REJECTION「RESISTANCE」

2017-05-03_033319.jpg

https://twitter.com/rejectionjp
同人メタルの未来を切り拓くのはこのサークルしかいない!と改めて確信しました。様々なジャンルを貪欲に吸収し進化を続け、現在の同人メタルシーンの最先端を突き進むREJECTIONの最新作でございます。

全ての同人音楽リスナー必聴の傑作デビューアルバム「COSMOS」からたったの半年で再びそれに匹敵する傑作が生み出されたことには驚愕せざるを得ないですね。短い制作期間にも関わらず、メロディ、アレンジ、収録曲数、どの点においても一切の妥協の無い完璧な作品に仕上がっているというだけでも恐るべき事なんですが、それだけでなくてですね、サウンドプロダクションや音楽性そのものまで前作より明らかに進歩してるんですよ。信じられますか? 自分もそれなりに多くの同人音楽サークルのCDを聞き続けてるつもりなんですけど、半年でここまでパーフェクトな新作に至ったサークルって他に例がないような気がするんですよ。
これは主催の赤ヘルさんの才能とそこからあふれるアイディア、そしてそれらを支えるモチベーションがいかに充実しているかを物語っていると思うんです。

前例がないのはそれだけじゃない。この最新作って前作から大幅に音楽性が変更されてるんですけど、下手すると「別のサークル?」って思われかねないくらい大胆な変更。にも関わらず、「なんだこれ?求めてる音と違う」みたいなネガティブな感想を引き出すどころかむしろ従来の魅力をそのまま保持しつつ更に拡張したことにより多大なる説得力を内包しているという驚異の事実。ジャンル変更したのにイメージを全く崩さないって、かなり神がかった芸当だと思うんですよね。
しかもその変化した方向性には、時代の流れを敏感に捉えつつも単に流行に流されるだけではない優れた先進性を感じ取れるし、これを成し遂げられるサークルは滅多にいないでしょう。それが冒頭でちょっと大袈裟に言い放った「同人メタルの未来を切り拓く」という言葉の根拠になっております。でもそれが誇張ではないということは実際に聞いて頂ければ分かるはず。

前作からのジャンル変更というのは具体的には、ラウドロック中心だった前作からダンサブルなEDMチューンを中心にした作風に移行したことですね。こう書くと、単にラスベガスみたいなトランス系シンセサウンドを導入したラウドロックになっただけと思われそうですが、実際はそうではなくてロック要素のないインストのEDM曲がアルバムの中心になっているという。やはりこれは大胆な変化ですよ。
ラウド系でよくあるようにEDMな小曲をインタールード的に挟むのではなくてインスト曲がメインになってるんですからね。ジャンルを越境しただけではなく、歌モノ中心→インスト中心っていう様式の変化までやってんのに、それでいて従来のイメージを保ってるなんて…。うーん改めて奇跡的。

なぜそんな離れ業が成功しているのかと言えば、やはり「軸がブレてないから」。これが最重要ポイント。
「ジャンルを越えてバラエティに富んでる」なんていう宣伝文句は安易に使われがちだけど「バラエティ」と「散漫」は表裏一体なので、ちょっとした匙加減の間違えで散漫に成り果ててしまうことは珍しくないこと。
しかしREJECTIONの場合は、1stアルバムの魅力の中核になっていた「明るくてキャッチーでありながも切なさを内包したメロディ」と「壮大なスケール感を持つアレンジ」、この2要素が一貫しているからこそジャンル変更したとしても違和感が全くない訳ですね。やっぱりサークル…というかアーティストとしてブレない軸があるっていうことは何にも代えがたい武器になり得ると思うんですよ。

そんな訳でこの2ndアルバム「RESISTANCE」は素晴らしい内容なのですけど、じゃあこの2ndは進化を遂げてるから1stの上位互換なのか?っていうとそうでもなく、やっぱり個人的には1st「COSMOS」への思い入れのほうが強いですね。今作のEDM調に馴染めないって訳じゃなくて、単純に1stのほうがメロディが好き。最大のキラーチューン「Everlasting Life」もありますしね。
でもまあ、1stと2ndどっちが上かなんて比べる意味はあんまり無いと思うし、両作品ともREJECTIONの魅力が最大限に発揮された傑作だと思うんでどちらも聞いて頂きたい。どちらか1作だけ聞いて判断して欲しくないですね。

では各楽曲について具体的な感想を書いていこうと思いますが、まず1曲目「Resistance (intro)」、まあタイトル通りのイントロ曲で1分程度しかない短い曲なんですが…これが非常に重要な役割を担ってる。ありがちなイントロ曲とは訳が違う。
というのは、この曲はゴリッゴリにヘヴィなギターサウンドをバックにしてゲーム音楽風の壮大なストリングスが展開するんですが、この時点ですでにラウドロックと壮大サウンドというREJECTIONの重要な構成要素が示されているからなんですね。今回の新作は前作に比べるとラウドロック要素は減っているので、この序盤においてラウドサウンドを披露することが作品全体のバランスに貢献してることは間違いない。加えて、明るい曲調が中心のアルバムをこういうダークな曲調で始めることが絶妙なアクセントにもなってるし、更に言うと、対になっているアウトロ曲とこのイントロが作品を挟み込むことで作品のトータル性も強化しているという。ほんとに重要なイントロ曲。

2曲目「Sorrow Of Colossus」、これが今作のハイライト曲でしょう。インスト曲でありながらもリード曲としてイベント前にフル公開された曲であり、個人的にも赤ヘルさんの天才性を再確認する根拠にもなった決定的な曲。
簡単に言えばダブステップと壮大シンフォニックサウンドを組み合わせた曲なんですけど…シンフォニック要素のあるダブステップというよりかはダブステップ要素のあるシンフォニック曲と言ったほうがしっくり来るかなぁ。「壮大さ」のほうに重きが置かれてるように感じる。クロスフェード聞いたときは前者かと予想してたんですけどね。実際はシンフォニックパートのほうが長く感じるし。
ていうか、シンフォニック+ダブステップという組み合わせならば他のサークルでも聞いたことあるんですけど、ここまでの圧倒的なスケール感と完成度を実現した同人音楽なんて他にあんまり無さそうですよねえ。シンフォニック部分もダブステップ部分も共にぐうの音も出ないほどに完璧。付け焼き刃的な中途半端さが皆無。ほんと天才的としか言いようがない。
しかも、単にジャンルを足し算した以上の凄みをひしひしと感じるんですよね。2つのジャンルがシームレスに繋がり違和感が全くない。まさにジャンルを超越した、プログレッシブと評したくなるほどのドラマ性。

3曲目「Sinner feat.オカメP」、これは作中で唯一の赤ヘルさん作曲ではない曲のようで、オカメPというボカロPからの提供曲っぽいですね。しかし他の曲から浮いているということもなく、REJECTIONのイメージにぴったり合ってる曲になってるかと思います。ラウドロック調にシンセとDJスクラッチを乗せたミクスチャー的アプローチと赤ヘルさんの中性的なボーカルが歌い上げる切なくも甘い歌メロが見事に調和してる。メロディに歌謡曲っぽさもあってそこが赤ヘルさんの曲との相違点かな。しかし賑やかで甘い曲調とは裏腹に歌詞はなかなか世知辛い感じで(いきなり「四畳半で盗んだタバコに火を付ける」だからなぁ…)けどそのミスマッチ感も面白い。

4曲目「Just Kidding」、これは昨年の筑波大DTM部のコンピに収録されてたインスト曲ですが、これも2曲目と並んで赤ヘルさんの天才性を強く印象付ける傑作ですね。ファンタジックでシンフォニックな出だしからエレクトロな曲調に移行する展開が実にインパクトあります。多彩な音色が入り乱れるオモチャ箱のような楽しさが全編に満ちあふれており、これもまたジャンルを超越した天才的センスを感じずにはいられません。基本はダブステップ等のEDM的な手法を用いて作られてるとは思うんですが、どことなくロック的なグルーヴを感じるというか? それによって自分のように普段EDMを聞かない人間も馴染みやすい音になってるような気がするんですよね。

5曲目「Sweet Sweet Valentine Day」、これはバレンタインに公開された企画曲ですね。この曲のみ女性ボーカルをフィーチャーしており、バレンタインを題材とした甘々な電波アニソンorアイドルソング的な少し異色な曲になっております。この曲もめっちゃ良い曲だとは思うんですけど…でも以前も書いた通りやっぱりイレギュラー性の濃い曲に感じるかなぁ。明るい曲という意味ではREJECTIONの基本路線と合致してるけどちょっと糖度が高すぎるというか…。
そういや前作も5曲目が「IMAGINE THE FUTURE」という筑波大のメッセージソング?のメタルコアアレンジだったけどあれもボーナストラック感あったし、今回の5曲目もアルバムのド真ん中に位置するボーナストラックなのかなと、個人的にはそう勝手に解釈しております。あと零さんのギターソロは何度聞いてもカッコよすぎる。

6曲目「1995」は完全に1stアルバムの路線を踏襲した楽曲で、ラウドロック+甘い歌メロの組み合わせにめちゃくちゃ安心感あります。ノスタルジック感あふれるメロディ&歌詞、それを支える骨太なバンドサウンド、これぞREJECTION流のラウドロック。サウンドプロダクションも向上して完成度はますます上がってますね。もちろん赤ヘルさんのボーカルスキルも前作より上がってる。REJECTION特有の甘く切ない音楽は赤ヘルさんの歌声なしでは成立しないものであるのは疑いようがない所ですね。
個人的にはCメロのオルゴールをバックに切ないメロを歌い上げるパートから間奏に移行する部分で、歌がいつの間にかシンセの音色に変わってるところが特に気に入ってます。

7曲目「Walking Through」は再びインストEDMチューン。もちろんインタールード的な小曲ではなく5分近くの尺があります。しかしその長めの尺を飽きさせずに聞かせるだけの工夫が随所に施されてる。シャッフル系の軽快なリズムにワブルベース等の多彩な音色が絡んで非常に賑やかな音を作り出しています。自分はEDMに疎いんでそれぞれの音色の名称は分かんなかったりするんですが…とにかく賑やかで楽しい。「Just Kidding」同様、やっぱりロックに近いグルーヴ感があって親しみやすい気がする。チップチューンなパートも良いなぁ。

8曲目「Twinkle,Twinkle」、ボーカル曲の中ではこれがハイライトかな。タイトル通りめちゃくちゃキラキラな曲。REJECTION流の多幸感ラウドロックの真骨頂とも言える名曲。
誰もが知る童謡の「きらきら星」のラウドロックアレンジとも言えそうな曲でして、きらきら星のメロディにオリジナルのメロディを継ぎ足したような曲構成なんですがそのオリジナル部分がめっちゃ良いんですよ。既存の童謡をベースにしてここまで発展させられる手腕に驚かされます。個人的にREJECTIONに求めてる音が100パーセント実現されてると思うしほんとに最高な曲。

9曲目「The New Beginning (outro)」、アウトロなんだけど役回りは非常に重要。1曲目と同様にアルバムのトータル性において欠かせない存在。RPGクリア後に流れるエンディング曲みたいな雰囲気だけど、2分未満の短い曲なのにメロディめっちゃ良いですよね。実に感動的です。

10曲目はボーナストラックで「Just Kidding」のリミックスバージョン。スピードコアというジャンルらしい。ていうかこの曲ってアップテンポになるとクリスマスソング感ありません? クリスマスに聞きたい。

そんな訳で、ラウドロックからEDMからアニソンからゲーム音楽まで全てを飲み込んだ非常に対象範囲の広い作品になってますのでほんと多くの人に聞いて頂きたいですね。前作と合わせて全ての同人音楽リスナーに聞いて欲しい。まじで。
赤ヘルさんはおそらくこれからリアルでご多忙な時期だと思うので次のアルバムはおそらく来年以降かなとは思いますが、REJECTIONはまだまだ進化の可能性を大きく秘めていると確信しますし勢いは止まらないと思いますね。
スポンサーサイト

Xiloro「Dig A Pear」

dig a pear


http://chloro2236.blog.fc2.com/blog-entry-183.html

ほんとね…このサークルはめちゃくちゃ面白いことやってるんですよ。未だご存知ない方が多いとは思うんですけどね、この機会に是非とも聞いて頂きたい。試聴だけでは全貌を把握できない系の音楽なので是非とも購入して聞いて頂きたい。iTunesでも配信されてるんで同人音楽にありがちな入手困難も無くて誰でも気軽に聞くことが出来ますよ。

一聴すると普通のガールズロックっぽい雰囲気だし(実際は全然普通じゃないけど)割と万人向けだと思うんで多くの方におすすめしたいんですが、でもこのサークルの真の面白みを理解できるのは新旧洋邦の音楽を分け隔てなく聞き漁ってる音楽詳しい系リスナーだと思うんで我こそは音楽詳しいマンだと自負する方にこそ聞いて頂きたいかも。

このサークルの凄さっていうのは、もちろん音楽そのものの凄さもあるんですがそれに加えて、このサークルって実は本来は同人ゲーム制作サークルであって、このXiloroっていうのはその同人ゲームサークルから派生した別名義?みたいな感じで…つまり音楽が活動のメインではないってことですね。
にも関わらず、音楽を専門にやってるサークルを凌駕するペースで作品を立て続けに発表し(活動開始から1年でフルアルバム2枚とマキシシングル1枚)、しかもただハイペースなだけではなく内容も大充実していてオリジナリティについても他サークルの追随を許さないレベルっていうね…。まさに驚異的。

でも本当に凄いのは、これだけハイペースに作品出してるのに収録曲の1つ1つが「キャラ立ち」してるっていう事なんですよ。これを実現できてるサークル(バンド)ってかなり希少だと思うんですよね。
というのは、ハイペースにリリース続けてるサークル自体は決して珍しくはなくて、例えばセミプロ系の有名サークルなんかは毎イベントでミニアルバムをリリースしてる訳なんですけどね、そういうサークルって大抵「あれ?この曲ってこの前のアルバムに入ってた曲とほとんど同じじゃね…?」みたいに楽曲のパターン化が著しかったりする訳で、まあパターン化することは活動が長くなれば仕方ないし、パターン化イコール安心感とも言い換えることが出来るから必ずしも悪とも言い切れないんですが、でもまあ新鮮味や刺激が無くなるのは否定し難いところですよね。
ところがこのXiloroは、2年連続でフルアルバム出して合計楽曲数は25曲にも及ぶというのに、全ての曲が「キャラ立ち」してる。同じパターンの曲がほとんど無いんですよ。これってやばくないですか? どんだけ音楽性の引き出しが豊富なんだよっていう。しかも、バラエティ富ませるために安直にジャズっぽい曲調とか民謡調などのありがちな手段に及ぶこともなく、邦楽と洋楽の垣根を破る、もしくは時代の壁を破ることでバラエティに富ませてるというか? そこがすげえんですよ。
そしてそして更に、それだけバラエティ富んでてもXiloro「らしさ」と言える核の部分は全くブレてないんです。うちのブログは「オリジナリティ」と「バラエティ」の両立というのをめちゃくちゃ重要視してる感じなんですけど、そこをこれ以上に有り得ないほどに完璧に達成してる…。ケチの付け所がねえ…。

ただ、同じく筑波の天才の赤ヘルさん率いるREJECTIONと比べると、このXiloroは時代の壁を越えることが面白さに直結してるけど、時代の流れに対応した「先進性」は無いから…まあそこだけですね負けてる部分があるとしたら。いや、でもXiloroがダブステップとかDjentとか取り入れても違和感しかないしそんなの求めてないから現状のままで1ミリも問題ないのですが。

まあそんな訳で完璧な内容の最新作なんですけど、ずっと完璧だった訳ではなく、昨年の夏コミで出たマキシシングル「レンダリング」のときには方向性に少し疑問符が付いてたんですよね。というのは、このXiloroの面白さって、基本的にオルタナっぽいガールズロックとして聞けるんだけど、リフがやたらHR/HM的だったり曲展開が妙にひねくれてたり、でも総合的に聞くとやっぱりオルタナ系のインディーロックの範疇にあるというか、そういう絶妙なバランスにこそ魅力があると思うんですよね。
しかし「レンダリング」収録曲はタイトル曲こそXiloroの良さを維持してはいたものの、他の2曲がちょっとメタル側に寄り過ぎててXiloroならではの面白みが減退してた感もあり…。いや、曲としては良い曲だったけどやっぱり何か違う感じがね…。
でも今回の2ndアルバムでは1stの時の絶妙なバランスを再び取り戻していたので、シングルの方向性は一時的な実験だったのかな?と思っております。

前置き長くなりましたがそろそろ今作の具体的な内容に移ります…。

まず1曲目の表題曲「Dig A Pear」、重厚なギターサウンドによるオールドスクールなハードロック系リフが非常に印象的なオープニングチューン。このリフ、1stの1曲目の「Neverlasting」と同系統ではあるんですが、二番煎じ的な感じではなくやはり変化を感じる。Neverlastingのほうもリフの存在感が際立ってたけどあくまで主役は歌だったと思うんですが、今回のDig A Pearについてはリフが完全に主役で歌がおまけみたいな位置付け。この曲に限らず、今回の2ndアルバムはギターリフを中心に構成した曲が目に見えて増えてますね。
更にいうと、ギターの音作り自体もけっこう変わってて、元々からこのサークルはギターの音が分厚かったけど今回は輪をかけてギターの音がデカくなってる。一般リスナーには耳障りなんじゃないかな?って心配するレベルで音がデカい。ギターの音圧はでかけりゃでかいほど良い!みたいな発想に基いてそうな轟音サウンド。だがそれが良いんですよ。この轟音サウンドが型破りな雰囲気を助長していて、HR/HM的なお行儀の良さと一線を画してる。それによって更にジャンル越境の面白みが増しているというか? とにかく個人的にはこの音のデカさが爽快感に繋がってる。
あと、ボーカルがおまけみたいなポジションと書きましたが、ボーカルの役回り自体はめちゃくちゃ重要。はっきり言って、この女性ボーカルのMeltyさんの歌声無しではXiloroの音楽性は成り立たないと思う。というのは、Meltyさんの歌声の持つサブカルオシャレバンドでも通用しそうでありアニソンでも通用しそうでもありのジャンルの中間に位置してる雰囲気があって初めてXiloroのジャンル&時代の越境は成功するのであって、もしこの歌声がなければ単なるオールドスクールなハードロックになってた可能性もあるかなと。

次の2曲目「Tengu」もこれまたギターリフの主張がデカい曲。ていうかこのリフめちゃくちゃ良いですよね…このグルーヴ感たまんない。傑作ギターリフっすね。ここまでHR/HM的なギターリフ主導だとインディーロックという枠には当てはまらないと思うけど、かと言ってメタルかというとそこまで機械的ではなくちょっとオルタナ的な有機性があったり、ハードロック的な懐古感はMeltyさんのオシャレな歌声が相殺してるし、この何とも言えないハイブリッド感こそがXiloroの魅力だなと思うんですよ。

3曲目「レンダリング」、これは夏コミのシングルの表題曲の再収録ですね。ヘヴィな1曲目2曲目とは打って変わってまったりとした曲調で、メランコリックな歌メロと揺れまくるギターエフェクトが印象的。

4曲目「Volksgarten」は公式の曲解説だと「異国風情がある」って書かれてたけど特に民謡っぽい雰囲気があったりする訳でもないかな。終盤に中東っぽいメロディ入ってくるけど。とんがりまくった個性的な曲が多い本作においては割と「普通」な曲かな。

5曲目「Particle」、バラード枠かと思いきやごく自然に変拍子が入ってくる。後半のギターソロのところではベースがめっちゃテクニカルなアンサンブルを聞かせますしかなりプログレ寄りと言える曲調。1stにも転調などのひねくれた展開はけっこうあったんですがここまで明確にテクニカル志向を打ち出した楽曲は無かったのでこれは大きな変化と言えますかね。このXiloroは敷根さん(もきねさん?)と市瀬さんの2人のメンバーがそれぞれ作曲しているようですが、今作の「トドメ」の1曲と言える超絶テクニカル曲「Surfing On」といい、市瀬さんのほうはだいぶテクニカル志向に傾いてるようですねえ。
アレンジのプログレ性にばかり気が向いてしまいますがメロディも秀逸だし実に整合性の高い楽曲に仕上がってますね。

6曲目「クラゲの気持ち」、今作最高の変態ソング。試聴で部分的に聞いたときは童謡っぽい可愛らしい曲かなと思ってたんですが、確かに可愛らしくはあるけどド変態な曲展開します。ぱっちりひつじに通ずる変態性があるかも。
出だしは試聴でも聞ける童謡風のポップなパートで、でもよく聞くとこの時点でタッピングのピロピロが入ってたりするし既に変態くさいですね。サビメロは浮遊感あるアレンジで、そこからポストロック風味の軽快なリフが展開されますが徐々に不穏な雰囲気に移行し、テンポダウンしたAメロが展開されたと思いきや急激にテンポアップしてメロスピばりのピロピロが繰り広げられたと思ったらギター弾きまくりのままダークな曲調になって最後にAメロのメロディが再現されて終了…。
まあいちいち説明しても伝わらないと思うし実際に聞くのが手っ取り早いと思いますがとにかく曲展開が迷子。予想不能にも程がある。支離滅裂の寸前で踏みとどまっているような危うさに面白みがあふれる変態ソングですね。

7曲目「夢を歌ってくれ」は一転して落ち着いた渋いフォークソングっぽい曲調。奇をてらった展開などはなくMeltyさんの情感ある歌唱が中心になってる1曲ですね。Meltyさんも1stに比べると表現力がかなり増してる気がしますねえ。

8曲目「Post Office」、中3のとき作った曲って書かれてますけどマジで?? 天才か。めちゃくちゃ良い曲じゃないっすか。英詞ということもあって洋楽ポップス感が特に強い曲かも。これを中3で作ったっていうんだからやっぱり洋楽からの影響が濃いんだろうなぁ。

9曲目「Her Engine Looks Like A Wheel」、酔っ払ったような?素っ頓狂なハイトーンボーカルとドライブ感あふれるギターリフの組み合わせが実に爽快な1曲。オールドスクールな洋楽ハードロックっぽい感じとオシャレなサブカルポップス感が見事に混じり合ったハイブリッド感ありますね。やはりこれもMeltyさんの歌声なしでは成立しない絶妙さでしょうね。

ラスト10曲目「Surfing On」、今作のハイライトチューンにして今作最大の問題作。「難しすぎて演奏者の精神を蝕んだ」っていう説明文ありますが…そりゃそうでしょ…どう聞いてもやり過ぎな曲。変拍子やらポリリズム駆使したテクニカルに次ぐテクニカルな展開。Octaviagrace辺りがやってそうな難易度ですよね。
しかしですね、それでもめちゃくちゃ良いメロディ持った曲だと思うんですよ。Xiloroの最高傑作と言えそうなくらいに良い曲。過剰にテクニカルなアレンジについても、無駄にテクニカルにしたっていう感じではなくてちゃんと必然性があるというか、曲の良さを際立たせるためのプログレッシブなアレンジだと思えるし、だから演奏者の苦労はしっかり報われてると思うんですよね。
でもまあ演奏者に強烈な負担を強いるような曲を何度もやる訳にはいかないだろうしこの路線の曲は今後はなさそうですかね…。めっちゃ良い曲であることは確かですが。

1stに引き続きノビルさんの手がけた個性的な絵柄のジャケもほんと素晴らしいですよね…。このジャケの雰囲気も含めてXiloroの総合的なカラーが決しているというか、それくらい重要。

そんな訳で、マニアックなリスナーにも一般リスナーにも幅広く対応してる素晴らしい作品ですので是非とも聞いて頂きたいですね。1stは1500円だからこっちを先に聞いてみるというのもアリだとは思う。でも1stも傑作だから聞いて欲しい。

Answer to the MOMONGA「Preparation!#2」

2017-01-11_012156.jpg

https://answertothemomonga.tumblr.com/

春M3にてフルアルバムをリリース予定…だったけど残念ながら延期になってしまった、オルタナ/マスロック系サークル、アンサツモモンガの昨年秋の新作です。だいぶ遅くなってしまいましたが感想上げておこうかと思います。

昨年春の「Preparation!」に続いて今作は「#2」ってことで…タイトル通りフルアルバムへ向けた伏線的な内容であると思われ。要するに「繋ぎ」の作品なんでボリュームは少ないですが、作品を重ねる毎に少しづつですが着実に進歩しているのを感じ取れるのは嬉しいですね。

1曲目の序曲を経て2曲目「回想と懐疑」、基本的に前作の延長線上のマスロック的なインスト曲なんですが、今回はピアノの音を効果的に使うことによって洗練さが増したように感じます。サブカル的な「オシャレ」感も獲得してる。曲が進むにつれて楽器の数が増えていって賑やかになっていく展開が良いですよねえ。ポリリズムを駆使した複雑な曲調ながらもキャッチーさをしっかり保っているのが素晴らしい。
ベースラインを始めとしたバッキングはほんと洗練されたと思うんだけど歪んだギターについてはまだガチャガチャした不安定な印象は残ってますね。でも2nd EPに比べたら見違えるほど進歩してる。テクニカルな音楽やりたいけど技量が追いついてないって感じがだいぶ薄れたと思う。っていうかマスロック系って機械的な印象が強い音楽だから多少ガチャガチャしてるのも人間味あって良いと思うんですけどね。

3曲目「Catoblepas(demo)」、demoって付いてるのは歌がボカロだからなんでしょう。きっとフルアルバムにはかゆさんの歌ったバージョンが入るに違いない。ボカロにはシューゲイザー的な空間的なエフェクトがかかっていて全体的に浮遊感ある曲調。こっちは2曲目ほどの複雑さはないけどベースのうねるようなフレーズが聞き所になってます。シューゲイザー+マスロックな感じかな。

4曲目「バッドエンドシンドローム(demo)」、これはバンドサウンド無しのチップチューン曲。でもdemo扱いになってるからきっとフルアルバムにギターで演奏したバージョン入るんでしょうね。これもカッコいい曲になりそうな予感。

そして今回もジャケのアートワークはインパクトありますね。2曲目のタイトル「回想と懐疑」をデザイン文字化したシンプルなアートワーク…なんか現代美術の展覧会の広告かなんかでありそうな感じ。ジャケがサークルの魅力の一部としてしっかり機能してるのはやはり強みですよねえ。

2回のPreparationで積み上げられた進歩がきっとフルアルバムで結実すると思われますし、今までこのサークルを知らなかった人もまじで要チェックだと思いますよ。春には残念ながら間に合わないみたいですがおそらく今年中には出ると思いますし。Preparationは2作ともインスト中心でしたが、フルアルバムではボーカル曲もあると思うんでテクニカル系音楽に興味ない方にもおすすめしたい。もちろんマスロックやDjentなどが好きなリスナーならば尚更マスト。

NECRO POLARIS×SPARESPINE「Neodym」

2017-01-26_235230.jpg

http://sparespine.com/main.html

同人メタル界には様々なスタイルのサークルが存在する訳ですけど、その中でも「正統派」メタル代表と言えばやはりこのSPARESPINEですよね。
現代的なスタイルのメタルサークルが台頭する中にあって、こういう伝統的なスタイルを持つサークルも同時に存在することによってシーンの厚みも増す訳で、やはりこのSPARESPINEは確固たる存在意義を持っていると思います。

で、この昨年秋の新作はそのSPARESPINEとメロデスサークルNECRO POLARISが各2曲づつ担当したスプリット盤となっています。
スプリットって言っても、実はそのNECRO POLARISというのはSPARESPINEと同じく岩下タミさん主催のサークルなので、実質的には1つのサークルがちょっと趣向を変えた曲が入ってるっていうだけでさほど特殊性は無い作品なんですけどね。
そのNECRO POLARISはなんと4年も活動休止状態にあったようで、いや本体のSPARESPINEは活動してたんだから活動休止っていう表現もしっくり来ないけど、とにかく久しぶりの作品って訳ですね。ちなみに自分はNECRO POLARISの旧作は聞いたことないのでこれが初聞きです。

1曲目「The Infallible Rule」はNECRO POLARISサイドの曲。出だしこそアグレッシブなブラックメタル調ではあるんですが、リードギターが入るといつものSPARESPINE流のメロパワになるんで少しホッとするかもしれない? あまりにアグレッシブすぎるのも個人的にはちょっと苦手だったりするんで。
デスボイスはSPARESPINEのほうでも毎回お馴染みのハイトーンボーカリストJo'Lさんによるもので、ハイトーンだけでなくデスボも見事にこなせるとは驚き。迫力ある唸り声を聞かせてくれるのですが、サビではハイトーンのバックコーラスが入るし僅かながら歌メロもあるからデスメタルっていうよりかはダミ声ボーカルによるパワーメタルって感覚もあるかもなぁ。メロディックスピードデスメタル…みたいな? もちろん某エクスカリバーとは全然違いますけどね。

2曲目「Riot」、続いてNECRO POLARIS曲ですがこちらはもうちょっとメロデスらしい曲調。SPARESPINE本隊とは距離のある作風になってますが、バイキングメタルっぽい合唱パートがあったりでやはり純粋なメロデスとは違う親しみやすさがあるかな。

3曲目「星間寝台特急」、ここからSPARESPINEサイドですが、もう曲名からしてSPARESPINE流のSFテイストあふれまくりですね。過去作にも参加していた女性ボーカリストにとりさんがゲストで歌唱していますが、この方もすっかりSPARESPINEの「キャッチー系楽曲担当」のレギュラーに定着した感じありますね。曲調は「楽園の残響」シリーズの流れを踏まえた安定のSPARESPINE節。構築美のあるギターソロが味わい深い。

4曲目「天蓋の瞳」のボーカルはなんとボカロ。どうやらボーカルの収録が間に合わなかったそうで。でも演奏部分はばっちり完成してるしボカロバージョンのSPARESPINEっていうのもこれはこれで新鮮味があっていいかも?

正直なところ、自分はメロデスって普段あんまり好んで聞いてないものですからNECRO POLARIS再始動の報についてそんなに好感を持ってた訳でもないんですが、このスプリットで聞いた限りではSPARESPINE本隊のテイストが活かされた作風みたいだしちょっと安心しましたね。NECRO POLARISもSPARESPINEも共々アルバムが楽しみです。

Release hallucination「Chronostasis」

2017-03-02_053901.jpg

http://releasehallucination.com/

という訳であえて後回しにしておいた(?)同人メタル界の真打ち、オリジナル同人メタルの「頂点」、リリハルことRelease hallucinationの秋新作ですね。
もはや今のリリハルは凄すぎて、「頂点」とか「神」みたいな行き過ぎな言葉を安直に使ってしまいたくなるんですが実際のところ過剰表現でも何でもないと思うんですよ。ほんとに凄いんですから。

ご存知のように同人メタル界にはアマチュアレベルを越える超クオリティのサークルがいくつも存在するんですが、そういうサークルって大抵の場合プロの領域のアーティストが副業のように同人活動してるってパターンだと思うんですよね。同人出身のプロが同人のほうも継続してるってイメージ。
対してリリハルは今に至るまでずっと同人イベントを中心にして活動してる訳で、同人サークル以外の何者でもない。その同人純度(?)の高いサークルがここまで圧倒的ハイレベルな音楽を生み出しているというのは驚愕に値しますよね。加えて、アレンジ音楽を通過していない最初からオリジナルで出発したサークルであることも箔を付ける。
更に、同人音楽という限定的な界隈に軸を置いたサークルでありながらもデジタル配信を充実させまくってワールドワイドな領域に進出しようとしてるんですから凄まじい。まるで同人音楽というジャンルの限界に挑戦してるかのようにさえ感じる。

もちろん、これだけの実力を持ってるにも関わらず同人音楽の領域に留まり続けることについては必ずしも良いことばかりではないだろうし、ファンの中にはリリハルにもガチなバンドのようにライブ活動やって欲しいと願ってる人もいるでしょうから難しいところではあるんですが、でも個人的には「同人サークルとしてのリリハル」がどこまで行けるかを見てみたい気もするんですよね。

さて、この新作シングルの内容についてですが…まあはっきり言って「最高傑作」ですよね。リリハル史上最高クラスのキラーチューンが2曲も入っており絶大なインパクトを内包してます。この充実度は過去最高であるのは間違いない。
3曲マキシシングルを最高傑作扱いにするってのはどうかなと思いつつも、でもこのシングルの収録曲って全て7分前後の大作なんで実質的にミニアルバムみたいなもんだと思うんですよ。1曲あたりの情報量もいつも通り半端ないので満腹感も相当ありますしね。

1曲目のタイトル曲「Chronostasis」から圧倒されまくります。エフェクトかかったemiさんの歌唱による静かな出だし、ここでうっかり音量を上げてしまうとその後に洪水のように押し寄せる重低音リフの荒波に押し潰されることになります。この音圧やばすぎでしょ…これが同人音楽???ってなるレベル。いやはや本当に凄まじいインパクト。前作で音圧が上がった印象あったけど更なる進化を遂げてる気がする。
Aメロに入ってもゴリッゴリな重低音リフは続き、これはプログレメタル系リスナーだけでなく音圧を重視するメタルコア系リスナーも魅了しそうなほどの迫力。実はドラムはそんなに疾走してる訳じゃないのにギターリフの生み出す尋常でないグルーヴによってめっちゃ速く聞こえるという。
その分厚いギターサウンドと対になるのがemiさんのボーカル。前作の「Keep the Memories Brilliant」でエモーショナルな歌唱スタイルを開花させた感あったemiさんですけど今回は更なる安定感を獲得してる。emiさんは前身のPHANTAS-MAGORIA及びリリハル初期の頃は良くも悪くもクールで淡々とした歌唱スタイルを持ち味にしていたと思うんですが、現在は楽曲に応じてクールな歌唱と感情的な歌唱を使い分けられるスキルを確立した感ありますよね。
そしてリリハルサウンドの醍醐味と言えばもちろんkaorinさんの超絶テクニカルなギターワーク。今回も長めの間奏パートを使ってドラマチックな展開美を聞かせてくれます。複雑でありながらも退屈さとは無縁のスリリングな展開が続く。
エクストリームメタルに通ずる激しさと重さ、プログレメタル的な緻密に計算された展開、そして同人音楽的なキャッチーで親しみやすいメロディ、その全てを完璧に備えた無敵の楽曲でございます。これは新たなリリハルの代表曲っていうだけでなく、現在の同人メタルシーンを象徴する楽曲になり得るってくらいの堂々たる風格があると思う。きっとこれ聞いたらこのサークルが同人メタルの頂点って感じる人多いでしょう。

2曲目「醜い嘘と僕」はリリハルの標準的バラード曲と言えそう。1曲目と3曲目が強烈すぎるんでちょっと地味な印象もありますがリリハルらしい魅力が聞ける曲ですね。

3曲目「Cure」、これもまた半端ないキラーチューン。1曲目のほうが速さと重さ及びキャッチーさにおいて過去最高を示した楽曲だったのに対してこの3曲目はテクニカルな演奏とプログレメタル的な構築美においてリリハル過去最高を達成したと言えそう。
リリハルは作品を重ねる毎に着実にファン層を拡大させてると思うんですが、そのファンの中には「ドリームシアターって何? プリパラ? 東山奈央のラジオ?」ってくらいメタルに疎いリスナーも居ると思うんですよ。更に言えばメタラーであっても速さと重さとメロディさえあればいいっていう非プログレ系リスナーも多いでしょうから、リリハルにプログレメタル性を強く求めてる自分みたいなリスナーってひょっとすると少数派かもしれないって思うんですよね。にも関わらず、リリハルはニッチなリスナーしか求めてないようなプログレメタル性を捨てるどころか過去最高にまで高めて来たという事実、この全くブレないスタンス、これは大きな称賛に値すると思うんですよね。
この曲のテクニカルでカオティックでありながらもドラマチックさを兼ね備えた楽曲展開って「Dystopia」の2曲目「Dysmnesia」を想起させるところはあるんですが、あの頃に比べるとサウンドプロダクションもemiさんの歌唱も段違いに進歩してるから完成度では圧倒的に勝っていますが、でも楽曲自体は甲乙付けがたいかな…Dysmnesiaは未だにリリハルで一二を争う名曲だと思ってるんで。
タッピングを多用した浮遊感あるテクニカルフレーズを基軸としながら進行していきますが、四つ打ち系グルーヴも一部で取り入れられていて単なるプログレメタルの枠に収まらない音楽性を聞くことが出来ます。
やはり聞き所は後半、テクニカルな展開がぎっしり詰め込まれた間奏→カオティックなリフとBメロの絡み→エフェクトかかったサビ→エモーショナルなギターソロ→転調したサビの流れは至高。リリハル史上最高にドラマチックな展開と言って過言でないかと。

そんな訳で、同人メタルの頂点を極めるような超キラーチューンが2曲も入っているこのシングルはリリハル入門用にも打って付けだと思うし、さらに言えば同人音楽をよく知らない一般メタラーの同人メタル入門用にも最適かもしれない。是非ともこの圧倒的クオリティを聞いて衝撃を受けて欲しい。同人メタル=東方アレンジという未だに残ってそうな偏った認識を葬り去るだけの力を備えた作品だと思う。あんきもやドラガだけじゃないんすよ今の同人メタルは。

プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析