Marchen Station「World Of Maquillage」

World Of Maquillage

「Beyond The Horizon」

というタイトルの曲からこのアルバムは始まるんですが、サンホラが好きなリスナーさんならきっとこのタイトル見て反応してしまうじゃないですかね?
え、まじであのサンホラを越えちゃうつもりなの?ずいぶん大きく出たなぁ…。みたいなw
自分の中でもサンホラは他のアーティストとは完全に別格の存在というか、日本の音楽アーティストでサンホラに並び立つ者なんていないだろ?って思ってるような信者くさい思考の人なので、当然のことながらこのタイトルには反応してしまいましたねw

しかしまあ、実際はこのMarchen Stationの中心人物であるCafe Au Laitさんは別にサンホラを意識なんてしてないんでしょうけどね。たまたまHorizonってタイトルに入ってただけで特別な意味なんてないんでしょう。しかしサンホラファンはHorizonって言葉見ただけで反応してしまう習性があるので仕方ないのですよw Bring Me The HorizonとかLost Horizonなどのバンド名を見て反応してしまった経験のあるローランの方々はきっといますよね?いないですかねw

そして、ただタイトルだけの問題ではなく、このアルバムに収録されてる音楽が凄まじいクオリティであることが、このHorizonという単語をサンホラに結びつけてしまう要因になってる事は間違いありません。
同人音楽界隈ではよくあるような、音楽性においてサンホラっぽい物を作ってるという意味ではなく、クオリティ面でサンホラの次元に迫っているという稀有な事例です。

Marchen Stationのこの新作アルバム、とにかく曲がめちゃくちゃ良いんですよ。
一般的にはサンホラの音楽性を特徴付けるのはストーリー性だったりセリフやナレーションだと思われてるんでしょうけど、個人的にはサンホラの音楽の最大の特徴は「曲が良いこと」だと思うんですよね。もしセリフや世界観などの要素を全部削ったとしてもサンホラの音楽はメロディだけでも孤高なレベルだと思うんですよ。曲の良さこそがサンホラをサンホラたらしめてる要素だと思う訳です。そしてこのMarchen Stationも曲の良さでサンホラに迫る勢いを持ってるのではないでしょうか。
このアルバム、どこを切ってもキャッチーでクサい上質のメロディだらけです。この手のクサメタルって似たようなメロディばっかりのワンパターンに陥りがちだけどそういう欠点もなく、どの曲のメロディも確固とした個性を持っていて全く飽きさせません。自分も試聴の段階で飽きるほどヘビロテしてたのに、購入してから更にヘビロテ重ねてますからねw ほんと飽きないですよ。Cafe Au Laitさんのメロディーメーカーとしての類稀なる才能にはただ脱帽です。
まあ、それでも紅白出場決まったあのグラサン陛下様の孤高のレベルにはさすがに届かないかもしれない…。Cafe Au Laitさんが「天才」ならば向こうは「神」レベルですしねww でも「Beyond The Horizon」がそういう意味に思えてしまうだけの凄まじさは確実にありますよ。ほんと凄いと思います。

もう一つ「Beyond The Horizon」を臭わせる要素としては、Cafe Au Laitさんのマルチすぎる才能ですかね。この方、作曲だけでも天才的なのに、なんと超テクニカルなギター速弾きも得意で、しかもアルバム中の外人みたいなナレーションやオペラティックなテノール的ボーカルも歌ってるようで、ほんと何でも出来ちゃう人みたいですねえw どうやら才能っていうものは人間に平等には分配されてないようですねww

音楽的な方向性においてはサンホラの影響は微塵も感じさせませんが、アニメ、ゲーム系のいわゆるオタク的な音楽という意味では共通項はあるかもしれないですね。
もともとこのMarchen Stationはちょっと変わり種ではあっても概ねジャパメタの文脈から外れないメタルをやってたみたいですが、この新作ではオタク文化圏の音楽性に大きく接近した感があると思います。具体的にはゲーム音楽、ニコニコ動画、東方アレンジなどの音楽性ですね。

試聴聞けばすぐ分かると思うんですけど、ボーカルを加工しまくってボカロみたいなことになってるんですよねw こりゃ完全にニコ動のノリですよw ジャパメタで屈指のハイトーンボーカリストLeo Figaroさんの歌声をここまで加工するっていうのもずいぶん大胆な試みだと思いますがw
あと、インスト部分はギター以外はDTMということもあってか、かなりゲーム音楽っぽいと思います。レトロゲーのメタルアレンジを聞いてるような気分になる曲もいくつかあります。というかCafe Au Laitさんはゲーム会社のサウンドクリエイターが本業らしいんで当然といえば当然かw
そして、名前通り非常にメルヘンな音であることも特筆すべきですかね。ファンタジー系のクサメタルなら多いけど、こういうキャッチーさが重視された「メルヘン」な音のクサメタルって珍しいんじゃないかな?よくあるRPG系のファンタジーじゃなくてディズニーとかそっち系のノリに近い。特に#1、#2の流れとか。
結果として、普段メタル聞かないニコ動界隈のリスナーやゲーム音楽好きなリスナーの興味もそそる音になってるんじゃないでしょうか。

まあ、ゲーム音楽っぽい音はともかく、一般的なクサメタルリスナーからはこういう加工ボーカルは非難される可能性もあるかもしれませんが、個人的にはこの試みは高く評価したいですね。いくらLeoさんが歌唱力あるとはいっても素の歌唱だったらこんな楽器みたいな歌メロは実現不可能だったと思いますしね、このボカロ的な加工ボーカルによって本来楽器でしか奏でられないようなクラシカル、民謡的なフレーズを歌メロに取り入れてクサさが大幅に増量されてるのは間違いないと思います。

それと、ニコ動に対する偏見を持つ層が多く存在してることもありますし、そっち界隈に媚びた音楽性が賛否両論になることもあり得ると思いますが、個人的にはメタルと同人音楽の架け橋的な存在になることを期待してたりします。
同人音楽でもメタル系の音楽やってるサークルは多いですけど、ほとんどが女性ボーカルですよね。もしくはV系ボーカル。こういう、正統派クサメタルな男性ボーカルで同人音楽界隈に受けそうな音楽って今までありそうでなかったんじゃないかと思えなくもない。まあ自分初心者だし知らないだけで既にあるのかもしれないけどw このアルバムは男性ボーカルが苦手な人でも興味持ってくれそうな気がするんですがどうでしょう?
ともあれ、幅広い層におすすめしたい音楽であることは違いありません。

あと、なんかこのアルバムのレビューを書くとボーナストラックがダウンロード出来る企画があるらしいんですが、それとは無関係にこの記事書いてます。
だって、そんな企画に乗ったらお世辞で褒めてると思われかねないじゃないですかw 本気で良いと思ってるからこそこうやって絶賛する記事書いてる訳ですし、企画には乗りたくないですねw

まだ書きたいこといっぱいあるけど、さすがにこれ以上ダラダラ書いても読む人いないだろうからこの辺でいちおう止めておきましょうかw とりあえず、細かいところまで読んでくださらなくとも、めちゃくちゃおすすめのアルバムってことが分かって頂ければそれで十分ですw


続きを読む

スポンサーサイト

同人CD感想(夜音楽団、植木屋)

夜音楽団「Hello, nightopia」
Hello, nightopia

植木屋のボーカルchikaさんが立ち上げた新プロジェクトのようで、これが1作目みたいですね。
曲ごとの詳しいクレジット無いから不明ですが、たぶん植木屋のtaikiさんが曲も作ってるっぽいし、音楽性が異なるだけで中身は植木屋まんまみたいですね。
植木屋がギター主体のロック路線なのに対し、この夜音楽団はロック要素皆無のファンタジックなヒーリング系音楽になってます。まさに名前通り、夜の静けさに合う音楽と言えるかもしれません。
chikaさんの透き通った声質もヒーリング系にぴったり合ってますね。植木屋本隊よりこっちの方が合ってるかも。
収録曲はどれも良く出来ていて捨て曲はないですね。正直、こういうヒーリング系でもメロディがダラダラしてる雰囲気系の音だと途中で眠くなってしまうんですが、この作品はどの曲のメロディもキャッチーで、アレンジにも抑揚があるのでちゃんと楽しめます。



植木屋「Memoria」
これは今回のM3新作ではないんですが、ずっと感想を書こうか迷ってて結局書かずにいたんですよね。なんというか、どこにも出来の悪い部分は無いはずなのに、何故かいまいち楽しめないんですよね…。
このアルバムが割とエモ寄りの音なので、メタル寄りの音なら良いのかと思ってメタル度の高いAllegoriaも聞いてみたけどそっちでもハマれなかったし…。自分の好きなテクニカルな展開もあるし、ボーカルも楽曲もサウンドも全て平均以上のクオリティあるにも関わらず、なぜ楽しめないのか自分でも分かりませんw
好きな要素が揃ってるのに楽しめないとか、その逆に好きな要素が全くないのにハマれる事もありますし…必ずしも要素ごとに分析しても好きな音楽に巡り会えるかどうかは分かんないんですよね。難しいものです…。

リンホラが紅白出場!?

いくら自由への進撃が売れたからってまさか紅白にまで出るなんて誰が予想したでしょうかw いやまじで衝撃的なニュースでしたw ローランの皆さんも相当に荒ぶってたようでw
例年は紅白とか適当に流し見してるだけなんだけど、今回はさすがに録画しますよw
まあ他のアーティストの出番の時は流し見して冬コミ戦利品を聞いてると思いますけどねw

紅白という大舞台でRevoさん見れることへの素直な喜びがある反面、もしこれで一般人から不評だったらどうしよう…みたいな不安を抱いてるファンもいるみたいですね。まあ実際、紅蓮の弓矢フルは一般アニメファンからはけっこう不評でしたしね。サンホラみたいにセリフ入りな訳でもないしRevoさんの歌唱力もアップしてるからそんなに一般人から叩かれる要素はないとは思うんですが、それでも自分もちょっと不安はあります。
しかし、尺の都合から考えて紅蓮の弓矢だけフルで演奏するってことはないと思うし、たぶん自由の翼とメドレーで演奏するんじゃないかと思うんですよね。そうしたら必然的に不評だった紅蓮の弓矢の2番以降はカットすることになるんじゃないかと。それなら割と「普通のアニソン」だし更に問題ないでしょう。もちろん個人的には紅蓮の弓矢は2番以降が好きなんですけどねw
あと、リンホラ(サンホラ)だけの知名度や人気による抜擢ではなく、進撃の巨人の人気に大きく依存した出場であることに引っかかりを感じてるファンもいるかもしれないですが、さすがにそれは仕方ないですなw サンホラみたいなやばい音楽(褒め言葉)が一般人にまで浸透したらそれはそれで怖いですしねww

ともあれ、大晦日楽しみですね。きっと実況が∠(゚Д゚)/イェェェェガァァァーで埋まるんでしょうなw

Matrica「蒼き星の巡礼歌」

蒼き星の巡礼歌

このサークルさんのCD買うの今回が初めてなんでよく知らないんですが、壁配置だったしけっこう知名度のあるサークルさんなんですよね?
これが2枚目のアルバムみたいですが、ディスコグラフィー欄を見た感じでは2009年から活動してるみたいですしそれなりに長いことやってるサークルさんみたいですね。
この作品についてですが、とにかく一聴してメジャー感あふれるサウンドだと感じました。ボーカルもサウンドも楽曲も全てから一線級のオーラが感じられ、メジャーのアーティストと比べても遜色ない音になってますよね。

#1はデジタル系サウンドのポップスで、非常にキャッチーなメロディと共に勢いもあって1曲目に相応しい曲だと思います。ただ、この曲以外にこのアルバムにデジタルポップス系の曲ないんですよね、完全に浮いてるというか。良い曲ではあるんだけどもうちょっと統一感が欲しかったかも。
#2は1曲目とは打って変わってアコースティックサウンド主体の民謡系のしっとりした曲になってます。ボーカルさんはポップス系も民謡系も完璧に歌い上げていて非常に多彩ですね。
#3は更に雰囲気変わってメタリックなギターと硬質なドラムが活躍する疾走感あふれるナンバーで、これも1曲目に負けない勢いを持ってますね。サビの盛り上げ方も申し分なくこのアルバムのハイライトになってると思います。
#4は再びしっとりとした雰囲気に戻りバラード系の美しいメロディを堪能できます。間奏部分での語りがあらまりさんっぽくてサンホラ一期を彷彿とさせるかも。
#5は荘厳なバックコーラスや若干オペラティックな歌唱が印象的な神秘感あるナンバーです。
#6は開幕からヘヴィーなギターリフがインパクト大で、3曲目と合わせてメタラー向けの楽曲と言えるでしょう。これも素晴らしい歌メロです。

収録曲6曲とも粒ぞろいな出来で充実した内容になっており、ケチつける部分がないくらい完璧な音だと思いますね。ポップス、民謡、メタルと幅広いジャンルをカバーしてるのも強みでしょう。
ただ、それでも「すごく良い」って言葉以上の感想が出て来ない感覚もあるんですよね。クオリティ高いけど突き抜けた個性がなくて派手さがないというか…。同人音楽の各人気ジャンルに倣った楽曲を模範的な完成度で作って見せてるという風にしか聞こえない人もいるかもしれません。
まあこれだけのクオリティの音楽やってるのにそんな不満述べるのは贅沢かもしれませんがw

Satanic a la mode「文と繭」


Satanic a la modeのC84で発表したシングルです。
これはM3新譜じゃないんですが、前回lutaphamphaの記事上げた流れでこれも続けて書いとこうと思います。

まあ、今回のM3の新譜のlutaphamphaを買うついでにこの夏コミのシングル買ったというよりはぶっちゃけこっちが断然本命でしたねw 何度も書いてる通り、夏コミではこのシングル買い逃してしまったんですよ…。100円という破格な価格設定とサタアラの人気の相乗効果もあってか、昼過ぎには完売してしまってたようで、おかげで夏コミのモチベーションはだだ下がりで半ばヤケクソ状態になってましたからw
それだけに、こうやって再販されたCDを入手できて喜びもひとしおですね。他のM3購入CDを差し置いてこれを最初のほうでリッピングしてましたしw

さて内容ですが、さすが夏コミの大本命だっただけあって素晴らしいの一言ですね。
3曲入りでボーカル曲は1曲しかないんですが、その1曲「Perfect incubation」が聞き所満載の強力なキラーチューンで、おそらくサタアラ史上でも最高の楽曲であり、今年の同人音楽全体でも確実に上位に入る名曲なんじゃないかと思いますね。
メロディ、アレンジ、リフとどれを取っても素晴らしい完成度です。もはやサウンド面以外に弱点はないんじゃないでしょうか。
歌部分は割とストレートな曲作りで聞きやすいんですが、間奏部分でかなり入り組んだ展開があってやはりプログレメタル的な前作の流れを汲んでいますね。まあプログレというよりX辺りの影響が濃い感じかもしれませんが。2ndのカオティックな路線と1stのキャッチーさの中間を取ったような作風とも言えるかも。その結果、より広い層に受け入れられそうな音になっているんじゃないでしょうか。

あと新しい要素としては、男性ボーカルが少しながら入ってる事でしょうか。クレジットから判断してたぶん鮫肌胤興さんご自身が歌ってると思うんですが、これがまた良いアクセントになっていて楽曲の魅力を増してると思います。特にラストのサビの後のクワイアっぽいパートでは男声があるおかげで力強さが増してますよね。このラストのサビからクワイア→ドラマチックなギターソロの流れが完璧すぎてまじ鳥肌ものですよ。ここは試聴でも何度も聞いたにも関わらず全然飽きないですねー。一番盛り上がる展開を最後に持ってくるって良いですよねw
余談ですが、incubationってタイトルからまどマギのインキュベーターを連想してしまうんですが、これってまどマギにインスパイアされた曲だったりするのかな? 鮫肌胤興さんのツイッターアイコン確かまどマギだった気がするし。関係ないかw

もちろん残りのインスト2曲も聞き応えありますね。#1は前作のプログレ的なインスト曲と同様に複雑な展開と幅広いジャンルがごちゃ混ぜになったようなカオス感を楽しめます。

エゾギク新譜と同様、例えボーカル曲1曲でもそれが超キラーチューンであればインパクトはミニアルバムを凌駕するってことを証明してくれてる作品だと思いますね。
あとジャケも前作よりかなり画力上がっててかっこいい感じになってますよね。不織布ケースだったからあんまりジャケは目立たないのが惜しいけど。
lutaphamphaのポストロック路線もいいけど、やはりメタラー的にはこっちをメインでやって欲しいですよね。

lutaphampha「stone e.p.」

stone epジャケ

Satanic a la modeの鮫肌胤興さんの別名義プロジェクトの1stアルバムです。
lutaphamphaって何て読むんですかね…。るたふぁんふぁ?

メタル中心のSatanic a la modeとは打って変わって、このプロジェクトではポストロック、エレクトロニカ系のお洒落なサウンドが中心になってますね。自分はメタルやプログレ系が主食ですし、この辺りの音楽はほとんど聞かないんでジャンルとかも曖昧にしか知らないんですが、こういうお洒落な音楽もたまには良い物ですね。

ただ、Kaleidosc[A]peの感想の時から何度も書いてるからしつこいかもしれませんが、確かにこういう路線も面白いんだけど、Satanic a la modeでファンになったリスナーがこの音楽性を聞いて楽しめるとは思えないですよね。自分も、もしこれがSatanic a la modeの人が作った音楽でなかったらCD買わなかったと思いますし。
まあ音楽性が合わないってだけで、クオリティが低いなんて事は全くないし、相変わらずメロディセンスやアレンジセンスには光るものを感じさせますよね。こういう音が好きな人ならハマれるんじゃないでしょうか。
もしかしてこういう音楽が大好きなリスナーさんがいて、せっかく興味持ったのに自分が買ってしまったせいで入手出来なかったようなことあったら大変申し訳なく感じてしまいますね。手焼きだから枚数少なかったみたいだし、けっこう早く完売してしまったんじゃないかなぁ。自分も夏コミの時のシングル買い逃して悔しい思いしたので、どうしてもそういうこと考えてしまいますねw 興味薄の人が入手できて、本気で欲しい人が買い逃してしまう…。同人音楽ってつくづく厳しいものですねw

このアルバム9曲も入ってるのに頒布価格が300円という、相変わらずのコスパの高さですw まあ安いのは嬉しいんだけど夏コミシングルと同様に完売早くなるのが怖いですなw
歌入りとインストの比率はほぼ半々って感じでしょうか。ボーカルはKaleidosc[A]peの曲と同じくmenoさんが務めてますね。しかし、menoさんの歌ってる曲はどうやらこの方の個人サークルの方のシングルにも同じ曲が収録されているようで、しかしそっちは2曲で400円…。このlutaphamphaのCDはその2曲を含んでいて全9曲なのに300円…。多少アレンジ違うとはいえこれは…。あんまりツッコんだらいけない事なのかもしれませんがww まあ9曲で300円とかこっちが破格すぎるんですよねw

個人的に気に入ってる曲は#2、#6辺りですかね。
#2「composition Ⅱ」は薄気味悪いストリングスの音色から始まる、変拍子やらポリリズムやら駆使したカオティックで気持ち悪い(褒め言葉)インスト曲ですね。「骨」のプログレ路線を継承してるとも言える音楽性で、これはけっこう楽しめますね。気持ち悪いけどもw
#6「Delta in a perfect circle」もインスト曲なんですが、このアルバムで唯一ギター中心のロックサウンドを聞ける曲ですね。エレクトロニカやアンビエントもいいけど、やはりロックのほうが盛り上がるのは言うまでもないw ポストロック的な切り込むような鋭いリフがスリリングです。
ボーカル曲では#5「My uncle hunted the bear」が良いですかね。アコースティックな演奏に合わせて、まるで子供の合奏みたいな調子の外れた音が入るんですがこれが良い味出してる。

その他の曲も凝ったアレンジやメロディが楽しめる曲が揃ってますね。まあロック度が低いから物足りなくはあるけどそれはあくまでメタラー観点からの評価なので当てにならないと思いますしw
今後もこのプロジェクトは継続していく予定なんですかね? 個人的にはメタル路線のSatanic a la modeの方に期待してるのは言うまでもないんですがw

黄昏の旅団「眠る蒼穹と天使の羽根」

眠る蒼穹と天使の羽根

どうやら新規に活動始めたサークルさんらしく、これが1stシングルみたいですね。

ジャケットの雰囲気からして、たぶん女性ボーカルの民謡系かなーと思って試聴を聞いてみたら男性ボーカルだったんでちょっと驚きましたが、まあ、美少女ジャケなのに中身が男性ボーカルの同人CDとかいっぱいありますしねw これはジャケと音楽のイメージが割と近いと思うし詐欺ってほどではないんじゃないでしょうか。
というかこのジャケの天使は美少女じゃなくてショタかもしれないですしね、そもそも天使って性別無いのかも?
まあそんな事どうでもいいですねww中身の音楽さえ良ければ良いんですしw

まずこのサークルさんの音楽性で特筆すべきはやはりボーカルでしょう。男性ボーカルなんですが、よくあるV系ボーカルではなく本格的なクサメタル系の力強いハイトーンボーカルで、そこらの同人女性ボーカルよりよっぽど声域広いんじゃないかってくらいの突き抜けるような甲高い歌唱を聞くことが出来ます。しかもただ高いだけじゃなく、声質が小野正利さん系の暖かみがあって厚みのある声なのが良いですよね、ほんと良い声してるボーカルさんだと思います。
ただ、歌唱力ではまだ不安定な部分もあるかもしれないですが、その辺は活動を重ねるうちに上達しそうな気もしますしね。
このボーカルさんのプロフィール見たら、Diclofenacのエンジニアって書いてあるんですけど、こんな良い声なのに今までサークルやインディーズでの活動してなかったんでしょうか。ぶっちゃけ、Diclofenacのボーカルの人よりよっぽど(ry

さて、各楽曲についてですが、ファンタジックな雰囲気のインストに続いて始まる#2はフェアウォーニング辺りを思わせるメロハー風味の曲になってますね。超高音のギターとかまさにウリジョンロートとかその辺の音です。メロディも良く、サビでのハイトーンの歌唱はまさに絶品。
しかし、メロハーも良い物だしこれはこれで良い曲だとは思うんですけど、ぶっちゃけ同人界隈でこのタイプの音楽性って需要あるんですかね? このボーカルの声質ならクサメタラー系にしか需要ないだろうし、そうなればやはり疾走クサメタルこそが望まれてると思うんですけどね。まあ楽曲的には出来はかなり良いですし、疾走感がないこと以外に欠点はないですが、ちょっと勿体ない気がします。
#3はシンフォニックで壮大なアレンジを施したバラード系の曲で、ハイトーンボーカルを活かした美しいメロディを聞くことができます。
#4はイントロからかなり派手な幕開けで、お、こりゃ疾走来るか?と思わせといて結局ミドルテンポの展開なのでクサメタラー諸氏はフラストレーション感じてしまうかもしれないですねw しかし楽曲はメロディとアレンジ共にかなり素晴らしくて、ボーカルにはもはや神々しさを感じてしまうほどです。

とにかく全体的にクオリティは非常に高く、クサメタラー向けアピールが足りないことを除けばほぼ完璧な出来なんじゃないでしょうか。メロディもキャッチーで聞きやすいですしね、こういう男性のハイトーンボーカルに抵抗のないリスナーの方になら間違いなくおすすめ出来る内容ですね。今後に期待大のサークルさんだと思います。次回作ではジャケはもうちょっと硬派な絵柄にしてもいいんじゃないかなw

無料ダウンロードですと!?

http://yaplog.jp/iruma96/archive/1970
なんと廃盤になってるHollow Mellowの1stが無料ダウンロード出来るそうですよ。
聞きたかったCDがまさか無料で聞けるとは思ってなかったんでこれは嬉しいですねー。IRUMAさんの素晴らしい計らいに感謝ですw
自分も早速ダウンロードしてきましたが、他にも後追いでHollow Mellowにハマった方がいたらこの機会にダウンロードしてみてはいかがでしょうか。4曲目がまじキラーチューンなんでこの曲聞くだけでもダウンロードする価値あると思います。

さて、早いものでM3からもう3週間近く経った訳ですが…。
実はまだ購入CDの半分程度しかリッピングしてません。まとめてリッピングするのではなく、その時に聞きたい分だけ少しづつリッピングしていく方針なのでかなりスローペースになってますw しかしスローペースにしてる分、1枚づつじっくり聞けてるんじゃないかと思いますね。
前回のM3の時と同様に、1ヵ月経過したらまとめ記事上げようと思ってます。
今回のラインナップはやっぱり前回に比べたら劣るかなぁ…。前回が豊作すぎましたしね。たぶん今年の同人CDの年間ランキングほとんど春の作品から選出することになるんじゃないかと思うんですよw 秋作品から年間ベスト3に入る作品は無さそう…。

それと、一言雑記のほうにも書きましたが、リンク欄に感想ブログさん追加しました。更新停止してるブログさんが多い中で、こうやって新規にブログ始める方がおられるのは良いことなのではないかなと思いますね。
うちのブログはリンク少ないですけど、別にリンク増やしたくない訳じゃないんですよねw リンクする必然性があったら増やしますので。

The Herb Shop「The Herb Shop vol.2」

The Herb Shop2ジャケ

東方アレンジ中心サークルHerbivoraのオリジナル楽曲を扱う別名義サークル(だと思う)、The Herb Shopの2ndシングルです。

このサークルさんのことはオレオレウサギ主催コンピ「Kaleidosc[A]pe」で知ったのですが、コンピ収録曲の余りのレベルの高さに驚き、「これは是非とも次のM3でゲットしなければ」と思ってCD買ってきた次第です。
本当は東方アレンジ旧譜も欲しかったんだけど完売してたみたいで置いてなかったんですよね。普段はアレンジ系は避けてるんだけどこんだけレベル高いとアレンジも含めて一通り聞いておきたくなりますね。

さてこのサークルさんの音楽性ですが、Kaleidosc[A]pe収録曲と同様、Opethフォロワー的なテクニカルでダークな雰囲気のプログレメタルを演奏してます。
サウンド面でも演奏面でも驚くほどにレベルが高く、「これ本当に同人音楽かよ」と思ってしまうほどの出来です。まあ同人音楽はプロ級の音を作ってるサークルさん山ほどいるけど、その中でも特に凄いんじゃないでしょうか。
このサークルの音聞いてたらOpethを聞き返したくなって、それでOpethとこのサークルの曲を交互に聞いてたんですが、途中でどっちがどっちだか分かんなくなるくらいに似てるというか、曲がただ似てるっていうんじゃなくてサウンドや演奏もかなり近いレベルなんですよ。世界的な有名バンドの音に比べても遜色のない音になってるとか驚異的だと思いますね、まじで。
自分は東方に疎いから詳しくは知らないんだけど、このサークルさんって特に知名度高い訳でもないですよね? それでもこんな凄いもの作ってるんだから…ほんと同人音楽って半端ない。

1曲目の「Sage」(サゲ?セイジ?)は、イントロはアコースティックギターとメロトロン的なキーボードによる70年代プログレを思わせるような静かな出だしで、そこからブラストビートで疾走する激しい展開へと移行します。そしてテクニカルで鋭いリフが開始。
ギターがめちゃくちゃ上手くて、この時点ですでに同人レベルじゃないと思うんですが、まあ、ギター上手いだけなら同人界隈でも凄いプレイヤーはけっこういるかもしれませんけど、やっぱりサウンドプロダクションが更にとんでもないですよね。ドラムとか打ち込みだと思うんですが、音がタイトすぎてDTMとは信じられないくらいです。特にこういうプログレメタル系の音はジャストなリズムとタイトさが求められると思うんですけど、完璧すぎるほどにそれらが実現されていて脱帽ものです。
さらに、Opeth的なプログレメタルだけでなく、ちょっとゲーム音楽っぽいフレーズやら民謡フレーズが組み込まれているのも面白いですよね。こういうのは同人界隈ならではって感じでしょうか。
余りにレベルの高いインスト曲なので、安易にボーカル入れたら劣化しそうな気もしますね。でも試しにボーカル入りも作って欲しい気もします。やっぱりボーカルが入らないと大衆性が低いですし、アニソン系リスナーにはちょっと敷居が高い感じですしね。まあこの音楽性に合うボーカルって探すの難しそうですがw あとデスボイスは個人的に苦手なんでちょっと勘弁して欲しいかなw

このシングル、2曲入りですが、1曲目の名義がサークル名で、2曲目の方は「Yamada」ってクレジットされてるから2曲目は別サークルの提供曲って感じなのかな? 実際、2曲目は1曲目に比べるとかなりクオリティに差があるというか、普通に同人音楽レベルの音なんですよね。まあ出来が悪いってことじゃなく1曲目が凄すぎるだけなんですけどねw

Ariabl'eyeS「瑠璃色のローゼンクロイツ」

瑠璃色のローゼンクロイツjacket

Ariabl'eyeSの2013秋M3発表の6作目です。

今回の新作は昨年の秋M3の「碧き幻想のエリジウム」以来の2作目のミニアルバムですが、エリジウムと比べて格段にレベルアップした素晴らしい内容の作品に仕上がってますね。間違いなく過去最高級の出来ですし、同人メタルジャンル全体においても上位に食い込む内容であることは疑いようがないです。
エリジウムの時はLunaさんが1人でボーカルやってた訳ですが、不思議なことにRenaさん加えてボーカル2人体制になった今作のほうがはるかに作品全体の統一感や安定感が増してるんですよね、普通は複数ボーカルになると散漫になったりするんですが。
まあエリジウムは過去曲の再録とかあったし、方向性にも若干の迷いが感じられる作品だったので仕方ないかなと。それに比べ今作はツインボーカル体制2作目ということもあって安定感が段違いですしね。やっぱりボーカルは固定した方が良いに決まってますよね。Lunaさんの低音で力強い歌声とRenaさんの少女的な歌声の対比も絶妙ですし、出来れば今後もこのツインボーカルを維持して頂きたいものです。
姉妹サークルの-LostFairy-もツインボーカルになりましたが、次回作ではこの作品くらいの安定感を出して欲しいですね。

さて各楽曲についてですが、序曲に続く#2「瑠璃色の姫君」はイントロからいきなり強烈ですねー。圧倒的な疾走感に加え、変拍子的なフレーズも効果絶大で、まるで音の固まりが押し寄せてくるような威圧感がありますね。Lunaさんの歌い上げる勇壮な歌メロも最早完全に板に付いてきた感があります。ボーカル曲1発目に相応しい勢いを持ったキラーチューンですね。
#3「Symmetric Rose」はRenaさんボーカル曲ですが、Aメロの展開は良いんだけどサビがちょっと過去曲の使い回し感あるのが残念ですかね。AメロでのRenaさんのあどけなさを感じさせるような歌い回しとか最高なんですけどねえ。
ちなみに、このブログを書いてる人は「Renaさんの歌声は同人音楽最強!(あくまで主観)」とか思ってるほどにRenaさんを支持してる人なので、よろしくお願いします。次回作でRenaさん歌ってなかったらめちゃくちゃ文句書くつもりなのでw

#4「荊冠の旋律」はLunaさん担当の勇壮なシンフォニックメタルチューンで、これも#2と同様に隙のない強力な楽曲ですねえ。サビの盛り上げ方がほんと上手い。
#5「穢れなき薔薇十字」は再びRenaさんボーカルで、こちらは楽曲的にも文句なしの出来で、Renaさんの繊細且つ力強い歌唱を存分に堪能できる曲に仕上がってますね。
#6「Fine」はLunaさんのしっとり歌い上げるバラード曲ですが、この曲はなんといってもギターが最高ですね。ゲストのギタリストさんが弾いてるみたいですが、Xみたいな泣きのツインリードギターがまじたまらん。前作まではギターの音がちょっと貧弱な感じでしたがその弱点は克服された…とは言えないか。あくまでゲストミュージシャンの演奏ですしねw

サウンド面を除けば、同人メタルサークルの最高峰に近づいたと言える渾身の作品なのではないでしょうか。
こんだけ凄い作品を作り上げてもまだこのサークルさんの評価が「中堅」止まりならば理不尽に感じざるを得ないですね、それくらいの完成度です。
全体的に楽曲の出来もボーカルさんの歌唱も完璧に近い出来なんですが、それでも最高傑作とまでは言えないかな…。やはり3rdシングルの壁は高い。3rdは3曲しか入ってないんだけどキラーチューン揃いで全てにおいて完璧な出来でしたしね。Renaさん全曲で歌ってるしw

あとジャケも今回いいですよね。まあいつもと同じ絵師さんですけど今回特に可愛くて気に入ってます。しかしフルーツパンチさんの絵って主観だとRenaさんの歌声のイメージとリンクしてる感じなんですよね。だから次回Renaさん歌ってなかったらやっぱり文句書きます(しつこい)

ブログ1周年

ものすごい適当に始めたブログだったしまさか1年続くとは思わなかったですよw
半年くらいで飽きて放置すると思ってたのに今もまめに更新してますしね。
最初期は1日に数人しか来なかったんだけど、今はけっこう訪問者も増えましたなぁ…。他のブログさんに比べれば微々たる数だろうけど、このブログに書かれてる内容の適当さを考えれば十分すぎる数だと思いますw
最初期の頃からずっと継続して来てくれてる人も何人かいるんですよね。その方々には特に感謝ですw

やっぱりツイッターを晒さなかったのが正解でしたね…。ツイッターがあると「感想はツイッターでつぶやいたからブログ更新しなくていいや」って感じで絶対放置してたと思うんですよw もしこれからブログやろうと思ってる人がいたら、ブログにはツイッター晒さない方がいいですよ、まじでw

さて、1年も続いてしまったからには問題になるのはこのブログのタイトルですよね…。
「同人音楽初心者」って名乗ってますが、左カラムのカテゴリ欄にずらりと並ぶサークル名を見たら「今はもうせめて中級者くらいにはなってるんじゃね?」って自分でも思わなくもないんですが…。
でもやっぱりまだ初心者ですよねw この前の記事でも書いたけど、自分が同人音楽を聞き始めたのはたかが1年半前ですし、その前のことはリアルタイムでは全然経験してないですからね。有名サークルでも未聴のところいっぱいあるし。まだまだ知らないことだらけですよ。
まあ、もしあと3年くらいこのブログが続いてたとして、それでも初心者を名乗ってたらシュールですけどねw

さて、今後のスタンスについてですが…。
同人音楽界隈に存在する感想ブログさんがことごとく更新停止に陥ったり更新頻度が激落ちしたりしてるのを見ても分かる通り、ぶっちゃけ同人音楽の感想やらレビューなんて需要ほとんど無いと思うんですよね。需要があったらこんな状態になってないだろうし。少なくとも、昔はあったとしても今はないんじゃないかと。
まあ自分としては需要あろうがなかろうが自己満足で続けていこうと思ってますけどねw 飽きたら放置すりゃいいだけですしね。

個人的には自分で聞いて気に入ったCDの感想を共有したいって気持ちは強かったんですが(だからこそこのブログ始めたんだし)、他のリスナーさんはそうでもないんですかね。CDそれなりに売れてるはずなのに、ツイッター検索やらGoogle検索しても感想がほとんど見つからないってけっこう不思議ですよねw みんな2chに書き込んでるとか? それともせっかく買ったのに何の感想もアウトプットしない人達が大半なんですかね。
しかしまあ、イベント等でサークルさんと直接お知り合いになることも多いみたいだからネット上に忌憚のない感想とか発しづらいのかもしれないですね。うちもずいぶん言いたい放題書いてるけど、エゴサーチでやってきたサークルさんが読んで気分を害してないかちょっと心配になりますからねw

とはいえ、うちら聞き専リスナーなんて、サークルさんが時間やお金や労力やらを大量に費やして苦労して作り上げた作品を、多少の対価払ってただ受け身で聞いてるだけの何の能もない人間ですからね。そんな輩が何をグダグダと語ろうが何の価値もありゃしないですよねw
ほんと、作る側と聞く側の隔たりってとてつもなく大きいですよね。イベントだとサークル参加者と一般参加者の目線が割と近いから忘れがちになるけど。
それでも、感想を書くことが全くの無意味だとは思いませんけどね。うちで推しまくったサークルさんに興味持ってくださる訪問者が1人でもいれば嬉しいですしねw

それと、更新頻度についてですが、理想としては悶絶メタルさんみたいに2日に1回くらいの頻度を継続したいんですが…ネタも無いし時間も無いのでやっぱり無理ですねw
まあ今後も出来る限り間を開けずに更新するのを目指していきたいんですが。

-LostFairy-「刻まれし悠久のアタラクシア」

刻まれし悠久のアタラクシアjacket

-LostFairy-の2013秋M3発表の6作目です。

今作から新ボーカルのeupeさんが加入したし、音の方も心機一転してるのかと思いきや…意外に変わり映えしてないですね…。むしろボーカル変わってるにも関わらず変化なさすぎて少しマンネリ臭さえ漂う感じで最初はちょっと焦ったんですが、よく聞けばやはりいつもの-LostFairy-の安定感があり、楽曲のクオリティも高くて安心して楽しめる内容でした。

まあ、「安定感」って言葉を当たり前のように使ってますが、安定感があるってことは惰性で出来るような簡単なことではなく、実際は裏で絶え間ない労力をかけた末の結果に違いないですよね。
例えば、毎回同じようなメロディやアレンジを使いまわしてるアーティストって多いですが自分はそれを「安定感」とは呼びたくないですね。それはマンネリ感だと思います。
自分の考える安定感っていうのは、あくまで自らのアーティストイメージを覆すことのない範囲内で毎回新しいメロディやアレンジを聞かせることだと思うんですよね。しかもそのメロディやアレンジは常に一定以上の水準を保っていなくてはいけない訳で、惰性では決してなし得ない非常に難易度の高い技ですよね。
そしてこの-LostFairy-や同じArsMagnA系サークルのAriabl'eyeSはそれを実践できている稀有なアーティストだと思うんですよね。ほんと感服します。

実質的な1曲目の#2「神界に刻まれし祝福」は、今までの-LostFairy-のボーカリストとは声質の異なる片霧烈火さんをゲストボーカルに据えても、一聴して-LostFairy-だと分かる独自の音を確立していることに驚きますね。やはりアーティストの独自色があるのってかなりの強みですよね。まあ独自色も惰性化するとマンネリに繋がるから気は抜けないと思うんですが。
片霧烈火さんの力強いボーカルは素晴らしいんですが、しかし、やっぱりせっかくeupeさんと夢姫さん入ったんだし新ボーカルの曲だけで固めて欲しかった気もします。
続く#3の「星詠ユーフォリア」は、3rdシングル以来の久々の民謡系の楽曲ですね。メタルもいいんだけどこの路線も定期的にやって欲しいですよねw
eupeさんはUtopimaniaではちょっとロリ系の声質って印象だったんですが、この曲では前ボーカルのhatoさんのイメージに近い民謡系の歌唱を披露していて、表現の幅の広い器用なボーカルさんだと思いますね。

#4「穢れ亡き悠久の呪詛」は夢姫さんボーカルで、この方が単体でボーカル担当するのは2ndの1曲目以来ですかね? 今回は以前とは違い正式加入してのボーカル担当ですが、これがまた素晴らしい歌唱で、楽曲の完成度も申し分なくこのアルバムで一番の聞き所だと思います。担当曲が1曲しかないのが勿体ない。
#5「月影トロイメライ」は、なんか聞き覚えあるメロディだと思ったら同じArsMagnAサークルのSeraphの「夢見ノ為ノ深紅少女」に激似ですね。冒頭の語りで「夢見の…」みたいなこと言ってるからもしかしてサークルの枠を越えたクロスオーバー的な楽曲だったり?それともただ似ちゃっただけなのか。よく分かんないですが。
#6「Romanesque ~光と闇に帰依する幻想~」は廃盤になってる1stの収録曲のリメイクバージョンみたいですね。廃盤の曲を聞けたということで自分みたいな後追いリスナーとしては有り難いと思う反面、リメイク曲を混ぜてきたということはネタが尽きてきたのかな…とちょっと不安要素でもありますかね。
楽曲の出来もeupeさんの歌唱も素晴らしいと思います。オリジナルバージョン知らないから比べようはないけど。
Ariabl'eyeSは1st再販してたけど-LostFairy-は再販しないのかなぁ…。

あと、近作で声優による語りを導入してサンホラ系に接近したこのサークルですが、今作でも語り担当の声優さんが参加してますね。今回は前作の能登麻美子さんのようなビッグネームではなく、知名度低めの声優さんをお2人起用したみたいですが、Romanの双子みたいな感じでいい雰囲気出してて良いですよね。
冒頭の語りトラック1曲だけしか声優さん参加してないってこともなく、今回は万遍なく語りが入ってるのも好印象です。

個々の曲は高いクオリティですが、#5みたいに「?」ってなる曲やリメイク曲があるので全体的には若干散漫な印象あるかもしれないですね。
それと姉妹サークルAriabl'eyeSの方が過去最高レベルの強力な作品を放ってきただけあって余計に-LostFairy-のほうは霞んでるかもしれません。まあ新ボーカルさんはお2人とも実力派ですし次回作はきっと強力な作品を作ってくれるでしょう。
あと毎回書いてるようですがそろそろサウンド面も進化したほうがいいんじゃないかなぁ…。Ariabl'eyeS新作はギターが豪華になってたけど-LostFairy-のほうはボーカル以外ほんと変わり映えしない感じだし…。サウンド面では同系統のエミル
さんに抜かれちゃってるかもw

相変わらず褒めてるんだか貶してるんだか分かんない文章になってしまいましたが素晴らしい作品ですよw 同人ゴシックメタルサークルで最高峰のサークルであることは疑いようがないです。

エゾギク「Moebius」

moebius.jpg
いやーまじ凄いですよこの曲は。早くも今回のM3のベスト曲候補なんじゃないですかね。まだ開封してないCDいっぱいあるけどこれを越える曲がありそうな気があんまりしない。
昨日の一言雑記のほうに「ワロタwwww」とか書きましたけどまさに笑ってしまうほどにツボにハマりましたw あまりに自分の好きな展開が来ると何故か笑いがこみ上げてきません? そんな感じだったんですよw

まあ、このシングル1曲しか入ってないんですけどね。1年ぶりの新作が1曲だけって…と残念に感じた人もいるかもしれませんが、曲数はぶっちゃけ関係ないですからね。キラーチューンが1曲あればそれで十分なんですよ。「10曲の凡曲より1曲のキラーチューン」ですよ。(謎の格言)
そしてこの1曲はまさに強烈なキラーチューンですね。メジャーや同人を問わず、似たような曲を量産して曲数を水増ししたような退屈な作品って多いと思うんですが、1曲を徹底的に作りこむこのエゾギクさんのスタンスを見習って欲しいですねw まあ曲数がある程度揃ってないと売れないから仕方ないんだろうけども…。
さすがに1年丸々かけてこの1曲だけを作っていたとは思わないし、別の活動とかあってこっちが放置されてたせいでインターバルが空いてしまったのかもしれませんが、それにしたってこの完成度は凄いと思います。

さてこの新曲、楽曲面でもアレンジ面でも格段に進化していることに驚きますが、まさかこういうプログレメタル的なテクニカルな展開入れてくるとは思いませんでしたよ。随所で聞ける変拍子系の切れ味鋭い展開がまじスリリングです。前作のキラーチューン「Reflection」は割とストレートな疾走クサメタルチューンでしたしね、今回も同じ路線で来ると予想していただけに、良い意味で期待を裏切られましたw
しかし突然変異でプログレメタル化した訳でもないらしく、改めて前作聞き直したらキーボードの音とかけっこうプログレっぽいんですよね。もともとそういう素養あったんですね。

もちろん前作のReflectionで聞けたシンフォニックなアレンジやクサメロも健在で、プログレメタル風味のシンフォニッククサメタルってことでまさにMinstreliXを想起させますね。
更に、ツインボーカルを活かしたドラマチックな歌メロはサンホラ系の物語音楽に通ずるものを感じさせます。
「MinstreliXとサンホラを合わせたような音」とか、字面だけでも最強くさいじゃないですかw
もちろん、あくまで同人なんでMinstreliXほどのテクニカルな演奏はないし、サンホラほどの卓越したメロディがある訳でもないですが、それでもこの路線で進化したら一体どんなすごい音楽が出来るんだろうかと期待してしまいますよね。

まあ、1曲出すのに1年かかったんだし、この路線でミニアルバム作ったらどんだけ時間かかるのか分かんないですがw こういう凝ったアレンジの曲ってめちゃくちゃ手間かかりそうですしね…。とりあえず気長に待ちましょうw
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析