PurpleCape「GARDEN」「ALCHEMY」

PurpleCape新譜を紹介したついでに…と言ってはなんですが、せっかくなので過去作も合わせて紹介したいと思います。ディスコグラフィー中の半分がすでに廃盤になってますが感想を書き記すことは無駄ではないと思いますし。

このサークルさん現在までに6作を発表してるみたいですが、フルアルバムのElements以外は全部6曲入りのミニアルバムになってますね。ちなみにどの作品もインスト曲は含まれないのでいずれもボリュームたっぷりの内容になってます。
作品発表のペースは1年に1作という感じでしょうか、イベント毎に新作を用意するのが当たり前のようになってる同人音楽においては寡作と言えるかもしれないですが、まあ同人音楽界隈が多作すぎるだけでこれくらいが普通なのかなw
すでに廃盤になってる初期の2枚は、メロディセンスに光るものを感じさせるものの、さすがにまだ音楽性も未完成というか荒削りなところが目立ってる印象なので、やはり本領発揮は3rdの「GARDEN」以降ってことになるんですかね。


GARDEN.jpg

もうジャケットの時点でこれ以前の作品とは一線を画してることが感じられますね。
というかジャケだけで言うならこの3rdが一番かもしれない。Elementsは内容は最高だけどジャケはBBA…もとい、ちょっと絵柄が濃すぎる感じありますもんねw poccaさんの歌声のイメージに一番近い絵柄ってやっぱりこのGARDENなんじゃないかな。
サウンド面でもpoccaさんの歌唱面でもこの作品でひとまず完成の域に至ったって感じでしょうか。もちろんメロディも充実していて良曲揃いになってます。

1曲目、デジタルなビートを基調にしてそこに壮麗なアニソン系ストリングスが絡み、poccaさんの歌いあげるキャッチーでヘタウマ風味な歌メロが乗るというPurpleCape特有のスタイルはこの曲で確立されたんでしょうな。
2曲目、これはメタル寄りのPurpleCapeスタイルが確立された曲でしょうか。ハードなリズムギターがザクザク刻んでるんだけどグルーヴはダンスミュージック寄りというこの音作り、メタルっぽくはあるんだけどルーツはメタルじゃないんだろうなと感じさせますね。
3曲目は和風なまったり曲。4曲目はタイトル曲だけど派手さはなくてやはりまったりなヒーリング系。でも単なる雰囲気系じゃなくてサビではきっちり盛り上げるのがさすがですなぁ。
5曲目はタイトル通り軽快で底抜けに明るいポップチューン。poccaさんのアイドル風(?)歌唱の独壇場ですな。何気にこのミニアルバムではこれが一番好きだったり。間奏のシンセがプログレっぽい?
6曲目は再びヒーリング系。と思いきや中盤から唐突に不穏な雰囲気になる不思議な曲。


ALCHEMY.jpg

そして4thのALCHEMY、これが必聴と言いたい素晴らしい内容なんですよ。これはまだ廃盤になってないようですしかなりオススメです。
この作品は何といっても1曲目と2曲目が強力ですね。両曲ともプログレッシブと言って良さそうなスケール感あるアレンジで実にインパクトあります。特にテクニカルな展開とかある訳じゃないんですけどやはりこの緊張感あふれる音作りはプログレと言いたくなる。この2曲の流れは最高ですね、またこういう曲やって欲しいなぁ。
プログレッシブといっても、たぶんこのサークルさんはプログレ系アーティストから影響受けてるってことはないだろうし、おそらくゲーム音楽から間接的にプログレの影響受けたってパターンでしょうな。同人音楽の場合はほとんどそれだろうけども。
(プログレの基準って難しいけど、とりあえず同人音楽においてのプログレっていうのは先日の植木屋のウナシーを基準にすれば良さそうですな。それなら説得力あるでしょうし、そういう意味でも素晴らしい企画作品でしたなw)

最初の2曲のインパクトが大きいんですがそれ以外も良曲ですね。アレンジは多彩ですがどれも共通してメロディがキャッチーで聞きやすい。
3曲目はやたら明るい曲なんだけどレトロなシンセの音といい、ちょっと昔のポップスを意識した曲なのかな。
4曲目はPurpleCapeでは珍しい暗めのバラード曲。
5曲目はElementsにもあった和風メタル路線ですね。メタルっぽいけどやはりリズムギターもシンセもダンサブルかも。
6曲目はI’veにありそうな感じのトランス系アニソン。この曲に限らずI’veからの影響は大きそうですね。
スポンサーサイト

PurpleCape「UNION」

union.jpg

このサークルさんが昨年発表したフルアルバム「Elements」は年間ベストにも入れたんですけど、ほんと優れたメロディとハイレベルなアレンジが目白押しな素晴らしい作品だったと思うんですよね。
にも関わらず、ほとんどこのサークル注目されてないような気がして、ぶっちゃけ「埋もれてる」イメージだったし1年前の記事でもそう書いたんですけど、その後しばらく経ってこのサークルを評価する文章をちらほら見かけるようになったんで、さすがに今はもう埋もれてるってほどではないのかな。そもそも活動歴けっこう長いサークルさんみたいだし認知度がそれほど低いとは思えないんですが。

このPurpleCapeとか、先日記事にしたLaralastudioとかもそうなんですけど、メロディは良いけど同人音楽なだけあってまだ音に拙い部分が残ってるとか、マニアックな音楽性で万人受けしないとか、そういうタイプじゃないですからね。非常に聞きやすい音楽性だし、もうメロディもアレンジもサウンドも全て完成の域に至っちゃってますからね。このままメジャーでも売り出せそうなレベル。足りない要素とかほとんど思いつかない。足りない物があるとしたら「評価」だけというか。

でもこのサークルは1つだけメジャークオリティに達してない要素があるかもしれない、それはボーカルの声質ですね。ボーカルのpoccaさんの歌唱はヘタウマ風味で独特な声質だしけっこう好みは分かれるのかな。
しかしながら、むしろこのボーカルの声質こそがこのPurpleCapeの大きな魅力の1つであることは間違いないので、これを失ったらこのサークルのオリジナリティは致命的に減退してしまうと思いますね。
それに、客観的に聞いたらヘタウマかもしれないが個人的には全然下手だとは思ってないんですけどね、音外してる訳じゃないし、こういう独特な「味」っていうのは単に上手いだけのボーカルじゃ決して出せない魅力だと思いますからね。ロリ声ボーカルなら同人界隈にいっぱいいるけどこのpoccaさんみたいなタイプの声ってありそうでないんだよなぁ。

音楽性は割と雑多というかバラエティ豊かというか、同人音楽界隈でポピュラーなジャンルを一通り全て揃えてるような感ありますね。エレクトロニカをベースにして、ポップス、民謡、アンビエント、テクノ、メタル、プログレ…もうあざといくらいに同人音楽リスナー受けの良い音楽性を取り揃えてあります。しかしそれらの音楽性をただ安易に並べただけではなく、独自のポップセンスのフィルターを通過させてきちんと統一感を持たせた内容に仕上げてあるのはさすがという感じです。
poccaさんの独特な歌声も統一感とオリジナリティの演出に大きな役割を担ってますね。poccaさんの歌唱は多彩な曲調を歌いこなしているというよりは、どんな曲調も自分色に染め上げてるって感じでしょうか。まあそういうのヘタウマっていうのかもしれないですがw

さて、今回の新作についてですが、相変わらずのハイクオリティな内容ではあるんですが、さすがに前回のフルアルバムが完成度高すぎだっただけに、あれに比べると若干地味な感はあるかもしれないですね。なんせ前作は10曲も入ってるのに良曲だらけという充実度でしたからね。それに比べると今回は6曲で、キラーチューン的なインパクトのある曲も少なめですし。
とはいっても、インスト抜きで6曲ですからね、おまけ的なインスト曲を2つくらい追加したらフルアルバム扱い出来そうなくらいのボリュームはあるんですよね。やはり前作が破格な出来だっただけか。

1曲目はPurpleCapeらしさを凝縮したようなポップチューンで、poccaさんの声質を活かしたキャッチーな歌メロと東洋風なストリングスの音が印象的ですね。中盤に登場する合唱パートが短いながらもインパクトあり。
2曲目は今回の目玉となる楽曲でしょうかね。大仰なシンフォニックアレンジと荘厳なクワイアが絡み疾走するメタルチューンで、これは新機軸って感じかな。前作までもメタルっぽい曲はあったんだけどここまで分かりやすく疾走する展開はなかったですしね。もしこれ聞いて気に入ったメタラーさんがいたとしても、こういう曲調は過去作にはないのでご注意くださいw
3曲目は打って変わってまったりとしたデジタルポップスっぽい曲調となりますが、サビはやはりキャッチーで良いメロディですなぁ。でもこの後もまったりな曲調が続いて前作に比べると緩急が乏しいので、もう1曲ロック系の曲が欲しかった気もするかな。あくまでメタラー的な観点からの感想ですが。
4曲目は民謡っぽい三拍子系の楽曲ですがビートは強めですね。
5曲目は再びアップテンポになりPurpleCape節と言えそうなキャッチーなメロディが聞けます。poccaさんはやっぱりこういう曲調が一番合ってる気がする。
ラスト曲は東洋風の民謡曲で、前作ラストもこういう感じだったしこの曲調が好きなんだろうなぁ。中国をテーマにした番組のEDとかで流れそうな(?)スケール感あふれる曲です。poccaさんも民謡っぽい歌唱を披露してますね。

コンポーザーのO-DORIさんはどうやらジャケットのイラストも手がけていらっしゃるようですね。てっきり外部のイラストレーターに依頼してるんだと思ってたらまさかご自分で描いてたとは。初期のジャケと比べると画力の上達具合が一目瞭然で、ひょっとすると音楽家としてよりも絵師としての成長のほうが著しいんじゃないかと思えるくらいw ジャケ絵もサークル内でまかなってるところはけっこうあるけど、ここまでの完成度で仕上げてるサークルはけっこう珍しい気がする。実にマルチな才能をお持ちですなぁ。

elements.jpg
今回の新作も勿論素晴らしいんですが、やはり前作のElementsが最高なんですよね。とりあえず、このPurpleCape聞いたことない方は是非前作を聞いて頂きたいです。しかしこんだけのクオリティの音やってるのにこのサークルさんショップ委託とか通販とかやってないみたいですね…。もったいねえ…。

PurpleCape 「ELEMENTS」

elements.jpg

このサークルさんも、高度な音楽性を持ちながらも「埋もれてる」サークルなんじゃないですかね。相互リンクのブログさんが推してましたけど、なるほど確かに素晴らしい内容です。このサークルさんの場合は、高度だけどオタク受けが悪い方向性とかじゃなく、がっつりオタク向けな音楽やってますし、もっと評価されるべきなんじゃないかと思いますね。(もしかして自分の観測範囲では話題になっていないだけで、然るべきところではちゃんと評価されているのかもしれないですがw)

Discography欄を見ると、どうやら2004年から活動しているサークルさんらしく、けっこう古参サークルだったりするんですかね。その活動歴に見合った完成度の高い作品になっていると思いますね。
まず、このアルバムは10曲が全曲ボーカル曲なんですが、このボリュームで最後まで飽きさせずに聞かせるというだけで凄い。メロディのアイディアが乏しくワンパターンだったり、アレンジがワンパターンだったりで途中で飽きちゃう作品って同人、メジャー問わず珍しくないですからね。(そのワンパターンさが美徳になってるアーティストもいる訳ですが)。

その飽きさせない理由に、単純にメロディが充実しているというのもあるんですが、やはりアレンジが巧みというのが大きいですかね。基本的にはエレクトロニカ系のデジタルなお洒落ポップスといった感じの音楽性なんですが、時折ハードなギターのバッキングも入ってメタリックな感触も導入されていたり、#6のような和風楽器をフィーチャーした曲もあったり#8のようなシンフォニックなアレンジの曲もあったりでかなり音楽性の幅は広い印象です。それでいて散漫な印象もなく全体に統一感が感じられるのは凄いと思いますね。
リズム面でも、#2のようにシンコペーションの効いたテクニカルなリズムもあったりで単なるデジタル系ポップスとは違った新鮮さがあります。
ボーカルさんはあんまり歌唱力があるタイプではないんですが、かわいらしい歌声はこの音楽性にぴったり合っていて独自の魅力を構築できていると思いますね。

ボリューム面でも楽曲クオリティでも申し分なく、素晴らしい作品だと思います。

楽曲充実度:A
お洒落ポップス度:A
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析