FC2ブログ

Letharia「Esquiss tome 1」

2018-07-06_002538.jpg

https://letharia.com/

物語音楽+シンフォニックメタルなサークルLethariaによるミニアルバム。
春M3リリース。今回もダウンロードコード付きのリーフレットによる頒布。

4曲入りなのでいちおうミニアルバムと書きましたが、実は収録曲のうち2曲がセリフとBGMのみのトラック、あと次回作のダイジェスト曲が1曲で、まともな楽曲はたった1曲しかないのでシングルと呼んだほうが正確かもしれません…。
タイトルのEsquisseというのはフランス語で下絵、スケッチという意味らしいので要するに予告編シングルって訳ですな。「1」ってなってるからつまり2もあるってことかな…。うーんこれは熱心なファン以外は本編作品を待ったほうがいいかもしれん。

まあボリュームは少ないんですけど中身は高品質ですよ。
前作「ニェートチカ」で、以前とは比べ物にならないほどにクオリティ上げてメタラーの鑑賞にもがっつり耐えうるレベルの本格的シンフォニックメタルを披露していたことに驚かされた訳ですが、今作でもその路線を完全に引き継いだハイクオリティな出来栄え。ボーカル、アレンジ、サウンド、どれもが同人音楽として最高級。物語音楽に興味ないメタラーにも余裕でおすすめ出来るレベル。(もちろんサンホラ系のセリフに耐性あるメタラー向けですが)

ってか、今回はなんとドラムが生演奏になってるらしい。これはびっくり。
まあ正直言うと同人音楽においてドラムを生にすることのメリットってほとんど無くて、むしろ中途半端な腕前のドラムだとアマチュア臭が増すし制作費や収録時間も増大するしでデメリットのほうが多いんじゃないかと思ってるくらいなんですけど、でも今作のドラムはというと…かなり上手い。打ち込みと比べても全く遜色ない正確なプレイ。主催の方がドラムもやってるみたいだけどこんだけ叩けるのはまじすげえと思う。でもパッと聞いただけじゃ打ち込みか生か分かんないのであんまりメリットも無い感じかなぁ…。

まあとにかく、物語音楽としての魅力とシンフォニックメタルとしての品質、その双方を最大限に実現している凄いサークルだと思いますよ。
でも前作はボリューム不足によるぶつ切り感が玉にキズな感じだったから次は時間をかけて完成度高い物を作って欲しいところですが。
スポンサーサイト

Tsurugi「Omni Horizon」

2018-07-06_003147.jpg

https://hiainotsurugi.booth.pm/items/886777

同人音楽界における「爽やかロック」の第一人者、Tsurugiさんによる初のフルアルバム。今年の春M3リリースです。

今までTsurugiさんを紹介する際には決まって「爽やか」という形容を使ってきましたが、当然ながら爽やかロックだけを作ってる訳じゃなく壮大なオーケストレーションの曲や民族音楽曲や静かなピアノ曲も作ってらっしゃる訳ですが、今回はフルアルバムということもあってそれら全てが詰め込まれているバラエティ豊かな内容となっています。まさに集大成的な作品かと。

ただ、バラエティ豊かではあるんですけど、賑やかだったりカラフルな印象ではなく、モノクロなジャケ写真に象徴されるように感情抑えめで落ち着いた作風であるように感じます。なんせ「孤独」がテーマっていうくらいですからね。
でも決して暗い雰囲気じゃないんですよ。いつも通りの爽やかさもキープされてますので従来のTsurugiさんの音楽が好きだった人も安心して聞けるはず。

実は今回は「戦闘曲」と呼べるような勢いのある爽やかロック曲は6曲目と10曲目くらいしかないんですが、今作はフルアルバムということもあるしこれくらいの配分でもバランスは良い気がしますね。それに、後述しますけど10曲目が強力ですからね。
3曲目、9曲目あたりのミドルテンポの爽やか曲がかなり良い味を出してて作品全体を支えてる感じ。5曲目、7曲目でのEDM要素やアンビエント寄りの8曲目も良いアクセントになってるし、民族音楽風味の2曲目や激しいオーケストラ曲の4曲目などはRPGサントラとして聞くには打って付けの作風。

今回のハイライトはやはりラスト10曲目のタイトル曲「Omni Horizon」で、なんと初の生ギターをフィーチャーした楽曲。界隈でも有名なイラストレーター兼ギタリストのInstantさんによる鬼カッコいいギターソロが入ることによって、今まで唯一の弱点だった打ち込みギターの音色の弱さも解消されて完璧な楽曲に仕上がっています。もちろん凄いのはInstantさんのギターソロだけじゃなく、民族音楽要素やEDM要素まで盛り込んであってほんと聞き所ありすぎな曲。
それにしてもInstantさん、あれだけ可愛いイラストも描けてこんなにギターも上手いなんて反則ですよね…才能という物は決して平等には分配されてないという好例…。

入門用の作品としてはやっぱ2nd EP「Higher than the Sky」が依然として最適であると思いますが、その次にこのバラエティ豊かで盛り沢山な内容のフルアルバムを聞いてみると丁度いいかもしれませんね。爽やか戦闘曲ではなくゲーム音楽サントラ系を求めてる人には今作が一番おすすめ出来るかな。

Deep in Fantasia「邪聖行進曲」

2018-07-06_003242.jpg

https://deep-in-fantasia.booth.pm/

3連続更新。
ここんとこ更新ペース落ちてたんでここらで巻き返しておこうかと思いましてね…。秋M3までに溜まってる分を出来るだけ書いておきたい。

それはさておき、この超カッコいいドラゴンのジャケご覧ください。
これはきっと内容もオブファイア的な本格的シンフォニックメタルに違いないと思ってメタラーなら買っちゃいますよね。
このサークルはほんとジャケだけは毎回全力で、そこはイラストが重視される同人音楽というジャンルをしっかり理解してて素晴らしいとは思うのですが、でもやっぱ肝心の中身のクオリティもそろそろ上げて欲しいものですけどね…。

まあ音のクオリティは相変わらずチープなんだけど、曲が良いのがこのサークルの長所でして、今回もその長所はキープしてます。収録曲2曲ともキャッチーなメロと勇壮でドラマチックな展開を兼ね備えてる良曲。

そして今作で最も特筆すべきポイントはゲストボーカルでして、なんと(界隈のごく一部で)伝説的な物語音楽サークル「のん's Factory」の綾間テルヨシさんが1曲目で歌ってます。
このブログにも度々書いてるんですけど、個人的に綾間テルヨシさんの歌声大好きなんですよね。歌唱力すごいって訳でもなく声質も実に素朴だし派手さなんて無いんだけど、でもこの方しか出せない良さってのがあるんですよねえ。「同人音楽らしい」魅力を持つ男性ボーカルという点ではこの人の右に出る者はいないと思ってる。分かる人には分かると思うんだけど…。
今作のゲスト歌唱でものん's Factory時代を思わせる素晴らしい歌声を聞かせてくれます。これはもう次にアルバム出す際にも是非綾間さんに歌って頂きたいと思ってしまう。

2曲目のほうは主催の石田金時さん自身のボーカル。Aメロとか相変わらず危なっかしい歌唱で不安をそそりますがサビのハイトーンは割と様になっててそこそこカッコいいんですよね。まあそれでもゲストボーカルの曲に比べると見劣りするのは仕方ないですが…。

廻転楕円体「奈落の虹」

2018-08-17_023311.jpg


https://kaitendaentai.booth.pm/items/893399

このアルバムは昨年リリースだったんですけどイベントで完売してたもんで入手がだいぶ遅くなってしまいました。界隈での人気や注目度はかなり高いと思われ。

このボカロP…いやCeVIO使ってるから正確にはボカロPじゃないのか?分からん。まあとにかくそのCeVIOの「ONE」の歌声とブレイクコアを組み合わせた音楽性が特徴となってます。あとペストマスクによるコスプレ?がインパクト大。
なんか一度音楽活動の休止を宣言してグッズ制作に専念するみたいな話もあったんですけど今は音楽活動も再開してるっぽいですね。

さて、自分はブレイクコアというジャンルには全くもって疎いんですけど、切り刻まれた複雑なリズムを擁するという点ではDjentにかなり近いものがあると感じており、実際ブレイクコアとDjentを組み合わせたアーティストも存在しますからジャンル的には親戚みたいなもんかな?とは思いつつも、やっぱロックとエレクトロ系だと全く音作りが違うんですよね。
この廻転楕円体、音楽性っていうかコンセプト自体はとても興味をそそる物だったんですけど、普段ロック系ばかり聞いてる人間にとってはこのブレイクコア特有の耳に突き刺さり脳天を揺さぶるような激烈なサウンドが障壁になったと言わざるを得ない。デスメタルとは全く別ベクトルのうるささ。

とはいえ何度も聞いてれば慣れてきますし、改めてこの廻転楕円体の音楽性、「ONE」の歌い上げる美しくて無垢な童謡系メロディ+破壊的なブレイクビーツの組み合わせが生み出すギャップ感に魅了されますね。儚げなメロディと暴力的なバッキングの組み合わせという意味ではポストブラックに通ずるものもある?

全12曲のフルアルバムで、収録曲は2曲目、5曲目、7曲目あたりを筆頭に本当に美しいメロディの曲ばかり。美メロ好きなリスナーにも大いにおすすめ出来る。
まあ自分のようにブレイクコア聞き慣れてないリスナーだとそのメロディの良さを感じ取れるようになるまで少し時間かかるかもしれないですが…。

グッズ制作を中心にやってるだけあってアートワークも非常に凝ってまして、総合的な芸術度の高い作品だと思う。

Mixing within the Brain「waftage」

2018-07-27_040035.jpg

https://mwtbrain.booth.pm/items/854228

このトゲトゲ&モジャモジャなロゴのジャケを見れば分かる通り、デスボがギャーギャーうるさい系のメタル(メタルコア/デスコア)なサークル

なんですが、確かに1曲目はイメージ通りゴリゴリヘヴィなデスコアなんですけど、3曲目と4曲目でV系な耽美クリーンボーカルが入り実はDIR EN GREY系であることが判明します。
このV系ボーカル、ちょっとヘナヘナ気味で不安定感はあるもののハイトーンパートが意外なほどにカッコいいし、割とクサメタラーにも対応してるかもしれない?

自分はV系好きって訳じゃないんだけど、中途半端にデスボオンリーの曲とV系曲を混在させるくらいならもっとV系の比重を高めたほうがいいような気もする。もうちょい歌唱力が向上したらかなり良い感じになりそうだしポテンシャル高いボーカルだと思うので。

という訳でV系メタル好きなリスナーはチェックしておいたほうがいいサークルかもしれません。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析