしか最近は同人音楽レビューも減ってきてる気がしなくもないけど…まあ東方とゴシックばっかりで飽きが来るとか連呼なさってますしね…。東方勢のオリジナル参入で流れが変わるのかどうか。

あ、M3のチェックリストの方はヴァニスタのテンションが一段落したら作りますんで…。

ヴァニスタ感想(続き)

なんというか、サンホラ新作出るとしばらく類似の音楽…つまりアニソン系や同人音楽系を聞く気が失せるってのありますよね。やはり歴然とした差があってですね…。まあクオリティ面ならば同人音楽にも上手い演奏者はたくさんいるし特にボーカルならRevo氏より上手い方なんていくらでもいるでしょうけどね、でもやはりオリジナリティとか世界観とか全体的な完成度とか総合すると圧倒的なんですよね。
実は先週は六弦アリスの過去作とかけっこう聞いてて、たまたま聞いたアルバムがプログレ寄りの作風でドリームシアターみたいな曲もあったりしてこりゃすげえ!さすが大手だわーとか思ってたんですけど、それでもサンホラと比較するとさすがに分が悪いw もちろん六弦アリスも凄いサークルですけどね。
サンホラと比較して見劣りする…みたいのは昨年の秋M3の時にも経験したことだけど、でも昨年のハロ夜は個人的にサンホラ作品で上位に来るほどじゃないかなって感じだったんですが今回のはInterview with Noelが強烈ですからねえ。これに対抗し得る同人音楽はちょっと見当たらないかも…。やっぱりM3前にサンホラ新作出るのはきつい、まあしばらくしたら同人音楽モードに戻ってサークルチェック再開しますけどねw

さて前回の続きで各楽曲についてですね。まず「よだかの星」、これは先行公開されていたショートバージョンとそれほど大きく印象は変わってないかな。個人的に聞き所だと思ってるソロ後半部分のプログレっぽいパートもショートVerの時点でしっかり含まれてましたしね。フルでの聞き所はやはりCメロのRevo氏の高音の歌唱でしょうかね、ぶっちゃけサビよりCメロの方が盛り上がるタイプの楽曲ですね。
あと、歌詞の考察とかは出来ないですけども、「Love me Do」ってフレーズはちょっと気になりますね、これビートルズのデビュー曲のタイトルですよね。ロック史上最高の知名度を持つ世界的バンドのデビュー曲のフレーズを架空のバンドのデビュー曲に持ってくるってのは…なんか意図があったりするのか? 深読みかもしれないけど。

Motherはイントロからしてやばい。バスドラ連打からベースが乗る展開、ここめっちゃプログレメタルっぽくないですか?まあすぐにツインリードが乗ってオーソドックスなメタルになるんですけど。というか疾走しないからメタルってよりかハードロックって感じかな。これも二期サンホラらしくないというか、起伏が少なく安定した展開を持つ楽曲で、ある意味でよだかより聞きやすいかもしれない。しかしその聞きやすさの裏では楽器隊がテクニカルな演奏を披露していて、実に緻密なアレンジがなされていることに気づくでしょう。特にベースの活躍は耳を惹きます。ただサビメロの盛り上がりが若干足りない感もあるかな、ツインリードのリフの方がキャッチーな気もしますね。この曲はライブ限定曲だったということで、メロディの出来が正式作品の収録曲に比べて若干劣るのは仕方ないか? いや普通に良い曲なんだけどサンホラ的な魅力とちょっと違うというか? でも聞いてて一番気持ちいい曲はこれかな。3曲目は密度が濃すぎて聞き流すとか出来ないですから。

そして真打ちの「Interview with Noel」ですね、もう今回の新作の魅力の7割はこの曲が担ってると思います、よだかとMother気に入ってる方には申し訳ないですがw
前回の記事にも書いた通りメタル要素が主体だし、メロディ面でも「こんなに良メロを惜しみなく使っちゃって次のアルバムでネタ切れしたりしない?」って心配になるくらいには強力なメロが揃っていて、まさに現在のサンホラの全部を注ぎ込んだような楽曲だと思いますね。ただ「名曲」と呼んでいいのかは分からない、二期サンホラの長尺曲って基本的に組曲ですからね、「1曲」としてカウントしていいのかどうか(冥王とか宵闇は1曲とカウントしていいと思うんだけど)。むしろこれ1曲でミニアルバムだと解釈したほうがいいかもしれない。それくらいの密度と存在感ですよ。

この曲、15分という長尺から容易に想像できるとは思いますが、超複雑な構成でいつもにも増して目まぐるしく曲調が変わるジェットコースター曲なので、入門用を謳っておきながらなんじゃこれ!初心者が聞いたらこんなの聞いたらドン引きだよ!みたいなツッコミをけっこう見かけましたけど、でも意外に初心者向けな作りになってる気もするんですよね。
まず英語ナレーションを除けばセリフが全くないんですよ。やはりサンホラに拒絶反応を起こす人ってほとんどセリフに対してですからね。それがないからリンホラ同様に割と一般向け意識してるのかも? SEも大人しめですよね、いつもけっこううるさいしw
あとなんといってもブックレットですよ、いつもならば曲中のセリフがブックレットに全く記されてないから必死に聞き取らないといけなかったりとか、あらすじ把握するだけでもなかなか大変だったんですが、今回はその逆で、曲中にない情報がご親切にもブックレットに補完されてるんですよ。そのおかげでブックレット読みながら聞けば一発で大まかなあらすじは把握できるんですよね。いつになく分かりやすいストーリーです。ただノエルが嘘をついてるという要素があるから提示されてるストーリーが本当なのかは定かではないんですけど、まあそこまで深読みするのは考察好きな人だけでしょうし、うちらみたいな浅いリスナーは物語はあらすじだけ把握しときゃ満足ですからね。Moiraなんてあらすじ把握するだけでも一苦労だったしw
まあしかし、シンプルな曲と超複雑な大作という両極端できっと初心者は混乱必至だろうし、現実的に考えて入門用とは言い難いですよね…やっぱり最近の作品じゃなくて普通にRomanとか聖戦のイベリアで入門した方がいいでしょうなw

この曲、3つの音楽雑誌のインタビュアーとの対談形式で進行していくんですが、それぞれの音楽雑誌に対応して曲調が変わるという構成になってるんですよね。1つ目の雑誌は「HEAVY EDGE」、まあこれは名前から察してメタルやヘヴィーロック系の雑誌でしょうな。この雑誌のインタビューパートで流れる「テーマ曲」はヘヴィなギターリフでいかにもメタルと言った感じです。返答するノエルの曲調も疾走感あるシンフォニックメタルだったりロックンロール風だったりですね。
2つ目の雑誌は「SOUND AROUND」、この雑誌はオールジャンル歌謡系と書かれてるんですがテーマ曲はジャジーでまったりしてますね、返答するノエルの曲調もバラードっぽい感じが多い。
まあここまでは良いんですが、3つ目の「V-ROCK HEAVEN」ですよ、これ名前からしてV系の雑誌だと思うんですが…テーマ曲はどう聞いても様式美メタルって感じなんですけどw RevoさんにとってのV系ってこういうイメージなの? メタル寄りなV系でもこういう曲調はあんまりないよなぁ。まあ光の闇の童話とかV系っぽいって言われてたけどあれも歌い方が耽美なだけであって曲調自体はメタルでしたしね、やはりRevoさんのルーツにV系は含まれてないことは確かかなぁ。というかV系のイメージとしてX JAPANが充てがわれてる可能性もあるか。まあXってV系ってより完全にメタルですけどね。
という訳で、この曲のジャンル的な配分はメタル+ジャジー(オールジャンル)+メタルで全体的な構成がプログレ…という感じになるんでしょうか。やっぱりプログレメタルですなぁ。まあプログレメタルっていうとドリームシアター系の技巧的な演奏を主体としたメタルを指すことが多いから、(広義の)プログレ+メタル、と言ったほうが正確ですけどね。Revoさんの半生をモチーフにしてそうな集大成的楽曲がプログレ+メタルだということはやはり大きな意味がありそうですよ。Revoさんのルーツって伊藤賢治さんって言われてるみたいだけど、ゲーム音楽の影響だけでこういう音楽性になるとは思えないし、やっぱり音楽的ルーツは「元ネタ」晒すことにも繋がるから敢えて公言しないってこともあるんじゃないのかな。

まだ書きたいことあるけど長ったらしくなってるし続きはまた後日…。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析