Land-YOU「双世アイエノリエ」

双世アイエノリエ

Land-YOUの2012春M3発表のシングルです。
先日聞いたParadise Eveがかなり気に入ったので本体のLand-YOUのほうのシングルも買ってみたんですが、このシングルって1曲目はボーカル入りだけど1分ちょいの序曲で、3曲目がインスト、その後の2曲はカラオケバージョンなんで実質まともなボーカル曲は#2の1曲だけのシングルなんですよね、ボリューム少なすぎw
ただその#2の「Librettist」は非常に強力なキラーチューンですね。一言で言えばアリプロ系のゴシック曲なんですがイントロとAメロの合間で繰り返される分厚いストリングスのリフがインパクト大です。もしこれがギターリフだったら「強力な突進力のあるリフ」とか形容していたでしょうwそれくらい強烈なグルーヴ感を持つリフですね。サビメロはリフと共通したメロディですが頭に入るコーラスが絶妙ですし小休止的な雰囲気のBメロも秀逸ですしとにかく全体的に非常に強い中毒感を持った楽曲だと思います。実際めっちゃヘビロテしましたwこれ1曲のために買って全く損なし!…と言いたいところですがやはり1曲しか入ってないシングルってのは寂しいw

とりあえずParadise Eveとこのシングル聞いて甲斐ユウさんの作曲能力とアレンジ能力の高さは十分確認できたので次のM3の時に新譜や過去作も買ってみたいですね。
スポンサーサイト

1/27

http://mmpk.web.fc2.com/2012best.htm
悶絶メタルさんの年間ベストようやく来ましたね…。更新ペースが超早いことで定評のある悶絶メタルさんですし1月頭に年間ベスト来ると予想してたんですけど意外に遅くて待ちくたびれましたw

1位のMinstreliXはほぼ予想通りですね。クサメタラーの方々はことごとく上位に挙げてる感じですし。2012年度クサメタル界の覇者ってポジションなんでしょう、といいつつまだ未聴なんですがw
3位のCeuiさんは意外ですね…アニソン系のアーティストがこんな上位に来るとは。
http://www.lantis.jp/special/ceui/labyrinthus/
「アルバム全体が物語」とか物語音楽好きやプログレ好きとしては惹かれざるを得ない謳い文句掲げてますし気になってたんですけどまだ聞いてないです。Ceuiさんはアニソンもいっぱい歌ってますけど個人的にはサンホラのMarchenの5曲目で歌ってた人ってイメージが強いですw
4位のCROSS VEINもジャパメタ界隈で話題になってるみたいですね、これも未聴なんですけど。Amazonの在庫なくなってたし人気あるみたいですねー。プレミアとか付かなければいいけど…。
5位のDIABLO SWING ORCHESTRA…カオティックな変態メタルらしいし気になってたけどこれも未聴…って未聴ばっかりじゃねーかw実はこのラインナップですでに聞いたCDが一枚もないというオチですwまあ同人と違ってメジャーの音楽はすぐ買わないと後で入手困難になるってこともないし聞きたくなった時に聞けばいいや的なスタンスですかねw

そして同人で一番上位なのが-LostFairy-っていうのもちょっと意外…。
てっきりResoneciaあたりが来るものかと思ってたけどフルアルバムは冬コミだから2013年分に入るのかな。他にも候補に上がりそうなサークルさんありそうだけどどこもシングルばっかりだから外されたんでしょうかね。
実は-LostFairy-のこのアルバムはすでに手元にあるけどまだ聞いてなかったんです。(しかも自分で買ったんじゃなくて知人からの貰い物というw)それで昨日遅ればせながらリッピングして聞いてみたんですが、なるほどこれは思ってたよりずっと良いですねー。前聞いた2ndシングルより全然良い。そのうち感想記事上げたいと思います。

Satanic a la mode「Iron Girls' Power E.P.」


Satanic a la modeさんの2012年秋M3発表のデビュー作です。
同人メロスピに新星現る!みたいな感じでM3後に同人メタル界隈で大きく話題になっていたようですし、すでに今更感あるかもしれないですがいちおう感想書こうと思います。

さすが話題になるだけあってクオリティは相当に高いですね。楽曲も演奏も音質もボーカルの歌唱力も全ての要素が平均点をはるか上回ってる感じですしデビュー作とは到底思えない完成度です。メロディの完成度はもちろんのこと、アレンジやプロダクション面でも全然隙がなくて非の打ち所がないですね。全体的に間奏や楽器ソロが長めなんですが楽曲構成が練られていてテクニカルなアレンジもあるので冗長さは全くなく、むしろ間奏が聞きどころって感じになってます。#1のインストがただの雰囲気もの序曲ではなく疾走感満点で単品で十分楽しめるガチなインストナンバーになってることにもインスト重視の方向性が顕著に現れてると思います。
随所に挿入される8bit風のピコピコ音も良い味出してますね。

一番好きな曲は#2「Sleeping Beauty」ですね。サビの後半の泣きのメロディがたまらないです。
これ以外のボーカル曲2曲も非常に完成度高く、同人メタルとしてはほぼ満点付けて良い出来なんじゃないですかね?

ただ唯一引っかかるのが、3曲目が非常に東方っぽいって点ですかね…。素晴らしい曲だとは思うんですけど、せっかくオリジナルやっててこんだけクオリティ高いもの作ってるのに同人界隈で巨大な占有率誇る東方アレンジとイメージかぶっちゃうのは勿体ないなぁ…とか感じて手放しに絶賛できない感もあるんですよね…。まあ別にこの手の和風メロディは東方の専売特許って訳でもないし何の問題もないんでしょうけどねwこんなこと気にしてるの自分だけですよねきっとwまあ初心者なんで色々無駄に気になってしまうんです。

ジャケに関しては…ずいぶん個性的というか、内容のイメージと離れてる気がするしコンセプトも不明ですけど、どこもかしこも美少女ジャケの同人界隈では逆に目立ってるのかもしれないですねwでもせっかくこれだけ素晴らしい音楽作ってるんだし次回作はもうちょっと媚びたジャケでもいいんじゃないですかねw

Paradise Eve「騎士エメラルド」

騎士エメラルド

Aliesonの久遠ゆんさんとLand-youの甲斐ユウさんのコラボレーション企画ユニットのシングル…らしいのですが、Aliesonは1枚聞いたんですけどLand-youは未聴なんですよね…そのうち聞いてみたいと思ってますが。そんな中途半端な聞き方しかないのにコラボ企画盤に手を出すのは無謀って感じもありましたが結果的にこのシングル気に入ったので買って良かったと思ってますねw気付いたらずいぶんヘビロテしてましたw
三部作の最終章らしいのですがこれしか聞いてないです。ちなみに先日の年間ランキングで見かけて気になったので買ってみましたw
Land-youは試聴聞いた感じではアリプロ系のゴシックな音って印象でしたがこの作品だとゴシック成分もあるけどかなりシンフォニックロック寄りな音ですね。ギターの音もけっこう目立ってるし。

やはり特徴的なのは随所に挿入される多重コーラスのクワイアでしょうか。その荘厳なクワイアが上質なクサメロの主旋律と絶妙に絡み合って強力なクサメロ空間を形成してます。これでもうちょっと音が厚くて疾走感もあったらクサメタラー悶絶ものなんじゃないでしょうかね?クサメタラー度の低い自分ですらこんだけ楽しめるんだから真性クサメタラーの方々にはたまらない音になってるんじゃないかと思いますね。Aliesonよりは断然こっちのほうが好きな音です。おそらくアレンジにプログレ的なフィーリングもあるから自分の好みにハマってるというのもあるんでしょうけど。
収録曲4曲とも優れた楽曲ですが特に#2と#3がメタラー向けって感じですね。どっちも名曲級です。
あとコーラスだけ造語の歌詞になってるようですがそのせいで空耳し放題って感じになってますw

多重コーラスやゴシック系のクサメロが好きな方にはおすすめです。

Asriel「Angelrhythm」

Angelrhythm.jpg

同人ゴシックの大御所的存在Asrielのメジャー2ndアルバムです。
ちなみに同人のほうの作品は全然聞いてないです…。過去作多すぎるしどのCD聞けばいいのか全然わかんないですしねw
あとこのアーティストはジャパメタのAzraelと名前が似ていてよく混同されることでも有名ですよね。(有名ではないかw)まあ完全に同名なアーティストも珍しくないしまだマシな方ですかねw

内容についての感想ですが、結論から言ってしまうとあんまり楽しめなかったです…。悪くないんだけど良くもないというか…。クオリティは高いけど面白みもないというか。なんか大手サークルにはいつも同じこと言ってる気がしますねw(これはメジャー名義ですけど)
こんな超有名どころを楽しめないということは自分は根本的に同人音楽の主流に合わないんじゃないかとも思えてきますが多分そうなんでしょうね…w自分の推してるサークルは知名度低いところばっかりですしw
Asrielはメジャーと同人だと方向性が若干違うらしいし、もしかして同人のほうなら気に入る可能性もあるかもしれないですが…。
あと大手はいっぱいCD出してるから楽曲のアイディアが尽きてる可能性も無きにしもあらずなんじゃないですかね…。1曲1曲ならけっこう良いと思えるんですけどアルバム通して聞くと似たような曲ばっかりで途中で飽きてくるっていうのはありますしね。多分自分が低評価にしてるアーティストはほとんどそれです。似たようなメロディばっかりにするくらいなら曲数絞って各曲を際立つようにして欲しいなと思ってしまいます。特に邦楽は無闇に収録曲を増やす傾向あるから良い曲だけに絞ってもらいたい…そして価格下げて欲しい。邦楽CD高すぎるw

自分メタラーなんでアップテンポでロック色の強い#1や#2を推すと思われるかもしれないですが、#4「FERRIS WHEEL」や#6「Dearest...」のようなミドルテンポのファンタジックな曲が好きだったりします。この2曲は特にメロディの完成度が高い気もしますし。この2曲ばっかり聞いてましたね。

またコメント返信的な

また個別記事でコメント返信させて頂きますw前々回の記事の補足的な内容もあるので。

Vice Principalの教頭さん、BABYMETALの新曲にアレンジで参加してたんですかー。教頭さんプロでも活動なさってたんですね、道理でVice Principalの音も同人離れしたクオリティな訳だwなんか納得ですw
BABYMETALはメタル界隈でもやたら話題になってますよねw自分も聞いてみたんですけど、確かに音は本格的だし歌も上手いとは思うんですけど、あのロリなビジュアルがちょっとキツいですかねwあとサビで入るロリ声もw
そもそもアイドルの類あんまり好きじゃないし…。三次元に限らず二次元でも興味薄です。アイマスにも惹かれるもの感じないし…。ただ今アニメやってるラブライブは部活ものっぽいノリなんでけっこう楽しめてますねー。

ちょっと話が逸れましたがw
教頭さんが以前所属してたVelforest.ってグループもメジャーデビューしてたんですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Velforest.
でもデビュー前に教頭さん脱退してるようだしこの時はまだプロに足踏み入れてなかったのかな。

なんか全然知識なしに適当に同人音楽聞いてるから、どのサークルさんがプロの仕事やってるとか全然把握してないんですよねwやけに音のクオリティ高いサークルさんの場合はプロでも仕事やってる確率が高いのかな?
正直、同人のみで活動してるサークルさんとプロでも活動してるサークルさんを並列して評価するのはフェアじゃないと思うんで出来る限り把握しておきたいとは思ってるんですけどね。普通に考えて使ってる機材とか予算にかなり差がありそうだし。
Vice Principalに関してはプロとか同人とか関係なくめっちゃ好きな音なんであんまり関係ない感じですけどねw

教頭さんの2chでやってたという「キラキラ☆メロデス学園」ってネーミングで吹いてしまうw自分も初期チルボドのキラキラした音は好きなんですけどデス声苦手なんで聞けないという軟弱メタラーであります…。それだけにメロデスサウンド+アニソンって音楽性はいいですよね。とはいいつつVice Principalで好きな曲はポップ系の曲ばっかりなんだけどw

同人CD感想

GILDIA「Valkyrie Rose」

Valkyrie Rose
GILDIAのC82(2012年夏コミ)発表のアルバムです。
先日もおすすめして頂いたサークルさんですね。活動歴もそれなりに長いし枚数も出してる有名どころのサークルさんだと思うんですが今のところこれ1枚しか聞いてないです。
ボーカルさんがこのアルバムから交替したそうですけど前任ボーカルさんの時代の作品聞いてないんで比較しようがないですねw
もともとコンポーザーのSHIKIさんはメロスピとトランスを融合させた音楽をやってたそうですけどこのアルバムでもロックビートとデジタルビートの融合といった感じになってますね。メロスピの疾走感とトランスのビートってけっこう相性良いみたいですね。
公式サイトのプロフィール見ると「ボーカルericaの腐女子脳によって…」とか書いてあるんですけどBLでもやってたんでしょうかwwジャケは全然そんな感じじゃないけどw

さてこのアルバムについての感想ですが…さすが人気サークルさんだけあってメロディは充実してますね。7曲入りで全曲ボーカル入りですが捨て曲はないと思います。#2の「空白のエピローグ」が特に好きな曲ですね。ボーカルさんも安定感ありますしプロダクションやアレンジ面にも隙は全く無いです。ただ捨て曲はないけどインパクトある突出したキラーチューンも無い印象なんですよね…。安定感はあるけど突き抜けたものもないというか…。まあこれは完全に好みの問題だと思いますけどね。リズムトラックが前面に出ていてバイオリンやオルガン等の音がちょっと引っ込んだミックスになってるのも自分の好みから離れてる理由かもしれない。
なんか自分は有名どころのサークルさんに関しては微妙な感想ばっかり述べてる気がしますが別にひねくれてる訳じゃないですwクオリティ高いと逆にいちいち語るべき要素が無くなるってこともあるかもしれないです…。

1/20

先日買ったVice Principalのミニアルバムのヘビロテ率が想定を上回っています…。すでにけっこうヘビロテしてるんだけど更にヘビロテいけそうな感じですw試聴の段階でもけっこう気に入ってたけどこんなにハマるとは思わなかったw
このサークルさんの音はメタル度とポップ度の配分がちょうど自分の好みにあってるんでしょうね、多分。メタル度:ポップ度の比率が4:6くらい?いや3:7くらいかな?
改めて振り返ってみると自分はメタラー自称してるにも関わらずあんまりストレートなメタル作品には高評価付けてない気がしてきましたw例えばクサメタル純度が非常に高いあのサークルさんとか。本当にメタラーなの?って自分でも疑わしく思えるくらいですw
「メタル+α」でそのαの部分に大きな魅力がある場合にハマることが多いのかなぁ…。そのαにプログレ要素やアニソン的なキャッチーさが来るとハマる率が高い気がします。
同人音楽に関しては確かに初心者ですが音楽全般に関しては初心者ではないはずなのに未だに自分の好みが把握できてないところありますねwもっと色々漁りたいけどあんまり金が無くて(結局そこかw)

Vice Principal「PaLadice shift」

PaLadice shift

Vice Principalさんの1stミニアルバムです。
先日コメントで教えて頂いて即Amazonで注文したけど大雪で到着が少し遅れて一昨日届いたんですがそれ以降ずっとヘビロテしてますwかなり気に入ってますね。こんな良いサークルさん教えて頂いて感謝してますw
このサークルの主催の教頭さんは昨年の秋M3のオレオレウサギさんのアルバムに参加してたし名前は覚えてたんですけど未チェックだったんですよね。というかVice Principalって和訳するとまんま教頭って意味なんですねwわかりやすいネーミングだw

音楽的な方向性はオレオレウサギとほぼ似た感じで(時系列や影響関係的には全然逆なんでしょうけどw)、キャッチーなアニソン的な歌メロをメロデスサウンドに乗っけた感じの音なんですがこっちのほうがポップ度が高いですね。ボーカルさんがギャル系(?)の歌声であることもその印象を強めてますかね。明るく可愛い感じの歌声で個人的にも好きな感じの声ですねー。

#2と#4の2曲はメタル度が高くデス声も入っていて、他の4曲は味付け程度にメタルアレンジされてはいますがほぼアニソン的なポップ曲ですね。結果的にポップな印象が上回ってます。メタラーの自分は前者の2曲を推すかと思われそうですが他のポップ路線の曲のほうが好きだったりしますwというか自分メタラーのくせにデス声苦手なんですよねwとはいえこの2曲もアクセント的にデス声が入ってる程度なんでデス声苦手な方でも普通に聞けると思いますけどね。

ボーナストラック含め収録曲6曲とも良曲だと思うんですが、特に#5「Metallical parade」が好きですかね、電波ソング的な歌い方がなんか癖になりますw間奏でジャーマンメタルみたいなクサメロが唐突に現れるんですがここのメロがまた良いんですよねw
#6の「Last Graduation」も何故ボーナストラック扱いなのか不思議なくらいの良曲です。いかにも卒業ソングって感じの間奏のストリングスがいいですねw
アレンジも実に巧みで、メタルサウンドやデジタルサウンドが上手い具合にアニソン的な歌メロと調和していて、プロダクションも良好だし完成度高い作品ですね。

http://vicep.net/?p=578
サークルさんのブログのこの記事で若干自虐的に元ネタが列挙されてたりしますけどこれも同人だから出来ることかw半分以上聞いたことないアーティストかも…。もっとメタル以外も聞かないとなw

Ether「13」

Ether 13

Etherの2011秋発表の7枚目のアルバムです。
活動歴長いサークルさんみたいですし過去作もいっぱいあるようですが今の所この1枚しか聞いてないです。
シンフォニックロック系の同人音楽ではかなりの有名どころだと思うんですが、その知名度に見合った素晴らしい音楽性だと思いますね、全編に完成度の高いメロディが満載で充実したアルバムになってます。最初に聞くならフルアルバムがいいかな?と思ってなんとなくこれ選んだけど当たりでしたねw
セリフやナレーションの類は入ってないですが物語性を前面に押し出したコンセプトアルバムになってるのでやはりサンホラ系の括りに入れるべきサークルさんなんですかね、メロディもサンホラの影響が強いように感じますし。
サンホラ好きではない一般リスナー(?)ならセリフ無しのほうが聞きやすいんでしょうけど個人的にはこういう方向性ならちょっとセリフがあったほうがもっと好きになれたかもしれないw

10曲入りですが全曲がボーカル曲で、しかも捨て曲もなく全曲に魅力的なメロディが備わっていますし、アレンジも完璧な仕上がりでまさに名作って感じですねー、おそらくこのサークルさんの代表作的な位置づけなんじゃないかな?他のアルバム聞いてないんでわかんないですけどw
ただボーカルさんの歌唱力は若干不安定さが否めないですね、そこだけが弱点って感じですがどの曲の歌メロも非常に充実してるからそんなには気にならないですかね。
自分はメタラーなんで疾走曲の#1、#5、#6、#9あたりを推すと思われるかもしれないですが、この作品に関してはバラード系の曲のほうが好きだったりしますwバラードのほうがシンフォニックなアレンジや美しいメロディが際立ってるように感じるんですよね。特に#8や#10でのシャープなストリングスのアレンジは鳥肌ものですねー。
一番好きな曲はラスト曲の「The wing I was given」ですね、物語音楽系でラストをこういう明るい曲調で締めるのって珍しい気がしますが自分はこういう希望に満ち溢れたハッピーエンドな雰囲気は大好きですw
もちろんクサメタラーが大歓喜しそうな超ドラマチックな疾走曲「ラストダンス」も素晴らしいです。

1/16

http://mmpk.web.fc2.com/Utopimania.htm
悶絶メタルさんでUtopimaniaさん絶賛されてますねえ、「死期の詩」がクサメタラーの食いつき良さげな曲だったからM3後に悶絶メタルさんのレビュー無くて意外に感じてたんですけどやっぱりM3で未チェックだったんでしょうね、それで冬コミで購入なさってこのタイミングでレビュー投下って感じなんでしょうwでも2曲目以外は疾走曲じゃないからここまで絶賛されるのはちょっと意外でしたかね。個人的にもこのシングルは気に入ってますし次回作にも期待してます。

エゾギクさんの「Reflection」も悶絶メタルさんでレビュー来ないのが不思議なレベルの疾走クサメタルの名曲だったから、やっぱりこっちも未チェックだったんでしょうねwエゾギクさんは次のM3欠席らしいしレビュー来るとしたらタイミングは更に次の秋M3ってことになるのかなぁ…。

のん's Factoryさんのレビューも来て欲しいですね、「音は薄いが確かなメロディセンスを持っておる!」って評価されそうな気がするんですけどねw
個人的にはサンホラフォロワーで最高のメロディセンスを持ってるサークルさんだと思うんですけども。

狂奏楽団「Alice Corpse」

Alice Corpse

狂奏楽団さんのフルアルバムです。
なんと全16曲という大ボリュームで、インストは4曲ありますがそれを差し引いても12曲入り、めちゃくちゃ気合の入った力作だと思います。
ただ、あまりにボリュームありすぎて途中で聴き疲れてしまうんですよね…。似たような曲調ばっかりでメロディのパターンも乏しいので曲の違いが判別できない感じですし。
まあこれは作曲能力の良し悪しとか関係なく、こんだけの曲数あったら似たようなメロディばっかりになるのは仕方ないですよね、プログレ展開のある楽曲を12曲も飽きさせずに聞かせるとかRevo神級の作曲能力が必要なんじゃないですかね?
せめて8曲くらいに絞ればもっと各曲の役割が際立った整合性のあるアルバムになったんじゃないかと思えます。1曲1曲のクオリティは低い訳じゃないんで。
せっかくの気合が裏目に出てしまってる感があって惜しいですね…。

夏コミのシングル聞いた時はプログレメタル的なイメージだったんですが、このアルバム聞いたらビジュアル系寄りのイメージのほうが強くなりましたね。特に#2のギターの音がそんな感じ。
アルバム中でわりと異色な曲調の曲のほうが個性が際立っていて印象に残ってる気がしますね。メルヘン風味のメロディが良い雰囲気を醸している#8の「Mad Tea Party」とか、男性ボーカルの語りがインパクト大の#10の「螺旋対談」とか、ジャズっぽいビートが特徴的な#11の「blAcKJQ」とか。

たぶんカオティックコアとか好きな人ならこういう路線で満足出来るんだろうけど、個人的にはサンホラ的なメロディアスな要素が強かったほうが好きになれたかもしれないです。
ボーカルさんは3人ともめっちゃ上手いし、演奏は生演奏だし、自分の好きな変拍子等の要素も含んでるんでメロディ面さえ充実すればかなり好きになれそうなサークルさんだとは思うんですけどね。

コメント返信的な

またおすすめのサークルさん教えて頂いたんで紹介させて頂きたいと思います。
このブログはご覧の通り慢性的なネタ不足に陥ってるのでおすすめ教えて頂けるのは大変有り難いですw今後も随時おすすめ受け付けておりますw

http://vicep.net/
Vice Principalさんってなんか見覚えあるなと思ったらオレオレウサギに参加してた教頭さんのサークルなんですね。1stミニアルバムの試聴聞いてみましたが、ポップなアニソン系の歌とデスメタルサウンドが融合した感じで良いですねー、こういう音は好きですねwこれは是非欲しいです。Amazonでも取り扱ってるみたいなんで早速注文しましたw(早い)

GILDIAさんは存じ上げております、同人メタルの有名どころのサークルさんですよね。先日のレビューブログさんの年間ランキングにもけっこう挙がってたし人気高いみたいですねー。実はアルバム1枚すでに手元にあるんだけどまだちゃんと聞いてなかったり…。しっかり聞きこんだ後に感想書きたいと思いますw

Fabulatore「Littera」

littera.jpg

Fabulatoreさんの6曲入りミニアルバム。
#1と#6の試聴を聞いて、男女ツインボーカルで両方とも上手いし曲もなかなか良いしこれは物語音楽の当たりかも?と思って期待して買ってみたんですが、実際聞いてみたらちょっと期待と異なりましたね…。
確かに男女ツインボーカルなんだけど女性ボーカルの比率がかなり少なめなんですよね、#1と#4でちょろっと出番あるだけで、大半はビジュアル系歌唱の男性ボーカルが歌ってます。#6「マチルダとワルツを」が唯一女性ボーカルが全編歌っててこの曲がこのミニアルバムのハイライトになってる印象ですね。民謡的メロディが素晴らしい良曲です。この女性ボーカルさんがめっちゃ上手いだけに出番の少なさだけが残念です。なんでこんなに出番少ないんだろう…ゲストボーカル的なポジションなのかな?
まあ、男性ボーカルのほうも十分上手いし、楽曲や音質も平均点は余裕でクリアしてる感じですしビジュアル系が好きな人なら普通に楽しめる作品にはなってると思います。ただ個人的に男女ツインボーカルが好きすぎるので自分の嗜好に合わなかったってだけの話ですねwクオリティ自体は高いと思います。ビジュアル系と物語音楽がお好きな方にはおすすめします。

1/13

Krik/Krakの「リプレイ月紅レコード」ずっと聞いてます。
音楽性は「アーキタイプの井戸の怪物」の延長線上で耽美的な美旋律が満載…なんですがほとんど区別のつかないレベルの似たメロディ多いのでせっかくの上質なメロディも埋没してる感も否めないですかね。まあ雰囲気に統一感持たせてるから似たメロディになってしまうのも仕方ないのかな。各曲の魅力を発見するには更なる聴き込みが必要な感じですね。
ストーリー的なことはさっぱりなんですけど雰囲気は好きですねー、少女漫画的な会話の柔らかい雰囲気が素敵です。基本バッドエンドの悲劇的物語だと思うんだけどサンホラや少女病のバッドエンドみたいな後味の悪さがなくて優しい雰囲気に包まれてる感じなのが良いですよね、この辺はやっぱり女性的感性のなせる業なのかな?
自分は考察とかの類にはあんまり関心ないタイプの人間なんで、ストーリー的なことより先にまずゲストボーカルさんのことが知りたいですねwクレジットにもAngelicaとかNetherlieseとか役名しか表記されてないし。ゲストボーカルのロリ声の人はkleioの人かな?というかそもそも繭木さんと鳥島さんの声すら把握できてないですんけどねw


さて今回もついでに(?)アニメの感想書いときますw
今期屈指の話題作の「ビビッドレッド・オペレーション」、ストライクウィッチーズの高村監督が手がけるオリジナル作品ということで期待も高かったのですが、正直期待を上回る出来だったと思いますねー。ベタだけど非常に熱い王道展開。作画クオリティめっちゃ高いし、アクションも迫力あるし、今流行り(?)の百合層の需要にもしっかり応えてるしw
ただ見せ場となる敵との戦闘なしで終了ってのは初回としては不完全燃焼だったかな、せっかくあれだけ盛り上げといてあんな中途半端なところで切るとは…。まあ十分盛り上がったから初回切りする人はいないと思いますけどね。それと変身バンクはテンポ悪くなるから初回はカットしたほうが良かったなじゃないかなw
あと個人的にはパンツがどうとか尻がどうとかは興味ないですwそんなのエロアニメ枠に任せとけばいいんだしw

1/11

ずっと欲しかったけどなかなか入手できなかったKrik/KrakのCDがようやく手に入りそうです。昨日某S屋で「リプレイ月紅レコード」を発見して即購入しましたw定期的にS屋でKrik/Krakで検索かけ続けた甲斐があったw
しかも680円という低価格でした。定価より安くなってるとか…人気サークルのはずなのにおかしくないですか?プレミア付いてても不思議じゃないのに。
もしかしたらKrik/Krakを好きになるような層の人達は既に全員CD持っていて需要が全然ないとか?まあ理由はともあれ安かったからいいんですけどねw

安かったのはいいんですけどある程度の額に達しないと送料無料にならないんで他にも同人CD合わせて買おうとしたのですが何買うかけっこう悩みまして、先日のレビューブログ様方の年間ランキングを参考にして探そうかと思ったんですが、在庫がなかったり高騰してたりでなかなか買えそうなのが見つからなくて作業は難航しましたw

複数のブログさんでベストに挙がってる凋叶棕のアルバム欲しいなと思ったんですけどS屋にはなかったし。過去作もけっこう高騰してますね…やはり人気サークルのようで。
基本的に東方は買いたくないんですがこんだけ評判良いと気になりますしねw
ぶっちゃけ東方って評価高い作品をいくつか聞いとけば十分なんじゃないかって思えますよね…。たくさん枚数聞くとそのうち同じ曲を何度も聞くはめになって「またこの曲かよ!」ってなりそうですしねw
自分はなけなしの金でCD買ってる感じですし同じ曲の別アレンジを何度も購入する余裕はないですしね。
それに苦労して楽曲作ってるオリジナル系サークルより東方系が売れてるとか…えー…みたいなネガティブな感情も少なからずある訳でして、まあこの辺は初心者ならではの発想かもしれないですがw
同人誌のほうでもオリジナルより二次創作のほうが圧倒的な訳だしこの辺は仕方ないところなんでしょうねえ。まあ個人的には同人誌の二次創作は大好きだけど音楽はオリジナルのほうがいいですねw

1/10

始まりましたね、多摩湖マーケット。多摩湖って地図で見るといびつな形してて気持ち悪いあの人造湖…ではなくw「たまこまーけっと」ですねw

京アニがけいおんスタッフを再結集して送り出すオリジナル作品ということで今期アニメで期待度トップの作品なのではないかと思いますが、正直不安感のほうが大きかったんですよね。
京アニはオリジナルに弱いって言われてたし、何より先行上映の評判で「鶏がメインの鶏アニメ」って感想が多かったですしね、あの鶏が中心で萌えアニメとか大丈夫だろうか?って不安あったんですが、蓋を開けてみれば意外に安定感あって面白かった印象ですねー。
前評判通り鶏メインのドタバタコメディだったんですがテンポめっちゃ良いし、けいおん絵の女の子キャラはめっちゃ可愛いし、初回としては十分な出来だったと思います。

が、案の定ネットでの評判は芳しくないようで、「鶏いらねー」の意見が多いみたいですねえ。まあ鶏の出番多いから必然的に女の子の出番減っちゃいますしね…萌えアニメとしてはそれはけっこう致命的な訳で。鶏はコメディ的な面白さには貢献してるけど正直このノリに合わない人多いだろうし、鶏メインでシリアス展開とか来たらまさに誰得状態になりそうですしね…。小動物メインのほのぼの系アニメと割り切って見れば良いんだろうけどこんだけ露骨なけいおん的ビジュアル見せられて萌えと切り離して考えられる人はいないでしょうしねw
やっぱ素直に女の子がひたすらキャッキャウフフする路線にしとけばヒット確実だったんだろうに…いろいろ勿体ないですね。
いちおう準主人公的ポジションに男キャラはいるけど存在感薄いし恋愛展開にはならなそうかな?もし恋愛展開になったら処女厨やら百合厨やらが騒ぎ出しそうですがw
そんな訳で、個人的にはけっこう楽しめたけど今後に不安が多いに残る初回ではありましたが期待作であることには変わらないので視聴継続していきたいと思います。


今回の記事は同人音楽全く関係なかったですねww明日は普通に感想記事上げるつもりですのでw

エゾギク「Sky Notes 」

skynotes.jpg

エゾギクさんの2012春M3発表のミニアルバムです。

エゾギクさんのCDの感想記事は秋M3シングルの時もアップしてたんですけど、あまりに雑な内容の感想だったにも関わらずサークル様から直々にコメント頂いて焦ったという事がありましたwあの記事書いたのはこのブログ開設直後でしたし訪問者とかほとんど考慮しないで適当に書いてたんですが、今回は真面目に書きたいと思いますw

このミニアルバムは5曲入りですが、全曲ボーカル入りで、ロックありゴシックありトランスありのバラエティ豊かな曲調の楽曲が収録されてるのが印象的ですね。
楽曲のクオリティは全体的に高く、捨て曲はないと思います。秋M3シングルも2曲とも良かったしやっぱり作曲能力高いサークルさんだと思いますねー。
#3のゴシック調の「Lycoris」と#5のラテン調の「Prelude」が特に好きですね。どちらもメロディもアレンジも完成度高いです。自分基本的にメタラーですけどメロディが良ければどんなジャンルであれ楽しめるタイプですw
ただ、秋M3シングルの「Reflection」のような決定打となるキラーチューンがないから若干地味な印象も否めませんね。このミニアルバムのクオリティでReflection並のキラーチューンが2曲くらい入ってたらかなり傑作になるかも?

秋M3シングルのほうは生ドラムかと思ったら実は打ち込みだとご指摘頂いたりしましたが、このミニアルバムは生演奏ですよね?CDのブックレットにもSupport Drumsのクレジットありますしw
生演奏ならではのグルーブ感によって#4のようなトランス調の楽曲でもロック的なテイストが感じられメタラーの自分でも楽しめますし、ゴシック調の#3も生演奏が明らかにプラスに働いてますね。間奏かっこいいですし。
ただ生ドラムだとReflectionみたいな疾走曲を演奏するのは難しかったかもしれないし、必ずしも生演奏の方が良かったとは言えないかな…。疾走メタルだとぶっちゃけ生ドラムでも打ち込みでも判別できないことあるし別に打ち込みでも構わないかもしれないw(世のドラマーの皆さんにすごい失礼なこと言ってるw)

出来れば次回作はReflectionみたいな疾走メタル路線を軸にバラエティ豊かな作品にして欲しいなぁ…と思いつつ今後の活動にも期待してますw

1/8

Roman so Words新譜の「紅蓮ノ華」のヘビロテ率がやばいです…冬コミ新譜の中で圧倒的な再生数になってますwなんなんでしょうこのクサメロの中毒性は。アルバム自体も普通に何度も聞いてるしこれは個別記事扱いにしても良かったかもしれないなぁ…と思いつつもやっぱり当たり障りあること書いてるからあれで良かったかなw
期待作だったRelease hallucinationのほうは試聴聞きすぎたせいであんまり再生数伸びてないですね。ただ自分の場合は必ずしも作品に対する評価とヘビロテ率は比例する訳じゃないんですよね。好きだけど聞くの勿体なくてヘビロテしないという場合も多々あるのでwサンホラ二期みたいに情報量多すぎて鑑賞に気力を消耗するタイプもヘビロテ出来ないですしね。


さて、冬コミ新譜の話題も尽きたのでそろそろ平常営業に戻りますw旧譜の感想をメインに雑談で間を埋める感じですねw
冬アニメもぼちぼち始まってるので今回はアニメの話にしますかw
今のところTLで一番盛り上がってたのはみなみけ4期ですかね…。意外なほどに実況盛り上がってて改めて人気の高さを実感しましたね。
4期は初回見た感じではとりあえず3期よりはずっと良い印象ですかねー。個人的には一般的に黒歴史扱いされてる2期より3期のほうが印象悪かったんですよね…なんか全体的に気怠い感じで。3期はとにかく怠くて見るのが苦痛なレベルでした…。
4期は背景に漫画的なカラフルな演出が入るのが特徴的ですけど、正直あの演出はあんまり効果的には思えなかったけど薄暗い雰囲気だった2期や3期と差別化する意味では成功してるかもしれないですねw
絵柄は2期に近いかな、1期の絵柄に近づけて欲しかったけどこのほうが原作には忠実なのかな?
やっぱり1期が神すぎるんですよね…。直前にMXで1期再放送やってたから余計にそう思えますねw1期改めて見たら序盤からクソ面白くて「なにこの神アニメ??」と思いましたもんw(神神うるさい)

ランキング的な何か

レビューブログ様の間では昨年の同人CD年間ベストランキングを発表する流れになってるようですね。毎年の恒例行事みたいですけど自分は初心者なんで今回初めて読んだ感じですw自分もいくつかのランキングを拝読しまして参考にさせて頂きました。

さて、うちのランキングはというと…このブログはレビューブログじゃないですしねえwこの流れに便乗するのもおこがましい感じですねw
じゃあこのブログは何なのか?っていうと…。強いて言えば「レビューブログの形式を猿真似した名状しがたき何か」って感じですかね?(なんじゃそれ)
そもそも昨年から同人音楽聞き始めたようなにわかですし、昨年買った枚数も少ないんで年間ベストとか選ぶ意味が無いんですよねww
でもとりあえず特に気に入った作品挙げるとするなら…

1位:のん's Factory「World Ecriture」
2位:PHANTAS-MAGORIA「Release hallucination」
3位:Ariabl'eyeS「片翼のロマンシア」

って感じになりますかね?
のん's Factoryさんは複数のブログさんのランキングでことごとくランクインしてる感じですし最強じゃないですかね?2012年同人音楽界の覇者?そこまで大袈裟な扱いではないかw
これで知名度上がったことで、次のM3新譜は遅れて会場に到着したらすでに完売してた、という憂き目見る可能性出てきましたね…。次のM3は早めに行かないといけませんねw
PHANTAS-MAGORIA(Release hallucination)さんはどこのランキングにも入ってないですね。個人的には希少なプログレメタル路線の同人メタルってことでいち推しなんですが。もちろん冬コミ新譜も上位ですね。
Ariabl'eyeSの3rdシングルはボーカルめっちゃ上手いし収録曲3曲ともキラーチューンという隙の無さで印象に残りました。

聞いた枚数が少ないから4位以下を決めても意味を成さない感じですが、Caprice Cafeの夏コミのアルバムとかUtopimaniaの秋M3のシングルも上位ですかね。あとClinochloreの1stも。

あと複数のランキングに挙がってる三ツ星☆リストランテさんは未聴なので次のM3では買っておきたいと思います。新譜も出るのかな?

1/6

今回は冬コミで頂いてきた無料配布CDの感想書こうかと思います。出遅れて回収できなかったところもあるから枚数は少ないんですけどねw

まずは「エミルの愛した月夜に第III幻想曲を」さんの1曲入り無料配布CDからいきましょうか、春M3発表予定の作品からの先行配布みたいなんですが、1曲丸々無料配布しちゃうってことは次回作はフルアルバムになるのかな?実はまだこのサークルさんのCD持ってないんで次は買おうかと思います。
さてこの無料配布の曲ですが、Stattlich Abmarsch収録の曲と同じくクオリティ高いですねー。この手のゴシックメタルサークルは数多いですがこのボーカルさんの声はかなり上位に入るんじゃないですかね、歌唱力も高いし声質も良いし。メロディやアレンジも完成度高いです。

次は「Re;Re」さんの3曲入り無料配布シングル。後日webでも公開予定だそうで、コミケで回収できなかった方も安心ですねw
個人的には2曲目が好きですね、ギターカッティングがめっちゃかっこいい。この曲ばっかり聞いてます。

Leichia Caroselloさんの無料配布も3曲入りですが、前作から2曲、次回作から1曲先行収録になってますね。先行収録の曲良いですね、ジャズ風味の入った演奏にロリ系の可愛らしい歌声が乗ったメルヘンチックな雰囲気の曲です。個人的にはもうちょっとロック要素やプログレ要素強いほうが好みなんだけどたまにはこういうの聞くのもアリですねw

Banana Factoryさんの無料配布も欲しかったけど出遅れたから着いた時にはもうなかったw

あと無料配布ではなく普通に購入した新譜がもう1枚ありまして、世の漆黒の新譜なんですが、なぜ個別記事にしなかったかというとボーカル曲が1曲しか入ってないんですよねこのシングル…。残りは序曲と終曲とカラオケバージョン…。これで400円ってちょっと高くありません?w
でも公式サイト見ると予定してたボーカルさんが怪我して歌えなくなって急遽代わりのボーカルさんに歌ってもらったみたいなこと書いてありますし、未完成のままリリースせざるを得ない状況だったのかもしれませんね。ジャケのほうはめっちゃ気合入った緻密なイラストなだけに尚さら内容に未完成感があります。
ただそのボーカル曲1曲は間違いなくキラーチューンですね、ドラマチックなツインリードギターが全編を彩る非常にテンション高い曲です。ここまでギター主導な曲って女性ボーカルゴシック系だと珍しいから尚さら新鮮味ありますね。とりあえず他のアルバム聞いてみたいです。


これでいちおう購入した冬コミ新譜感想は全部ですかね…めっちゃ少ないですねww

というか、同人メタラーにとって冬コミ最大の話題作であるResoneciaの新譜の感想はどうしたんだよ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は聞いてないんです…。いや実は会場で買ったんだけど開封せずにコミケ行けなかった知人にあげちゃたんですw
相互リンクのTALES OF THE PHILOSOPHERさんが感想書いてらっしゃるのでそちらへどうぞw

1/5

ブログ微妙に手直ししまして、他所のブログ様と同じようにカテゴリをサークル名にしてみました。「メタル」とか「ゴシック」とか漠然としたジャンル分けにしてると過去記事を遡りづらいんですよね…。サークル名にしておけば目当ての記事すぐ見つけられるし効率良いですよね。記事がけっこう溜まってきてからその事に気付きましたw
まあ自分初心者なんだし最初から素直に他のブログさんの猿真似しておけば良かったんですよねww

さて、冬コミ終了からまだ4日しか経ってないのにすでに3本も感想記事挙げてる訳ですが、いつもなら記事のネタ温存するために感想記事は間を空けてアップしてたんですがさすがに新譜は出来るだけ早く感想上げたいなと思って連続更新しましたw別に需要はあるとは思いませんけど自己満足ですねw

あと2枚ほど購入した冬コミ新譜あるんですけど、正直あんまりまともな感想書けそうにないんで個別記事にせず雑記のほうで簡易感想にしたいと思います。
そのうちの1枚…Roman so Wordsの新譜なんですが、#7「紅蓮ノ華」ばっかりヘビロテしてますね。中恵光城さん抜群の歌唱力だけど変に自己主張したりせず己稀さんの歌とも上手く調和してるしさすがって感じですねー。いっそのこと中恵光城さん全曲歌ってくれればいいのに…って言ったらめっちゃ怒られそうですねww
#2「 雪奈」や和風アレンジの#6「Lycoris」もけっこう好きですね。#5「月煌」で歌ってるゲストボーカルさんがドラガ5thで歌ってる人みたいな声質でこれもなかなか良い感じなんでRoman so Wordsもドラガやサンホラみたいに複数ボーカル制にすればいいんじゃないの?とか思ってしまうんですが…でも敢えてそうしないのがこのサークルさんの魅力だったりするんですかね。ボーカルころころ変えるとサークルのイメージが散漫になりますしね。人間関係的にも固定したほうがいいだろうし。あくまで同人なんだしクオリティを最優先にするのもアレなんでしょうしね…。
なんかごちゃごちゃ言ってますが例によって初心者の戯言なんでスルーしてくださいw

Stattlich Abmarsch

Stattlich Abmarschジャケ

以前も紹介しましたがヴィジュアル系、ゴシック系サークルが結集して制作されたコンピレーションCDです。12サークルがそれぞれ1曲づつ提供した計12曲が収録されていてボリューム満点の内容になっています。
まあ知名度低めのサークルが多いと思いますし(自分が無知なだけかもしれませんがw)音質や演奏はさすがに有名どころには劣ると言わざるを得ませんが、各サークル渾身の楽曲が提供されている(はず)ですし、実際に楽曲的には充実しているんでかなり聞きごたえありますねー。
こうやって多くの未知のサークルさんの音をまとめて聞けるのって良い機会だと思いますしこういう企画を他にもやって欲しいですね、クサメタルサークルのコンピレーションとかどうですかね?w

さて、せっかくこれだけ多くのサークルさんが曲提供してるんだし1曲づつ感想書いてみます。webライナーノーツ担当の悶絶メタルさんも長文で全曲レビューしてますしそれに倣う感じでw

#1のDiclofenacさんの曲はヘヴィーなギターと女性ボーカルによるキャッチーなサビメロがこのコンピの方向性を象徴してる感じで1曲目に相応しい感じですね。
#2のTrouveresさんの曲は試聴聞いた時に一番良さげに感じたんですが実際アルバム通して聞いてもこれが一番好きな曲かもしれないですね。ボーカルも曲調もマリスミゼル風の曲ですが女性ボーカルも入りサンホラ的なアプローチも感じられます。ただ女性ボーカルの出番少ないのが惜しいかも、男女ツインボーカルのミュージカルっぽいノリが好きなんでw

#3のTalenekoさんの曲はアルバム中一番明るい曲調かな、サビのバックに流れるキャッチーなリフが好き。
#4のLIAR STARさんの曲はツインリードのドラマチックなギターが印象的ですね、メタル寄りのヴィジュアル系って感じかな。
#5のNihalさんは歌謡曲風ヴィジュアル系ですね。

#6の「エミルの愛した月夜に第III幻想曲を」さんはサークル名が長すぎてインパクトあることで有名な(?)サークルさんですねw知名度的にもこのラインナップでは上のほうだと思いますけど実際に音的なクオリティも頭一つ抜けてる感じですねー。アグレッシブでゴシカルなブラックメタルサウンドにゴスロリ的ボーカルが乗ってる音で妖精帝國やデンカレのフォロワーって感じですが歌は本家より上手いかもw疾走感とキャッチーさを兼ね備えた良曲です。
#7のLa'vierge boudoirさんはM3でチェックしてたんで名前は知ってました。ポップなサビメロが印象的ですね。
#8のネクロフィリカさんも名前は知ってました。確かArsMagnAのコンピレーションにも参加してたしそっちと人脈の繋がりあるのかな。オペラティックなヴィジュアル歌唱もかっこいいしこのアルバム収録のヴィジュアル系では上位かも。

#9のCait Sith Music Studioは女性ボーカル上手いし演奏や音も安定感ある感じ。
#10の青症候群さんは音質が悪いけど音的にはなかなか面白い感じですね、語りっぽいボーカル入ったりプログレ的な変拍子アレンジがあったりであさきを思い出した。
#11のLegrand&Aliceさんは明るめのビジュアル系歌唱ですがなかなか安定感あって上手いですね。
#12は主催の毎日五月病さん、音の完成度も高くさすが主催の貫禄あると思います。前作では女性ボーカルだったみたいですが今回は男性ボーカルになってますね、DIR EN GREYばりの多様なデスボイスを披露してなかなかの迫力です。ただラストのアカペラパートは頑張りすぎだと思うw

そんな訳で全曲感想書いてみましたが案の定グダグダになってしまったけどまあいいやw
とりあえずこの手の企画に今後も期待したいですねー。

CrimsonBoots「LoveSongs」

LoveSongsジャケ

CrimsonBootsさんのC83発表の新譜です。
以前コメントで教えて頂いたサークルさんですね。こんな良いサークルさん教えて頂いて感謝してますw
音質も良いし曲も粒揃いだしボーカルも上手いし全ての要素が平均点以上にも関わらず、なんとボーカル曲4曲入りミニアルバムが300円という、価格設定が謙虚すぎますねwだがそれが良いw(価格設定を評価ポイントに入れるなんて自分くらいしかいないと思いますがww)
価格設定を抜きにしてもまじクオリティ高いんですよねー、ボーカル曲4曲ともメロディにフックがあって捨て曲ないですしボーカルさん2人とも上手いし。
#2と#4が女性ボーカルで#3と#5が男性ボーカルなんですが、女性ボーカルのほうは文句なしに上手いですねー、男性ボーカルのほうはちょっと癖のある声質なので好き嫌い分かれるかも?でもすぐ慣れると思いますけどねw
せっかく男女ボーカルいるんだしツインボーカル活かした曲もやって欲しいですねー。個人的に男女ツインボーカル曲好きなのでw

音的には疾走エモコアサウンドにキャッチーなアニソン的な歌メロが乗ってる感じで、プロダクションも良好でギターの重さもちょうどいい感じですし非常に聞きやすいです。前シングルは東方っぽいメロディ見受けられましたが今作はオリジナリティ増してる感じですね、別に東方っぽいから悪いって訳じゃないんですけどw
#2のタイトル曲が特に良曲だと思いますが他の曲も非常に安定感あります。
頒布価格は気にしない方にもまじオススメですw

Release hallucination「Dystopia」

Dystopiaジャケ

過去記事で何度も推してますが今回の冬コミの大本命だったRelease hallucinationの新譜ですね。やはり冬コミ感想記事一発目はこれにしましたw
実は試聴聞きすぎて半分聞き飽きてたくらいなんですけどねw試聴に上がってなかった間奏パートもめっちゃ素晴らしいですねー。ただ試聴聞きすぎなければもっと感動が味わえたかと思うと若干悔やまれますがw

PHANTAS-MAGORIAのボーカルemiさんとギタリストkaorinさんの別プロジェクトですが、PHANTAS-MAGORIAの2ndのヘヴィーゴシック+プログレメタル的アレンジという方向性をさらに進化させたのがこのRelease hallucinationの音楽性って感じですね。サークル名にその2ndアルバムのタイトルを冠していることからもその傾向は顕著に思えます。PHANTAS-MAGORIAのほうはまた別路線で活動続けるのかな?よくわかんないんですけど。
PHANTAS-MAGORIAの2ndは以前に感想記事書きましたが、2012年で最もヘビロテしたんじゃないかってくらい気に入ったアルバムだったので、その路線を継承し更に押し進めたこの音楽性は大歓迎ですね。
PHANTAS-MAGORIAの2ndはスローテンポのヘヴィーな曲が多かったんですがこのRelease hallucinationではアップテンポでよりアグレッシブなリフをメインに据えた楽曲が増えているのが特徴的ですね。自分はそこまで疾走感にこだわるタイプのメタラーじゃないんですけどやっぱり疾走曲は好きなんでこの変化は素直に嬉しいです。
テクニカルな変拍子パートも増えていて、Train of Thoughtあたりのドリームシアターを彷彿とさせる音になってますね、Train of Thoughtはドリームシアターのアルバムの中でもかなり好きなんでこの音がツボるのも必然でしたw

#1「Dystopia」は静かなピアノのイントロの後に早速トレードマークと言えるヘヴィーなリフとゴシカルなシンフォアレンジのコンビネーションが炸裂しこの時点で高揚感やばいですねー。そしてアグレッシブで変則的リズムのリフと共に疾走開始します。AメロもBメロも強力なリフがぐいぐいと牽引してテンションは全く途切れませんね。Bメロからサビへの繋ぎの歌メロがめっちゃかっこ良くてここで高揚感は最高潮に達します。
間奏パートはお待ちかねのプログレメタル的な複雑な展開を見せて自分大歓喜でありますw変拍子リフをバックにギター弾きまくりですねー。間奏の後半で唐突に明るいメロディに移行するのも良い。

#1終了後ほぼ間を開けずに#2「Dysmnesia」に繋がるんですがこの繋ぎがまじ最高ですねー。この曲はメインリフにも変拍子が導入されていてかなり強烈なカオス感を醸していますがこれがまじたまらん。プログレメタルに親しみない人だとなんか気持ち悪いリズムに感じるかもしれないですがうちらにはご褒美以外の何者でもないですねwぶっちゃけストレートな疾走感よりこういうカオスな疾走感のほうがノリやすいです。
間奏のギターソロもクソかっこいい。後半のサビでは叙情的なツインリードが重なりめちゃくちゃ盛り上がりますね。
#3は前2曲ほどのテンションはありませんがやはりテンポは早めでアレンジも複雑です。Bメロのアレンジが良いですね。

とにかくドリームシアターとか変拍子好きな人ならたまらない内容になってると思いますね。音をもっと厚くして欲しいとかドラムを生にして欲しいとかそういう面での要望は全くないですねー、このまま打ち込みプログレメタル路線でいってほしいと思います。アレンジはすでに現段階で高次元なレベルに達してますが次回作はこの路線を更に極めた傑作を期待したいですw

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いします。
というか昨年の終盤から始めたブログですし今年「も」というのは変かもしれないですねwむしろ「今年から」と言うべきでしょうかw
まあこんな適当極まりないブログ長続きする気がしないですけどね…そのうち飽きて放置しそうですしwとりあえず次のM3までは頑張りたい思いますw


冬コミ参加なさった方々はお疲れ様でした。昨日は割と気温高かったから楽でしたけど2日目は雨降ってたし大変そうでしたね。
自分は意識低すぎて昨日は二度寝してしまいましてかなり出遅れたせいもあり無料配布回収はあまり捗りませんでしたwというか図々しく無配だけ貰っていくのはスーパーで試食だけ食って何も買わないのと同じでなんか気が引けますねw自分のチキンさを再確認しましたw

同人クサメタラーの間ではあのサークルさんとかあのサークルさんの新譜で盛り上がってるのかもしれないですが、うちの推しは当然(?)Release Hallucinationさんですよw試聴聞き飽きるほど聞いたけど尚ヘビロテする勢いですw
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析