あくたむし 「C」 -single demo ver.-

http://www.kairaku-ongakudou.com/akutamushi/
この作品、来るべきアルバムの予告編として昨年の夏コミで頒布されたデモCDなのですが…。それからすでに1年経過しているのに結局アルバムは出ないまま…。一体いつになったら出るんでしょうねえ…。イベント合わせでアレンジ作品も出てるから肝心のあくたむしがどんどん後回しになってる感が否めないし、この調子だとあと1年…いや下手したらあと2年くらいかかるんじゃないだろうか…。

そんなアルバム出る出る詐欺?に対してもどかしい思いをしてるのも確かなんですが、でも決してそれはネガティブな印象ばかりではなく、むしろ作品の完成度を何よりも重視している姿勢には好感を持てますよね。
しょっちゅう言ってることですが、同人音楽界ってイベント毎に新譜を出すことを重視する不文律のようなものがあって、そのせいで内容が薄まってることもあるというか、別にクオリティが低くなってる訳ではないんですが作品乱発することによってパターン化に陥って新鮮味がどんどん落ちていきリスナー的に購買意欲が湧かなくなることだってあり得ますからね…。
でも、だからと言ってあくたむしレベルで待たされまくるのも正直キツいものあるんで…1年にアルバム1枚くらいのペースが一番いいのかなぁ…。まあそんなのはサークルさん側の都合次第だからリスナー側でとやかく言っても仕方がないんですけどね。

まあその話題はとりあえず置いといて。

自分があくたむしの曲をちゃんと聞いたのは実はかなり遅くて、昨年春の植木屋主催のプログレコンピ「UNA SEA」の収録曲「ざわめく遺伝子に背くように」が初でした。この曲はほんと衝撃的でしたね。先日上げた年間ベストには入れてなかったけど楽曲単体ならば昨年の同人音楽の中でも1、2を争う超キラーチューンだと思います。はっきり言って、この曲が凄すぎて他のサークルの影が薄くなってるレベルでしたからね。
この曲、カオティックコアを基調にしながらも、そこにサンホラ二期に通ずるようなドラマチックな歌メロと構成美も合わせ持っていて、しかも70年台プログレを思わせるようなマニア向けな要素も詰め込んであるという、隙の全くない最強すぎる曲ですよねえ。

この曲によって遅ればせながらハマって、その後に旧譜も買い集めていちおう現時点で発表されてるあくたむしの曲は全部聞いたはずだと思うんですが、まあ1~2曲入りのシングルばっかりで正直物足りないのですが曲はキラーチューンばかりだしやっぱり凄いですよね。
カオティックでありながらも同人音楽らしいキャッチーさを絶妙に両立させている音楽性は、やはり比較対象を挙げるとするならばSatanic a la modeになるのかなぁ。まあサタアラはかなりアニソン的なキャッチーさの比重が大きいのに対し、あくたむしは全体的にアヴァンギャルド寄りで一般リスナーにはちょっと敷居が高い感はありますけどね。正直いって自分も以前はデスボイスが苦手だったんであくたむし聞く機会を逃してたところもありますし。
まあ方向性に違いはあれど当然ながら音楽性は両方とも非常に高いですし、製作中のあくたむしのアルバムもきっとサタアラの「最強」フルアルバムに匹敵するくらいの凄いものになるんじゃないかと期待しています。

で、その来るべきアルバムの片鱗を垣間見ることが出来るのが今回紹介するデモCDな訳ですが、やはり強烈なインパクトを放つ曲が収録されていますね。
1曲目、タイトル曲の「C」は、それまでのあくたむしのキラーチューンと同様にカオティックさとキャッチーさとドラマチックさが三拍子揃った曲なんですが、出だしの部分がかなり意外性ありますね。この怪しげで宗教的な雰囲気も醸しているような多重録音の分厚い民謡コーラス…これは初っ端から圧倒されますよ。濃厚すぎる世界観ですな。その後はいつものようにカオティックコアな展開になるんですが、メインリフが意外にカオティック感が控え目かもしれない? 歌メロのドラマチックさは「天使の落下速度」と同系統だと思うんですがこの盛り上げ方ほんと上手すぎですよねえ。この溢れんばかりの高揚感と言ったら。
ぬのさんのボーカルは相変わらず凄い。女性ボーカルでこんな迫力あるデスボイスを吐き出すというだけでも驚きなんですが、クリーンボイスでも圧倒的な表現力を見せ付けていて脱帽しますし、しかも独特な世界観を補佐するアートワークまで手がけていらっしゃる訳ですよね…なんという多彩さ。こんな逸材が同人音楽という限定された界隈でしか活躍してないんだとしたら勿体ないと思うんですが…実際のところ他でも活動なさってたりするんですかね、よく知らないんですが。

2曲目は1分強の小曲で、クリーンパートも無いので印象はさほど強くはないんですが、それでも短い尺の中に多彩な展開が詰め込まれていて面白い曲だと思います。この曲でも民謡っぽいコーラス入ってますし、きっとアルバムは全体的に民謡要素が濃くなってるんでしょうな。この曲、この尺のままアルバムに収録されるのか、それともアルバムバージョンではもっと長くなっているのか、どうなるんでしょうね。

3曲目は珍しくカオティック要素のほとんど無いダークで叙情的なバラード曲で、でもメロトロンっぽい音が入ったりするからプログレ感はけっこうあるかな。この曲でも民謡コーラスが効果的に使われています。後半でデスボイスも出てくるけどカオティックな感じにはならない。
4曲目は1曲目の民謡コーラスが再び繰り返される小曲。


アルバムは8曲入りの予定らしいけど、過去のシングル曲も含めて8曲なのかな?それだとけっこう新曲は少なそうだなぁ。でも曲数が少なくてもキラーチューンだらけなら全く問題ないですし、「ざわめく遺伝子…」並の名曲が揃ったアルバム聞きたいですよね。そのためならあと2年待っても構わないですし。
でも、それまでこのブログ続いてるのかなぁ…。もちろん出来る限り継続したいと思ってるんですが。
スポンサーサイト
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析