FC2ブログ

onoken「Testimony2 Cytus | Deemo」

2019-01-08_032136.jpg

http://www.axsword.com/special/testimony2/

冬コミ(C95)購入作品、その5。
音ゲー界隈ではめちゃくちゃ有名なお方だとは思いますがCD買ったのは今回が初めてです。
そんな有名所の作品をレビューだなんておこがましいしそもそも必要性が無い気がしますけど…まあせっかくなので自分なりの感想を書き留めておこうかと。

活動歴もだいぶ長くて商業での楽曲提供も多数ということで、コミケに出展しているとはいえ全く同人音楽の範疇にはないクオリティですかね。
実際、この作品のストリングスは生演奏のようでして、クレジットにも弦楽四重奏のメンバーの名前がずらり。この時点で一般的な同人音楽アーティストとは次元が違うことが伺えます。

カテゴライズ的にはエレクトロニカ系のアーティストなんでしょうけどこの作品では前述の生演奏のストリングスやピアノの美しい音色を基調にした穏やかな楽曲が多い印象。ドラムンベースを使用していても楽曲の軸はあくまで美しさや透明感や浮遊感を演出することにあって、EDM的なダンサブルなグルーヴとかはあまり無い感じですね。従って非常に耳に優しくて聞きやすいサウンド。

収録曲はボーカル曲が4曲+インスト5曲の計9曲。+カラオケバージョン4曲。
アルバムタイトルに「Cytus」「Deemo」って冠してる時点でこの2つの音ゲーへの提供曲を収録したアルバムなのは当然か。8曲目のみ書き下ろしなのかな?
どの楽曲も当然ながらアマチュア臭など皆無の高品質なのですけど、特に印象的なのは3曲目の室内楽的な優雅さとか4曲目の情熱大陸的(?)なバイオリンソロとか、あとプログレ的に面白いのはラスト9曲目のボーカル曲っすね。穏やかなアンビエント系の楽曲かと思わせといて、1コーラス目のサビ前に突如サプライズで現れるカオティックなEDMパート。これは初めて聞いた時は誰でもビビると思いますよ。日常系アニメがいきなりホラーアニメと化すみたいな。ここまでダークな曲調とか全く無いですからね。

という訳でBGMにも最適な美しい音楽ばかりですがラストの不意打ちにだけはお気をつけください。
スポンサーサイト
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析