Unreal Image「JUSTICE BLAZE」

2018-07-06_003053.jpg

https://unrealimage.booth.pm/items/887532

V系メタルサークルですね。
ここもAPOLLOに何回か出てたと思うし認識してた人はそれなりにいるんじゃないかと。

このサークル、「箱々症候軍」っていうボカロサークルのメンバーによるソロプロジェクトという位置付けっぽいんですが、その本体の箱々症候軍のほうは割と90年代V系ロックの影響が色濃い音楽性であるのに対し、このUnreal Imageは正統派メタルに寄った作風になってるように聞こえます。ちなみにこっちはボカロではなく男性ボーカル。

今作は2曲入りシングルで、確か100円で頒布されてたんですけどその価格設定には不釣り合いなほどにクオリティは高い。
サウンドはしっかり作られてるし演奏も本格的。テクニカルでドラマチックなギターソロも完備。これはガチメタラーの鑑賞にも耐えうるクオリティでしょう。
ボーカルはいかにもV系な耽美歌唱でちょっと癖はあるけどハイトーンボーカルとしての実力は十分であるように聞こえます。

クレジットには主催の「奏-sou-」さんの名前しかないのでつまりはボーカルもギターも全て1人でやってるってことか。ジャケの女の子の絵も自分で描いてるのか…すごいな。まあ同人メタルにありがちなジャケと中身のイメージが違いすぎるやつですけど。
ともあれ1人プロジェクトでこのクオリティは驚きだし結構ダークホースなサークルかもしれませんな。
スポンサーサイト

Lamento「千年月姫 II Filia regis lunae mille anni - Capitulum secundum」

2018-07-06_003311.jpg

http://www.lamento.info/

ここも女性ボーカルゴシックメタル…いやメタルってほど激しくも速くもないからシンフォニックロックって言ったほうがしっくり来るかな。

このサークルは前々からM3カタログで目にしていたしPratanallis等でお馴染みのeupeさんが参加していることもあって気にはなっていたんですけど、如何せんクオリティがね…。今の同人音楽界隈のクオリティ基準だと打ち込み感ありまくりのチープなサウンドはちょっとキツい感じが否めなかったんですよね。
でも前作から時間も経ってるようだしそろそろクオリティも上がってるかも?と思って今回は試しに買ってみたんですけど…あんま変わってなかった。Junseiさんがミックスマスタリング担当でも元の音がチープだとやっぱ限界あるんだろうな…。

でも曲は普通に良く出来てるしeupeさんのクリスタルな歌声は魅力的なので、eupeさん目当てで聞くのなら全然アリだと思います。
1曲目のシンフォニックなアレンジやサビの盛り上げ方は特に良いですね。ロック系の音はチープだけどシンフォニック系の音は割と良い。
ジャケも良い。同人音楽においてジャケはものすごく重要。

音軽いし疾走曲も無いからメタラーにはおすすめしづらいけどeupeさんの歌声が好きなゴシック系のリスナーなら楽しめるんじゃないでしょうか。

Noir Gran'guignol Orchestra「Salvage and Reincarnation」

2018-07-06_002749.jpg

https://noir-g-orchestra.booth.pm/items/428592

女性ボーカルゴシックメタル系サークルです。
サークル名の時点で只ならぬ威圧感ありますな。覚えづらいけど。

このサークルはAPOLLOに前々から参加してたし存在は認識してたんですが、先日の春M3でようやく1stアルバムが出たってことで買ってみました。確か当日会場でアルバムのこと知って買ったんですけどね。

便宜上1stアルバムと書きましたけど実際は既存楽曲のリアレンジや未発表曲に新曲を織り交ぜた企画盤的な位置付けの作品のようで。
でも企画盤にありがちな散漫さも無くて統一感ある内容になってるし、そもそもこれが初聞きだから既存楽曲でもあんま関係ないし、まあ普通に入門用に良さげな作品のような気もしますね。

知名度は低めのサークルだと思うけど意外に音はしっかりしてる。ギターの音にも厚みがあるしシンフォニックなアレンジも整っていてチープ感もほとんど無く、メタラーにもおすすめ出来る十分なクオリティはあると思う。
女性ボーカルの声質は明るくカラッとした雰囲気で、ロリ的な癖も少なめで比較的聞きやすいタイプの歌声。明るいからゴシック的なダーク感や耽美さは少ないけど。中二病をテーマにしてるらしいけどあんま厨ニ感はないかも。

収録曲は8曲。1、2曲目が新曲で4、7、8が既存曲で3、5、6曲目が未発表曲…なのかな? 未発表曲だからと言って捨て曲という訳でもなく、アルバム通して良曲が揃っている印象。
どれも良いけど特に4曲目「終焉の焔に抱かれて」が一番キラーっぽい曲かなぁ。曲名がベタすぎますが。6曲目「Horizon」もミドル曲ながら優雅なシンフォニックアレンジが素敵な曲。
あと2、8曲目あたりで顕著ですがシンフォニックなキメフレーズが巧くアクセントとして機能していて音楽的にも特徴になってる感じ。

という訳で音楽はけっこう良いと思うんですがジャケがね…「黒」とデカデカ描かれただけのシンプルすぎるデザインでちょっと損してると思う。やっぱこの手の音楽性ならば美少女ジャケじゃないと購入層が食いつかないんじゃないかなぁ。

Answer to the MOMONGA「branch#1」

2018-05-03_074200.jpg

https://answertothemomonga.tumblr.com/

女性ボーカルをフィーチャーしたマスロック系サークル「アンサツモモンガ」の新作。
フルアルバムを経て再びEP(シングル)形態に戻ってのリリース。「#1」となってることからも「Preparation」シリーズと同じく次回のアルバムへの準備作であると思われ。

今回の新作はですねえ…二重のサプライズが仕掛けられた実験性の色濃い作品だと言えますかね。

1つ目のサプライズはパッケージ。なんと海苔とかレトルト食品とか入ってそうなアルミ製パッケージに入れて頒布されてたんですよ。びっくりしましたね。これ本当にCDなのかよ?って疑った人もいたんじゃないかと。
で、そのアルミパッケージの中に小冊子サイズの厚紙に挟まれるようにCDが入ってまして、ジャケ絵もしっかり付いてます。ってか、アルミパッケージの中に隠れて見えないっていうのにジャケ絵の完成度が非常に高いことにまた驚き。
今までの割と抽象的なコンセプトのデザインとは一線を画する、女性キャラクターが描かれたイラストになっていて一般的な同人音楽ジャケに寄った作風であるように思いますが従来のジャケのスタイリッシュ感も継承していて良いとこ取りである感じもあり。こんな出来の良いジャケなのにアルミパッケージに入れちゃうなんて勿体ない…。

2つ目のサプライズは「試聴版と完成版が全く違う」。
これはですねえ…試聴がボカロ仮歌のデモ音源で完成版はかゆさん(女性ボーカル)バージョンっていうのなら全くもって普通の事なんですけど、今回は新たな試みとしてn平面さんの男性ボーカルが入ってるんですよ。しかも添え物的なデスボイスとかではなく曲通してのツインボーカル体制。これによってデモ版とはまるで別物になってる。良くも悪くも。
この「線香花火の降る夜に」の試聴バージョン聞いた時は、シューゲイザーな浮遊感&甘いメロディ&エモーショナルなリードギター、そしてマスロックで緻密な演奏が全て高い完成度に達していて、これはアンサツモモンガの最高作なんじゃないか?ってくらいの手応えあったんですけどね。それに対して完成版のほうはボーカルのアレンジが練り込み不足だと言わざるを得ないかなと…。
まあ実験性が先行してしまった感はあるけど曲自体の完成度が過去最高級なのは間違いないのでアンサツモモンガが着実な進歩を遂げてるのを感じ取れると思います。きっと次のアルバムで本領発揮してくれることでしょう。

2曲目のほうはエレクトロニカなインストですがこちらもかなり実験的。アンビエント+ノイズな作風ですがフルアルバムに収められたアンビエント曲に比べるとノイズの印象が上回ってる感じ。

という訳で今回は進歩と実験性が入り混じったちょっとカオス風味の「通過点」的な作品だと思うのでアンサツモモンガ初めて聞く人にはおすすめしないですけど、通過点であることを踏まえて聞けば面白い内容だし、きっと2ndアルバムでそれらの進歩が結実すると思うので楽しみですね。

Sleeping Pola「uminonaka」

https://690cm.booth.pm/items/885021

APOLLOで買った作品その8。

ジャンル的に言えばマスロック系ギターインスト
…なんですけどこれは偏見抜きでとにかく一聴して欲しいですね。めちゃくちゃカッコいいですよ。ジャンルに囚われて聞かないのは勿体ない。

基本的に超絶テクニックの嵐ですがメロディもキャッチーだし曲構成も巧くて、そして(この手のテクニカル音楽にしては意外なほどに)編集も大胆に施されていてEDMっぽいグルーヴもあるかもしれない。でそれらが組み合わさり総合的には小難しいテクニカル音楽ではなくグルーヴやオシャレ感を強く印象付けるっていうか、そういう意味で割と万人向けなマスロックのような気がするんですよ。なんかよく分かんねえけどカッコいい!って感じ。けっこう激しめな音だけどそれを感じさせないくらいスタイリッシュ感が際立ってると思う。

収録曲は3曲になってますが2曲目がたった30秒ほどしかない繋ぎ曲なので実質2曲入り。でも1曲あたりの情報量が過剰なのでけっこうお腹いっぱいになりますよ。

このサークルっていうかバンドは基本インディーズバンドであってM3やコミケには参加したことないっぽいですけど…でもジャケは女の子だしアニソンカバーもやってるみたいだからオタク文化(ニコ動文化あたり)との親和性はそれなりに高そう。
公式サイトには「需要のない音楽を作って遊んでいます」なんて自嘲気味に書いてあったりしますけど、商業的成功は目指してないのかもしれないけどこれだけカッコよければ人気出そうな気もしますけどね。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析