植木屋「終焉のコンコルディア」

終焉のコンコルディア

「UNA SEA」の第二弾はまだですか?
プログレをテーマにしたコンピ企画って希少ですからね、是非とも第二弾も期待したいところですが…同人音楽シーンでプログレとかほとんど需要なさそうだし可能性は薄そうですね。サークル側にはプログレ好きな方けっこう居そうなイメージなんですけどね。
というか、よく考えたら参加サークルのラインナップが変わったらタイトルもUNA SEAじゃなくなるのか…。もし前回のメンツそのままで頭文字がLのサークルが加わったら「LUNA SEA」完全版になりますよね、いや完全版になったらいかんのでしょうけど。頭文字がLでプログレ系のサークルかぁ…。あ…。いや、なんでもないです…。

そういや、先日、「リリハルがオリジナル同人音楽のプログレメタルの先駆者」とか書いた気がしますけど、よく考えたら植木屋の「Allegoria」の方が先なのか…。2009年初頒布みたいですし。でもアレンジを経由せずに最初からオリジナルやってるサークルということではやはりリリハルなのかな。いや自分の知らないサークルでもっと前からオリジナルでプログレメタルやってたサークルあるのかもしれないですが。

というか、そもそも植木屋をプログレメタルだと認識してるリスナーは果たしてどれくらいいるのか。確かにギターはめっちゃテクニカルで変拍子的なリズムもあるんだけど、それほどメインに据えられてるって訳でもなくて、あくまで隠し味程度の出番なんだよなぁ。まあ同人音楽リスナーでプログレメタル好きな人間なんて確実に少数派だろうしその匙加減は正しい判断とは思うんですが、でもわざわざプログレコンピとか主催するくらいなんだからtaikiさんプログレ大好きな方なんだと思いますし、もしかするともっとプログレ要素を前面に出したいという欲求あったりしないのかな? いや全然ないかもしれないですし勝手な憶測ですが。

まあ、もし植木屋の音楽性でこれ以上プログレ要素を濃くしたら一般リスナーから気持ち悪がられる危険性もありますしね…。普通のリスナーはあくまでchikaさんの透明感あふれる歌声とファンタジックな雰囲気 with ちょいヘヴィな伴奏ギター…みたいのを求めてるんだと思いますから。
というか、現状の音楽性でもDjentっぽいリズムのパートとか一般リスナーから既に気持ち悪がられてたりする可能性も無いとは言い切れないですし、けっこうギリギリなバランスかもしれないですよね。
でも、そういう需要あるキャッチーな音楽性にギリギリな匙加減で実験的な要素を導入するという冒険的なスタンスこそが同人音楽的な面白さだと自分は勝手に思ってるので、そのギリギリさをやめて欲しくはないなと思ってたりする訳ですが。その実験的な要素を求めて買ってる自分みたいなリスナーも少数ながら存在する訳ですし。というかプログレ要素がなければ買ってな(ry

さて前置きが長くなりましたが、今回の新作の具体的な内容についてですね。基本的な部分はほとんど過去作と変わらないと思うんですが、プログレコンピを経たことによって、より自覚的にプログレ寄りな作風になっている? …かと思ったんだけど改めて旧譜を聞き直してみたら旧譜のほうも意外にプログレ要素入ってますね。でもちょっとだけ増量してる?
サウンドプロダクションは明らかに向上してますね。この洗練されたサウンドの高級感、オリジナル同人メタルでも最高級に位置するといっても過言ではないかも。
そしてchikaさんの透き通った美声とキャッチーな歌メロは相変わらずなんですが、今回はストーリー性が濃い内容みたいですし全体的な構成美やファンタジー感も増してる印象かな。

いちいち全曲について書くのもアレなんで、プログレっぽい聞き所だけピックアップして書いていきましょうかね。
まず2曲目の3分あたりの間奏、このオルガンの音色がプログレ感ありますよねえ、この雰囲気で1曲作ってもらいたかったくらい。
そして7曲目、これが一番プログレ度が高いかな。特に2番のAメロがカオティック感が満載。
8曲目は軽快でテクニカル感あるメインリフが印象的ですね。リズムの緩急が心地良い曲になってます。
10曲目は3分半あたりからの間奏がDjent感ありますね。まあこのサークルはDjentという言葉が流行る前から活動してるんだと思いますし別にDjentから影響は受けてないと思いますけどね…。この曲は夜明けの清々しい空気感みたいのが気持ちいいし一番気に入ってる曲かも。ラストの爽やかなコーラスも良いですよね。

…なんだかいつにも増して偏屈な記事になってる感ありますが、まあ同人音楽リスナーなら誰もが買ってるような有名サークルですし、普通の感想やレビューには事欠かないと思うんでこういうのも変なのもアリなんじゃないかと(?)
スポンサーサイト

植木屋「UNA SEA」

UNA SEA ジャケ

このブログの人はいつもプログレプログレって連呼してるからよっぽどプログレに詳しいんだろうなとか思ってる方もいるかもしれないですがそんな事は全然ないです。プログレに関しても全くもって初心者でございますw 有名なバンドですら聞けてないのばっかりですしね。プログレで有名な緑川さんのサイトとか見ながら、あー自分も財力があればいっぱい聞きまくりたいなぁとか思いを馳せるばかりです。

というか、自分そもそもプログレッシャーとか名乗れるほどガチなプログレ好きな人間じゃないんですよ。ぶっちゃけ「本物」のプログレってかなり敷居が高いんですよね。
御存知の通り、プログレってやたら演奏時間が長いし、難解だし、めっちゃ聞き疲れるんです。自分の好きなプログレって、そういうガチなやつじゃなくて、KANSASとかRUSHみたいにメロディがキャッチーで明るくて割と分かりやすい系統のプログレなんですよね。あと初期QUEENは最高にプログレッシブだと思ってたりするんですけど、いかに邪道なプログレリスナーであるか分かって頂けると思いますw

だからオタク感性で作られたアニソン系、同人音楽系のプログレ曲とか大好きに決まってるんですよね。オタク感性によってキャッチーさを付加され、プログレの取っ付きにくい部分を取り払って「それっぽい」部分だけを抽出してある訳ですからね、当然ながら非常に聞きやすい。聞きやすいプログレ最高。
A.C.T新譜の記事の時にも書きましたが、自分はキャッチーでコンパクトなプログレが好きなんで、同人音楽プログレはそういう意味で理想的だとも言えますね。

そして、今回の記事の主役であるこの植木屋さん主催のプログレコンピですよ。
オタクイベントのM3で売ってるんですからそりゃ最高にオタクな音楽ですし最高に聞きやすい。
これをガチなプログレッシャーな方に聞かせたら「え、これがプログレ…?」とか怪訝な顔されちゃう可能性もあると思うし(古参プログレッシャーさんだとドリームシアターもプログレと認められないらしいし。プログレ三昧の時も…)、このコンピ聞いた同人音楽リスナーさんが「へー、こういうのをプログレっていうんだ」とか納得されちゃったら初心者の自分ですらちょっとツッコミ入れたくなるくらいなんですけどねw

でも、このコンピに収録されてる音楽がプログレであるかどうかとかそんな定義論とかどうでもいいんですよ。植木屋さんを始めとして、こんだけ名だたるサークルさん達が楽曲提供してこれをプログレと称してるんだから、少なくとも同人音楽的にはこのコンピに収録されてるような音楽を「プログレ」と呼ぶことが認定されたと解釈したいんですよね。つまりプログレを前面に掲げた画期的なこのコンピによって(同人音楽限定で)ある程度の具体的な定義が形成されたのだと、そう受け取っております。(作り手の意図は分からないけど勝手にそう受け取っておりますw)
…というか基準が存在してたほうがブログ書く上でも色々と便利なんですよねw
このブログでもいつもプログレプログレ言ってますけど、この音楽性をプログレ呼ばわりすることは果たして妥当なのだろうか?って迷いが生じることある訳ですよ。読む側の方としても、こいつこのサークルのことプログレ言ってるけどほんとにプログレなのか?って疑い生じることあるんじゃないかと思うんですよ。そういう時にこのプログレコンピを引き合いに出せば説得力があるじゃないですかw

このCD、悶絶メタルさんと「オタクとメタルと私」さんがダブルで読み応えのある素晴らしいライナーノーツを寄稿してらっしゃいますし、正直うちみたいな感想文ブログが書くことなんて残されてないかもなぁと思ってたんですけど、いざ書いてみたら書くこといっぱいありすぎますねw
というか悶絶メタルさんのライナーノーツはやはり勉強になりますなぁ、同人音楽がプログレと非常に相性が良いということが具体例と共に分かりやすく解説されてますね。なるほど、ジャパニーズプログレ出身のミュージシャンでアニソン系に関わってる人ってこんなに多いんだなぁ。
ゲーム音楽がプログレの大きな影響受けてるということは御存知の方が多いでしょうね。
そしてかのサンホラもプログレの影響下にあると解説されてますね。
それから、このライナーノーツには書かれてませんが悶絶メタルさんのサイトのレビューのほうに、アリプロがかつてプログレやってたと書かれてるんですよね。過去の音源聞いたことないのでどのくらいプログレな音やってたのかは知らないんですが…。

つまり、ですよ。サンホラもプログレ、アリプロもプログレ、ゲーム音楽もプログレ。よく考えなくてもこの3つって同人音楽の大半をカバーしてる要素じゃないですかね?アリプロ=ゴシック系と考えれば。
つまり同人音楽は実はうちらが思ってる以上にプログレだった? むしろ同人音楽はプログレのサブジャンルという可能性すらある…?

…というのはさすがに冗談ですけどもw
少なくとも同人音楽においてプログレが無視できない構成要素であることは間違いないですよね。プログレとかいうよく分からん音楽性を同人音楽に求めてるこのブログの人はおかしいと思ってる方もいるかもしれないですが、そんなことないと分かって頂けるんじゃないかとw
同人音楽シーンにプログレを求めることは道理に適ってるし、むしろ同人音楽の発展に欠かせないものなのではないかと思えてならないんですよね。

さて具体的な楽曲について感想書いていきたいと思いますが。
まずNiusoundsですね。アンパンマンのメタルアレンジ等で有名な電音研が改名したサークルですよね。このサークル春M3新譜もオリジナル作品だから気になってはいたんだけど…脱メタルして同人音楽リスナー受けの良さそうな女性ボーカルの民謡っぽい音楽性になってるのがどうも釈然としない感じで結局買わなかった…。というか電音研時代からこういう音楽性あったのかもしれないけど。
しかしこのコンピ提供曲は良いですなぁ、これがプログレかどうかは置いていても、このゲーム音楽的な壮大な音世界、緻密なアレンジ、どれをとってもハイクオリティ。お笑い系のイメージあったけどやはりガチな才能をお持ちですなぁ。中間部でちょっとDjentっぽいアレンジもあったりして多彩な感じ。是非こういう方向性でオリジナルアルバム作って欲しいなぁ。

2曲目は主催の植木屋さん。これは割といつもの植木屋というか、ちょっとシンコペーション多めにしてテクニカル感を増してるってだけで雰囲気はいつもと一緒ですな。間奏部分でジャケでもパロってるKing Crimsonまんまなフレーズがあったりでいかにも同人音楽なところも。

3曲目はSatanic a la mode。もう同人音楽でプログレといえばこのサークル、っていうくらい定着してますよね。…してない?
でもこれもプログレっていうよりゲーム音楽寄りな感じもするんだよなぁ、まあDTMだから仕方ないんだろうけど。むしろゲーム音楽っぽいことが同人音楽的にはプラスに働いてるんですけどね。
出だしから変拍子やらポリリズムやらが入り乱れてめちゃくちゃ気持ち悪い展開に(プログレ系では気持ち悪いは褒め言葉ですよねw)。しかしカオスなだけでなくメロディもしっかり押さえた展開があるのがサタアラらしいところ。というか「骨」の時に比べるとやっぱり音質とか向上してるよなぁ。ドラム音もかなりシャープになってる気がする。

4曲目はEclipseedの【S】さんが手がけたインスト曲。本隊のEclipseedのほうは若干マンネリ感が否めないんですが、この提供曲はかっこいいですなぁ。プログレ愛もひしひし伝わってくるし(プログレってよりプログレメタルだけど)【S】さんの本領発揮という感じがする。【S】さんの持ち味であるパタパタ暴れるドラムも大活躍。演奏とか全部DTMだと思うんですけどまるでミュージシャンがセッションしてるような迫力ありますよね。

5曲目はあくたむし。快楽音楽堂の別名義ですよね。カオティックコアということで前々から気になってたんだけど、試聴聞いた感じではちょっとやかましすぎて好みと離れてるし、いまいち音のクオリティが微妙かなぁとか思ってスルーを続けてたんですけど、この提供曲はまじ凄すぎるでしょ。完全にこのコンピのハイライト曲ですよこれ。異様にドラマチックな展開といい、メロディの完成度といい、こんなすげえサークルを今までスルーしてたのかよと愕然とするほどの強烈な楽曲ですね。特に6分あたりの壮大な展開が鳥肌もの。サタアラにサンホラ要素を足してカオティックコアにしたような感じ?(快楽音楽堂のほうが全然キャリア長いと思うし本来は逆だと思うけどw)
でも改めて旧譜の試聴聞いてみるとやはりいまいちピンと来ないんだよなぁ、この提供曲が過去最高の楽曲だったりするんだろうか。それほど超渾身の楽曲を提供したんだとしたら凄いですなw このレベルの楽曲で固めたアルバム作ったらまじ神すぎるでしょう。
あざとくメロトロンっぽい音使ったり、コーラスも70sプログレっぽいレトロ感あるし、何気に一番プログレ意識してるのがこの曲なのかもしれない。

6曲目のAitherium、存じ上げないサークルなんですけど、曲提供が中心で自サークルの作品はほとんどないっぽい? というかfishpondの秋M3作品のラスト曲を提供してたのか、あの曲はかっこ良かったな。やはりプログレ系の感性があるコンポーザーさんは一味違うということか。
このコンピ提供曲もかっこ良いですな、1曲目と同じゲーム音楽的なインスト曲ではあるんだけどこっちはプログレメタル要素が強めな気がする。


収録曲6曲だけとはいえ非常に濃密な企画作品に仕上がっていますね。プログレとか関係なく大きな満足を得れる作品でしょう。
プログレを前面に掲げたコンピ企画にわざわざ参加するくらいなんだから、このコンピに参加してるサークルさん達は全部「本物」のプログレ好きな方々であることは間違いないとは思うんですが、でもプログレから直接影響を受けていなくても、ゲーム音楽やサンホラ等から間接的にプログレの影響受けてるサークルさんも相当数いると思うんですよね。そういうサークルさん達は意識的にプログレって言葉を標榜することはないとは思うけど無意識にプログレの方法論で音楽を作ってる可能性もある訳で、そういうのも含めて同人音楽でプログレが盛り上がってくれるといいなぁと、このコンピを聞いて思ったりしてます。

というか、結局UNA SEAってどういう意味なん…? 戸塚区と関係あったり?w
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析