FC2ブログ

お月さま交響曲「Little Redy」

2018-11-21_231557.jpg

https://moonsymphony.booth.pm/

「Redy」…? 初めて見る単語だなと思って検索してみてもそれっぽい言葉が見つからない。もしかして誤植? Ladyと間違えた? いやいやまさか。2文字も違うしあり得ないでしょ…と訝しげに思ってたら、アナザージャケットの裏の解説文に答えがありました。「Red」と「Lady」を組み合わせた造語だそうです。分かりづれえ!! 解説なしじゃ絶対誤植だと思うよね。

まあその話は置いといて…。
初買いのサークルさんであります。お月さま交響曲。
以前から名前はよく見かけてたし、ジャケが毎回美麗なこともあって少し気になってたんですけどね。でもご存知のようにこの手のサンホラフォロワーor民族音楽っぽい物語音楽って界隈に沢山いるからその中から取捨選択して買うってのも難しいんすよね。何かしら他の同系統とは違う魅力が見出せない限りは買おうという決断に至らない。

なのに、なぜ今回買ってみたのかというと、試聴で聞いただけでも歴然の西風Sさんの圧倒的な歌唱。この界隈には上手い女性ボーカルさん沢山いますけどこの1曲目の西風さんのパワフルかつエモすぎる熱唱はメタラーの琴線にもグイグイ来る際立ったものを感じる。そして2曲目のツーバス爆走クサクサメタルについては言わずもがな。こんなのホイホイされるに決まってる。

で、実際フルで聞いてみた感想、やっぱ西風Sさんは凄い。個人的にはLaralastudioのほうでお馴染みのボーカルさんなんですけど、ラララではあくまでポップスの範疇で堅実な歌唱を披露していた印象だけどこの1曲目「Red Desire」ではハイトーン&パワフル&劇的な三拍子揃った突き抜けた歌唱でインパクト大。こういう歌い方も出来るのかーほんと幅広い。
もちろん曲自体も素晴らしいんだけど、ギターが打ち込みなのだけが玉にキズかなぁ。ってかわざわざ打ち込み臭が強いギター音源を多用せずにストリングスをメインにすれば良かったような気もするけど、そこをあえてギターメインにしてるのはやっぱロック系/メタル系のリスナーにアピールしたい意図があるんじゃないかと思う訳で。それは2曲目でもっと顕著ですが。

2曲目「Howling」は紛うことなきメタラーホイホイ曲。爆走するツーバス、オペラティックなボーカル、荘厳なクワイア。ResoneciaやLethariaあたりと比較しても遜色ないくらい強力な同人シンフォニックメタルに仕上がってる。…ギターが打ち込みであること以外は。
あとメタラー向け要素がもう1つありまして、なんとデスボが入ってるんですよ。これは試聴には入ってないんで完全にサプライズ要素。ってか物語音楽が好きな層は絶対デスボなんて求めてないと思うんで確実にメタラーを意識した要素ですよね。ゴシック系サークルIsrafine新作もデスボを実験的に導入してたし(出番ほんのちょっとだけど)、そういう流れが界隈にあったりするのかなぁ。
とはいえ個人的にデスボ入ってて嬉しいかっていうと特にそんなことないんですが、でも従来の物語音楽の枠を越えようとする挑戦的な姿勢に惹かれますね。
あ、それとこのサークル過去作ではサンホラ的な語りパートが入ってたみたいなんですけど今回は語りは無いんですよね。そこもメタラー向けな要素かな。

3曲目「Gradually Lose」は4人のボーカルさん(4人とも超上手い)が歌う豪華仕様な曲。これはメタラー向け要素はないけどサンホラ好きな人には刺さるでしょうな。ってか作曲は「絵に描いた城」のレマノルドさんか。やっぱ良い曲作りますなぁ。基本このサークルって主催の方は担当は作詞のみで、ボーカルも作曲も全てゲストのようですね。

ジャケは毎度ながら美麗ですよね。赤ずきんをモチーフにした少女で、アナザージャケットのほうはその子が闇落ちした姿っていう。刺さる人には刺さりまくりそうな設定。

という訳で、収録曲3曲とも素晴らしい出来栄えでマキシシングルにも関わらず満足感は十分。物語音楽としても鉄板だしメタラーにもおすすめ出来る作品なんじゃないかと。過去作は聞いてないから分かんないけど。
スポンサーサイト



プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析