FC2ブログ

WAILING ARIES「Gleam」

2019-05-14_041923.jpg

https://wailing-aries.booth.pm/

えーと、誤解を恐れずに言うならPolyphiaもしくはSithu Aye先輩と藍月なくるさんがコラボしたような感じ…?
いや、それは全くもって誤解です。さすがに恐れ知らずと言わざるを得ない。ってかSithu Ayeと藍月なくるのコラボってどんなのだよむしろ聞きてえよ聞かせてくれよ。

まあ真面目に例えるなら「Story of Hope」とかが近いんですかねえ、アニメ声の女性ボーカルとDjent要素入りのラウドロックの組み合わせって意味で。
このサークル…っていうかインディーズバンド? オタク文化寄りのインディーズバンドって感じなのかなぁ。自らを「Emotive AnimeSong Band」と公言してるみたいですから。
今作より前にシングルもリリースしていてライブ活動も行っていたみたいなんですが、まとまった音源(EP)としてはこれが初であり、何よりもこのバンドは公式アカウントにいちいちM3での配置スペースを名前の後ろに付けたりしてたんで気まぐれでM3参加してた訳では決してなくて同人音楽としての「自覚」の高いタイプのバンドなんじゃないかなぁと。まあ実際にめっちゃ同人音楽との親和性高い音楽性な訳ですけどね。

ってかこのバンド、試聴の段階ではDjent要素は明確には読み取れなくて普通の女性ボーカルラウドロック系だと思ってたんですよ。イベント前の記事ではImyを引き合いに出してたくらいですからね。
それが実際にCD聞いてみたところめっちゃテクニカル系で驚かされた。よくあるDjent「風味」なチャグい展開をちょい入れてる程度ではなくてかなり強く意識してテクニカル展開入れてる「本格派」。演奏力かなりあると思う。Djent好きな人にはめっちゃおすすめ出来る。

もちろん「アニメソング系」としても非常に上質な出来栄えで、キャッチーな歌メロを持った親しみやすい楽曲揃いの内容。
女性ボーカルについては冒頭で藍月なくるさんの名前を出しましたけどまあ似てるって言えば高音パートが似てるような気もするけど特に似てる訳でもないかなぁ…じゃあ何でわざわざ名前を出したんだよって感じですがそれは気まぐれです。自分の中では「こういう系」のボーカルの代表格が藍月なくるさんっていうだけです。
でも繊細で透き通ったkawaii系の声質って意味では共通点は十分にありますね。だから藍月なくるさんファンにもおすすめしたい。

今作は5曲入りのEPとなってます。
1曲目はインストなんですがこれがいきなりのサプライズで、前半はピアノで美しく始まるんですが後半でPolyphiaっぽいリードギターが入るんですよ。この手のラウドロックでフュージョン/Djent音を聞けることって珍しい。しかしながらPolyphiaっぽい展開はこの曲でしか出てこないのが少し残念。

1曲目から曲間なしで2曲目のタイトル曲「Gleam」に繋がります。ツービート疾走展開でメタラーも大満足。
音圧は高いけどゴリゴリしたヘヴィな展開やダークな展開は最小限しか無くて基本的に明るく爽やか。エモ爽やかテクニカル系サウンド。デスボも無くてkawaii女性ボーカルオンリーなのでほんと万人向け。
3曲目はディレイかかったクリーントーンが印象的な爽やかソングで、4曲目はたゆたうような穏やかなメロディとラウドサウンドの対比が心地良く、ラスト5曲目は再びアップテンポで攻める曲で締める。どの曲もほんと甲乙付けがたいほど出来が良くて素晴らしい曲ばかり。ラウド、キャッチー、エモーショナル、テクニカル、この4要素がハイクオリティかつバランス良く昇華されている非常に完成度の高いサウンド。

という訳でラウドロック好きにもアニメソング好きにもDjent好きにもおすすめ出来る強いサークル(バンド)です。どのベクトルについても無類の強さを誇るってのがポイント。
ストリーミングでも配信されてるみたいなんで是非。
スポンサーサイト
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析