Ephebophilia「Survival Instinct」

Survival Instinct

このEphebophilia、近年登場したメロスピ系サークルの中では最も注目すべきサークルの1つなんじゃないかと思うんですけど、じゃあ何で後回しにしたのかっていうと…もう何度も繰り返し書いてるので割愛します…。悶絶メタルさんにおいて「ボーカルが弱い」っていうのはアニソン系ボーカルの大半に適用される評価だと思うしほぼノーカウントだと考えていいと思うので、実質的に高評価だと捉えていいんじゃないですかね。
むしろこの女性ボーカルさんめっちゃ上手いと思うし声質的にも非常に魅力的だし、もしボーカル変わってしまったらガッカリすること確実なので是非とも今後も歌って欲しいですよね。まあいきなり男性ボーカルになったりはしないと思うんで心配ないと思いますが…。

今回の新作で特筆すべきはやはりサウンド面での大きな進化ですね。試聴の段階でもまるで別サークルかと思うくらいの化け具合で驚かされました。RPGに例えるならレベル5くらいから一気にレベル30くらいまで跳ね上がったような感じ…?
初作品となる1stミニアルバム「Spectrophilia」ではメロディセンスにおいて非凡な印象を見せ付けつつも、プロダクションに難があって荒削りな印象が強かったのですが、1曲入りシングルを挟んでの今回の2ndミニアルバムは、その弱点を早くも克服して、もはや中堅以上の知名度のサークルにも余裕で匹敵するクオリティを手に入れたと言えるのではないでしょうか。
いやはや、この2年くらいの間に出てきたサークルほんとレベル高すぎだと思いますね、作品を重ねる毎に徐々にクオリティアップするんじゃなくていきなり何段階もすっ飛ばしてクオリティ跳ね上がったりしますからねえ。DTM技術の進歩というのも大きな要因の1つではあると思いますが、やはり各サークルのポテンシャルの高さがその飛躍を可能としてるのではないかと。

お決まりの序曲に続いての2曲目「Survival Instinct」、イントロの鋭く硬質なリフの時点でかなり驚かされます、オリジナル同人メタルでここまでリフの主張の強い曲ってあまりお目にかかれないですからね。他のV系寄りのサークルと見事に差別化できていると言えるかと。プロダクションの向上により全体的にギターパートは見違えるように安定感を増してます。勿論それに続く歌メロも素晴らしい、1stミニアルバムで披露した卓越したメロディセンスは健在ですね。そして割と長めのギターソロパート後半でのドラマチックなツインリード。というかこれめっちゃSilent Jealousyですね。ここで気付くんですが、この曲は硬質なリフも含めてXリスペクトな曲なんだなぁと。まあXはジャパメタ最強のバンドですからね、そのXの楽曲でも最強のギターソロを擁するSilent Jealousyをリスペクトするのも全く珍しいことではないですね。むしろXから影響受けてるメタル系音楽は個人的に好感持てます。V系はあんまり好きじゃないですしね。
3曲目「Eden of solitude」は疾走感は控え目ですが、硬質なリズムギターによりメタル的なグルーヴ感はしっかり感じられますね。ボーカルのもなさんのロリ声とパワフルな声質の使い分けには見事なものを感じます。

4曲目「Escape to the future」は超高速ツービートな疾走曲で、今作のハイライトと言える曲ですかね。サビもドラマチックで申し分なし。テンポ早すぎてギターソロの速弾きはちょっと苦戦してる感ある? 間奏で転調してダークでヘヴィなリフが入る部分がめっちゃ好き。完成度は高いんですが、ただ1st収録のキラー曲「Beyond the sin」の激クサメロディに比べると少々物足りない部分があるのも事実。1stのクサメロと今作のプロダクションが合わさればきっと最強になるだろうなと思ったり。
そして5曲目の「Prayer of the soul」、なんと演奏時間が10分もあり、どんなサンホラ的もしくはプログレ的な展開が待ち受けているのかとワクワクしつつ再生したら…なんと一本調子でほとんど展開に変化がないバラード曲だったのでガッカリ。いや、メロディは良いと思うんですけどね、でもやっぱり長尺にするのならそれなりに曲展開にメリハリ欲しかったかも。1stは割とサンホラ的な曲展開あったからけっこう期待してたんだけど…。次回作では何かそれっぽい曲に挑戦して欲しい気がします。いや無理してサンホラっぽくするのもアレですけどね…。

そんな訳で、音作りのクオリティは飛躍的に上昇しつつもその他の部分でまだ惜しいところも残ってたりするんですが、でも惜しい部分ってのは「伸び代」だと捉えるべきだと思いますし、同人音楽においては否定的に捉えるべき点ではないですね。というか、いきなり完璧な作品出されたら古参サークルの立つ瀬がなくな(ry
あと、何気にシングル「Schwester」の方向性が気に入ってたのでまたああいう路線の曲もまた聞きたい気がします。割と寡作気味なサークルだから秋に新譜出るかは分からないけど、ともあれ次回作も大いに期待したいですね。
スポンサーサイト

Ephebophilia「Spectrophilia」「Schwester」

Spectrophilia.jpg

先日の雑記にも書いた通り、各所で高く評価されてるっぽいこのサークルさんですが、遅ればせながらこの冬コミ発表のミニアルバム聞いた感じでは、個人的にはそれほど即効性があるタイプの音楽とは思えなくて、正直なところいわゆるスルメ盤に類する印象でしたね。評判が良いって意識をせずに聞いてたら1回だけ聞いてお蔵入りした可能性も無きにしもあらず。まあ音も悪いしボーカルも演奏もヘナヘナですからね、一聴してすぐに魅力が分かるタイプではないと思うんですけど。
しかしメロディセンスが他より抜きん出ているというのは間違いないですね。あと演奏はヘナヘナだけど何気にアレンジ面で緻密に作られてる感もあったりでそこも好印象。

いちおうジャンル的にはメロスピになるんですかね、サークルカットにもそう書かれてたような気がするし。
ただ、メロスピ系って一口に言っても同人音楽的にはかなりバリエーションがありまして、
①洋楽メロスピ系、②邦楽メロスピ系、③メタルっぽいアニソン系、④メタルっぽいV系、⑤メタルっぽいゲーム音楽、⑥メタルっぽいサンホラ曲
…ざっと挙げてもこれくらいにルーツ毎の分類が可能だと思いますね。パッと聞いただけならどれも似たように聞こえるでしょうけど、どれをルーツにしているかによってかなり毛色が異なってくるかと思います。(ちなみにXは完全にメタルなのでXがルーツなサークルはV系ではなくメタルに入れていいと思ってます。)
このサークルさんの場合はやはり②と④かなぁ。特に前半の曲の#2、#3が④で、後半の#4~#6が②って感じがします。このサークルは2人メンバーがいるみたいですが、片方が前半のV系っぽい曲を手がけていて、もう片方が後半のクサメタルっぽい曲を担当してるのかなとか想像したり。細かい担当曲とかの情報がどこにも書かれてないんで実際のところは知る由もないんですが。

自分はメタラーなんで当然ながらというべきか、やはり後半の曲調のほうが好きですね。特に注目すべきは5曲目「Beyond the sin」ですよね、これは名曲でしょう。曲名からしてクサメタルっぽい感じですが、開幕からクサメタル直系と言えるようなダサさと紙一重の激クサなギターフレーズが展開して、やはりスタイリッシュなV系ルーツのメロスピとは一線を画してますね。でも単にクサいだけじゃなく、ベースの音がテクニカルな感じに絡んだりしてアレンジはなかなか凝ってる感はあります。そしてサビでは女性ボーカルがキャッチーで且つ切迫感のあるドラマチックなメロディを高らかに歌い上げます。この盛り上げ方いいなぁ。それに続く間奏もずいぶんと長めで、ギターの演奏に拙い部分はあるもののドラマチックという点では申し分なし。間奏明けでCメロの穏やかな歌メロが入るんだけど、次はサビが来るなと思わせといて、この後に入る歌は実は1回目のサビとは別のメロディなんですよね、ちょっとサンホラ的な複雑な展開ですな。サビのメロディ秀逸だから普通に繰り返しても良かった気はするんだけど、あえて複雑にする意気込みは買いたいと思いますw

6曲目も同じくクサメタル的な楽曲ですね。初っ端からハイトーン駆使したクサクサな歌メロが展開しますが、これも繰り返しが無くて1回しか登場しないのがなかなか勿体ない。Aメロではピアノが美麗なフレーズを奏でてますなぁ。サビは作品の締めに相応しい雰囲気の大団円系(?)の歌メロで盛り上げてくれます。
順番が前後しましたが4曲目も良いですね、バラード系なんで疾走はしないですがその分メロディの良さをじっくり味わえます。

前半も良く出来てるとは思うんだけど、V系ルーツのゴシック系は同人音楽において完全に飽和状態なんで新鮮味が薄いというのが本音ですかね。でも単なるありきたりなゴシック系ではなく、アレンジにメタルっぽい要素も取り込まれてるんで没個性には陥ってないところは十分評価できると思いますね。


Schwester.jpg

という訳で、冬コミ作品は後半のクサメタルっぽい曲調が気に入ってたんで、春M3の新譜(1曲入り)もその方向性で作られてたらいいなぁと思いつつ聞いてみたら、期待通りクサメタル路線だったので安心しましたね。やはりオリジナリティを追求するならこの路線でいくべきっていう自覚はあったのかな。それとも冬コミ後にリスナー側から意見があったのかもしれないが。
新譜は1曲入りですが聞き応えは十分ですね。序盤は疾走せずゆったりな展開ながらも、ホーンセクションが鳴り響きドラマチックに演出します。ただ、疾走するまでに時間かけすぎでちょっと冗長な感じはあるかな。2分過ぎにようやく疾走開始するんですが、リフが完全にクサメタル系のフレーズであり、良い意味でダサい。幻想音楽系イメージで売っていても根っこの部分はメタルなんだなぁと感じられて実に好感持てますねw 少しドラガの名盤1stを思わせる雰囲気もあり。5分半あたりからのクワイアと絡む展開も最高だなぁ。
この調子で次回作も作ってくれるなら大いに期待できるでしょう。


それと、素人Pさんがニコ動に投稿した曲の一覧もちょっとだけチェックしてみたんですが、「プログレッシブ・サーカス」っていう曲があったのでホイホイされて聞いてみましたが…。うーんやはりプログレ系の人ではなさそうw
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析