同人CD感想(Diclofenac、さくらソルフェヰジュ)

Diclofenac「終焉の記憶」
終焉の記憶

このサークルさんも同人音楽シーンに数多存在する、V系の影響受けた女性ボーカルゴシックですかね。
このサークルさんの音を初めて聞いたのはゴシック、V系コンピの「Stattlich Abmarsch」だったんですが、このコンピの収録曲、メロディはキャッチーだし耳に残るんだけどそれ以外の要素にあんまり魅力は感じられないかなぁって程度の印象だったんですよね。

しかしこのミニアルバムの2曲目(1曲目はイントロ的なショートトラック)、アコースティックな伴奏に合わせて女性ボーカルが囁くように美しい旋律を歌い上げ、途中から荘厳な多重コーラスが入る展開を初めて聞いた時、「お、こりゃすごい」って素直に思いましたね。間奏ではパイプオルガンまで入るし本当に大仰ですよ、この荘厳さはほとんどプログレレベルですね(?)
そんな感じで2曲目では期待度高まったんですけど、しかし続く3曲目、導入部は前の曲と同じく多重コーラスが彩る荘厳なサウンドなんですが、バンドサウンドが入った途端にB級っぽさがドッと増してしまい「あれ…?」って思ってしまいましたねw うーん、せっかくの大仰サウンドがチープなギターサウンドで台無しだ。
でも、これはサウンドプロダクションの問題であって、アレンジに問題がある訳じゃないですからね、そのうちサウンドのクオリティが向上すれば荘厳なサウンドとバンドサウンドの両立が可能になるんじゃないでしょうか。

という訳で、多重コーラスによるアレンジが大きな特色になってると思うんですが、それと共に特筆すべき魅力はメロディの充実度でしょうな。かなり良い曲が揃ってます。
イントロ除く収録曲全てがキャッチーなサビメロを備えていて捨て曲はないですね。特に#2と#4は名曲レベルじゃないでしょうか。
1年に1枚ミニアルバム出す程度のスローペースで制作してるみたいですけど、やはり作品を量産しないほうが楽曲の密度が上がるってのはあるんでしょうな。

ボーカルさんは同人ボーカルとしては普通程度って感じかなぁ、あんまり個性もないタイプだと思うけど癖もなくて聞きやすいですよね。


さくらソルフェヰジュ「明後日まで透き通る一年」
明後日まで透き通る一年

このサークルさんは爽快なロックサウンドを基調とした女性ボーカルによるアニソン系(エロゲソング系)の音楽をやってますが、どうやらこのサークル、ゴシック系サークルLa’vierge boudoirの別名義のサークルみたいですね。

La’vierge boudoirは「Stattlich Abmarsch」の収録曲しか聞いてないんですけど、あっちよりこのさくらソルフェヰジュの方が断然良いですね。
両サークル共にボーカルは共通でしょうけど、このボーカルさん個性はあるけどあんまり歌唱力があるタイプとは言えないと思うんですが、このさくらソルフェヰジュのポップな音楽性とアイドルっぽい(?)ヘタウマ系のボーカルは相性良いと思いますね。こういう方向性ならこの歌声はアリって感じです。
あとこの作品、スタッフ欄を見ると演奏やMIXやマスタリングにResonecia、Eine Kleine、世の漆黒等の豪華なメンツが名を連ねていて、おかげでサウンド面のクオリティも段違いに良いですね。他サークルさんの力添えは大きいみたいです。
とはいえ、作曲は自サークルでしっかり行ってるようなので実力はあるんだろうと思います。割と良い曲が揃ってますしね。

それにしてもタイトルが謎めいてますよねえw 意図的に変な日本語にしてるのかもしれないですが
スポンサーサイト

カタログ買いました

とりあえず購入後サークルカットをざっくり見て巻末のキーワードも確認してましたけど、本格的にサークルチェック開始するのはもうちょっと後になるでしょうな。情報出てるサークルさんまだ少ないですし。

今回はのん's Factory不参加っぽいですなぁ、残念ながら。旧譜だけでも参加する意義はあるんじゃないかなとは思いつつも、まあ無理してまでイベント参加する必要はないですしね…。
エゾギクも名前が見当たらないので不参加かなぁ…残念。

あと毎回恒例になってる巻末のArsMagnAの広告ですが、今回も新作のジャケが公開されてますな。
Ariabl'eyeSは今回もアルバムなのかぁ、とりあえずAriabl'eyeSはRenaさんが歌ってるんであれば後は言うことないかなw
それよりも驚いたのは隣のエミルさんの広告ですな。ジャケが普通になってるよw もしかして絵師さん変わった? この絵は少女病の人かな。ジャケが怖すぎるのもアレなんだけどここまで普通の絵柄になってしまうと今度は個性がない気もするなぁ。
まあジャケよりも肝心なのは音楽ですしね、しかしここまでジャケ変わると音楽性も変わってるかもなぁ。


あと同人音楽関係ないけどキルラキル最終回は最高だったね!やっぱり王道はいいものだ。

Laralastudio 「-OZ-」

ozジャケット

このLaralastudioは昨年の年間ベスト記事でも選出させて頂きましたけど、昨年M3デビュー(?)した新規サークルの中でもトップクラスの実力を持つサークルさんだと思いますね。ほんと1stは名作すぎました。全同人音楽リスナー必聴レベルの作品ですよね。
今回紹介するミニアルバムは秋に発表された2ndなんですが、依然としてクオリティは高いものの、やはり1stには及ばないかなぁというのが正直なところです。

この2ndでは1stと比べて若干方向性が変化してまして、まず1stにあった物語音楽調のセリフトラックがなくなってるのが特徴的ですね。
それに伴って…なのかは分からないですが、音楽性も同人音楽臭が消えてスタイリッシュなロック系の音色に変化してる気がします。
物語音楽が好きなリスナーさんからするとセリフトラックが無くなったのは残念に感じるかもしれないですが、個人的には物語音楽は好きだけど特にセリフの有無にそこまでこだわらないのでそれは別に構わないんですけど、音楽性の変化のほうはちょっと気になりますね。
1stは、Jポップに繋がる普遍性を持っていながらも同人音楽的なファンタジックな雰囲気も持ち合わせた非常に懐が深い音だったと思うんですが、この2ndだとロック度が増してかっこ良くなったのはいいけど1stの良さが消えてるように感じてしまうんですよね。もともとこのサークルさん同人音楽というよりインディーズ的な志向持ってるように感じますし、このロック路線が本来このサークルさんのやりたかった音なのかなぁとも思えなくもないですが。

というか、音楽性云々より、ぶっちゃけ1stのほうが純粋に楽曲が良かったんですよね、圧倒的に。1stはセリフトラック以外の収録曲のほぼ全てが名曲だったと言っても過言ではないくらいの素晴らしい出来栄えでしたからねえ。もちろん今作の収録曲も良く出来てはいるんだけど、あくまで普通レベルの良さなんだよなぁ…。
しかし、どのアーティストでも1stアルバムってデビュー以前に溜め込んだ名曲を一斉放出するものだと思いますし、楽曲の貯蓄のなくなった2ndで多少楽曲クオリティが落ちるのは仕方がないんでしょうな。

ただ、#4「ゆらゆらムーンライト」だけは曲の雰囲気もメロディの完成度も前作の名曲群に匹敵しますね。やっぱり個人的にはこういう曲好きなんだよなぁ。
もちろん他の曲も出来が悪いなんてことは決してなく平均点は余裕でクリアしてる楽曲が揃ってると思いますけどね。特に若干ノイジーなギターを基調とした疾走感あふれるロックチューンの#2とかかっこいいですしね。でも前作が良すぎたのでちょっと微妙に感じられてしまうという悲しさ。

ジャケに関しては1stと比べようのないくらい進化してますよね。1stのジャケは落書きレベルでしたし。でもあの手書きジャケけっこう好きなんだよなぁw
ジャケで判断して2ndだけ買う人がけっこういそうですけど、内容は圧倒的に1stが良いので皆さん1st買いましょう。
来月のM3で新譜出るのか分かんないですが、出るとしたら期待したいですね。

4月からM3っていうタイトルのアニメが始まるらしいじゃないですか

今までもM3で検索してうっかり医療情報サイトのM3のほうを開いちゃったなんて人がいたみたいですが、これで更にややこしいサイトが増えちゃいますねえ。
それに、M3関連のツイートを検索する時にアニメのM3のツイートが大量ヒットすることもあり得る訳だ。厄介だなぁ。
しかし逆に考えると、アニメのM3のサイトに行こうとしてうっかり同人音楽のM3のサイトを開いちゃって、それがきっかけで同人音楽に興味を持つという可能性もある訳か。
…いや無いな。


まあその話題は置いといて、同人音楽のM3の話をしましょうか。
当ブログ本命サークルの1つ、Satanic a la modeの新作情報きてますねー。(実はけっこう前から情報出てたの気付いてたけど)
サタアラ2014春M3

カタログまだ発売されてないのにもう試聴まで出てるとは…。早っ。イベントギリギリまで試聴出ないサークルさんも多い中、この早さは素晴らしいですよね。
あれですな、まだ7月なのに夏休みの宿題終わらせちゃってる優等生的な感じですよ(?)。

今回はメタル路線のSatanic a la mode名義とポストロック路線のlutaphamphaの両方の新作が出るみたいで、豪華ラインナップですな。もちろん両方買うつもりですが、やはりメタラー的に期待度高いのは当然サタアラのほうですよね。
サタアラのほうは来たるフルアルバム(!)からの先行シングルが出るみたいですね。タイトルは「OΔYΣΣA」…。ロシア語? 何て読むんですかね…。
音楽性のほうは相変わらず、プログレ的なカオティックなフレーズが際立ったキャッチーなメロスピなんですが、今回は新機軸でゲストボーカルによるデスボイスが入ってますね。個人的にはデスボイスはあんまりサタアラの音楽性に合わないんじゃないかなーなんて思いつつも、まあフルで聞いてみないことには判断しかねますな。
あとオレオレウサギのぎゃぷいちさんもゲスト参加してるみたいですが、担当が「ボニーピンク」…??? 謎すぎるww まあおそらくネタっぽいボーカルで参加してるってことなんでしょうなw
lutaphamphaのほうはタイトルがsiberialaska…。ずいぶんと適当すぎるネーミングですなぁw まあ鮫肌胤興さんのネーミングセンスはいつも独特ですしねw

BRIDEAR「Overturn The Doom」

Overturn The Doom

このBRIDEARはメンバーが全員女性という、いわゆる「嬢メタル」バンドですが、何かと賛否両論の嬢メタル勢の中ではかなり高評価なバンドみたいですね。

先日はアイドルメタルのBABYMETALを取り上げましたが、それに引き続き、またもや硬派なメタラーや悶絶メタルさん等で辛辣な評価されてる嬢メタルということで…。
まあ、メタルという音楽に対して信念持ってるような方々にとってはこういう女性のルックスを前面に打ち出したようなチャラい売り方されるのが腹立たしいってのも分かる気はするんですが、ぶっちゃけ、軟派の極みみたいなアニソン系メタルばっかり聞いてるうちら同人メタラーにとってはアイドルメタルだろうが嬢メタルだろうが関係ねえって感じですけどねw

しかし、女の子たちはただ歌って踊ってるだけで演奏やら作編曲やらは全部プロフェッショナルなミュージシャンが手がけてるBABYMETALとは違い、演奏や作編曲も全部バンド内でまかなっているであろう嬢メタルのほうが実はクオリティ面では心配もあったりするんですよね。
まあ、自分も嬢メタルバンドそんなに聞いてる訳じゃないんですが、このBRIDEARは少なくともCDで聞く限りでは「本物」のオーラを発していますよね。Amazonレビュー見ると、どうやらライブでも演奏は安定しているらしいのでまさに実力派の嬢メタルバンドなんでしょう。

さてこのアルバムはそのBRIDEARの1stアルバムなんですが、前述の通り演奏も安定してますし、楽曲の出来も良し、サウンドのクオリティも良しでなかなかの内容に仕上がってると思いますね。
音楽性はモダンでアグレッシブなリフをメインに据えたパワーメタルになっていますが、女性ボーカルのバンドらしい歌謡曲やアニソン系のキャッチーさも備わってるので聞きやすいですね。
ボーカルはすごく上手い…って訳じゃないですが、この手の女性ボーカルメタルにはぴったりの声質なんじゃないでしょうか。
ギターは2人みたいですが両方上手いと思いますね。ギターの片割れが割とチャラいルックスなので違和感ありますが、まあ外見は関係ないですよねw演奏さえちゃんと出来てれば。
演奏部分の要はやはりドラムでしょうな。この手のメタルはドラムがグダグダだと一気にB級感が増してしまうのですがこのバンドの場合は非常に安定した演奏で楽曲を支えていると思いますね。女性でこれだけパワフルなドラミング出来るって凄いなぁ。

これだけのクオリティがあればメンバーが全員女性だからって偏見持たれることもないでしょうな。同人メタラーにも安心しておすすめ出来るアルバムです。

viewtorino「Heliotrope」

Heliotrope.png

このサークルさんなかなかおすすめですよ。
自分がおすすめっていうと「あーまたメタルかプログレ系かー」と思われそうですが、そういうのとは全然無縁なオルタナとかポストロックとかシューゲイザーとかそっち系のお洒落サウンドです。(自分も趣味偏ってる自覚はありますがそれなりに雑食なんでw)

オルタナ系のゆるく歪んだギターを基調にして時折デジタルな音が入りサブカル系の気怠いロリ声(?)が乗る感じで、最初聞いた時はBGM向けの雰囲気系かなぁと思ったんですが、よく聞くと歌メロが物凄いキャッチーなんですよ。ボーカル入りの曲はどれも魅力的なメロディを備えてて聞き応えありますね。自分あんまり雰囲気系の音楽は好きじゃないんですが、これだけメロディが際立っていれば全く退屈しないですね。
こういうウィスパー系のボーカルは好みが分かれるかもしれないですが、好きな人ならハマれると思いますね。何気に中毒性のある声質だと思いますよ。
演奏面にはあんまり魅力は無くて、#2のインストとか単調なギターが鳴り響いてるだけで退屈かもしれない。デジタル系の音は問題ないけどギターに関してはもう一工夫欲しいかなぁ。まあオルタナとかシューゲイザーではこういうギターがデフォなのかもしれないけど。

基本的にあんまりオタク的な要素はなくてお洒落サブカル系な雰囲気なんですが、メロディが非常に素晴らしいので同人リスナー全般が楽しめる作品になってるんじゃないでしょうか。
あんまり書くことはないんですけど普通におすすめ度は高い作品です。

ラウパ

今年のラウパ、ドリームシアターとマノウォーが参戦決定ということで、メタラー達が大いに沸き立ってましたね。

正直、ドリームシアターならまだしも、マノウォーでこんなにメタラーの皆さんが熱狂するのは意外というか、いや、マノウォーが伝説的なメタルバンドであることは一応メタラーの端くれとして理解はしてるんですが、現在進行形でここまで人気あることにちょっと驚いたというか。メタル三昧でマノウォー流れた時ってこんなに盛り上がってたっけ?
まあ個人的にはマノウォーってマッチョで暑苦しいパワーメタルやってて、ベースの人の迷言が面白いバンドってイメージくらいしかないんですけどね。ベースの人の迷言はほんと面白いんでメタラーじゃない方も一読してみると良いですよw
http://www.ug9.net/manowar.html
やっぱり一番有名なのは「偽者のメタルに死を」ってやつなんでしょうなぁ。
偽物のメタルかぁ…。
すんません自分メタラー自称してますが最近は「ド・キ・ド・キ☆モーニング♪」とかそんなのばっかり聞いてます…すんませんw

たぶん自分が普段聞いてるメタルでマノウォーさんに認めてもらえるようなまともなメタルってほとんど無いだろうなぁw まあ自分はメタラーであることにアイデンティティなんて持ってないんでどうでもいいんですけどもw
というか、今年のラウパにもBABYMETAL参戦したらどうなるんですかねwマノウォーさん怒って帰っちゃったりしないんですかねw

しかし、こうやってわざわざ記事書いてるのにも関わらず、自分はラウパに行くつもりはないんですけどね(なんじゃそれ)。
バンドのラインナップは無関係で、そもそも自分はライブ行かないメタラーなんです。ライブって疲れそうだし面倒いなーみたいな。家でまったりCD聞くのが好きなんで。インドアメタラー(?)って感じでしょうか。あとライブってチケット高いしね。そのチケット代でCD買った方が個人的には有意義に感じる。
なんとも変わり種なメタラーというか、そもそもメタラーじゃないのかもしれないですがそれでもいいやw


同人音楽に関係ない話題ばっかりなのもアレなんで、約1ヵ月後に迫ってきたM3の話もしましょうか。カタログは今月末あたりに出るんでしょうな。
http://shop.melonbooks.co.jp/shop/detail/212001071158
メロブでは29日になってますね。延期の可能性もあるかもしれないですが。
カタログ買ったら今回も気合入れてサークルチェック開始するぞー、と言いたい所ですが、実はまだ昨年の秋M3で感想記事書いてない作品まだけっこう残ってるんですよね。あと6~7サークルくらい…(けっこう多い)。
個人的にあんまり魅力を感じなかった作品なら感想スルーするつもりですが(アレンジ作品はどう評価していいのか困るので基本スルー)、やはり何らかの魅力を感じた作品については書き残しておきたいんですよね、需要の有無とか関係なく。しかし、聞いてから時間経っちゃうと当然ながらモチベーション落ちますよねえ。11月にもうちょい頑張って書いておくべきだったかぁ。

ドルオタじゃないけど

BABYMETALにやたらハマってますね…。まだ3月だけど、もう年間ベストはBABYMETALでいいやって思うくらいにはヘビロテしてますw
前回の記事でもけっこうダラダラ書いてましたけど言いたいこと書き切れてなかったから補足的な記事を書いとこうと思います。まあ既にファンに語り尽くされてるような内容でしょうけどねw

このユニットの音楽の魅力ってのはやはり「アイドルとメタルの融合」っていう基本コンセプトでしょうなぁ。
もしかすると、「アイドルにメタルやらせたら面白くね?」「オタクなメタラーもファンに取り込めるかも?」とか、割と安易な発想で立ち上げられたグループなのかもしれないですが、それが結果として(アイドル性とは無関係に)非常に面白い音楽性を生み出してるのが興味深い。
ほんと純粋に音楽として魅力的だと思うんですよ。海外でも評価されてるのがまさにその証拠だと思うんですが。自分もこの女の子3人の見た目やらダンスやらには全く興味ないですしねw

アニソンのキャッチーさと轟音のメタルを融合させようという試みなら過去にいくらでもあったでしょうけど(このBABYMETALに編曲で参加してる教頭さんのVice Principalもそれに含まれますな)、このBABYMETALの場合は、その2つの要素の対比が非常に極端なんですよね。歌パートは言うなれば女児向けアニメの歌みたいな幼さと陽気さに満ちてるんですが、演奏パートではデスボイスを交えたゴリゴリの重低音サウンドが展開し、その2つがゴチャゴチャに混ざったカオティックな音像が強烈なインパクトを放っていますね。
例えるなら、プリキュアとかアイカツの歌の途中にいきなりデスボイスが挿入されるようなもんですよw (発想的にはアニソンのメタルアレンジに近いか。そこも同人音楽に近いと感じる所以かなぁ)
自分はキャッチーなメロディとテクニカルな展開の両立してる音楽が好きだって前のA.C.Tの記事でも書きましたけど、このBABYMETALの場合はキャッチーさとカオティックな轟音の共演って感じですかねー。これも自分の好みにストライクな音楽性です。ただひたすら轟音が鳴り続けてるメタルってのも聞き疲れるし、単にキャッチーなだけでも物足りないけど、その2つの要素が融合することで刺激的な音楽が生み出されるっていうね。

SU-METALさんの歌唱も特筆に値しますよね。幼さや拙さを残しつつも、シリアスな曲調では大人びた美しい歌唱を聞かせるという両面性。これもBABYMETALの「両極端」な音楽性に最高に合った歌声と言えるでしょう。
まあ、SU-METALさんは良いと思うんだけど他のお2人は…ロリ声がきついなぁとしか思わないですがw イジメダメゼッタイとか間違いなくアニソン系クサメタルの名曲なんだけどなぁ…ロリ声が無ければw

前回の記事で、BABYMETALの音楽性が気に入ったなら同人音楽聞いてみれば良いよとか適当に書いたけど、具体的にどのサークルがこういう音楽やってるかなぁと考えたところ…思い当たるサークルなかったw たぶん東方ならあるだろうけど、オリジナルではあんまり無いかもなぁ。まあ、まんま同じ音楽性のサークルはないかもしれないけどきっと似たような感性のサークルは多いはずだと思うからやっぱりおすすめしますけどねw

BABYMETAL「BABYMETAL」

BABYMETALジャケ

BABYMETALの音楽性が気に入った人は同人メタルとか聞けば良いと思うよ!
逆に、同人メタル聞いてる人らもBABYMETAL聞いたら良いと思うよ!


日本のオタクメタラーの間のみならず、海外でもメタルチャートで1位獲得したりと話題沸騰しまくりのBABYMETALの1stですが、もう既にネット上やら雑誌上やらで色々語り尽くされてるんじゃないかと容易に想像できるので(いちいちチェックしてる訳じゃないけど)、やはりうちは同人音楽扱うブログですし同人音楽という観点からこのアルバムを語ってみようかと思います。

まず言っておくと、自分はネット上の情報でBABYMETALについての予備知識はそれなりにありましたが、まともにCDで音楽を聞いたのはこのアルバムが初めてです。
結論から言えば、これ凄く良いと思います。アイドルに無関心なオタク系メタラーからも評判すこぶる良かったから結構期待はしてたんですが、予想以上に良いですよこれは。楽曲、サウンド共に相当にクオリティ高い。
アイドルが歌うメタル、しかも中学生の子達ですし若干ロリコン的というか犯罪臭があったりするのを心配してはいたんですが、いざ聞いてみると、確かに脇の2人のロリっぽい声には違和感あるけど、メインボーカルのSU-METALの歌は普通に上手いですし、声質も綺麗で良いと思うんですよね。
バックの演奏はアイドルの曲とは思えないほどの本格的なメタルで、音圧もかなりの物なんですが、対照的に歌メロはアイドルらしいキャッチーさに満ちていて非常に聞きやすい。ガチな演奏とキャッチーなメロディを持つメタルが好みの自分にとってはこのサウンドのバランスは割と理想に近いかもしれない。

というか、ゴリゴリのヘヴィなサウンドにアニソン的な超キャッチーな歌メロと時折電波ソング的な掛け合いが乗るって、まんま同人メタル(アニソン系メタル)の十八番じゃないですか。いつもそんな軟派なメタルばっかり聞いてる自分がこのBABYMETALのサウンドに違和感を持つはずがなかったw
このアルバムで聞けるピコリーモ系サウンドと女性ボーカルの組み合わせとか昨今の同人メタルでも流行ってますし、「紅月」でのSilent Jealousyパロとか同人メタルで割とよくあるネタですしねw

しかし、裏を返せば、同人メタルと比較的同路線と言える音楽がこんなにも好評を博しているというのは、実は潜在的な同人メタラーが相当数いるということを示しているんじゃないか?と思ったりして、同人メタルの未来ってけっこう明るいんじゃね?とか思ったり。

とはいえ、このBABYMETALの音楽に感銘を受けた人がそのまま同人メタルにもハマれるかいうと…やはり疑問はありますよね。BABYMETALはあくまでアイドルなので女の子の見た目の可愛さを前面に出して売ってますが、同人音楽ってメンバーの外見とかネット上に公開してない場合がほとんどですしね。売り方としては真逆と言えなくもない訳で。
でも、外見とか売り方とか除けば、音楽性自体がかなり近いのは確かなんじゃないかと思うんですが。
もう1つ、同人音楽にハマるための障壁は音の悪さでしょうなぁ。このBABYMETALのアルバムのサウンドクオリティはかなり本格的なレベルなんですが、対して同人メタルはというと…。まあアマチュアだから音が悪いのは仕方ないんですが。しばらく同人音楽聞いてると音の悪さにはすぐ麻痺してきちゃうんですけどねw あとボーカルがあんまり上手くない場合もありますね。SU-METALさんより普通に下手な場合も(ry

やはりBABYMETALにハマった人に同人メタルを布教するには障壁が多いかなぁ。それよりか同人メタラーにBABYMETALを薦めたほうがよっぽど楽かもしれないけどw
でもそれじゃあんまり面白くないよなぁ。そもそも同人メタラーでBABYMETALに偏見持って聞かず嫌いしてる人なんているの?
…あーそういえば悶絶メタルさんとかバリバリに偏見あるのかぁw まあ悶絶メタルさんは同人音楽に精通してはいるけど非オタクだしやっぱり例外だよなぁ。

ちょっと話変わりますが、オタク系メタラーでアイドルに流れる人って多いよねえ。しかも、そういう人って決まってマニアックなバンドのCDとんでもない量を揃えてる、音楽マニアを極めたような人なんだよなぁ。なんだろう、音楽マニアを極めるとアイドルに辿り着くみたい真理があるのかなw
個人的にはアイドルに対しては中立的なスタンスでして、特に好きでもないし嫌いでもないって感じですかね。このBABYMETALに関しては、とりあえずSU-METALさんが上手く歌えてるんだからそれ以上何を求める必要あるのかって思いますね。アイドルにアーティスト性を求めるなんてナンセンスですし(演奏はプロフェッショナルなミュージシャンがやってるんだからむしろ嬢メタルよりか安心して聞けるしw)。出来上がった音楽さえ良ければそれで十分評価に値しますよね。

アイドルだからって「こんなのメタルじゃねえ!」とか不必要に叩くのもアレだし、「アイドルなのにこんな本格的なメタルやってる!」って過剰にヨイショするのもおかしいと思うし、やはり中庸が一番というか、むしろ冷静になって聞いても相当にハイクオリティなアルバムなんですよねこれ。まじ良い曲が揃ってる。
まあ女の子達が音楽作ってる訳じゃないから制作スタッフが優秀ってことなんだろうけど、アイドルという題材を使って好き放題に「メタル」を表現してるのが実に痛快というか、ほんとスタッフの人達は楽しんで制作してそうですよねw 女の子達がメタル好きなのかどうかは知らんけど、まあ女の子達は歌って踊ってるだけなんだからメタルに無関心だろうがどうでもいいですよねw

とにかく、同人メタラーにはかなりおすすめ出来る内容のアルバムだと思います。アイドルに偏見(というかロリ声に抵抗が)ない人なら聞くべきでしょうね。
あと、BABYMETALが気に入った人は同人メタル聞いてみたら良いと思うよ!(最初に戻る)

Dragon Guardian「Destiny Of The Sacred Kingdom」

Destiny Of The Sacred Kingdom

タイトルは全然違いますが、Dragon Guardianの記念すべき1st作品「聖邪のドラゴン」をリメイクしたアルバムです。
タイトルにオリジナルの面影がないことからも分かる通り、内容も大幅に変更されています。オリジナル盤にあった物語音楽的なセリフを全カット、収録曲はメロディだけを残してボーカルもアレンジも曲順も全て一新されていて、ギターソロも追加、1stとは完全に別物の作品になっています(歌詞やストーリーも全然違うみたい)。セリフ無し、男性ボーカルということでオタメタラー以外の一般メタラー向けの作風に変わっていますね。

…まあ、別にリメイクすること自体は良いと思うんですけど、アーサーさん自身がオリジナルの1stをまるで黒歴史みたいに扱ってるのがどうにも納得出来ないんですよねえw だって個人的にドラガで一番思い入れがある作品が1stですからね!
確かに、オリジナルの1stはKickさんのボーカルは拙いし、音も薄っぺらいし、ストーリーもセリフも子供の演劇レベルだと思うし、色々しょぼすぎて黒歴史にしたい気持ちは分からないでもないんですよ。
でも、この拙さこそが最高なんですってw
拙さが良いとはいっても、クソゲーやクソアニメを偏屈なスタンスで面白がる人達みたいな愛で方とはちょっと違うんですよ。そういう捻くれた視点抜きでもドラガのオリジナルの1stは本気で素晴らしいと思える出来なんですよね。

そのオリジナル盤の魅力の多くを担うのはやはりKickさんのボーカルでしょう。
まあ確かに、Kickさんのボーカルはお世辞にも上手いとは言えないでしょうね。ものすごいB級臭が漂ってる歌声です。
しかし、ドラガ最高の名曲「我らが嘆きのカルミア」でのKickさんの何とも言えない情感のある歌唱って他の誰にも真似できない代物だと思うんですよね。この、優しく語りかけるような、甘ったるくも幼稚な感じの歌声…。単純に上手い下手では測れないような独特の魅力に溢れています。まさにヘタウマの極致。同人音楽最高のヘタウマ女性ボーカルと言っても過言ではないでしょう。
どんな上手いボーカルさんでもこの方の代わりは務まらないだろうなぁ。ベスト盤に他のボーカルさんが歌ったカルミアが収録されてたけど、ぶっちゃけ魅力が十分の一くらいに激減してましたね(言い過ぎ)。まあそのくらいKickさんのボーカルは素晴らしいってことですよw

さて話をリメイク盤に戻しますが…。
このリメイクではボーカルをジャパメタを代表する男性ハイトーンボーカルのLeo Figaroさんが務めており、最早ボーカルパートには拙さなんて欠片も残ってません。Kickさんとは比べ物にならないほどの圧倒的な歌唱力。
しかし、オリジナル盤にあった味わい深さは完全に消え失せちゃってるんですよね。クオリティは上がってるけど魅力はオリジナル盤より確実に下です。
でも、KickさんとLeoさんでは歌唱のタイプ全然違いますしそもそも性別すら違いますからね。敢えてオリジナルと比較されることのないように意図的にオリジナルとは全然別物の作品にしたんでしょうね。
そしてその試みは成功してると思います。中途半端に女性ボーカルでリメイクしてたらオリジナル盤が好きなリスナー(どれくらいいるのか知る由もないですがw)からは不評だったと思いますが、ここまで作風変えたら完全な新作として聞けますもんね。

基本どの曲もオリジナルを越えられてないと思いますが、これはこれで楽しめますし、特に#5、#7あたりはLeoさんのハイトーンによって新たな魅力が与えられてるような気もしますね。
という訳で、オリジナルに思い入れがある人でもそうでない人でも楽しめる作品になってると思いますが、やはり自分は断然オリジナルの1stが好きですね。もし1st聞いたことない人がいたらおすすめします(B級同人メタルが好きな人には特にw)

花純月「至白へ帰す遥かの香花」

  至白へ帰す遥かの香花

この作品は、ゴシックメタル系サークル「世の漆黒」の中心メンバーである胡桃坂 庵さんがかつて所属していた「花純月」というV系バンドの過去の楽曲を多くのゲストボーカルを迎えてリメイクしたアルバム…だと思われます。
世の漆黒で頒布してたのにアーティスト名が花純月ってなってるから「??」ってなったけどこの理解でたぶん合ってるんじゃないかと。

この作品、V系が好きな同人リスナーの間でも事前に話題になってたっぽいですが、やはり1曲目、Eine Kleineの朔夜さんの歌う曲のキラーチューンっぷりがその要因なんでしょうなぁ。楽曲のキャッチーさもさることながら、やはり朔夜さんのボーカルが上手すぎる。自身のサークルEine Kleineで何故歌ってないのか不思議になるくらいには堂に入った歌いっぷりですよねー。この手の甘ったるいV系が好きな人にはたまらん歌声でしょうなぁ。

とまあ、1曲目はインパクト大のキラーチューンなんですが、2曲目以降がちょっと地味なんですよねえ…。割と落差が激しいというか、曲の出来に差があるってもあるかもしれないですがそれ以上にボーカルの力量に差があるのかもしれない…(Aureliaのkikyowさんは上手いけども)。
とはいえ、2曲目以降が捨て曲っていう訳じゃなく、単に即効性がないってだけで、何度か聞くと味が出てくるスルメ曲系って感じですかねー。そりゃ、わざわざリメイクするくらいだからおそらく花純月ってバンドのベスト選曲になってるはずだと思いますし。
特に後半は良い曲が揃ってるんですよ。#5のバラードとか、ボーカルはちょっと歌唱力不足な感もあるんですけど、サビでの裏声のスキャットが素晴らしい。バックのギターのいかにもV系っぽい高速ピッキングのフレーズが良いですなぁ。
#6はミドルテンポでヘヴィなリフをどっしりと据えたメタル寄りの楽曲で、一番メタラー向けと言える曲かも。ボーカルは気怠い声質ですがオペラティックな雰囲気もあり、時折入るデスボイスも良いアクセントになってる。
ラストの#7はこのアルバムで一番キャッチー且つ疾走してる曲かな。メタル寄りなアレンジとキャッチーな歌メロで完成度高し。世の漆黒のスタイルに一番近い曲でもあると思う。ボーカルは女性ボーカルに聞こえるけどたぶん男性なんでしょうな。

多くのゲストボーカルが参加してるおかげで、かなりバラエティ感あふれる作風に仕上がってると思います。
V系が好きなリスナーさんなら満足できる内容になってると思いますね。後半にメタル色の強い楽曲が入ってるんでメタラーも十分楽しめるかも。
実を言うと世の漆黒の作品ってシングル1枚しか聞いたことないんですよね…。ラノベ題材の作品が多いし、原作知らないと敷居が高い感もあり…。やっぱり完全オリジナルでやってくれた方が聞きやすいんだけどなぁ。
そういえば、1曲目歌ってる朔夜さんと世の漆黒の胡桃坂さんで「スカーレット-581486956803-」(名前長すぎw)とかいうV系プロジェクトも始めたみたいですが、そっちも楽しみですね。

Dragon Spiral Music「Sungrazer」「Strange」

Dragon Spiral Music Sungrazer  Dragon Spiral Music Srange

まるでクサメタルみたいな名前とは裏腹に、実にお洒落で聞き心地の良い高品質なフュージョン系プログレのインスト作品を作っているサークルさんです。

昨年の春M3の時にも秋M3の前にも紹介したんですけど、このブログ見てる人で買った人がいるのか疑わしいところですねえw まあぶっちゃけM3で売ってはいるけどオタク要素がほぼ皆無の音ですしね、需要はほとんど無いんだろうなぁ…。
しかしながらクオリティは非常に高いですよ。フュージョン系、プログレ系の音楽が好きなリスナーさんならば値段以上の満足が得られることは間違いないと思います。それ以外の方でもBGMとして聞くには持って来いの心地の良い音楽だと思いますしおすすめですね。(自分はあんまり作業用BGMにするためにCD買う習慣はないんだけどもw)
ぶっちゃけ、個人的にはクサメタル系のインストよりこういうフュージョン系インストのほうがよっぽど好きだったりしますね。

このサークルさんは毎回キーボードメインの作品とギターメインの作品を2種類出しているみたいですが、今回紹介してる青っぽいジャケがキーボードメインで、赤っぽいジャケがギターメインの作品になっています。どちらも変拍子を駆使したテクニカルな演奏でありながら、非常にメロディアスで聞きやすい音に仕上がってると思いますね。
特にキーボードメインの方はメロディアスさが際立ってますね。浮遊感のあるキーボードの音がたまりません。Happy The Manとかを思わせる音世界ですね。
ギターメインの方は、ギターリフが前面に出ているのでハードな印象ですがメタルとは程遠く、やはりフュージョン的な心地良さが堪能できる音ですかね。しかしテクニカルな展開はなかなかにスリリングなのでプログレメタル系リスナーにもおすすめ出来そうです。#3とかメタラーも好きそうな展開かも。プログレ系ハードロックって感じだしRUSHに近いかもしれない。

どのCDも4~5曲入りで500円前後というお手頃な価格ですし、次のM3で試しに買ってみてはいかがでしょうかw

Ether3期!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm23005081
ニコ動にアップされたオリジナル曲がちょっと前に同人音楽リスナーの間で結構話題になってた女性ボーカリストのエルム凪さんが、なんとEtherに加入するんだそうで…。これはちょっと驚きましたね。
まあ動画もずいぶんと好評だったみたいだし(オリジナル楽曲で9000再生って凄いですよね)、他サークルとのコラボならば予想の範疇だけど、まさかEtherみたいな古参サークルに正式加入とは意外すぎる。
公開されているエルムさん加入後第一弾の楽曲「エルフの里」は、美しい多重コーラスが敷き詰められ、霜月はるかさんの民謡系の曲を思わせるファンタジックで雄大な世界観を感じさせる素晴らしい楽曲です。この1曲だけで新作への期待が膨らみますねー。
ただ、動画のコメントにもあるけど、この曲からはあんまりEtherらしさは感じられないですね。まあ、前ボーカルの桜璃さんとエルム凪さんでは全然声質が違いますし、Ryoさんはボーカルに合わせて楽曲作るスタンスなのかもしれませんね。毎イベント他のサークルに曲提供しまくってるだけあって職人芸級の器用さを発揮してますねw
こういう民謡系の曲も好きなんだけどやはりメタラー的にはEtherの過去作みたいなシンフォメタルな要素も聞きたいというのが正直なところですが、「激しい曲もやります」って書いてあるから期待できそうですね。この多重コーラスのファンタジー音世界にメタル要素が加わったら最強なんじゃないですかね? 新Etherに期待大ですねー。


さて春M3への期待が高まったところでもう1つサークル紹介しときましょう。やはりうちの期待サークルはここですよ。
Requiescant in Peace and Graceバナー
パッと聞いた感じではありがちなピコリーモに聞こえるものの、その実態はドリームシアターみたいなプログレッシブなアレンジセンスを持った他と一味違ったメタルを演奏する新進気鋭のサークルさんでございます。
こういう音楽性を表す正確なサブジャンル名が分かんないんですが、とりあえずプログレッシブピコリーモとでも呼んでおきましょうか(まんまだけどw)
冬コミで発表された1stアルバムは、どの曲も凄いと思うんですが、特に3曲目のインストの超テクニカルで綿密に練られた構成に脱帽すること間違いなしですよ。もうこの1曲だけで同人音楽の歴史に名を刻みそうな勢い。まじとんでもない曲です。
1stでこんだけの物を出してきたからには今後の進化が楽しみすぎますよね。春M3新作は出るとしても曲数は少なめだと思いますがキラーチューンを期待してます。

まだM3まで2ヵ月もあるし新譜情報はほとんど出てませんけど、注目の情報見かけたらその都度更新していくつもりですので参考にして頂ければ幸いです。

同人CD感想(shaky ART's、Magna Mater)

shaky ART's「shaky ART's 3rd」
shaky ARTs 3rd

このサークルさんは昨年の春M3の後にも紹介しましたが、これは秋M3発表の作品で、タイトル通りこれが3枚目のシングルのようです。
音楽性は前作と変わらず、System of a Downフォロワー的なカオティックな音を基本に、マキシマムザホルモン的なユーモラスさや流行り(?)のピコリーモを取り入れた「変態メタル」になっています。

モロにSystem of a Downだった前作に比べると多少はオリジナリティが出て来たような気がするけど…まあぶっちゃけ前作からほとんど進化してない印象なんですけど(ジャケも手の向きが変わっただけw)、前作が十分クオリティ高い内容だったし全然不満はないですかね。ボーカルの変態的な歌唱も相変わらず上手いし、音質は同人(インディーズ)クオリティだけどこれくらいのほうが聞き疲れしないとも言えますしね。(というか2ndと聴き比べてみたら微妙に音質良くなってますなw)
あとサビのメロディがキャッチーで良いんですよね、3曲目のサビとか特に良いなぁ。
個人的にもけっこう気に入ってますし、何気にクオリティ高いので、マキシマムザホルモンとか好きなリスナーさんにはかなりおすすめ出来ますね。
なんか公式のブログ見たら、ギターの人が脱退してボーカルの人の1人バンドになっちゃったみたいだけど是非続けて活動して欲しいものですね。



Magna Mater「雨月物語」
雨月物語

このサークルさんは「たいほー池」って名前でイベントに出展してますけど、そのサークル内で更に複数のプロジェクトが存在していて、このMagna Materってのはそのうちの1つっぽいですねえ。どうやらこのサークルの中心人物のたいほーさんはメジャーのメタルバンドのプロデュースも手がけている大物で、悶絶メタルさんのレビューには「ジャパメタ界のビッグネーム」とまで書かれてましたけど…それにしては今回紹介するこの作品はずいぶんとB級くさいなぁ…w

楽曲は良く出来てると思うし、ボーカルも上手いと思うんだけど、やはりB級感を臭わせる要因はプロダクションでしょうなぁ。ボーカルのこもったような音とか特に…。
あと、女性ボーカルは良いんだけどツインボーカルで一緒に歌ってる野太い男性ボーカルがこれまたB級くさくて、プロダクションとの相互作用でかなり古臭い印象を与えてしまってる気がします。
でも曲は良いと思うんですけどね。メロスピな曲は2曲目だけで、あとは割とキャッチーで明るい曲なんですが個人的にはこういう曲調も好きですし。
内容の垢抜けなさとは対照的に、ジャケはなかなかセンスあると思いますね。物語音楽系が好きな人がついつい買っちゃいそうな雰囲気あると思いますw

無料ダウンロード再び

http://yaplog.jp/iruma96/archive/2014
という訳で、Hollow Mellowが再び期間限定で無料ダウンロード企画をやってるみたいですよー。しかも3曲も入ってるようで、Irumaさん相変わらず気前良すぎますなぁw
今回の無料ダウンロードはなんと、(自分が今まで聞いた)同人音楽でも屈指の超キラーチューン、「Fall away -マッチ売りの少女-」が含まれていますし、これは同人音楽リスナーのみならずアニソン系リスナーも必聴だと思いますね。
まあこんなブログわざわざ見てる方でこの曲を聞いてない方はいないとは思いますが、もしいたら絶対聞くべきだと思いますよw
ちなみに今回の無料ダウンロード企画は妖精帝國のオープニングアクトに決まった記念だとのことですが、ぶっちゃけ妖精帝國よりHollow Mellowのほうが音楽的には上をいってるような気がしてならない(小声)。
まあ知名度と音楽的なクオリティってあんまり比例しないんだなってのは同人音楽を聞いてから思い知りましたからw それにHollow Mellowの音楽性の凄さって同人音楽聞いてるようなマニアックな層にしか理解されなさそうですしねえ。




さて話は全く変わりまして、左カラムの一言雑記(スマホだと見えないと思いますが)にずっと載せてるA.C.Tの新譜についてですね。このブログはいちおう同人音楽だけ(もしくは同人音楽に近い音楽性のアーティスト)を扱う基本方針にしてるので本文では触れてませんが、このバンドは自分にとってフェイバリットなバンドの1つなのでやはり少し書いておきたいと思います。
http://yurumeta.blog.fc2.com/
詳しくはサブブログのほうに書いてあるので省略しますが、自分の理想とする音楽性、「キャッチーなメロディとプログレッシブなテクニカルさ」を最高級のセンスとクオリティで体現しているバンドがこのA.C.Tだと思う訳ですね。
しかし、今回の新作はちょっとキャッチーさが物足りないかなぁ…と感じて向こうのブログにもけっこう否定的な文章書いてしまいましたが、改めてネット上にある感想を探してもこのA.C.Tの新作に否定的な感想書いてる人間ってほとんど皆無なんですよね…。ほんと絶賛しか見つからないくらいで、最高傑作に推す人も珍しくないようですし。まあ、ファンとしては嬉しい状況ですけどね、フェイバリットなバンドの新作がこれだけ好評なんですからね。

ただ、発売から10日ほど聞き込んだ今でもやっぱりこの新作は絶賛は出来ないかなぁ…というのが個人的な感想でして。確かにプロダクションや演奏の出来栄えは過去最高レベルなのは間違いないと思うんですが、やはり歌メロのキャッチーさが過去作には及ばないんだよなぁ…(2曲目と5曲目は除く)。たぶんこの新作を絶賛してる層はメタル寄りのリスナーで、だからこの演奏重視なヘヴィ路線が気に入ったんじゃないかと思うんですが、自分はどっちかというとポップ寄りなリスナーなのかもしれないなぁ、Silenceが最高とか思ってるくらいだし。A.C.TはQUEENとか好きなポップス系リスナーにファンが多いと思ってただけにちょっと意外かも。
ただ今作に対する自分の意見が異端だとしても、過去作は4作とも全部大好きなんでこのバンドのファンとして間違ってるとは思ってませんけどねw
それに何だかんだ言って今作もヘビロテしまくってるし最早完全にお気に入りアルバムの域に入ってますねw 過去作より若干メロディが物足りないってだけでクオリティが低い訳じゃないですしね。むしろサウンド面では過去作を圧倒してますし。

roxie「王華再譚」

王華再譚

このサークルさんは同人ゴシック系によくある、ヴィジュアル系からの影響の色濃い女性ボーカル主体のメタル系サークルの1つですね。何気にけっこう活動歴は長いサークルのようで、この作品は初期の作品のリメイクをメインに収録したミニアルバムっぽいです。

ここの作品で初めて聞いたのは2012年発表の「遠き王国のイストワール」ってアルバムだったんですが、楽曲クオリティは高いしボーカルも上手いんだけど、悶絶メタルさんのレビューでも指摘されてる通り、各ボーカル曲の合間にいちいち挟まれるインスト曲が非常に冗長な印象を与えていて、せっかくのクオリティが台無しになってた感はあるんですよね。まあインスト曲だから悪いって訳じゃないですし、クオリティ高ければインストでも全然構わないんですけどね、1種類の楽器しか入ってない曲がたくさん入ってるとさすがに退屈ですかね…。

この作品もピアノオンリーのインスト入ってるんですけど、2曲だけなんで前作に比べると冗長さは減少して聴きやすくなってるかもしれないですね。これなら全然許容範囲内でしょう。
前作「遠き王国のイストワール」に比べると今作はフォークメタルっぽいアレンジが増えてる気がしますね。1曲目の冒頭から暑苦しいフォークメタル的クワイアが飛び出してなかなかのインパクトですw こういうアレンジは同人メタルでも珍しいので新鮮味あって良いですね。サビでボカロっぽいエフェクトかかるのは前作と同様か。男性ボーカルが無いので今回はヴィジュアル系っぽさはあんまり無いかな。
あとリメイク作品ということもあって、かなり良い楽曲が揃ってる印象ですね。ボーカル曲4曲とも非常にキャッチーなメロディの備わった聞き応えある曲ばかりです。ちょっとしたベスト盤的な位置付けなのかもしれないですね。オリジナルバージョンは知らないので比べようはないんですが、おそらくかなりサウンド面でクオリティアップしてるんでしょう。

さすが活動歴が長いだけあってクオリティは高いですし、悶絶メタルさんの仰る通り冗長な間奏のない作品作って欲しいというのが素直な感想ですかね。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析