M3作品感想 (Mamyukka、木と魚)

Mamyukka 「Mamyukka Single Collection」
Mamyukka Single Collection
この作品はこのサークルさんが過去に発表したシングルや企画曲などを収録したレア音源集って感じのアルバムになってますね。
実はこのサークルさんの作品聞くのはこのアルバムが初めてなんですが、いきなり企画盤から入門したのは正しかったのかどうかw
過去作の試聴聞いた感じでは基本的にミュージカル風の物語音楽を作ってるサークルさんみたいですね。このアルバムでもミュージカル調の曲が多いんですが、前半にはいかにも企画曲っぽい電波ソング風の曲も入ってます。
実を言うとミュージカル系の曲よりその前半の電波ソングのほうが気に入ってしまいましたねw ミュージカル系の曲ってストーリーをある程度把握してアルバムの流れの中で聞いてこそ本領発揮するものだと思うので、こういう企画盤で聞くのは不向きだった気もしなくはない。
一番気に入ったのは#1の「宇宙ラヂオ」ですね。まめこさんのかわいいボーカルと電波ソング的なアレンジが楽しい曲になってます。#2のバレンタイン企画曲もエロゲ系のテンプレなセリフが楽しいw
ミュージカル曲にはゲストボーカルさんも参加してるみたいですが、まめこさんが声色を使い分けて一人何役もやってるみたいですね。アダルトな雰囲気漂う声からロリ声からショタ声まで、実に器用に使い分けてて凄いボーカルさんだと思いますw
そのうち過去作も聞いてみたいですね。

ミュージカル度:A
かわいい度:A




木と魚「星と命の森」
星と命の森

サークル名からしてずいぶん素朴なネーミングだし、森が描かれたジャケの雰囲気からもヒーリング系か民族音楽系の音を想像してたんですが、実際聞いてみたらハードなギターとドラムが前面に出たロックサウンドだったのでなかなかギャップが凄いですねw でもボーカルはイメージ通りのヒーリング系の雰囲気を醸してるのでそっちの需要にもしっかり応えてるし、決してジャケ詐欺ではないと思いますw むしろ良い意味で期待裏切ってくれる感じじゃないですかね。
ギターは基本オルタナ系の粗いギターワークですが、時折電子音楽的なアプローチも入ったりでお洒落な感じもあります。ドラムの暴れ方はけっこうメタル寄りかな。
基本ロック系の曲が多いんですが、3曲目とかエモコア的な疾走まで披露してるし一番ジャケとイメージかけ離れた曲かなw個人的には気に入ってますけどね。6曲目のどっしり重く刻まれるギターリフもたまらない。歌メロは5曲目が一番良いかな。
ヒーリング系の歌と激しめのロックサウンドのコントラストを楽しめるなかなか良い作品です。

ロック度:A
スポンサーサイト

M3から1ヶ月経過

という訳で、まだM3新譜の感想全部上げた訳じゃないんですけど、ここらでちょっと今回の新譜のまとめ的な記事上げとこうかと思います。

まず、今回の新譜で一番のお気に入り作品はどれかという話題から始めたいんですが、これはけっこう迷いますね。この前の5150の記事でも書いた通り、今回は個人的Sランク作品いっぱいあるという豊作状態だったので。
やはり最終的にはサタアラと5150の同人メタル一騎打ち(?)って事になりますかね…。どっちも同人メタルにおける最高級の評価に相応しい傑作だと思いますし。
5150の四季楽典最終章は楽曲の充実度が他を寄せ付けない圧倒的なレベルで、しかもサウンド面も完璧だと思うんですけど、若干オリジナリティが足りないと感じる部分はあるんですよね…。「あ、ここサンホラのあの曲だ」「ここドラガっぽい」「ここはXか」みたいに影響元がすぐ分かっちゃうので。
それに対しサタアラは、音質やプロダクションには同人的な拙さが目立つものの、メロスピにプログレやゲーム音楽の要素を融合するという非常に挑戦的な試みでオリジナリティを獲得しているところを評価したいですね。やはり同人音楽なんだしクオリティ面よりもそういう同人ならではの自由度を活かした作品が評価されて然るべきなんじゃないかと考えるので、個人的にはSatanic a la modeに軍配あげたいです。まあ5150も傑作である事に間違いはないんですけどね。というか、そもそも優劣つけることに意味がないかもしれませんがw

Hollow Mellowの新譜も素晴らしい作品ですね、ゴシック、メタル、プログレ、クラシック、各ジャンルの良い所取りの非常に高い音楽性を持った作品だと思います。ただ、IRUMAさんは海外でも高く評価されてるようなプロのミュージシャンみたいですし同人だけで活動してるミュージシャンと直接比較するのはフェアじゃないかもしれませんが、それを差し引いても凄い作品ですね。メジャーの音楽でもこれだけの内容の物にはあんまり出会えないと思いますし。

Gothic Marionette新作は同人サンホラフォロワーの究極とも言える内容でした。
インスト系ではDragon Spiral Musicや雪蛍が非常に気に入ってヘビロテしてましたね。どちらのサークルさんも知名度は低いと思いますが個人的には超おすすめです。
あと新譜じゃないんですけどぱっちりひつじやRitornoの旧譜もSランクの出来でしたね。そのうち記事書くつもりですが。

そんな感じで豊作のM3でした。今回が充実しすぎたせいで次回のM3が見劣りするんじゃないかと心配になるくらいw

5150 「四季楽典 最終章」

四季楽典 最終章

いやあ、これは凄い作品ですよ。試聴の段階で期待してましたけどこれほど凄いとは思いませんでした。
なんか今回のM3新譜感想ではどの作品でもずっと凄い凄いと連呼しまくってる気がしますけど実際に凄いんだから仕方ないw 個人的なSランク作品がいくつもあってまさに豊作のM3でしたね(初心者だからまだ二度目のM3だけどw)。この作品もSランク余裕って感じの凄い仕上がりになってます。

このサークルさんは東方アレンジがメインでオリジナルも平行して少しづつ発表してるみたいですが、この作品はタイトル通りそのオリジナル作品シリーズの最終章的な位置付けになってるみたいですね。
以前「シンフォニック東方」をちょこっと聞いた時はなんかしょぼいイメージしか無かったんでこの作品での進化っぷりには驚きました。これはもはや同人メタル最強クラスの音ですよね。

サウンド面での進化はもちろんの事、何より楽曲の完成度が半端ない。
失礼ながら、アレンジ作品がメインのサークルさんが作ったオリジナル作品を聞くと、ちょっと作曲能力に疑問が付くことが多かったんですが、このアルバムに関しては文句なしに曲が良いです。というか、曲が良すぎて「なんでこんな良い曲書けるのに東方アレンジやってるの…」とか思ってしまうくらいですよw 10曲もボーカル曲入ってて捨て曲がないのはけっこう驚異的(そのうち1曲はデスボイスばっかりだから除外しますが)。まあ、#6とか#8みたいにアルバムの流れに合ってない曲調の曲はあったりしますけどメロディ自体は良いですからね。凄まじい楽曲充実度です。
サウンド面やアレンジ面でも完璧な出来ですね。こっちは東方アレンジ制作で培われた物なんでしょうけども。

ボーカル面ですが、豪華なゲストボーカルが揃っており、ドラガや桜牙でお馴染みのみーやさんやLIGHTNINGの勇舞さん等、どのボーカルさんも上手い人ばっかりなんですが、何より5150さん本人のボーカルが凄く上手いことに一番驚きましたね。
前にシンフォニック東方聞いた時はヘナヘナボーカルって印象だった気がするんだけど…作品重ねる中でボーカリストとして上達したのか、あるいは音質アップしたから良く聞こえるようになっただけかもしれませんが、とにかく上手いです。SKYWINGSのボーカルを思わせるような清涼感ある伸びやかなハイトーンボーカルですね。#3で披露している両声類的な女性風ボーカルも面白いしw
そしてみーやさんの力強いハイトーンボーカルも最高です。ドラガと桜牙で聞いた時よりずっと上手く聞こえるのがちょっと不思議。Fukiさんと比較しても遜色ないレベルに聞こえる。細いボーカルの5150さんやデスボイスとの対比で声質が殊更に強調されているせいもあるかもしれませんが。

個々の楽曲についてですが、メロディ面では申し分ないのですが、ちょっと曲調がバラエティに富みすぎてコンセプトアルバム的な一貫性を欠いてる気もしますね。そして曲調が散漫なのでこのサークルさん独自の持ち味も見えづらい。どんなジャンルの曲でも書けてしまうせいで器用貧乏に陥ってるのかもしれないですが。
やはり#1、#7、#10みたいなドラガ+サンホラのメタル曲みたいなシアトリカルなシンフォメタル路線をメインで構成して欲しかったですかね。この3曲はオリジナリティは劣るものの、サウンド面やメロディ面ではそのドラガやサンホラにも肉薄するようなクオリティを持ってる凄まじい曲です。歌唱面ではやはりみーやさんの働きが大きい。この方の声が無かったらここまでの壮大なスケール感は獲得できなかったでしょう。本当に素晴らしいボーカルさんです。
5150さんボーカルの#4や#9もキャッチーで完成度高いメロディ持ってますし、#3のツインボーカルによるバラードも涙腺刺激するような泣きのメロディがめちゃくちゃ素晴らしい。

アルバム構成に多少不満はあるもののクオリティ面では圧倒的な作品になっていますね。今後もオリジナル作品に期待したいです。

楽曲充実度:S
ゲストボーカル豪華度:A
サウンドプロダクション:A
疾走度:A
シンフォニック度:A
総合お気に入り度:S

葉月ゆら 「ヴァルプルギスの夜の夢」

ヴァルプルギスの夜の夢

タイトルから某魔法少女アニメに登場する巨大魔女を連想してしまいましたが、おそらく何の関係もないと思われますw

葉月ゆらさんは言わずと知れた同人ゴシック界隈で高い人気と知名度を誇るボーカリストさんですが、実際その知名度に見合った素晴らしい歌声ですよね。
なんというか、少女漫画的なキラキラオーラが漂ってるような、実に甘美で魅力的な歌声だと思います。ゴシック系はロリ声ボーカルが主流ですけど、この方の声質はロリ度が強すぎずに個人的には最適な聞き心地の声だと感じます。これ以上ロリ度がきついとちょっと長時間聞き続けるのはしんどくなりますねw あとけっこう爽やかでベタッとしてない清涼感のある声質なんですよね。癖が少なく耳触りが良い感じ。
この方は歌唱力で勝負するタイプのボーカルさんじゃないですけど、やっぱりこの方にしか出せない持ち味があるのが強みですよね。まあ単純に歌唱力あるボーカルさんならいっぱいいますし、やはり人気の明暗分けるのはそういう持ち味があるか否かなんでしょう。

その人気ボーカリストさんが、ゴシック界隈で定評のあるメロディーメーカーである甲斐ユウさんとコラボということで、そりゃ素晴らしい作品が出来るのは当然ですよね。甲斐ユウさんの作り出す耽美でファンタジックな音が葉月ゆらさんの甘美な歌声と絶妙に合わさって至高のゴシック世界を描き出してます。
やっぱり甲斐ユウさんの作るメロディはいいですねー、Paradise EveもLand-YOUもかなりヘビロテしてましたし、ゴシック系でもかなり好きなコンポーザーさんです。

特に気に入ってる曲は#2「ヴァルプルギスの夜の夢」#3「螺旋の呪文 -incubus-」#6「Thanatos」の3曲ですね。どれも素晴らしいメロディを堪能できます。#6はコーラスもアレンジもLand-YOUまんまですねw
あとギターかっこいいですね、基本四つ打ちのダンスビートなんですがギターソロのところだけメタルっぽくなる気がするw

ゴシック度:A+
ファンタジー度:A

雪蛍 「Chronus」 「星の降る夜」

CHRONUS.jpg

「Chronus」
このミニアルバム良いですねー、5曲入りで全部インストですが全曲良いと言っても過言じゃないくらい。インストなんだけどメロディが本当に素晴らしいです。どの曲にも印象的なメロディがあって、下手すると一般的なボーカル物の同人音楽よりよっぽどメロディ優れてるかもしれない。
基本的な方向性は新作と同じですがこの作品はゲーム音楽要素が若干強く感じますね。3曲目とかまさにRPGのラスボス戦で流れそうな音楽ですしねw
同人音楽のプログレ系サークルってゲーム音楽をルーツにしてる事が多いように感じるんですが、そのおかげで本流のプログレが陥りやすいメロディ軽視の罠を回避してると思いますね。まあ基本的にゲーム音楽って打ち込み音楽ですし、「演奏重視」な音楽にはなり得ないですしね。変拍子を入れる場合も、演奏テクニックを誇示するためのフレーズではなく、純粋な変拍子愛(?)で使われてる気がしますw
1曲目と3曲目が特に聞き所ですね。前者はファンタジックでシンフォニックでちょい変拍子というこのサークルさんの持ち味を集約したような魅力的な楽曲です。後者は前述の通りボス戦の高揚感を味わえる曲ですね。FFやサガシリーズ等のスクウェア系のバトル曲が好きな人ならきっと気に入るはず。
このアルバムもジャケ良いですね、印刷しょぼいのが惜しいけどw
ゲーム音楽、ファンタジー系の同人音楽がお好きな方なら必聴の作品だと思います。

メロディ度:A+
ゲーム音楽度:A
シンフォニック度:A
ファンタジー度:A
変拍子度:A-
総合お気に入り度:A



星の降る夜2

「星の降る夜」
これは前回のM3の作品ですが、これも素晴らしいですね。基本的な方向性は前作と変わりません、聞き所となる曲が1曲目と3曲目で、しかもそれぞれ曲調も似たような方向性で3曲目がボス戦っぽい曲という点も同じw しかし同じメロディやアレンジの使い回しはなく、新鮮な魅力があるのが良いですね。あと前作より疾走感の強い曲が多いかも。3曲目は同じボス戦系の曲といっても前作がおどろおどろしい曲調だったのに対し今作のは勇壮な雰囲気ですね。

メロディ度:A
ゲーム音楽度:A
総合お気に入り度:A-

ブログ主の更新モチベーション:A+

少し感想記事の仕様変えてみました。…と言っても末尾にちょっと追加しただけですけどねw
試験的に各CDの評価をランク形式で書いてみました。とりあえず今回のM3新譜の分だけですが。
どのCDもランクがSとAばっかりですが、要するにB以下の項目は省略してあるって事ですw 低評価わざわざ書いても意味ないですし。「総合お気に入り」って項目が書いてあるCDが特に評価が高いって思って下さい。

まあ、こんな初心者ブログの評価を参考にする人なんていないでしょうし、ほとんど自己満足みたいな物ですけどねw

この手のレビュー文って、長々と書かれてても結局は書き出しの数行と最後のまとめの文くらいしか読まれてない気がしますね。ちなみにソースは自分ですw 実際、自分も悶絶メタルさんのレビューとか最後の段落しか読んでなかったりしますし。大抵は最後に評価が集約されてますしね。
「読み物」として面白いレベルのレビュー文が書ける方なら別ですけど、ほとんどの読者ってそのレビュアーが高評価付けてるのか低評価付けてるのかさえ読み取れれば満足するんじゃないかと思いますし。あとは飾りみたいなものですよね。

あ、ちなみに便宜的に「レビュアー」って語彙使いましたけど、このブログはレビューブログではなくただの初心者の感想文ですのでお間違いなきようw

雪蛍 「月夜のカーニバル」

月夜のカーニバル小

試聴段階で期待度高かったこのサークルさんの新作ですが、実を言うと新作よりも同時に買った過去作の方が気に入ってしまってそっちばっかりヘビロテしてましたw
とはいえ新作の出来が悪い訳じゃなく、単に試聴聞きすぎて飽きてしまったせいもあるかもしれませんが。過去作の記事も後で書くつもりです。

このサークルさんの音はジャンル的にはゲーム音楽の流れを汲むプログレ系音楽って事になるんですかね。ガチなプログレではなく、ゲーム音楽を介してルーツのプログレ的な要素を間接的に引き継いでるって感じでしょうか。フュージョンや民族音楽的な要素も取り込まれており音楽的素養の幅広さを感じます。
全体的に音作りは非常に丁寧で、特にリズムのアレンジにはこだわりを感じます。変拍子好きとしてもここは重要要素ですねw 複雑さはほとんど感じさせないものの、変則的リズムアレンジが絶妙なアクセントとなって各曲を盛り立てています。
ストリングス系の音が非常に綺麗なのも特筆すべき魅力ですね。まるで本物のバイオリンの演奏みたいに聞こえるほどです。同人音楽的なチープさは全く感じられないほどにどの楽器の音も良い音出ていますね。

基本インスト曲なんですが、ラストの5曲目だけはボーカル入ってますね。でもこれはオマケ的な感じに聞こえるかも。インストだけでも十分ボーカル曲に劣らない魅力のある音楽に仕上がってますし敢えてボーカル曲を入れる必要なかったようにも思えます。

あと、ジャケ良いんですよね。ファンタジックな雰囲気でジャケ買いもあり得そうなくらい素敵な絵なんですけど、しょぼいカラーコピーみたいな印刷のせいでせっかくの美麗なイラストが台無しになってるw 勿体ない…。
しかし解像度高い印刷にするとコストかかって値段上げざるを得なくなるのかもしれないし仕方ないのかもしれませんね。インスト物じゃ値段高いと売れなそうだし。

事前の記事でも書きましたが、やはり聞き所は#1「月夜のカーニバル」ですね。壮大なシンフォニックアレンジとフュージョン的な変化に富んだリズム、まさに自分の好きな要素がたっぷり内包された曲ですね。これは名曲です。
#2は美しいストリングスが映える牧歌的な曲で、#3はタイトル通り海中をイメージさせるような変拍子の効いた曲ですね。
#4はちょっと異色で、ゲーム音楽的なアプローチが前面に出ていてレトロゲーム的なサウンドがその手のリスナーにはたまらない物になってるんじゃないでしょうか。個人的にはここまでゲーム音楽寄りだとちょっと取っつきにくさを感じてしまうんだけどw
#5はまったりした民族音楽系ボーカル曲ですね。

メロディ度:A-
変拍子度:A-
ファンタジー度:A
サウンド:A

サンホラフォロワー最強のサークルとは

普通は少女病とかKrik/Krakが有名だし人気あるんだろうけど、個人的にはのん's FactoryとかRitornoを推したいと思っている同人音楽初心者です。こんにちは。

…という訳で、そのRitornoの過去作を聞いてたんですけど、このサークルさんはボイスドラマサークルにカテゴライズされているにも関わらず音楽として聞いても一級品で、むしろ音楽として売ってるサンホラフォロワー勢より凄いんじゃないかっていう、なんとも恐るべきサークルさんですねえ。サンホラ系お好きなリスナーさんなら誰もがご存知のサークルさんなんでしょうけど、自分みたいな初心者はボイスドラマだと思ってスルーしちゃうところでしたよw まさかこんな凄い音楽作ってるサークルさんだったとは思いませんでしたし。

今回のM3新作は収録時間3時間でDVDで3000円とかいう仕様でさすがに手を出しづらく購入は見送ったんですけど、もし新作がCanna CinqやZanniと同等のクオリティで3時間の超ボリュームの作品だったとしたら、とんでもない作品になっていそうですよね…。果たしてどんな感じだったのか、気になりますね。

過去作の方の感想記事もそのうち書きます。

三ツ星☆リストランテ 「そして、再び、廃墟塔」

そして、再び、廃墟塔

このサークルさん各所で評判高かったし前から気になってたんですけど、今回のM3でようやく入手して聞くことが出来ました。
失礼ながら、試聴聞いた限りでは「音悪いなぁ…」「音ペラいなぁ…」みたいな感想しか出て来なかったんですが、実際CDで聞いてみたら思ったほど音悪くないというか、ヘビロテ後の今ではこの音にすっかり慣れちゃいましたねw

さすが評判高いだけあって、確かなメロディセンスがあると思います。なるほどこのレベルならばハマる人がいるのも頷ける。捨て曲はなくどの曲にも上質なメロディが備わっていますね。
そしてちょっと意外というか、音の薄さとは裏腹にけっこうロック色の濃い曲が多いんですよね。メタル的な疾走曲もありますし、ギターリフ基調のグルーヴ感強い楽曲もあったりで、これはロック系、メタル系のリスナーにもおすすめ出来るかもしれない。まあ音がペラペラなんでサウンド重視のリスナーにはハードル高いとは思いますけど、メロディも割とメタラー好みのクサメロあるように思えますし、「音薄いなー」という第一印象で投げずに何度も聞いてみることおすすめします。いわゆるスルメ系で、聞けば聞くほど良さが滲み出てくるタイプの音楽だと思いますしね。

特に気に入っている曲は#3「まだ見ぬ理想郷」と#5「Vapory Virtue」ですね。前者はサンホラ的な複雑な展開が少し垣間見える曲で、レトロ映画のような不穏なストリングスが印象的です。インダストリアルみたいな工事音も良い雰囲気出してますね。後者はドラマチックなメロディを持つ疾走曲で後半のハイライトになっています。
全体的にサンホラのMoira辺りを彷彿させるメロディが多い気がします。音の雰囲気とは裏腹にけっこうメロディが高揚感のあるクサメロなんですよね。もちろんアレンジ的にはあっちの大仰さとは比べようがないですけどメロディ単位だとけっこう影響が伺えるかも。#3のオルゴール音が入るパートがMoiraの「奴隷市場」を想起させるせいもあるかもしれませんが。

基本的にサンホラ系物語音楽にカテゴライズされる音楽だと思うんですが、セリフトラックは別個に分けられているのでセリフ入り音楽が苦手な方にもおすすめ出来ますね。
ところで、トラック1のセリフって女性ボーカルさんが喋ってるんだと思うんですけど、この喋り方って素なのか演技なのか…。もしリアルでこういう喋りしてる女性いたらけっこうやばそうな気もしなくはないw
しかしこのバk…もといユーモラスな喋り方がけっこう中毒性高くて、毎回飛ばさずに再生してますw 「みらいみら~い」が耳に付いて離れないw 個人的にはこのユーモラスなセリフをもっとボーカル曲の合間にも入れて欲しかったなぁ。シリアスな雰囲気が台無しになるかもしれないけどw
あとラストのセリフトラックにはのん's Factoryののんさんも参加してますね。このトラックは本編とは無関係みたいですね、1stから聞いてないと理解できないっぽい。

このサークルさん多分のん's Factoryさんとも交流深かったりするんでしょうね、詳しくはよく知らないけど。
そしてどちらも物語音楽系で音のクオリティにも似通った部分ありますし、どうしても比較対象したくなってしまいますねw


メロディセンス:A
物語音楽度:A

Laralastudio 「strange haired girl」

strange haired girl

この前記事書いたレトクオリアがジャケと中身の音楽のクオリティが比例している好例ならば、このLaralastudioはその真逆で、ジャケと音楽のクオリティが見事に反比例している例ですかねw
そんな感じでこの作品、ものすごい手書き感あふれるジャケットとは裏腹に、中身の音楽の完成度は半端ないですねー。ボーカルも楽曲もサウンドも全てにメジャー級の貫禄があるんですよ。初作品とは到底思えないクオリティです。#4とかテレビで流れててもおかしくないくらいの雰囲気ありますよねw

各ボーカル曲の間にセリフトラックが挟まれているのでサンホラ系音楽かと思いきや、音自体にはアニソン系のサブカル臭は薄く、Jポップ的な普遍性を備えていると思いますね。同人音楽ってよりインディーズ音楽って感じですかね。#2とかシンフォニックアレンジ+疾走で同人音楽っぽいんですが。

収録トラックは半分がセリフトラックでボーカル曲は5曲になってますが、どの曲も非常に高い完成度で、全編に渡ってキャッチーで味わい深いメロディを堪能できます。特に#2「stray」、#7「to you」の2曲は名曲と呼ぶに相応しいメロディを持ってますね。前者の疾走感と展開の安定感は見事だし、後者は実に感動的なバラードに仕上がってます。各セリフトラックも良い雰囲気出てますし作品の魅力に貢献してると思います。
アレンジやサウンドにも同人音楽的な拙さは全然感じられません。もし欠点があるとするなら、初作品にしてこんな完璧な作品出しちゃったらもう次回作以降の伸び代が無いんじゃないかって事ですかねw あと欲を言えば同人音楽的な要素増やして欲しいかな。

しかしまあ、このジャケじゃ会場でジャケ買いとかあり得ないだろうし、あのブログさんが紹介してなかったら買うことはなかったでしょうねw やっぱり音楽ってジャケと中身に相関性ないから難しいなぁ。

ジャケとのギャップ度:A+
楽曲充実度:A
ボーカル歌唱力:A
サウンドプロダクション:A
総合お気に入り度:A

毎日五月病。「period」

period.jpg

おー、これめっちゃ良いじゃないですか。曲も良いし音も良いしアレンジも良いし、完璧な出来だと思いますよ。このシングルは1曲しか入ってないですけど、このクオリティの楽曲が揃ったミニアルバムなら確実に名作級だと思いますね。前作も買っとけば良かった…。
実はこのサークルさん前から知ってたけどCDは聞いたことなかったんですよね。で、今回の新譜の「微プログレメタル」って謳い文句に釣られて買ってみた訳ですが、正直こんなに良いとは思わなかったですよ。もっと早く聞いておくべきだった…。

このサークルさんよく少女病フォロワーって言われてたけど、少女病は正直あの豪華絢爛サウンドに親しみ感じられなかったから、同人音楽的なサウンドのこっちの方が好きかもしれないです。
あと間奏のプログレ的なアレンジのおかげで少女病と上手く差別化出来てる気がします。3分辺りから展開するプログレメタル的展開が個人的にはツボですね。「微」プログレメタルじゃなくてもっとガチな変拍子フレーズ入れてもいいんじゃないかと思いますねw
あとドラム音が非常に良いのも特筆すべき点です。スネア音は力強いけどうるさいと感じさせない丁寧なアレンジがされてると思います。ロック系、メタル系同人音楽としてはかなり理想に近い音かもしれない。
ギターも演奏、サウンド共に綺麗にまとまってますね。シンフォニックなアレンジやメロディは言うまでもなく素晴らしいし、ほとんど非の打ち所のない音になってると思います。

まあ、まだ1曲しか聞いてないのに絶賛するのは早計でしょうけど(V系コンピのDIR EN GREY風の曲は番外編だろうしw)、今後の作品が楽しみなサークルさんになりましたね。
しかし、このサークルさん、音楽とは関係ないところでちょっと心配というか、以前ツイッターでものすごい悲壮な内容のツイートが流れてきたことあったんですよねw(直接フォローはしてないけど)。せっかくこんな素晴らしい音楽作る才能ある方なんだし、そういうリアルの諸々も解決して今後も音楽活動続けて欲しいです。

疾走シンフォニックロック度:A+
プログレ度:B+
総合お気に入り度:A

レトクオリア 「Little Sign」

レトクオリア

レトクオリアの1stミニアルバムです。

Highend Colorってサークルの方とニコ動のボカロPさんが組んで作った新プロジェクトみたいですね。Highend ColorはこのCD聞いた後に昨年のM3で出たCDの試聴聞いてみたんですけどなかなか好みな感じだったんで買っとけば良かったと後悔しましたwボカロの方には疎いのでよく知らないのですが。

この作品で特筆すべきはやはりジャケットですかね、センス溢れる非常に美麗なジャケ絵で会場でも目立ってましたねー、ジャケ買いした人もけっこう多かったのではないでしょうか。pixivでもランキング入りしてましたしね。かく言う自分もジャケに惹かれて買いましたw
ジャケなんて副次的な物であって中身の音楽が大事…だとは思うのですが、やはり実際のところ同人即売会においてはジャケって重要要素ですよねw

しかし、この作品は決して見掛け倒しではなく、中身の音楽がジャケ絵のイメージとクオリティ共々に見事にシンクロしているのが素晴らしいですね。音楽とジャケ絵が相乗効果を生み出している好例だと思います。

ジャケには大自然に抱かれるように眠る少女が描かれていますが、音楽もこれと同様のイメージで、壮大なシンフォニックアレンジがまさに大自然のような抱擁感を演出し、繊細な女性ボーカルもこの少女のイメージに繋がりますね。
どの楽曲もメロディ、アレンジ共に完成度高いです。全曲良いと思うのですが、特に#1「白のサンクチュアリ」と#4「Cries Alone」が気に入ってます。#1は雄大な大自然を想像させるような奥行きのあるストリングスのアレンジが秀逸で、メロディも非常にキャッチーで実に心地良い音楽に仕上がってますね。#4はこの作品で一番リズムトラックが前面に出ている楽曲で、後半はかなりドラムが暴れてます。個人的にはこういうロック的なアプローチ好きですけど、うるさく感じる人のほうが多いんじゃないかなwもうちょっとフュージョン系の繊細なドラムアレンジならばもっと楽曲に合っていたのでは。

ジャケ美麗度:S
大自然度:A

2013春M3作品感想 (relate、ぶるーすとらいぷす)

☆relate 「夜明け前の協奏曲」

夜明け前の協奏曲

このアルバムはボーカル曲11曲入りという大ボリュームで500円という価格設定で関心持ったんですが、内容もなかなか充実してますね。
楽曲には総じて安定感があり、目立った捨て曲はほとんど無いと思います。そもそも10曲以上ボーカル曲入ってる同人CDってあんまり見かけないですし、このボリュームで楽曲クオリティもそれなりに保っているだけで凄いと思います。さすがに曲数多いので似たメロディやアレンジが重複しているという点はありますけど、そういうの気にしない人なら問題なく楽しめると思いますね。音質は悪めですが同人音楽リスナーなら全然問題ないレベルでしょう。なかなかの高品質作品です。
全体的にロック的なアップテンポの曲が多めなので、ロック系同人音楽が好きな方には特におすすめ出来ますね。前半は東方風(?)和風アレンジな曲が並び、後半にはメルヘン系アレンジの曲が多く配されてますが、個人的には後半の方が好きですかね。特に9曲目、12曲目が気に入ってます。やっぱりこういう曲調が好きみたいですw
ボーカルは7人も参加してるみたいですね。前半の和風曲歌ってるボーカルさんは上手いけど後半のボーカルさんはちょっと歌唱力不安定かも…。まあ声質合ってるし不満はあんまりないけど。

ボリューム度:A
ロック度:A



☆ぶるーすとらいぷす 「Thanks, xxx」

このサークルさんはKeyアレンジ中心で活動してるみたいですがこの作品はオリジナル作品になってます。
7曲入りでそのうち5曲ボーカル2曲インストになってますが、ボカロ曲もあったりでなかなかバラエティ豊かな作風になってますね。
2曲目が好きですね、リズミカルな演奏にウィスパー気味のボーカルが乗るお洒落なポップスです。ラストのバラード曲もなかなかの良曲です、後半のサックスソロが沁みる。初音ミク曲もけっこう良いですね。全曲ボカロだったらあんまり聞く気にはなれないけど1曲くらいならアクセントとして機能してる気がします。曲調もボカロに合ってますし。

お洒落度:A

2013春M3作品感想 (うたのは、幼蚕文庫)

☆うたのは 「冥境アナムネーシス」

例のRomariaCrusadeの件で、小鳥遊まこさんの個人サークルのうたのはの活動の方にも影響あるんじゃないかとちょっと心配してたんですが、何事もなく頒布されてたので良かったです。
RomariaCrusadeの方も過去作多かったけど、うたのはもこれが15thアルバムのようで相当早いペースでアルバム作られてるみたいですね。しかもどの作品も曲数多めでインスト曲の水増しもないですし、本当に驚異的な速度で精力的に音楽制作してらっしゃる方だと思います。
毎回多くのゲストコンポーザーを迎えてアルバム制作するスタイルみたいですが、この作品にもNanosizeMirの堀越さんやEtherのRyoさんやResoneciaの音治さん等、豪華なゲスト揃ってますね。
ジャケからも分かる通り和風な世界観を舞台にした作品のようで、収録曲も和風アレンジの物が揃っています。
個人的に気に入ってる曲は#1、#2、#4ですかね。1曲目はかなりNanosizeMirまんまな気がしますがシンフォニックなアレンジがかっこいいですね。歌詞はけっこう痛烈なネット批判になっていて、例の件にも通ずる物を感じます…たぶん偶然でしょうが。
2曲目は不穏さを醸し出すストリングスのフレーズが印象的です。ちょっと和風ホラー風味入ってる感じでしょうか。4曲目は疾走メロスピ曲ですし今作で最もメタラーの食いつきの良い1曲でしょうw
小鳥遊まこさんの歌唱は安定感抜群で、曲調による歌い分けも見事ですね。
個人的にはもう1曲くらい疾走曲が欲しかった感じですかね…。ロマリアでも疾走曲好きだったし。
うたのはも良いんですけど、コンポーザー固定のRomariaCrusadeの方がより小鳥遊さんの歌唱を活かした曲作りがなされてた気がしますし、やはり活動停止が惜しまれますね…。

ボーカル歌唱力、表現力:A+
コンポーザー豪華度:A




☆幼蚕文庫 「花の巣箱」

ここはけっこう活動歴長いサークルさんみたいで名前も知ってたんですが今回初めて買いました。
大正、昭和初期を思わせるようなレトロで和風な世界観が持ち味になっていますね。和風ゴシック(?)とでも言う感じの独特な音世界は非常に個性的で完成度も高いのですが、ボーカルさんのロリ声が好み分かれるかもしれない。歌唱力も表現力も申し分ないとは思うのですが。
こちらにもクレジットに塚越雄一朗さんの名前ありますね、なんか今回のM3のサークルチェックでは至る所で堀越さんの名前見かけた気がしますw仕事しすぎw

レトロ和風度:A

2013春M3作品感想 (Dragon Spiral Music、MintJam)

☆Dragon Spiral Music 「The Sky's the limit」

The Skys the limit

いやー、実に心地良い音楽ですねー、「癒しの変拍子」とでも呼びたくなります.
全曲インストですが、キーボードの音色がいちいちツボで、メロディもリズムも全てが心地良いです。変拍子好きの自分にとっては最高のヒーリングミュージックですよ。
このサークルさんはイベント前に記事で取り上げましたけど、実はそこまで期待してた訳じゃなくて、とりあえず同人(インディーズ)プログレってどんな感じなのか試しに聞いてみるか、くらいの気持ちで買ったんですよね。正直こんなに良いとは思いませんでしたw
やっぱりメロディが充実してるのが大きいですかね。プログレって演奏重視でメロディが疎かになりがちだと思うんですが、この作品は全曲に印象的なメロディ(というかリフ)があって何度聞いても飽きません。あと、どの曲も3分台で短くコンパクトなので聞きやすい。これはインディーズならではなのかもしれないですが。
4曲目が特に気に入ってますね、Happy The Man辺りを思わせる温かみのある明るいメロディが心地良いです。
中世期スパイ物のサントラをイメージして作ったと公式ページには書いてあるんですが、あんまり映画とか見ないものでしていまいちピンとこないかもw
このサークルさん過去作めっちゃ多いし、新譜だけでも3種もあったんですが、個人的な趣味ではこの作品が見事に当たりだったっぽい。
プログレに興味なくともキーボード系のサウンドが好きな方は一聴の価値あると思いますよ。

ガチプログレ度:A
メロディ度:A
変拍子度:A
総合お気に入り度:A



☆MintJam 「Try to be Brave」

このサークルさんはかなりの有名どころだと思うのですが、お恥ずかしながら自分初心者なのでほとんど予備知識もなく、ただ試聴聞いて良さげだったので購入しました。
テクニカルなギターとパワフルな男性ボーカルを基調としたメタル系サウンドですが、このサークルさんにしてはこういう系統の音は珍しいんですかね?その辺も全然わかってないんですけど。
ギターは文句なしに上手いですが、ボーカルの方はAmazonのレビュー覗いた感じでは賛否両論みたいですね。でもこういうパワーメタル系の音なら凄く合ってると思うんですが。
1曲目のほうはバックのアレンジがダンスビート系なのでメタラー受けは悪いかもしれませんが歌とギターはロック的な熱さを持ってるので十分楽しめます。2曲目は完全にメタルですね。なんとなくGRANRODEOっぽい感じ。

演奏の安定度:A
HR/HM度:A




今回はまとめて感想記事上げましたが、ただ文章量が少ないからまとめただけであって、作品がつまらなかったからって理由ではないですよwむしろDragon Spiral Musicはかなり気に入りましたし。

airy bird 「Robin's Story」

Robins Storyジャケ

airy birdの2013春M3発表のアルバムです。

「1st musical CD」と銘打たれている事からわかるように、全編セリフ+歌のミュージカル風味の作品になってます。というか、かなりセリフの配分が多いです。ミュージカルドラマCDサークルのRitornoと同じくらい。ほぼ半分がセリフって感じですね。サンホラ系の物語音楽を期待して聞くとセリフ長すぎて退屈に感じるかもしれない…。Ritornoと同じようにドラマCDに歌が入ってる感じだと思って聞いたほうが良いですね。

そんな感じで、音楽として繰り返し聞くにはセリフパートが邪魔臭く感じてしまうのですが、歌パートはなかなか良いんですよね。良いメロディの曲が揃ってます。せっかく良い曲なのに1コーラスしかなかったりで物足りないけど。この辺もRitornoに通ずるものがありますねw
特に#4「ミルンの森の花畑」と#9「Happy Happy Sunny Day」が素晴らしいです。このメルヘン系、遊園地系(?)の合唱が大好きですねw 前者は1コーラスしかなくて物足りないんですが、後者はセリフ無しの1曲丸々ボーカル曲になってるのでばっちり楽しめますね。#5も良い曲なんだけど歌短い…。
個人的にはこの路線でセリフ2割くらいの作品作って欲しい感じですかね。


物語音楽度:A
メルヘン度:A

Hollow Mellow 「Hollow Mellow -Tangled Knot -」

Hollow Mellow -Tangled Knot -

Hollow Mellowの2013春M3で発表のミニアルバムです。

このサークルさん、分類的にはゴシック系って事になってそうですけど、音はかなりハードで完全にメタルですね。ギターワークが粗めだからエモコア系のノリもありますが。しかも自分の大好物のプログレ要素もふんだんに取り込まれていて、個人的にはたまらない音楽性になってますねー。

試聴で#1「BAD END -白雪姫-」のシンフォニックなイントロから変拍子入ったハードエッジなリフに移行する展開を聞いただけでノックアウトされてしまいました。これはかっこよすぎる。フルで聞いたらもっとハード&プログレッシブな演奏たくさん聞けると期待してたら…そんなことはなかったwなんかリフや間奏が短すぎる気がしますねwせっかく鳥肌もののかっこよさなのにすぐ間奏終わっちゃうからだいぶ物足りないです。歌削ってもっと演奏パート聞かせて欲しかったくらい。
しかしこれは、ハードな演奏やプログレ要素はアクセント程度の要素であって、あくまでメインはゴシック要素って事なんでしょうね…。もしこのサークルさんが出し惜しみせず本気でプログレメタルな作品作ったら驚異的な物が出来上がりそうな気がします。

#2と#3はスローテンポで比較的おとなしい曲ですが、ギターは相変わらず重く、プログレメタル的なアレンジや壮大なシンフォニックなアレンジも絶妙で、どちらも聞きごたえある曲に仕上がってますね。

そして、とどめの#4「FALL AWAY -マッチ売りの少女-」。これはまじやばい。超キラーチューンですよ。サビの高揚感やべええええ!!!基本三拍子の曲なのにこんなに疾走感あふれるアレンジにしてしまうセンスに脱帽です。ドラムのアレンジが本当凄いですね。しかし、これも1曲目と同様に演奏パートが短いんですよね…ギターソロ凄いかっこいいのに…なんとも惜しい。もしこの曲にプログレメタルなインストパートが入ってたら恐るべき神曲になってた気がしますよ。このままでも十分神曲ですけど。

この作品ゲストボーカルさんが3人参加してますが、サークル主催で作詞作曲手がけるIRUMA RIOKAさんは4曲目でしか歌ってないみたいですね…全曲IRUMAさんに歌って欲しかった気が。でもこの方ご多忙でこのミニアルバムもずっと発表延期してたみたいだし、単にレコーディングの時間取れなかっただけなのかも。

ゴシック系、メタル系、プログレ系、どのタイプのリスナーにもおすすめ出来る超ハイクオリティなサウンドを備えた凄い作品ですね。特に4曲目が凄まじいのでこれだけのために買っても損はないくらい。


ゴシック度:A
シンフォニック度:A
ハード度:A
プログレ度:A
総合おすすめ度:S

Gothic Marionette 「Nadir」

Nadir.jpg

Gothic Marionetteの2013春M3発表の3rdアルバムです。

試聴の段階でかなり期待してた作品ですが、実際聞いてみたら期待通りの凄い作品でした。
このサークルさん、1年ほど新譜出てなかったみたいですが、この作品を1年間かけて作りこんでたんでしょうね…。それだけの製作期間かけたに見合った凄まじいクオリティの作品に仕上がってますね。イベント合わせで作られたような一般的な同人CDとは一線を画する、ずば抜けた完成度とボリュームを誇る作品です。
どの楽曲も練られていて捨て曲は無く、アレンジも一切の妥協無しに細部まで作りこまれており、全く隙が見当たりません。ボーカルさんも上手い人が揃っていてハイクオリティなサウンドを見事に彩っています。そして物語音楽的なコンセプトも魅力的で自ずと作品の世界観に引きこまれていきます。
ド派手で勇壮なオーケストレーションに高品質なクサメロで紡がれるエピック系物語音楽、なんかゴシック要素がほとんど見当たらないしこの作品に関しては「エピックマリオネット」って感じですよねw過去作はゴシックだったんだろうけど。
とにかく同人離れした圧倒的な作品ですね。少なくとも自分が今まで聞いた同人CDの中では最高峰のクオリティと完成度の作品だと思います。

…という感じで、とにかくクオリティ面では全てが凄まじい作品だと思うのですが、大きな欠点があります。それは、余りにも本家サンホラを忠実に「再現」しているためにオリジナリティがほとんど感じられない所ですね。普通のサンホラフォロワーならば「模倣」というレベルですがこの作品に関しては「再現」という形容が相応しいと思います。おそらく、同人音楽史上で最も本家サンホラに肉薄した作品の一つなんじゃないかと思うんですが、余りにもクオリティを高めすぎたために「再現」という領域に踏み込んでしまった感がありますね…。その結果、この作品に賛辞を送るということは即ち本家サンホラの偉大さを改めて再確認する作業に入れ替わってる感があって、なんとも皮肉ですね…。

しかし、もしこの作品を作ったサークルさんの意図が、「ありったけのサンホラ愛を表現すること」だったのならこの作品は「超高度な二次創作」として大成功だと思います。なんか否定的な書き方に受け取られるかもしれませんがこれは素直な賛辞です。というかそれくらい本家サンホラって余りにも偉大すぎるってことなんですよね…。
このサークルさん、これほどのクオリティの作品作れるならばオリジナリティ溢れる作品も余裕で作れるはずだと思うんですよ、でも敢えてこういう作品作ったのは、やっぱりサンホラへの愛がなせる業なんじゃないかと。


物語音楽度:S
ドラマチック度:A+

Eclipseed 「La Blessure ~捧ぐ華脣~」

La Blessure ~捧ぐ華脣~

Eclipseedの2013春M3発表の1stアルバムです。

M3注目の記事の方でも書きましたけど、こんなに早くアルバムが来るとは思ってなかったのでけっこう驚きました。てっきり夏コミか冬コミ辺りになるだろうと思ってたので。
個人的にかなり好きなサークルさんなので当然新作が来るのは嬉しかったんですが、同時に不安もあったんですよね。冬コミの前作のシングルから4ヶ月しか経ってないのにもうアルバムって、製作期間足りてないんじゃないの?という気がして。

そして実際聞いてみて、その不安は的中してしまった感があります。なんというか、過去曲の焼き直しみたいな聞き覚えあるメロディが多いんですよね…。特にアルバム前半。
まあ、もともと似た曲調が多いサークルさんですしこの程度は許容範囲かもしれないですけど、それでも#3とか過去曲まんますぎる気が…。うーん…。
前作2ndシングルの「凍てついた紅蓮の炎に裁きを」の収録曲は非常にメロディの完成度高かったし、まだメロディのアイディアが尽きちゃった訳じゃないと思うんですけどね。やっぱり製作期間が短くて楽曲の練り込みが足りなかったんじゃないかなぁ…とか想像してしまいますね。
人気が確立されたアーティストになると、同じようなメロディばっかりでも「○○節」とか呼ばれて安定した評価され続けることってよくあることだと思うんですが、個人的にはやっぱり同じメロディ、同じアレンジばっかりならわざわざ新作買う必要感じないんですよね…。安定したAYUTRICA~Eclipseed節に期待してるリスナーさんも多いんでしょうが、個人的には次作あたりでそろそろ冒険して新しい方向性を聞かせて欲しいなと思ってしまいます。【S】さんの高度なアレンジセンスとDTM技術をもってすればもっと凄い作品作れるんじゃないかなと思えて仕方ないので。

アルバム後半はけっこう良いんですけどね、今作随一のキラーチューンだと思う#6「猛獣達の鎮魂歌 ~Requiem for The Beasts~」の疾走感とか、このサークルさんにしか出せないかっこよさだと思うんですよ。やはりこういう曲聞くとこのサークルさんに改めて期待せざるを得ない。
単にメロディに新鮮味がないってだけで、クオリティは依然として非常に高いし、星魚有香さんの歌唱も相変わらず抜群の上手さなので、もし最初に聞いたアルバムがこれだったら「おーすごい作品だなー」って絶賛してた気がしますね。むしろメロディ似てることを気にしないリスナーさんなら最高傑作と推す人もいるかもしれない。

音のクオリティに関しては過去作と比べかなり向上してると思います。今まではギターの音が薄くて全体的に音が軽いのが欠点だったと思うんですが、その辺がかなり改善されていて今作は厚みのある迫力ある音になってる気がしますね。そして、パタパタした軽いドラム音も改善されて重みのあるしっかりしたスネア音になってるのも音の印象をかなり変えてます。まあ、これに関しては個人的にはあのパタパタしてやたら目立ってたドラムが好きだったのでちょっと物足りなくはあるんですけどねw多くのリスナーさんにとってはこっちのドラム音の方が聞き心地いいんじゃないかなと。


ボーカル歌唱力:S
ドラムのパタパタ度:A-
安定のエクリプシー度:A

家に帰って戦利品のCDリッピングして全部一通り聞き終えるまでがM3 (家に帰るまでが遠足、のノリで)

…だったとしたら、1年中がM3って人もいそうですよねw買いすぎて積みまくってる人とかw
常時イベント、終わらないイベント…。なんかホラーですねw

なんでこんなこと書いたのかというと、M3気分を長く持続させるために、買ったCDを一気にリッピングするのではなく、1日1枚づつ、ちまちまとリッピングしていくという貧乏臭い計画を考えてるんですよねw1枚づつじっくり聞き込んでいって感想記事上げたほうが効率良さそうな気もしますし。

というか、Satanic a la mode新譜が良すぎてなかなか他のを聞く気になれないってのもあるんですけどねwヘビロテから抜けられない…。早くも今年の同人CDランキング1位候補なんじゃないですかね?ミニアルバム…もといプチアルバムでこんだけ凄いんだから、本気のフルアルバム作ったらどうなってしまうんですかね…。まあフルアルバムで曲数が多くなると自ずと捨て曲入る確率も上がるからこれくらいの曲数が一番良いのかもしれないけど。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析