FC2ブログ

KalmeRi「アラタヒラクノハ」

2019-11-20_050021.jpg

https://enikaitashiro.booth.pm/items/1633225

既存の有名サークルや定番サークルだけでは飽き足らずに「何か良いサークルないかなぁ」と未知のサークルをDIGる気持ちが十分にあって結果的にこんな謎のブログにまで流れ着いてしまったにも関わらず何故かこの「KalmeRi」をスルーしてる方々がとても多いように見受けられますが、まじこのサークルは聞かなきゃ絶対に損なレベルですぜ?
そもそもこのブログ的に全作品をオススメできるサークルって片手で数えられるくらいの数しかないんですが、このKalmeRiはその数少ない「全部推せる」サークルのうちの1つなんです。実際に全作品の感想記事も書いてますしね。メジャー級のオーラがある人気サークルであっても1枚アルバム聞いただけで「もういいや…」ってなるくらい飽き性な自分が全作品を聞いても全て高評価してるのって凄い珍しいことなんですよ。まじで。

まあ一聴してすぐ分かるタイプの良さじゃないからスルーされてるのかもしれないですが…。一聴してすぐ分かる良さとはすなわち「全体的なクオリティ」と「パッと聞きの雰囲気の良さ」、主にこの2要素でしょう。クオリティがそのジャンルにおける一定基準に達しているか否か、そして雰囲気が自分の感性に合っているか否か、それをごく短時間で判断して取捨選択しているリスナーが大半のはず。
ストリーミングの隆盛により聞く音楽の選択肢が無限に近くなっている現在、一発で良さが分からない音楽ってのはぶっちゃけ評価されるのが非常に厳しいとは思うんですけど、それでも何度も聞くことで良さが分かるタイプの音楽も存在してるのは確かなんですよ。このKalmeRiに限らずうちで推してるようなサークルってのは「一口で美味しさが分かる」感じじゃないからな…。いわゆるスルメ系ともちょっと違うんだよなぁ…同人音楽における「何度も聞いて分かる」系のサークルは。

そんな感じで「ちゃんと聞けば絶対良さが分かるはず」でなおかつ「全作品推せる」KalmeRiなんですが、その各作品の魅力を分かりやすく漢字一文字で表現してみるってのを唐突に思い付きました。早速やってみますね。
1stミニアルバムの「Verda」は…「尖」?「渋」? Lightningspreeさんの自由奔放すぎるギターワークによって他の同系統の同人ロックとは一線を画する尖り方をしている前半2曲、そして後半2曲のピアノバラードも一聴すると地味なようでいてメロディの良さが半端ないという何気に「尖った」曲。全曲が強い。1作目にしていきなり良さの宝庫。

2nd「BE MY BRAVE」は…「幻」? ファンタジー系だから? うーんありきたりすぎて無意味かな…。でも内容はゲーム音楽というありがちなコンセプトでありながらも完成度がめちゃくちゃ高い必聴の楽曲が収録されてます。特に後半2曲。

3rd「急転直下アメアラレ」、これは「捻」かな。各曲のアレンジも全体的な曲調の幅広さも歌詞のセンスも全てが捻くれてる。現状で最もこのKalmeRiというサークルの独自性が出てるのがこの作品かなって感じはします。当然ながら全曲強い。

4th「星の遠吠え」は「美」。とにかくメロディもアレンジも歌唱も全てが「美」。言うまでもなく全曲強い。こんだけ強く美しい作品が何故に評価されないのかさっぱり分からん。そりゃ聞いてない人が多すぎるのと、あと聞いたとしても1周程度しか聞いてない人ばっかりなのが理由だろうなぁ。

そして、1年ぶりの待望の新作となった本題である最新作「アラタヒラクノハ」ですよ! この最新作を漢字一文字で表すとしたらですねえ、うーん…なんだろう…「普」…? 「凡」…? いやいやいやいや…それは余りに酷すぎるでしょう。まあ普通に考えたら「和」…でしょうねえ。和風コンセプトの作品なので。
っていうか、非常に個人的な偏見で申し訳ないんですが和風コンセプトって割とテンプレにハマりがちなコンセプトっていうか? 自由度が低めっていうか? 良くも悪くもお行儀が良くて型にハマった作品が量産されるイメージあるんですよねえ…いや偏見なのは分かってますけどね。「和」というテーマ自体が持つ色が強すぎてそれを越える独自色を主張しづらいってのもあるのかもしれない。だから同人も一般も問わず和をテーマにした作品は少し避け気味なところはあったりする訳なんですが。
で今作「アラタヒラクノハ」も和コンセプトなのでいつものKalmeRiに比べると若干独自色が控えめかなぁって気もしなくはない。なので「普通」…。いや全然良い内容なんですけどね。むしろかなり良い。普通だけどかなり良い。「和」をちょっと避け気味な自分がかなり良いと思うくらいだからそんだけ良いって事なんすよ。うん。

で、そんな自由度の低い?コンセプトだからこそいつも以上に楽曲センスやアレンジセンス、ボーカリストやギタリストの個性が試されてくるものだと考える訳なんですが、まさにそれらが際立ってるっていうか、特に先日も書いた通りボーカリストの狩太郎さんの替え難い魅力が立証されたと思うんです。一聴すると割と「普通」なんだけどそれでも間違いなくKalmeRiの独自性を感じる、やっぱその決定打となってるのが狩太郎さんの歌声なんですよ。
それを先日は「ブランド力」と言い表しましたが…ぶっちゃけプロの歌手でもこの「ブランド力」を持つ人ってそれほど多くはないと思うんですよね。すっっっげえ歌唱力が高い。めっっっちゃくちゃ上手い。…けど別にこの人じゃなくてもいいんじゃね? 他の上手い人が歌っててもいいんじゃね? 同じ程度の歌唱力で同じ系統であれば他の歌声でも成立するんじゃね? みたいな現象はメジャーでも普通によくあると思う。
じゃあ替えが効かない歌声とは何かといえば、分かりやすく極端な例を挙げれば大槻ケンヂさんですよね。大槻ケンヂさんって歌唱力が高いって訳じゃないけど絶対あの声の替わりを出来る人間は存在しないじゃないですか。唯一無二。まあ流石に大槻さんは極端すぎますけど…替えが効かないっていう特性が上手い下手を超越した価値を持つことは分かって頂けるかと。

で本題である狩太郎さん。絶対この歌声は他にはない…って言い切れるほどに凄まじい個性がある訳じゃないけど、少なくとも決してありきたりな歌声ではない。めっちゃ壁サー級/プロ級の歌唱力って訳じゃないけど単純な歌唱力だけで測れない「オーラ」っていうか…なんとも言えない情感っていうか優しさっていうか包容力っていうか? それがめっちゃ発揮される瞬間がある歌声なんですよ。常に最強って訳じゃないけど瞬間的な輝きが凄くて心に刺さってくる感じ? 特にピアノバラード曲でその魅力が最大限に発揮される気がします。今作で言えば5曲目「オミナエシ」ですね。前作でいうと「描線」、あれは神曲すぎますね。KalmeRiで一番の神曲でしょう。狩太郎さんの歌声の替え難い魅力もレマノルドさんのメロディセンスとアレンジセンスの卓越っぷりも全てが詰まってる神曲。KalmeRiの良さが分からないって人はあの曲を10回くらい聞きましょう。それでも分からなかったらもういいですスルーしてください。

さて今作は6曲入り、KalmeRiの現状の作品では最大の収録曲数なのですが、でも1年ぶりの新作だったので8曲くらいのフルアルバムを望んでなかったといえば嘘になる…。けどレマノルドさんはKalmeRiと並行してボカロ作品もリリースしていてお月さま交響曲などにもコンスタントに曲提供してる訳ですから…それを考慮すればむしろ6曲でも頑張りすぎなくらい。ってか界隈的にはお月さま交響曲への期待度のほうが断然高いだろうし…KalmeRiの優先度が低くなってしまっても仕方ないよね…うん…。それにKalmeRiは最悪ボカロセルフカバーっていう手も残されてると思うし…。

1曲目「散りぬるを」、一発目に相応しい勢いのあるロックナンバー。これは「普通」…? いやいやめっちゃ良い曲でしょ。十分に名曲ですね。これが「普通」だったら界隈に転がってる「普通」の曲達の立場はどうなる?ってくらいには名曲ですよね。レマノルドさんによる絶妙な作曲術に加えて前述の狩太郎さんの替えの効かない歌声によってKalmeRiでしか聞けない音楽がここにある。
曲名からしてラスト6曲目の「散らざる花」と対になってる感じだし曲調も近いのでセットで扱いたくなる。けどこの「散りぬるを」がキャッチーなメロ全開で素直に明るい曲調なのに対し「散らざる花」のほうは若干ダークで歌詞もちょっと怖い? 深読みすると結構ホラーな歌詞かもしれない。
「散らざる花」のほうは「和」の度合いが濃いこともあって最初は平凡に聞こえた感もあったんだけどやっぱこっちもドラマチックで素晴らしい曲ですね。ってか試聴に無かったCメロが絶妙。あそこでガラリと曲調が変わって終盤に加速していく感じが実に良き。
両曲ともlightningspreeさんによる「自由奔放すぎる」ギタープレイも聞き所。試聴で聞いたときは「散らざる花」のイントロのギターが単調に聞こえたものだけどそれはlightningspreeさんが「お行儀のいい」ギターが苦手ってことでしょうか? ギターソロになると水を得た魚のように自由すぎるプレイを聞かせてくれます。

2曲目「匂へども」と4曲目「凍てついた花」は和風バラードセットかな。いや「匂へども」は直球な和風曲だけど「凍てついた」のほうはそうでもないか。前述のように和風に対する個人的な偏見のため「匂へども」は割と「普通」に聞こえてしまうのですが実際はメロディの完成度はかなり高い。和風が好きな人ならこの曲が一番刺さるんじゃないかな。透明感あるコーラスもめっちゃ綺麗。
「凍てついた花」もドラマ性の高い曲展開が素敵。過去のKalmeRiのバラード名曲に比べると一歩譲る感もあるけど普通に完成度高い曲。

で5曲目のピアノバラード「オミナエシ」、これが一番KalmeRiらしさあるっていうか個人的にも一番気に入ってますね。狩太郎さんがピアノバラード歌うときに発される何とも言えない「優しさ」成分、これに気付いてしまうと中毒性を発揮すること請け合い。

3曲目「毒蜘蛛」は今作では異端っていうか、「アメアラレ」のときに顕著だった「ゲスい」サイドのKalmeRiですね。lightningspreeさんによる渋いハードロック的リフと予測不能な言語センスで翻弄する言葉遊びに満ちた歌詞がこれまたKalmeRiらしさ。

という訳で「普通」とはいいつつも界隈の「普通」の基準は余裕で越える聞き応えの内容の本作なのですが、でもやっぱ初めてKalmeRi聞くのなら「アメアラレ」か「星の遠吠え」がオススメ。これは変わらない。
スポンサーサイト



Extended-stay Records(capchii)「Everywhere」

2019-07-25_041535.jpg

https://capchii.booth.pm/items/668477

えーとこのCD買ったのいつだっけ…確か昨年春だったかな?と思って確認してみたらリリース2017秋だった。そんなに長く放置してたのか。これは1stアルバムなんですがとっくに2ndアルバムも出てるんですよね。そっちは買ってないのですが…。

ちなみにジャンル的にはメタルでもなくロックですらないエレクトロニカ系。まあどう考えても同人音楽の主流はこのジャンルだと思いますけどね。我々は観測範囲にHEAVY METALやV系大好き人間がやたらと多いから忘れがちなんですが実はこの世界でHEAVY METALやV系聞いてる人間なんてものすごくレアな存在なんですよね。まあいいんですけど。

大半がインスト曲だけどボカロ曲も2曲だけ入ってる。いわゆるフューチャーベース系サウンドだと思うんですが細かいジャンル分けはよく分かりません。たぶん色んなサブジャンルの曲が入ってる。とにかくキラキラなシンセをフィーチャーした爽やかな甘みのkawaii系ミュージックであることは確か。
EDMとか普段あんま聞いてない自分ですけどフューチャーベースは何だか惹かれるものがあるんですよねえ。そしてフューチャーベースの場合は歌モノよりインストのほうが魅力的に感じる傾向がある。
このサークルの主催のcapchiiさんは音ゲーやアイドルへの曲提供の実績もあるようでクオリティも当然ながら高い。サウンドの質だけでなくメロディの良さも際立ってる。

なんと15曲も収録されてる大ボリュームなアルバム。前述のボカロ曲(2曲目と9曲目)も浮遊感メロディ&ダンサブルなサウンドでとても印象深い曲なんですが、インスト曲のほうも良曲が多くて3、4、8曲目あたりが特に気に入ってます。

Risingfall「Cry For The Steel」

2019-07-11_043432.jpg

https://risingfall.bandcamp.com/album/cry-for-the-steel

なんとなくこのブログの方針としてインターネット上にすでにレビュー的なものや一定以上の感想ツイートが存在してるサークルは後回しっていう傾向はぶっちゃけあるんですけど、それはですね、例えば良さげなサークル見つけて他の人の感想が見たくてGoogleやらTwitterで検索したら1件も引っかからなかったら「は???なんで???」ってなるじゃないですか、虚無じゃないですか。だからその1件を早めに残しておきたいって気持ちもあるんですよね。
もちろん「覇権」サークルの場合は別枠なんですけど覇権サークルの感想って自ずと長々しくなってしまうし書くのにエネルギーと時間が必要だから後回しってのも無いとは言えない…。

でこの「Risingfall」っていうサークルっていうかインディーバンドはレビューが普通に存在する側なんで後回しにしてたんですけど、まあ前回の記事で名前を出しちゃったのに単独記事が無いのもアレだし、何より「BURRN!読者に通用する」の話題にもちょうどいいのでこの機会に書いとこうと思い立った次第です。なんていうか同人音楽っぽい要素なんて最初から皆無だし断然BURRN!層向けな音楽性ですからね、このRisingfallは。

かなり前からCrimdollのスペースを間借りしてM3に間接的参加してたからずっと存在は認識してたけど果たして同人メタル扱いしていいのかは決めかねていたものの最近は自前でスペース取るようになってきたからもはや同人メタルのカテゴリに入れても全く問題はないでしょうかね。もちろん相変わらず同人音楽らしさは無いけど。

このバンドの音楽性は一言でいえば80年代メタルってことになるでしょうけど、3rd EPである今作は同じ80年代とは言っても80年代後半な感じ? 1st EPの「Prologue」のときは音質も演奏も80年代初期のNWOBHM的な恐ろしくマニアックすぎる音だったのが今作では割と一般メタラーも楽しめそうな洗練された王道パワーメタルになってる。かなり聞きやすくなったけど筋金入りのマニアだったら1st EPのほうが良かったって言うのかなぁ。分からんけど。まあ洗練されたって言っても今作も古いタイプのメタルであることに変わりはないですけどね。
演奏もボーカルも共にBURRN!層に通用するレベルになってる気がする。サウンドプロダクションはまだ多少B級っぽさが残ってる感じだけど。
特にボーカルのハイトーンはかなりパワフルで熱量高いし、よっぽど洋楽至上主義なメタラーでもない限りはBURRN!読者でも納得しそう?
英語詞だから海外メタル志向なのは違いないけど初期ANTHEMとか初期Xっぽさも感じるかなぁ。

あとこのサークルはやたらジャケが気合入ってるんですよね。EPなのにいつも中世の絵画のような美麗ジャケを用意していて凄い。

それとこのCDは洋楽メタルのディスクガイドが付属してまして、メンバーの方々による作品レビューがけっこう細かくびっしり書かれてる。マニアックなバンド多めで半分以上分からない…。

黒々~くろぐろ~「平成と令和の間」

2019-06-18_040542.jpg

https://twitter.com/kuro_guro_961/status/1122294532798697474

こんなタイトルなんですけどこのサークルの音は平成でも令和でもなくぶっちゃけ昭和です。めっちゃ80年代スラッシュメタル~パワーメタルな音。界隈には「Risingfall」っていう同じく思いっきり80年代志向なメタルサークル(バンド)がいることを考えれば実はそれほど異色ではないのかもしれない。
こういうタイプの音がこの界隈で需要があるとは思えないけど需要など関係なしにやりたい放題やったほうが同人らしい気もするんで。

この「黒々」っていうサークル、先日のM3で初めて認識したんですけどサークルスペースには旧譜もいくつか置かれてたんで実は何度か過去に参加してたっぽい? 全然知らなかった…。申し訳ない。

ちなみにこのサークルけっこう「本格派」です。音質かなり悪いんで一聴した印象だと低クオリティに感じるかもしれないけど、何気にギターリフは鋭く重厚なガチサウンドだし何よりギターソロが尺長めで展開多めで速弾きしまくりのテクニカルっぷりで聞き応えありまくり。演奏力かなり高いと思う。こんな隠れた本格サークルがいたのかと驚き。
ボーカルのミックスが奥に引っ込みすぎなのが気になるけどまあスラッシュメタル的な叫びボーカル主体なんで聞こえなくても大した問題はないかな。でもボーカル全然下手じゃなくてけっこう良い味出してると思う。そして歌詞がコミカルなんでSEX MACHINEGUNSに通ずる雰囲気があるかも。

5曲入りEPなんですが1、2、4曲目がスラッシュメタルで、3、5曲目がパワーメタル寄りな楽曲。パワーメタル寄りな曲は初期ANTHEMっぽさもあるかなぁ。どの曲もギターリフ&ギターソロが充実していて聞き応えあり。特に4曲目が良い感じですね。

という訳で全く同人音楽らしい要素はないですが80年代メタルやSEX MACHINEGUNSとか好きな人なら一聴の価値のあるサークルです。もっと音質が良ければBURRN!読者にも通用する可能性も? まあ例の新人ライターさんがこういう古めかしいメタル好きとは思えないんでアレですが。

Lenoria「Unplugged」

2019-06-18_040651.jpg

https://true2skr.wixsite.com/lenoria

先日「エモい」の定義論争が勃発して話題になってましたが自分も「エモい」の意味はよく分かんないですねえ…なんとなくポストハードコアとかスクリーモでありがちなメロディがエモいなのかなぁって漠然と捉えてる程度で。EMOとか分からんけどとりあえず発端の記事でも挙がってたMaeの「The Everglow」は好きです。ジャンルとか関係なく曲が良すぎるので。やっぱハードコアだろうがメタルだろうがメロディの良さが最重要なんですよねえ。

今回紹介する「Lenoria」ってサークルもいわゆる「エモい」系だと思います多分。端的に言えば女性ボーカルをフィーチャーしたラウド系サークルなんですがデスボは無いのでとても同人音楽的で聞きやすい音楽性ではないかと。
先日紹介した「WAILING ARIES」に比べると特にテクニカルな要素とかあったりする訳ではなく割とストレートなポストハードコア/スクリーモなサウンド。けど公式サイトの「影響を受けたアーティスト」の一覧にPeripheryの名があるから多少Djentも意識してるのかな? ギターサウンドの音圧はかなりいい線いってると思うし同人ラウド系リスナーなら余裕で満足できるであろうレベルのクオリティを持ち合わせてます。
女性ボーカルはアニメ声っていうほどオタク感がある訳ではなく…良くも悪くも飾り気のない素朴な歌声って感じかなぁ。派手さはないけど癖がなく手堅い感じ。アニメ声じゃないから一般リスナーも聞きやすい?

3曲入りのEPでおそらくこれが初音源だと思われ。3曲とも同人音楽らしいキャッチーなメロディを備えている爽やかでエモい佳曲揃い。キャッチーなだけでなく2曲目ではアグレッシブな疾走もあったりします。

とりあえず同人ラウド系が好きな人なら確実に楽しめるであろうクオリティはあるので一聴の価値はあると思います。ストリーミングにもあるらしいので聞いてみてください。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析