Lunetia「Ecila」

Ecila.jpg

このサークルはニコニコ動画で有名なミュージシャンが集まったバンドらしいですが、自分はニコ動界隈には疎いんで最近になって知りました。たぶんニコ動に慣れ親しんでる層では普通に知名度高いバンドなんでしょうね。
ちなみに、新譜でも何でもなく、2011年の夏コミで発表された作品みたいなのでずいぶん前の作品ですね。

ニコ動出身のアーティストっていうと何かと偏見を持たれがちなんじゃないかと思うんですが(まあ同人音楽とニコ動の音楽って親戚みたいなもんだと思いますがw)、このバンドはそっち界隈特有のチャラい雰囲気とかほとんど無くて本格的な風格がありますね。(強いて言えば男性ボーカルの声が歌い手っぽいかもしれないですが)
いちおうエモ、スクリーモ系のバンドって認識されてるみたいですが、ジャンルの枠に収まらないけっこうバラエティ豊かな楽曲が収められていますね。この多彩な感じが気に入りました。典型的なスクリーモな曲は#1くらいで、スカっぽい曲(#3)やポストロックっぽいインスト曲(#5)もあり飽きさせない内容に仕上がってると思います。
もちろんそれぞれの楽曲の出来も素晴らしく、ハードなサウンドにも関わらず、同人らしいアニソン系のキャッチーな歌メロのおかげで非常に親しみやすい音になってると思います。
不思議の国のアリスがコンセプトになってる作品だそうで(アルバムタイトルを逆さに読むとALICEになる)、そのせいもあってか一般的なエモ、スクリーモ系のサウンドより若干ファンタジー的な雰囲気を纏ってる感もあり、いかにも同人っぽくて良いですねえ。まあ正直言うと自分はスクリーモとか特に好きって訳じゃないんで、この同人っぽい要素がなかったらそんなに好きになれなかったかもしれません。

ボーカルは男女のツインボーカルになってるんですが、男性ボーカルがサビの高音部を担当して女性ボーカルが中音域担当といった感じになってて変則的と言えるかもしれないですね。どちらも歌唱は安定感あると思いますが、特にハイトーン担当の男性ボーカルは上手いと思いますね。
演奏面のクオリティも相当に高く、特にベースはすごいテクニックですね。ただちょっとベースラインの自己主張が強すぎて(歌のバックでも所構わずベースソロ弾いてるし)嫌味があるレベルかもしれませんがw
演奏陣のテクニックを堪能できるのはやはり#5のインスト曲でしょうか。この曲だけプログレ寄りというかポストロック系の複雑なリズムを擁した楽曲になっていて、凄腕のメンツが集まってるんだということはこれ聞いただけでも実感できます。欲を言えば歌入りの曲でもこういうテクニカルな展開が欲しかったかなw

エモ、スクリーモ系が好きなリスナーは勿論のこと、ロック系の同人音楽が好きな方なら楽しめること請け合いな良作だと思います。
これは2ndアルバムみたいなんですが、どうやらAmazonレビューとか見ると1stのほうが評価高いみたいなんですよね。1stも聞きたいんですがどうやらすでに廃盤で入手困難のようで…。同人音楽特有の後追いの厳しさですねw
スポンサーサイト

Magical☆Galaxy「絶望少女と黒薔薇てぃんくるすたぁ」

絶望少女と黒薔薇てぃんくるすたぁ

このサークルさんは昨年の秋M3で新譜出してるんでそっちの感想書こうと思ってたんですが、一昨年(2012年)に出てるこの旧譜のほうが良い内容だったんでこっちの感想書こうと思います。
このサークルさん、イベント前に試聴で聞いた時もけっこう好印象だったんですが、実際CDで聞いてみたら予想以上に良かったんですよね。これはまじおすすめ出来ます。

音楽性は簡単に言えばゴシックメタルってことになるんでしょうけど、トランス系のチャラいシンセが多用されてたり、演奏が何気にテクニカル志向(実際テクニカルであるというよりはテクニカル系の雰囲気があるって言った方が正確かもしれないですが)だったりして、ありがちな音楽性になってないのも良いですね。
そして勿論メロディも良い。収録曲の全部がキラーチューン…とまではいかないですが、準キラーチューンと言えるくらいの勢いのある楽曲が揃ってますね。

まず、1曲目のインスト曲ではクラシック曲をサンプリングしてるんですけど(この曲なんていうんだっけ…)、結構アレンジ凝っていてこの時点でなかなかのインパクトを演出していて掴みはバッチリですね。続く#2はミドルテンポのゴシックメタルといった趣きですがサビのメロディが超キャッチーで結構な良曲です(欲を言えばこのポジションに疾走曲が欲しかったけど)。ギターソロもテクニカルで良い具合に盛り上げてくれます。
#3はクサメタラー受け良さそうな疾走感あふれる曲で、メタルコア系のヘヴィなリフにチャラいシンセが絡んでピコリーモに近い雰囲気もありますね。これもメロディはキャッチーですね、特にBメロが良い。
#4もチャラいシンセと共に疾走する曲で、サビメロの良さではこの曲が一番かもしれない。ドラムパターンはトランス寄りかな。
#5はヘヴィなリフに跳ねるような軽やかなピアノが絡む展開が良いですなぁ。こういう曲好きですね。

良メロディ良アレンジの楽曲が揃っていて実に聞き応えのあるミニアルバムですねー。基本女性ボーカルゴシックって感じですがメタル色が濃いので同人メタラー全般におすすめ出来そうです。
プロダクションも同人では平均的なレベルだと思いますが、更に向上すればテクニカルな雰囲気が活きるかもしれないですね。
女性ボーカルも特に上手いって訳じゃないですが、この手の音楽性に合った声質だしそつなく歌いこなしてるんで十分だと思います。

昨年秋の新作もクオリティはほぼ同等ですが楽曲の出来はこのミニアルバムに及ばないかもなぁ…。
このミニアルバムは有料ですが、公式ページのほうで旧譜3枚が無料ダウンロード出来るみたいなんで気になる方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか。(まだ自分も全部は聞いてないですが)
http://magical-galaxy.com/music.html

Majestic Righteousness「1st E.P.」

Majestic Righteousness 1st EP

タイトル通り、これがこのサークルさんの初CDみたいですね。頒布されたのは昨年の秋M3なんですが、実は自分はその時は購入しなかったんですけども、先日知人にCD譲って貰ったんで遅ればせながら聞いてみました。

結論から言うと、これはなかなか良いと思いますよ。やっぱりM3の時に買っとけば良かったですね。むしろ300円程度なのに何で買わなかったのかw
実はイベント前にこのサークルさんいちおうチェックはしてたんですよね。確か最初に歌入れ前のインストバージョンの試聴がアップされてて、それ聞いた時は「けっこう良さげかも?」と割と好印象だったんですが、後日歌入りのバージョンが公開されて、そっちは音外しまくりのヘナヘナの男性ボーカルが入って一気にB級感が増していて、それで購入を見送ったような気がしますw

しかし、実際にCDで通して聞いてみると、このヘナヘナな男性ボーカルもけっこう味わいがあるんですよね。ハイトーン部分とか素っ頓狂な声を上げて喚いてるだけにも聞こえなくもないんですが、だがそれが良いw なりふり構わないがむしゃらな感じが良いんですよね、こういうのは同人音楽ならではのマニアックな味わいだと思いますがw

バックのインスト部分のほうはボーカルの素人臭さとは対照的になかなかの完成度ですね。ストリングスの音色とかゲーム音楽っぽいアレンジが初期のドラゴンガーディアンを思わせます。鐘の音が多用されてるのがアレンジの特徴で、これが良い具合にクサさを演出してて盛り上がりますねー。
作曲はどうやら2人のメンバーが分担してるようで、それぞれが担当している前半2曲と後半2曲で若干曲調が違ってますね。前半2曲は前述の通りドラガっぽいゲーム音楽系の疾走メタルなんですが、後半はブラインドガーディアン辺りを思わせる民謡要素の入ったメタルになっていて、こっちも疾走パートはあるんですが穏やかな民謡パートとの対比が際立った構成になってます。#1と#3が前奏曲的な小曲で、#2と#4が本編と言える疾走チューンになっていますが、疾走チューンは2曲ともキラーチューン的な出来栄えで、ボーカルの不安定さを除けば結構な完成度だと思います。

この男性ボーカルのB級臭あふれる熱い歌唱も捨てがたくはあるんですが、これ以上のクオリティアップを目指すのなら女性ボーカルとか入れた方がいいかもしれないですねえ。まあ、マニア的な見地から言えばこのままでも良いかもしれないけどもw
あと、どうやらドラムは生演奏にする予定だったのが時間が間に合わず打ち込みで妥協したみたいなこと書いてあるんですが、ぶっちゃけ同人メタルで生ドラムにするメリットって少ないと思うんですよね。よっぽどの上手いドラマーでもない限り、バタバタしたドラムが不安定感を醸してしまうので…。個人的には次回作も打ち込みドラムでいいんじゃないかなぁと思いますが、サークルさん的にはそれじゃ不本意だったりするのかなw

ジャケットの取って付けたような女の子の絵がまたB級同人メタル臭さを醸してますねえw 同人音楽のジャケなんてとりあえず美少女ジャケにしとけばそれっぽくなりますよね(偏見)

何気にクオリティ高い音だし伸び代はいっぱいあると思うので次回作にも期待したいです。

Souwer Cherry「よんまいめ。」

よんまいめ。ジャケット

冬コミ作品も一通り記事書き終わったんで、そろそろ秋作品で書き残してる作品に移行していきたいと思います。もうけっこう時間経過してしまいさすがに新譜って言いづらい感じになっちゃいましたがw

女性ボーカリストSouwerさんの、名前通り4枚目のアルバムみたいですね。
M3前にも紹介しましたけど、クロスフェード聞いただけでも良い曲が揃ってるなーって印象だったんですが実際に楽曲が充実したアルバムだと思います。というかこのアルバム、過去に発表したシングルをいくつも再録した内容になってるみたいですね、道理で良い曲が多い訳だw シングルを既に持ってる方にとっては新鮮味の薄い作品かもしれないですが、初めて聞く自分みたいなリスナーにとってはお買い得なCDだったと言えるかも。

多数の外部コンポーザーからの曲提供で作られているという、同人ボーカルのソロ作品によくあるパターンの作品ですが、シングルの再録もあるのに意外に散漫な印象はないですね。特に興味を惹いたのは#1と#4のメタル的な感触を持つ2曲ですかね。クロスフェードでもこの2つが目立ってましたし。

#1のほうはクサメタル的な勇壮なメロディとアップテンポのストレートな展開で非常に分かりやすくメタルやってる感じの曲調なんですが、これうたたねりんごの人が曲提供してるんですね。うたたねりんごって割と渋い歌謡ロックみたいな方向性だと思うんですがこういうベタなメタルも作れるんだなぁ…器用ですねえ。
#4のほうは分かりやすい#1とは対照的にだいぶ捻くれた展開を持つ曲ですね。イントロからいきなりドリームシアターみたいなフレーズ来ますからねw そしてAメロではスネア連打と共にどっしりしたヘヴィなリフが刻まれ、Bメロでは一瞬三拍子の明るい雰囲気になったと思いきや、すぐヘヴィな展開に戻りサビでは思いっきりメロディアスになってゴシック的な雰囲気になり、そして極め付けは締めの「わたしじゃない~」ってとこの金切り声な超高音。ここはインパクト大ですねー。こういうプログレッシブな曲展開が好きなのは仕様ですw この曲は誰が書いたのかと思ったらMatricaの人かぁ。Matricaのほうの秋M3作品は割とストレートな曲展開が多かった気がするけどこういう曲も書けるんですね。こっちもちょっと意外な感じ。

上記2曲が特にキラーチューンだと思うんですが、他にも良い曲多いですね。#2、#3、#6辺りはどれもキャッチーで優れたメロディだと思います。

Souwerさんの歌声は、歌唱力も十分なんですが、明るく親しみやすい雰囲気があるのが良いですよねー。声質の癖も少なくどんなタイプの楽曲も歌いこなしてる感あります。
ジャケの可愛らしいキャラはSouwerさんをデフォルメ化したキャラクターなんでしょうけど、これも親しみやすいイメージに一役買ってるかもしれないですね。

Arte Refact「MUSETTE HARMONIE」

MUSETTE HARMONIE

この作品買った動機というのは中恵光城さん、仲村芽衣子さん、真崎エリカさんといったボーカル陣の豪華さが目当てでして、このサークルさん自体はよく存じ上げなかったんですが…。今放送されてる「咲 全国編」見てたらOPの作編曲のところにこのサークルさん「Arte Refact」の名前があったから「あれ、実はけっこう凄いサークルなの?」と思って公式ページの「製作履歴」の欄を覗いてみたら、見知ったアニメの名前がズラリと並んでいて、実はアニメに曲提供しまくってるサークルさんだということを知ったのでした…。
というか、紹介欄に「音楽制作クリエイター・チーム」と書かれてますし、同人音楽サークルというよりも、アニソン等に曲提供するのが主な活動なのかもしれないですね。同人活動は副業的な扱いなのかも。

アニソンに曲提供しまくってるのなら、さぞかし凄い楽曲が収録されてるんだろうな…と思って聞いてみたけど、意外に普通の内容でしたw 普通に良い曲は入ってるけど特段キラーチューンと呼べる曲はあんまり見当たらない感じですかね。
というか今は同人音楽全体のレベルが上がりまくってるからメジャーと同人でのレベル差ってほとんどないんだろうなぁ、マイナーなサークルさんでも「これそのままアニソンに起用できそう」みたいな超名曲が割とゴロゴロ転がってるのが今の同人音楽シーンですもんねw …というか咲 全国編OPは1期OPに比べるとだいぶインパクト弱い気もするし(小声)

収録曲の作編曲はほぼ全部が別々のコンポーザーさんの手によるものらしく、やはり1サークルの作品というよりはコンピレーションアルバム的な作品なんでしょうね。
1番気に入ってる曲は3人のボーカルさん全員で歌ってる1曲目ですかね。電波ソングっぽい曲調ですがメロディ的にも収録曲中で一番完成度が高いように感じます。
他にも仲村芽衣子さんが歌うシンフォニックなアレンジが効いてるロックナンバーの#2や、真崎エリカさんが歌うパワフルな#4も良曲ですね。明るくポップな#6も良いし真崎さん担当曲に良曲が回されてる感があるかもw
ボーカルの方々は3人とも同人界隈で有名な実力派揃いだと思うんですが、クレジット確認せずに聞いてると意外にどの曲を誰が歌ってるのか分かんなくなったりするんですよねw 中恵光城さんとか少女病だと圧倒的な歌唱力ってイメージだったんですが意外に自己主張の少ない歌い方する方なんだなぁと感じました(悪い意味ではなく)。

Tears of Tragedy「Continuation Of The Dream」

Continuation Of The Dream

今回紹介するこのCDも同人音楽ではありません、コミケで売っていた訳でもないんですが、単純に同人音楽リスナーに受けるタイプの音楽性だと思うので紹介しようと思います。

このTears of Tragedyはこれが2ndアルバムみたいですし、同人メタラーの方々ならとっくにご存知だとは思うんですが、このバンドの音楽性を一言で言い表すとするなら「Xをキャッチーな歌メロの女性ボーカルにして北欧メタル的な雰囲気とテクニカルな要素を入れた」みたいな感じでしょうか。全然一言で言い表してないですがw

一聴してあんまり複雑な印象はないですし分かりやすいメロスピなのに、よく聞くと実はけっこう多様な要素が入ってるって感じですかねー。
まず、所々にXっぽい(Dahlia辺りの)フレーズが見受けられるんでその辺りからの影響が根底にあることは伺えますが(というか日本のメロスピ系ってきっと半数以上がXの影響受けてますよねw)、やはり特筆すべきは女性ボーカルによる非常にキャッチーな歌メロでしょう。悶絶メタルさんのレビューにもありましたが、このアニソン的なキャッチーさに特化したメロディはまさに同人メタラー向けですね。メタルがあんまり好きじゃない同人リスナーさんにもおすすめしたいくらいの分かりやすい歌メロですよ。

あと、全体的に感じられる北欧メタル的な冷たい空気感も魅力の1つでしょうね。ジャケからしてクリスマス的な雰囲気ですが、中身のほうもまさに「冬メタル」(?)って感じですしこの時期に打って付けなんじゃないですかねw
それと、変拍子等の目立ったプログレ的なフレーズがある訳ではないですが、バッキングのギターのリズミカルな細かい刻みはかなりテクニカルな印象を放っていて(特に各曲のAメロのバッキングで顕著ですが)、プログレメタル系のリスナーの琴線にも触れる音なのではないでしょうか。

テクニカルでキャッチーな女性ボーカルのメロスピっていうとLIGHT BRINGERが思い浮かびますが、あっちとはまただいぶ毛色が違うサウンドになってますね。まず女性ボーカルとはいってもこのTears of Tragedyのボーカルはあんまり高音を駆使するタイプではないし(歌唱力は十分ですが)、あとキャッチーではあるんだけどポップな明るさとは無縁で全体的に憂いを帯びたメロディが占めていますし、割と個性は確立してると言えそうですね。
楽曲は粒揃いで、捨て曲はほとんど無いと思います。特に前半は良いメロディの曲が並んでますね。#2、#6あたりは名曲と呼べそうなメロディです。
収録曲のほとんどが疾走曲という潔さなんですが、メロディのキャッチーさと適度にテクニカルな演奏のおかげで単調さは全くないですね。

女性ボーカルの同人メタルが好きなリスナーさんにおすすめしたいバンドです。

ODIN「Endless Journey」

Endless Journey

これは同人音楽ではないですけど、冬コミで先行販売されてたんでいちおう冬コミ新譜に含めてもいいかもしれないですねw

このODINはKnights of Roundの初代ボーカルのVocchangさんとYAZINさんが再び手を組んだという、初期Knights of Roundの再結成と言える位置付けのバンドみたいですね。個人的にはナイツの現ボーカルCaz:nieさんも上手いとは思うんだけど声質に癖があるし、Vocchangさんの典型的メロスピな声質のほうが好きなんでこの再結成はけっこう歓迎してます。
ちなみにそのKnights of Roundの本隊もちょっと前に新譜出したばっかりですけど、一般的にはナイツの最高傑作と絶賛されてるみたいですが個人的にはどうにも微妙な印象だったりしまして、このODINの新譜のほうが断然気に入ってたりします。ナイツ新譜のほうは確かに洗練されたクサメタルなんだろうけど2ndみたいなキャッチーな歌メロがないのがどうにも…。

さてこのアルバムですが、収録曲はODINの初期の楽曲のリメイクにRyusaさんの新たに書いた楽曲を足したものだと書かれてるんですが、クレジット見るとYAZINさんとYamada kyousukeなる人が作曲してることになってるんでこのYamadaって人がRyusaさんの別名義なのかな? Loszealのほうでは山田龍佐って名義になってるし多分そうなんじゃないかと思うんですが。

YAZINさんの書いた曲は良くも悪くもいつものナイツ節って感じで、安定感はあるけど目新しさに欠けるかなって印象なんですが、Ryusaさんの曲が実に素晴らしいんですよ。基本はメロスピ、メロハー的な楽曲なんですがアレンジにプログレ的な捻りが少し加えてあってありきたりなメロディックメタルになっていないのが良いです。さすがプログレメタルバンドのLoszealやってるだけありますね。プログレ風味のメロハーといった感の#3と#4は共にキャッチーなメロディと適度にテクニカルな演奏が心地良いですし、なんといってもラストを飾るクラシカルなアレンジが冴えわたる#10は今作随一のキラーチューンでしょう。ナイツでもこういうスケール感ある曲やって欲しいくらいw
Ryusaさんの書いた優れた楽曲のおかげでメロスピにありがちな単調さに陥らず、ナイツ本隊とも差別化に成功してる感はあります。

もちろんYAZINさんの曲も良いんですけどね。ドラガのコンピに先行収録された#5はこれぞジャパニーズメロスピ!といった感ある魅力溢れる楽曲ですし、壮大でRPG的なイントロに続く#2はいつものお約束とも言える曲調で安定感も抜群です。とことんキャッチーなメロハー曲の#7も素晴らしい。
Vocchangさんの歌唱は、ナイツ1stに比べてあんまり進歩してない…というかハイトーンの張りが衰えてる気もする。でもこの声質はやはり国産メロスピとの相性最高だと思うし、ちょっと音外してるB級感も魅力の1つだと思うのでこれでいいんじゃないかとw

あとジャケが素晴らしいんですよね。このFFの召喚獣みたいなオーディーンのイラスト最高ですw ジャケ買いしたくなるレベルでしょう。

Chocolate lolita「Dearest」

Dearestジャケ

Etherのボーカル桜璃さんの2ndソロアルバムですね。というかもう桜璃さんはEther所属ではないんでしたっけ。リアルタイムで追いかけてないのであんまりその辺りの事情分かってないですがw

http://mmpk.web.fc2.com/2011best.htm
桜璃さんの1stソロの方は悶絶メタルさんで年間ベストに入るほどの出来だったみたいですね。レビューにも「本隊よりもメタリックになってさあ大変!」と書かれてますが、確かに試聴聞いただけでも全編疾走しまくりのクサメロ曲だらけでこれはEtherより確実にメタル色高いですねえ。これだけ絶賛されてると気になりますし、ほんとなら冬コミで新作と1stを合わせて買いたかったところなんですが、予算の都合上で新作のほうだけ買いました。

しかし、結論から言うとやっぱりこれは1stのほうを買っておけば良かったかなぁ…と思ってます。というのも、確かに今回の新作のほうもメタル曲ばっかりではあるんですが、どうもモダンでヘヴィな曲が多くなってるんですよね。自分は疾走クサメタル曲だけでなくモダンなメタルも好きではあるんですが、桜璃さんの声質がモダンな曲とは合ってないような気がしてならない。その傾向は特に#3、#4あたりで顕著なんですが、曲を「歌いこなしてる」てよりか「歌わされてる」感が強いというか…。曲自体の出来はいいんですけどね。

やはりEtherに近い方向性のシンフォニックメタル、ゴシックメタル曲のほうが桜璃さんと相性良いのは言うまでないですね。長くに渡ってサークルを共にしてたRyoさん提供の#8が良いのは当然として、荘厳なクワイアが印象的な疾走曲の#1、Resoneciaの音冶さん提供の#5、Eine Kleineの朔夜さんの#6も素晴らしい曲ですね。特に#6のキャッチーなメロディが気に入ってます。Eine Kleineは秋の新作も良かったんですがまだ感想記事書いてなかった…そのうち書きますw

音質やプロダクションはかなり良い部類に入ると思いますし、豪華コンポーザー陣が曲提供してるだけあって楽曲も割と粒揃いだと思うんですが、主役である桜璃さんの歌唱は必ずしも安定感があるとは言えないかもしれないですね…。それはEtherの頃から同様でしたが。
しかしあくまで同人音楽なんですし、やはりこのソロ作品については、これだけメタル系の楽曲を取り揃えたという「メタル愛」(?)こそが評価に値するのかもしれないですね。例えばメタルサークルの女性ボーカルさんが、「いちおうメタル歌ってはいるけど実はあんまりメタル好きじゃないんだ」みたいな方だったらちょっとガッカリするじゃないですか、でもソロ作品でこんだけメタル尽くしってことは確実にメタル大好きな方ってことですよね、メタラーとしてはそういう所に親近感を覚えますね。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析