Ariabl'eyeS「片翼のロマンシア」

片翼のロマンシア

何度も書いてますがこの3rdシングルが未だにAriabl'eyeSの最高傑作だと思ってるんですよね。というかAriabl'eyeSというサークル限定じゃなくて今まで聞いた同人音楽全部を含めて考えても3曲入りシングルでこれを越える作品ってないような気がするんですよ。ある意味で究極の同人音楽シングルとさえ言いたくなる、大げさかもしれないですがw
それに加え、実は自分が同人音楽に興味を持つきっかけにもなった作品だったりするので、色んな意味で思い入れ深い作品であります。

そんな思い入れのある作品なのにも関わらず、この作品の記事はブログ開設した直後に書いたということもあってかなり簡素な文章しか書いてなかったので、せっかくなのでこの機会に書き直しておこうと思い立った次第であります。
まあ、文章を長ったらしくすりゃ良いって訳でもないんですけどね、要点だけを短く完結にまとめた文章のほうが優れてるという事もあるでしょうし、実際そのほうが読みやすいですからね。でも書きたいこと全部書いてると自然に長ったらしくなっちゃうんですよねw
あと誤解がありそうですが、評価の高さに比例して文章が長くなるということもないです。良い内容なんだけど情報が少なくて書くことないっていう作品もありますからね。その逆に、内容はそれほど良いって訳ではなくても、話題性が高い作品っていうのは情報が豊富だし長文を書きやすいですからね。
まあ、こんな得体の知れないブログの長文をいちいち読んでる人はあんまりいないと思うので、ざっと文章の固まりを眺めた後に、文章量が多い=評価高い、という風に判断する人もいるんじゃないかと想像するのでやはりおすすめ作品は気合入れて長文を書く必要はあるんだろうなと感じてはいますがw

関係ない前置きが長くなりましたが本題に入りましょうw
まじ天使!なRenaさんが全編でボーカルを務めるAriabl'eyeSの3rdシングルですよ。もう同人音楽最高の歌姫(主観)であるRenaさんが全曲歌ってるというだけでも非常に大きな価値があるんですけど、それに加え収録曲の全てがキラーチューンと言っても過言ではないほどの奇跡的な楽曲充実度。そしてジャケ絵も最高すぎる。もう全ての要素が完璧と言ってもいいくらいの出来ですよね。
サウンド面では弱点あるけど(その弱点は未だ克服されていない…)、その弱点すらも「同人音楽らしさ」という観点から評価すればプラス要素になり得ますからね。
(まあ今のAriabl'eyeSはもう大手サークルにリーチかけてるくらいの位置にいる印象あるからそういうマニアックな良さみたいな観点で評価したくない気持ちもあるんですけど…それはまた別の話ですねw)

という訳でその最強の3曲入りシングルについて語っていきましょう。
まず、まじ天使!なRenaさんの歌声についてですね。前々回の記事から連続で語ってるしいい加減しつこいかもしれませんがw
しかしこの3rdシングルでのRenaさんの歌唱って今とちょっと違うんですよね。今ほどロリ系っぽくないというか甘ったるくない歌い方なんですよ。特に1曲目で顕著なんですけど、初期のFukiさんを彷彿とさせるパワフルさというか、少なくとも全然ロリって感じじゃないですよねw 今の甘々な歌唱も素晴らしいんだけど、この力強い歌唱も捨てがたいよなぁ。
何で歌い方を変えたのかってのは気になる所ですけど、自主的に変えたのかもしくはコンポーザーのリゼさんから指示があったのかは分かんないですが、現在のツインボーカル体制のAriabl'eyeSではLunaさんが力強い歌唱をメインでやってますからね、Renaさんは甘々ボーカル担当って感じで、上手く役割分担して結果としてバランス良くなってるのでやはりそういう意味で今の歌い方は最適なんでしょう。
それにしてもこのシングルでのRenaさんの歌唱の表現力の豊かさ、もう溜め息が出てくるレベルですよねえ。こんなすげえボーカルがいるというだけでも同人音楽まじとんでもないですよ。

そしてその至高のボーカルが歌い上げる楽曲がこれまた半端ねえ訳ですよ。どの曲も凄まじいメロディの完成度、まじ3曲ともアニメ主題歌レベルの出来ですよね。つまりアニメ主題歌が3曲入ったシングルが500円で売ってるみたいなものですよ。そう考えると改めてとんでもない作品ですなぁ…。こりゃ同人音楽の凄さを味わうには最適な作品でしょう。

さて各楽曲について書いていきますが、まず1曲目の「EDEN」、言うまでもなく名曲なんですけど、これって実はAriabl'eyeSの楽曲では珍しいタイプの曲調ですよね。V系っぽさもないしメタルってほどでもないし。「アニメ主題歌系」とでも言えばいいんですかね、この存在感というか貫禄はまさにアニメ主題歌って表現が一番しっくり来る気がするんですがw あとシンセの音が他のAriabl'eyeSの曲で使われてない音色だから異色な感じがするのかな。
サウンドはスカスカなのにも関わらずボーカルも楽曲も一分の隙もない完璧すぎる出来で、同人音楽特有のアンバランスなクオリティというのを実感できる曲でもありますね。
Renaさんの歌い上げる歌メロの素晴らしさは言うまでもないんですが、この曲はツインリードのギターフレーズも最高にかっこいいですよねえ。Resonant Soundの方がギター弾いてるみたいですが(実はResonant SoundはCD買ったことないのでよく知らないのです…)、近作でゲスト参加してるHollow MellowのNemuさんにはさすがにテクニックで及ばないものの、非常にドラマチックなギタープレイを聞かせてくれますね。

2曲目の「罪深き冒涜の饗宴」、これも何気にAriabl'eyeSの他作品で類似する曲がない気がする。このオリジナリティというか、独自色が強いというのも3rdが至高に感じる理由なのかもしれない。あとこの3rdって収録曲同士も独立性が強いというか、各曲が完全に個性を確立していて「キャラが立ってる」感があるんですが、しかもそれでいて完全に統一感も感じられるという奇跡的なバランス感覚がありますよね。これも他作品にはない輝きですかね。
この曲、基本的に疾走曲なんだけどただツービートで駆け抜けてる感じじゃなくてリズムにも変化があって、しかも雰囲気も明るいようでいてダークさもあったりとなかなか一筋縄でいかない曲調な気がしますね。唯一、ギターリフがヘナヘナなのが惜しいんだけど…。

3曲目の「Asphodelos」、これがまた名曲なんですよねー。これは典型的な疾走曲で、サビも高音域の歌唱でドラマチックに盛り上がるしとにかく超分かりやすいキラーチューン。これは類似曲が多いというか、今のAriabl'eyeSのスタイルを確立した楽曲という感はありますよね。しかしこれを越える曲は未だ作れてない印象。

フルーツパンチさんのジャケも、書き込み等のクオリティでは近作のほうが気合入ってる感はあるけどやはり一番好きなのはこの3rdなんだよなぁ。この絶妙な色合いと雰囲気…。

そんな訳で、アニメ主題歌級の楽曲が3曲入りで500円、改めて凄すぎる作品ですよね。
同人音楽の入門用にも最適だと思うんですが(実際自分もこれで入門した訳ですし)、しかし残念なことにすでに完売して今は廃盤扱いになってるみたいなんですよね…。なんて勿体ない…。
これはAriabl'eyeSが自サークルの新規リスナー獲得の機会を逃してるだけでなく、同人音楽全体の新規入門者を逃してると言っても過言ではないのでは? つまり同人音楽シーン全体の損失…!
…まあそれは大袈裟すぎかもしれないですがw 素晴らしい作品なので是非とも再販して欲しいものです。


スポンサーサイト

ArsMagnA「PhantasmagoriA Ⅰ」「PhantasmagoriA Ⅱ」

ArsMagnAの2サークルの新作を紹介したついでにこのコンピの記事も書いておこうと思います。これでAriabl'eyeSに関しては現状で発表されてる全部のCDの記事を書いたことになるはず。(-LostFairy-は廃盤の1st持ってないんだけども)
そもそも、ArsMagnAって何なの? サークル名なの? みたいな疑問があったりするんですけど、まあ悶絶メタルさんのレビューにもあった通りインディーズレーベル的な位置付けと考えておけばいいんですかね。まあレーベルってよりサークルの連合体みたいなイメージですけど、詳しいところはよく知りませんw

コンピの参加サークルはお馴染みのAriabl'eyeSと-LostFairy-に加え、Seraphとネクロフィリカの4サークルになっています。
過去にこのArsMagnAコンピは2作出ていて、どちらも冬コミのタイミングで発表されてるから、昨年末の冬コミでも出るかな?と予想してたんですけど結局何も出なかったから、もうこういうコンピはやらないのかもしれないですね。
このコンピ作るには各サークルとも新規の楽曲を提供しないといけない訳ですが、そのためには貴重な自サークルの楽曲ストックを削らないといけない訳で、シングルばかりだった初期とは違って毎回ミニアルバムをリリースしてるAriabl'eyeS、-LostFairy-にとってそれは厳しいでしょうしね。そもそも両サークルともわざわざコンピで「宣伝」する必要なんてないくらいに知名度上げてると思いますし、コンピのために楽曲ストック削るのはデメリットこそあれメリットはあんまりなさそうですよね。ネクロフィリカとかはどうだか分かんないけど。

PhantasmagoriA Ⅰ

まず、コンピ1作目の「PhantasmagoriA Ⅰ」ですね。これはリリースが2011年冬コミみたいなので、Ariabl'eyeS、-LostFairy-各サークルの2ndと3rdの合間のタイミングってことになるんですかね。
このコンピ1作目のお目当ては何と言ってもまじ天使!なRenaさんが歌うAriabl'eyeS提供曲ですよ。6曲目なんですけど、他の収録曲をすっ飛ばして真っ先に聞きましたともw
しかしいざ再生してみると、あれ?これほんとにRenaさん歌ってるの?別の人なんじゃね?って感じで違和感があって最初は戸惑いましたね。なんかずいぶん声低いし…。でもよくよく聞くとRenaさんの声質だなぁと納得しました。今のRenaさんの歌唱って割とロリ系というか、かなり高音主体な歌い方に聞こえるんだけど、改めて3rdを聞き直してみると、実はこの頃は今ほどロリっぽい歌い方じゃないんですよね。むしろ低音がしっかりしてて声質太い感じというか。このコンピ収録曲はその3rdの更に前の歌唱だからもっとロリ度が低かったというか?
という訳でこの曲でのRenaさんの歌唱は「天使の子守唄」というタイトルとは裏腹にあんまり天使な感じじゃないかもしれないですが、こういう歌唱もこれはこれで味わい深いですよねえ。というか、むしろこの歌唱がRenaさんの元々の歌い方で、今のロリ歌唱は実はけっこう無理して高い音出してるんじゃないかという憶測すら出て来てしまうのですが真相は定かではありませんw
楽曲としてはメタル系のバラードみたいな曲調で、こういう曲調は他のAriabl'eyeSの曲にはないのでなかなか新鮮ですねえ。またこういう曲調やってみるのもアリなんじゃないでしょうか。

あと、もう1つのお目当てだった-LostFairy-の提供曲は1曲目収録の「Worldend Prelude」ですね。これも物騒な曲名とは裏腹にかなり明るい曲調で、3rd収録の「アルビノの騎士」に近い雰囲気ですかねえ。ギターソロのフレーズも似てるし。コンピ提供曲ということでイレギュラーな曲調にしたのかもしれないですが、個人的にはこういう明るい曲調好きなんですよね。それにV系よりメタル寄りな感じもあるし。
ボーカルはhatoさんですが、やっぱりhatoさんが歌ってると-LostFairy-って感じがするよなぁ。現ボーカルの方々もすごい上手いんだけど、やっぱり-LostFairy-のイメージって未だにhatoさんの歌声と繋がってる感じなんですよね。hatoさんって今はどうしてるんですかね、別サークルで活動してたりするんですかね?

2曲目、3曲目はSeraphの提供曲ですが、やはりAriabl'eyeSと-LostFairy-に比べると印象が薄めですかね。曲調も割とよくあるアリプロ系で個性もいまいちだし。Seraphも「神話龍燈」級の名曲がもういくつかあればなぁ。ボーカルさんはロリ系の声質とかも使い分けてて器用だとは思うんだけど歌唱の安定感や個性では上記2サークルのボーカルさん達に及んでない感じかなぁ…。
4曲目、5曲目はネクロフィリカで、V系男性ボーカルの歌う曲と女性ボーカル曲が1曲づつ収録されてます。男性ボーカル曲のほうはけっこうかっこいいですねえ。ちょっとボーカルが耽美系すぎて鼻につくんだけど、もうちょっとストレートな歌い方だったらかなり良かったかもしれない。割とメタル寄りな楽曲だし。
6曲目はSeraphの光ノ巣さん作曲で海紅さんとhatoさんがツインボーカルで歌うというコンピらしいコラボ曲ですね。やっぱりツインボーカルだと豪華な感じあっていいですねえ。コンピ2作目のラスト曲のトリプルボーカルには及ばないんだけど。

PhantasmagoriA Ⅱ

そして続けてコンピ2作目「PhantasmagoriA Ⅱ」です。これは2012年冬コミ(ちょっと発売延期したみたいだけど)ということでAriabl'eyeSの4thと5thの合間か。
1曲目の-LostFairy-の曲はこれもhatoさんボーカル。これもアルビノの騎士っぽいかな。やっぱりhatoさんってこういう明るい系の曲調のほうが合う気がするなぁ。
2曲目、Ariabl'eyeSの提供曲はLunaさんボーカルですね。これは4th、5th辺りのLunaさんボーカルの疾走曲とほぼ同様の曲調ではあるんですが、サビのメロディがちょっとイレギュラーな感じあるかも?
Seraphとネクロフィリカの提供曲は…1作目とほぼ似たような感じかな(適当)。
そしてこのコンピ2作目の最大の聞き所はやはりラストのトリプルボーカル曲でしょうね。hatoさん、Lunaさん、海紅さんの共演する豪華コラボ曲です。これはもうサンホラ二期みたいな派手さがあって聞き応えたっぷりですね。このコラボ曲だけでもこのコンピ聞く価値あるかも。

Ariabl'eyeS「蒼月ラメント」

蒼月ラメント

Renaさんの歌声は同人音楽一ィィィィィィィ!!!!

…はい、これが言いたかっただけです。言いたいことも言ったし今回はこれで…。

というのは嘘ですけどもw 書きたいことは山ほどありますw
毎度毎度言ってるようですけどRenaさんの歌声は同人音楽界最強だと思う訳ですよ。ロリ声ボーカルなら同人音楽にも沢山いるんですけどね、この方みたいに力強さを併せ持っていて尚且つしっかりメロディを歌い上げてるボーカルってかなり希少ですよね。同人音楽だけじゃなくてメジャーのアニソンに範囲を広げてもこういうボーカルって少ないかも。つまり、日本一ィィィィ!!!にしても構わないかもしれないw
陳腐な表現ではありますがまじ天使の歌声って呼びたくなりますよ。Renaさんまじ天使。略してRMT。…RMTって…響きがやばいですなww

…そんな感じでAriabl'eyeSの話題でいつもRenaさんにばかり言及しがちなこのブログですけど、もちろんこのサークルの魅力はRenaさんだけではありません。
大まかにこのサークルの魅力を列挙すれば、①Renaさんの歌声、これは絶対外せないんですけど、次に②意識の高いメロディ、そして③美麗ジャケットイラスト、やはりこの3つが「他サークルと差を付ける要素」として大きいかなぁと思います。

①は分かるとして、②と③は何なんだよ、と疑問が湧くんじゃないかと思うんで順を追って説明していきたいと思いますw
前作の感想記事で確か、この新作で同人メタル最強クラスのクオリティに近づいた、みたいなこと書いたと思うんですが、まあそれには異論はいっぱいあると思うんですよ。勿論、東方は除いたオリジナル同人メタルで最強クラスっていう意味なんですけど、それでもこのサークルは未だにサウンド面では弱点が残ってるし、演奏面でもゲストミュージシャンに支えて貰ってクオリティを底上げしてる感じですからね。それでは最強とは言えないという異論もあるでしょうね。
でも前述の3つの要素が突出してるというだけでも「最強」なんじゃないかと思うんですよ。おそらく一般的なメタルの基準ではサウンドのクオリティや演奏技術は必須の評価事項でしょう。でも同人メタルってちょっと特殊なジャンルだからこの3つだけで十分な気がするんですよね。

まず①ですね、なんせ同人音楽最強(主観)のボーカルを擁してるんですからこれは説明不要でしょう。Lunaさんの声質はともかく、Renaさんの「アニソン的」な声質は一般的なメタルでは評価されないかもしれないですが、同人音楽には最高に適した歌声と言えるでしょうね。そしてRenaさんとLunaさんの声質の対比によって生まれる絶妙なバランスも今のAriabl'eyeSの大きな武器の1つでしょう。

そして②ですが、「意識の高いメロディ」って何だよ、と思われるでしょうけど、これはちょっと説明しづらいですね、自分で勝手に生み出した適当な用語なのでw
まあ要するに、「名曲」を生み出そうという気概が感じられるメロディとでも言えばいいんでしょうか。なんとなく分かって頂けると思うんですが。
この「意識の高いメロディ」聞かせるアーティストってメジャー含めてもそんなに多くはないと思うんですよ。これに関して最も分かりやすい好例はやはりSound Horizonでしょうかね。言うまでもないことですが、サンホラは一期も二期も名曲だらけ。まあサンホラはちょっと別次元ということもあるんですが、天賦の才能というのも勿論あるでしょうけど、良いメロディを生み出すことに対する執念とでもいうか、そういうのを感じられるか否かですね。
この用語の対義語として「惰性のメロディ」ってのを想定してるんですが、これもなんとなく分かって頂けますよね。最初聞いた時は良いメロディだと感じるんだけど、アルバム2枚くらい聞くと同パターンのメロディばっかりで飽きるっていうやつ。これは枚挙にいとまがないというか、クサメタル系とかメロコア系は大抵そんな感じですよねw
そしてこのAriabl'eyeSは前者に当てはまる訳ですよ。毎回毎回「新しい」メロディを聞かせてくれるという。これは本当に並大抵なことではないと容易に想像できますよね。メロディセンスの引き出しの豊富さが問われる訳ですが、才能に併せて、並々ならぬ努力があってこそこの豊富なメロディパターンが実現しているんだと思います。
実を言うと、今回の新作も試聴の段階ではメロディのパターン尽きてきたかなぁみたいな印象もあったんですよね。ちょっと過去曲に似たメロディとか聞き覚えあるようなメロディが散見されますし。-LostFairy-の記事でも書きましたが、いちいちマンネリマンネリうるせえなぁと思われるかもしれないですが、期待してるからこそマンネリが怖いっていうのはあるんですよw
でも実際CDで聞いてみたら、楽曲から溢れ出る「意識の高さ」に感服したという訳ですよ。もう、なんていうか、「名曲を作らねば…!」みたいな執念というか、使命感さえ感じられますよね、この作品。決して惰性の楽曲、捨て曲など収録はしないという心意気というか。これを「意識高い」と言わずになんと言えというんですかw こういうオーラを発してるサークルってそう多くはないと思うなぁ。

そして③ですね、美麗なジャケ絵ですよ。音楽作品なのに重要な魅力の1つにジャケを加えるってどうなの?という疑問もあるでしょうけども、言うまでもなく同人音楽においてはジャケットの重要度は非常に高いと思うんですよね。やっぱりオタク文化って視覚中心の文化だと思うんですよ。M3ではともかく、コミケレベルで考えれば多くの参加者にとって音楽は基本的に「BGM」でしかない。だからジャケが美麗であることをサークル自体の魅力にカウントすることも妥当かなと思うんですよね。
Ariabl'eyeSのジャケ絵はほんと満点だと思いますね。フルーツパンチさんの絵の素晴らしさは言うまでもないんですが、それに加え初期から絵師を統一して、色調も青系で統一することで完全にブランドイメージを作り上げてることが素晴らしい。ここまで音楽のイメージとジャケットのイメージで相乗効果を生み出せてるサークルって少ないのでは。

さて、具体的な楽曲の話題に移りますが。
1曲目の序曲、同人音楽のミニアルバムでは定番のインスト曲ですけど、今回の1曲目はプログレ寄りのゲーム音楽というか、割と聞き所がある気がする。
2曲目「Lament」、Lunaさんがボーカル担当の疾走曲ですが、前作の2曲目とほぼ同系統の曲調だけどあの曲の勢いには及ばない気がする。でもメロディはしっかりしててさすがの完成度。ゲストのNemuさんの奏でるXっぽいギターソロは相変わらず超ドラマチックで、これのおかげでメタル曲として確実に底上げされてますな。ゴシック系同人メタルとして申し分ない出来。
3曲目「残酷な天秤と鳥籠の少女」はRenaさんとLunaさんの初のツインボーカル共演曲。-LostFairy-の方もそうでしたがツインボーカルを活かす方向性で行くことにしたようですな。ツインボーカルにすれば豪華さを演出できるのと同時に、各ボーカルの苦手な音域をカバーし合えるだろうしメリットはかなり多そうですよね。
この曲はバッキングのギターがすごい頑張ってるのが印象的で、影ながら細かくテクニカルなフレーズを弾きまくってますよね。しかしテクニカルに弾ききれてないというのが正直なところで、Nemuさんのギターソロに比べると拙さが目立ってしまってますが、それでもテクニカルなフレーズ入れるという心意気は買いたいというか?w
(バッキングを翼って方が弾いててソロをNemuさんが弾いてるんだと思ってるんですが違ってたらすんませんw)

4曲目「久遠の星空」はお待ちかね(主に自分が)のまじ天使なRenaさん担当曲。初っ端からまじ天使な歌声すぎてとろけますねえw まじ天使な歌声を最大限に活かす素晴らしい楽曲だと思います。これくらいのテンポの曲だとV系っぽさが露呈する感じですよねえ。
5曲目「Calendula」はLunaさん担当曲で、これもまた名曲感あふれてますなぁ。メロディとか前作のラスト曲に似てる気がするけど、前作の曲よりはるかに盛り上がる展開ですねえ。ギターソロがまた最高なんですよね、今回はNemuさんの貢献度が相当に高い気がする。
6曲目は「月蝕アルカディア」の1曲目のリメイクバージョンですね。正直、個人的にはリメイクの収録は楽曲の使い回しっぽくてあんまり好きじゃないんですが、この曲に関しては素晴らしいの一言。Lunaさん単独で歌うオリジナルバージョンとは比べようがないくらい豪華なアレンジになってます。ぶっちゃけ、聴き比べるとオリジナルバージョンがかなりしょぼく聞こえるw
このリメイクバージョンのほうはツインボーカルになっててまじ天使なRenaさんが加わってるだけじゃなく、キーも上がってますし、ギターソロも豪華になってて盛り上がりが段違い。
5thと今作はコンセプト的にも繋がりあるっぽいし、ラストにこの「再演」を持ってきた構成も必然性があって良い感じですよねえ。むしろこの再演で盛り上げるためにオリジナルバージョンが地味に作ってあったとしたら凄いw

前作がかなりの出来だったと思うんですが今作もそれに匹敵する出来になってると思いますね。正直2作連続でこのクオリティ保ってるのは凄いと思う。Ariabl'eyeSもまだ全然「登り坂」ですよね。まだまだ惰性なんかとは無縁だと今作で証明してくれたと思います。
しかし、それでもまだ3rdシングルの高い壁は越えられてない気がする…。果たして次で越えられるかどうか…?

あと、ついでに「オリジナリティ」の話題もしておきましょうか。ここ最近いつも書いてる気がしますし。
このAriabl'eyeSはいちおうゴシック系に分類されてそうな気がしますが、比較的明るい雰囲気の楽曲が多いのでダーク系が売りの他サークルとは十分差別化できてますし、しかし明るいとは言ってもポップというレベルまで行ってないのでポップス系とも当然差別化できてますし、V系からの影響は確実にあると思うけど他のゴシック系サークルほど露骨にV系要素はないので埋没もしておらず、メタル要素もあるけどこれもまた露骨じゃないのでメタル特有のマニアックな敷居の高さもなく、要するにどれか1つの要素に偏らずに様々な要素をバランス良く含んでいるので十分なオリジナリティを築けてると思うんですよね。
というか同人音楽最強のボーカルを擁してる時点でそれがオリジナリティになっている気もしますがw

-LostFairy-「呪われし亡国のメフィストフェレス」

呪われし亡国のメフィストフェレス

ArsMagnAのいつもゲストが豪華なほう、-LostFairy-の新譜です。
なんじゃその紹介はw って思われるかもしれないですが、いやでもマジな話、-LostFairy-のイメージって「いつもゲストが豪華なサークル」って感じで定着してそうでアレなんですけども…。
実際、今回の新作も前評判では声優の上坂すみれさんが参加してるとかKrik/Krakが参加してるとかそういうことしか言及されてなかったのではないでしょうか。これだけ音楽的に充実した内容なのにねえ。
ほんと素晴らしい内容だと思いますよ。詳しくは後述しますが、-LostFairy-の最高作候補なんじゃないかってくらいの出来だと思います。豪華ゲストで釣る必要なんて微塵もないくらい、音楽だけで十分すぎるほどの魅力を持ってますよね。

ゲストミュージシャンを迎えること自体は有益だと思うんですけどね、イベント前にもちょこっと書きましたが、姉妹サークルのAriabl'eyeSみたいに自らの音楽に足りないものを自覚した上でそれを補う目的で達者なミュージシャンにゲスト参加してもらうという事なら非常に有意義だと思うんですけど、-LostFairy-のほうはどうも知名度を重視してゲストを呼んでる気がしてならないので…。
そんなことしなくても音楽の魅力だけで勝負できるだけの実力を持ってるはずなのになぁ。
でもそんなにこの界隈は甘くはないのかな、もし実力だけで勝負して真っ当な評価が得られるんだったら同人音楽シーンの現状がこんな風にはなってないよなぁ…。東方や艦これに頼らずにオリジナルで売るってだけでも相当に難易度が高いことなんでしょうね。

あと、Ariabl'eyeSに比べると-LostFairy-は「ライバル」が多いというか?
-LostFairy-は同系統のサークルたくさんいるから差別化を図るのが大変という事情があるのかなぁ。
Ariabl'eyeSもいちおうゴシック系に分類されてるとはいえ、明るめの雰囲気でゴシックというよりシンフォニックメタル的な趣きで着実にオリジナリティ築いてるのに対し、-LostFairy-の典型的なゴシック系の音楽性は上にも下にも同系統がうじゃうじゃいますからね。豪華ゲストで差別化という手段も使わざるを得ないのか。

さて具体的な楽曲についてですね。
1曲目は丸ごと有名声優の上坂すみれさんの語りトラックです。声優さんのギャラって拘束時間で決まるっていうけど、これくらいのセリフ量だとおいくら位なんでしょうねえ…。とか下世話なこと考えてしまうのは仕方ないですよねw 今回は能登さんの時と違って1曲目以外にもセリフ入ってるから、おそらく能登さんよりは上坂さんのほうがだいぶランクが下なんだろう…。とか皆さんも考えてしまってますよね?w

2曲目「ニゲルの肖像」、これがけっこう新機軸というか、個人的にもかなり気に入ってる曲ですね。これは従来なかった曲調というか、メタルでもV系でも民謡でもなく、言うなればクラシック曲をそのままロック的にアレンジしたような独特な趣きの楽曲で(というかシューベルトの魔王のアレンジ曲ですね、だいぶ後で気付いたw)、リズムのアレンジも高度だし、はっきり言ってこれは「プログレッシブ」と表現したくなりますよ。「またプログレかよ」って思われるかもしれないですが、ここで先日取り上げたプログレコンピの「UNA SEA」を思い出してください、あの収録曲がプログレならこれもプログレに入ると思いませんか?w (やっぱりこういう時に便利ですなw)
まあ、クラシカルとはいっても、あくまでV系からの影響の延長線上で作られた曲だろうし、Noelさんがプログレの影響受けてるとは思わないですが(マリスミゼル系のバンドでこういう曲調ありそうだし)、でもまあこの前も書きましたが無意識の影響ってのもありますしねw
同人ゴシック系って基本アリプロ系かV系かの二者択一みたいなところあるけど、もっとこういうプログレと呼べそうな凝ったアレンジの曲が増えて欲しいなぁと思いますね。それによって多様性が生まれてくると思うんですよ。
ボーカルはeupeさんと夢姫さんのツインボーカルで、2人ボーカル体制になったんだからツインボーカル曲やるのは当たり前の流れだとは思うんですけど、この曲はeupeさん単独でも良かったかもなぁ。だって、ボーカルの配分がねえ…。今回の新作、夢姫さん単独曲が2曲あるのに、eupeさん単独曲は1曲しかない訳だし…。それに夢姫さんというか悠季さんはGILDIAと掛け持ちだから専任ボーカルといえるのはeupeさんのはずじゃないですか、なのに担当曲が少ないというのはなんかねえw

3曲目「Diabolic Eye」は夢姫さんボーカル曲で、これがまた素晴らしい。これはV系の度合いが濃い楽曲で、Aメロの歯切れの良いシンコペーションからしてV系の展開ですが、メロディが超キャッチー。こういうメロディのしっかりとした曲って-LostFairy-の持ち味って感じですよねえ。リフもインパクトあるフレーズだしまさに完璧な出来。
悠季さんほんと上手いですよねえ、ぶっちゃけGILDIAで歌ってる時より他で歌ってる時のほうが上手く聞こえるんですが何でなんでしょうね…。

4曲目はeupeさんボーカルで、悶絶メタルさんでよく言われる「V系お得意の似非ジャズ歌謡風」の曲ってやつですねw 実は個人的にはこの曲調はあんまり好きじゃなくて、この手の曲はイントロでジャズ歌謡系だと分かった瞬間に「あ、ハズレ曲だわ」って思ってしまうほどです。この曲も例に漏れず、いまいち好きになれない感じですね。eupeさんの歌唱は良いし、メロディ自体はよく出来てると思うんですけどね、キラーチューンだらけの本作において唯一地味な曲ですかね…。

そしてラスト5曲目「Erlkönig ~亡国の君主~」、これが非常に強力な楽曲で、クライマックスに相応しい劇的な展開を備えてるキラーチューンですね。「RPG系」同人音楽の表現に倣って言うならばまさにラスボス戦。-LostFairy-は過去作ではこういう風にラストに盛り上がる曲を持ってくるような構成はなかったような気がするんですが、今作はこの劇的な疾走チューンのおかげでドラマ性が段違いに高まっていますねえ。
メロディの完成度、疾走感も共に過去最高レベルの楽曲なんじゃないでしょうか。特に疾走感ということに関しては確実に過去最高のBPMですな。メインリフの急き立てるようなバイオリンの演奏が実に効果的。中間部での上坂すみれさんの演じるヤンデレ妹なセリフもいいですよねえw

そんな感じでこの新作、4曲目以外はどれも過去最高級のキラーチューン揃いだと思うんですよ。すげえ完成度。イベント前は-LostFairy-もそろそろマンネリに突入しそうだなぁとか思ってたんですけど、まさかここまで気合の入った内容になっていようとは…正直恐れいりましたw
まだ「登り坂」にいるサークルらしい勢いに溢れた力作だと思います。特に、2曲目みたいな新機軸をこれからも用意できるのなら今後もマンネリとは無縁でしょうね。

となると、もはや弱点はサウンド面だけでしょうね…。毎度毎度言ってるようだけどスネアの音がね…。5曲目とかせっかくの超高速チューンだけどブラストビートにするとスネアの音のチープさが際立っちゃうのが惜しいですよねえ。このドラム音だけでも他サークルと差が付いちゃってる気がする。声優に予算使うくらいならスネア音を変えたほうが…。とかいつも思ってしまうんですがw
しかしここまで頑なにドラムの音を変えないっていうのは、きっとこの音がかなり気に入ってらっしゃるんでしょうなぁ。まあこのドラム音がArsMagnAらしさを演出してるとも言えなくもないし、無理に変える必要はないかもしれないですがw

ところでゲストコーラスってどこで歌ってるんですかね…。やはり5曲目のサビのバックの「アー、アー」ってやつか? ものっすごい遠くで歌ってるような感じのぼんやりとしたミックスになってるんですけど…。5th(能登さん参加のやつ)では今回とは違ってかなりゲストコーラスがハッキリと聞こえる使われ方していて、誰が歌ってるか簡単に判別できるレベルだったし、それが楽曲の魅力に大きな貢献もしてたと思うんですけどね。ああいう感じでやって欲しかったな。
まあゲストコーラスだけが目当てで買った人もいないだろうし大した問題じゃないとは思いますが。

2014春M3作品感想 (まとめ書き版Part 1)

emiru 4th album

エミルさんの新譜ですね。「エミルさん」とか呼ぶとすげえキャラクター名っぽいというか馴れ馴れしい感もありますけど、「エミルIII」という略称だと考えればけっこう良い呼称かもしれない。
まあそれはどうでもいいんですがw

今回の新譜の話題性はやはりジャケなんでしょうな。最近の作品では後期Aliesonみたいなおっかないホラー路線のジャケが続いていたのが一転して美麗な美少女絵に。イメージ変わりすぎな感もありますが、個人的にはあのホラー路線は敷居が高いというかさすがに買いづらいと思ってたので無難な美少女ジャケになってくれて買いやすくなった…と思う反面、ありきたりな美少女ジャケになって没個性になったような気もするのでなんとも言えない感じに。ファンの方々はどう思ってるんでしょうな。ホラー絵を支持してた層もいたんだろうか。

実はこのエミルさんのCD買うのはかなり久しぶりで、2年前のシングル「ALICE」、あとV系ゴシック系コンピの「Stattlich Abmarsch」以来なんですよね。その頃に比べるとサウンドの完成度も段違いに向上してますなぁ。さすが大手(M3の壁)って感じの貫禄に溢れてますよね。
というか、Stattlich Abmarschの収録曲とかエクストリームメタル的な同人ゴシックって趣きで-LostFairy-みたいな路線でいくのかなと思ってたんですが、今回のアルバムとかずいぶん露骨にV系な音になってますなぁ。特に1曲目で顕著ですけど、V系っぽいシンコペーションの多用といいバッキングのギターの音色といい、まさにV系そのものって感じ。もともとV系の影響が濃かったんだろうけど段々とそれを前面に出すようになってきたのかな。ゴシック系というよりV系聞いてる気分になってくる。

荊さんの歌唱は相変わらず安定感抜群ですねえ。演奏面でも相当進化してる感じで、2曲目とかギターソロけっこうピロピロ弾きまくりですな、前はこんなにテクニカルだったっけ?
そんな訳でボーカル、演奏、サウンド面でほとんど隙のない音に仕上がっててさすがという感じなのですが、メロディがねえ…。相変わらず淡々としてるというか、やはりもっとキャッチーなメロディのほうが好きなんですよね…。まあこれは好みの問題でしょうけども。
…オリジナリティ? まあその話題は繰り返す必要はないですよねw オリジナリティとか目新しい音楽性とかそういうのを追求するのは中堅以下のサークルの役割だと思うんですよね。大手は固定ファンも多いんだろうしあんまり冒険とかせずにどっしりと腰を据えて構えてればいいんじゃないかと思います。
中堅以下、もしくは新規のゴシックサークルさん頑張って欲しいです(?)





幻覚サンクチュアリ

幻覚アリア、今回のM3初参加の新規サークルさんですね。
初作品は実質1曲のみ収録のシングルとはいえ、1発目からいきなりハイクオリティな作品を出してきた感があって驚きますね。ボーカル、楽曲、アレンジ、どれも1st作品にも関わらずほぼ完璧な出来というか、中堅サークルを余裕で越えるクオリティなんじゃないでしょうか。M3レベルの壁サークルにならすぐにでも追い付きそうなくらいのクオリティですよね。
基本的にV系の影響が伺える典型的な女性ボーカルゴシックなんですが、ギターソロやドラムのアレンジにはメタル要素も取り入れられていて非常に完成度の高い音に仕上がってますね。なにより新規サークルらしからぬのは分厚いクワイアで、荘厳で退廃的なゴシック的な世界観を完璧なまでに演出しています。
このサークルさん夏コミにも受かってたみたいですが、このクオリティでミニアルバムとか出したら売れまくるんだろうなぁと容易に想像できますね。

とまあここで感想を止めておけばいいんですけど、余計なこと言いたくなってしまうというか…やはりオリジナリティがねえ…。この系統の音楽性は完全に飽和状態ですもんね。そんな状況は今始まった訳でもないんでしょうけど、でもその状況が継続してるってことはやはり売れるからってことなんだろうなぁ。
本来、同人音楽とかアマチュアの音楽っていうのは、クオリティ的には拙い部分は多々あるけど個性的で光るものを持ってる「原石」が多く眠る場という感じのイメージを持ってたんですが、現状の同人音楽シーンってむしろクオリティ的にそれなりに高いサークルはいっぱいいるんだけど、個性のほうが足りないっていう状況になってるような気がしますよね。ある意味で商業音楽よりもよっぽど買い手のニーズを意識した「売れ線」の音楽で溢れてる気がする。
でも買い手のニーズを意識するのが悪だと思ってる訳じゃないんですよ、ただでさえオリジナル同人音楽はリスナーの数が限られてるんだから、リスナーの好みを無視して独走するようなサークルばっかりだったらあっという間に同人音楽というジャンル自体が廃れちゃいますもんねw
だから、「媚び」と「独創性、実験性」を両立させるバランス感覚が必要なんじゃないかと思うんですよね。まあ前にも長々と書きましたがサタアラがそれを実践してる好例だと思ってる訳ですが。

またしても余計なこと書いてしまいましたが、このサークルさんもまだ1曲しか発表してない訳ですし、まだ「隠し玉」的な音楽性もあるかもしれないですしね、次の作品を聞くまでは判断できないですよね。冒頭に書いた通りクオリティは本当に凄いしオリジナリティさえ身に付ければ完璧だと思うので期待したいと思います。




HATE 2nd

HATEの新譜ですな。オレウサとのスプリットのほうは完売早くて買えなかったけどこっちは普通に買えました。
デスボイス担当でtac-t!sさんが参加してるという共通点があるのでなんとなくLost my Proustと姉妹サークルみたいなイメージあったりするんですが実際どれくらい両サークルに繋がりあるのかとか全く知りませんw

そのLost my Proustの新作の方が自らの目指すべき方向性に対し非常に自覚的で焦点の絞れた内容であったのと比較すると、このHATEの新作はちょっと迷いが垣間見える内容かもしれないですね。まだどういう方向性で行くべきか決めかねてるみたいな。

1曲目がデスメタル+V系でDIR EN GREY的な雰囲気の曲というのは1stと変わらないんですが、2曲目と3曲目がデスボイスをほぼ廃して女性ボーカルをメインに据えた曲になってるのがちょっと驚きました。オレウサの無料コンピの提供曲も女性ボーカルメインだったけど、あれはあくまでイレギュラーな作風なんだと思ってましたしね。今回2曲も女性ボーカルメイン曲を入れたということは今後この方向性で行きたいという意思の現れなんでしょう。
演奏ではエクストリームメタルな要素を維持しつつも、歌を女性ボーカルに絞ることで同人ゴシック系リスナーにアピールしたいという意図なんでしょうな。というかこの女性ボーカルさんすげえ上手いですもんねえ、歌唱力とか中堅~大手辺りのレベルのゴシックサークルのボーカルにも匹敵しそうな気もしますし。このボーカルを前面に出したいという気持ちは分からないでもない。実際にこれ聞いた一般的な同人ゴシックリスナーはどう感じたんだろう、ちょっと気になるところ。

ただ、デスボイスがここまで削減されちゃうと、デスボイス苦手な軟弱メタラーな自分ですら少し物足りないように感じなくもないんですよね。
もしかしたらガチなメタラーからは「売れ線に走った」みたいな批判受ける可能性もあるかもしれないですが、しかしあくまで同人音楽なんですしね、オタクイベントで売る音楽なんですから、オタク要素を積極的に取り入れたりオタクが聞きやすい工夫をしたりするのは悪いことじゃないと思うんですよね。(ただ、その結果として没個性な音楽になっちゃうとつまんないとは思うんですが)
でも完全にデスボイス無しになった訳でもないですね、3曲目にちょこっとだけ登場しますし。というかtac-t!sさんの出番これだけか、少ねえw あくまでアートワーク担当って感じなのかな。デスボイス業(?)のメインはLost my Proustの方っていう認識でいいんですかね?

いずれにしろ試行錯誤中の作品って印象が強いですなぁ。まあ自分はエクストリームメタルに関してはぶっちゃけ守備範囲外なんでこのサークルに対しても真っ当な感想になってるとは思いません。なので敢えてタイトルも無しにしました。

植木屋「UNA SEA」

UNA SEA ジャケ

このブログの人はいつもプログレプログレって連呼してるからよっぽどプログレに詳しいんだろうなとか思ってる方もいるかもしれないですがそんな事は全然ないです。プログレに関しても全くもって初心者でございますw 有名なバンドですら聞けてないのばっかりですしね。プログレで有名な緑川さんのサイトとか見ながら、あー自分も財力があればいっぱい聞きまくりたいなぁとか思いを馳せるばかりです。

というか、自分そもそもプログレッシャーとか名乗れるほどガチなプログレ好きな人間じゃないんですよ。ぶっちゃけ「本物」のプログレってかなり敷居が高いんですよね。
御存知の通り、プログレってやたら演奏時間が長いし、難解だし、めっちゃ聞き疲れるんです。自分の好きなプログレって、そういうガチなやつじゃなくて、KANSASとかRUSHみたいにメロディがキャッチーで明るくて割と分かりやすい系統のプログレなんですよね。あと初期QUEENは最高にプログレッシブだと思ってたりするんですけど、いかに邪道なプログレリスナーであるか分かって頂けると思いますw

だからオタク感性で作られたアニソン系、同人音楽系のプログレ曲とか大好きに決まってるんですよね。オタク感性によってキャッチーさを付加され、プログレの取っ付きにくい部分を取り払って「それっぽい」部分だけを抽出してある訳ですからね、当然ながら非常に聞きやすい。聞きやすいプログレ最高。
A.C.T新譜の記事の時にも書きましたが、自分はキャッチーでコンパクトなプログレが好きなんで、同人音楽プログレはそういう意味で理想的だとも言えますね。

そして、今回の記事の主役であるこの植木屋さん主催のプログレコンピですよ。
オタクイベントのM3で売ってるんですからそりゃ最高にオタクな音楽ですし最高に聞きやすい。
これをガチなプログレッシャーな方に聞かせたら「え、これがプログレ…?」とか怪訝な顔されちゃう可能性もあると思うし(古参プログレッシャーさんだとドリームシアターもプログレと認められないらしいし。プログレ三昧の時も…)、このコンピ聞いた同人音楽リスナーさんが「へー、こういうのをプログレっていうんだ」とか納得されちゃったら初心者の自分ですらちょっとツッコミ入れたくなるくらいなんですけどねw

でも、このコンピに収録されてる音楽がプログレであるかどうかとかそんな定義論とかどうでもいいんですよ。植木屋さんを始めとして、こんだけ名だたるサークルさん達が楽曲提供してこれをプログレと称してるんだから、少なくとも同人音楽的にはこのコンピに収録されてるような音楽を「プログレ」と呼ぶことが認定されたと解釈したいんですよね。つまりプログレを前面に掲げた画期的なこのコンピによって(同人音楽限定で)ある程度の具体的な定義が形成されたのだと、そう受け取っております。(作り手の意図は分からないけど勝手にそう受け取っておりますw)
…というか基準が存在してたほうがブログ書く上でも色々と便利なんですよねw
このブログでもいつもプログレプログレ言ってますけど、この音楽性をプログレ呼ばわりすることは果たして妥当なのだろうか?って迷いが生じることある訳ですよ。読む側の方としても、こいつこのサークルのことプログレ言ってるけどほんとにプログレなのか?って疑い生じることあるんじゃないかと思うんですよ。そういう時にこのプログレコンピを引き合いに出せば説得力があるじゃないですかw

このCD、悶絶メタルさんと「オタクとメタルと私」さんがダブルで読み応えのある素晴らしいライナーノーツを寄稿してらっしゃいますし、正直うちみたいな感想文ブログが書くことなんて残されてないかもなぁと思ってたんですけど、いざ書いてみたら書くこといっぱいありすぎますねw
というか悶絶メタルさんのライナーノーツはやはり勉強になりますなぁ、同人音楽がプログレと非常に相性が良いということが具体例と共に分かりやすく解説されてますね。なるほど、ジャパニーズプログレ出身のミュージシャンでアニソン系に関わってる人ってこんなに多いんだなぁ。
ゲーム音楽がプログレの大きな影響受けてるということは御存知の方が多いでしょうね。
そしてかのサンホラもプログレの影響下にあると解説されてますね。
それから、このライナーノーツには書かれてませんが悶絶メタルさんのサイトのレビューのほうに、アリプロがかつてプログレやってたと書かれてるんですよね。過去の音源聞いたことないのでどのくらいプログレな音やってたのかは知らないんですが…。

つまり、ですよ。サンホラもプログレ、アリプロもプログレ、ゲーム音楽もプログレ。よく考えなくてもこの3つって同人音楽の大半をカバーしてる要素じゃないですかね?アリプロ=ゴシック系と考えれば。
つまり同人音楽は実はうちらが思ってる以上にプログレだった? むしろ同人音楽はプログレのサブジャンルという可能性すらある…?

…というのはさすがに冗談ですけどもw
少なくとも同人音楽においてプログレが無視できない構成要素であることは間違いないですよね。プログレとかいうよく分からん音楽性を同人音楽に求めてるこのブログの人はおかしいと思ってる方もいるかもしれないですが、そんなことないと分かって頂けるんじゃないかとw
同人音楽シーンにプログレを求めることは道理に適ってるし、むしろ同人音楽の発展に欠かせないものなのではないかと思えてならないんですよね。

さて具体的な楽曲について感想書いていきたいと思いますが。
まずNiusoundsですね。アンパンマンのメタルアレンジ等で有名な電音研が改名したサークルですよね。このサークル春M3新譜もオリジナル作品だから気になってはいたんだけど…脱メタルして同人音楽リスナー受けの良さそうな女性ボーカルの民謡っぽい音楽性になってるのがどうも釈然としない感じで結局買わなかった…。というか電音研時代からこういう音楽性あったのかもしれないけど。
しかしこのコンピ提供曲は良いですなぁ、これがプログレかどうかは置いていても、このゲーム音楽的な壮大な音世界、緻密なアレンジ、どれをとってもハイクオリティ。お笑い系のイメージあったけどやはりガチな才能をお持ちですなぁ。中間部でちょっとDjentっぽいアレンジもあったりして多彩な感じ。是非こういう方向性でオリジナルアルバム作って欲しいなぁ。

2曲目は主催の植木屋さん。これは割といつもの植木屋というか、ちょっとシンコペーション多めにしてテクニカル感を増してるってだけで雰囲気はいつもと一緒ですな。間奏部分でジャケでもパロってるKing Crimsonまんまなフレーズがあったりでいかにも同人音楽なところも。

3曲目はSatanic a la mode。もう同人音楽でプログレといえばこのサークル、っていうくらい定着してますよね。…してない?
でもこれもプログレっていうよりゲーム音楽寄りな感じもするんだよなぁ、まあDTMだから仕方ないんだろうけど。むしろゲーム音楽っぽいことが同人音楽的にはプラスに働いてるんですけどね。
出だしから変拍子やらポリリズムやらが入り乱れてめちゃくちゃ気持ち悪い展開に(プログレ系では気持ち悪いは褒め言葉ですよねw)。しかしカオスなだけでなくメロディもしっかり押さえた展開があるのがサタアラらしいところ。というか「骨」の時に比べるとやっぱり音質とか向上してるよなぁ。ドラム音もかなりシャープになってる気がする。

4曲目はEclipseedの【S】さんが手がけたインスト曲。本隊のEclipseedのほうは若干マンネリ感が否めないんですが、この提供曲はかっこいいですなぁ。プログレ愛もひしひし伝わってくるし(プログレってよりプログレメタルだけど)【S】さんの本領発揮という感じがする。【S】さんの持ち味であるパタパタ暴れるドラムも大活躍。演奏とか全部DTMだと思うんですけどまるでミュージシャンがセッションしてるような迫力ありますよね。

5曲目はあくたむし。快楽音楽堂の別名義ですよね。カオティックコアということで前々から気になってたんだけど、試聴聞いた感じではちょっとやかましすぎて好みと離れてるし、いまいち音のクオリティが微妙かなぁとか思ってスルーを続けてたんですけど、この提供曲はまじ凄すぎるでしょ。完全にこのコンピのハイライト曲ですよこれ。異様にドラマチックな展開といい、メロディの完成度といい、こんなすげえサークルを今までスルーしてたのかよと愕然とするほどの強烈な楽曲ですね。特に6分あたりの壮大な展開が鳥肌もの。サタアラにサンホラ要素を足してカオティックコアにしたような感じ?(快楽音楽堂のほうが全然キャリア長いと思うし本来は逆だと思うけどw)
でも改めて旧譜の試聴聞いてみるとやはりいまいちピンと来ないんだよなぁ、この提供曲が過去最高の楽曲だったりするんだろうか。それほど超渾身の楽曲を提供したんだとしたら凄いですなw このレベルの楽曲で固めたアルバム作ったらまじ神すぎるでしょう。
あざとくメロトロンっぽい音使ったり、コーラスも70sプログレっぽいレトロ感あるし、何気に一番プログレ意識してるのがこの曲なのかもしれない。

6曲目のAitherium、存じ上げないサークルなんですけど、曲提供が中心で自サークルの作品はほとんどないっぽい? というかfishpondの秋M3作品のラスト曲を提供してたのか、あの曲はかっこ良かったな。やはりプログレ系の感性があるコンポーザーさんは一味違うということか。
このコンピ提供曲もかっこ良いですな、1曲目と同じゲーム音楽的なインスト曲ではあるんだけどこっちはプログレメタル要素が強めな気がする。


収録曲6曲だけとはいえ非常に濃密な企画作品に仕上がっていますね。プログレとか関係なく大きな満足を得れる作品でしょう。
プログレを前面に掲げたコンピ企画にわざわざ参加するくらいなんだから、このコンピに参加してるサークルさん達は全部「本物」のプログレ好きな方々であることは間違いないとは思うんですが、でもプログレから直接影響を受けていなくても、ゲーム音楽やサンホラ等から間接的にプログレの影響受けてるサークルさんも相当数いると思うんですよね。そういうサークルさん達は意識的にプログレって言葉を標榜することはないとは思うけど無意識にプログレの方法論で音楽を作ってる可能性もある訳で、そういうのも含めて同人音楽でプログレが盛り上がってくれるといいなぁと、このコンピを聞いて思ったりしてます。

というか、結局UNA SEAってどういう意味なん…? 戸塚区と関係あったり?w

PurpleCape「GARDEN」「ALCHEMY」

PurpleCape新譜を紹介したついでに…と言ってはなんですが、せっかくなので過去作も合わせて紹介したいと思います。ディスコグラフィー中の半分がすでに廃盤になってますが感想を書き記すことは無駄ではないと思いますし。

このサークルさん現在までに6作を発表してるみたいですが、フルアルバムのElements以外は全部6曲入りのミニアルバムになってますね。ちなみにどの作品もインスト曲は含まれないのでいずれもボリュームたっぷりの内容になってます。
作品発表のペースは1年に1作という感じでしょうか、イベント毎に新作を用意するのが当たり前のようになってる同人音楽においては寡作と言えるかもしれないですが、まあ同人音楽界隈が多作すぎるだけでこれくらいが普通なのかなw
すでに廃盤になってる初期の2枚は、メロディセンスに光るものを感じさせるものの、さすがにまだ音楽性も未完成というか荒削りなところが目立ってる印象なので、やはり本領発揮は3rdの「GARDEN」以降ってことになるんですかね。


GARDEN.jpg

もうジャケットの時点でこれ以前の作品とは一線を画してることが感じられますね。
というかジャケだけで言うならこの3rdが一番かもしれない。Elementsは内容は最高だけどジャケはBBA…もとい、ちょっと絵柄が濃すぎる感じありますもんねw poccaさんの歌声のイメージに一番近い絵柄ってやっぱりこのGARDENなんじゃないかな。
サウンド面でもpoccaさんの歌唱面でもこの作品でひとまず完成の域に至ったって感じでしょうか。もちろんメロディも充実していて良曲揃いになってます。

1曲目、デジタルなビートを基調にしてそこに壮麗なアニソン系ストリングスが絡み、poccaさんの歌いあげるキャッチーでヘタウマ風味な歌メロが乗るというPurpleCape特有のスタイルはこの曲で確立されたんでしょうな。
2曲目、これはメタル寄りのPurpleCapeスタイルが確立された曲でしょうか。ハードなリズムギターがザクザク刻んでるんだけどグルーヴはダンスミュージック寄りというこの音作り、メタルっぽくはあるんだけどルーツはメタルじゃないんだろうなと感じさせますね。
3曲目は和風なまったり曲。4曲目はタイトル曲だけど派手さはなくてやはりまったりなヒーリング系。でも単なる雰囲気系じゃなくてサビではきっちり盛り上げるのがさすがですなぁ。
5曲目はタイトル通り軽快で底抜けに明るいポップチューン。poccaさんのアイドル風(?)歌唱の独壇場ですな。何気にこのミニアルバムではこれが一番好きだったり。間奏のシンセがプログレっぽい?
6曲目は再びヒーリング系。と思いきや中盤から唐突に不穏な雰囲気になる不思議な曲。


ALCHEMY.jpg

そして4thのALCHEMY、これが必聴と言いたい素晴らしい内容なんですよ。これはまだ廃盤になってないようですしかなりオススメです。
この作品は何といっても1曲目と2曲目が強力ですね。両曲ともプログレッシブと言って良さそうなスケール感あるアレンジで実にインパクトあります。特にテクニカルな展開とかある訳じゃないんですけどやはりこの緊張感あふれる音作りはプログレと言いたくなる。この2曲の流れは最高ですね、またこういう曲やって欲しいなぁ。
プログレッシブといっても、たぶんこのサークルさんはプログレ系アーティストから影響受けてるってことはないだろうし、おそらくゲーム音楽から間接的にプログレの影響受けたってパターンでしょうな。同人音楽の場合はほとんどそれだろうけども。
(プログレの基準って難しいけど、とりあえず同人音楽においてのプログレっていうのは先日の植木屋のウナシーを基準にすれば良さそうですな。それなら説得力あるでしょうし、そういう意味でも素晴らしい企画作品でしたなw)

最初の2曲のインパクトが大きいんですがそれ以外も良曲ですね。アレンジは多彩ですがどれも共通してメロディがキャッチーで聞きやすい。
3曲目はやたら明るい曲なんだけどレトロなシンセの音といい、ちょっと昔のポップスを意識した曲なのかな。
4曲目はPurpleCapeでは珍しい暗めのバラード曲。
5曲目はElementsにもあった和風メタル路線ですね。メタルっぽいけどやはりリズムギターもシンセもダンサブルかも。
6曲目はI’veにありそうな感じのトランス系アニソン。この曲に限らずI’veからの影響は大きそうですね。

C86当落

https://webcatalog-free.circle.ms/Circle/11304037
Lost my Proust落ちてしまったのか…。残念だけど、でも本気で期待してるからこそ、きっちり製作期間を長めにとって最高の作品を作って欲しいというのが本音なんですよね。さすがに夏コミまでの短期間じゃ春M3作品の圧倒的な完成度に匹敵するものは作れないんじゃないかと思いますし。割とまじでこのサークルさんは同人メタルの新しい地平を切り拓く可能性を持ってると思うんですよ。それくらいの凄まじいインパクトを春M3作品は持ってましたからね。
という訳で次のM3もしくは冬コミに大いに期待しております!

というか落選サークル一覧見てるとけっこう落ちてるなぁ。SPARESPINEもCaprice Cafeも5150も…。というか5150はオリジナル出すはずだったんか。JORMUNGANDてのがオリジナルの名義なのかな?
AEROWIFEも落選か。 M3新譜が良かったから旧譜買う気満々だったのになぁ。
黄昏の旅団も落ちてるみたいで。でも無料配布予定とか書いてあった気がするしそれほど問題ではないかな。そもそもコミケの無料配布はゲットできない可能性高いしねw
https://webcatalog-free.circle.ms/Circle/11320141
というかよく見たら申し込みジャンルをミスってる…?

まさかLaralastudioも申し込んでたとは。このサークルの音楽はコミケレベルで認知されるべき素晴らしさだと思うんで落選は残念ですな。

リリハルは無事受かってたみたいですな。新作あるのかは分かんないけど、ここも期待してるだけにじっくり時間かけて作って欲しいですね。
サタアラも無事当選か。何気にコミケ全部出てる感じですよね。アルバムはまだ出ないとのことですが、やはりシングルかな。昨年の夏コミでは買い逃してめちゃくちゃ敗北感あったんですけど、たぶん今回は100円ってことはないんだろうし大丈夫だろうw

Hollow Mellowは…当落はまだ内緒というツイート見かけたけどwebカタログ見たらバレバレですなw そういえば新譜ってどうなったんだろう…。公式サイトしか見てないから全然情報つかめてないという。
ガロンダイトも受かってるみたいで良かった。何気にここは期待してるんですよ。

そういえば小林幸子さんが夏コミ参加で話題騒然ですけど、まさか本人が来る訳ないですよねw

PurpleCape「UNION」

union.jpg

このサークルさんが昨年発表したフルアルバム「Elements」は年間ベストにも入れたんですけど、ほんと優れたメロディとハイレベルなアレンジが目白押しな素晴らしい作品だったと思うんですよね。
にも関わらず、ほとんどこのサークル注目されてないような気がして、ぶっちゃけ「埋もれてる」イメージだったし1年前の記事でもそう書いたんですけど、その後しばらく経ってこのサークルを評価する文章をちらほら見かけるようになったんで、さすがに今はもう埋もれてるってほどではないのかな。そもそも活動歴けっこう長いサークルさんみたいだし認知度がそれほど低いとは思えないんですが。

このPurpleCapeとか、先日記事にしたLaralastudioとかもそうなんですけど、メロディは良いけど同人音楽なだけあってまだ音に拙い部分が残ってるとか、マニアックな音楽性で万人受けしないとか、そういうタイプじゃないですからね。非常に聞きやすい音楽性だし、もうメロディもアレンジもサウンドも全て完成の域に至っちゃってますからね。このままメジャーでも売り出せそうなレベル。足りない要素とかほとんど思いつかない。足りない物があるとしたら「評価」だけというか。

でもこのサークルは1つだけメジャークオリティに達してない要素があるかもしれない、それはボーカルの声質ですね。ボーカルのpoccaさんの歌唱はヘタウマ風味で独特な声質だしけっこう好みは分かれるのかな。
しかしながら、むしろこのボーカルの声質こそがこのPurpleCapeの大きな魅力の1つであることは間違いないので、これを失ったらこのサークルのオリジナリティは致命的に減退してしまうと思いますね。
それに、客観的に聞いたらヘタウマかもしれないが個人的には全然下手だとは思ってないんですけどね、音外してる訳じゃないし、こういう独特な「味」っていうのは単に上手いだけのボーカルじゃ決して出せない魅力だと思いますからね。ロリ声ボーカルなら同人界隈にいっぱいいるけどこのpoccaさんみたいなタイプの声ってありそうでないんだよなぁ。

音楽性は割と雑多というかバラエティ豊かというか、同人音楽界隈でポピュラーなジャンルを一通り全て揃えてるような感ありますね。エレクトロニカをベースにして、ポップス、民謡、アンビエント、テクノ、メタル、プログレ…もうあざといくらいに同人音楽リスナー受けの良い音楽性を取り揃えてあります。しかしそれらの音楽性をただ安易に並べただけではなく、独自のポップセンスのフィルターを通過させてきちんと統一感を持たせた内容に仕上げてあるのはさすがという感じです。
poccaさんの独特な歌声も統一感とオリジナリティの演出に大きな役割を担ってますね。poccaさんの歌唱は多彩な曲調を歌いこなしているというよりは、どんな曲調も自分色に染め上げてるって感じでしょうか。まあそういうのヘタウマっていうのかもしれないですがw

さて、今回の新作についてですが、相変わらずのハイクオリティな内容ではあるんですが、さすがに前回のフルアルバムが完成度高すぎだっただけに、あれに比べると若干地味な感はあるかもしれないですね。なんせ前作は10曲も入ってるのに良曲だらけという充実度でしたからね。それに比べると今回は6曲で、キラーチューン的なインパクトのある曲も少なめですし。
とはいっても、インスト抜きで6曲ですからね、おまけ的なインスト曲を2つくらい追加したらフルアルバム扱い出来そうなくらいのボリュームはあるんですよね。やはり前作が破格な出来だっただけか。

1曲目はPurpleCapeらしさを凝縮したようなポップチューンで、poccaさんの声質を活かしたキャッチーな歌メロと東洋風なストリングスの音が印象的ですね。中盤に登場する合唱パートが短いながらもインパクトあり。
2曲目は今回の目玉となる楽曲でしょうかね。大仰なシンフォニックアレンジと荘厳なクワイアが絡み疾走するメタルチューンで、これは新機軸って感じかな。前作までもメタルっぽい曲はあったんだけどここまで分かりやすく疾走する展開はなかったですしね。もしこれ聞いて気に入ったメタラーさんがいたとしても、こういう曲調は過去作にはないのでご注意くださいw
3曲目は打って変わってまったりとしたデジタルポップスっぽい曲調となりますが、サビはやはりキャッチーで良いメロディですなぁ。でもこの後もまったりな曲調が続いて前作に比べると緩急が乏しいので、もう1曲ロック系の曲が欲しかった気もするかな。あくまでメタラー的な観点からの感想ですが。
4曲目は民謡っぽい三拍子系の楽曲ですがビートは強めですね。
5曲目は再びアップテンポになりPurpleCape節と言えそうなキャッチーなメロディが聞けます。poccaさんはやっぱりこういう曲調が一番合ってる気がする。
ラスト曲は東洋風の民謡曲で、前作ラストもこういう感じだったしこの曲調が好きなんだろうなぁ。中国をテーマにした番組のEDとかで流れそうな(?)スケール感あふれる曲です。poccaさんも民謡っぽい歌唱を披露してますね。

コンポーザーのO-DORIさんはどうやらジャケットのイラストも手がけていらっしゃるようですね。てっきり外部のイラストレーターに依頼してるんだと思ってたらまさかご自分で描いてたとは。初期のジャケと比べると画力の上達具合が一目瞭然で、ひょっとすると音楽家としてよりも絵師としての成長のほうが著しいんじゃないかと思えるくらいw ジャケ絵もサークル内でまかなってるところはけっこうあるけど、ここまでの完成度で仕上げてるサークルはけっこう珍しい気がする。実にマルチな才能をお持ちですなぁ。

elements.jpg
今回の新作も勿論素晴らしいんですが、やはり前作のElementsが最高なんですよね。とりあえず、このPurpleCape聞いたことない方は是非前作を聞いて頂きたいです。しかしこんだけのクオリティの音やってるのにこのサークルさんショップ委託とか通販とかやってないみたいですね…。もったいねえ…。

AEROWIFE「桜前線 Single Hell」

桜前線 Single Hell

「縄文メタル」でお馴染みのお笑い系メタルサークル(バンド)ですね。
実は今回のシングルで初めてこのサークルのCD買ったんですが、まさかこんなに良いとは思ってなかった。縄文メタルのお馬鹿なPVの印象ばっかりが先行してて、B級のしょうもないメタルだと思い込んで完全スルーしてたんですが…実際聞いてみたら歌詞はふざけてるけど音楽はかっこいいんですよね。もっと早く聞いておくべきだったと後悔してます。

確かデビューが昨年の春M3だったと思うんですが、もう4枚目のシングルなんですな、ペース早いですねえ。
というかここってけっこう人気高いんですかね? イベント前に宣伝ツイート見かけたけど、「完売が早いのでお早めに」とか書いてあったような。悶絶メタルさんでもレビュー来てたけど何故か旧譜のレビューでしたもんね、たぶん新譜は完売しちゃってて手に入らなかったんだろうなぁ。
まあ、PV毎回すげえ凝ってるから話題を集めるのも当然か、特に2ndのハミガキのやつのPVはコント番組並みに作りこまれてますよねw
でも今回のシングルはPV作られてないようですな。さすがに毎回PV作るのはしんどいのかな。

さて今回のシングルですが、かなり良い出来だと思いますね。まだこのシングルしか聞いてないんで旧譜も毎回このレベルの出来なのかどうか判断は出来ないんですが、少なくとも今作を聞く限りではメロディセンス、アレンジセンス共に素晴らしいんじゃないかと思います。
音楽性はオーソドックスなパワーメタルですが、ボーカルの声質も含めて坂本英三さんボーカルのANTHEMとかアニメタルあたりの雰囲気に近いかも。テクニカルなギターソロとかはないですがリフやツインリードのフレーズはなかなか練りこまれてる印象。歌メロがキャッチーなのは同人メタルならではの美徳ですかね。

3曲収録されてますが、特に2曲目と3曲目が素晴らしい。2曲目はサンタが不法侵入できる特殊能力(?)を使って悪さを働くというしょうもないお笑い系な歌詞ですけど、曲はかっこいいんだよなぁ。
そして何より3曲目の「ピンクサーモン」ですよ、これが名曲なんです。この曲は歌詞も割と真面目路線というか、普通に聞いてるとメタル系の熱い歌詞に聞こえてしまうんですが、実際は主人公がシャケだから一応はお笑い系になるのかな。でもシャケの波瀾万丈な一生を少年漫画風に描写したみたいな趣きの歌詞は感動的ですらあります。もちろん楽曲の出来も最高です。こういう物語仕立てのメタルってのはなかなか同人音楽的ですし、こういう路線の曲を今後もやって欲しいなぁ。旧譜にもこういう曲あるのかな?

3曲目が素晴らしいんでこの曲を聞くためだけでも買う価値あるんじゃないかと思いますね。iTunesでバラ売りもされてるみたいですし、男性ボーカルの熱いパワーメタル好きな方には是非聞いて欲しいです。

son voyage「Description」

Description.jpg

あんまり期待せず買ったんですけどこのサークルさん良いですねえ。なかなかの力作に仕上がってると思います。
のん's Factoryも実質的にほぼ活動止まっちゃってるし正直なところ物語音楽系サークルへの興味がかなり薄くなっていたのですが、これは久々に物語音楽系で当たりを引き当てた感がありますね。

ここは新規サークルでこれが初作品っぽいですが、音質やらボーカルの歌唱には多少拙い部分があれど、メロディが素晴らしいんですよね。サンホラフォロワー系が特に好きじゃないっていうリスナーにもおすすめしたいレベルで曲が良いと思いますね。
物語音楽系って、割とセリフやミュージカル的なノリを優先してメロディの練り込みが足りないパターンがありがちな気がするんですが(偏見かもしれないですがw)、このサークルさんはメロディをきっちり作ってあって聞き応えあるのが良いですね。あと、二期サンホラを意識する余り曲展開を複雑にしすぎて中途半端なメロディの断片が散乱するというダメパターンもありがちだと思うんですが、このサークルさんは曲自体は長めなんだけど曲展開は割とシンプルだからそういう欠点もありませんね。
オリジナリティという点では微妙かもしれませんが、まあ物語音楽ってそもそもサンホラへのリスペクトで作られてるようなところあると思うんでそこは問題ないかな。

自分は基本的に同人音楽はメジャー音楽の下位互換ではないと思ってるし、同人であってもメジャーアーティストを越えてる音楽作ってるサークルはいっぱいあると思うんですが、サンホラフォロワーに関してはやはり下位互換であることは否めないかもしれないですね。本家のサンホラが余りにも凄すぎて、あれを越える同人音楽ってのはちょっと無理かなぁと思えてならないので(少なくともサンホラの方法論を踏襲してる限りはサンホラを越えることは不可能だろうと)。
だからサンホラフォロワーに関してはオリジナリティとかあんまり求めずに、本家サンホラへの愛というか、そういう二次創作的な尺度で評価するというのはアリだと思う訳です。
(ただGothic Marionetteくらいのレベルになると、これだけのクオリティの音作れるのにサンホラ完コピに徹してるのは勿体ないなみたいな感想も出て来てしまうのですが…)
サンホラはほんと、一期も二期も変わらず孤高すぎるんですよね。もはやアーティストそのものがSound Horizonという名の1ジャンルであって、各アルバムがジャンル内の1アーティストに相当するようなイメージすらあります。フォロワー勢も各アルバムと並列して考えたほうが自然かもしれない。

ちょっと話が逸れましたが、この作品の話に戻しますと、特に聞き所になる曲は#2、#4、#5あたりですかね。どれも素晴らしいメロディを持った曲だと思います。
参加しているボーカルさんと声優さんはけっこうな数みたいで、有名な方はいないんでしょうけどなかなか豪華な感はありますね。曲ごとにボーカルが変わるサンホラ二期形式なんですが、ボーカルさんの力量にけっこうバラつきあるかもしれない。
1曲目は良い曲だとは思うんですが、ボーカルさんの歌唱がちょっと怪しいというか、所々でピッチ調整しているせいなのか非常に不自然に聞こえる部分があるのが惜しいかな。
2曲目は、曲構成といい間奏のフレーズといい、明らかに「見えざる腕」を意識している楽曲ですね。さすがに本家と比較するのは分が悪いとは思いますが普通に良い曲だと思います。
3曲目は荘厳な多重コーラスが主軸となって進行していく楽曲で、8分もの尺があるのに冗長さがないのはなかなか凄いかも。
4曲目は2曲目と似た構成ではあるんですがこっちのほうが耳に残るメロディかな。
5曲目はこの作品のハイライトと言える曲ですかね、なかなかドラマチックなメロディで、担当ボーカルさんも一番上手い気がします。
6曲目は1曲目のボーカルさんが再び担当する世界観を締めくくる曲ですが、メロディが淡々としててこれはちょっと退屈かも…。

メロディセンスには光るものがあると思いますしけっこう期待できそうなサークルさんだと思います。次回作はアップテンポなロック系の曲を入れた方がメリハリが生まれて良くなるかもしれないですね。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析