Minstrel「recollection」

recollectionジャケット

ここは東方アレンジで名のあるサークルさんだと思うんですが、今回の新作はオリジナルということで買ってみました。
アレンジ系サークルさんが出したオリジナル作品って、「なんでこんな良い曲書けるのにアレンジばっかりやってるの?」と良い意味で疑問を持つ感想が出てくる場合と、「あー…これはアレンジばっかりなのも頷けるなぁ…」って悪い意味で納得するパターンがあるんですけど、このサークルさんは明らかに前者ですね。ほんとに素晴らしいメロディセンスを持ってらっしゃいますねこのサークルさんは。全編が超キャッチーで完成度の高いメロディで満載です。ほんとに、なんでこんなに良い曲書けるのにアレンジばっかりやってたんでしょうねw
まあ、必ずしも「曲が書けないからアレンジ系やってる」なんて単純な理屈ではないんでしょうけどね…殊更に同人音楽界隈においては。
ちなみに何で自分が執拗にアレンジ系を避けてるのかって理由については過去にも何度か書いてますしここではわざわざ語ることでもないですよね。まあ大体察しが付くでしょうけどもw

さてこの作品の音楽性ですが、「Minstrel」ってサークル名ってMinstreliXっぽいからなんとなくそっち系のクサいメタルとかやってるのかと思ってたんですけど実際聞いてみたら全然違ったw アニソン系のキャッチーな歌メロをスクリーモとかエモコアとかその辺の音楽性を混ぜたハードなサウンドに乗せて疾走させたような、クサメタルとは全然別系統の音ですね。まあ同人音楽リスナーの大半は歌メインで聞いてるだろうからバックがメタル系だろうがパンク系だろうが「うるさい音楽」と一緒くたにされてそうだしあんまり関係ないかもしれないですがw
女性ボーカルの歌い上げる歌メロがひたすらキャッチーなので、そっち系のハードな音が好きじゃないリスナーさんも楽しめる音なんじゃないでしょうか。

やはり音の魅力の多くを担ってるのはボーカルだと思うんですが、この女性ボーカルのLIQU@さんって方はほんと逸材だと思いますね。声質はJポップとアニソン両方で通用しそうな普遍性ありますし、メロディの輪郭をくっきり浮かび上がらせるようなシャープな歌い方が楽曲の魅力を最大限に引き出しています。でもクレジット見る限りだとこの方はサークル外部の方みたいで、このサークルはあくまでギターのyutaさんの個人サークルっぽいですねえ。

各楽曲についてですが、5曲入りのミニアルバムの中で#1、#3、#5が疾走系、#2と#4がミドルテンポの曲になってます。基本作編曲はyutaさんが手がけてるみたいですが、#4だけ作曲が別の方みたいで、なるほどこの曲だけ変拍子でカオティックなリフが目立ってますね。
全曲素晴らしいメロディが備わった曲だと思うんですが特に#5が最強ですね。これは間違いなく名曲と言えるメロディでしょう。
あと音質の良さも特筆すべきですかね。非常にクリアな音とタイトなプロダクションで同人音楽的なアマチュア臭はほとんどありません。この辺はさすが東方系サークルといった感じでしょうか(?)

こんだけ良い作品聞かされたからには次回作もオリジナルを期待するしかないですよね、もし次回作がまた東方に戻ってたらガッカリしてしまいそうですがw
スポンサーサイト

清風明月「竜と炎の物語」

竜と炎の物語ジャケ

なんと先日の冬コミでも新譜二種だったという超多作な同人ゴシックの有名ボーカリスト葉月ゆらさんの新作のうち1枚でございます。もう1枚のほうも気になってたけど予算の都合上買うことは出来ませんでした…。
M3は新作1枚づつだったけどコミケは両方とも2枚だったから昨年1年だけでもミニアルバムを6枚も出してらっしゃる訳ですね…多すぎるw メジャーアーティストでは考えられないハイペースですよね。まあ同人音楽ってイベント毎に何かしらの新作を出すことが期待されてて出ないとガッカリ感あるし、逆に何か出せばサークル買いしてる層がいるからそれなりに売れるっていう構造があるからなんでしょうけど、まあその辺の事情は素人なんでよく分かりませんw

さて、今回の新作は「清風明月」名義になっていて、これはコンポーザーDropさんとのユニットという扱いになってるみたいですね。でもぶっちゃけ葉月ゆらさんのソロとあんまり大差ない気がしますがw
そしてメタラー的に気を惹くのがやはりタイトルですよね。竜と炎の物語、サブタイトルが「Dragon and Frame」ですよ、クサメタラー諸氏ならばきっとイタリアの超大仰シンフォニッククサメタルバンドRhapsodyのアルバムPower of the Dragonflameを思い出してしまうんじゃないでしょうかw メタラーホイホイすぎるw

そしてタイトルだけでなく中身のほうもラプソを同人ゴシックにしたかのような壮大なシンフォニックアレンジをまとった楽曲が収録されています。
今作の作編曲を手がけるDropさんは夏コミ発表のCD「PLATINUM」でも5曲目で強烈な疾走ゴシックメタルを披露していましたが、今作収録の疾走曲も前作に負けず劣らずの素晴らしさですねー。
自分は葉月ゆらさんのCDも近作しか聞いてないようなにわかなんでよく存じ上げないんですが、もともとDropさんってこういうメタル系が得意なコンポーザーさんなんですかね? ぶっちゃけアリプロフォロワー的なゴシック曲よりシンフォメタル曲のほうがアレンジ冴え渡ってるし明らかにこっち路線のほうが輝きを放ってるように感じるんですがw

さて各楽曲についてですが、1曲目は同人音楽ミニアルバムでお約束のインスト曲…なんですが、この曲はよくある曲数を水増しする目的で収録されてるようなインストとはちょっと違ってて、しっかりした展開とメロディがあり単なる前奏に留まらない魅力を持ってる曲ですね。怪しげなゴシック的メロディを奏でるAメロとシンフォニックで勇壮なサビ部分の対比が素晴らしいです。
ボーカル曲1発目となる#2は壮麗なストリングスが駆けるイントロだけでクサメタラー歓喜でしょうw シンコペーションの効いた歯切れのいいリズムアレンジもまた最高です。もちろん歌メロもキャッチーで素晴らしい。
次の#3も#2とほぼ同様の方向性の楽曲で、大仰なシンフォニックアレンジと疾走感が心地いい楽曲です。
#4はミドルテンポの曲ですがスパニッシュギターで彩られたなかなかクサい楽曲です。
#5も良いメロディのバラードだと思うけど短いし繋ぎ曲っぽいイメージかな。
#6は過去作のリメイクバージョンみたいですが、この曲だけアリプロ系ゴシック曲なんでちょっと浮いてる感は否めないかも。

リメイクバージョン収録のせいでちょっと散漫な印象になってしまってるんですが、もしシンフォニックメタル路線で絞って1作まるごと作ってたらかなりの傑作になってたんじゃないかと思えてちょっと惜しい気はしますねw
とりあえず最初の3曲が強力なんで同人メタラー諸氏もこの3曲のために買う価値はあるかもしれないですね。

Satanic a la mode「Symphony #0 in Bm, darkside of the moon(DEMO)」


ポストロック路線のlutaphamphaを挟んで再びメタル/プログレ路線のSatanic a la mode名義に戻って発表された新曲です。
なんと今回は無料配布(配布されたのはダウンロードコード入りブックマーカー)にも関わらず、総計16分にも及ぶ長尺の組曲となっています。
「骨」でもかなりプログレに傾倒した音楽性になっていましたが、今回はさらにガチなプログレ度が高まってますねえ。これはプログレ系同人音楽リスナーとしては歓迎すべき事でしょう。同人音楽界隈でプログレ系リスナーってどれくらいいるのか分かんないですけどw
まあそういった需要とか無関係にこういうある意味マニアックな音楽をやってくれるってのが心強いですよねー。プログレとlutaphamphaみたいなポストロック路線だったらどっちが需要あるんだろうか。ポストロックの方が人気ありそうかな。

音楽性はやはり「骨」の延長上で、ダークでカオティックなプログレッシブな演奏に時折メタリックな疾走が挟まれる感じですね。緻密なアレンジの元でジャズ、クラシック、メタル等の多様なジャンルが混然一体となっている音楽性は相変わらず高度極まりないです。ただ疾走パートは少なめなのでクサメタラー系リスナーには物足りない音になってるかもしれないですけども。
サブタイトルに「darkside of the moon」って文字列が入ってますが、ご存知の通りこれはピンクフロイドの超有名アルバムのタイトルですよね。でも音的にはピンクフロイドっぽさは感じられないかな。どっちかというとキングクリムゾンっぽいか?

いちおう16分で1曲という扱いになってるみたいですが、実際は6つのパートに分かれていてトラック数も6になっています。これはかなり有り難い配慮ですよね。自分はプログレ好きではあるんですけど、ぶっちゃけ長すぎるプログレ曲は聞いててしんどいんですよw
例えば超有名プログレバンドのエマーソン・レイク・アンド・パーマーの代表曲のKarn Evil 9ってあるじゃないですか、凄い名曲だとは思うんですけど、30分近くあってめっちゃ長い訳ですよ。しかも明らかに4つのパートに分かれてて各パートの繋ぎ目に無音部分まであるのにトラックでは1曲扱いなのがどうも納得いかなかったんですよね。
その点、このサタアラ新曲は聞きやすいようにトラック分けしてくれてる配慮が嬉しすぎますねw

あと、単に聞きやすい配慮としてトラック分けされてるだけじゃなくて、楽曲自体も長尺の1曲という感じではなく短い曲を繋ぎ合わせた組曲という印象が強いですかね。楽曲内で何度も繰り返されるテーマフレーズが見当たらないから一貫した1曲という印象が薄いのかもしれない。結果的に、プログレ曲特有の取っ付きにくさは無くて、6曲収録のミニアルバムとして割と気軽に聞けるかもしれません。

しかしながら、こんだけ聞き応えのある曲なのにタイトルに(DEMO)って付いてるのでまだ完成版では無いっぽいですね。きっとボーカルが入ってないからデモ扱いなんでしょうけども(サンプリング音源っぽいオペラティックなテナーボーカルや鮫肌胤興さんのバックコーラスっぽい歌は入ってるんですが)。
プログレ系リスナー的にはこのままで十分完成品として通用すると感じるんですが、やはりメロスピ系リスナーにはキャッチーな歌が入ってないと敷居が高く感じるだろうし女性ボーカル入れたほうが良いんでしょうな。まあ個人的にもキャッチーさがもうちょい欲しいところですしね。
完成版は次のM3で発表されるんでしょうかね。期待して待ちたいです。

Dragon Guardian & KNIGHTS OF ROUND “桜牙” 「忠臣蔵鬼倒伝」

忠臣蔵鬼倒伝

ドラガってメジャーデビュー済みのアーティストにも関わらず、何気にイベント(コミケ、M3)毎に新作をまめに出してますけど、今回の桜牙新作は原点とも言えるセリフ入りで女性ボーカルの歌う物語音楽系の路線になっています。こっち路線はほんと久しぶりですよねー。「新選組魔戦記」以来2年ぶりくらい?
Leo Figaroさん等の男性ボーカルが歌う本格クサメタル路線も勿論良いんだけど、やっぱりこっちのセリフ入り路線のほうがドラガらしいし断然好きだなぁと再確認した次第です。

内容のほうも非常に充実していて、楽曲の出来は萌え路線の前作の「新選組」を越えている気がしますね。前作は「悲しく微笑む風の旋律」みたいな突出したキラーチューンはあったんだけど全体的には曲の出来にバラつきがあった印象なんですが、今作は捨て曲が全然ないんですね。良曲揃いで安定感がすごいです。ドラガ本隊含めても上位に入る出来なんじゃないですかね?
今回は全曲をみーやさんが1人で歌ってる事も安定感に貢献しているかもしれないですね。前作はみーやさんと実谷ななさんが交互にボーカル取っているような構成でしたが、やっぱりボーカル1人のほうが統一感がありますしね。
すっかりドラガ(桜牙)のメインボーカリストって印象を築き上げたみーやさんですが、今作では歌唱力や表現力の幅も広がって更に上達してる気がしますね。もはやパワフル系の歌唱の女性ボーカルとしては同人音楽界隈でも屈指の存在なんじゃないでしょうか。全盛期のFukiさんにも負けず劣らずな熱い歌唱には魅了されます。

あと、ドラガ単体の作品と違ってこの「桜牙」は名前通りKnights of RoundのYAZINさんと作曲を分担している(ほぼ半々の比率)ことが特徴ですが、これが良い方向に働いてるのは確実ですね。今さら言うまでもなくアーサーさんのコンポーザーとしての才能は素晴らしいのですけど、さすがにドラガもこんだけ作品連発してるのでけっこうメロディの使い回しとかも目立ってきてるんですよねw しかし桜牙だと少しテイストの違うYAZINさんの曲が入ることによってワンパターン化することなくメロディに多様性が生まれ、飽きずに作品を楽しめるようになってると思います。
それにしても、YAZINさんはほぼ同時期に自らのバンドであるKnights of Roundの新譜とODIN新譜も出してる訳で…それに加えこの桜牙の作業も同時並行して進めてたのだとしたら凄すぎますよねw しかもこの作品の収録曲も良曲揃いだし…プロフェッショナルな仕事ぶりですなぁ。
しかし、大きな声では言えないですけどぶっちゃけKnights of RoundのボーカルやODINのボーカルよりもみーやさんの方が圧倒的に歌唱力が上なので楽曲の良さが一番活かされてるのはサイドプロジェクトであるはずのこの桜牙のような気もしなくはない…w(特典CDのVocchangさんバージョンを聞くと尚更そう思ってしまう…)Polyphonyの時も上手いボーカルさん揃ってましたしねえ…。いや、ナイツのボーカルさんもVocchangさんも良いボーカルだとは思うんですけどね。

このアルバムは10曲入りですが、セリフトラックを除くとボーカル曲は8曲になってますね。前述の通りこれが良曲揃いです。特に聞き所になるのは、Bメロでのデスボイスとの掛け合いが熱い#3「天誅」、Bメロの盛り上がりと静かなサビの対比が絶妙な#5「殿中刃傷」、ヴァルキュリアスのタイトル曲を想起させるドラマチック極まりない展開を持つ#9「決戦、討ち入り」あたりでしょうかね。

ストーリーはというと、考察とか差し挟む余地のないドラガらしく分かりやすい展開なので特に書くこともないでしょうw コミカルな描写や若干キマシタワー的なテイストがあるのも前作新選組と共通してますかねw
参加声優さんは、前作が中村悠一さん、小清水亜美さん、佐藤利奈さん等の有名声優を多数起用していたのに対し、今作は小見川千明さんしか名のある声優さん参加してないのでグレードダウンしてる感はあるかもしれないですが、個人的にはあんまり声優さんに頓着はないので全く問題ない感じですかね。声優さん目当てで買う人は減っちゃいそうですけども。
あと今回はセリフ入り音楽が苦手なリスナーへの配慮として、セリフ抜きバージョンが特典CDとして配布されてますが、セリフ無いとかなり物足りないのでそっちのバージョンは1回しか聞いてないですねw

今回の冬コミ豊作でしたなー

まあガロンダイトは秋の新譜だからこれを除くと大豊作ってほどではないですけども、夏コミとは雲泥の差なのは確実ですねw(夏コミはサタアラのシングル買い逃したのも痛かったw)

冬コミ新譜では前回の記事で紹介したLost my Proustが特に素晴らしかった。
Requiescant in Peace and Graceバナー
相変わらずヘビロテで聞いてますが、聞けば聞くほど味の出るまさにスルメ盤。シンセやギターだけでなくベースも何気に良いフレーズ奏でてるんだよなぁ。聞く度に新たな発見があるタイプの音楽ですね。
このサークルさん、サイトのほうにはメタルコア、スクリーモ、トランス、ゲーム音楽等の特徴しかアピールしてないけど、どう聞いてもここの最大の魅力はプログレッシブなアレンジだと思うんですよねえ。
まあ同人メタル界隈にプログレメタルの需要が少ないから敢えて書いてないだけなのかもしれないですけど、こんだけの卓越したプログレッシブなアレンジセンスを持っていながらそれをアピールしないのは絶対に勿体ないと思いますよw
デスボイス苦手だから評価を控え目にしていたこともあったんですが、割とサタアラに匹敵するほどの新進気鋭サークルのような気もしてきた。というか3曲目のドリームシアター的な曲に限って言えばサタアラすらも越えちゃってるんじゃないですかね。
サタアラみたいにプログレ路線で進化して欲しい気もするけど…たぶん需要ないからそっちにはいかないんだろうなぁw 単なるピコリーモ系なら割とありふれてるから持ち味を活かしたほうが得策なんじゃないかなぁと思ったりもするんですが…。
このサークルさん次のM3で新譜出すのか分かんないけど、もし次回作で更なる進化していればうちのブログの推しサークルに加えたいですねw

ちなみに現状の推しサークルは、前述のSatanic a la mode、サンホラの高みに最も近い位置にいる同人ゴシック(と私が勝手に思ってる)Hollow Mellow、活動休止しそうな雰囲気だけど余裕があれば音楽活動続けて欲しい(けど無理はしないで欲しい)のん's Factory、ゴシック界のドリームシアター(と私が勝手に思ってる)Release hallucination、同人界隈最強の歌声を持つRenaさん擁するAriabl'eyeS、やはり新譜を毎回大期待してるのはこの辺りですかね。分かりやす過ぎるほどに偏ってますがその辺はお察しくださいw

あとは今回の冬コミで言えば、まだ記事書いてないけど、久々に萌え路線の新譜出した桜牙も良曲揃いで良かったし、初のオリジナル出したMinstrelもこのままオリジナル路線でやって欲しいと思うくらいの充実作だったし、満足度の高い冬コミでしたよ。とはいえ今回は旧譜合わせても15枚くらいしか買ってないし、もっと予算あればたくさん買いたかったですけどねw
あと今回はコメントでおすすめ頂いたアレンジ系CDもいくつか買ってたりするんですが(ジャケ買いもあったりするw)、アレンジ系は感想書きづらいからどう扱うか思案中ですw

Lost my Proust「Requiescant in Peace and Grace」

Requiescant in Peace and Graceジャケ

このサークルさんも冬コミ前に紹介したんですけど、実を言うとこの手のサウンドそんなに好きな訳じゃないので大して期待してた訳でもなく(自分はデスボイス入ってるメタル苦手ですし)、ただ8曲入りで500円というお得な価格設定に惹かれてなんとなく買った感じだったんですが、これがまた予想を大幅に覆して、かなり中毒性の高い内容だったんで驚いております。
いやはや、これも相当なダークホースでした…。まじ今回の冬コミ豊作ですなぁ…。
まあ前回紹介したガロンダイトとはちょっと別の意味でのダークホースで、デスボイス苦手な自分がここまで楽しめるのが意外だったって意味も大きいんですけども。

というか、デスボイス苦手なメタラーってかなり珍しいでしょうねw そもそもデスボイスがダメなのにメタラー自称して良いのかって疑問に感じるくらいにはメタルというジャンルはデスボイス率が高いですからねえ。デス声を避けてると有名バンドすら聞けないことも多く…BTBAMみたいないかにも自分が好きそうな音楽性のバンドも未だアルバム聞いてなかったりしますし、なにかと不便はありますねw
まあ自分がメタルというジャンルに求めているのはメロスピのようなクサメロや疾走感、プログレメタルのテクニカルでドラマチックな展開であって「やかましさ」ではないので…。

ちょっと話が逸れましたw
このサークルさんの音ですが、基本はスクリーモにチャラいダンスミュージック系のシンセ音が入る流行りの音(?)なんですが、随所にDjent的な変拍子フレーズが入るのがプログレメタル好きとしてはやっぱりツボですかねー。
サビでは女性ボーカルも入るんですが、アニソン的なキャッチーなメロディではないですし、やはりコミケで売るにはオタク度が足りない感はありますが(ジャケも美少女じゃないですしねw)、その代わりバックのキラキラシンセがとてもメロディアスなんでメロディ派のメタラーも聞きやすい音になってるんじゃないでしょうか。
オタク度が低いとは書きましたが、シンセの音にはけっこうゲーム音楽の影響も感じられるかもしれない。
それとこれは同人メタルならではの現象だと思うんですが、ギターの音が薄くて音圧が低いことが良い方向に働いてるというか、ヘヴィなサウンドにも関わらずギターは味付け程度にしか聞こえず、結果的にメロディアスなシンセがメインの聞きやすい音になってると思うんですよ。まあ意図してこういう音にしてる訳じゃないと思いますが、軟派メタラーの自分にとってはこういう軽い音のほうがいいかもしれないw エクストリームメタルに関しては同人音楽のほうが聞きやすいんですよね。まあこれは自分に限ったことであって、大半のメタラーさんにとっては物足りない音なんでしょうけどもw

あと、この作品買った理由の一つに「ジャケがRelease hallucinationっぽい」という謎の理由もあったんですが(単に偶然同じ素材使ってるだけだろうけどw)、実際けっこう音的にも共通点あるかもしれないですねー。(サークルさん同士に関係性があるって意味じゃないですよ、念のためw)
特に顕著なのは#3のインストで、これはまじでドリームシアター度めっちゃ高い曲ですよw まあこのLost my ProustはドリームシアターよりもDjent系の影響が大きいんじゃないかと思いますが、この3曲目に関してはドリームシアター好きなリスナーも歓喜できること必至のテクニカルでスリリングな展開を聞けますね。入り組んだカオスなリズムにブリブリとうねるテクニカルなベースが絡み、ギターとシンセが精密なフレーズを繰り出し続けるという、同人とは思えないくらいの完成度の高い曲です。プログレメタル好きな方ならこの曲だけでも聞く価値ありますよ。まじでほんと凄い。今まで聞いた同人音楽でも一番ドリームシアター度が高いといっても過言じゃないかも。
リリハルさんもこういう曲作ってくださいよ(小声)

あと、3曲目と並んで気に入ってるのが5曲目ですね。この曲は出だしはずいぶんと明るくて、それまでのシリアスな流れからすると浮きまくってるんですけど、サビになると突然絶叫し始めるという、このギャップがかっこいいw クリーンボイスの歌メロは非常にキャッチーですし、シンセも相変わらずキラキラしててメロディアスだし本当味わい深い良曲ですよ。
その他の曲もシンセが良いメロディ奏でてるんですよね。1曲目とラスト曲もインストだけど良いメロディだし、ほんとメロディセンスあるわこのサークルさん。
クレジット見た限りではメインコンポーザーは女性ボーカルのHidaka Mikuって方みたいですね。ドリームシアターみたいな曲もこの方が作曲みたいだし。女性ボーカル兼コンポーザーっていうだけでも珍しい気がするんですがそれに加えこのプログレッシブでキャッチーなメロディセンス…。只者ではないですねこの方はw

低価格にも関わらず非常に高いクオリティを持っている作品ですし、これは同人メタラーなら聞かない手はないでしょう。特に3曲目が圧巻なのでこれだけのために500円払ってもいいくらいw

Galloundight-ガロンダイト-「遙かな願いと心の剣」

ガロンダイト遙かな願いと心の剣

一言雑記にも書きましたが、ほんと、このサークルいいですよまじで。
実はこのアルバムは冬コミ新譜じゃなくて秋M3で出た作品みたいなんですが、なんでこんな良いサークル見落としてたんだろうと後悔しつつ、もし秋で買ってたら確実に年間ベスト10位以内に入ってただろうなって思うくらいの内容ですよ。まさに同人メタルのダークホース。

とはいえ、大っぴらに絶賛したりおすすめしたり出来るタイプのサークルさんではないかもしれないですねえ…。なんというか、凄いマニアックな味わいのある作風というか、万人におすすめ出来る作品ではないでしょうなw
まあもともとこの手の同人メロスピって人を選びますけどそれに加え、試聴を聞いて頂ければ分かるとは思いますが、ボーカルはニコ動の歌い手にいそうなチャラい雰囲気の声質で、ハイトーン系だけど高音部は不安定だし、演奏も決して上手いとは言えないレベルだし、マイナーなファンタジー系RPGみたいなジャケも合わせて、全体的にB級臭が満ち満ちてますからねw

しかしながらそれらの微妙さを帳消しにするほどに、とにかく曲がめちゃくちゃ良いんですよ。
ボーカル曲が9曲も入ってるのに捨て曲がほとんど無くて、キャッチーでクサいメロディが所狭しと並んでいて全く退屈することはありません。それに、演奏は上手くないかもしれないけどアレンジセンスはなかなかの物で、間奏パートとかけっこう複雑な構成でドラマチックな展開になってたりするのも個人的にツボですねー。(アレンジの妙については試聴だけじゃ分かんないと思うのでCDで聞くしかないかも)
ぶっちゃけ、同人音楽って、他の全ての要素がしょぼかったとしても楽曲さえ良ければ十分評価に値すると思うんですよねw 音質や上手いボーカルを求めるんなら同人音楽なんて聞かずにメジャーの有名バンド聞いてりゃいい訳ですし。こういうサークルこそ同人音楽らしい同人音楽と言えるかもしれないですねw
まあ、ボーカルさんも多少音程が不安定ではあるけど下手ってことは全然ないですし、音程も何度も聞いてたら全然気にならなくなるレベルですね。むしろ同人音楽基準なら十分上手い方かもしれない。音質も割と良い部類に入ると思いますし実はけっこうクオリティ高いんだけど、雰囲気的な部分で損してるかもw

ちなみにこのサークルさん、「なんでもあり系メタル風アニソンバンド」という謳い文句を掲げてるみたいですが(メタルバンドじゃなくてメタル風アニソンバンドって自称らしいw)、基本はドラガやナイツを想起させるRPG系メロスピなんですが、「なんでもあり」というだけあって、ダンスミュージックやらポップスやらピコリーモやらの多様なジャンルを節操なしに取り込んでるのも面白いですね。まあ節操なさすぎてガチなクサメタラーからは敬遠されるかもしれないですが個人的にはこういうの嫌いじゃないです。王道メロスピばっかりだと似たような曲が並びがちだし途中で飽きちゃいますけど、このアルバムは中盤に収録されてるデジタル系のチャラいアレンジの曲があるおかげで上手い具合に変化が生まれて飽きさせない作りになってると思います。それに、チャラい曲もメロディが良いからメロスピ曲と同等に楽しめるのが素晴らしい。もともとボーカルの声質が歌い手っぽい雰囲気(?)だからメロスピ曲と混じって収録されてても違和感もほとんどないですしねw
あとは、アニソン系メタルの美徳というべきか、とにかくメロディがキャッチーなのが良いですよね。洗練されたクサメロって割とパターン化が著しいですしね、アニソン系クサメロのほうが断然聞きやすいです。

収録曲は良曲揃いだと思いますが、特に#2、#3、#4、#11辺りが聞き所となる曲ですかね。
アニソン、ゲーム系メロスピが好きな同人メタラーは必聴のサークルでしょう。
それ以外のリスナーさんには特におすすめはしないですが聞いて損はないレベルの内容だと思いますよ。

Hollow Mellow「Hollow Mellow -Sweet Greed-」

Sweet Greedジャケ

C85(冬コミ)で発表されたHollow Mellowの新作です。
ほんとなら冬コミ終わってすぐ感想上げるつもりだったんですけど(いつも期待作はイベント後に速攻で上げてたんでw)、リンホラやら年間ベストを優先してたらすっかり遅くなってしまいました。まあ、まだ悶絶メタルさんがレビュー上げてないからセーフかな(?)

このサークルさんが昨年春に出した「Hollow Mellow -Tangled Knot -」は年間ベストにも選出させて頂きましたが、本当に凄い内容の作品だったと思うんですよね。ゴシック、クラシック、プログレ、メタル等、実に多様な要素を高次元で融合させ生み出された超クオリティのサウンドで、もはや同人ゴシックという枠では測りきれないほどの傑作だったと思います。
そんな凄い作品を出したサークルさんの新作といったら期待度MAXで待つのが普通なんですが、どうにも不安になる要素があって素直には新譜情報を喜べなかったんですよね。
なんせリリース間隔が短すぎる。冬コミって秋M3からたったの2ヵ月しか経ってない訳ですしねw いくら才能あるアーティストでもさすがに2ヵ月じゃ時間足りないんじゃないかと思えますし…。
自分は贔屓のサークルさんの新作が出るのならどんなのが出て来ようが喜ぶ、ってタイプのリスナーじゃないですし、贔屓のサークルさんだからこそ時間かけて最高の作品を出して欲しいなぁとか思ってる我が儘なリスナーなのでw

しかし、そんな不安は全く杞憂でした。いざCDを聞いてみたところ、たった2ヵ月で作ったなんて信じられないくらい細部まで作りこまれた充実の内容で驚きましたよw
しかも前作に比べて着実な進化も感じさせる音になっていて二重に驚きました。やっぱりこのサークルさんはとんでもないですよまじで…。
というか、どうやら2ヵ月で作ったんじゃなくて、実際は秋M3作品と同時並行して制作されてたみたいですね…。やっぱりそうだよなぁw さすがにこのクオリティを2ヵ月じゃ無理ですよねw いや、このサークルさんほどのレベルのミュージシャンならば2ヵ月で作ることも可能かもしれないですがw
余談ですが、イベント前は新作に不安があった→実際CD聞いたらいつものクオリティで安心、って流れは完全に秋M3とかぶってますなぁw まあ、さすがに次回はもう信じて待てると思いますけどもw

前置きがだいぶ長くなりましたが、内容について書きますと、基本は「Tangled Knot」と同様にゴシックやクラシックとメタルを融合させたサウンドなんですけど、今作はかなりミュージカル感が増量された感じですよね。セリフとかデュエットみたいないかにもミュージカルな要素がある訳じゃないんだけど、ちょっとコミカルな風味があるせいかな?
具体的にはサンホラのMärchenに近い雰囲気ですよね。Märchenからセリフと複雑な構成を抜き去ってプログレやメタル要素を強化したらこんな感じになるんじゃないかと。サンホラの「取っ付きにくい部分」を排除しているのでサンホラ苦手な人でもハマれるサウンドかもしれません。
とはいえ、確かにサンホラを引き合いに出したくなるんですけど、多くのサンホラフォロワー的サークルとの決定的な違いとしては、単なる模倣ではなくオリジナリティが確立されてる点ですかね。直接的に影響されてるというよりは、いろいろ組み合わせてオリジナリティを追求してたら結果的にサンホラに近くなった、みたいな印象ですかね。それでいながら、他のどのサークルよりもMärchenに近いクオリティを出せているというのも凄いところ。
(このブログ書いてる奴はやたらサンホラと繋げたがるなー、と怪訝に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、自分にとって「サンホラに近いクオリティ」っていう表現は最大級の賛辞のつもりで書いてますのでw)

さて各曲についてですが、1曲目の「Candy Prison -グレーテル-」はゲストボーカルの浮森かや子さんが歌唱を担当しています。浮森かや子さんはちょっと声の個性が半端なくて、この方が歌ってるだけでどんな曲でも幼蚕文庫と化してしまう感じですねww まあボーカルパートは完全に幼蚕文庫なんですけど、間奏パートはHollow Mellowらしいクラシカルでプログレメタルなアンサンブルが存分に聞けますね。
ギターのNemuさんのギタープレイとアレンジセンスは相変わらず天才的ですよねー。ギターのテクニックに関してはこの方より上手い人いっぱいいるでしょうけど、この独特のプログレッシブなリズム感とドラマチックなフレーズセンスは同人音楽界隈でも屈指なんじゃないですかね? 歌メインの曲でありながらここまで間奏が聞き所として機能している事に驚愕です。Irumaさんの卓越したソングライティングとNemuさんのギタープレイ、まさに最強のコンビって感じですねえ。
2曲目「Control Me -醜いアヒルの娘-」は主催のIrumaさんボーカル曲ですね。イントロの「クワックワッ」ってアヒルの鳴き声はIrumaさんがやってるんですかね? 可愛いですw ちょっとディズニーっぽいノリですかね。そしてその後もギターがアヒルの声を引き継いで鳴き声を模した音を出してるのも実に面白いw Irumaさんの歌唱もまずます説得力を高めてますね。コミカルな雰囲気のAメロから一転、サビではシリアスな雰囲気で疾走してメタラーも大満足であろう展開ですね。間奏でのツインリードによるギタープレイがまた絶品。Xを思わせる叙情的なフレーズがたまりません。

3曲目「Lonely Prince -おおかみと3匹の子豚-」は、Hollow Mellowでは初の男性ボーカル曲ですね。ボーカル担当の下和田ヒロキさんって方は存じ上げないんですが、中性的な声質がミュージカル的な曲調と絶妙に合っていて良い味出してますねー。これも三拍子のAメロから一転してサビで疾走する展開です。メロディの完成度も高く、これが本作一番のキラーチューンかもしれないですね。間奏ではギターがドラマチックなフレーズを連発しつつ弾きまくるというメタラーにはたまらん展開ですw Tangled Knotに比べてギターソロが長めなのも嬉しいですね。
ラストの「Just one more dance -灰かぶり-」はMiddleIslandの紫さんが歌唱担当するバラード曲です。Hollow Mellowはいつもラスト曲に超キラーチューンが配置されてる気がするんですが今回のラスト曲はちょっと地味かもしれないw 紫さんの歌唱が大人っぽい渋い雰囲気を醸しているせいもあるかもしれないですが。

全体的には強烈なキラーチューンを複数収録していた前作Tangled Knotには及ばないかもしれないですが、アレンジ面ではオリジナリティを更に増している感ありますし、プログレ度も前作より心なしか上がっていることもあって、今後の更なる進化が楽しみな作品に仕上がっているんじゃないかと思います。もはや同人ゴシック系では孤高とさえ言えるレベルなんじゃないですかね? まあこういう系のサウンドがあんまり需要なくて評価されてない可能性もあるかもしれませんが。
そして、こんなハイクオリティな作品が頒布価格500円ってのがまた凄いw 秋M3作品より内容も上回ってるしジャケもちゃんと付いてるのに半額ですからねw

2013年の年間ベスト(続き)

前回の記事で同人音楽のランキング発表したので今回は商業CDのランキングをば…。
と言いたい所なんですが、実を言うと同人音楽にばかりに資金を投入してしまったため商業CDはあんまり買えてないんですよね…。よって今回の記事はおまけ的な内容になりますw

商業CD部門(邦楽)1位:Marchen Station「World Of Maquillage」
World Of Maquillage
これを2013ベストに選んでるメタラーはけっこういるんじゃないですかね? 強烈なインパクトを誇る作品でした。
実を言うと以前からメルステの存在は知ってたんですけど、Leo Figaroさんのサイドプロジェクトってくらいの認識でそんなに興味はなかったんですよね。しかし今回の新譜は試聴聞いただけでたまげましたよ、メロディセンス、アレンジセンスどちらも非常に独特でずば抜けたクオリティを持っており、間違いなくジャパメタ屈指のレベルなんじゃないですかね。
ギター以外の演奏は打ち込みですし、音質もメジャー基準では決して良いとは言えないレベルなので一般的なメタラーに必ずしも受けの良いサウンドとは言えないでしょうけど、ゲーム音楽的なアプローチやボカロ的な要素は同人音楽リスナーにとっても聞きやすい音になっているのではないでしょうか。


商業CD部門(洋楽)1位:Moon Safari「Himlabacken Vol. 1」
Himlabacken Vol1
ドリームシアター新作が個人的にあまり満足のいく内容ではなかったので、1位はこのMoon Safariの新譜以外にはないですねw
恐ろしいほどにポップだった前作Lovers Endに比べるとキャッチーさは若干減退してるとは言えますが、その分プログレらしいアンサンブルが聞けるので総合的には前作と同じくらいの満足度ですかね。
普段プログレや洋楽を聞かない人にもおすすめしたい好盤です。たぶんこれ以上に聞きやすい洋楽プログレバンドは存在しないんじゃないですかね。



邦楽も洋楽も1枚しか選んでないのでこれはランキングとは呼べないですねw それでも2枚とも大おすすめ盤なので紹介しておく価値はあると思いますが。
ついでに2013アニソンランキングも書いときましょうかw こちらもCD買えてるのは少ないですけど、アニソンならTVでいっぱい聞いてるから多少はランキングにする意味あるかと思いますw


アニソン1位:Kalafina「君の銀の庭」(まどマギ叛逆ED)
君の銀の庭
昨年1番ヘビロテした曲というとこれになりますね。これはベタすぎるチョイスというか、この曲をベストアニソンに選ぶ人は有り余るほどにいそうですねw
自分はまどマギというアニメに特別な思い入れはないし、Kalafinaも特に好きなアーティストって訳じゃないんですが、それでも劇場版を見た後にこの曲聞くと感慨深いものを感じてしまいますね。なんとも不思議な魅力を持つ曲だと思います。


アニソン2位:「硝子ドール」(アイカツ挿入歌)
Third Action!
女児アニメにも関わらず大人のアニオタからも絶大な支持を得ている「アイカツ」の挿入歌です。作品内で使われている楽曲が音楽ファンをうならせる程のハイクオリティだと評判になってますが、この曲は特にすごいですよね。基本はゴシック風アニソンなんですけど、随所にプログレメタル的なアレンジが施されており、しかも間奏でギターとキーボードが延々とピロピロなソロバトルを繰り広げるという女児ガン無視の展開wwこれはやり過ぎでしょうw
同人メタラーも必聴のトンデモ女児アニソンだと思いますねw


アニソン3位:TEPPAN「疾走銀河」
これはあんまりアニソンらしいアニソンって感じではないんですがかっこいい曲ですよね。EDだけ何度もリピートして聞いていたというw イントロの鋭いギターリフのインパクトは絶大。




更についでに2013ベストアニメ作品も書いときますw
1位:のんのんびより
2位:ジョジョ
3位:ワタモテ

1位と2位は説明不要な超人気アニメだと思いますけど、3位のワタモテを年間ベストに入れる人はさすがにあんまりいないだろうなぁw
ワタモテは鬱々しい学校でのぼっち経験を共有する作品だと思われがちですが、個人的には日常系と同じ楽しみ方が出来る作品だと思ってるんですよ。つまり、ぼっちによる鬱を描くパートはゆうちゃん等の数少ない友達との交流を盛り上げるためのお膳立てにすぎず、落として上げるための前振りというか…。まあ音楽について語るブログでアニメについて書いても仕方ないので細かく語るのはやめときますけどw 全話良かったとは言えないんですが、ゆうちゃんが出る回はすごい良かったですねw

2013年の同人音楽、年間ベストランキング

という訳で巷で毎年恒例になってる年間ベスト記事ですがうちも便乗して上げようと思います。
一昨年は購入した同人CDがさほど多くなかったこともありベスト3を適当に発表しただけでしたが、今回はそれなりのまとまった記事になるんじゃないかと。
まあそれでも他所様に比べたら購入数は微々たる物ですし、趣味も大きく偏ってるのであまり参考にはならないと思いますがw




続きを読む

2014あけおめです

ほんとは、前記事とあけおめ記事を統合して「あけましておめでとうござイェーガー」ってタイトルにしようと思ってたんですが(ネタかぶってますがw)、ああいう芳しくない評判になってしまったため先に記事上げました。(パフォーマンスが良かったとか悪かったというのではなく、あくまで評判の話ですが)
まあその話題は前記事で語ったし置いといてw


先々月の1周年記事でも書きましたが、とりあえず今年もこのブログは現状維持で適当にやっていきますので適当にお付き合いくださいw
昨年は自分にとって同人音楽漬けの1年でしたけど、おそらく今年も同じような感じになるんじゃないでしょうか。
同人音楽に飽きることはまだまだ無いとは思いますが、経済的理由で買う枚数が減ることならあり得るかなw もうちょっと余裕が出てくると良いんですがw

それと、Hollow Mellowの新譜の感想は真っ先に上げようと思ってたんですが、昨日リンホラあったこともあり時間が足らず(というより気分が乗らなかったというのが大きいですが)、ちょっと遅れるかもしれません。まあ別に急いで上げる必要もないんですけどねw
あと2013年のベスト作品ランキングも早めに上げたいですね。そんなにたくさん買ってる訳でもないからベスト10が関の山だと思いますがw
秋M3から冬コミまではたった2ヵ月なのに、冬コミから春M3までは4ヵ月もあるんですよね…。間隔長いなぁ…。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析