イェー・・・ガー・・・

イェーガーのツイート記録がどうのとかどうでもいい訳ですが。

まあ、紅白のリンホラの出番を見ていた方なら分かってるだろうし皆まで言う必要ないと思いますけど、とりあえず…凛として時雨がMステ出た時のファンの気持ちを痛いほど味わってしまったなぁ…というか。
リンホラ→西川さん&奈々さんという順番がこういう意味で仇になるとは思わなかった…。まあこれは完全に予想できたはずの状況ではあるんですけどね。TVという大衆向けメディアじゃ単純に歌の上手い下手の尺度でしか評価されないのは分かりきってた訳ですし。しかし事前のローランの皆さんの熱狂を見てたらそういう悪い予想は完全に失念してしまってましたね…。
あと、紅白特別バージョンとか言ってただの短縮バージョンじゃんwっていうのも、冷静な頭で考えれば予想できたはずなんですよね。だって一般的知名度のない初出演アーティストが贅沢にメドレーとかやらせてもらえる訳ないじゃないですかw

しかしながら、まさかこんなモヤモヤを抱えたまま年を越すことになろうとは思わなかったですw
「れぼ転ばないか心配」とか冗談めかして言ってるローランさんは多かったけど、さすがにここまでアレな空気になるとは予想しておらず…正直ダメージ大きいですなぁ…。
まあ自分なんてMoiraから入ったようなにわかファンですし、ガチなファンの皆さんのモヤモヤに比べれば全く取るに足らないとは思いますけどね。
やはり万人受けしないアーティストのTVへの露出というのは良いことばかりじゃないですよね。
だからって「言わんこっちゃない、TVなんかに出ないほうが良かったんだ」と否定的に捉えるのも何か違いますよね。上っ面の評判とは無関係に、やはり紅白出場という快挙は間違いなくRevoというアーティストにとって大きな前進だったはずですしね。今後のRevoさんの更なる躍進に期待したいです。
スポンサーサイト

冬コミお疲れ様でsイェェェェェガァァァァァァァァ!!!

そうです、お疲れ様とか呑気なこと言ってる場合じゃないんですよwこっからが本番ですよw
ツイッターでも既にローランの皆さん荒ぶりまくってて、テンション気持ち悪いことになってますしねw いざリンホラの出番が来たら皆さんの心臓が持つかどうか心配ですw
実況の流速も凄まじいことになりそうですよねえw

冬コミの方ですが、今回は無事に予定してたもの全部買えましたねー。
夏コミの時は購入予定CDがことごとく完売してて大惨敗な状態だっただけに今回もけっこう身構えてたんですが、本命のHollow MellowもCD山積みだったし杞憂でしたね。500円という低価格だったし飛ぶように売れてたらどうしようって心配してたんですけどね、どうやら搬入数が多かったようで。
そのHollow Mellow新譜ですが、帰宅後に早速リッピングしましたが、期待通りの素晴らしい出来ですねー。これを短期間で制作したとか信じられないくらいw 感想は後ほど上げるつもりです。
あとサタアラのブックマーカーは小さいからうっかり紛失しそうになったw ダウンロードサイト行ってみたけどこれどうやってダウンロードするんだろう?と思ったらよく見たらポップアップでパスワード入力画面出てた。こっちも長尺の組曲で凄そうですよ。

例によって戦利品うpは無しですw 感想記事上がったらそのCD買ったんだとお察しくださいw

いよいよ明日冬コミ3日目&リンホラ!

1年最後の日にビッグイベントが2つも重なってクライマックス感が半端ないですよねw
しかしその分、年が明けた途端に退屈なお正月タイムになって落差が激しい訳ですが…。正月ってTVも特番ばっかりだしアニメもやってないですからね…。
でも冬コミ戦利品が豊作ならばその退屈も吹き飛ぶので、そういう意味でも各サークルさんの新作には期待しておりますw


へ11a Arte Refact(2日目)
http://www.arte-refact.com/musette_harmonie/
中恵光城さん、仲村芽衣子さん、真崎エリカさん、同人ボーカリストでも屈指のビッグネームのお三方がコラボってことでこれは買いですかね。
ほんとはそれぞれのボーカルさんのソロ作品も買いたいところだけどちょっと予算的に無理ですw
ここは2日目の配置ですが、3日目にも委託あるみたいなんでそっちで買おうかなと。たぶんお三方のスペースに一緒に置いてありますよね。

い35b Galloundight-ガロンダイト-
http://galloundight.web.fc2.com/
男性ボーカルのRPG系メロスピやってるサークルみたいですが、メロスピに留まらずピコリーモっぽい曲もあったりとか幅広いですねえ。ちょっとボーカルは音程が不安定だしチャラい雰囲気なんで好みは分かれそうですが曲は良さげな感じですね。

シ49a Foreground Eclipse(2日目)
http://www.fg-eclipse.net/
ここは東方ですけど、めらみぽっぷさんの声が好きなんでけっこう気になってはいたんですよね。今回のコミケを最後に活動終了してしまうそうで、次のM3で買うってのも無理かなぁ…。活動終了後、出来ることならオリジナル路線で復活して欲しいものですね。


とりあえず、今回気になってるサークルはこんなもんですかね。M3に比べるとコミケは真面目にサークルチェックしてないですし、もしオススメのサークルとかあったら教えてくださいw

そういえば、ArsMagnAは新譜なくてもいつもは予告CDとか出してた気がするけど今回は何も無しなんですなぁ…珍しい。まあその分だけ次の新作は気合の入った作品になってることを期待してます。
エミルさんもジャケ怖くなければ買ってみようかと思ってたけど新作無しのようで。
Eclipseed新譜は「HURRICANE!」っていうタイトルやCDのデザインからしてちょっといつもと違う路線なのかな? 試聴ないから分かんないけど。
GILDIAも秋M3で出たシングルがずいぶんメタル度高くなってたし今回新譜出るなら買ってみようかなと思ってたけど無しかぁ…。

C85の注目サークルとか。その3

クリスマスも過ぎ、もうあっという間に冬コミまで数日となってしまいましたね。というかもう今年も終わりかぁ…。早すぎますねえ…。
天気予報見る限りでは冬コミ3日目は晴れのち曇りっぽいですね。晴れれば多少は寒さも和らぎそうですが、まあ建物内に入れば人混みで押しくら饅頭になって暑いくらいかもしれないですがw

け16a Chocolate lolita
Dearestバナー
甘ったるいサークル名とは裏腹に、音のほうはめっちゃメタリックで硬派ですねー。しかも数曲だけメタルというのではなく、収録曲はほぼ全部メタルという徹底ぶり。外部コンポーザーからの曲提供で制作されたアルバムでここまでメタル尽くしな作品って相当珍しいんじゃないですかね。コンポーザー陣も豪華で、疾走曲からヘヴィな曲まで揃ってるし、9曲入りとボリュームも満点で、こりゃ同人メタラーなら確実に買いですよね。Etherの桜璃さんのソロプロジェクトみたいですが、何故かEtherの時より上手く聞こえるのが不思議だw


け37b Minstrel
recollectionバナー

け19a CROW'SCLAW
Sepia Recollectionsバナー
東方アレンジで有名な上記2サークルが今回はオリジナルの新譜出すみたいですね。自分はアレンジ系は避けてるんで今までどちらも聞いたことなかったんですけど今回は買ってみようかなと思います。
Minstrelのほうはオリジナル第一弾みたいですね。CROW'SCLAWは今までもオリジナルはいくつか出してたみたいですが前作はインストだったみたいですし、女性ボーカルのオリジナルは今回が初めてなのかな? よく分かんないですが。
さすがに東方系は音のレベル高いですよねー。音質もプロダクションもプロ級ですよね。試聴だけでも明らかにオリジナル系とは差が感じられますな。まあオリジナル系は音は悪くても楽曲においてクオリティを見せつけてくれますけどもw
両サークルとも配置が東方ではなくオリジナルになってますし、今後はオリジナル中心で活動していくのかな? 今回だけなのかもしれないけど。
最近では東方から艦これに移行するサークルも目立ってきてますが、オリジナルに移行するサークルももっと増えて欲しい気がしますね。


け29b Lost my Proust
Requiescant in Peace and Graceバナー
ここは新規サークルなのかな? いわゆるピコリーモ系のサウンドですね。個人的にはあんまりこの手の音は聞かないんだけど、こういうの好きな人なら買いなんじゃないですかね。8曲で500円とかずいぶん安いですしね。


け30b SPARESPINE
http://sparespine.com/main.html
ここは新譜はないですが、秋M3で頒布された「楽園の残響(上)」が素晴らしい作品なので持ってない方は購入おすすめしますよ。
そういえば、この作品にボーカルさんがゲスト参加してる回路も買ってみようかと思ってたんですが東方配置だから2日目かぁ…。自分は3日目しか行けないし次回イベントに持ち越しですかね。

今年は1年“同人音楽”三昧

いやまじで今年は同人音楽に明け暮れた1年だった気がしますよw おかげで洋楽からしばらく離れてたし、今回のメタル三昧で久しぶりに洋楽メタルをがっつり聞いて懐かしい感覚すらありましたからねw

http://www9.nhk.or.jp/zanmai/program/131223.html
そのメタル三昧ですが、今回もいつもと同様ハードロックばっかりでしたね。しかし意外にメタラーからのブーイングをあんまり見かけなかったのは、「どうせ正則の趣味でハードロックばっかりなんだろ…」と既にメタル三昧を見限った層が多かったんでしょうな。TLの実況もいまいち活気が無かった気がします。放送時間も短めでしたし、今回は盛り上がりに欠けた三昧でしたね。
しかしまあ、そもそもNHKの番組ですし、エクストリームメタルを期待するほうが無理ありますよねw 中高年層が主なリスナーであるはずのラジオ局でデスメタル系がいくつか流れたっていうだけでも実は凄いことなんじゃないでしょうかw
個人的にはハードロックも好きですし特に不満はなかったですけどね、フェイバリットバンドのドリームシアターも流れたし。国内のバンドが流れないのはやはり残念ですけども。別枠で「ジャパメタ三昧」やって欲しいですねw

そういえば、今日は世間ではクリスマスイブとかいう日らしいですが、まあうちら非リアには関係ないことですよねw イベントに合わせてクリスマスっぽい曲を聞くなんてこともなく普通にメルステをヘビロテしてますよw


冬コミの情報も書いときます。

け19b Dragon Guardian
忠臣蔵鬼倒伝
新譜のクロスフェード公開されましたね。
今回のドラガは女性ボーカル、声優によるセリフやナレーションの入った「萌え桜牙」の久々となる新作を発表されるということもあってけっこう期待してます。
セリフ入りのドラガってほんと久しぶりですよね、ここのところ男性ボーカルの作品がずっと続いてましたしね。
試聴聞いた限りだとドラガ5thにも匹敵しそうな聞き応えのあるメロスピチューンが揃っている印象です。みーやさんのパワフルな熱唱もさらに進化してますよねー。
これはメタラーのみならず物語音楽系が好きなリスナーさんも要チェックなのではないでしょうか。
https://twitter.com/YKNIGHTSOFROUND/statuses/411481229574152192
それと、Knights of Roundの初代ボーカルVocchangさんがYAZINさんと再び組んで結成された「Odin」の新譜もドラガのスペース委託で先行発売されるようです。これもメタラーなら要注目ですよね。
それにしてもYAZINさん、ナイツの新譜も出たばっかりだし、それに加え桜牙にOdinと、一体いくつ並行して仕事やってたんですかねw

C85の注目サークルとか。その2 (それとメタル三昧が今日放送)

という訳で、冬コミの話題の前にメタル三昧の宣伝を書いときます。
http://www9.nhk.or.jp/zanmai/
メタラーの皆さんならご存知でしょうけど、メタル三昧っていうのは「アニソン三昧」でお馴染みのNHK-FMの「三昧」シリーズのメタル版のことですね。
正式名称は「今日は一日“ハードロック/ヘビーメタル”三昧V」といい、古今東西のあらゆるハードロック、メタルが9時間に渡ってかかりまくります。
まあ、パーソナリティの伊藤政則氏の趣味に沿った選曲が多いので実際はかなり偏ってるんですけどねw 昔のハードロックばっかりかかると現代のメタラー達からはブーイングの嵐というのが毎度のパターンでございますw
あと国内のメタルはほとんどかからないんですよね。これも伊藤氏の趣味だと思うんですが。
まあそれでもメタルというジャンルを深く知るための良い機会になるんじゃないかと思うんで、同人音楽がきっかけでメタルに興味持った方とかいらしたら是非聞いてみることおすすめします。
http://www3.nhk.or.jp/netradio/player/index.html?ch=fm
ラジオが無くてもネットラジオで聞くことが出来ます。


前置き長くなりましたが新譜情報いきましょうかw

け38b Satanic a la mode
https://twitter.com/samehadainkyo/statuses/414743613654839296
昨日紹介したばっかりのサタアラですが、新曲15分ってまじかwwwwプログレッシブすぎるwww 「どうなるか分かりません」とか書いてあったからてっきりイベント合わせに適当に作った曲なのかと思いきやこりゃガチですねww
これで一気に今回の冬コミの期待度上がりましたねー。今回はダウンロードコード入りブックマーカー配布なので完売の可能性も無いし安心できますしねw
誤解のないように言っておくと、自分はプログレッシャーだから長い曲は無条件で喜ぶって訳じゃないんです。むしろ冗長で長い曲は苦手です。ただ、長尺に見合ったアイディアがぎっしり詰まったドラマチックな展開の楽曲は最高に好きなんですよね。Frost*のMilliontownみたいな。
このサークルさんの才能とセンスの高さは過去作ですでに証明済みですし、冗長な長尺曲なんて作るはずないと思うので間違いなくガチな曲でしょう。期待したいと思いますw


い25b 葉月ゆら
竜と炎の物語バナー
葉月ゆらさんの新譜は今回も2枚あるみたいですが…「竜と炎の物語」ってなんだよwwラプソかよww このネーミング、なんかメタラーをホイホイするような意図が感じられてしまいますねw
そして実際、中身のほうもメタラーが喜びそうなシンフォニックな疾走曲が収録されてるようです。Dropさんは前作でも強烈な疾走ゴシックメタルチューン作ってましたしね、今回も凄そうですよ。
ただメタル的な曲は前半だけで、後半は非メタルな曲調になってしまいますが、前半のためだけでも買う価値はあるんじゃないですかね。

C85の注目サークルとか。その1

さすがに冬コミまであと1週間しかないですし、そろそろ紹介記事を始めたいと思うんですが…コミケはサークル数が少ないですし例によって良さげな新譜も少ないですよね…。たぶん記事も3回くらい更新すれば事足りるんじゃないかな。
来週情報公開するサークルさんで良さげなところがあればいいんだけど。

け26a Hollow Mellow
Sweet Greedバナー
今のところ一番期待してるのはここですね。当ブログの本命サークルの1つ、Hollow Mellowの新作です。秋M3でIrumaさんのソロ名義作品出たばっかりなのにもう新作とか…早すぎるw
前作からたったの2ヵ月程しか経ってない訳ですし、さすがに制作期間が短すぎなんじゃないかなぁ…っていう懸念もありましたが、試聴聞いた限りでは相変わらずのハイクオリティなサウンドだったので安心しました。
今回はIrumaさんソロ名義の作品とは違って、疾走曲もしっかり入ってるのでメタラー諸氏も楽しめること請け合いでしょう。3曲目の中性的な男性ボーカルの歌う曲が一番いい感じかもしれない。V系ボーカルとも違うしなかなか良い味出してる。
アレンジの精度も上がっていて、ミュージカル的な雰囲気とかも含めサンホラのMärchenにかなり迫るクオリティの音だと思います。
ただそれでもやっぱり「-Tangled Knot-」の圧倒的な楽曲クオリティには及ばないかもなぁ…。
あと今回は頒布価格500円というのが驚きですよね。メジャー級のサークルのガチな新作が4曲で500円とか滅多にないでしょう。先月は1stが期間限定で無料ダウンロードという大盤振る舞いがありましたし、最近のIrumaさんはずいぶん気前が良いですよねw
このクオリティで500円だとまた完売の心配をしないといけないかもしれない…。
微力ながら応援したいんだけどあんまり売れ行き良すぎると困るみたいな複雑な心境ですねw


け38b Satanic a la mode
http://inkyooo.com/
こちらも本命サークルなんですけど、今回は新曲ダウンロードコード入りのなんらかを無料配布するみたいですね。たぶんポストカードかなんかだと思いますが。
「どうなるかわかりません…」って書い添えてあるからまだ全然未完成なのかも?
まあコミケだからって無理に新譜出さなくてもいいと思いますし過剰な期待はしてませんが。新曲が聞ければラッキーくらいに思っておきますw
あと、「にこまきブックマーカー」も無料配布と書かれてますね。というかこっちの絵が先に目に入ったからてっきり新譜はラブライブのアレンジかと思いましたよw
にこまきって人気カップリングみたいですが、アニメではこの2人の絡みってあったっけ?他のメディアで2人のエピソードあるのかもしれないけど。
ちなみに自分はラブライブでは穂乃果ちゃんが好きですよw

2013秋M3のまとめ的な

という訳で、すでに秋M3から1ヵ月半も経過してしまい今更感はありますが、予告した通りまとめ記事書いておこうと思います。
とはいえ、ほとんど今までの記事で書いてたことの焼き直しなので新鮮味は皆無だと思いますが、まあ一応まとめて書いといたほうが後で振り返った時に分かりやすいですしねw

続きを読む

SPARESPINE「楽園の残響(上)」

楽園の残響(上)

一言雑記のほうにも書いた通り、このSPARESPINE新譜が2013秋M3で購入したCDの中で個人的にベスト作品という結論に落ち着きましたね。
もちろん、自分も30枚くらいしか買ってないからM3で頒布された音楽作品のごく一部しか把握してない訳ですし、ジャンルもずいぶん偏ってるからあんまり同意は得られないと思いますが、このブログはそもそも自己満足で書いてるんだから他の人の意見なんてどうでもいいんですw
しかし、そんなに良かった作品の記事を何で冬コミも迫るこの時期まで引っ張っていたのかというと、勿体ぶっていた訳でもなく、単に悶絶メタルさんが既にレビュー書いてたので急いで書く必要も感じなかったからですw
悶絶メタルさんがレビュー書いちゃったらうちみたいな初心者が何か書いても無駄じゃね?みたいな心境になることもあるんですが、それでも勿論うちなりに書きたい事はいっぱいあるから書きますけどねw

まあ、今回一番良かった作品とはいっても、春のベスト作品に選出したSatanic a la modeや今回M3で1曲入りシングルながらも強烈なインパクトを残したエゾギクとは違って、このSPARESPINEは割と地味というか、尖った魅力はないですよね。勿論このサークル独自の音はあるんだけど、やはり派手さはないかも。
しかし、さすが長い期間かけて作られただけあって、作り込みや音の密度はさすがと言える完成度です。
無料配布の「深夜の高速軌道」を除けば、2011年の春M3に発表された「燃えるからだとひきかえに」から2年半も経ってる訳ですよね。さすがに2年半ずっと掛かりっきりで制作し続けてた訳でもないんだろうけど、公式サイト見ると定期的に進捗状況がアップされてますし、やっぱり制作に相当な時間かかってるのは間違いないでしょう。
そんだけ時間かけて作ったというだけでも無条件に称賛したくなるくらいなんですが、勿論中身もその時間に見合ったクオリティの高い内容になっています。

前作「燃えるからだとひきかえに」も十分出来は良かったんですけど、全体的に6分越えするような長い楽曲が多く、メロディも硬派なジャパメタ志向に近かったので、どうにも途中で聞き疲れてしまうような惜しい部分があったのですが、この新作ではそれらの欠点が全てクリアされていますね。
今作はどの曲も聞きやすいコンパクトな仕上がりで、メロディも非常にキャッチーで覚えやすい。しかもコンパクトになったから薄味になったなんて事もなく、音の密度はそのまんまだから聞き応えも十分です。
時間かかってるだけあって、演奏やアレンジが緻密に作りこまれてるのは当然なんですが、それ以上にやはり楽曲の出来がいい。メジャー作品でもこんなに楽曲が充実してる作品はそんなにないと思いますよ。
あと、前作は疾走パワーメタル一辺倒だったのに対し、今作は非常にバラエティ豊かな曲調が用意されてるのも良いですね。メタラー的には疾走曲だけで固めた前作のほうが良かったのかもしれないけど(悶絶メタルさんの評価も前作のほうが高いし)、個人的には緩急つけて飽きさせない今作の作風のほうが断然好きです。

今回は前作でも歌っていたヒメゴトのucoさんに加え、深夜の高速軌道で歌っていたハイトーン男性ボーカルのJo'Lさん、東方サークル回路-kairo-の556tさんの3人がゲストボーカルとして参加していて、非常に豪華なボーカルパートを聞くことが出来ます。
どのボーカルさんも歌唱力抜群ですし安定してるんですけど、ただ、どの方も声質がちょっと古臭い感じありますよね…なんとなく歌謡曲系というか。 Jo'Lさんも一昔前のジャパメタの香りがしますし。
ただでさえパワーメタルというオールドスクールな曲調なのにボーカルもそういう感じだから相乗効果で余計に古い感じに…。もうちょい今風(?)のボーカル揃えてたらもっと幅広い層に受ける音になってたんじゃないかなぁと思えなくもないんですが、まあそういうの気にしないリスナーさんなら問題なしに楽しめると思いますね。それにメタルってそもそも「ダサさ」への耐性がないと聞けない音楽ですしねww
あと、Jo'Lさんはめちゃくちゃ上手いハイトーンボーカリストだと思うんですけど、全曲Jo'Lさんボーカルだったミニアルバム深夜の高速軌道とは違い、女性ボーカルメインのアルバム中に配置してあるとちょっと違和感あるかもしれないですね。

音質やプロダクションも前作より格段に向上してますよね。主催の岩下さんのマルチプレイヤーっぷりも磨きがかかっていて、テクニカルでタイトな演奏を聞くことが出来ます。ただ、ドラム生演奏って同人音楽においてはあんまりアドバンテージないからそれが特別な魅力にはなっていないのが実情な気がしますが…。おそらくめちゃくちゃ時間かけてドラムのレコーディングなさってるはずですしこんなこと書くのはアレですけどもw

ほんとなら各曲の感想も書きたいんですけどこれ以上長々と書いても読む人いなさそうなんで簡単に書いときますw
やはり疾走曲の#2、#3、#9あたりはキラーチューン度が高いですね。変則的なアレンジの#5、#6も味わい深い佳曲です。

ボーカル曲が9曲入りという大ボリュームで、しかも捨て曲のほとんどないハイクオリティ、それがイベント価格たった500円ですよ? これはメタルに興味あろうがなかろうがオリジナル同人音楽聞く人なら全員買うべきってくらいの作品ですよw
このサークルさん冬コミ受かってるのかちょっと分かんないですけどもし参加してたら買ってない人は是非とも買いましょうw
今回は(上)ということで、続編の(下)のほうも楽しみですねー。

のん's Factory「Fragments」

http://nonsfactory.blog111.fc2.com/

同人音楽サークルにも二種類あるんじゃないかと思うんですよね。
1つ目は、現状ではアマチュアではあるんだけど将来的にはプロになりたいと考えてる、もしくは既にプロで活動していてサイドプロジェクト的な感じで同人でも並行して活動しているタイプのサークルさん。
もう1つは、あくまで趣味の範囲で音楽やってるだけで、基本的に自己満足なんだけど、それなりに多くの人に聞いてもらいたいという願望もあるから同人イベントで頒布したりネット上で音源を公開したりしてるサークルさん。
まあ、自分は初心者なんであんまり詳しくこの界隈の事情知ってる訳じゃないですし、あくまで根拠のない想像ではあるんですが、大体この分類で合ってるんじゃないかと。

有名サークルや人気のサークルのほとんどは前者に当たるんじゃないかと思うんですが、たまに後者のサークルでも前者を凌駕するとんでもない才能をお持ちの方がいらっしゃって、そういうサークルの生み出した傑作に出会う度に大きな驚きと感動を味わうのですが、それこそが同人音楽の醍醐味でもあるとも言えますよね。

そして、この「のん's Factory」さんはおそらく後者の典型であり、音質等ではいかにも同人らしいチープさを残しつつも、メロディ面ではお世辞抜きでまさに「天才的」と形容したくなるほどの素養を持っているサークルさんだと思ってます。
音楽性はサンホラフォロワー的な所謂物語音楽の形式ではあるんですが、メロディやアレンジにおいてはサンホラの猿真似的な作りはほとんど見られず、確固としたオリジナリティあふれる音を生み出しており、それでいながら楽曲の充実度においてはサンホラを想起させるレベルにまで達しているのが驚くべき所です。特に3rdアルバム「World Ecriture」はまさに同人音楽界隈でも最高級の名作だと思います。

そんなに凄い音楽作ってるサークルさんなのですが、やはり趣味レベルで音楽やってる方なんだと思いますし、当然ながら音楽活動よりもリアルのほうを優先させてらっしゃるみたいで、その結果、前回の春M3では残念ながら新譜は用意できなかったみたいですね。そして、ご多忙の状況は半年経っても変わらず、結局今回の秋M3でも新譜は制作できなかったようです。
しかし、さすがに二連続で新譜なしではリスナーに申し訳ないとお考えになったんでしょうか、今回のM3ではイベント直前に急遽過去の未発表音源を寄せ集めたCDを突貫工事で制作してそれを頒布する流れとなったようです。それが今回紹介するこのCDな訳ですが。

さすがに、寄せ集めで作ったCDなだけあって、いくらファンであっても満足度が高い内容とは言えないかもしれません。ジャケットの無い質素なパッケージで、収録曲も全曲インストですし、別にインストだから悪いって訳じゃないんですが(1st収録のインスト曲は好きでしたし)、やはり本気でメロディ作りこんでる曲は少なく、BGM的なノリの曲が多いですしね。
しかし、これは歌入れたらかなり良い曲になりそう?と思わせるポテンシャル持った曲もいくつかあって、#4、#7、#8あたりはかなり良いメロディだし、これは是非とも電ぽさんのボーカルで聞いてみたいですね。

まあ、寄せ集めであれなんであれ、こうやって新譜を聞けたのはファンとしてはもちろん嬉しいんですが、やはりリアルを犠牲にしてまで新譜出すというのは本末転倒なんじゃないかと思ってしまいますよね…。
本気で天才的な作曲能力をお持ちの方だと思ってますし、出来れば新譜聞きたいというのが本音ですけど、ファン側からプレッシャーかけたりしてはいけないと思いますし、あくまでご本人の判断にお任せしてひたすら静かに待つというのが正しいのでしょう。たぶん。
まあこうやって長々と記事書いてる時点で全然静かにしてないですけどねww

Kito「戦華繚乱舞乙女」

戦華繚乱舞乙女バナー

このサークルさんのCD買うのは今回が初めてでしたが、ボーカルの柚宇さんの歌ってるCDなら過去にも聞いたことありました。春M3で無料配布されてたYUU Collection Vol.2は1曲目の擬似アイドルライブ曲のおバカなノリが妙に中毒性あってけっこう聞いてましたw あとPramriteの昨年秋出たCDも聞いてましたね、これもけっこう良かった。

このKitoは柚宇さんの個人サークルって位置付けみたいですね。コンポーザーは全て外部の方のようで、更にゲストボーカルもお2人参加しています。
ジャケット見て分かる通りにコンセプトは和風のようで、東方のような和風アレンジのロック曲が中心に収録されています。

#1は語りトラックですが、#2は絵に描いたように分かりやすい和風メロディのロックチューンになっています。メロディもキャッチーだし柚宇さんの情熱的な歌唱も絶品ですね。
#3も和風ロック…かと思いきやイントロのギターとかよく聞くとスパニッシュっぽいテイストですね。この曲は柚宇さんと紺野聖さんのデュエット曲になっていて、お2人とも歌唱力抜群ですし実に豪華な雰囲気を醸してますねー。
この作品、ちょっと音質やプロダクションのクオリティが曲ごとにバラバラで、たぶん各コンポーザーさん毎に別々に制作してたせいなんじゃないかと思いますが、この3曲目が一番プロダクションに安定感ある気がします。

#4は甲斐ユウさんの手がけた楽曲ですが、このイントロはさすがに擁護できないくらいに作品の流れから浮いてますねww 和風世界からいきなりアリプロ世界に飛ばされたような感じw おそらく和風曲でお願いしますーみたいな漠然とした発注したけど上手く伝わらなかったのかもしれませんねw まあBメロ以降はちゃんと和風メロになるんですけどね。作品の流れで聞くと違和感あるけど勿論この曲単体としては甲斐ユウ節を堪能できる良曲だと思います。これも紺野さんとのデュエットで豪華なボーカルパートを聞けます。
#5は時代劇がかったV系(?)みたいな男性ボーカルとのツインボーカルで、これは疾走感もあるし剣戟のSEも入ったりでクサメタラー受け良さそうな楽曲なんですが、ちょっと他の収録曲に比べて音が軽いのが惜しいですね。

曲ごとのサウンドのクオリティにバラつきはあるものの、各曲はどれもクオリティ高いので全体的には安定感あって楽しめる作品に仕上がってると思いますね。
和風メロやロック系同人音楽が好きなリスナーさんなら満足できる内容でしょう。
あと、コンセプトが百合(花ではなくキマシタワーの方)のようなので、百合男子や百合女子の諸氏にもおすすめ出来るかもしれない?w

Letharia「Irgendwo ~遺されし者の追想曲~」

Irgendwoジャケット

過去にも何度も書いてる通り、このサークルさん知ったのは夏に公開されたオレオレウサギ主催のコンピ「Kaleidosc[A]pe」だった訳ですが、ご存知の通り、そこに収録されてた「Liberté -2nd MIX-」のインパクトはそりゃもう絶大なものでした。
超クサくて勇壮極まりないシンフォニック疾走チューンにこれまた暑苦しくてクサすぎる大仰なセリフが乗ってその2つの要素の相乗効果によりドラガをも凌ぐ小っ恥ずかしくてやり過ぎな音世界を展開しており、(ネタ性も含めて)ある意味で究極の同人クサメタルとも言えるキラーチューンだった…というのはKaleidosc[A]peの記事にも書いた通りです。

こんだけ凄いもの聞かされたならば当然CD買わないはずもなく、事前に試聴聞けなかったにも関わらずほぼ無条件で今回のM3で発表された新譜を購入した訳ですが…。

この作品、1曲目を再生してまず「ん?コンピの曲に比べると音軽くね?」「あれ?セリフないの?」という違和感を感じました。まあ音に関しては同人クオリティとしては普通レベルだとしても、やはりセリフが無いのは肩透かしに感じてしまいますね…。楽曲自体も魅力的だったとはいえ、例のコンピ収録曲で一番インパクト放っていた要素はなんといっても声優さん達の熱演が光るセリフでしたからね。正直セリフ無しだと平凡というか、何とも淡白に感じてしまいます。
2曲目のバラードに移ってもやはりセリフ無し。3曲目でようやくセリフが入り、曲調も派手なシンフォニック疾走曲になって「お、やっとコンピの曲の路線になるのか?」と思いきや、どうもコンピ曲に比べると暑苦しさやおバカ成分が足りない気がする。普通の耽美系の物語音楽みたいな雰囲気ですね。まあこういう雰囲気のほうが需要あるんだろうけど、やはり個人的にはコンピの曲みたいなやかましいセリフやナレーションを聞きたかったですねw

4曲目以降にはタイトル不明のボーナストラックが3曲収録されてます。
#4は語りのみのトラックで、#5はV系っぽい男性ボーカルの歌う疾走曲になってます。#6は男女ボーカルによるシアトリカルな疾走チューンで、どうもオペラ座の怪人をモチーフにした曲っぽいのでタイトルもそんな感じなのかもしれない。こういう大仰な曲調は好きなんだけど、ボーカル不安定だし演奏も安定感が足りずデモ音源的な感じはするかも。

個人的にはどうにも微妙な印象の作品になってしまったのですが、もちろん悶絶メタルさんがライナー担当してるくらいですからクオリティ低いって訳じゃないんですけどね。しかし、やはりコンピ収録曲みたいなノリを期待して聞くと「あれ?」ってなってしまうかもしれないですね。
まあ、このサークルさんの本来の音楽性がこの作品みたいな方向性で、むしろコンピ曲はイレギュラーな曲調だったのかもしれないですけどね。コンピの曲よりもこの作品の曲調のほうが気に入るリスナーさんもいるかもしれないし。

それにしても、コンピの曲でこのサークルさんに興味持ってCD買ったっていう自分みたいな人けっこういたんじゃないかと思いますし、ほんと、同人音楽における理想的な「プロモーション」を成し遂げたんじゃないかと思いますね。実際、Kaleidosc[A]peの収録曲でもダントツに目立ってましたからねww
無料ダウンロード企画にとっておきのキラーチューンを提供して注目を集める、という手段の有効性を実証したんじゃないかと思います。やはり素晴らしい企画でしたし、是非ともKaleidosc[A]pe第二弾やって欲しいものですねー。

Iruma Rioka「Letter」

Letterジャケット

ソロ名義の作品としては2年ぶりというIruma Riokaさんのミニアルバムです。

Iruma Riokaさん主催のサークルHollow Mellowが今年の春発表した2ndミニアルバム「Hollow Mellow -Tangled Knot -」は、自分が今まで聞いた同人音楽CDでも屈指の素晴らしい内容だったので(左カラムのおすすめCD欄にも載せてありますしねw)、当然ながらIrumaさんのソロ作品にも期待してたんですが、正直、この新作に関しては内容を聞くまでは期待半分、不安半分って心境だったんですよね。
なぜなら、まず告知が出たのがイベント直前だったということ、そして、試聴も1曲目のインスト曲しか公開されず、ジャケットも真っ黒…と、不安要素がいくつもあったので。
まあ、試聴出さなかったのはリスナーがCDを聞いた時に新鮮な気持ちで聞けるようにっていう配慮だったみたいですが、それでもやっぱり試聴上げられないくらい制作作業がギリギリだったんじゃないかなぁって勘ぐってしまいましたw
ジャケットも、手紙を模したパッケージというのはアイディア的に面白いなーとは思いましたが、やっぱり正直言うと真っ黒な紙ジャケットっていうのは寂しいですよねw

しかし、いざ「手紙」を開封して中身を聞いてみたところ、作り込みが足りないなんてことは全くなく、Hollow Mellowの2ndと同様の「貫禄」を感じさせる内容だったので安心しました。
まあ、メタラー的にはHollow Mellowの2ndみたいな疾走曲が入ってないので若干物足りない感じもありますが、こっちのソロ名義のゴシックポップ路線のほうが本来のスタイルなんでしょうね。
1曲目が前奏曲的なインストなので実質3曲であり、ミニアルバムというよりシングルというべきボリュームではあるんですが、その3曲がどれも濃い楽曲で実に聞き応えがあります。

序曲から続く#2「塔からの手紙 -letter-」はIrumaさんの情熱的な歌唱が聞けるバラード曲ですが、概ねソロ名義の前作Crimson Princessと同路線でありながらも、Crimson Princess収録曲に比べるとIrumaさんの歌唱もサウンドプロダクションも格段に進化していますよね。Irumaさんの歌声は大物歌手的な風格を感じますし、サウンド面でも、Crimson Princessで感じた惜しい点が全て払拭されてる気がします。
そして、サウンドの進化を更によく実感できるのが#3「魔女の問いかけ -denounce-」ですね。この曲は3拍子のワルツ的な曲調ながら、ギターの音が前面に出ていてかなりメタリックな印象です。Crimson Princessでも同路線の曲ありましたが、あっちは音が悪かったのでせっかくのテクニカルなアンサンブルが埋没してた感があったんですが、今作ではサウンドの向上により演奏の魅力を最大限に味わえるようになってると思いますね。相変わらず三拍子をメタル的にアレンジするのめちゃくちゃ上手いですよねー。
そしてラストの#4「幻想の森の終わり -lullaby-」、タイトル通り子守唄みたいな趣きの静かなピアノ弾き語り系の楽曲で、演奏時間も2分半しかないし、いかにも「おまけ」的なイメージの曲ではあるんですが、これがまためちゃくちゃ良いメロディなんですよ。おまけポジションの楽曲に使うには勿体ないくらいの名曲オーラ漂うメロディだと思いますね。

ボーカル曲3曲とも完成度の高いメロディとアレンジで彩られていて、同人ゴシック界隈でも頭ひとつ抜き出た貫禄を感じさせる内容になっているんじゃないかと思います。
それでも「Hollow Mellow -Tangled Knot -」ほどの圧倒的なオーラはないですね…やっぱり疾走曲がないですし…。もちろんこの作品も十分すごい内容なんですけど。
来たる冬コミではHollow Mellow名義の新作が予定されてるようなので、そっちに期待したいですね。

Wonderland「しあわせはすぐそばに」

しあわせはすぐそばにjacket

このサークルさんのCDは初めて買ったんですが、今回のM3で買った新規購入サークルの中では確実に「当たり」の部類に入りますね。
試聴の段階では「まあまあ」くらいの印象だったんですが実際CDで聞いてみたらかなり良くてけっこうヘビロテしてました。

この作品、ジャケは可愛らしいですし、1曲目のインストや2曲目の出だしの牧歌的な雰囲気からして完全にポップ系のイメージなんですが、この曲の本領発揮は2番のサビ以降です。いきなり2ビートで疾走し始めて一気にメタル的なイメージになりますw ボーカルさんの柔らかな癒し系な歌い方と疾走サウンドの対比が素晴らしいですねー。
まあ、こういう疾走系のロックサウンドは同人音楽でも珍しくないんですが、このサークルさんはギターとドラムの音がかなり前面に出ていて重厚な音になっているのが特徴ですね。特にドラムはどっしりしたスネアと鋭いシンバル音のおかげで強力なグルーブ感を生み出しています。DTMとは思えないくらい本格的なバンドサウンドになってますね。
3曲目はボカロ的なエフェクトかかったボーカル曲で、ともあれば「チャラい」イメージになってしまうような曲調なのですが、ギターとドラムの作り出す硬派なサウンドと中和し合って絶妙なポップ感とロック感を醸し出していると思いますね。これもキャッチーで素晴らしいメロディです。
4曲目はバラードなんですがこれもハードなバンドサウンドが活きています。これも佳曲ですね。

そして、タイトル不明な7曲目のシークレットトラックがまた素晴らしいんですよ(#5~#6は無音トラック)。本編のポップな曲とは打って変わって、あさき辺りを思わせる和風ホラーっぽい疾走メタルで、これはかなりクサメタラー向けの曲なんじゃないでしょうか。メロディは「カモメカモメ」のクサメタルアレンジみたいな感じですね。

シングルなのでボリュームは少ないですが捨て曲なしの充実作だと思いますね。ギターはメタルっぽい響きだけどギターソロはないからエモコア寄りの音とも言えるかもしれない。
とにかく女性ボーカルのロック系同人音楽が好きなリスナーさんにはおすすめのサークルさんです。

銀の庭ってどういう意味なん

中毒者が続出らしい「君の銀の庭」ですが、例に漏れず自分もヘビロテしております。
当然ながら、もし映画見ずにこの曲だけ聞いてもそんなにヘビロテすることはなかったでしょうね。やはり映画補正がでかいですw

とはいっても、自分はまどマギ叛逆はそんなに楽しめた訳でもないんですよね。終劇後にポカーンってなっちゃった者の一人でしたw (主にイヌカレーの映像のせいで)
しかし、その後にツイッター等で日夜熱く感想やら考察を語る人達を見ていたら、なにやら物凄く感動的なストーリーだったような気がしてきて、更にこの銀の庭を聞いたらその感動的なイメージに追い打ちがかかった感じですねw どうやら周囲の意見の影響受けやすい性格みたいですww
この曲、「監禁ソング」って評判みたいだし、「銀の庭」ってのは鉄製の鳥籠のことを指してるんでしょうかね。サイコレズさんが銀の庭=鳥籠にまどかさんを監禁してるって曲なんですよね。たぶん。よく分からんけどw

Kalafinaの曲をCDで聞くのもこれが初めてだったんですが(アニメタイアップ曲はTVで何度も聞いてるけど)、一般的なアニソンに比べると「本格派」な雰囲気が漂う一方で、どうも濃い目というか、くどい感じありますよね。
例えばJAM Projectが個々のボーカルさんはめちゃくちゃ上手いけど一斉に合唱されると胸焼けするのと同じで、このKalafinaもそれぞれのボーカルさんの歌唱は素晴らしいけど3人一斉に歌うからどうも取っ付きにくいというか…。この「君の銀の庭」もソロで歌ってるAメロのほうが心に訴えるものがある気がしますね。童謡っぽい感じのメロディがたまらん。

2曲目のMisteriosoもいいですね。壮大なシンフォニックアレンジとメタリックなリズムギターがクサメタラーの琴線に触れること間違いなし。ただ、今にも疾走開始しそうなタメのドラムアレンジなのに全然アップテンポにならないからフラストレーション溜まるかもw

なんか、Marchen Stationに続いてKalafinaのヘビロテ入ってしまったのでM3購入CDの消化が止まってしまってますが、残り7枚くらいなので別に急ぐ必要はないですよねw 冬コミまでに聞き終えればいいやw M3まとめ記事もそれまでには上げます。
冬コミ新譜情報もぼちぼち出始めてますね。Hollow Mellow新譜は嬉しいけど、さすがにインターバル短すぎなんじゃ…。薄味の内容だったら嫌だなぁ…。時間かかってもいいから是非とも前作のような強烈なキラーチューンをお願いします…。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析