ぱっちりひつじ「ゆめにっき 1」

ゆめにっき 1
プログレッシブ童謡ポップメタル(?)バンドの1stアルバムです。
左カラムの下の方のおすすめCD欄に載せておきながら長らく記事を書かず放置してたんですが、さすがに夏コミ前には上げといたほうがいいかなぁと思ってようやく書くことにしましたw なんというか、とっておきのサークルはどのタイミングで記事投下するか迷うんですよねw
それに新譜も今月に出てますしねえ、通販限定販売なんでコミケで買いたいところなんですがこのサークルさんコミケ出てないみたいなんで結局買うのは秋のM3になりそうですが…。この1stアルバムもそうですが、基本的にこのサークルさんはイベントのタイミングと無関係にCD出してるみたいですし、価格もイベント特別価格じゃなくて同人音楽のイベント売りのセオリーから外れてる感じだし、同人音楽ってよりインディーズ音楽なんでしょうな。

さて、このサークルというかバンドについてですが、ラスエフのリスナー数も少ないし全然知られてないバンドなのかなぁと思いきや、ネット上に既にいくつもレビュー記事が上がってるみたいだし、一部ではすでに注目されてたみたいですね。まあ、これだけ面白くてハイクオリティな音楽やってるバンドが注目されないはずがないんですけどねw

このバンドの特徴はやはり、プログレメタル(ポップ)と童謡を混ぜ合わせるというその奇抜な音楽性にあるでしょうね。時にデスボイスまで入ることもあり、童謡の和やかさとのギャップはかなりの物です。自分の知る限りではこんな音楽性のバンドは他にお目にかかった事がないですね。自分はもともとファンタジックな童謡系のフレーズとか大好物でしたし、プログレメタルはもちろん主食なので、この組み合わせはまさにツボでしたねー。初めて試聴聞いた時のインパクトは相当大きかったです。
そして、実際CDで聞いてみたら期待通りの内容で本当感心しましたよ。こういうカオス系の音楽って、奇抜さばかりが先行して出オチ的な音になってしまう危険性もあると思うんですよ、しかしこのぱっちりひつじは楽曲やアレンジセンスも非常に高く、志の高さにセンスが伴っている素晴らしい例だと思いますね。

このアルバムは10曲収録されていますが、どの曲も素晴らしい出来でアレンジもメロディも非常に高度ですね。10曲収録で捨て曲なしってメジャー基準でも凄いことだと思う。なにより凄いのは、プログレ+童謡という基本路線はブレずに、尚且つ10曲それぞれにアレンジの多様性を持たせていることですね。10曲の中にアレンジやメロディがかぶっている曲が全くないというのはけっこう驚異的ですよ。そのおかげで最後まで全く飽きずに楽しめる内容になっています。音楽的な引き出しの豊富さに圧倒されますね。

どの曲も良いので全曲解説したいくらいですが、さすがに冗長になるのでやめますw公式に作曲担当メンバーの曲解説もあるみたいですしね。
特に好きなのは#3「もう、ありますよ」#9「エレベーターにのって」#10「ひつじ」辺りですかね。#3は軽快なポップな童謡メロディと電波っぽい歌詞、そして自然に絡んでくる変拍子要素が実に爽快です。#9はドリームシアターのThe Best of Timesの後半を想起させる叙情的なギターフレーズが印象的なバラード曲。#10は前半の軽快さと後半のデスメタル展開のギャップがインパクト大で、まさにこのバンドを象徴する楽曲でしょう。

あとブックレットのイラストも非常に凝ってるんですよね。アートワーク専門のメンバーがいるみたいですが、全曲にイメージイラストが付いていてビジュアルイメージ的な面でも強烈ですね。(メンバーのビジュアルは知らないけどw)
しかし「かみのけがとれた」のイラスト怖すぎ…。完全なるホラーですなw
YouTubeにイラストを添えたショートPVがアップされてるけど、フルのPVも作って欲しいなぁ。もっとビジュアルを前面に押し出していけばもっとこのバンドは知名度得れるんじゃないかなと思えるんで。

本当に志の高いアーティストだと思いますよ、「新しい音楽」を創り出そうという熱意が感じられます。
ビートルズ以来のポピュラーミュージックの歴史がもう50年くらい積み重なっている中で、もはやありとあらゆる音楽性って全て出尽くしていて、完全にネタ切れ状態になってるんじゃないかと思うんですよね。3曲目の「もう、ありますよ」の歌詞が象徴的だと思うんですが、どんなに頑張って奇抜な音楽や大胆な展開を作ったところで、それは「もう、ある」んですよね。
そんな閉塞的な状況の中でも意欲的に新しい音楽を生み出そうとして実際にそれを達成しているこのバンドは本当凄いです。商業的な制約なしで自由に音楽を作れる同人音楽というジャンルの中である意味で理想的なスタンスを体現しているバンド(サークル)なのではないでしょうか。
まあ、メジャーですらそんな飽和状態なんだから同人音楽でもカバー曲ばっかりだったり類型的な音楽ばっかり作ってても誰も責められやしないとは思うんですけどね、しかしこういう風に状況に流されずに前進しているバンドは本当に頼もしいし、もっとこういうスタンスのサークルが増えて欲しいなとは思いますね。
スポンサーサイト

毎日五月病。「lament」

lament.jpg

昨年の春M3で出た毎日五月病のミニアルバムです。この前のM3のシングルが個人的にかなり気に入ってて、後から遡ってこのミニアルバム聞いたんですがこっちも期待通り良い出来ですね。

この作品も基本的に最新シングルと同じく少女病フォロワー的な音なんですが、更に遡ること1年前の2011春M3で出た「日常デストラクション」というシングルの3曲がリメイクされて収録されてるようで、新録とリメイク曲だと方向性が若干違いますね。リメイク3曲(#1、#2、#4)は割とストレートなエモコア曲で、新録の方はシンフォニックなアレンジとセリフを擁した物語性の強い楽曲で少女病に近いお馴染みの音になってます。アレンジに多少の違いはあるものの、どちらも楽曲の出来は良いので全編に渡って楽しめる内容になってますね。
リメイクが含まれるので作品全体のトータル性が薄くなってるのは否めませんが、どの曲もストーリーは1曲内で完結してる感じなので問題なさそうですね。

歌詞はどれも基本的に鬱々としたバッドエンド系の話で、この点でも少女病フォロワーって感じですね。個人的にはバッドエンド系の話は苦手なんで最新シングル「period」みたいな希望の見える雰囲気のほうが好きだったんですが、まあ鬱系が好きな層にはこっちの方が受けが良いんでしょうね。というか、今作の#3「Thanatos」のサビメロがそのまんまperiodのBメロに流用されてたんですねえ。ストーリーも続編的な内容になってるようで。
このlamentのバッドエンドだけ聞くと後味悪いけど、periodを真のエンディングだと考えると少し評価上がる…かな?

それにしても、エモコアの疾走感とアニソン系のキャッチーなストリングスのフレーズって本当に相性良いですよね。まあそれはこのスタイルを確立した少女病の功績なんでしょうけど、この毎日五月病もただ猿真似してるだけなんて事は全くなくて、メロディセンスやアレンジは全然本家にも負けてませんね。非常に高品質な音に仕上がってると思います。もちろんサウンド面では本家の豪華さに比べようもないですが、こっちはあくまで同人音楽ですからね、プロの声優使いまくりで潤沢なレコーディング資金があるであろう本家と比べても意味がないですねw
あと、periodの記事でも触れましたが、プログレメタル的なアレンジは本家にはない個性的な要素ですよね。このミニアルバムでは#6の間奏で変拍子駆使したカオティックなフレーズが出てきますが、やはりここはプログレメタラー的には盛り上がらざるを得ない展開ですねw

AZURE FACTORY「トライアド・シネマ」

トライアド・シネマ

真崎エリカさんの個人サークルの3rdアルバムです。
この方ってGILDIAの先代ボーカルだったんですね、名義が違うから気付かなかった。やっぱりGILDIAのボーカルとしての知名度が大きいのかな?自分はこの前の冬コミの時に名前見かけて知ったんですけども。Hollow Mellowの新作の1曲目でもゲストで歌ってましたよね。
この真崎エリカさん、歌唱力は非常に安定していて声質もサブカル方面に寄り過ぎない本格派な歌声だと思いますし、まさに実力派シンガーって感じですよね。この作品もその卓越した歌唱を存分に味わえる内容になってます。

このアルバムは同人ボーカリストのソロ作品の例に漏れず多くのコンポーザー陣をゲストに迎えていて多彩な楽曲で構成されていますが、不思議と散漫な印象はなく、どのコンポーザーさんも出来の良い曲を提供していることもあってかなり充実してると思いますね。お馴染みのRyoさんや堀越さんとレトクオリアで知った倉田くらねさん以外は、東方系やニコ動系のコンポーザーさんが多いのかな?そっち系は全然聞いてないのでよく分かんないんですけども。

特に気に入ってる曲は#5「キミカギ -トロイメライの雫-」ですね。哀愁系のメロディが本当素晴らしいです。これは名曲ですね。他にも疾走感あふれるロックチューンの#2も良いですし、トランス系の#3や#6も佳曲です。#1のインストや真崎エリカさん自ら作曲の#8も含めて捨て曲なしのアルバムに仕上がってると思います。同人ボーカルのソロ作品としては割と理想的な出来なんじゃないですかね?

Seraph「夢見ノ為ノ深紅少女」

夢見ノ為ノ深紅少女

Seraphの2作目のシングルですね。現時点で発表されてるSeraphのシングル3枚の中ではこれが一番出来が良いのではないでしょうか。収録されてる3曲とも良曲で、総合的な安定感では一番だと思います。
1曲目のタイトル曲は、前作の1曲目には及ばないものの、なかなかのキラーチューンに仕上がってると思いますね。メロディの完成度が高いのは勿論のこと、間奏で出てくる変拍子系のフレーズ等アレンジ面でも凝っていて、名曲といっても良い出来ですね。
2曲目は、前作の2曲目と同じくデジタル系のリズムをフィーチャーした曲で、これもなかなか良い出来ですね。Bメロからサビへの繋ぎの民謡っぽいフレーズが特に印象的。ラストで1曲目のフレーズが再演されますが、このサークルはどの作品でもテーマフレーズを何度もリピートしてコンセプト感を出してますよね。この辺はサンホラ系の影響が強いのか。
3曲目はバラード系の静かな曲ですが、スキャット部分で神秘的な雰囲気を醸し出していて味わい深いですね。これも1曲目のフレーズが出てきますね。


命ココロ亡きドール
命ココロ亡きドール
これは3rdシングルですが、3作の中ではこれが一番地味な印象かなぁ…。前2作は1曲目にインパクト強いキラーチューンが配置されてたけど、これは1曲目からして割と印象の薄い曲なんですよね。まあ悪い曲じゃないんだけど、メロディが耳に残らない…。
2曲目は壮麗なストリングスをバックに歌い上げるバラードですが、こういうタイプの曲だとボーカルさんの歌唱力が足りないと感じてしまうかも…。
3曲目は1曲目に近い曲調ですが、少し童謡っぽい雰囲気ですね。

個人的には地味な印象の作品ですが、悶絶メタルさんだとこの3rdが一番評価高いみたいなんですよね。まあ人によって好みはそれぞれですしねw
1stと2ndの1曲目みたいなキラーチューンをコンスタントに生み出せるようになれば他のArsMagnAサークルと同列に並べるようになる気はするんですけどね。

Third Action!

Third Action!

大人のアニメファンにも大人気の女児向けアニメ、アイカツのシングルですね。実はアイカツ見たことないんですけどこのシングル買ってしまったのは、このCD3曲目の「硝子ドール」を聞くためでした。

アニソンに精通してるメタラーさんならとっくにご存知でしょうが、この硝子ドール、女児向けアニソンとは到底思えないやりすぎな楽曲なんですよね。間奏が完全にプログレメタルなんですよw 1分以上ある長い間奏の中で、ピロピロ弾きまくりのギターとピロピロなキーボードが延々とソロバトルを繰り広げるという、こんなの女児に聞かせていいのかと心配になるくらいにやりすぎな曲ですw 間奏だけ聞いたら絶対に子供向けアニメの歌とは思えませんねww

この曲を初めて聞いたのはとある同人ショップのBGMなんですが、なんだこれ、すげえソロバトルしてるけどどこのサークルだよ?と凄く気になってたんですが、まさかアイカツの曲だとは思いませんでしたねえw驚きましたよw
まあ、子供向けアニメで本格的メタルやろうとしてもあんまりアグレッシブ系の激しい音楽は出来ないだろうけど、プログレメタルならばTVでは流れない間奏でガチ要素入れることが可能だし、よく考えたなぁとは思いますね。

ソロ部分だけでなく歌部分も良く出来てますね。あくまで女児向けアニソンの範疇で適度なメタル要素が入っていて、それでいてガチなリスナーの鑑賞にも堪えるという非常にバランス感覚の秀でた出来に仕上がっていて、本当にかっこいい曲ですよ。同人メタルでもこういう感じの曲聞いてみたいですねw

このシングルは3曲入りですが、他の2曲も悪くないんですけど硝子ドールのインパクトには全然及ばないかなぁ…。結局この1曲のために買ったようなものですねw
メロスピっぽいアニソンなら全然珍しくないんだけど、こういうプログレメタル系のアニソンってけっこう貴重ですよね。他にもこういうアニソンってないものですかね?

自由への進撃 3撃目

紅蓮の弓矢とMoiraとMärchenの関係性
http://ch.nicovideo.jp/hisaki17/blomaga/ar285364
紅蓮の弓矢とMoiraが関係ありそうってのは誰でも思いますよねw 間奏がMoiraの終盤にそっくりだし「冥府の弓矢」とかまんまなフレーズあるし。しかしまあ、これはあくまで進撃の巨人をテーマにした楽曲だし、完全にサンホラワールドと繋がりあるってことはさすがに無いとは思いますが、それでも地平線の繋がり見出すのが大好きな考察勢の皆さんはきっと深読みしてしまってるんでしょうなw

紅蓮の弓矢フルはもう40回くらい再生してますが、聞けば聞くほど1番から2番以降への繋ぎは自然すぎると感じられるようになってますね。やはり間違いなくこの楽曲はフルバージョンで真価を発揮するように計算された作りになっていますよ。もし1番のメロディを単純に繰り返すだけの曲だったら相当つまんない曲になっていたでしょう。2番以降がクソとか思ってる人達はもっと何度も聞き込んでこの曲の構成の妙を味わうべきですね。

あと、自由の翼のTVバージョンのほうも更に10回以上リピートしましたが、こっちはかなりスルメ曲だと感じましたね。最初はちょっとサビが地味かなぁとも思いましたがヘビロテした結果今ではしっくり来るようになってきました。やはり前期OPに劣ってるなんてことは決してないですね。素晴らしい曲ですよ。
OPの映像に関しては、スケジュールギリギリで制作していたというだけあって全体的には素晴らしい出来だと思いますが、ただサビ部分の立体機動のアップになるカットで疾走感が損なわれてるから今後差し替えて欲しいなぁとは思わなくもないですが、まあ慣れれば違和感はなくなってきますよね。というか作画スケジュール相当やばいらしいしもう1回総集編入れてもいいんじゃないかなw

さすがにリンホラの記事が三連続しちゃってるからこの記事は後で前の記事に統合させようかなw

ピロピロピロピロピロピロピロピロピロピロピロピロ(自由の翼のギター)

進撃の巨人の後期OPの「自由の翼」、もうすでに録画を十数回リピートしていますw
なんかちょっと音響悪いっていうか、CDに比べるとボーカルが奥に引っ込んで聞き取りづらいように感じたんですが、うちのTVの音が悪いだけですかね?
率直な感想としては、やっぱりTVサイズじゃ尺が足りなくてこの曲の聞き所を収めきれてないなぁ…という感じでしょうか。

前期OPと比較して評判はいかがなものなんですかね?ツイッターも2chも確認してないから把握してないんですが。やはり前期OPのほうが良かったって意見が多いのかな。
個人的には前期OPも後期OPもTVサイズは甲乙付けがたいって感じなんですが、フルバージョンならば圧倒的に紅蓮の弓矢が好きですねw

TVサイズを先に繰り返し聞いた後にフルバージョンを聞くという通常の順序だった前期OPとは違って、後期OPは前もって自由への進撃に収録されてるフルバージョンを聞いてからTVサイズを聞くという風に順序が逆転していたこともあり、フルバージョンをどうやってTVサイズに縮小するんだろうと予想する楽しみもありましたね。
結果的に、TVサイズ先に聞くにしてもフルバージョン先に聞くにしても新鮮な驚きが味わえるという、実に巧妙な仕掛けがなされていると思います。これは一般のアニソンでは味わえない斬新な試みですよね。

前期の紅蓮の弓矢のほうは、TV版で擦り込まれたメロディとは全然違う展開に遭遇することで最高に興奮する体験を出来た訳ですが、後期の自由の翼の方はというと、2番のBメロのほうが良いメロディだからあっちを採用して欲しかったな…とか、TV版もラストはフルバージョンと同じくクワイアパートで締めて欲しかったな…とか,若干もどかしく感じる要素はあるんですよねw しかしまあ、そういうもどかしさも含めてこの作品の魅力なんじゃないかと思いますね。

この自由の翼も、紅蓮の弓矢フルと同様でメロディの繰り返しが少なくなかなか複雑な構成なんですけど、あんまり難解な印象はないんですよね。紅蓮の弓矢とは違って終始疾走し続ける曲なのでメロディ展開より疾走感に重きを置いて聞いているせいでしょうか。
あと、この曲のサビ、最初聞いた時はこのメロディがBメロだと思ってたんですよ。それで最初と最後のクワイアパートがサビだと思い込んでたんですが、よく聞いて見ると構成的にはこのメロディがサビだなと後から気づきまして。第一印象でBメロだと思ってしまうだけあって少し地味だなぁという印象も無きにしもあらず…。まあそれもRevo曲基準であって、一般のアニソンからしたらめちゃくちゃかっこいい曲なんですけどね。しかしクワイアパートがサビ扱いならもっと名曲感があったと思えるのでちょっと惜しいかも。


あと、自由への進撃3曲目の「もしこの壁の中が一軒の家だとしたら」も忘れてはならないですね。この曲はアニメ主題歌じゃないし、いわゆるおまけ的なポジションなんですけど、Revo神がしょぼい曲などCDに収録するはずもなく、これも素晴らしい曲ですねー。バラード系の曲ですけどサビのシンフォニックな盛り上がりが感動的です。女性ボーカルの力強い歌唱も見事ですね。サビはアルミンのセリフ思い浮かべながら聞くとさらに感動が増しますね。(個人的にはミカサの方が好きなんだけどやっぱりアルミンの方がヒロイン力高いですなw)
この曲は他の2曲と違ってシンプルな構成になっていて分かりやすい曲ですね。

しかしながら、アニソンのシングルCDとしては余りにも奥が深すぎる作品ですよね…たった3曲しか収録してないのに情報量が半端ないですし。(まあRevo作品としては完全に通常営業なんですけどねw)
これだけ様々なアイディアや仕掛けを施された作品ということで、アニソンとしては革新的な作品なのではないでしょうか。特に、TVサイズとフルバージョンが全然違うというアイディアは、賛否両論があるとはいえ個人的には非常に感銘を受けましたね。

というか、そもそもこの作品をアニソンとして考えているから「2番が違うメロディだからクソ」とかいう感想が出てきてしまうんでしょうな。仮にこの作品を「進撃の巨人をテーマにしたコンセプトミニアルバム」だと捉えて、そのコンセプト作品からTV放送用に一部分を切り取った、という風に考えれば違和感もなくなるはず。実際のRevoさんの意図はわかんないけど、そう考えると色々納得できる作品なんじゃないかと思うんですけどね。実際、紅蓮の弓矢に関してはフルバージョンのほうがはるかに説得力のある構成になっているのでそうとしか思えないのですが。

Linked Horizon「自由への進撃」

自由への進撃

遅ればせながら自由への進撃ようやく入手しました。やっぱり発売日に欲しいものはAmazonで予約したらダメですねww

とりあえず、結論から言うとこのCDは最高に素晴らしいです。Revo神の初のアニメタイアップに相応しいクオリティ、アイディアの詰まった傑作ですよ。
本当ならがっつり感想書きたいんですけど、今日はちょっと時間ないので簡易で済ませます。後日ちゃんとした感想上げるつもりですが。

進撃の巨人前期OPの紅蓮の弓矢についてですが、PV公開時から賛否両論になってましたけど、予想通り、Amazonのレビューでも「2番が全然違う曲じゃん、クソだわ」みたいな評価が多く荒れ気味のようですね。
しかし、個人的にはむしろ2番以降の展開のほうが断然好きなんですけどねwこのフルバージョン聞いちゃったらTVバージョンがしょぼく聞こえそうなくらい、それくらい圧倒的にこのフルバージョンの方が素晴らしいですよ。一般的評価で言われてる「違和感」など全く無くて(というか二期サンホラ好きでこの展開に違和感持つ人なんているはずないw)、実に自然な流れで最高に盛り上がる展開が2番以降に待っています。TV版で聞かせる部分と新規の部分の接続が絶妙で、緻密な計算に基づいた構成になってると思いますね。

というか、TVで流れるのと同じメロディ展開しかなかったらわざわざCD買う必要なくないですか?TVの録画をリピートして聞けばいいじゃないですか。自分はそう思ってしまうんですけどねw
それに、2番が違うメロディだからクソ、って思ってしまう安直な価値観にそもそも疑問を持ちますよ。既存のアニソンの多くが同じメロディ繰り返す手法を取っているというだけで、2番以降が別のメロディだといけないなんて固定観念でしかないと思うんですけどね。ジョジョEDのRoundaboutがあれだけ人気曲になっても、プログレ的展開が一般の理解を得るのはまだまだ遠いみたいですね。

あと間奏も最高にかっこいいんですよねー。特に2番のギターソロの後半とか悶絶ものですよwガチなメタラーの鑑賞にも堪えうる演奏クオリティですね。

他の2曲についても感想書きたいんですがそれは後日にw

Seraph「神話龍燈」

神話龍燈

Seraphの1stシングルです。
このSeraphは、Ariabl'eyeS、-LostFairy-に続くArsMagnA第3のサークルで、他のサークルより後発というか、1作目が発表されたのも2サークルより1年ほど遅いみたいですね。
-LostFairy-もAriabl'eyeSも共にメタル系の路線ですが、このSeraphはメタル的な要素は皆無で普通のゴシック系のポップスやってるので少し毛色が違う感じはしますね。-LostFairy-ではカバーし切れない、メタル系が苦手なリスナー向けに作られたサークルって感じなのかな?

そして、後発サークルということもあってか、まだ他の2サークルとは同列に並べていない感じはありますね。クオリティが低いって訳じゃないんですけどね。サウンド面では2サークルとも共通してて安定してますし。
まあメタラー的には、メタル要素のないこのサークルが物足りなく感じてしまうっていうのは勿論あるんですけど、それだけでなく、ボーカルも他の2サークルに比べると華が無いし、曲もインパクトが足りなくて、少し地味な印象がありますかね。

それでもこの1stシングルはなかなか良い出来だと思います。特に1曲目のタイトル曲「神話龍燈」はこのサークル随一のキラーチューンですね。和風ゴシック曲というか、東方のゴシック系アレンジみたいな感じの曲ですが、メロディもアレンジも完璧な出来で素晴らしい曲に仕上がってると思います。
2曲目はデジタルビートが特徴的ですが、叙情的なストリングスのフレーズが良いし歌メロもキャッチーで、これも良曲ですね。
3曲目は割と直球なアリプロ系のゴシック曲で、出来は悪くないけど面白みはないかもしれない。

ArsMagnAの他のサークルと同等のインパクトを求めると少し肩透かしになるかもしれないですが、ゴシック系ポップスとしてはなかなかの出来だと思います。特に1曲目はかなりのキラーチューンなのでこの曲は一聴の価値あるのは間違いないですね。

-LostFairy-「滅び去る宵闇のトランシルヴァニア」

滅び去る宵闇のトランシルヴァニア

-LostFairy-の5thです。
今作の最大の話題はやはりプロ声優の能登麻美子さんが参加している事でしょうね。まあ1曲目の短い語りトラックのみの出演なんで、能登さんの参加がこの作品の内容に貢献しているとは言い難いですけども。あくまで話題性のための参加って感じですかね。
しかし、前作よりボーカル曲が1曲少ないのに前作と価格設定が同じになっているところを見ると、能登さんの付加価値はボーカル曲1曲分に相当しているようですねw

前作4thは悶絶メタルさんの年間ベストにランクインするほどの高評価で、個人的にも気に入っていた作品なんですが、今作もなかなかのクオリティとなっていますね。そもそも-LostFairy-は2nd以降常に充実した内容の作品を発表してきたと思うので今作の安定感も驚きには値しないかもしれないですが。

前作は、前半がゴシックエクストリームメタルで、後半がメロディアスで落ち着いた雰囲気の楽曲が配置されていて、けっこうバラエティ感のある構成だったのですが、今作はエクストリーム路線に絞られていて、ボーカル曲は4曲とも全て疾走していますね。かなりメタラー向けな方向性になっていると思います。
前作のバラエティ感が気に入っていた自分としては疾走に偏った構成だとちょっと飽きるかも?とも思いましたが、メロディは過去作と同様に充実していますし、アレンジは必ずしも疾走一辺倒ではなく、間奏やBメロではテンポやアレンジに上手く変化が加えてありますし、いわゆる「金太郎飴」状態にはなっていないですね。

あと、今作には多彩なゲストボーカルが参加していて、そのおかげで楽曲に彩りが加わっているのも大きいですね。ArsMagnA系のボーカルさんのみならず、けっこう有名どころゴシックサークルのボーカルさんが集結してる感じですよねw まあ各ボーカルさんの出番はバックコーラスでちょこっと歌ってる程度なんですが、それでもメインボーカル以外の声が入るとかなり新鮮ですし貢献度はなかなか高いと思います。
#3「背徳のアンティフォナ」では2ndで歌っていた夢姫さんが久しぶりに参加していて、hatoさんとの見事なツインボーカルを披露していますね。特にBメロのミュージカル的な掛け合いがいいですねー。今作のハイライトとなる曲だと思います。こういう曲またやって欲しいですねw

hatoさんは残念ながら今作を最後に-LostFairy-を脱退するそうですね。もはや、-LostFairy-とhatoさんの歌声がイコールで結ばれるくらいの看板ボーカルだったと思うので寂しくはあるんですが、後継は3曲目で歌ってる夢姫さんが務めるのかな?
夢姫さんもボーカルとしての力量はhatoさんとほぼ同等だと思うんですが、個性という面ではちょっと劣ってるかも。でも声質に癖がない分、どんなタイプでも歌いこなせそうなボーカルさんではありますかね。

ゴシックメタル度:A
疾走度:A

Ariabl'eyeS「愛憎悲哀カタルシス」

愛憎悲哀カタルシス

この作品はAriabl'eyeSの2ndシングルですが、ぶっちゃけ、この後にあの名作3rdシングルを生み出したサークルと同一とは思えないくらいには地味な印象ですね…。
サウンド面では大した変化ないし(むしろ最新シングルでもサウンドはほとんど進化してないかもしれない…それはそれで問題かw)、楽曲の出来がそれほど悪い訳でもないので、やっぱりボーカルの差ってことになるんですかね…。
とはいっても、このシングルで歌ってるボーカルさんは別に下手ってほどでもないし、むしろ声質も歌唱力も同人ボーカルとしては平均点上回ってるくらいですよね。まあそれでもRenaさんに比べたら没個性的と言わざるを得ないか。

なんか、Ariabl'eyeSの感想記事は全部3rdをいちいち引き合いに出してしまってる気がしますが、それだけ3rdが良すぎるから仕方ないんですよねw 一度名作を生み出してしまったアーティストは、新作出す度に常にその名作と比較対象される運命にあるのですよ…。

1曲目の「月夜の仮面舞踏会」はそれなりにインパクトあるんですよね。でも2曲目はこれといって特徴のない地味な楽曲になってしまってるし、3曲目はせっかくツインボーカルなのにミュージカル的な派手さもなく…やはり地味だ(-LostFairy-の新作のツインボーカル曲は素晴らしかった)。メロディ自体はけっこう良いと思うんだけど。

ジャケも3rd以降に比べるとちょっと地味かなぁ…。絵師さんは同じ人みたいだけど。
余談ですが、Ariabl'eyeSは毎作ジャケの色調が統一されているので(水色とエメラルドグリーン系)、ラスエフの再生履歴でサムネイルが並ぶとすごい綺麗なんですよねw そして、不思議なことにジャケのクオリティと内容のクオリティが比例してる気がする。つまり、ジャケも内容もロマンシア>>アルカディア>エリジウム>>カタルシスって感じw

Ariabl'eyeS「碧き幻想のエリジウム」

碧き幻想のエリジウム

これがAriabl'eyeSの初のミニアルバムとなっていますが、正直、最初聞いた時の印象は少し微妙な感じでした。
前作3rdがあまりにも良すぎたという事もあり、「やっぱりボーカル微妙だな…曲もいまいちだし」という感じのネガティブな感想を持ってしまったんですが、しかし何度も聞くうちに各曲の良さが分かってきて楽しめるようになってきましたね。いわゆるスルメ盤って感じでしょうかw

ボーカルが変わっただけでなく、若干音楽性も変わってますね。
♯2、♯3は割と直球な勇壮系のクサメタル路線になっていて、前作までの「少しゴシック寄りのシンフォロック」というイメージからちょっと変化しましたね。やはりLunaさんの声質を考慮したんでしょうか。ボーカル変わったから音楽性もそれに合わせて少し変えたのか、もしくはこの音楽性にするためにボーカル変えたのか、どっちが先かはわかんないですが。こういう本格志向なクサメタルも良いんですけど、やっぱり3rdの路線で作ったアルバムを聞いてみたかった気がしますね…。
とはいえ、この2曲も十分クオリティの高い良曲ですし、おそらく初めて聞いたのがこの作品だったら普通に高評価にしてた気もしますが。やはり3rdのせいでハードル上がってますねw

他の曲はというと、#4はジャズ調の曲で、#5は歌謡ビジュアル系っぽい曲、#6はこのサークルではおそらく唯一のバラード曲(1st聞いてないから分かんないけど)になっていて、けっこうバラエティに富んだ構成になってますね。
#4のジャズっぽい曲は正直いまいちな感じですが、#5は最初の印象は良くなかったものの、聞けば聞くほど味の増してくるメロディを持ってる曲で、なかなかのスルメ曲です。サビの出だしとかなんとなくビジュアル系っぽく聞こえるんだけど、Lunaさんの低めの声のせいなのかな。もともと同人ゴシック系はビジュアル系の影響が濃いから男性ボーカルにすればどの曲もビジュアル系に聞こえそうですけどねw
#6も締めに相応しい味わい深いバラードです。これも気に入ってますね。

という訳で、バラエティに富ませた結果ちょっと微妙な感じになってしまった#4以外は全曲良いと思うので、全体的には充実作だと思いますね。やはりArsMagnA系は安定感あります。
まあそれでも、もしRenaさんが継続して歌ってたらどうなってたんだろうか…すごい名作が出来てたんだろうか、とか想像してしまうんですよね。何度も言ってしつこいようですがw
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析