Marchen Station「World Of Maquillage」

World Of Maquillage

「Beyond The Horizon」

というタイトルの曲からこのアルバムは始まるんですが、サンホラが好きなリスナーさんならきっとこのタイトル見て反応してしまうじゃないですかね?
え、まじであのサンホラを越えちゃうつもりなの?ずいぶん大きく出たなぁ…。みたいなw
自分の中でもサンホラは他のアーティストとは完全に別格の存在というか、日本の音楽アーティストでサンホラに並び立つ者なんていないだろ?って思ってるような信者くさい思考の人なので、当然のことながらこのタイトルには反応してしまいましたねw

しかしまあ、実際はこのMarchen Stationの中心人物であるCafe Au Laitさんは別にサンホラを意識なんてしてないんでしょうけどね。たまたまHorizonってタイトルに入ってただけで特別な意味なんてないんでしょう。しかしサンホラファンはHorizonって言葉見ただけで反応してしまう習性があるので仕方ないのですよw Bring Me The HorizonとかLost Horizonなどのバンド名を見て反応してしまった経験のあるローランの方々はきっといますよね?いないですかねw

そして、ただタイトルだけの問題ではなく、このアルバムに収録されてる音楽が凄まじいクオリティであることが、このHorizonという単語をサンホラに結びつけてしまう要因になってる事は間違いありません。
同人音楽界隈ではよくあるような、音楽性においてサンホラっぽい物を作ってるという意味ではなく、クオリティ面でサンホラの次元に迫っているという稀有な事例です。

Marchen Stationのこの新作アルバム、とにかく曲がめちゃくちゃ良いんですよ。
一般的にはサンホラの音楽性を特徴付けるのはストーリー性だったりセリフやナレーションだと思われてるんでしょうけど、個人的にはサンホラの音楽の最大の特徴は「曲が良いこと」だと思うんですよね。もしセリフや世界観などの要素を全部削ったとしてもサンホラの音楽はメロディだけでも孤高なレベルだと思うんですよ。曲の良さこそがサンホラをサンホラたらしめてる要素だと思う訳です。そしてこのMarchen Stationも曲の良さでサンホラに迫る勢いを持ってるのではないでしょうか。
このアルバム、どこを切ってもキャッチーでクサい上質のメロディだらけです。この手のクサメタルって似たようなメロディばっかりのワンパターンに陥りがちだけどそういう欠点もなく、どの曲のメロディも確固とした個性を持っていて全く飽きさせません。自分も試聴の段階で飽きるほどヘビロテしてたのに、購入してから更にヘビロテ重ねてますからねw ほんと飽きないですよ。Cafe Au Laitさんのメロディーメーカーとしての類稀なる才能にはただ脱帽です。
まあ、それでも紅白出場決まったあのグラサン陛下様の孤高のレベルにはさすがに届かないかもしれない…。Cafe Au Laitさんが「天才」ならば向こうは「神」レベルですしねww でも「Beyond The Horizon」がそういう意味に思えてしまうだけの凄まじさは確実にありますよ。ほんと凄いと思います。

もう一つ「Beyond The Horizon」を臭わせる要素としては、Cafe Au Laitさんのマルチすぎる才能ですかね。この方、作曲だけでも天才的なのに、なんと超テクニカルなギター速弾きも得意で、しかもアルバム中の外人みたいなナレーションやオペラティックなテノール的ボーカルも歌ってるようで、ほんと何でも出来ちゃう人みたいですねえw どうやら才能っていうものは人間に平等には分配されてないようですねww

音楽的な方向性においてはサンホラの影響は微塵も感じさせませんが、アニメ、ゲーム系のいわゆるオタク的な音楽という意味では共通項はあるかもしれないですね。
もともとこのMarchen Stationはちょっと変わり種ではあっても概ねジャパメタの文脈から外れないメタルをやってたみたいですが、この新作ではオタク文化圏の音楽性に大きく接近した感があると思います。具体的にはゲーム音楽、ニコニコ動画、東方アレンジなどの音楽性ですね。

試聴聞けばすぐ分かると思うんですけど、ボーカルを加工しまくってボカロみたいなことになってるんですよねw こりゃ完全にニコ動のノリですよw ジャパメタで屈指のハイトーンボーカリストLeo Figaroさんの歌声をここまで加工するっていうのもずいぶん大胆な試みだと思いますがw
あと、インスト部分はギター以外はDTMということもあってか、かなりゲーム音楽っぽいと思います。レトロゲーのメタルアレンジを聞いてるような気分になる曲もいくつかあります。というかCafe Au Laitさんはゲーム会社のサウンドクリエイターが本業らしいんで当然といえば当然かw
そして、名前通り非常にメルヘンな音であることも特筆すべきですかね。ファンタジー系のクサメタルなら多いけど、こういうキャッチーさが重視された「メルヘン」な音のクサメタルって珍しいんじゃないかな?よくあるRPG系のファンタジーじゃなくてディズニーとかそっち系のノリに近い。特に#1、#2の流れとか。
結果として、普段メタル聞かないニコ動界隈のリスナーやゲーム音楽好きなリスナーの興味もそそる音になってるんじゃないでしょうか。

まあ、ゲーム音楽っぽい音はともかく、一般的なクサメタルリスナーからはこういう加工ボーカルは非難される可能性もあるかもしれませんが、個人的にはこの試みは高く評価したいですね。いくらLeoさんが歌唱力あるとはいっても素の歌唱だったらこんな楽器みたいな歌メロは実現不可能だったと思いますしね、このボカロ的な加工ボーカルによって本来楽器でしか奏でられないようなクラシカル、民謡的なフレーズを歌メロに取り入れてクサさが大幅に増量されてるのは間違いないと思います。

それと、ニコ動に対する偏見を持つ層が多く存在してることもありますし、そっち界隈に媚びた音楽性が賛否両論になることもあり得ると思いますが、個人的にはメタルと同人音楽の架け橋的な存在になることを期待してたりします。
同人音楽でもメタル系の音楽やってるサークルは多いですけど、ほとんどが女性ボーカルですよね。もしくはV系ボーカル。こういう、正統派クサメタルな男性ボーカルで同人音楽界隈に受けそうな音楽って今までありそうでなかったんじゃないかと思えなくもない。まあ自分初心者だし知らないだけで既にあるのかもしれないけどw このアルバムは男性ボーカルが苦手な人でも興味持ってくれそうな気がするんですがどうでしょう?
ともあれ、幅広い層におすすめしたい音楽であることは違いありません。

あと、なんかこのアルバムのレビューを書くとボーナストラックがダウンロード出来る企画があるらしいんですが、それとは無関係にこの記事書いてます。
だって、そんな企画に乗ったらお世辞で褒めてると思われかねないじゃないですかw 本気で良いと思ってるからこそこうやって絶賛する記事書いてる訳ですし、企画には乗りたくないですねw

まだ書きたいこといっぱいあるけど、さすがにこれ以上ダラダラ書いても読む人いないだろうからこの辺でいちおう止めておきましょうかw とりあえず、細かいところまで読んでくださらなくとも、めちゃくちゃおすすめのアルバムってことが分かって頂ければそれで十分ですw


続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析