FC2ブログ

Laralastudio「雪の降る街」

2019-02-06_231025.jpg

http://laralastudio.web.fc2.com/

はい、ちゃんと買ってましたよLaralastudioの新譜(※半年前)。
いちいち取り上げることはしなくてもちゃんと買ってるサークルはちゃんと買ってるし、まあ多作なサークルはいつの間にか買わなくなってる事も多いんですけどね。

えーとシングルとアルバム区別しなければこれがLaralastudio名義の10作目…なのかな? 2013年の1作目「Strange Haired Girl」からいちおうコンプリートしてるはず。
飽きっぽくてオタク特有のコンプリート欲も薄い自分がこれだけ長いこと同じサークルの作品を買い続けてるのは何気に凄いことだと思う。やっぱそれだけこのサークルがマンネリに陥らず常に新鮮な素晴らしい音楽を生み出してるからなんですよね。

今回は3曲入りシングル。ボーカルは西風Sさん。もはやすっかりLaralastudioの看板ボーカルに落ち着いた感ありますな。前作「留守番電話」はLaralastudio史上でも屈指の充実作だったと思うのですが今作も相変わらず良い内容ですね。

1曲目のタイトル曲「雪の降る街」、西風さんの伸びやかでエモいハイトーンボーカルを最大限に活かした切なさ成分MAXなバラード。感動系/ノスタルジック系の曲としては過去最高級の名曲なのではないでしょうか。

2曲目「混濁とレンズ」、確か昔サウンドクラウドで無料公開してた曲のリメイクですね。オリジナルバージョンを聞き慣れた者としてはやっぱ元のボーカルさんの明るい歌声のほうが曲の雰囲気に合ってたと感じるんだけど…まあ西風さんバージョンを先に聞いた人なら逆に元バージョンに違和感を持つかもしれないし。まあそれぞれの魅力があるってことで。
今までCDでリリースされてなかったのが不思議なくらいの名曲なんですけども、ポジティブな曲調に対してラストのサビで「痛い痛い痛い」連呼してメンがヘラったテイストで意表を突いてきたりとなかなかに一筋縄にいかない曲ですな。

3曲目「カノン」は西風さんのルールールーってスキャットを交えた短いインスト曲って感じで、ラララでこういう小曲は珍しい。

「混濁とレンズ」をすでに聞いてた人には完全新曲は1曲+アルファって感じなのでボリューム的には少し物足りないですけど1曲目だけでも買う価値はあると思いますね。
スポンサーサイト



mimis「りはびり」

2018-07-27_040018.jpg

http://laralastudio.web.fc2.com/

ご存知Laralastudioの竹之内貴英さんとギタリストJuniさんによるユニットの春M3新作。
えーとこれがmimis名義の4作目でミニアルバムとしては3枚目かな?
「リハビリ」なんて意味深なタイトル付いてるけど前作から1年しか経ってないから…別にそういう意味合いではなさそうか。

今回は竹之内さん2曲でJuniさん2曲の配分になってますが、3曲目が珍しくインスト曲なのでいつもよりボリュームは少なめ。マキシシングル的な感覚。ってかよく見たら公式でも2nd singleって紹介してたわ。
前作「そんなこともある」では女性ボーカル曲があったりしてなかなかサプライズな内容だったんですけど今回はそれもなく、竹之内さんとJuniさんのツインボーカル曲もないのでまあシンプルな作風と言えそうですかね。

1曲目はJuniさんの「What do you think」、ファルセットを駆使したサカナクション風?のダンサブルな楽曲なんですが、異色な曲調ではあるけど良曲ですね。Juniさんの裏声はほんと綺麗。浮遊感あるシンセの音色も良い。

2曲目は竹之内さんの「食器棚」、もう曲名の時点で竹之内さんらしい素朴な味が出てますけど曲のほうもいつも通りに最高の安心感&安定感。やっぱこういう童謡テイストの曲が竹之内さんの歌に一番ハマりますな。癒やされます。

3曲目はJuniさんによるエレクトロ&アンビエントなインスト曲。これまた実験的な曲調ですな。

4曲目は竹之内さんのアコースティックな弾き語りの「花飾り」。自宅で録音したような荒い音質が良い味出してる。

ジャケは珍しく竹之内さんのイラストではなく実写(mimisと掘ったリンゴ)だけどこういうパターンもアリですな。良い感じ。

Juniさんsideは実験的でボリューム少なめだけど竹之内さんsideは安定した通常営業で…総合的にはやっぱりいつも通りの良さって感じかな。
次のM3新作はラララなのかmimisなのかそれとも両方なのか。いずれにしても竹之内さんの作品にハズレは無いですから。期待しましょう。

Laralastudio「留守番電話」

2018-02-13_025833.jpg

http://laralastudio.web.fc2.com/

シンガーソングライター竹之内貴英さん主催の「女性ボーカル」「ポップス」「ロック」系同人音楽サークルLaralastudioの昨年秋頒布の3曲入りシングル

…と敢えて紹介してみる。Mimisの活動が本格化してからは竹之内さんは同人コンポーザーってよりもシンガーソングライターって呼んだほうがしっくり来ますよねやっぱり。
Mimis名義では自らボーカルを担当するシンガーソングライターとして、一方のLaralastudio名義では女性ボーカルをフィーチャーして同人音楽「らしさ」のあるアニメソング寄り楽曲を制作…という感じでいちおうの使い分けは行われてると思ってたんですがMimisの前作でついに女性ボーカルが導入されてしまい、これじゃLaralastudioの存在意義が失われるんじゃね?と余計な心配もしてしまったんですけどなんだかんだでLaralastudio名義の作品もコンスタントに発表され続けております。

そのLaralastudio名義での前作に当たる「0とビー玉」はジャケ絵こそ竹之内さんの最高傑作と言って差し支えないほどの完成度で見栄えの非常に優れた代物だったのですけど、内容については普通にいつも通り良い曲なんだけど何だか手堅すぎて面白みに欠ける感覚も否めなかったんですよね。これはやっぱり今後はMimisのほうが活動のメインになっていくのかなぁって印象がありました。

ですがこの最新作「留守番電話」はジャケ絵はいつも以上に手描きテイスト強くてあっさりしてるんですけど、対照的に内容についてはひょっとしたらLaralastudio名義でも最高クラスの出来なんじゃないかってくらいに楽曲が充実してる。捨て曲なし。3曲とも名曲級。
「0とビー玉」と同じく西風Sさんが全曲で歌唱してるんですけど楽曲の雰囲気がだいぶ異なりますね。竹之内さん「らしさ」が戻って来た感じがある。主観ですけどフルアルバム「Improvisation Life」よりもよっぽど今作のほうがラララ入門用に向いてる気がする。

1曲目「留守番電話」、そうそうこれを求めてたんだよ!って膝を打ちたくなるくらい竹之内テイストあふれる楽曲。童謡っぽいノスタルジックな雰囲気とドラマチックで泣かせるメロディ展開。竹之内さんの真骨頂と言える魅力が詰まった名曲ですねえ。西風Sさんの伸びやかな歌唱もこれ以上ないほどにハマってる。西風さん2作連続で全曲歌唱ってことはもうLaralastudioの看板ボーカルだと認識してよろしいんでしょうか。

2曲目「parade of desperado」は打って変わって鋭いギターサウンドが印象的なアップテンポのロックチューン。基本明るい曲調なんですけど歌詞がびっくりするくらい攻撃的。「いっせーのーせで傷口を狙い撃つー」なんて…竹之内さんの楽曲でこんな刺々しい歌詞って珍しいですよね。どんな心境の変化が?なんて勘ぐりたくもあるけどまあそれは置いといてこれも素晴らしい曲です。Bメロで入る竹之内さんのバックコーラスも良い感じ。邦ロックsideのLaralastudio。

3曲目「すこしでも振り向いてほしくて」も割とアップテンポだけどカントリーソングテイストで温かみある曲調&歌詞でラララならではの魅力あふれる曲ですなぁ。

という訳で3曲とも全て素晴らしい曲なんで本当おすすめです。女性ボーカル物が好きなリスナー全てにおすすめ出来る。
次の春M3ではMimisの新作も期待したいですねえ…竹之内さんのボーカル聞きたいし。

Mimis「そんなこともある」

2017-08-25_001418.jpg

http://laralastudio.web.fc2.com/

ご存知Laralastudioの竹之内貴英さんとギタリストのJuniさんのユニットMimisの3枚目のアルバム。フルアルバムとミニアルバムを区別すると2枚目のミニアルバムってことになるんでしょうか。昨年春に1stアルバム出してから1年で3枚目ですからペースはかなり早めです。Laralastudioのほうの新作も並行してリリースされてることを考慮すれば驚異的なスピードと言わざるを得ない。

今まではLaralastudio名義では女性ボーカル、Mimis名義では男性ボーカルという明確な区分けがなされてきたのですが今回のアルバムでそれが崩壊した感があります。なんと女性ボーカル曲が2曲も入ってるんですよ今回。
それだけじゃない。作詞作曲のクレジット見ると6曲中4曲が竹之内さん作になっていてJuniさんの曲は1曲だけ。そして女性ボーカルのぴーたまさんが自ら作曲した曲が1曲入ってるというサプライズ。
さらには曲調についても今までとは変化があり、今回は1曲目からヒップホップ調だったりしてかなりやりたい放題感があるんですよねえ。

これはもはや、Mimis名義のほうは男性ボーカルに限らない「何でもあり」を実現するための名義になったと捉えるべきなんでしょうか。Laralastudioのほうの最新シングルが(クオリティは依然として高いけど)ちょっと型にハマってて面白みに欠ける内容だったことを考えても、Mimisのほうが竹之内さんのメインの活動の場になりそうな気さえしてくる。

という訳で「リニューアル」したMimisのアルバムって感じなんですが内容のほうは今まで通りに抜群の安定感を維持してます。1stのように突出した名曲こそ無いものの捨て曲なしで全曲楽しめます。

1曲目「モロヘイヤ」は前述の通りいきなりヒップホップ調で始まって面食らいますがサビになれば何てことない、いつも通りの安定の竹之内節が展開されて安心。やはりこういう暖かみあるメロディこそ竹之内さんの真骨頂。
悪ノリっぽさもあるヒップホップな掛け合いパートも面白いのですがやはりサビでの竹之内さん&Juniさん&ぴーたまさんの3人による合唱が聞き所ですかね。今までのMimisって竹之内さんとJuniさんがそれぞれ単独で作った曲を交互に収録していたのでコンピレーション的な色合いも濃かったのですが、今回は単独の曲は僅かで、大半の曲では片方がリードボーカル担当すれば片方がバックコーラス担当といった具合に共同制作の度合いが増しているように感じますし、ユニットとしての存在意義が断然増してますね。

2曲目「ラーメンと私」はJuniさんの曲。ボーカルはぴーたまさんだけどJuniさんの曲だとすぐ分かりましたね。この都会的な雰囲気と切ないメロディ展開。クリスマスっぽい?シンセの音色が印象的ですがベースラインも聞き所。それにしても歌詞が独特で、ラーメンを食う歌なのかと思いきや途中から視点がラーメン側に移行するという。すごい発想。

3曲目「とてもいい日」は竹之内さん単独の弾き語り曲。素朴なアレンジでシンプルな曲展開ながらも耳に残る素晴らしいメロディ。竹之内さんのボーカリストとしての力量も存分に味わえる曲になっているかと。

4曲目「ぼくらのDay by Day」は竹之内さん作曲でJuniさんリードボーカル。今まで無かった入れ替え曲なんですがこれが絶妙に合ってる。軽快なリズムに乗せて陽気で爽やかなメロディをJuniさんのイケボが歌い上げる素晴らしい曲で、今作のハイライトと言って良さそうなんですが爽やかさと裏腹に歌詞が社畜の悲哀を歌ったような内容なのでなかなか世知辛さもあり。

5曲目「未来レンズ」はぴーたまさん作詞作曲&ボーカル。最初クレジット確認せずに聞いたときは、メロディ展開が竹之内さんらしくないしJuniさんっぽくもない?と思ったりしたんですがやはり作曲違ったのか。でもCメロ以降の盛り上がりが素晴らしいしやはり良い曲です。ぴーたまさんの繊細な歌声とドッシリしたドラム&雄大なストリングスサウンドの対比が素敵。

6曲目「エビフライ定食」、ラストを飾るに相応しい大団円的な合唱パートを備えてるんですけど歌詞がひたすらエビフライ定食への愛を語るばかりですからね。このアルバム食い物テーマにした曲が多すぎる。しかしこのとぼけたテイストこそが竹之内さんの持ち味なんですよね。

ジャケはいつも通り竹之内さんのイラスト。やっぱりこの絵じゃなけりゃMimisらしさは出ないですよねえ。

そんな訳で今回も素晴らしい内容だったのですが、ついに女性ボーカルも取り入れてしまったということでこのまま行くとLaralastudioの存在意義が薄れてMimisのほうに吸収合併される(もしくはその逆)の可能性も捨て切れない? まあ名義なんて飾りみたいなもんですし竹之内さんの音楽が聞けるんであればそれでいいですが。

Mimis「きみにふれたい」

2017-01-31_070341.jpg

http://laralastudio.web.fc2.com/

Laralastudioの竹之内貴英さんとギタリストのJuniさんによるユニット、これが3枚目ですかね。3枚目といっても1作目はシングルで2作目はフルアルバムだったんで、6曲収録の今作は1stミニアルバムと呼ぶべきなのかな。

本隊であるLaralastudioでフルアルバム出す同じタイミングでこのMimis新作も一緒にリリースされたということで、竹之内さんの創作モチベーションは頂点にあったとも言えそうです。ラララとこのMimis新作合わせたら竹之内さんの曲はインスト抜きで11曲もありますからね。しかも捨て曲と言えるような中途半端な曲も見当たらないのでほんと驚異的。
さらに、この同時リリースによってLaralastudioとMimisの「役割分担」的なものも明確になってきたよう思います。女性ボーカルでオタク向けミュージックを展開するLaralastudioでは「売れること」を今まで以上にしっかり意識した作風に近づいており、こちらのMimisでは竹之内さん自身がボーカルも務めることによって「やりたいこと」を実践してるように感じ取れます。まあ実際に竹之内さんがそれを意図的にやってるかどうかは分かりませんが、あくまで勝手な印象に過ぎないんですけどね。
しかしながら、じゃあLaralastudioが売れ線でMimisは趣味でやってる印象かというと必ずしもそうではないというか、ラララの路線が売れ線なのはあくまでも同人音楽界隈に限ったことであって、インディーズロックの視点から見ればむしろMimisのほうが売れ線と言えそうですよね。竹之内さんもJuniさんもインディーズロックで通用するだけのボーカルスキルと楽曲センスを十分に持ち合わせてると思いますから。これだけ質の高い音楽なのに男性ボーカルが冷遇される同人音楽界でしか知られていないっていうのは非常に勿体ない気がする…。

前作のフルアルバムも素晴らしい内容だったんですが今回も引き続き充実の内容になっていますね。竹之内さんとJuniさんがそれぞれ単独で制作した楽曲を交互に収録するコンピレーション的な構成でありながらも不思議と一貫した作風を感じるのも前作と同じ。

1曲目「touchless」はJuniさん曲。相変わらずのイケボ。サビの盛り上げ方も巧いですなぁ。ベースラインのうねりと綺麗なピアノの音色が良い味出してる。もちろんギターソロもメロディアスでカッコいい。邦ロック系なんだけどハードロック風味もあるのがメタラー的に嬉しいところ。
前回も書いた気がするけどJuniさんの都会的でV系っぽいイケボと竹之内さんの素朴で田舎的な癒やしボイスの対比が良いんですよねえこのMimisは。

2曲目「SNSで知り合った君の名前を僕はまだ知らない」、某泣けるアニメのパロですかね。っていうか、ネトゲで出会った女って99パーセントの確率でネカマなのでは…。ツイッターも自称女子高校生とかいう輩がうじゃうじゃいますしね。
それはさておき曲はカッコいい。竹之内さんの声の癖を更に強めたような独特な歌い方、鋭いカッティングが決まるギターフレーズ、キャッチーなサビメロ。ほんと完成度高い。同人音楽界隈で評価されるタイプの楽曲じゃないけどインディーズロック界隈の人に聞いて欲しい。邦ロック系を紹介してるサイトとかに紹介して欲しいですよほんと。

3曲目「誰かの隙間」、Juniさんによる静かな弾き語り曲。派手さはないけどしんみりとした味わいがあり。

4曲目「僕の風船」は竹之内さん。前作の「幽霊屋敷」と同じくみんなのうたで流しても良さそうなくらい普遍的な魅力を放つ超キャッチーな曲になってますねえ。ノスタルジックで優しさにあふれる曲調が心地良い。やっぱり竹之内さん作の曲は竹之内さん自身が歌うのが一番楽曲の良さを引き出すのかなぁと思ったり。

5曲目「ツインズ」、Juniさん曲ですが甘いイケボとキャッチーで暖かみのある曲調が実に良い。この曲もやはりメロディアスなギターソロが決め手になってる。ずっと一緒だった双子が成長するにつれて距離が空いていくという趣旨の歌詞も切なさをそそります。竹之内曲とも雰囲気が噛み合ってるし統一感があるのも良いですよねえ。素晴らしい曲です。

6曲目「猫よ」は最初のシングルの「ねこころり」の続編ですかね。同じく童謡風味の穏やかな曲調ですが自然体なリラックスムードはさらにアップしてる。まさに竹之内曲の真骨頂。一発録りっぽい音質も良い味になってますね。「この世に生きるものは全て猫になりたいものだから」…いかにも猫好きな人間の発想だなぁと。猫至上主義。

そしてジャケ。そうそうやっぱりこの手描きジャケじゃないとね。これでジャケ買いする人はいないだろうけど個人的には絵師さんのジャケより断然好き。

そんな訳で、竹之内さんの素朴でキャッチーな持ち味とJuniさんのスタイリッシュな作風の競演によって今回も素晴らしい内容になってるかと思います。今後もLaralastudio共々にさらなる活躍を期待したいところですね。同人音楽界隈だと男性ボーカルは不遇だからインディーズ系で評価されて欲しいんですけどね。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析