Junsei「Daybreak」

daybreak.jpg

https://junsei-vocalist.jimdo.com/

もはや同人メタル界で屈指と言って過言でないほどのパワフルで存在感あるハイトーンボイスを聞かせる実力派ボーカリスト、Junseiさんのソロ名義2作目のシングルです。

今作もJunseiさんの冴え渡るハイトーンボイスとPratanallisヒノデさんのテクニカルなギターのコラボレーションにより安心安定な内容に仕上がってます。
前作は「Roots」というタイトルと共に王道のパワーメタル的な曲調が披露されていて、これがまさしくJunseiさんにとってのルーツなのかなと感じたりしたのですが、今回はちょっと趣向が変わってまして、メタル的な要素も勿論あるけど全体的にラウド系寄りな雰囲気になってますね。同じくJunseiさんがボーカル担当してるサークルで例えるならば、黄昏の旅団よりもCI Project寄りな作風という感じ。
Junseiさんのハイトーンボイスはパワーメタル系のイメージ強いんですけど実はスクリーモ系の楽曲にもばっちりハマるんですよねえ。もちろんJPOP的なキャッチーな歌い方も出来るし、対応できるジャンルの幅が非常に広いのは強みでしょうね。

1曲目「Daybreak」は出だしのソリッドなリフはHR/HM的なんですけど歌が始まるとラウド系っぽい雰囲気に移行します。このハイブリッド感が良いですね。やっぱりヒノデさんのギターは根っからのメタル系でハードコア風味はあんま無い感じありますがそれが良さに繋がってるというか。メタルコアじゃなくて「スクリーモの雰囲気のあるHR/HM」って感じなんですよ。微妙なニュアンスですけど重要。間奏のギターもめちゃくちゃテクニカルですし。
今作については公式がやたら「失踪」って連呼してたけど実は疾走してるのはリフだけで…全体的には中程度のテンポな曲調ですね。というか、もしかして「疾走」の誤字ネタじゃなくてまじで「失踪」に込められた特別な意味があるのかも…? いやいや。
まあ、ツービート疾走はしてないけどドライブ感は満点だから物足りなさは全く無いんですけどね。クサメタラー向けに特化された曲ではないけどロック系が好きなリスナー全般におすすめ出来る間口の広い曲になってる気がします。

2曲目「Fanatical Pacifist」、これは打って変わってかなりヘヴィさが際立つ作風で、前作の「Kandata」よりも更にヘヴィさが増してる。しかしただ重いだけではなく、この曲の注目点はやはりハイトーンボイスを駆使したドラマチックなサビにこそありますね。
Junseiさんはハイトーンボイスが武器のボーカリストではあるんだけど、でも意外に甲高い高音域を出すことは稀で、黄昏の旅団の1st以降は意図的に高音域メロを封印してた感じあったと思うんですよ。それがこの曲では突き抜けるような超ハイトーンの歌メロを久々に披露してるんですよね。まあ、黄昏の1stでは高音域に少し危ういところもあった訳で、きっとそれで封印しちゃったんだと思うんですけど、今は余裕で高音域もこなせるほどにJunseiさんの歌声も進化を遂げたっていうことなんでしょうね。今後はハイトーン駆使の曲が増えるに違いない。
もちろんこの曲でもヒノデさんのギターワークは万全。Pratanallisとは趣きを異にするヘヴィな演奏でJunseiさんのボーカルをサポートしています。

ジャケは今回もめちゃくちゃカッコいい。絵師のc.c.Rさんのイラストはこれ以上にないほどにJunseiさんのイメージにハマってると思う。

Junseiさんのハイトーンボイスは更に強化されてるし、ヒノデさんとのコンビネーションも更に板に付いてきたし、これは今後出るであろうアルバムがますます楽しみになりますよ。
もちろん黄昏の旅団のほうのアルバムもずっと待ってるんですけどね。けっこうご無沙汰なCI Projectもそろそろ何か来て欲しいところです。
そして何度も言ってるようですが「中二病なお兄さん」ことPaspalさんとのコラボアルバムも聞きたい…。
スポンサーサイト

Junsei「The Roots」

http://junsei-vocalist.jimdo.com/

今、同人メタル界で最もアツい歌声を聞かせるボーカリスト、おじゅん改めJunseiさんが放つ初のソロ名義作品でございます。しかもその熱唱を最大限に活かすクッソ熱いメタル路線でメタラー歓喜必至!

今までも黄昏の旅団とCI projectにて歌唱活動をなさってたJunseiさんですが、ここに来てついにソロ名義の活動を開始しました。前述の2サークルにおいても素晴らしい熱唱を聞かせてくれていたのですが、今回はソロ名義ということで、Junseiさん個人が真にやりたかった音楽性がこの作品に詰まっているのだろうと想像できますね。
しかもタイトルが「The Roots」ですからね、この作品にJunseiさんの音楽的なルーツが込められていると解釈するのならば、今作の1曲目と2曲目で聞けるメタリックな音楽性がさらに特別な意味を持っているとも感じられますね。

黄昏の旅団にて昨年の春に発表された楽曲「Give courage and hope to you !!」と夏コミで頒布された同名のシングルにおいてもメタラー歓喜モノの疾走メタル路線が披露されていたのですが、今作の1曲目「The Roots」も疾走メタルという点で共通しているとはいえ似て非なる物と言えますかね。
黄昏の旅団のほうは疾走はしていてもシンフォニック要素を含む洗練されたサウンドが核になっていて整合性の高い仕上がりになっていたと思うのですが、それに対して今回のソロ作は、ロックの衝動的な側面を重視したような攻撃的なギターリフを前面に出した鋭い音像になっていて、やはり明確な違いは感じます。
まあ後者はアレンジとギター演奏を担当したPratanallisのヒノデさんのセンスに依るところも大きいのかもしれないですが、それでもソロ名義作ということを考えればこれがJunseiさんの目指す方向性であることには違いないのでしょうね。
もちろん言うまでもないことですが、黄昏の旅団とソロ作でどっちが良いとかいう優劣を決める話ではなく、それぞれに魅力があるということですけどね。

それにしてもこの表題曲「The Roots」、素晴らしい曲ですね。サビメロが最高、この手のアニソン風味のパワーメタルとしては理想的なサビメロの展開なのではないでしょうか。主役であるJunseiさんの歌唱が絶品であることは当然なのですが、それを支えるヒノデさんのギターワークも見事すぎますね。随所で聞かせるテクニカルなフレーズがドラマチックな曲展開をサポートし、そしてPratanallisのほうでは聞けない無骨なギターリフが攻撃性を演出します。ただ、サビ後のピアノのフレーズでまんまPratanallisの部分があってそこが愛嬌ですかね。事ある毎に「同人ゴシックで最も期待度が高い~」とか枕を付けてPratanallisを紹介してきた気がしますがほんとヒノデさんは今後の同人メタル界において重要な役回りを担ってくれれそうな人材だと思いますよ。

2曲目「Kandata」は、テンポ的にはさほど速い訳でもないんですが、ドライブ感あるリフによってBPM以上の速さを感じさせる曲かもしれません。ギターの後ろで鳴っている浮遊感あるシンセの音色も効果的。こちらでもJunseiさんの熱唱は絶好調。キャッチーさは1曲目に比べても抑え目で、メタル的なアグレッシブさを重視した曲であると言えるかな。

3曲目「淵」は、それまでの流れとは打って変わって静かなピアノの音色を基調としたバラード曲。1曲目と2曲目とは違ってこの曲ではヒノデさんのサポートも無いと思われるので、おそらく完全にJunseiさん単独で制作した「真の」ソロ作なんでしょうね。ピアノとストリングスのアレンジに若干の不慣れな感触が残っているとはいえ、歌メロのほうは実に素晴らしい出来だと思います。黄昏の旅団のほうの名曲クラスの楽曲と比べても遜色ないレベルだと思います。Junseiさんのコンポーザーとしての可能性も大きく感じさせる曲ですね。

ジャケ絵がカッコ良い男性キャラクターのイラストであることもポイントだと思うんですよね。やっぱり男性ボーカル作品ならばジャケも男性キャラクターにしたほうが整合性が取れるんじゃないかと思うので。
もちろん、同人音楽伝統の美少女ジャケにすることが悪いこととは思わないし、自分もオタクの端くれなんで美少女ジャケのほうが購買意欲が湧くっていうパターンもあるんですけどね。でもやっぱり内容とジャケ絵が合っているに越したことはないかなぁと。


http://www.xorsizer.com/
そして、今回のM3で発表されたもう1つのJunseiさん参加作品、Xorsizerの無料配布曲「Versus~正義と反逆の決戦歌~」のほうも感想書いておきたいと思います。
はっきり言ってこれが予想をはるかに上回る素晴らしい内容でした。楽曲の発散する熱量においては上記のJunseiさんソロに勝るとも劣らないほど。

実を言うと、パスパルさん主催のSymholicの作品はあんまり買ってなくてですね(1stはリアルタイムで買ったんですけどね)、まあこのブログにSymholicの感想記事が一個も載ってないことを見て頂けば察しは付くと思うんですが…。Xorsizerについても同様で、多少気になるところはあったけどやはりスルーしてました。
しかし今回のJunseiさんとのコラボ新曲、これがめちゃくちゃ良い。ストリングスのアレンジにはSymholic同様に淡白というかドラマチックさに欠けるようなもどかしさはあるものの、それを補って余りあるほどにボーカルパートが素晴らしい。Junseiさんの激アツなボーカル、そしてパスパルさんの少し拙さはあれどもひたむきさに好感を持てるストレートな歌声、このお2人の繰り広げるボーカルバトルが最高に熱い1曲になっております。

あと、曲の途中に挿入されるセリフがこれまたクッソ熱いんですよね。長々しいナレーションではなくてほんの一言の短いセリフなんですがこれが実に効果的。「ただちに死をもって償えっ!(イケボ)」とか「さあ反撃の時間だ(イケボ)」とか、いちいち熱くて楽しすぎるんですよ。これって、聞いてるリスナーだけじゃなくてきっと制作してるお2人もめっちゃ楽しんで収録したんじゃないかなぁって想像しますね。
サンホラのMoiraラストのアメテュストス vs レオンティウスの辺りが好きな人とかきっとツボるんじゃないかなこのノリは。

これはこの1曲だけで終わらせたら勿体ないコラボだと思うなぁ。是非ともこれでアルバム作って欲しいなぁ…。欲を言えばゲストギターにヒノデさんが参加したりすれば更なる最強なことになりそうな気もする。
でもこういう路線は同人音楽界隈的にはあんま需要なさそうなんでアレですけども…。「どっちが受け?」とか妄想しちゃうような女性層からの需要ならありそう? いや…そんな層から需要あっても困るか…。

黄昏の旅団「Give courage and hope to you !!」

http://tasogare-no.jimdo.com/

タイトルは春の新曲と同じなんですが今回紹介するのは先日の夏コミで頒布された2曲入りのシングルですね。有料の新譜としては昨年の春以来でしょうか?

春M3の新曲は満を持して…と言って良いのかは微妙ですが、クサメタラー歓喜(…させてたと思う、たぶん)の非常にドラマチックな疾走曲だったので、次の新作もこの調子で疾走曲が中心の新作を出して欲しいなぁと思っていたんですけど、そんな期待を背負っての今回の夏コミ新作、確かに疾走曲オンリーでクサメタラー向けな作風ではあるんですが、2曲のうち1曲は春公開されていた曲のリミックスバージョンなので今回の新曲は実質的に1曲しかないというのが正直いって寂しいところではあります。
あと、お値段的にも新曲が1曲で500円と考えると同人音楽の相場的にはちょっと高めという感じありますし…少しばかり敷居が高いところもあるでしょうか。まあこれだけ美麗なジャケ絵も付いてる訳だし適正な価格設定なんだとは思いますが。

ただ、価格のことを考えなければ、分かりやすい疾走曲が2曲収録のシングルということで入門用には最適な作品と言えるかもしれませんね。もちろん2曲とも素晴らしい曲ですし。
タイトル曲の「Give courage and hope to you !!」が名曲であることは言うまでもないんですが、新曲の「Toward the dream...」も素晴らしい出来ですね。疾走感や歌メロの熱さは「Give courage…」と同路線なんですが、こちらはゲーム音楽的な勇壮なシンフォニックアレンジが印象的です。
一番の聞き所は中盤のギターソロでしょうかね、ここのフレーズのクラシカルなクサさは最高ですよね。唐突にコミカルな効果音が挿入されるのでちょっと意表を突かれますが、この効果音がゲーム音楽的な雰囲気をより強めていると言えますかね。HELLOWEENの曲でゲーム音楽なピコピコ音が入った曲あるじゃないですか、あの曲をちょっと思い出しました。
1曲目終了から間髪入れずに2曲目に繋ぐのもテンション高まりますよね。まさに完璧な流れの2曲ですな。

改めて考えてみても、黄昏の旅団の今まで発表してきた楽曲って、無料公開の曲も含めて捨て曲と言えるような微妙な曲がほとんどないんですよね。ジャンルは多岐に渡れど、メロディの質に関して一貫した完成度を保っているのは凄いことだと思います。そして言うまでもなくJunsei(おじゅん)さんの力強いハイトーンボーカルは非常に魅力的だし、サウンドのクオリティも高いし、これだけ武器が揃ってるサークルなのに何故かいまいち認知度が上がってない気がするのは…やっぱりオリジナル同人音楽における男性ボーカルの需要の少なさによるものなのかなと…。もうちょっと同人音楽リスナーの層が厚くなって多様な音楽が許容される土壌が整わないことにはその辺はどうにもならないのかなぁ。

次回作こそはアルバム出して欲しいと願ってますが、でも次はどういう方向性で行くのかはちょっと予想付かないですね。出来れば今回みたいに疾走曲が中心の作品を出して欲しいところなんですが…。

黄昏の旅団「Give courage and hope to you !!」

http://tasogare-no.jimdo.com/
今回の新曲ってコンピの収録曲だった訳ですけど…なんか当日スペースにコンピCD置いてなかった気がするんですが。自分が見落としてただけ? もしかしてコンピの主催サークルのスペースに置いてあったのかもしれないですが、そっちのサークルの配置とかチェックしてなかったんでいちいち探すのも面倒くさいし結局コンピは入手しないまま帰ってきてしまいました…。
いや、だって既にサウンドクラウドにフルでアップされてた訳ですし、黄昏の旅団の新曲以外に興味ないから大量の収録曲の入ったコンピいちいち聞くのも煩わしいですしね…。
という事で、今回の感想記事はCDの音源ではなくサウンドクラウドの音源についての記事となっていますのでご了承ください。

今回の新曲、ついに疾走曲が来ましたよ。最初におじゅんさんの歌声を聞いた時以来ずっと、この小野正利的なハイトーンボーカルで疾走メタル曲も聞いてみたいなぁと思ってた訳ですが、ようやくですね。長かったですよ。
何故ずっと疾走曲やらなかったんでしょうね。色々事情があったんだと想像しますが、疾走曲やらないというポリシーがあったのか、それとも演奏上の問題(ドラム?)があったのか、分からないですけどとにかくやってくれたんだから良しとしましょう。

黄昏の旅団は個人的にはシンフォニックロック、メロハー路線の1stが一番好きだった訳ですが、その後の2ndでは民謡寄りになったり、次の秋の無料配布ではプログレメタル的な展開を大胆に導入したり、かと思えばApolloの新曲ではエレクトロニカになってたりと、とにかく1つの音楽性に捕らわれず様々なジャンルに意欲的に挑戦し続けてきたサークルである訳ですが、しかし、おじゅんさん(今はJunseiという表記に変わっていますが)の声質のポテンシャルと同人メタルシーンの需要を鑑みるに、やっぱり一度は分かりやすい疾走メタルやって欲しいなと思ってたんですよね。そしてついにそれが実現したので嬉しく感じております。
もちろん、プログレメタル路線も良かったんですけど、でも言い方はちょっと悪いですけど一度はメタラー諸氏に媚びたことやって欲しかったというか、それでどういう評価をされるか見てみたかったというかですね。だってクサメタラー系リスナーって疾走曲がないとそれだけで興味失いそうだし…。偏見かもしれないですが。
例えば同人クサメタルで最も高い人気を誇るUnlucky Morpheusとか、オリジナルやるにあたって全曲疾走させてるじゃないですか。さすがクサメタラーの需要を心得てるというか、「途中で飽きないようにアルバムにバラエティ感を持たせる」とかそんな配慮いらない訳ですよね。中途半端にミドルテンポの曲とか入れたらクサメタル的には捨て曲認定されそうですし。やはりドラフォ的な精神ですよね(?)

話が逸れました…。
そんな訳でこの「Give courage and hope to you !!」、満を持しての疾走曲なのですが、今までずっと疾走を封印(?)していたということもあり、もしかしたらいざ疾走展開やったら違和感とか出てしまうのかな?とか思いきや、そんな事は全くなかった。むしろめちゃくちゃしっくり来る。何で今まで疾走曲やらなかったのって疑問がボコボコ沸き上がってくるくらいには疾走展開がハマっています。
そして、もちろんただ疾走してるだけではなく最高にメロディアスでドラマチック。やはりこのメロディセンスとアレンジセンスの安定感は只者じゃない。それに伴いおじゅんさんのボーカルも過去最高級の力強さを発揮していますね。間奏にもいちいちクサくて熱いフレーズ挟んでくる感じなんですが、やはり一番盛り上がるのはラスト近辺のギターソロかなぁ、ここの高揚感は半端ない。疾走してるから良いというのではなくやはり曲の出来がめちゃくちゃ良いんですよねえ。
これはGalneryus好きなリスナーにも是非聞いて頂きたいですよ。

こんな素晴らしい新曲を聞かせて頂いたからにはやはり次回作もメタル系の楽曲で固めた作品を期待したくなりますよね。もしこれで次回作が非メタル系だったら肩透かし感あるかも…。いや、個人的にはそこまで疾走にこだわりがある訳じゃないんですけど、でもやっぱり一度は黄昏の旅団流のガチなメタル作品を聞きたいじゃないですか。
余談ですが、これだけクサい新曲が公開されたんだから同人メタラー諸氏もきっと反応してるだろうなと思ってツイッター検索してみたんですが、相変わらず.hackの方の黄昏の旅団ばっかりヒットしますねえ…。まあサークル名の元ネタなんだろうから当然なんだろうけど。ちなみに旅団って軍隊用語で陸軍編成上の単位のひとつ…なんだそうで。幻影旅団を旅をしてる団体だと思ってた人間は自分だけじゃないはず。え、自分だけ? ああそうですか…。

黄昏の旅団「Deep-sea gravity」

Deep-sea gravity

同人メタル界の小野正利…とか春M3の時に書いてましたけど2nd以降はハイトーンを控え目にして中音域を主体にしてる感あるからあんまりこの呼称は今は合わないかな。まあそんな呼称を使ってた人間がうち以外にいたとは思えないですがw

さて今回の新作は無料配布だった訳ですが、いつもならこのブログの人は新作が無料配布だという情報を見ると渋い反応するのが常なんですが(無料配布は入手難度が上がるので)、でもまあこの黄昏の旅団は前回の春M3の時もイベント後に無料配布音源をサウンドクラウドにアップしてくれてたし取り逃しても大丈夫かなーと軽く考えてたんですよね。でもイベントからけっこう経ってるのに未だにサウンドクラウドに上がってないんですよね…やっぱり今回はイベント限定だったのか…。まあサウンドクラウドに上げちゃうとわざわざイベントでゲットした意味が薄らぐから今回は上げないという判断になったのかもしれないですけど、でもイベント来られない遠方のリスナーが聞けなくなってしまうというデメリットもありそうですね…無料配布はショップ委託もないし。ほんと無料配布って難しいですよね。どこのサークルさんも試行錯誤してるんじゃないかと思うんですけど。

今回わざわざ無料配布にしたという事は、きっと新規リスナー獲得のために分かりやすい路線の楽曲になってるんだろうなと思ってたんですが(具体的にはメタラーホイホイな疾走曲とか)、でも実際はその真逆で、新譜の1曲目「Deep-sea gravity」はこのサークルの楽曲の中でも最も難解で敷居が高い作風と言えるのではないでしょうか。ギターリフは過去作にはないヘヴィさ、そして複雑なリズムを擁したプログレ的な展開が主体になっており、しかもいつものようなキャッチーなサビメロもないという、かなりマニアックな路線で攻めてきたなぁという印象ですよね。このサークルの多彩な音楽性を垣間見せる楽曲だしもちろん個人的にはこういうプログレッシブな路線の曲は歓迎なんですけど、でもこのサークル聞いたことないリスナーがこの無料配布を受け取って聞いてみたらどう感じるのかな。少なくともあんまり入門用のCDって感じはしないですよね。あえてこれを無料配布の1曲目に選んだのはどういう意図があるんでしょうね。
この曲、プログレメタル寄りな作風だとは思うんですがドリームシアター系とはちょっと毛色が違う感じですよね。ヘヴィな曲をやってみてもやはり基本的な部分は1stみたいなメロハーであるように感じます。プログレメタル系バンドみたいなメカニカルな無機質さはないですし。キャッチーさでは過去曲より劣ってるように感じますがおじゅんさんのボーカルはいつも以上にパワフルですし説得力に溢れていますね。
ドリームシアターと言えば前回のイベント後にサウンドクラウドで公開された「Pandora's Box」もドリームシアターを若干意識したような曲調だったと思うんですけど、あっちの方がメロディが分かりやすいしあの曲を無料配布した方が新規リスナー獲得という観点では良かったんじゃないかな?と思ったりもするんですが、もし今回のこのプログレメタル曲でホイホイされるリスナーがいたとしたら相当にマニアックな嗜好の持ち主って気がしますね、それはそれで面白いですがw

2曲目「The sleeping dolphin」は打って変わって静かでジャジーな曲調になりますが、1曲目同様に海をイメージした曲っぽいですね。1曲目が深海を突き進む潜水艦のイメージだとしたら2曲目のイメージは夜の砂浜みたいな感じか? 今までこういうしっとりした曲調はなかったですけどこういうのも良いですねえ。おじゅんさんのボーカルも実に表現力豊かで味わい深いですよ。

正直言うと、今回の無料配布はこれだけじゃ評価しづらいというか、冬コミで出す予定だった作品への布石になってるんじゃないかという予感がしてるんで、判断は保留みたいな感じですかね? 今回が無料配布だから力を抜いてるとは全く思わないし、むしろこのサークルの多様な音楽性を見せつける冒険作だと思うし興味深い内容ではあるんですがまだ試行錯誤の途中って感もありますしね。
次こそはメタラーホイホイな疾走曲やってくれないかなぁ、メタラーってとりあえず疾走してればある程度は釣れるようなチョロい生き物だと思うんですよ(酷い偏見)。
あと個人的に黄昏は1stのメロハー路線がなんだかんだで一番好きだったんでああいう明るくてシンフォニックな曲もまたやって欲しいかな…。このサークルはこんだけ多様なんだから同じこと繰り返してマンネリとか絶対ないと思いますしねw



http://ciproject.net/
さてCI projectの方も今回は無料配布だったんですがこっちは1曲しかないですのでまとめて記事にしてしまいます。3作連続でおじゅんさんボーカルということは、もうおじゅんさん固定ボーカルって認識で構わないんですよね? CI projectの方では黄昏の方とは一味違ったストレートなJロック路線でおじゅんさんのボーカルを聞かせてくれるのが嬉しいですよね。今回の新曲は夏コミのミニアルバムのバラードに割と近いメロディ展開ですけど、やっぱりこういう切ない系のメロディ作るの上手いですねえ。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析