GLUE WAVES「Zoological Garden」

2017-05-24_014649.jpg

https://gluewaves.jimdo.com/
女性ボーカルのロック曲が好きなリスナーなら必聴!のサークルGLUE WAVESの2枚目のミニアルバムです。
例によってこの後ゴチャゴチャと感想を書き綴りますけど、いちいち読むのが面倒くさい方は「女性ボーカル」で「ロック」なサークルとだけ認識しておいてください。非メタラーなリスナーならばそれで十分。

シングル含めれば5枚目の作品ですがミニアルバムとしては2枚目。このサークルのM3初参加は2014年の春だったと思うんで、3年目にしてようやく2ndミニアルバム出たということはけっこう寡作な類に入りますかね。

個人的にこのGLUE WAVESが本領を発揮し始めたのは2作目(シングルとしては1枚目)の「DECRYPTION」でして、1stミニアルバムにおける割と「ゆるい」リラックスしたムードから一転、LIGHT BRINGERを彷彿とさせるパワフルでキャッチーな歌メロ&緊張感あふれる鋭いサウンドと緻密なアレンジに衝撃を受け、それ以来自分の中で注目サークルになっていたんですよね。
そして、この「DECRYPTION」の路線でミニアルバム出せば傑作になるのは間違いないと確信してずっと待ってたんですけどリリースがシングルばかりでなかなかアルバムが来なくてもどかしい思いをしてたんですが…2年半の時を経てようやくまとまった曲数の作品が出た訳です。

自分がこのサークルに対して求めてた音楽って前述のようにLIGHT BRINGER的なパワフルかつ緻密なメタリックな音だったんですけど、しかしこのGLUE WAVESって本質的にメタルサークルという訳ではなくて、1stミニアルバムを聞けば歴然なんですけど割とバラエティに富んだポップス調~ハードロック調が中心であって、メタルを自覚的にやってるって感じは薄いんですよね。あくまでもバラエティ感の中にメタルが選択肢として存在してるというか? それくらいの比重。まあ実際そのバランス感覚って多くの同人音楽サークルに共通してるものなんですけどね。
しかし「DECRYPTION」で提示された緻密なメタル寄りな音像は、「バラエティ」の一部分で済ますには余りに勿体ない完成度だったので、メタルが本質ではないんだろうなと薄々気付いてはいたものの個人的な嗜好においてはずっとメタルに特化したアルバムを出して欲しいと期待してたんですよ。

で、ようやく完成したこの2ndミニアルバムなんですが、その内容はというと1stミニアルバムのときの「バラエティ感」は薄くなってアップテンポなロック調の曲が中心になってるという、まさに自分が期待していた方向性に近い内容。

とはいえ、今作が「メタル」と呼べるかというと…ちょっと微妙な線かな。かつてこのサークルをLIGHT BRINGER的だと感じた根拠になったと言えるパワフルな歌声を持つ本木咲黒さんがボーカル務める4曲目のキラーチューン「Savage Roar」以外はメタルっていうほど鋭い音像ではなく…せいぜいハードロックって感じかなぁ。アップテンポではあるけどメタル的なテクニカル感は乏しくて全体的には「女性ボーカルロック」作品としか言いようがない。まあ元々メタル系サークルだった訳じゃないんだから当然なんですけどね。

このサークルにLIGHT BRINGER的な方向性を求めてたこと自体が見当違いだったという結論に至らざるを得ないですが、でもやっぱり本木咲黒さんの曲には確実にありますよね、Fukiさんを彷彿とさせるオーラ。今回のミニアルバムでも4曲目の本木さん担当の曲だけ「強さ」が段違いだし、やはりメタラーとしてこの路線を期待してしまうのは致し方ないというか。見当違いだったとしても。
っていうか、もし今までの本木さん担当曲だけ編集してまとめたプレイリスト作って聞かせたらきっと皆「LIGHT BRINGERっぽい」って思いますよ。

という訳で今作は、LIGHT BRINGER好きなメタラーにおすすめ!とは言い難い内容ではありますが、もちろん女性ボーカルロック系作品としては良質な内容ですので多くの同人音楽リスナーに聞いて欲しいという点では変わりありません。

1曲目「Ignoramus」、これは過去作にもずっと参加してた「なつみ子」さんによるロックチューン。メタルじゃないけど爽やかで適度な甘みのあるこの感じが一番GLUE WAVES「らしい」と言える曲調なんじゃないかなぁ。この曲調に共鳴できる人こそがGLUE WAVESのメインターゲットなのではないかと思う。
なつみ子さんの優しい歌声と明るくキャッチーなメロの相性は抜群。オープニングを飾るに相応しい曲ですね。

2曲目「Bounty Hunter」、ボーカルの「さとゆい」っていう方は初参加かな。今までのGLUE WAVESのイメージからするとちょっと意外な感じのある癖のある声質だけど曲調としては割と標準的なロック曲かな。ドライブ感あるギターサウンドが心地良い。

3曲目「Probatio Diabolica」は再びなつみ子さん。この曲もアップテンポではあるけど四つ打ち系のビートにキラキラシンセが乗ってダンサブルな感覚があり。サビは東方アレンジ風?

4曲目「Savage Roar」は今回唯一の本木咲黒さんの担当曲にして今作随一のキラーチューン。シンフォニックで荘厳なイントロから始まり、自然な変拍子を交えたテクニカル展開とクサメタル風のキラキラシンセの乱舞、そして本木咲黒さんのパワフルなボーカルと…ほんとメタラー的に美味しい要素がてんこ盛り。個人的にこのサークルに求めてた要素が完璧に盛り込まれた大満足な1曲となっております。

5曲目「Deadbeef」もアップテンポで駆け抜けるロックチューン。ここまで全てアップテンポな曲ばっかりなんだけど単調さは全く無いですね。担当ボーカルの「さこ姫」さんは初参加だと思うけどGLUE WAVESのイメージにぴったりな明るい歌声。

6曲目「Laughing Cat」は唯一のバラード曲。アルバムの締めに最適な美しい曲に仕上がってると思いますね。ボーカルはレギュラー参加のMisaさんで安心感ある歌声。

今後もメタル中心のアルバム作ってくれることは無さそうな気がするけどロック系サークルとして十分な安定感あるので今後も期待したいですね。
ところでアルバムタイトルの「Zoological Garden」って…偶然だとは思うけどけものフレンズブームに乗っかってる? んな訳ないか。
スポンサーサイト

GLUE WAVES「backtrace」

http://gluewaves.jimdo.com/

ハイトーン&パワフルな歌声で歌唱力も申し分ない実力派の女性ボーカルとアニソン系リスナーの好みにドストライクしそうな超キャッチーな歌メロ、そして疾走感あふれるサウンドと細部まで作り込まれた緻密なアレンジ。もちろん音作りも巧みでB級感は無し。

…これだけ要素が揃っているにも関わらずいまいち知名度が伸び悩んでるのが不思議でならないこのGLUE WAVESなんですけども、まあこのサークルが本領発揮したのは2作目のシングル「DECRYPTION」で、それ以降まだアルバムは1枚も出てなかったですからね、アルバムさえ出れば今度こそ相応の人気が出るはず。
…と思って今回の春M3における1年ぶりとなる新作を期待していたのですが…今回の新作も結局3曲入りのマキシシングルでした。ぶっちゃけ肩透かし感が無かったと言うと嘘になりますけども…。
でもまあ曲数が多けりゃ良いってものでもないですからね。シングルであってもいつも通り充実な内容になってます。ボーカルもお馴染みのメンツ(本木咲黒さん、Misaさん、なつみ子さん)で安心感ありますしね。

1曲目「deallocattor」、もはや定番となっている本木咲黒さんボーカルのパワフルなロックナンバー。今回も期待に応える素晴らしい出来栄えです。楽曲をグイグイ引っ張っていくようなドライブ感あふれるリフが特に印象的ですが、このリフはメタリックというよりかはロック寄り歌謡曲やアニソンで出て来そうなノリなんでメタラー以外でも親しみやすいのではないでしょうか。シンセの使い方も相変わらず巧みで楽曲全体の整合性は非常に高いです。もちろん歌メロも安定感ありまくり。このサークルのイメージ、LIGHT BRINGERに近いメタル寄りな印象を主に担ってるのはやっぱりこのパワフルな本木咲黒さん担当曲だと思うんですが、本当に高い実力を持ったボーカリストさんだと思いますよ。もし次のアルバム出すとしたら3曲くらいボーカル担当して欲しいなぁ…。いつも1曲だけだと物足りない感じが正直ありますからね。このノリをメインに据えてアルバム作ればメタラーの心を鷲づかみ出来るはずだと思うんだけど…。

2曲目「unhandled exception」、これがちょっと変わり種な楽曲で、試聴の段階でボーカルパートだけ聞いた時にはジャズ歌謡っぽいノリかなと思ってたんですが、フルで聞いてみるとかなり印象が変わりますね。イントロとかいきなり北欧メタルみたいなクラシカルなフレーズが飛び出して度肝抜かれますからね。ジャズ歌謡とクラシカルな様式のメタルを組み合わせたみたいな異色な曲です。ボーカル担当のMisaさんの歌声がやっぱりメタルよりかはポップス寄りなんで全体的にはメタル感がさほど強い訳でもないんですが。

3曲目「exist in isolation」、これはメタル要素のない爽やかなアップテンポのポップス曲ですね。メタル的な方向性を打ち出す前の1stミニアルバムのノリに近いかな。キラキラしたシンセの音色が良いですね。高揚感あるサビメロも秀逸。
やっぱりこういう曲を聞くとGLUE WAVESの本質はメタルではなくポップス系なんだと改めて思えますね。1曲目についてもポップス系を下地にしてメタル風に仕上げてるって感じですからね。まあそれも含めてこのサークルの魅力だと思うんですが。

ジャケ絵は、高層ビル立ち並ぶ風景を見下ろす女の子のシルエット…ってコンセプト自体は前作と同じなんですが、高層ビルがSF風になってますね。相変わらずスタイリッシュで素敵な見栄えなデザインだと思います。オタクイベント的には美少女ジャケに劣るのかもしれないけど個人的には好きですね。

次回作が秋になるのか来年の春になるのかは定かではないですが…次こそはアルバム(ミニアルバム)来て欲しいなぁ。これだけポテンシャルの高いサークルが話題にならずに埋もれてるって状況はどうにも解しがたいですからね。

GLUE WAVES「Embedded」

Embedded.jpg

このGLUE WAVES、前作の記事で「LIGHT BRINGERに似てる」って書きましたけどまあLIGHT BRINGERを比較対象にするのはさすがに少し大袈裟かなぁとは思いつつも、しかし本家(?)が活動休止で不在の今、それに近い音楽性のアーティストを求めてる気持ちってのは正直ありますね。先日話題にしたOctaviagraceとか後継になり得る音楽性だと思いますが、意外に同人音楽からはこういう系統のサークル出て来ないんだよなぁ。Roman so Wordsの前作が近かったけど(というかLIGHT BRINGERのhibikiさん参加してたしね)。
まあ、キャッチーなメロディセンスだけでなく高度な演奏技術を求められる音楽性だから同人音楽とは必ずしも相性が良いとは言えないのかもしれないですが、それでも同人クオリティの範囲内でLIGHT BRINGER的な音楽性を表現するとなるとこのGLUE WAVESのメタル曲みたいな感じになるんじゃないかなぁという気はしてます。まあこのサークルがLIGHT BRINGERを意識して曲を作ってるかは定かではないですが…。というかたぶん意識してないだろうな、偶然似てるだけで。

さてこのGLUE WAVES、1stの時点での音楽性は完全にポップスの範疇で、アップテンポな曲もあることにはあったけどあくまでロック止まりという感じでメタル的な雰囲気はほぼ皆無だったんですが、2nd「DECRYPTION」では1stの作風とは打って変わって疾走感あふれる爽快なメタルナンバーが中心になっており、アレンジ面においてもプログレッシブと言ってしまいたくなるほどの緻密なアレンジが施されていてインパクト抜群、まさに「化けた」という表現が似合う作品になっていました。

そして今回の3rdですが、2ndのメタル路線を引き継いでいる…ことは確かなんですが、残念ながらというべきか、メタル曲が1曲しか入ってないんですよね。まあでもその1曲が前作以上に疾走しまくりでドラマチックな曲だからインパクトがそれほど劣る訳でもないんですけども。
1曲目の「Immediate Operand」、これが今回唯一のメタル曲ですが、疾走感が実に心地良い楽曲になってます。しかし疾走感だけで押す単調な曲ではなく細部に至るまでアレンジが緻密に詰まってるのが相変わらず素晴らしいですねえ。イントロのシンセのキラキラしたフレーズもクサすぎ。サビメロはかなりの高音になりドラマチックに盛り上がります。これはボーカル担当の本木咲黒さんの力強いハイトーンの貢献度が非常に高いと思いますね。この方かなりの逸材だと思うんですよ、サイト見た感じではどうやらアレンジ系を中心で歌ってるボーカルさんみたいで、オリジナルはあんまりやってないご様子ですが。
Fukiさんと比較するのはさすがに分が悪いかもしれないですが、みーやさん辺りのパワー系の女性ボーカルと比べても全く遜色のないレベルの歌唱力なんじゃないでしょうか。同人音楽界隈ってほんとプロ並みに上手すぎなボーカルさんいっぱい居ますよね…。
あとギターソロ後のCメロが何気に必聴の聞き所なんですよね、このパートでのベースのうねりとフュージョン的な雰囲気、単なる疾走メタル風アニソンではないことをしっかり感じさせます。この1曲だけでも買う価値あるって言えるくらい完成度高い曲ですね。

2曲目はジャズ系のお洒落感あるポップス曲。まあ個人的にあんまりジャズ系アニソン好きじゃないので実はほとんど聞いてないんですが曲自体は普通に良いと思います。
3曲目もファンク系のリズムとジャズっぽい陽気なブラスセクションが目立った非メタル曲なんですが、これはめちゃくちゃ気に入ってます。というのはサビメロが良すぎなんですよね。こういう系のサビメロに弱いんですよ…たまんないっす。ボーカルさんの透き通った歌声も曲調にぴったり合ってる。名曲ですな。

これだけクオリティ高い音楽を作ってるサークルなのに、ラスエフのリスナー数も相変わらずめちゃくちゃ少ないしほとんど話題になってない感あるのは気のせいですかね…。達者な女性ボーカル揃いだしメロディも超キャッチーだしサウンドのクオリティも相当に高いし特に奇をてらったような要素もなく同人音楽的な需要にも完全に沿ってるし、何にも足りないものなんて無い気がするんですが…。
しかしまあ、もし音楽の良さに見合った評価されてないんだとしてもサークル側が素晴らしい音楽を作ってるという事実さえあればそれだけで良いんだと思いたいところです。ただサークルさんが創作のモチベーション保てるのかという点だけが心配だけど…。
メタラーにアピールするのかポップス系リスナーにアピールするのか、どっち付かずな方向性なのがいかんのかなぁ。個人的にはメタル路線でいって欲しいんですが…でも1stの作風を聞く限りではやはりポップス系のコンポーザーさんなのかもしれないが。

GLUE WAVES「Decryption」

Decryption.jpg

LIGHT BRINGER活動休止でお嘆きのメタラーの皆さんに朗報ですよ! このサークルめっちゃLIGHT BRINGERっぽいんですよ! LIGHT BRINGERフォロワー最右翼サークルの登場か!?

…とまで言ったらさすがに言い過ぎだろうし異論もいっぱい出てくるでしょうが、でもこのキャッチーなアニソン系メロディとテクニカルでシャープな演奏の組み合わせはまさにLIGHT BRINGERと同系統だと思うんですよね。でもLIGHT BRINGERほど超絶テクニカルという訳でもないからArt Of Gradationの方が近いか…?(まあ同人音楽だしギター以外はDTMだと思うから本格的バンドと比べる方が理不尽なんですが…)

3曲収録ですが、メタルっぽいのは1曲目と2曲目だけで、3曲目は割と普通のポップスですね。でもメロディ良いから楽しめますけど。
1曲目「Duplicated Princess」はYouTubeに試聴がワンコーラス上がってますけど、試聴に入ってない間奏部分が良いんですよねえ。ちょっとレトロなオルガンっぽい音色が入っててプログレッシブ感があるんだよなぁ。LIGHT BRINGERでもオルガン入ってる疾走曲けっこうあるじゃないですか、そこにけっこう近い雰囲気を感じるんですよね。あとイントロから歌に繋ぐ部分に入るせり上がってくるようなピアノのフレーズがめちゃかっこいい。プログレッシブですよねえ。本当に細部まで技巧的なアレンジが凝らされていて密度の高い音になってますよね。こういう隙間のないギッシリ詰まったアレンジ大好きなんですよ、聞き応えありまくりです。
そりゃ超絶技巧なLIGHT BRINGERに比べたら物足りない部分もあるかもしれないですが(特にソロ部分、もうちょっとソロでプログレッシブに展開してくれてたら…)、でも今年出て来たばっかりの同人サークルでこのレベルのアレンジって凄すぎだと思いますよ。まじ有望すぎます。
そしてアレンジのみならずメロディも素晴らしい。もうこのままアニメの主題歌に出来そうなくらいのキャッチーさ。勿論ボーカルさんも上手いですしね、非の打ち所がないですよ。
2曲目「Pathological Gambler」、これも最高です。ハードロック的なキャッチーなメロディのリフが耳を惹きますが、やはり基本はJポップ、アニソン系って感じかな。メタル系特有のマニアックな雰囲気はないですね。シンコペーション多用の弾むようなドラム音が小気味良いです。このテクニカルなドラムにhibiki的な手数のベースラインが絡んだらめっちゃLIGHT BRINGERっぽくなると思うんだよなw サビでは疾走するけどメタル的な雰囲気はなく、あくまで爽やかでキャッチーですね。そしてこの曲の一番の聞き所は2番のサビ終わってギターソロに繋がる部分ですよ。このソロ出だしのフレーズかっこ良すぎるだろ…。ぶっちゃけこのフレーズだけでもこのサークルの秘めたるプログレッシブな可能性に期待してしまいますよ。

このサークルは今年の春M3が初参加だったと思うんですが、その時にもいちおうチェックしてはいたんですよね。1stの方は試聴を聞いた限りでは特に個性のないアニソン系ポップスというか、クオリティは普通に高いけど面白みは無いかなと思って購入には至らなかったんですが、今回の2ndでいきなり突然変異を遂げたかのようにテクニカル風味のメタルになってるのは驚きでしたよ。でも元々がポップスだった訳だし、今回の新作もあくまでポップスの範疇で疾走させてるだけであって、サークル側としてはメタルを作ってるつもりはないのかもしれないですけどね。
でもプログレプログレうるさい同人メタラーとしては今回の1曲目と2曲目の路線での進化を期待してしまいますよ。3曲目みたいなポップスなら他にも沢山ありますしね…。

そんな訳で、これまた期待度の高いサークルが現れましたね。この1年ほどの間に登場したサークル有望株多すぎでしょ。どのサークルもいまいち注目はされてない気がしますが、着実にオリジナル同人音楽のレベルが上がりつつありますよね。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析