Siltone「幻影のKilcmylo」

幻影のKilcmylo

えーと、これは昨年の秋M3の「新譜」ですね…。またしても時間経ちすぎ。お気付きかと思いますがこれから夏コミまでの期間はギリギリで「新譜」な作品を中心に取り上げて参りますのでよろしくお願いします(?)

このサークルの場合は悶絶メタルさんで高評価されてたからそれで満足しちゃって後回しにした感じなんですが、まあ悶絶メタルさんも最近では同人音楽へのNein具合が更に加速してますし今後も高評価が継続されるかは怪しいところだと思いますが…。それどころか(有名サークル以外の)同人音楽のレビュー自体が廃止になりそうな気もする…。まあ否定的に評価されるくらいならレビューされない方がマシか…(本音)。

その話題は置いといて、このSiltone、とにかく高評価されていただけあって素晴らしいサークルなんですよ、はい。個人的にも同人ゴシックでは一二を争うくらい好きなサークルですかね。ちなみに一位は…Hollow Mellowかな? Ariabl'eyeSは…ゴシック系ではない気がする。けっこう明るめだし。まあ順位とかどうでも良いんですけども。

このサークルの音楽性、基本的にシンフォニックメタルと呼べる方向性で、もちろん同人ゴシック的な雰囲気も濃いんですが、他のメタル寄りの同人ゴシック系サークルに比べるとV系由来のノリが割と控え目で、代わりにアリプロっぽい壮麗なシンフォニックサウンドが目立っているのが個性になってる感じですかね。特にリズム面に工夫が凝らしてあるのが良いというか、単調な疾走オンリーじゃないのがプログレ好き的にも好印象な感じです。悶絶メタルさんではCROSS VEINに似てると評されてましたが…すみませんCROSS VEINまともに聞いてません。そのうち聞きます。

今作でも音楽的な特徴は健在なんですが、ただちょっと残念というか、この作品、前作「風来のViodle」に比べると音が悪くなってますよね…。最初に聞いた時、あれ、こんなに音軽かったっけ?って思って前作を聞き直したらやっぱり音が若干劣化していることに気付いたという(ミックスのバランスが変わってるのかもしれないけど)。
もし今作を聞いて微妙に感じた人がいたら是非とも前作2ndを聞いて頂きたい。前作のほうが音も良いし曲自体も粒揃いなんで。
もちろん今作が出来が悪いって意味じゃなくて、あくまで入門用としては前作のほうが最適かなぁって感じなんですが、でも今作は葉月ゆらさんとみーやさん、お二人の有名ボーカリストがゲスト参加していることもありますし、今作で初めて聞いた人も多いんだろうなと想像しますね。

各収録曲ですが、まず1曲目、前作の延長線上のシンフォニックな楽曲で、基本的な部分に変わりはないんだけどやっぱり音が軽くなってしまってるのが勿体ない。アレンジもメロディも十分に高品質なんですけどね。
2曲目はゲスト参加のみーやさんがボーカル担当で、さすが同人メタルで屈指のパワフルな歌声を持つ女性ボーカルさんだけあって存在感も抜群なんですが、ボーカルの存在感が強すぎて主役となるべきSiltoneのサウンドが影薄くなってるかもしれないですね…。というかみーやさんが歌ってるとどれもドラガ(桜牙)に聞こえてしまうのも仕方ない。この曲は間奏に僅かながらプログレ風味あるのがいいですよね。

3曲目もゲスト参加の葉月ゆらさん。こちらもボーカルの存在感が強すぎてSiltoneサウンドがほとんど耳に残らない…。よく聞けばアレンジ緻密に作り込まれてることに気付くんですけどね。メロディも素晴らしいしこれがハイライト曲かなぁ。というかやっぱり葉月ゆらさん凄えわ…。何を歌っても自分色に染め上げてしまう圧倒的な存在感。葉月ゆらさんのアルバム毎回コンポーザー変わるのにそれでも葉月ゆらブランドが完全に保たれてるのって凄いことだと思うんです。もちろん、曲が良いからボーカルが映えるというのも確かなんですけどね。
4曲目はメタル要素の控え目な三拍子系のミドルテンポ曲。クラシカルで雰囲気は良さげなんだけどちょっと地味かもなぁ。
5曲目は毎回定番になってる和風の疾走曲ですが、この曲でもSiltone独特のアレンジセンスの妙を感じ取ることが出来ると思いますね。和風な琴の音色と歪んだギターの絡みがかっこいい。

専任ボーカルSynatiQさんは残念ながら既に脱退してしまってるようですね、Siltoneの音楽性とSynatiQさんの歌声はよく合っていたと思うので惜しまれますが…。
次のボーカルが見つかるまで活動が滞るということもあり得ると思いますが、素晴らしいセンスを持ったサークルだと思うので是非ともまた新作を発表して欲しいですよね。音質さえ良くなれば知名度もグンと上がりそうな気もしますし。
スポンサーサイト

Siltone 「風来のViodle」

風来のViodle

この作品、悶絶メタルさんでも高く評価されてましたけど、なるほどその高評価も納得の内容ですね。前にこのサークルさんの1stを聞いた時は特に何も魅力を感じずにほとんど聞かずに放置してたんですけど、この2ndでは格段にクオリティアップしてると思います。

音楽性としては、疾走メロスピを基本としつつも、そこにゴシック系の優雅なシンフォニックアレンジを施してる感じでしょうか。アリプロ系の壮麗なストリングスフレーズをメロスピに組み込むという、けっこうありそうで無かったタイプの同人メタルかもしれない。メタル寄りのゴシック系ともちょっと違う感じですしね、ゴシック系はチェンバロやチャーチオルガンが主体ですけどこのサークルさんはストリングスがメインですし、それにゴシック的アプローチがあるけど基本があくまでメロスピって感じがする。ゴシック系はヴィジュアル系の影響が濃いと思いますし。

1stの方は歌メロがちょっと地味というか、ボーカルさん下手な訳じゃないんだけどなんとなく平凡な印象だったんですが、この2ndではインスト面を増強して、ド派手なストリングスを前面に出すことで地味な印象を払拭してる気がしますね。このアプローチは成功してると思います。間奏だけでなく伴奏や歌の隙間のインスト部分にも魅力的なメロディが存在することで非常に密度の濃い音楽に仕上がっていますね。
歌メロも1stに比べるとキャッチーさを増していますね。ボーカル面も増強されれば更に良くなるような気もしなくないけどまあこのボーカルさんでも十分かな。
収録曲は5曲とも気に入ってると言っても過言じゃないですね。どの曲も素晴らしいと思います。

女性ボーカルのメロスピ、ゴシック系サウンドが好きな方にはおすすめしたい高品質な作品だと思います。

メロスピ度:A
ゴシック度:A-




孤高のJalFeene

Siltone「孤高のJalFeene」
こっちは1stです。
最初聞いた時は微妙だなーという感想だったんですが、改めて聞いてみるとこっちもかなり良いんですよね。ちょっと地味な印象だけどクオリティ的には2ndに比べてもそれほど劣っていないかも。ある意味スルメ盤と言えるかw
2ndの方はインスト部分を目立たせることでインパクトを強めてるんですが1stは普通に歌がメインって感じですかね。壮麗で派手なストリングスをメロスピに絡めるという特徴は1stの時点ですでに確立されてるんですけどね。
1stのボーカルさんは2ndで歌ってる人より若干歌唱力落ちるかなぁという感じはありますが、まあそんなに力量に差はないと思いますね。
特に4曲目と5曲目が気に入ってますね。2ndにはないバラード曲の#3もなかなか味わい深い。
2ndを聞いてみて気に入った方にはこっちもおすすめですね。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析